理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少し前のエントリーで、強気な奴隷と、気弱な奴隷について、書いてみた。

私としては、過去にやったことの一例という意味合いが強い、この二つのエントリーだったのだが、メールや、コメント、twitterなどでも多くの反響を頂いたので、ちょっと驚いている。

沢山の方が読んでくださって、色々なことを感じてくださったということだから、すごくありがたく、嬉しく思っている。

ただ、頂いたメールの中で、何人かの方が、多少、誤解されている部分があったようなので、それを解消しようということと、書ききれなかったことを補足しようということで、このエントリーを書いている。

あの二つのエントリーでは、私としては、なるべくちゃんと書きたいと思って、詳細に説明してみたのだが、そのおかげで、文章がものすごく長くなり、普段の3倍近い量になった。

でも、その長文が、逆に分かりにくくて、誤解を生んでいるような気がする。

読み返してみると、確かに誤解を生むかもしれない部分がある書き方になっているようにも思う。

そのうち、もう少し文章スキルが上がったら直したい。

誤解された方は、どうか、自分が読解力がないのだとか、そういう事を思わないで欲しい。

私が、もう少し簡潔に上手く表現できていればと思うところだ。



ということで、いくつか補足事項を書いてみる。

まず、奴隷の性格について、二種類のエントリーを書いたわけだが、私が、奴隷の性格を、強気と気弱の二つにバッサリ分けて、どちらかに奴隷を分類し、二種類の対応だけで済ませていたということではない。

とりあえず、大雑把に分けるとすれば、こういう分け方もあるな、ということで書いてみただけだ。

つまり、ブログに書くために、今回は、この二つに分けて、それぞれの印象的な出来事と、奴隷への対応を書いてみた、ということ。

もしも、奴隷の性格について、きっちり書くなら、私の過去の奴隷全員を別々に書く必要があると思うし、全員の性格の違いとそれに対する接し方の違いを私は明確に書き分けられると思う。

もちろん、奴隷が私に見せなかった性格に関しては書けないが、私に見せた部分に関しては、きちんと違いは分かる。

そのくらい、奴隷の性格というのは、多様だった。当たり前なのだが。

性格が似ている部分を持っている奴隷というのは居たが、同じ性格の奴隷というのは、当然ながら、居なかったから、それぞれの性格にあわせて、私は接し方を全て変えていたし、それが普通だと思ってやっていた。

だから、今回、二つの性格についてしか書いていないからと言って、それでお手軽に奴隷を識別して済ませていたわけではない。それは確かなことだ。

今後も、今回とは違う分け方で、奴隷の性格がこんな傾向の時はこうした、みたいな話は出てくるかもしれないが、それも、ブログで話をするために、便宜的に分けるだけだ。

今回とは違う性格での分け方もあるし、性格ではなくて、行動とか、言葉とか、そういうものでも、分ける事はできるとおもう。

でも、どんな分け方にしろ、それで全て収まるということは無いだろう。

私は奴隷を適当にまとめて同じ対応をするというようなことはしなかった。それは断言できる。

どの奴隷も、私にとってはそれぞれが特別で、それぞれが大切な存在だったから。

また、奴隷の性格を”奴隷”や”M女”という存在のイメージから、勝手に推測するようなことは避けたほうがいいと私は思う。

私もそういうことを無意識にやってしまって、失敗した経験がある。

あくまでも、注視すべきは、目の前にいる奴隷の性格であり、”奴隷”や”M女”という存在から勝手に推測した性格ではない。

奴隷もM女も、皆、違う。

普通の女性で考えてみれば、性格が違うのは当たり前の事なのだが、相手を奴隷やM女だと思ったときに、それが当たり前だと思えなくなり、奴隷やM女だからこんな性格なのだ、という勝手な思い込みが生まれることがある。

それは完全に間違えているので、やめたほうがいいと思うし、私も最初は勘違いした部分だ。

奴隷にしても、M女にしても、性格は、性格として、きちんと持っているし、それぞれが違うという、本当にごく当たり前のことは、分かっていないといけないと思う。


また、この二つのエントリーで、「奴隷への対処が大変だった」ということを書きたかったわけでもない。

ましてや、奴隷ごとに個々に対応することを面倒だと感じたり、苦痛に思ったりしたことは、一切無い。

どの奴隷にしても。

人には言えない難しい事情を抱えた奴隷もいて、私はそのことについて、他の奴隷よりも、たくさん考えたりもしたが、それでもきちんと考えてから対応するのは当たり前だと思ったし、それを億劫に思ったりはしなかった。

