理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どちらかといえば、御主人様を探しているM女の方に向けたお話として、今回は、書いてみようと思う。

御主人様にする候補の人が見つかった場合のこと。

その人の奴隷になるかどうか?というところで、できるだけ失敗しないで、良い主従関係を結んで欲しいということで、書いてみる。

一応、奴隷候補が見つかったS男の方にも同じようなことが言えるので、それもまとめて書いてある。



まず、SとMの話。

SとMが出会うというのは、難しい。

S性やM性を持った人の数というのが、男女の全数に比べると確実に少ないから、必然的に出会う確率は減る。

その上、さらに障害がある。

例えば、友達や、職場の知り会い、その他にも繋がりのある人たちがいたとして、普通に男女関係として付き合うならば、その中で誰に声をかけても基本的には大丈夫だろう。

確かめるとすれば、相手が結婚しているとか、彼氏や彼女がいるかとか、そのくらい。

それさえクリアできてしまえば、その成否は別として、アプローチすることに問題はない。

でも、主従関係になろうとすれば、アプローチするためにさらにもう一つ壁がある。

それは、相手が、S(もしくはM)なのか?ということを、確かめなければならないということ。

これは非常に難しい。

前に表の世界と裏の世界の話を書いたことがあるが、明らかな表の世界での知り会いに対して、「Sですか?」とか「Mですか?」なんて、真面目な話として確かめることは、かなりのリスクが伴う。

友達同士や、会社の飲み会なんかで、話が盛り上がったときに、「私、Mなんですよぉ~」なんて言ってる人なんかは居そうだが、そう言っていたとしても、それが本当に主従関係を結ぶくらいのものなのかどうかなんてわからない。

飲み会が終わった後に、「俺、Sだから、奴隷にならないか?」なんて、真面目にその人に向かって言える人は、なかなか居ないだろう。

本気で、相手のM性やS性を尋ねるとすれば、自分が、M(もしくはS)であることを明かす必要があると思うし、相手がもしもノーマルだった場合、それ以後の付き合いに何らかの支障をきたす可能性も十分考えられる。

ノーマルな世界において、M(やS)という性癖は、”変態”という分類に入れられているから。

それを考えると、尋ねることすら難しい。

仮に、相手がS(やM)だったとしても、尋ねることができないから、それを知ることもできず、そのままになってしまうということも、ありうると思う。

だから、表の世界の知り合いの中から、主従関係を結べる相手を探し出すというのは、かなり厳しいと言える。

その時点で、SとMが出会う可能性というのは、相当に低くなっている。

結局、今であれば、ネットの出会いサイトや、M女募集とか、御主人様募集なんかで、相手を探すとか、そういうことがメインになるのではないか?と思う。

あとはハプニングバーくらいだろうか?

他にもあるのかもしれないが、普通の男女の出会いの機会に比べると、かなり少なくなるのは確かだろう。

こんな風に考えると、SとMが出会うのが、確率的に厳しいことは明らかだ。

そして、御主人様や、奴隷となるパートナーが欲しくて、探したことがある人なら、実感としても、これはわかると思う。

普通に恋人を探すことに比べたら、格段にハードルが上がる。

中には、すんなりと見つかった人もいるかも知れないが、私が過去に出会ってきた、奴隷志願のM女や、御主人様志願のS男なんかが、かなり苦労しているのをたくさん見てきたから、それはわかる。

私の場合には、最初の恋人がそのまま奴隷になったりしていたから、たまたま運がよい方なのだと思う。

ということで、SとMが出会うのは難しいということは、SMの世界に入ろうと思う、もしくは入っている人の大部分が経験したり、話を聞いたりして、認識していることだろうと思う。

そして、そういう認識があると、どうなるか?

出会う機会が少ないから、その少ない出会いを、成就させたいと願うようになる。

これを逃したら、次に出会うことが出来るかどうか分からない、出会うためにかなりの努力が必要だった、という心理が働けば、目の前の出会いをなんとか、主従関係に繋げたいと思うようになる。

それは自然な気持ちだと思う。仕方のない考え方だと思う。

でも、それが必ずしも良いこととは限らない。

出会った。というだけでは、それは、ただ単にSとMである確認が取れた二人が揃った。というだけだ。

男女関係で言えば、フリーな異性と知り合った、というのと同じ程度のこと。

本来ならば、そこから、もう一つ、確かめるべきことがある。

それは、相手との相性。好きになって一緒にいられる相手なのかどうか?ということ。

性格については誰でも気にするだろうし、その他にも、容姿や、学歴や、仕事や、年収なんかを気にする人もいるだろう。何を基準にするかは、人それぞれだし、今挙げた他にもなにかあるかもしれない。

そういうのも全部含めた相性。

普通の男女付き合いなら、相手との相性というのは、ほぼ確実に考慮する。

相性が悪い相手とわざわざ付きあおうと思う人はなかなかいないと思う。

もちろん、告白などをされて、最初は気にしていなかったり、相性がいいとは思っていなかったとしても、付き合ってみたら、良かったということはあると思うが、最低限、相手のことをある程度知ってから付き合うというのが、普通だと思う。

そこで、相性が合わないと思えば、好きになることができないと思えば、その人と付き合ったりしないのは、当然だろう。

でも、そこで、付き合わないという選択肢が普通に出てくる裏には、「ここで付き合わなくても、もっと良い人がいるのではないか?」と思えるからという理由もあると思う。

つまり、次の出会いの機会があることを、ごく自然に考えている。普通の男女関係なら、いくらでも出会う機会はあるだろうと、思えるから。

でも、出会いが少なく、大変だという心理が働く、SとMの場合、次があるとは、気軽に考えられない人が多いと思う。

だから、この相性という部分をあまり考慮せずに、相手のことをきちんと知る前に、なんとか出会った相手と主従関係を結んでしまう人が結構居るように思う。

相手がS(もしくはM)だと確認が取れた時点で、相性がいいと思い込んでしまうことがあるように思う。

実際、私が過去に見てきた主従関係を持っていた人でも、相手との相性の悪さに悩んでいるという話は聞いたことがあるし、主従関係を結んですぐに解消した、なんてことは、よく耳にした。

それは、主従関係を結ぶ前に、相性をしっかり考慮しなかったことも一因のように思う。

それに、主従関係というのは、普通の男女関係よりも、さらに相性に関してはシビアなものだと私は考える。

SMのプレイ一つとっても、多岐に渡るから。

痛いのが好きな人、嫌いな人、野外調教などが可能な人、不可能な人、スカトロなどに耐えられる人、耐えられない人、肉体改造を容認できる人、できない人…。

本当に様々なパターンがある。

全部が一致していなければならないとは私も思わないし、そもそも、全部が最初から一致するなんて不可能だと思うが、絶対に譲れない部分が一致していないと、主従関係を結んでも、お互いの、S性もM性も満たされないという、最悪な状況が出来上がる可能性がある。

だから、私は主従関係を結ぶとき、相性というのは、本当にちゃんと考える必要があると思っている。

普通の男女関係としての相性に加え、SMのプレイなどの相性も考慮すべきだと思う。

出会うことが難しく、また努力も必要で、やっと出会ったら、それをなんとか主従関係に結び付けたいという気持ちはわかる。

でも、出会ったら、そこで一歩退いて、冷静に相手を見るということをして欲しいと思う。

特に、これはM女の方に言いたい。

主従関係を結んで、心や体が傷つく可能性が高いのは、圧倒的にM女の方だと思うから。

もちろん、奴隷と別れたことのある私は、別れたときに心が傷つかなかったか?と言われれば、そんなことはない。別れは、いつも、張り裂けそうな気持ちになるし、ずっと心に残る。

S男が傷つかないというわけではない。

でも、少なくとも、私の体には傷はない。

そして、心の傷にしても、奴隷の方にも多分、同様にあったのだと思うし、私以上に傷ついているのではないかと、別れた後にすごく心配になっていたりもしている。

そういう、体と心のことを考えると、私は、やっぱりMの方が、相性が悪くて辛い場合や、それで別れたときのダメージは大きいと思っている。

だから、主従関係を結んだ後に、相性が悪かったことに気がつくというのは、かなり不幸だと思う。

そういう事がないようにと願う。

主従関係を持つ前に、全てを見極めることはできないとは思うが、相性に関しては、出来る限り、確認したほうがいい。

そのためには、相手のことをちゃんと知るようにする必要があると思う。

私もそうしてきた。

私が、奴隷を持つとき、というのは、確実に相手としっかり話をした後だった。

御主人様になった初期からそれを意識していたわけではないのだが、最初の奴隷は彼女時代の付き合いがあったからよく知っていた仲だったし、次の奴隷は譲渡されてくる前からの友達付き合いがあり、さらには譲渡直前に色々な説明をしてもらっていた。

だから、初期の場合はたまたまなのだが、相手のことをわかった上で私の奴隷にした。

でも、その後くらいからは、奴隷にする前に、ちゃんと話をするということを意識するようになった。

相手の性格をある程度以上、把握できて、その相手を好きになることができる、しっかりと包んであげる気持ちになれると思えるまで、私は絶対に奴隷にしなかった。

複雑な事情があった奴隷も居たのだが、その時でも、私は事前に色々な話をすることだけはちゃんとしたつもりだし、その奴隷を愛して、その事情ごと受け止めてあげられるように、心の準備ができたから、奴隷にした。

こういうことだけは、ずっと守っている。

そうしないと、私も傷つくし、何よりも奴隷を傷つけることになってしまう。

そして、上でも書いたように、相性が悪かったときのダメージが大きいのはM女のほうだと私は思っているから、主従関係を結ぶ前には、M女が納得して、私の奴隷になることが大前提だ。

だから、私は、とにかく話をした。

もちろん、私の奴隷になるようにと急かすようなことは、絶対に言わずに。

M女が私の奴隷になることを自分自身で納得するまで、いくらでも話を続けるし、どんな質問にも答える。

一見、主従関係の相性とは全く関係ないような、好きな映画や本の話だとか、料理の話だとか、そういうことも含めて、質問されれば全て話したし、私の方からもなるべく色々なことを話すようにした。

とにかく、私のことをちゃんと知った上で、奴隷になるかどうかを決断して欲しいと思っていた。

後悔のないように決めて欲しいと願っていた。

本当は、私の心を開いて全部見せてあげられれば一番いいのだが、それはできないので、とにかく話をすることで、私を少しでも理解して欲しいと思っていた。

その話の途中で、私の奴隷にはなりたくないと思えば、それで終わり。

でも、それは、仕方がないことだ。M女が納得すること無しに、奴隷にするという選択肢は、私にはないから。

これが相性が合うかどうかを判断するためのベストな方法なのかどうかはわからないが、私はこうするのが一番いいと思っていたし、私にできるのは、これが最大限のことだったと思う。

そして、こうして晴れて主従関係を結ぶことのできた奴隷に関しては、私は、全て好きになっていたし、愛情を注いで接することができたと思っている。相性も良かったのだろうと思える。未練がましいと笑われそうだが、私は全ての過去の奴隷たちのことを、今でも心に残る、忘れられない大切な人だと思っている。

そういう風に思える人と主従関係を結べたのだから、私のやり方は、最良かどうかはわからないが、少なくとも間違ってはいなかったのだろうと思う。


今、御主人様になるかどうか、という状態にあるSの人には、相手をきちんと受け止めてあげられるのかどうか、心から好きになることができるのかどうか、自分と相性が合うかどうか、そういうことを真剣に考えて欲しいと思う。

奴隷を得たいという気持ちは強いと思うが、自分が満たされ、そして奴隷も満たすということが要求されるのだから、それをしてあげたいと思える相手なのかどうかはちゃんと見極めるべきだと思う。

自分の欲望のためだけに、相手に奴隷になることを迫るようなことだけは、して欲しくないと思う。


また、今、奴隷になるかどうかを考えているというMの人に言いたいのは、相手ときちんと話をして欲しいということ。

相手をしっかりと知って欲しいということ。

そして、納得した上で、奴隷になるという決断を下して欲しいということ。

とにかく、焦らずにじっくり話をするべきだと私は思うし、その話を嫌がったり、面倒臭がったりするようなら、その相手は良くないのではないか?と私は思う。

出会うことが難しいということはあるが、二度と出会えないということも無いと思うから、相性を確認するという作業は、ちゃんと納得するまでやるべきだ。

相性が合わないと思ったら、その人の奴隷になるのをやめるというのも、必要な選択肢だと思う。

主従関係を結べば、体と心を多く差し出すことになるのは、奴隷の方だから。

相性が悪くて、辛かったり、別れるような事になったとき、より多く深く傷つくのも、多分、奴隷の方だから。

本当に、しっかり相手を見据えて、考えて、冷静に判断して欲しいと思う。


そして、Sの人もMの人も、お互いに満たされる良い主従関係を築いて欲しいと思う。

テーマ:SM - ジャンル:アダルト

納得です
私はSの方と出会えたらすぐに奴隷になるものだって思っていました。
でも普通の恋愛と同じでちゃんと好きになれないとダメですよね。
vetさんのおっしゃることってすごく当たり前のことなんですよね。
そういうこと全然考えたことがなかったです。
私はSの方と出会う方法すらわからないですから…。
[2011/06/26 22:34] URL | 好実 [ 編集 ]
狂っている
はじめまして。
友達に紹介されてブログを少し読ませてもらいました。
大変に不愉快でした。
女性のことを奴隷にして、首輪をつけて縛ったり鞭で打ったり…。
家畜みたいに扱って、良心は痛まないのですか?
それを愛情を向けていたからいいと言うのは、自己正当化するための詭弁にしか聞こえません。
そういう事が平気でできるあなたは鬼畜です。
気が狂っています。

それに、あなたの奴隷になった女性たちも馬鹿です。
なんでわざわざ自分の人権を差し出すような真似をするのでしょう?
理解に苦しみます。
ただ精神的に弱いだけの性に堕落した汚い女性たちのように思います。
同じ女性として恥ずかしいです。
あなたは、そこに付け込むようなことをしていたのだと気がついてください。
そしてSMがさもいいことだというような主張はやめてほしいです。
[2011/06/28 11:48] URL | 女性の人権 [ 編集 ]

vet さんが気にしているとは思いませんが…

こういった考えを持つ方もいますよね。
この方の意見を否定をしたりはしないですが、理解してほしくて私たちはこの世界に身を置いている訳ではない。

不愉快なら、見なければいい。
このブログの説明にも記してあるのですから。

正しいも正しくないも、どこにも正解はないと思います。


[2011/06/28 18:41] URL | 愛 [ 編集 ]
私も女性です
私も女性ですが女性の人権さんのようなことは考えません。
人それぞれに色々な気持ちがあると思います。
なんでそういう一方的な事が言えるんですか?
幸せは自分で決めるものです。
女性の人権さんの幸せを勝手に押し付けないで欲しいです。
[2011/06/28 22:35] URL | 好実 [ 編集 ]
どうして?
愛さんと好実さんが、ここの管理人を擁護する理由がわかりません。
名前からすると、お二人とも女性ですよね?
奴隷なんて言われて、酷い扱いをさせられても平気なんですか?
あなたたちみたいな女性がいるから、女性が馬鹿にされるんですよ。
もっと、女性としてプライドを持ってください。

このブログ、不愉快だから見るんです。それを指摘しないと気づかないから。
こういうことが、良いと思われると困るでしょう?

幸せは、こんなことでなくても、見つかるはずです。
もっといい幸せが絶対にあります。
[2011/06/28 23:44] URL | 女性の人権 [ 編集 ]

女性の人権さん

不愉快だから見る。
じゃなくて…

興味があるから見るの間違いじゃないですか?

本能がこうゆう世界を欲しているのかも…

本当に嫌なら、触れたくもないでしょうに…
あなたはわざわざ触れてくる。

触ってみたい覗いてみたい好奇心がどこかにあるんじゃないでしょうか…

拒否すればするほどこの世界に取り込まれますよ…。

気をつけてくださいね。(^w^)

[2011/06/29 06:59] URL | ちこ [ 編集 ]
しあわせとは…
なんなんでしょう?

女性の人権さん…あなたはしあわせですか?

しあわせとは何ですか?
仕事を男にまけないくらいバリバリすること?
お金持ちと結婚すること?子供を産み育てること?

人によって違って幸せの基準、価値、感じ方は同じではないし一般に幸せという立場の女性が奴隷をしている方のブログもたくさんあります(家庭がありだんなや子供がいるけど別に御主人様がいて奴隷になっている)

隷裸なんて人には言えない名前つけられてよろこんでいるあほとしか見えないんでしょうが御主人様と知り合えてしあわせですよ…


隷裸には貴女より奴隷と呼ばれている女性達の方達の方がしあわせにみえるのはどうしてなのでしょう?


奴隷と呼ばれそう扱われている方達は心が満たされているように映るのですが…


実際の奴隷は無理矢理連れてこられて無理矢理働かされてイヤだのに鞭うたれ鬱憤をはらされているでしょうが

SMに関しての奴隷は
奴隷自ら望んで奴隷になり去るとしても御主人様は本当に奴隷の為に考え奴隷の幸せを願い手放されます


ストーカーになる一般恋愛よりも(自分の事しか考えない)ずっと思い合っている関係なのです

理解はできなくても否定はしないでください
[2011/06/29 08:27] URL | 苛淫 隷裸 [ 編集 ]
なにを言ってるんですか?
ちこさん、なにを馬鹿なことを言っているんですか?
私は、SMに興味なんて無いですよ。ただ、こういう悪辣なことが、良しとされることが我慢出来ないし、女性が搾取されるのを見ていられないだけです。
私が、こんな世界に入ることは絶対にありません。

苛淫 隷裸さん、こんな卑猥な名前まで付けられて平気なのですか?
それで幸せだと思っているのは、間違えです。
それは御主人様というものに、植えつけられただけのものです。
自分を大事にしてください。
こうやって御主人様という下劣なものに傅く女性がいるから、つけあがるんです。
対等な立場の相手がいれば、もっといい幸せが確実にあります。
[2011/06/29 09:21] URL | 女性の人権 [ 編集 ]
管理人は?
私がこれだけ書いているのに、返事がないのはどうしてですか?
私の指摘が痛いからなにも書けないのですか?反論できないのですか?
それなら、ブログを閉じてください。
あなたは間違っているということですから。
[2011/06/29 11:23] URL | 女性の人権 [ 編集 ]

女性の人権さん

自分の考えだけが正しいと思う貴女の方が間違ってますよ。
どんなブログを書くのも、どんな恋愛の形も自由ですから。
誰にも迷惑かけてる訳ではないのですから・・
[2011/06/29 14:00] URL | M [ 編集 ]

Mさんは女性の方ですか?Mってことは奴隷になってしまったのですか?
もしそうなら、即刻やめたほうがいいです。

恋愛の形も自由ですが、節度は必要です。
女性を奴隷にするなんて恋愛じゃなく虐待です。
それに、さもSMがいいことのように書いているこんなブログがあるから、興味をもつ人がいるのです。
十分に社会の迷惑です。
[2011/06/29 15:00] URL | 女性の人権 [ 編集 ]
御主人様と知り合うまで…
SMには興味もなく理解もできませんでした

そういうSMサイトやブログをみても興味なくスルーしてましたし普通は興味のない人は無視して立ち寄りもしません…
(だから貴女は自分ではまだ気づいてないけど潜在的に興味があるのにのめり込みそうな自分に対しての恐怖からこのブログをSMをけなしているか、もしくはSMのせいで彼と別れ恨み?とかで八つ当たりをしているしかみえません)

性器まるだしのエグいブログよりよっぽどちゃんとしたブログですし


迷惑な事ではないのです


趣味のブログで他人がとやかく言うことでもないと思います

このブログはvetさんが好きな人達の楽しみの場なのです
なくなっては困るブログです


vetさんも普通のお仕事をしている方です。お仕事が忙しいかもしれません…
すぐにお返事ができなくても当たり前ではないのでしょうか?

[2011/06/29 17:53] URL | 苛淫 隷裸 [ 編集 ]
ふざけないでください!
私は、SMになんて興味のないし、女性を蔑視するところに、むしろ嫌悪しています。
だから、こんなブログがあることが許せないのです。
趣味のブログでも関係ないです。
このブログは、SMをいいものだと思わせて、広めようとしているところが質が悪いのです。
このブログじゃなくても、もっと素晴らしい楽しみの場所はあります。

それに、彼と別れた恨みとか、憶測でものを言わないでください!
私は男に頼って生きるような弱い人間ではありません。

私は、昨日から書いてるんですよ。仕事があっても夜に書けたはずです。
なのに書かないのは、負けを認めるのが怖いからでしょうね。
[2011/06/29 19:20] URL | 女性の人権 [ 編集 ]

貴女に対してコメントをしている方たちは、ふざけているつもりはないと思いますよ。

個々の幸せは、個々が見つけるものです。
押し付けることは違います。

貴女の生活ペースとvet さんの生活ペースは違いますよね。
なので、貴女の感覚で非難することも私は違うと思います。

突然現れて、この場所に来ることを楽しみにしている方たちを攻撃するのは、やめませんか?