難しいことだったとは思うし、かなり悩んだこともあるのは事実だが、奴隷は、私に、体と心を差し出した。本当に大事なものを私に委ねた。

そんな大きな覚悟に対して、その対処を大変に感じて、いい加減に接してしまうくらいなら、私は御主人様なんてやる資格はないと思っている。

この奴隷は、どうすれば、本当の心を見せてくれるのか?というのを考えることは、深い悩みではあったのだが、同時に楽しみでもあった。

そして、何かをしたことで、奴隷が、その心の一端でも、私にさらけ出してくれるようになったときには、とても充実した気持ちになれた。また、奴隷の心に踏み込めたということが、私のS性を満たしてくれるものでもあった。

こうやって、普段は見せない、表に出すことのない、奴隷の心を裸にしていくというのは、御主人様の醍醐味でもあると思う。

裸になった心を縛る。

それが、多分、私の大きな目的だったと思う。

こういうことを気にしない、純粋にSMプレイを楽しむという御主人様も多いと思うし、それはそれで、構わないと思うのだが、

私は、奴隷との心での繋がりを大事にしたかったし、心をつなげ、心を知ることで、心を縛ることもできると思うから、奴隷のM性もより深く満たされるのだろうと思っていた。

そのためには、常に相手を知ろうと思い、大切な相手として接することが必要で、そうしているうちに、自然に、愛情などが芽生えて行ったようにも思う。

もちろん、私がこういうことを思っていることは、奴隷には言わないのだが…。


それで、この、奴隷には言わない、ということでも、少し、お話を頂いた。

ブログに書いたようなことを、考えたり、やっていたら、奴隷にものすごく気を使っていることがバレて、主従関係がやりにくくなったのではないか?

御主人様が奴隷を大事にしすぎている(御主人様らしくない)のではないか?ということを疑問に思われた方がいらっしゃる。

でも、それは、多分大丈夫だったと思う。

ブログには、私のその時の気持ちや、私が気を付けていたことをかなり詳細に書いているのだが、基本的にそれは、奴隷には言っていない。

また、気にしているという態度も、あまり出さない。

このブログの題名のとおり、私がブログに書いているのは、”牝奴隷には言えない話”だ。

だいたい、私は感情表現が下手くそだし、それほどおしゃべりなわけでもない。

だから、意識しないと、自分の心があまり外に出てこない。

動揺したり、泣きそうになったり、という感じで、感情が表情や態度に出てくるときというのは、よっぽど気持ちがいっぱいになって溢れてしまったときだ。

そうじゃなければ、ポーカーフェイスなんてかっこいいことができたわけでもないのだが、なるべく外に出さないようにしていたし、実際、外にだすのはあまり上手くない方だと思う。

焦ったり、驚いたりして、とっさに出てしまうという、カッコ悪いことは結構あるのだが…。

このあたりをきっちりコントロールできる御主人様はたくさん居た。私はそういう面では、下手くそなほうだったと思う。

とはいえ、奴隷の前で、特に調教の時などには、かなりストイックな雰囲気ではあったと思う。

奴隷を気遣っているとか、奴隷の性格や状態を見ながら調教を加減しているとか、そういうことは、奴隷にはわからなかっただろう。

と、信じている。

付き合いの長い奴隷なんかは、私の気持ちも察することが出来ていたかもしれないが、付き合いが長いだけに、その上で私の調教をちゃんと受ける、調教の雰囲気にしっかりと気持ちを入れる術も身につけていたと思うから、そういう意味でも問題なかったように感じる。