貴女に理解してほしいと思っていません。
貴女が幸せと感じる生き方があるように、私たちは私たちの幸せの生き方があるのです。

[2011/06/29 20:07] URL | 愛 [ 編集 ]

女性の人権さん

私は女性です、そして奴隷になった事は一度もありません。
それは今までずっとノーマルでしたから。
自分がMだと気付いたのは最近なんです。
勘違いしないでくださいね、vetさんのブログのせいではありませんから。

私はノーマルはノーマルで良いと思うんですよ。
そしてSMの世界も間違いではないと思うんです。
主従関係だからといって、女性を蔑視してる訳ではないとも思います。
一つの恋愛の形ではないでしょうか。

それぞれ生き方考え方があるんです、それで良いじゃないですか?
[2011/06/29 20:22] URL | M [ 編集 ]

負けとはなんぞや?とまず首を傾げながら…。
このブログの愛読者ですが、女性の人権さんの意見に(多少攻撃的であるにしろ)全く共感できるところがないわけではないので2つ3つ。

・このブログを紹介してくれたのが友人と書いておられましたけど、どのような友人で、貴女は相手をどう考えているのか?
貴女に近い考えを持っていて教えたのか、もしくは奴隷orご主人様でいやいや付き合っている友人なのか…。

・奴隷やご主人様を実際に見たことがあるのか?
あるならば実際の感想を。

・貴女にとって普通の恋愛関係における普通のセックスってどのようなものですか?
具体的に知りたかったりします。
個人的な疑問なんですがね。
良かったらお願いします。
ちなみに当方性癖はノーマルです。
[2011/06/29 20:48] URL | 星名 [ 編集 ]

>皆さんへ
普段、コメント欄は、私と、コメントされた皆さんとのお話という感じが多いですが、今回は、皆さん同士でのお話がかなりありますね。それ自体は問題ありませんし、今のような感じで、冷静にお話をしてくだされば、それでいいですので。これ以後、どんなコメントがあっても、それだけは、お願いしますね。



>好実さん(2011/06/26 22:34に書かれたことに関して)
そうですね。主従関係といっても、人間関係ですから、やっぱり一緒にいる以上は、気持よくいられる人と、というのが、普通に考えると、当たり前なのだと思います。
でも、出会う確率の低さから、相手がSだとか、Mだとかわかった時点で、あまり相性を確認せず、すぐに主従関係を結んでしまう人も、少なからずいるので、そういうのは、後から大変になることがあるということを書いておきたかったということです。
もちろん、最初に会った瞬間のインスピレーションのようなもので、決めてうまくいっている人も居るんですが、そこまで卓越した”人を見る目”を持っている人というのは、なかなか、いないですし、私もそういう事はできませんので、じっくり話をするのがいいのだろうと思っています。
好実さんがおっしゃるように、普通は、出会う方法もわからないことのほうが多いんですよね。私も今、M女性と出会いなさいと言われると、どうすればいいのか?とかなり悩むと思います。
そこがSMの難しいところでもありますが、本当に良いと思える人に出会えた時は、この上なく幸せだと思います。



>女性の人権さん
はじめまして。ブログ、多少でも読んでくださったみたいでありがとうございます。
まず、お返事が遅れたのは、ただ単に忙しかっただけです。これでも平日は真面目に仕事していますし、信じていただけない様な気がしますが、昨日は残業で午前様だったので、女性の人権さんのコメントを最初に拝見したのも、日付が変わった後でして、仕事で疲れて帰ってきて、そこからお返事を書く気力はありませんでした。それで、今日も朝から仕事ですので、コメントをお返しすることができておりませんでした。それと、普段からそうですが、コメントへのお返事は、次のエントリーを書いたときにすることが多いので、私にしてみると、今回が特別遅いわけではありません。むしろ、今回のように、コメントに対して1日半程度でお返事が返るのは早い方です。コメント欄がこういう状態ですから、早めに書いたほうがいいだろうという判断で、こうしてなんとか時間を作って書いています。
いろいろな意味で、女性の人権さんへのお返事には悩みましたが、女性の人権さんのご指摘が痛かったわけでもないですし、反論できないわけでもないです。また、すべての部分について、反対というわけでもないです。分かる部分もあります。それに、勝ち負けとか、あまり考えてないんですけどね…。私がブログをやめたら、女性の人権さんの勝ちになるのでしょうか?よくわかりませんが、とりあえず、私はなにかの勝負をしているつもりもないです。
ただ、正直な感想を書きますと、女性の人権さんとまともにお話をする気が消し飛んでいる感じはあります、怒りで。私が何に怒っているのか?というのは、最後に書きますね。

コメントを拝見して、冷静にお返事できるところと、そうでないところがありましたので、分けて書きます。皆さんには、冷静にコメントしてくださいなんて、上で書きましたが、私には、どうしても、それができない部分がありました。その部分だけ、このブログのWEBマスターの特権ということで、お許しいただきます。


まずは、冷静に書ける部分からです。
私のブログを読んで、とても不愉快に思われたとのこと。
女性の人権さんと、私や過去の奴隷たちとでは、価値観がかなり違うようですね。どちらかと言えば、女性の人権さんの価値観のほうが、世の中では一般的なのかもしれません。ですので、そこから外れた、私や私の奴隷たちの考え方や行動というのは、理解しがたいのだろうなと思います。ハンドルネームの通り、女性の人権というものを大切に考えておられるのだとお察しいたしますが、確かに私のやっていたSMでは、女性の人権というのは、表面上、軽視(無視?)されていたことですから、それについての女性の人権さんのご指摘はその通りです。
ただ、それは、女性の人権さんにご指摘を受けるまでもなく、私も認識しております。そして、全て承知の上でやったことです。ですから、良心が痛まないのか?というご質問についてですが、良心が痛むことはありません。そういう風に奴隷を扱うことが、私にとっても、そして奴隷にとっても、幸せな関係であると思っているからです。それによって満たされる心があるということを信じておりますし、実際そうだったと思います。
また、私の愛情というのが、自己正当化のための詭弁だとのことですが、これに関しては、他の方に言われる筋合いのことではないだろうなと思います。私の愛情は、私の奴隷たちに注いだものです。全ての奴隷に対して全力でそうしました。それは、誰に否定されるものでも無いと思います。もちろん、女性の人権さんにも。もしも、それを否定できる人がこの世に居るとするならば、それは私の過去の奴隷たちだけです。彼女たちには、私の愛情を評価することも、肯定することも、否定することも、全ての権利があると思っています。彼女たちになら、何を言われても私はそれを素直に受け取りますが、他の方に言われても、何も響きませんので、これに関しては、女性の人権さんが詭弁だと思われているのでしたら、そう思っていてください、としか言い様がありません。女性の人権さんに注いだ愛情ではありませんので。
それから、私が鬼畜で気が狂ってるとのことですけれども、女性の人権さんがブログを読まれた結論として、私のことをそう思われるのでしたら、それで問題ありません。一般的基準からすると私はそういう存在なのかも知れませんね。私に関しては、このブログからどんなことを感じられて、どんな評価をされようとも、それは私の責任ですから、構いません。そういう風に思う方がいらっしゃるということで、私も心に留めておきます。
SMが良いことだという主張を私がして、それを広めようとしているということですが、それについては、誤解があるように思います。私はそんなつもりは無いです。もちろん、悪いことだと言うつもりもないですが。このブログは、私が過去のことを整理したくて始めました。今は、皆さんとの交流の中で、少し楽しんでいただけたらいいなとか、ご相談をいただくことも多いので、それに私の経験からお応えするというような感じのエントリーも増えてきましたが、基本的な考え方は変わりません。私が心のままに過去のことを書いて気持ちの整理をしているというだけです。最初から、SMを広めたいとか、SMは良いものだと宣伝したいとか、そういう意図はありません。でも、女性の人権さんには、そのように思われてしまっているようで、私の意図がうまく伝わっていないというのは、残念です。ブログ全体をしっかり読んでいただければ、その部分は分かっていただけるのではないかと思うので、もしもよろしければ、もう少し読んでみてください。不愉快だと思っていらっしゃるようなので、無理かもしれませんが…。私としては、女性の人権さんにも、私の意図が伝わるといいなと思っております。
それから、ブログを閉じるかどうかは、私が決めることなので、女性の人権さんに言われてどうしようかと考えることはありません。今のところ閉じる気はないので続けます。なぜ、女性の人権さんが他人のブログに対して、そこまでのことをおっしゃることができるのか、私にはかなり不思議です。社会の迷惑だとのことですが、女性の人権さんは、一体、社会の何なのでしょうか?社会のためと言って、他人に何かを強制できる立場なのでしょうか?申し訳ないですが、この点に関しては、女性の人権さんのおっしゃることが全く理解できません。もしも私に、ブログをやめさせるおつもりなら、もう少し論理的に納得出来る説明をしてください。
と、ここまでは普通にお返事をお返しいたしますが…。


ここから先は、予告したとおり、私の怒りの部分です。
あなたが書いたことで、絶対に許しがたいことがあります。
それは、私の過去の奴隷たちについて、馬鹿だとか、精神的に弱いだとか、性に堕落しているとか、汚いとか、そういうことを言っているということです。あなたにそんなことを言う権利なんて、ひとかけらもありません。
奴隷たちがどんな気持ちで私と一緒にいたのか、それも知らずに、勝手な憶測だけでそんなことを言う、あなたを私は許せません。
同じ女性として恥ずかしいなんて書いておられますが、少なくとも、会ったこともなく話をしたわけでもない彼女たちを、貶めるようなことを推測だけで平気で書ける、無礼なあなたよりは、私の過去の奴隷たちのほうが、確実に品性があり、聡明な女性たちでしたよ。それははっきりと断言します。あなたとこうして比べることすら彼女たちに失礼なので、こんなことを書きたくもないですけれども。
私のことについては、何を言われても構いません。鬼畜と言われましたが、それで怒っていたりはしません。私が私の責任で書いているブログですから。それについて、賛否両論あるのは、当たり前ですし、批判されるのが嫌なら、公に公開されるブログなんて書きません。どうぞ、何でも言ってください。それには私も耳を傾けます。
でも、過去の奴隷たちのことに関しては、誰にも悪く言わせるつもりはありません。あなたは、触れてはいけないところを土足で踏み荒らしました。これでも出来る限り穏やかに書いていますが、私の怒りがどれだけのものか、あなたに見せたいところです。
今後、あなたがコメントされるのかどうかわかりませんが、もしもさらに私の過去の奴隷たちを侮辱するようなことを書かれるのでしたら、それは確実に削除します。これ以上、あなたの暴言を許すつもりはありません。すでに私の気持ちはあなたを許せない状態なので、これ以上怒らせないで欲しいと思います。
それ以外のことでしたら、いくらでも私に反論してください。私についてなら、鬼とでも、悪魔とでも、罵ってくださって結構です。それに対しては、私は冷静な議論として対応します。
ただ、過去の奴隷たちを侮辱したあなたに対して、私は怒りしか持っていないことだけは理解してくださいね。その怒りの先にしか、あなたのコメントを読んでいませんので、なにかコメントをするのであれば、そういう風に読まれていると思って覚悟して書いてください。

と、ここまでが、私が冷静ではなく感情のままに書いている部分です。本当に、他の皆さんには不快な思いをさせてしまい、申し訳ありませんが、私は、できた人間ではありませんので、心の中はこんなことになっております。そして、それを出さないと気がすみませんでした。私の未熟をお許しいただければ幸いです。



>愛さん、好実さん、ちこさん、苛淫 隷裸さん、Mさん、星名さん
個々にお返事を書いたほうがよいのかどうか、ちょっと悩んだのですが、女性の人権さんへ向けたお話なので、私が書くことではないのかなと思って、書いておりません。
冷静にお話ししてくださってありがとうございます。今後、コメントされることがあるかどうかはわかりませんが、その時も同じように、お話ししていただければ幸いです。



>女性の人権さん(二つ目以降のコメントに関して)
こちらに関しても、他の皆さんへのお返事のようですから、私は個々にコメントしません。冷静にお話ししていただければ、それで良いです。議論されるのは構いません。ただ、他の皆さんに対しても侮辱するような言葉を書くようであれば、それは削除の対象になりますので、その点だけご注意ください。

[2011/06/29 21:50] URL | vet [ 編集 ]
はじめまして
vetさん、はじめまして。
少し前から、こちらのブログを拝読させて頂いています。

ここを訪れるたびに、ほっとするような優しさを頂いています。
私は以前、主従関係を結んでいた御主人様との別れを経験し、
その御主人様へのわだかまりを、ずっと持ち続けていました。
vetさんのお話を読んで、主にも心があって、奴隷には言えない
いろんな気持ちがあったことを推し量ることができました。
御主人様もあの時いろんな思いがあったのだろう、と
わだかまりが溶けていくのを感じています。
ありがとうございます(^-^)

そして、相性について。
今は、新しい彼と一緒に楽しい時を過ごしています。
自分と相性のあう人との出会いって難しいと思います。
幸い、私は今とても相性のあう人とお付き合いしている、と思います。
vetさんのお話を読んで、今のこの関係を、二人の時間をもっと大切にしたい、と思いました。

これからもvetさんのブログを応援しています。
こちらは猛暑日が続いていますが、北海道は涼しいでしょうか?
お身体御自愛下さいませ。
[2011/06/29 21:51] URL | 鳥子 [ 編集 ]
失礼しました
憶測でコメントしたことは申し訳なく思います
すみませんでした


しかしここのブログはノーマルの人にSMはいいですよ!是非に奴隷になってくださいなんて一言もないですよ…
ノーマルの方がいけないとも…
そしてここに来ている方も誰も思っていません

貴女の考え方、価値観を押し付けないで…
否定しないで…
確かに理解しにくい事だと思います。
人には言えない
リアルな知り合いには言えない事かもしれない

でも人と同じじゃなければいけないんですか?

人と同じじゃないけどしあわせだと思っている事にそれは間違えだからやめなさいと、もっとしあわせがあるはずと言って貴女はその事に対して責任が取れるのですか?


貴女に理解して欲しいとは思ってないのです

貴女の価値観(考え方)を押し付けないで…


vetさん大変申し訳ありません…
隷裸が(ムキになって)反論するからよけいにムキになられてややこしくなるんですね

この件に関しましてはこのコメントを最後にさせていただきます


また他のエントリーで楽しいコメントさせていただきます


隷裸はこのブログ大好きです
ずっと応援してますよ
[2011/06/29 22:14] URL | 苛淫 隷裸 [ 編集 ]
どうして分からないの?
愛さん、私は攻撃しているつもりはありません。
SMの女性への理不尽さを認識してほしいだけです。
SMの世界しか見えていない女性には、他の幸せがあることがわからないのでしょう。
そこから脱却して欲しいのです。

Mさん、SMを一つの恋愛の形と考えることがそもそも間違いです。
恋愛は、男女の対等な関係から生まれるものですよね?
それが最初から醜く変質しているのですから、それが恋愛だとは言えないです。

星名さん、私の友人は普通の女友達です。
友人は、このブログがおかしいと言って教えてくれました。
ブログを読んでみたら、本当に管理人がおかしいので、驚きました。
奴隷や御主人様なんて見たことありません。そんなものに触れたくないです。
普通のセックスについて話すつもりはありません。
セックスは秘め事です。それをこんなところで話せるわけがないです。
そんなこと、聞いてどうするんですか?

鳥子さん、SMをやめて彼と仲良くするようになったのは、正解です。
それが本当の幸せだと思います。

苛淫 隷裸さん、幸せは自分で見つけるもので、私が誰かに責任をとることではないです。
私が言いたいのは、女性が幸せになれる方法はSMにはないということです。
女性が虐げられるのに、どうして幸せになるんですか?
そして、対等な普通の恋愛が正常な形だということです。

管理人、やっぱりあなたは最低です。長文で惑わすつもりですよね?
私はそれには乗りません。
あなたに言いたいことは、一つです。
即刻、ブログを閉じてください。
こんなブログがあるから、惑わされる人が出て、女性の不幸が増えるんです。
[2011/06/29 23:40] URL | 女性の人権 [ 編集 ]
女性の人権さん
お返事ありがとうございます!
貴女に論理的会話をする能力はなさそうだなとお見受けしました!もしくはする気かな?

実際に迷惑を被ったわけではなく、何をもって「社会の迷惑」なのかわたしには全くわかりません。貴女が不愉快な思いをされたがっていることぐらいしか。なんだか胡散臭いです。
ここで無理にでも普通の恋愛をさせたいなら誰をも魅了するような文章を書くべきですよ。証明もせずに貴女の正しさを結論づけようなんてもっての他です。
その熱意でその道の純愛小説でも書いたら如何です?ちょっと見たいです。

そしてvetさんは最低でも鬼畜でもないと断言できます。
もちろんお会いしたこともお話したこともありませんが、どうやらわたしよりvetさんを知らない貴女が断定できるみたいなので。

vetさん、お手を煩わせたら申し訳無いです。
[2011/06/30 00:37] URL | 星名 [ 編集 ]
はじめまして
はじめまして。
いつもはブログを楽しみにして見てるだけの私ですが…。
コメントを見て、びっくりしました。
こんなところに書くことじゃないのかもしれませんから、もしダメだったら削除してください。

私、vetさんが怒ってるの初めて見ました。
しかも汚い言葉を使ったりしないで静かに怒ってるから、余計怖いです。
いつもvetさんのコメントってとても優しいから、あまり感じませんでしたけど、Sの方の本気の迫力ってこういう物なのかって思いました。
少し前の記事で、奴隷の方を泣かせたって書いてありましたけど、言葉だけでどうやって泣かせるんだろう?って思ってたんです。
でも、これは泣きます、私、絶対泣いちゃいます。
それに、冷静な話と怒ってる話をちゃんと分けて書けるのもすごいです。
私なら怒るだけで頭がいっぱいになっちゃって、そんなことできない。
怒りながらでも、ちゃんと割り切れるんですね。
どういう精神してるんでしょう?←これ、すごく褒めてるんですよ。
それとvetさんが奴隷さんたちのこと、本気で愛して、今でもすごく大切に思ってるんだなぁって、ひしひしと感じました。
奴隷さんたちが羨ましい。こんなに愛されてみたいです。
やっぱりvetさんはすごく優しいんだと思います。
厳しい時は厳しいけど、心の中には大きな優しさをしっかり持ってる。理想です。
このブログを読んでて良かった。
ブログ続けてください。ずっと応援しています。
[2011/06/30 01:15] URL | shinono [ 編集 ]
なんで?
星名さん、ちゃんとあなたの質問には答えたじゃないですか?それで不満なんですか?当然ちゃんと会話をしています。
それから、小馬鹿にしないでください。小説なんて書く気ありません。
普通の恋愛は誰でも普通にできることです。
それなのに、わざわざSMなんかするのはおかしいです。
私は女性が踏みにじられるSMの情報を垂れ流しているこのブログや管理人が害悪だと言いたいのです。

shimomoさん、女性を泣かせる管理人のどこがいいんですか?優しいなんてもってのほかです。
優しい男は女性を泣かせたりしないでしょう?
管理人の精神は、狂ってるという以外にないです。
[2011/06/30 09:26] URL | 女性の人権 [ 編集 ]

vetさん、お邪魔します。時々拝見しておりました。

嗜好、考え方 それは人それぞれです。

こういう人もいるんだとそう思っていたら良いじゃないのですか?

女性の人権さん
そもそも普通って何ですか?普通の恋愛をすると普通の幸せが得られるのですか?


SとMの関係で
主と奴隷という関係であっても、お互いが納得していれば良いのでは?

人との繋がり
色々な形がありますね。
自分の想いに沿って
進んで行けば良いのです
多分それが一番良い形

普通っていう言葉に
ある種、胡散臭さを感じるんですよね。


因みに言っておきますと私は、女性の人権さんの理解しがたいMです。

普通が幸せなのか、SMが幸せなのか結局は相手次第。
行き着くところはそこじゃないですか?