実際、私に見せた奴隷の反応からも、それは大丈夫だったと思える。

そして、私が口にした言葉や、態度だけを見ると、多分、奴隷を奴隷として扱う、普通の御主人様だったと言えると思う。

また、二つのエントリーで書いたように、奴隷の性格に合わせて私が対応を変えていたのは事実だが、その逆に、奴隷に、私の性格に合わせさせていた部分も、たくさんある。

だから、私だけが歩み寄ったように思われた方もいらっしゃるようだが、奴隷に歩み寄らせた部分もかなりある。

そちらのほうが多かったかもしれない。

今回はその部分を書いていないというだけだ。それも含めて書くと、さらに文章が長くなるので、そこは割愛した。

ただ、奴隷には言わないし態度でもあまり示さなかったが、奴隷を大事にするということに関しては、私は妥協しなかった。

いくら、虐げようとも、辛く当たろうとも、厳しい調教を課そうとも、突き放したことを言おうとも、どこまで行っても、大事なものであることは確かだった。

奴隷はどれも、私にとって、本当に大切な存在だった。宝物だった。

特に、それは最近も改めて感じている。

時間が経って、こういうブログを書くことになったが、そこで奴隷を思い出すと、かなり、気持ちが揺れる。

未練がましいかもしれないが、やっぱり私に大切なものをくれた大事な奴隷たちのこと、一匹たりとも、私は忘れる事はできないのだと思う。

なんだか、話がそれた。

とにかく、奴隷から見た場合、私は多分、ごく一般的な御主人様に写っていただろうと思う。


また、たまたまなのだが、私の場合には、今回の分け方で言えば、気弱な奴隷との付き合いのほうが多かった。

気弱で、オドオドしたような性格の奴隷については、私も色々な対応を考える機会が多かったし、接し方も慣れていたように思う。

だから、正直に書くと、気弱な奴隷への対処の方が、強気な奴隷よりも、得意かな?とは、なんとなく思う。

また、付き合いが多かった分、私も落ち着いて接することができた気がするし、落ち着いていたから、さらに色々なことを考えてやれたようにも思う。

気弱な奴隷と接する場合には、色々と時間も手間もかかると、エントリーでは書いたが、それでも私は、付き合いの経験が多い分、気弱な奴隷のほうが、接しやすいと感じていたのは確かだし、今もそういう意識はあると思う。

引っ込み思案で、自己主張や思い切ることがあまりできず、考えすぎたり、オドオドした感じの気弱な性格のM女は、奴隷にする相手としては、私は受け入れやすいと思っているのかもしれない。

もちろん、強気なM女が苦手なわけではないし、受け入れるのが嫌だと思ったことは一度もない。

実際、奴隷としていたのだから問題はないのだが、相対的に考えて、付き合いの経験の量の問題として、そう感じていたところはあったように思う。

これは、そういう奴隷に偶然多く当たった縁のため、としか言いようがない。

多分、強気な奴隷と多く付き合っていたら、逆のことを思っただろう。

そういう意味で、ブログの中で書くときにも、実は気弱なタイプの奴隷の方が、書きやすいと思っていたりする。

そのため、そういう奴隷のことを贔屓しているように見えてしまう部分があるのかな?とちょっと危惧しているのだが、私自身は、そういうつもりは全くない。

全ての奴隷のことが、私は好きだったから、平等に書いているつもりだ。

もしも、私の文章を読んで、差をつけて書いていると思われる部分があるとすれば、それは、私の文章の至らなさだと思う。

また、付き合った期間が奴隷によって、かなり違うので、期間が長い奴隷はブログにもよく出てくる事になるから、そういう意味で、ブログの中での扱いの違いはどうしても出てしまうようには思う。

でも、決して、奴隷のどれかだけを良く(悪く)書いていたりとか、そういう気持ちは全くないので、その点だけはわかって読んでいただければ幸いだ。


最後に。

”強気な奴隷と秘密の心”、”気弱な奴隷と魔法の時間”というタイトル、ハリーポッターに似せて書いたのですか?とご質問を頂いた。

でも、このタイトルは、私が考えてつけたものだ。

二つのエントリーを対比して書くために、この二つのタイトルを似た調子になるようにしたのは事実だが、それをハリーポッターからとったわけではない。

でも、改めて言われてみると、確かに、ハリーポッターのタイトルのつけ方に似ていて、ご指摘を頂いたときは、自分でも笑ってしまった。

ハリーポッター関係者の方、もしもSMブログに使われるのが不快なら申し出て欲しい。


テーマ:支配と服従 - ジャンル:アダルト


 相手によって接し方を変えたり,色々工夫をご自分自身で試しておられたり,あまりS的ではないように感じていた部分も,今回のお話で,実は,相手の心に踏込むための前準備のようなもので,ちゃんとS的な部分につながっているのだなぁと感じました。

 せっかくなのだから,その全てを,すみずみまで味わい尽くしたい,あるいは,限界性能を引き出してみたい,というような探求的な心が,管理人様のSM感の根元にあるのでしょうか。何となく,そんなふうに感じました。いや,私の勝手な思い違いだと,申し訳ないのですが。
[2011/07/12 20:29] URL | Ryo [ 編集 ]
感心します
vetさんはすごくたくさんのことを考えて居たのですね。
御主人様って大変だと思いました。
でもそんなに考えてもらえた奴隷さんが幸せそうです。
私はきっと強気な方だと思うんです。
vetさんは私みたいなM女はあまり得意じゃないのでしょうか…。
[2011/07/12 22:38] URL | 好実 [ 編集 ]