自分を理解してもらえる、自分を遠慮なく出せる思い遣りのある関係。それは、どんな間柄でも大切なことでしょ?
[2011/06/30 10:36] URL | かおる [ 編集 ]
初コメント
皆さんのコメ読んでたら《SM》について
精神科!?の先生の意見聞きたくなりましたよ!vetBlog読んでる先生はいらっしゃいますか?(^o^)/
[2011/06/30 11:14] URL | ユウ [ 編集 ]
当たり前のことしか言ってないんですけど。
かおるさん、普通っていうのは、男女が対等に付き合うということです。
女性だけが理不尽に虐げられることがない付き合いです。
それが正しい関係ですよね?そこに疑問が出る理由がわかりません。
SMの関係で納得していると思うのは、女性が我慢させられているだけです。
胡散臭いのはSMのほうです。

ユウさん、精神科の先生の意見は私も聞いてみたいですよ。
SMみたいな異常な関係、精神がおかしいとしか思えません。
管理人も一度病院に行ったほうがいいです。
[2011/06/30 14:43] URL | 女性の人権 [ 編集 ]
お返事ありがとうございます
女性の人権さん
あなたの考えていらっしゃる普通ということが
書かれていることなのですね。


普通に付き合う、対等である。
まぁ、そのような人たちもいらっしゃるんでしょう。
肯定も否定もしません。
考えは人それぞれ自由ですから。

私の考えとは相容れないだけですね。


最後に。
管理人さんはご自身の過去の回想を書いていらっしゃる。
現在形ではなく、ね。



おそらく一つの区切りをつけて今があるのでしょうから
余計なことは言わないことです。

それでは失礼します。
[2011/06/30 19:04] URL | かおる [ 編集 ]

 ブログを最初からずっと読ませてもらっているものです。
 管理人様の心,思い,それらから沢山の事を学ばせてもらっています。
 男としての欲望はすぐに理解できるものですが,そうではない,依存する心,それを支える想い,女性への優しさなど,経験に勝る知識無しという言葉を痛感させられています。
 今回のコメント,管理人様の関わってきた女性を大切に思う気持ち,感動しました。

 それだけに今回のコメントの件については,私事ながら強く憤りを感じずにはおれませんでした。当事者でないにも関わらず,思わず長文を書き込んでしまいたいほどに。
 いらぬ火種になればご迷惑をおかけする事になると,強く自重するところであります。

 ささやかに応援することしかできない私としましては,知る楽しさ,己の心の糧となる経験を見せてくださる管理人様に,感謝と敬意を表したいと思います。
[2011/06/30 22:17] URL | Ryo [ 編集 ]
なんで?
ああ、もう、なんでこんな簡単なことが分からないの?
女性が虐待されてるってだけで、悪いことでしょ?違う?
最悪で低俗で馬鹿な管理人を擁護して、なにか得でもあるわけ?
女性まで管理人に丸め込まれて。
もう、わけわかんない!
[2011/06/30 23:29] URL | 女性の人権 [ 編集 ]
女性の人権さんへ!
貴女のコメントには何度も、SMよりもっと良い幸せがあるとありました。しかし、「幸せは自分で見つけるもので、私が誰かに責任をとることではないです。」のすぐ後で、
「私が言いたいのは、女性が幸せになれる方法はSMにはないということです。」と書いてますよね。幸せの基準は個々に任せながら、SMでは幸せになれないと断言するのはどう考えても矛盾していますが。
平等な関係から始まり、対等に付き合う普通の恋愛(貴女の言う)に異を唱える気はありません。普通の、という意味が十中八九のカップルの、という意味ならば、(私の経験から言えば)SMは普通ではないです。でもそれはSMでは幸せになれない根拠にはなりえません。それに加えてvetさんが最低であるとする主張も、女性の不幸が増えるという主張も筋道立ったものでないので、論理的会話をする能力もしくはする気がないと先のコメントで申し上げた次第。

貴女がSMをどう捉えているのかいまいちわかりませんが、(私の捉え方が正しいとは言いませんが)もしかして女性の意志に背いて傅かせ苦痛のみ与えることをSMだと思っていたりします?それはSMでなく犯罪です。そんな犯罪をvetさんが是としているというのなら具体的な箇所を示してください。

あなたたちみたいな女性がいるから女性が馬鹿にされるんですよ、と貴女は仰いましたけども、馬鹿にされようがなんの問題もないでしょう?
貴女自身が、礼節をわきまえているという信念に恥じることがないならば。
[2011/07/01 00:39] URL | 星名 [ 編集 ]

>鳥子さん
はじめまして。ブログ読んでくださって、ありがとうございます。
私のブログを読んで、ほっとするなんて言って頂けると、私もすごく嬉しいです。

鳥子さんは、主従関係を持たれていたことがあるのですね。
私もそうなんですが、主従関係にあるときには気がつかないことってありますよね。
今は私も、奴隷が居ないということで、御主人様のときの気持ちを隠すこと無く書けているのですが、あの時は、御主人様という立場とか、妙なプライドとかが邪魔をして、言えないことってたくさんあって、奴隷にちゃんと伝えられなかったことも多かったかなと思います。
奴隷も色々な想いを持って御主人様の元にいるのだと思いますが、御主人様も同じくらい色々な想いを持って奴隷と居るのだと思います。
そういうことを考えるのに、少しでも私のブログがお役に立てたのでしたら、嬉しいです。

新しい彼との相性が良いとのこと、とても良かったですね。
主従関係の相性ということで、このエントリーは書いてありますが、それに限らず、人間関係はどれも相性ってありますよね。
それがぴったりの人といるときというのは、すごく気持ちが良いですし、心休まるものだと思います。彼との関係をこれからも大事に育んでいってくださいね。

ブログの応援もありがとうございます。なんだか不定期な更新で申し訳ないですが、今後も見ていただけたら嬉しいです。
北海道は、多分、本州以南に比べたら涼しいのでしょうが、暑がりな私はすでに、暑さに参ってきています。鳥子さんも、熱中症などには十分にお気をつけて、元気でお過し下さいね。



>女性の人権さん
長文を書きますと、惑わせていると思われるようなので、要点だけ、短く書きます。
ブログをやめて欲しいというお話は、皆さんにいただくご意見の中の一つとしては、受け取っておきます。
でも、私には私の方針があります。それを著しく損なうようなことは、私は聞けません



>苛淫 隷裸さん、星名さん
女性の人権さんへのお話のようなので、やっぱり私はコメントしませんが、冷静に書いてくださって、ありがとうございます。荒れやすい話題だと思うのですが、それでも、しっかり理性的に書いてくださって助かっております。何も問題はありませんので、大丈夫です。



>shinonoさん
ちょっと驚かせてしまったみたいで、申し訳ありません。
私は、私についてのことであれば、何を言われても、冷静に受け止めることができると思うのですが、過去の奴隷たちというのは、私に大切なものをたくさんくれた大事な人ですから、それを貶されるのだけは我慢できませんでした。
お見苦しいところをお見せしました。
でも、あれが、偽らざる私の気持ちなんです。
だから、今回は皆さんが驚かれるのも承知で書かせていただきました。

私も、怒ると頭がそれでいっぱいなんですよ。他の方と変わらないというか、どちらかというと、感情的になりやすいほうかもしれないです。なかなか冷静にはなれません。
ですから、ああいう風に書くには、かなり苦労しています。何度も書きなおして、やっと、分けて書くことができたというものです。

優しいと言っていただいて、嬉しいですが、ちょっと恥ずかしいです。でも、ありがとうございます。そういう人間でありたいです。

ブログ、頑張って続けますね。



>ユウさん
はじめまして。
精神科の先生は、SMのことをどういうふうに判断されるのでしょうね。
私も、そういう医学的な方面からのお話は伺ってみたい気がします。



>かおるさん
はじめまして。ブログ、読んでくださってありがとうございます。
女性の人権さんへのコメントのようですので、私は特に書きませんが、私がこのブログに書いていることを正確に把握してくださっていて、嬉しかったです。



>Ryoさん
私は、自分の気持ちや経験をただ書いているだけなので、こんな風に言われますと、少し恥ずかしいくらいに思ってしまいますが、正直な気持ちとしては、とても嬉しいです。
私は、多分、御主人様としては、それほど良かったわけではない気がしますが、それでも奴隷たちへの想いだけは、ちゃんと持ちたいと思っていました。私にはそれしか無かったとも言って良いかもしれません。でも、それが、ブログを通しても、伝わっているのは、良かったと思えました。ありがとうございます。

[2011/07/01 00:42] URL | vet [ 編集 ]

いつだったかこちらのブログを見つけ たまたま四方山話を読んで以来 ブログ発足時の記事にさかのぼりすべて読ませて頂き その後は毎日更新を楽しみにしながら 引き続き愛読させて頂いております。
Vetさんの文章から感じる事は ひたすらに真摯で真面目な 彼女達への愛です。
確かに形はSMとアブノーマルなもので 関係はご主人様と奴隷ですが 自分はどうあれば彼女を幸せに出来るのだろう どうしてやれば彼女に幸せを感じてもらえるのだろう Vetさんはそんな思いやりや試行錯誤を重ねていたように感じられます。
それは当たり前のようで本当に難しい あるべき恋愛の形だと思うのです。
私は奴隷でもご主人様でもありませんが そんなにも相手を想い考えて懸命になることが私は出来ているだろうか? 我が身を振り返って反省する事も多いです。
私は奴隷にもご主人様にも なりたいと思っていませんが Vetさんのブログが大好きです。
愛しい人を想い大切にした日々の記録だと感じています。
新しい記事を楽しみにしていますが お忙しい事と思います。
無理なさいませんようどうぞご自愛下さい。
[2011/07/01 06:17] URL | Kka [ 編集 ]
馬鹿にしないでください!
もうなんで、こんなに擁護する人がぐちゃぐちゃ湧いてくるの?
なんなの?あなたたちって。
管理人に洗脳されたの?いい加減に目を覚ましてください。
女性が不当に扱われてるんですよ。
管理人は犯罪を助長してるようなものなのに。


それと管理人、馬鹿にしないでください!
この返答は何?短ければいいってもんじゃないでしょ。
私が何度もコメントしてるのに、失礼じゃないですか?
私の言う事、全く理解してないね?
頭悪いみたいだからはっきり言ってやるけど、あんたは謝罪して、即刻ブログを削除しなさい!
話が終わってないのに、勝手に記事を増やすな!
女性に謝れ。
[2011/07/01 09:09] URL | 女性の人権 [ 編集 ]
大丈夫!馬鹿になんてされていないよ。
女性の人権さんは馬鹿になんてされてないから安心していいですよ。
だって・・・ちゃんとみなさん質問に答えてくれてますよ。
本当に女性が犯罪的な行為をされていて、本気で社会的問題が有ると
女性の人権さんが”本気”で考えていて問題視しているのなら、遠慮無く
通報すればいいのです。誰にもその行為を止める事は出来ません。
本当にここを閉鎖させたいと思っているのなら、公的に動けばいいのです。
女性の人権さんは何か権利とか特権とかを持っていてブログの運営に
対しての強制力とかをお持ちなら、それを掲示し施行すればいいだけです。
何度も子供のような意見を言うだけでは、何も変えられないですよ。
もう既に女性の人権さんのやり方では通用しないと説明されているので、
もっと効果的で効率の良い方法で自分の考えを浸透させるといいですね。
コレ以上同じアプローチでは、今後本当に”馬鹿”にされてしまいますよ。

初めて書き込みました。余計な意見を言って更に悪循環させる狙いでは
ありません。結果は既に見えていますが、人の心を動かす方法を少し
考査し”本気”では無い人間に対して”本気”をぶつけているみなさんの
絆のような物を感じてしまい書き込みました。出しゃばった事をして
申し訳有りませんでした。
[2011/07/01 11:12] URL | クスクス [ 編集 ]
あの…
はじめまして。僕も、このブログのファンでずっと読んでいます。
最初はvetさんが奴隷の人を持っていたことが羨ましくて読んでいましたが、今はvetさんの人柄に惹かれています。
こういう人だから奴隷の人たちを持てたんだって納得しています。
僕もSですけど奴隷は持ったことはないです。僕にはvetさんのような素晴らしい人柄はありません。だから少しでも近づきたいと思って読んでます。

それで女性の人権さん、このブログを潰すようなことはどうかしないでください。
このブログを楽しみにしている僕みたいな人もいますから。
それからクスクスさん、通報するとかそういう事を書いて炊きつけないでください。今まで気づいてなかったかもしれないのに、クスクスさんが書いたらやってしまうかもしれないです。
女性の人権さんを試して楽しんでいるように見えますけど挑発するようなことはしないで欲しいです。
[2011/07/01 17:39] URL | jim [ 編集 ]
余計なこと言わなくていいです
クスクスさん、下のjimさんが私のことを試して楽しんでるって言ってるけど、ホントにそうです。あなたの間抜けな挑発に乗る気はないです。
大事な話をしてる時にそうやって馬鹿にして楽しむ人って最低です。

jimさん、クスクスさんのことを言ってくれたのはいいけど、Sなんてやめなさい。
それに管理人の人柄がいいとか、勘違いだから。
もっとまともな人を目標にした方がいいです。
[2011/07/01 19:41] URL | 女性の人権 [ 編集 ]

初めてコメントさせていただきます。女性の人権さんのコメントに不快感が募ってしまって…。女性の人権さんのvdtさんへの発言(馬鹿とか)自体がネット上での名誉毀損に充分値すると思います。
vdtさんをはじめ皆様が真剣に答えてくださってるのに、女性の人権さんは感情的に命令口調になるばかり…。穏やかな楽しい雰囲気な今までの皆様のコメントだったのに、とても悔しいです。ここはvetさんのblogであって、女性の人権さんのblogではないのですよ。vetさん、女性の人権さんは『荒らし』とみなし、この際思い切ってコメント拒否してしまっていいのではないでしょうか。皆様が大人な対応で一歩ひいて真剣に答えているのにもかかわらず、大人な対応をしていただけないのですから…。
嫌な言い方になってしまいますがもう相手にするのはやめましょう!
最後にvetさん、これからも記事楽しみにしてます。コメントさせていただく事はもうないと思いますが、どうか、blogをやめないで下さい(懇願)
[2011/07/01 20:18] URL | ゆうこ [ 編集 ]

 私ごとき未熟者が言うのも僭越ではありますが,「それほど良かったわけではない」と,そう仰られるがゆえに,このブログを読んで共感なさる方々がいらっしゃるのではないでしょうか。

 私は,自らを律するために,自らが正しいと思い込まないように自分自身を疑い続けよう,自分自身を知ろう,そう思ってきました。
 そんな中でこのブログに偶然出会い,管理人様のご自身や女性たちと懸命に向き合う姿に,人としてあるべき姿の一端を見せていただけていると思っています。

 正直申しますと,私としてはSM行為に,性的に興奮する部分は確かにあるものの,あまり気分の良いものと感じません。
 それでも,誰の心にもSの部分,Mの部分は多かれ少なかれ存在すると思われますし,自分の中にもある事は確実で,だからこそ,Sとは,Mとはどんなものであるか知りたいと思い,それを知る機会を与えてくれた管理人様には感謝しているしだいであります。
 自分の中にあるものを知らねば,自分を律することなど,できはしませんものね。

 管理人様の文章は,私には読みやすく,とてもありがたいもので,また,多くの経験や知識を読ませていただければ,幸いに存じます。
[2011/07/01 23:31] URL | Ryo [ 編集 ]
はじめまして
女性の人権さんとお付き合いする男性は大変でしょうね。初めは私も苛立ちましたが、コメントを見るたびに、愛し愛されたことのない可哀想な人に思えてきました。

vetさんのブログ、これからも楽しみにしています。
[2011/07/02 00:45] URL | midonna [ 編集 ]

>Kkaさん
はじめして。ブログ、全部読んでくださっているのですね。ありがとうございます。
私は、過去のことや、その時の気持ちをそのまま書いているだけなので、このように言われますと、なんといえばいいのか…。ちょっと、恥ずかしいです。
色々と変なこともやらかしている、いまいちパッとしない御主人様というのが実像なので、あまり褒めないでくださいね。つけあがりますので。
でも、素直に嬉しいです。ありがとうございます。

更新も楽しみにしてくださっているとのことですので、頑張りますね。
今後とも、よろしくおねがいします。



>女性の人権さん
馬鹿にしたつもりは無かったのですが…。
今度はそのように解釈されたようで、どう書けば良いのか、正直、判断しかねております。とりあえず、私の書ける方法で書くしか無いので、そのようにさせていただきます。
何度も言うようですが、ブログの更新や、運営方針に関しましては、私が決めます。誰のご意見も聞かないということではないですが、聞けないご意見は聞けません。これは譲れないことですので、女性の人権さんが今後、同じ主張をされても、答えは同じです。この話題に関しては、これ以上、議論の余地はありません。
女性に謝れということに関してですが、これまでのコメントの文脈からして、多分、社会の女性に対してということをおっしゃっておられるのではないか?と推察いたします。そして、その女性たちに対して、私のブログが与えた影響に関して謝れということなのだろうと思いますが、それは、かなり無茶な論理のように感じます。
どの程度の女性が見たのか、そしてどの程度の女性がそれによって悪影響を受けたのか、それがわからない状態で、誰に向けてどのように謝ればいいのか、私にはわかりません。そもそも、私は女性に悪影響を与えているという風には考えておりませんし、女性の人権さんがご指摘くださったいくつかのことに関しても、自分が悪いのだと納得出来る部分が見当たりません。
私は自分が悪いと思えば、謝ることは必要と考えますが、悪いと思わないことに関してまで謝るつもりはありません。
ですので、もしも、私に謝罪をさせたいのでしたら、私が納得出来る理由と、その謝罪の範囲を明確に指定してください。それがない限り、私が女性の人権さんの望むような謝罪をすることはありません。
それから、気がついて頂けるかと思って、ちょっと待ってみたのですが、そういうご様子がないので、一つだけお願いをします。私が、一番最初に女性の人権さんに向けて書いたコメントをもう一度読んでください。長いので嫌がられたようですが、それを読んで、私が何をあなたに望んでいるのか?考えてください。それがない以上、あなたの言葉は何も私に届かないと思います。



>クスクスさん
はじめまして。
どういう意図でコメントを書かれたのでしょう?
女性の人権さんにその意思を通す方法を書いているようでいて、別の意図があるようにも私には感じられるのですが、それは、私の思い過ごしでしょうか?



>jimさん
はじめまして。ブログ、読んでくださってありがとうございます。
私のことをそのように評価してくださって、他の皆さんもそうなんですが、ちょっと過分な扱いをされているようで、かなり照れくさいところです。
そして、私のような御主人様になってしまいますと、色々とやらかすことになりますが、大丈夫ですか?私はあまりお手本にはならない気がしますよ。奴隷を持たれることになりましたら、私よりもしっかりとした御主人様になって、奴隷を満たしてあげてくださいね。



>ゆうこさん
はじめまして。
女性の人権さんへの対応ということですが、皆さんが不快と感じられるということから、”荒らし”とみなして、コメントを拒否するというのも一つの方法ではありますね。これ以上、皆さんへのお話の仕方がエスカレートするようでしたら、それも考えます。貴重なご意見、ありがとうございます。
ただ、私は、女性の人権さんに、一つだけ、気がついて、言っていただかなければならないと思っていることがあるのです。上で、女性の人権さんに向けても書いたのですが、私が、最初に女性の人権さんにお返ししたコメントを見れば、多分分かっていただけると思って、待っているところなんですけれども…。なかなか、それに気がついていただけないので、私としても困っているところではあります。
そういう、私の想いというのもありまして、コメントを拒否せずにおります。ややこしい性格で申し訳ないですが、ご理解いただけると幸いです。
でも、こうして私のブログのことを本当に心配して考えてくださったことには、とても感謝しています。ありがとうございます。

それから、ブログをやめるつもりはありませんので、安心してください。でも、ゆうこさんが、「コメントすることはもうない」というのは、なんだか寂しいですね。もしもよければ、ですが、今度は、楽しいお話ができたらいいなと私は思っています。いつでも、コメント、お待ちしておりますので。



>Ryoさん
本当にありがとうございます。そう言っていただけると、ブログを書いている励みにもなります。
自分を律すること、自分に満足してしてしまって、現状を正しいのだと思ってしまわないことというのは、本当に必要なことですね。
私もそうありたいと思い、そうしてきたつもりではあるのですが、実際には、本当に出来ていたのか、疑わしいところも多いです。
それでも、色々なことにぶつかったりしているうちに、「あっ」と気がつくこともあるんですよね。そういうことを思い出しながら、ブログにも書いていけたらなと思っています。
私の場合には、SMを通して、そして奴隷たちとの付き合いを通して、ということになりますが。
私の経験が、ご自身を知り、ちゃんと律していくことに意識の高いRyoさんに対して、どれほどのお役に立つのかはわかりませんが、出来る限り書いていきますね。

これからも、お付き合いいただければ幸いです。



>midonnaさん
はじめまして。ブログ、楽しみにしてくださってありがとうございます。
頑張って更新しますね。今後とも、よろしくおねがいします。
[2011/07/02 00:56] URL | vet [ 編集 ]
釣りでは?
女性の人権さんが、SMを否定するとして、このblogだけを攻撃するのは腑に落ちません。友達から教えてもらったといいますが、インターネットにはもっと過激なSMblogがあふれています。ブログランキング上位すべてのblogを攻撃(書き込み)しているわけではないので、”釣り”としてからんできているとは考えられないでしょうか?
[2011/07/02 03:06] URL | 通りすがり [ 編集 ]
びっくりしました…
久しぶりに来て、すごいことになっていてビックリしました。

あえて多くは語りませんが、あたしはvetさんのブログが大好きですし、
ブログを通して伝わってくるvetさんのお人柄も大好きです。

これからもブログの更新、楽しみにしていますね!!
[2011/07/02 05:24] URL | 美優 [ 編集 ]
本当にすみませんでした
はじめまして。
私のような者がここにコメントさせていただく資格は本来ないのですけれど。
今回のこの騒動の発端は私なんです。女性の人権という名前でコメントしてるのは私の友人です。
私が女性の人権にここのことを教えてしまいました。誠に申し訳ありません。

私と彼女がお酒の席で話をしているとき、お互いの夫婦の話をしてました。
私も彼女も既婚で、最近旦那の愛情がないというような、よくある主婦のくだらない愚痴を言い合っていたのです。
そのとき、私が見ていた恋愛系のブログをいくつか教えました。
その一つがこちらです。

本当に気軽な気持ちで教えてしまったのです。
男性にドキドキしたいよね、なんて事を言ってました。
私たちのようなオバサンが馬鹿みたいですよね。笑ってください。
お互い、既婚の身ですからドキドキするといっても、ブログを読むくらいしかなくて、私もそんなブログを探すのが楽しみで、こちらもそんな中で見つけたんです。
こちらの管理人様のように愛情深い男性も居ることを拝見しているだけで、私のような者でも心が踊りました。素敵な恋をしているような気分に浸れました。
それを彼女にも教えてあげたかったんです。

彼女は、仮面夫婦といいましょうか。長くセックスレスが続き、最近は夫婦での会話もないようです。
一緒に飲んだ時もその話をして泣いていました。
少しでも元気になって欲しくて、教えたんです。

でも、彼女がこちらのブログのことをこんな風に考えるとは予想外でした。
彼女には、こちらのブログがおかしいと言ったつもりは無いのですが、そのように思ってしまったようです。
旦那とのことで、心のなかは男性不信になっているのかもしれません。
男性が女性を従えていることに過敏になったのだと思います。
前はこんな人ではありませんでした。
なんて書いても、管理人様をはじめ皆様におかけした多大なご迷惑とご不快な思いへの言い訳にもならないですが。すみません。

本当に申し訳ありません。
もう少し早くこのことに気がついていればやめさせたのですが、まさか彼女が書いているとは思いませんでした。
昨晩、彼女から電話がありました。ブログで誰も分かってくれないと泣かれ、これを書いたのが彼女だと分かりました。
通報するとか、そういう大変なことまで出てきてしまって、なんと謝って良いのかわからず、オロオロしながら書いています。
通報なんてさせませんし、彼女にそんな気力はないと思います。もともと気の弱い人ですから。
もうコメントもしないように言い聞かせているところです。でも、心配ですので、どうか管理人様、お手数をおかけいたしますが、彼女のコメントを拒否設定にしていただけないでしょうか?
私もFC2でブログを持ったことがありますので、コメントを拒否できる機能があるの存じています。ですから、それをどうかお使いください。
今まで、彼女の傍若無人な振る舞いをコメントの拒否もせずに広い心で受け止めてくださって、とても感謝しています。
彼女もこちらで話ができたことは良かったと思います。皆さんにとっては、この上ないご迷惑だったと思いますが。

本当に本当に申し訳ありません。
管理人様には、これから謝罪のメールを送ります。私の電話番号や住所など書いて送ります。
女性の人権が原因での何かありましたら、こちらを教えてしまった私が責任を持ちますので、どうか、今回の暴挙をお許しくだいませんでしょうか。
虫のいいお願いとは分かっていますが、彼女の家の状態を考えると、これ以上彼女を追い詰めることは私にはできないのです。ごめんなさい。

長文になり、大変失礼いたしました。
こちらのブログがこれからも、発展していきますよう、心からお祈り申し上げます。

[2011/07/02 10:43] URL | 野口幸子 [ 編集 ]

>通りすがりさん
はじめまして。
野口幸子さんのコメントを拝見すると、うちのブログを紹介されたことで、ここにこだわっておられたようですね。色々な人とお話をされているので、釣りと言えるのかもしれませんが、そういう意識でされていたような感じではないのかな?と私は思いました。
どちらにしても、とりあえず、このような書き込みは、もうされないようですから、これで終息できればいいのだろうなと思っております。
ご心配いただき、ありがとうございます。



>美優さん
驚かせてしまい、申し訳ありませんでした。
ブログのこと、大好きだとおっしゃっていただいて、私も嬉しいです。ありがとうございます。
私の人柄は…。どうなんでしょう?ごく普通のS男ですので、あまり褒めないでくださいね。恥ずかしいですので。

ブログはちょっと、普通の記事の更新が滞っていますが、楽しみにしてくださっているとのことなので、頑張って書きますね。



>野口幸子さん

はじめまして。事情を説明してくださってありがとうございます。私も、それがわかって良かったです。でも、何といえばいいのか…。

まず、野口幸子さんの責任というのは、違うと思います。ですので、個人情報を書いてこられたメールは破棄いたしました。コメントを読む前にメールを先に開いてしまったので、パッと見で、多少記憶してしまいましたが、それも忘れるよう努力します。なので、メールアドレスもわからなくなってしまいましたので、メールへのお返事ができなくて申し訳ないです。
このブログに関する責任は私が全て持ちます。その覚悟がないとブログなんてやれませんので。そこで起きたトラブルも私が全て処理すべきものです。どなたかにそれを押し付けるつもりはありません。
ですから、野口幸子さんが、責任を感じることもありません。個人情報を私に提示する必要など、無いのですよ。ですから、そういうことは考えないでくださいね。

それから、私が女性の人権さんのコメントを拒否しなかったのは、広い心で受け止めたとか、そんなに偉いからではないんです。私は器の小さい人間ですからね(笑)
拒否しなかった理由は、女性の人権さんに、謝っていただきたかったんです。
私に関して、また、ブログに関しての、女性の人権さんの様々なご指摘については、私は怒るつもりはありません。そういうご意見として受け止めています。もちろん、皆さんへの、感情的で失礼な言い様には、困りましたし、できれば謝っていただきたいとは思いますが、それも、皆さんがそれぞれに許容してくださっているのがわかりましたので、そんな大人の対応をありがたいと思いながら、コメントを拝見しておりました。
私が謝ってほしいと思っていたのは、私の過去の奴隷たちについて、侮辱された部分です。私は、それに対する謝罪と前言の撤回をしていただきたかったのです。ですから、コメントを拒否しませんでした。私が唯一怒って書いたコメント部分がありますが、その意味に気がついていただきたかったのです。それをずっと待っていました。
ただ、もう、女性の人権さんが、コメントされることはないようですので、謝罪をいただけなかったことが、残念なところです。

それから、女性の人権さんのご家庭は、そんな状態なのですね。その辛さは、結婚したことのない私にはわかりませんが、大変なストレスなのだろうと推察いたします。その気持ちをぶつける場所を間違えてしまわれたのだと理解しました。事情があるから、今回のことも構わないとは私は言いません。他にも大変な事情を持って生きておられる方はたくさんいらっしゃいます。ですので、反省していただきたいと思っています。ただ、私の感情としては、なんとか女性の人権さんの現状が打開され、良い方向にいけることを願う部分もあります。精神的にもう少し安定されたら、今回のことも冷静に考えられるのでしょうか?早くそうなれればいいですね。

女性の人権さんは、本当に良いお友達をお持ちです。それが今のところ、大きな救いなのだろうと思います。野口幸子さんも、大変だと思いますが、なんとか支えてさし上げてください。
それから、メールに書いておられたことで、一つ勘違いされていることがあります。
もう、女性の人権さんも、野口幸子さんも、私のブログを見るのも止めますと、書かれておられたことですが、ブログを見ていただくことに、私は全く支障はありません。つまらないと思って見るのを止めるというのは、ご自由ですが、見たいけれども今回のことで見るのを諦めるという、必要はありません。私が見られるのも不快だとは思っていませんので。ブログを読んでいただく分には何も起こりませんし。もしも、読みたいとまだ思って頂けるのでしたら、自由に読んでくださいね。そんなことまで、制限するつもりはないです。それに、コメントもしたければ遠慮無く、してください。お待ちしております。

今回のこと、正直に言いますと、かなり大変ではありました。考えすぎの性格が災いして、色々と考えてしまいましたので。ただ、こうして野口幸子さんが、事情を話してくださって、納得できた部分も多くあります。こういうことは、事情もわからずに終わる場合のほうがネットでは圧倒的に多いと思うので、そういう意味では、ありがたかったです。
女性の人権さんのことを完全に許すという気持ちにはなれないのが本音ではありますが、私が怒り続けることも建設的では無いのでしょうね。このことは、ここで終わりにするのが良いように思います。
野口幸子さん、ありがとうございました。そして、事情の説明や、メールなどを頂きまして、とても感謝しております。


>皆さんへ
この件に関してのコメントは、ここまでにしていただければと思います。色々と言いたいことがある方もいらっしゃるかと思いますが、とりあえず、それはしまっていただくか、もしもどうしても、ということでしたら、私にメールしてください。個々にお話ししましょう。
これ以後、ここへのコメントは、このエントリーの内容に関することか、他の雑談で、お願いします。
皆さんにも、様々なご心配、それから応援や励ましのお言葉など、コメント、メールで、たくさん、いただきまして、ありがとうございます。本当に勇気づけられました。
これからも、ブログは、今まで通りに続けていくつもりですので、またお時間のあるときでかまいませんので、足を運んでいただけたら嬉しく思います。

[2011/07/02 19:45] URL | vet [ 編集 ]
はじめまして
先日こちらのブログにたどりつきまして、少しずつエントリーを読ませていただいております。
カテゴリごとにエントリーの少ないものから読み始めたので、この四方山話が最後のカテゴリになっています。(あまり一般的な読み方ではないかもしれませんが…)

過去エントリーへのコメントなども問題ないと、どこかのエントリーのコメント欄でvetさんがお書きになっていたので…こちらから失礼します。

私自身は、2度の結婚歴がありながら(離別1死別1)性的なことにはとても奥手で、いままでSMとは全く縁のないまま過ごしておりました。ところが…昨年おつきあいを始めた男性が…S男性なのです。

最初から、冗談のように「俺、ドSだから」とはおっしゃっていたのですが、一度お会いした時も(彼は現在海外で仕事をしており、超遠距離恋愛中です)、いままで私の知っているどんな男性よりも優しく紳士的で細かな配慮のできる方で、私の持っていた「S男性」のイメージとはかけ離れた方としか見えませんでした。

ただその後、お互いの理解が進んでいくうちに、彼の言う「S」というのが、決して一般の方が冗談で使っている「S」や「M」ではなく、まさに性癖としての「S」である、ということが分かって参りました。そして…私自身が実はかなり強いM性を持っているということも!(笑)

こちらのブログを拝見して、Sの男性にもいろいろな方がいらっしゃるということ、SMというのが、一般的ではなくても恋愛のひとつの形でもあり得ることを教えていただいてとても安心致しました。

彼は少し…vetさんに似ているように思います。自身の性癖については私のМ性がはっきりするまで具体的なことは一切表に出しませんでしたが(笑)、とにかく、私のことを理解しようという気持ちと自分を理解して欲しいという思いが強いのは最初から感じていました。

今回こちらのエントリーを拝見して、それって、Sの男性だからこそだったのかしら?なんてことを考えています。

Sの男性にとって、SMとは全く関係なくお互い惹かれあってお付き合いを始めた相手が、М性を持っていて(SMに関してはほとんど無知でも)自身のS性を受け入れる気持ちを持っているのは、嬉しいこと、と理解して良いのでしょうか?彼が喜んでくれているのならとても嬉しいのですが…。

どこまで「行為」については受け入れが可能か、自分自身全く分からないのですが、無理強いをするような方ではないので、彼を信じてお任せすることにして…そちらの相性も良いといいな、と今は思っています。

S男性やSMについて少しでも理解できればとの思いで読み始めたのですが、今はvetさんのお人柄や記事の面白さ、そして時に彼のことに重ね合わせ、記事の更新をとても楽しみにしています。

…長文失礼いたしました。
[2013/05/31 13:17] URL | μ [ 編集 ]

>μさんへ
はじめまして。ブログ、読んで下さってありがとうございます。
どんな読み方をされても、もちろん構いませんし、過去のエントリーへのコメントも歓迎ですので、大丈夫です。このように書いてくださって光栄です。

最初から、SMとか、主従という関係を持とうと思ったのではない付き合いで、S男性と交際をされておられるのですね。
最近は、「俺はSだ」ということも、そんなに抵抗なく言えるような環境な気がしますし、逆に女性も「私、Mだから」みたいなことを言うのも、そんなに珍しくないようにも感じますが、本当に、主従になったり、SM行為をするくらいのSということになると、やっぱり、珍しい出会いかもしれませんね。
でも、μさんがノーマルで、そういうS男性に対して、ちょっと抵抗があるということであれば、困ったことになったかもしれませんが、μさんも、Mであるようなことを感じておられるようなので、偶然なのでしょうけれども、性癖的には、マッチしたということですね。

このブログに書いていることというのは、私が、奴隷を持ち、そして、別れて、というのを何度か経験し、またその後、色々と考えた上での持論ということになりますので、これが一般的?に正しいことかどうかは、わかりませんが、少なくとも、私にとっては、主従というのは、こういうものでした、というか、こういうものであると考えるということですね。私は、主従も恋愛の一つの形だと思っております。

確かに、やることは、アブノーマルだと言われるようなことではありますが、それでも、そこに気持ちがあり、繋がりがあり、そして、愛情が存在するなら、私はそれで良いのだろうと思っております。

μさんのご質問で、
「Sの男性にとって、SMとは全く関係なくお互い惹かれあってお付き合いを始めた相手が、М性を持っていて(SMに関してはほとんど無知でも)自身のS性を受け入れる気持ちを持っているのは、嬉しいこと、と理解して良いのでしょうか?彼が喜んでくれているのならとても嬉しいのですが…」
とのことですが、私の最初の奴隷もそんな感じでした。最初は彼女でしたから、そこから主従になりました。私も、そのとき、始めて御主人様になったのですが、それは、とても嬉しかったです。
私の個人的な感想ではありますが、μさんの彼も、喜んでおられるのではないかと思います。

μさんの彼は、μさんのことを、しっかりと理解しようとしてくださっているのですね。ドSとおっしゃりながらも、そういう部分で、理解してから、SMをするというのは、本当に節度を持っておられると思いますし、μさんのことを大事に思ってもおられるのだと思いました。
μさんとしては、まだ、どの程度の行為を受け入れられるのか?など、分からないとのことですが、それも、しっかりと見てくださる方なのであれば、良かったです。
μさんと、彼とで、良いご関係を作っていけますようにと、願っております。


記事の更新、最近、かなり滞っておりますが、やめたわけではないので、また書きますね。楽しみにしてくださってとても嬉しいです。ありがとうございます。
[2013/05/31 23:06] URL | vet [ 編集 ]
やっと追い付きました^^
vetさん、初めまして。彩季と申します。
数週間前ネットサーフで見つけて以来、毎日読み続け、先程全てを読み終えた所です。
読書が鬼のように遅いわたしですが、ドキドキしたり、感情移入してホロリとしながら、あっという間に読んでしまいました。すっかりvetさん・奴隷の皆さんと、このブログが大好きになりました^^

何だか色々なご意見が飛び交っておりましたね。ご気分は大丈夫でしょうか…。
しかしこれだけ賑わうのは、やはり人を惹き付ける引力あるブログだからではないでしょうか。読みながら様々な感情が芽生えましたが…そう思ったら、なんだか落ち着きました(笑)

わたしはMで、vetさんがおっしゃられていた様な、奴隷としての悩み・苦しみ・幸せを日々感じております。ご主人様の愛情を頂けませんので(他にもっと愛情を注ぐ方がいらっしゃる様です)本当に切ないですが、自分の選んだ方であり道ですからね。
先の皆様がおっしゃられている様に、こちらでvetさんの文章を読んでいると自分と冷静に向き合えますし、元気になれます。ご主人様にもお考えがあるのだし・癒せる事が出来るだけで良いじゃない、と前向きに考える事が出来ます。ありがとうございます。

読み終えた今、一刻も早く感謝の気持ちや感想をお伝えしたくて、こうして書き込ませて頂きました次第です。
こんな時間なもので、乱文になってしまっていると思います。長々とすみません。

きっとまだ心の底に小さくなってもお怒りと傷が残っていらっしゃるのではと思います。今日はお休みですよね?気分転換をして、お元気になられます様、祈っております。
これからもブログ楽しみにしております^^
[2013/06/01 05:49] URL | 彩季 [ 編集 ]
お返事ありがとうございます
お忙しい中、丁寧なお返事をありがとうございます。

>私の個人的な感想ではありますが、μさんの彼も、喜んでおられるのではないかと思います。

vetさんにそのように言っていただけると、とても嬉しいです。^^


彼のこと、彼の性癖については、全て直接彼にお聞きするつもりでいますし、そうできる関係をお互いに築けているとは思うのですが…。

こちらのブログを拝見していて、「実際に、付き合っている相手だからこそ(特に相手がM女性であればこそ)、口にできないS男性ならではの気持ち」というのも、もしかしたら存在するのかな?…などと考えてしまいました(笑)。

そのような意味合いで、彼に聞けない(突っ込んではいけない?)疑問などが出てきたときには、ぜひ、ご相談させていただけたらと、思っております。

更新はとても楽しみにしておりますが、どうぞ、お身体にお気をつけて、ご無理のないようになさって下さい。

vetさんのお優しいお返事が嬉しくて。繰り返しの長文で失礼致しました。
[2013/06/01 11:46] URL | μ [ 編集 ]

>彩季さんへ
はじめまして。ブログ読んで下さってありがとうございます。
最初はこんなに書くことがあるとは思っていなかったのですが、いつの間にやら、すごいボリュームになってしまいました。でも、全部読んで下さったとのことで、また、過去の奴隷たちのことを好きになってくださったとのことで、とても嬉しいです。

このエントリーのコメント欄でのお話は、特に、SMや主従というものに関しての、一般社会から見た時の価値観と、こちらの世界から見た時の価値観が、ぶつかったということですね。
どちらが良いとか悪いとか、そういうことは、誰かが言えるものではないのだと思います。個々の幸せは、個々に得るものですから。
彩季さんも、私のブログを読まれて、様々な感情が芽生えたとのことですから、それは他の方にもありますので、こういう風に、色々なご意見をいただくことも、あるのは、承知して書き始めたブログです。
それはそのままに受け止めております。
ただ、やはり色々と感情はわきます。その中に怒りもあります。でも、それも含めて、このブログの意味なのだろうと思っております。

彩季さんも、主従関係を持たれておられるのですか。ご主人様の愛情をもらえないとのことで、そうなると、やはり、辛いことも多いのではないかと思います。
私は、それに対して何かを言うような立場ではないので、控えますが、私のブログを読まれて、元気になれたということであれば、私も嬉しく思います。書いてよかったと思えますので。

感謝なんてとんでもないですよ。私の方こそ、拙いブログをしっかりと読んで下さったとのことで、とても嬉しく思っております。また、私へのご心配もいただきまして、本当にありがとうございます。


>μさんへ
しっかりと、彼とお話ができる関係であるというのが、まずは良かったと思います。
主従になってしまいますと、なかなか、Mの側からの話ができなくなる場合が多いですから、しっかりと話をされることは良いことだと思います。

主従関係になると、S側も、”御主人様”としての振る舞いをしたいと思うようになりますから、やはり、奴隷には言わないことも多いかもしれません。
私が書いているのは、特に、S男だからこそ、言えなかったことも多いです。
ただ、それは人にもよりますね。なんでも、奴隷に言ってしまう人もいます。それでも、しっかりと主従である人なんかも居ますので、本当に様々です。

彼と私は違いますから、本当の答えはわかりませんけれども、何かありましたら、私の分かる範囲で、お返事させて頂きますね。μさんも、気軽に書いていただければと思います。

私の、体の心配までいただきまして、ありがとうございます。無理をせずに、また更新して行きたいと思っております。
[2013/06/01 23:47] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。