>Ryoさん
全てを最初から計画して、つなげていたというわけでもないですし、私の意図していたこととは、また違った結果になったことも多々あります。S性が満たされたことも、満たされなかったこともありました。奴隷にも、心がありますから、私の思ったとおりには、ならないのですよね。でも、それでも何も考えずに、接することというのは、私にはできなかったですし、考えてやったほうが、奴隷を満たしたり、私に対して心を開いてくれたりすることにつながる可能性は高いだろうと思っていましたし、私には、こういう方法しかなかった、ということでもあるかもしれません。

おっしゃる通り、奴隷の心の全てを支配したいという気持ちはありましたね。また、限界を見極めたいという気持ちもありますし、限界により近い部分まで迫り、引き出すことというのは、私のS性を満たしてくれる部分でもありました。また、それはある程度はわからないとダメなものでもあると思います。限界を超えてしまうと、奴隷を主従という関係以上に傷つけてしまう事になりますし、限界から遠いところにいては、多分あまり満たされることは無いのだと思いますから、それは必要な見極めだったと思います。ただ、上手くできたかどうかは、わかりませんが…。


>好実さん
私はこんな風に考えていましたが、きっと奴隷も色々な思いを持って私の元に居たのだと思います。ですから、私も大変ですが、奴隷も大変だったと思いますし、主従関係に限らず、どんな人間関係においても、円滑にそれを保とうと思えば、相手のことを考えるというのは、必要なことですよね。ですから、きっと特別なことではないと思っています。
私の奴隷たちが、幸せだったら、いいのですが…。それは私にはわからないことです。

好実さんは強気な性格の方なのですね。
エントリーに書いたのは、気弱な奴隷に比べると、強気な奴隷との経験が少ないという意味です。なので、得意じゃないと言われれば、確かにそうかも知れません。そういう性格のM女(奴隷)との付き合いの経験は私は少ないわけですから、それは事実だと思います。ただ、実際に強気な奴隷もいましたし、付き合っているときには、「この奴隷は不得意だ」なんて思って付き合っていたわけではないので、あくまでもブログに書くときに、思い出してみた場合に、どちらかと言えば、そう思う、ということですね。

[2011/07/14 13:12] URL | vet [ 編集 ]

 管理人様の言葉から,また,色々考えさせてもらいました。

 限界を超えて壊してしまいたくなる,というサディズムは,大切なものを手にしたことが無いとか,大切なものに気付いていない,あるいは,大切なものなど必要としていない,などからくるものだろうか,とか。
 とすれば,限界を超えるようなSだと,Mな人を相手にしてもつまらないのではないだろうか,とか。
 言うなれば,大切だからこそ責めたい,というのは狭くて深いS。責めるのは別段誰でも,というのは広くて浅いS,になるのだろうかとか。

 支配したいのがSで,ひっくり返して支配されたいのがMだとすると,Mな人のご主人様が欲しいという思いは,言ってみれば法や宗教を欲する心と同じようなものなのだろうか,などと思ったりしました。人は法によって行動を規制され,宗教や道徳で心を規制していますし。
 管理人様の,相手には見せられない,言えないという姿からも考えますと,Mな方にすれば,ご主人様はある意味,手が届く神様みたいなものなのかなと,そんなふうにも思ったりしました。
[2011/07/14 22:15] URL | Ryo [ 編集 ]

>Ryoさん
おっしゃるように、Sにも色々な人がいるのは確かです。
本当に、奴隷を破壊するような激しいことにS性を満たされる人も居ます。私の中にも、壊したい欲望というのはありますが、それは、大切なものだから壊し甲斐があるとでもいうのでしょうか。なんと説明すればいいのか、難しいですが、壊すことと、愛することが、同義のように思うことがあります。ただ、限界を越えるまで壊すということに関しては、普通のS性とは、また少し違う部分があるようにも感じます。そういう人を実際に見ましたが、私から見ても、怖く感じますね。相手がMかどうかすらも関係ないかもしれないと思いました。なので、Sにも、いろいろな人が居るのは確かですね。

法や宗教というのは、上手い例えだなと思いました。規律を与える物、精神を支える物、そういう部分で考えても、それはそうかも知れませんね。奴隷にとって、御主人様が、絶対的な存在になる場合があるということも考えると、宗教で言うところの、神様と考えられなくもないと思います。そして、私が思うに、法や宗教が、なるべく多くの人にとって、ある程度以上の幸せが得られるようにという事で考えられているものだと思いますが、主従関係というのは、その奴隷のみに対して、圧倒的な幸福感(快感)を得るための、ある意味で、オーダーメイドのような神様なのかもしれませんね。そういう意味では、もっと強力なものと言えるかもしれませんね。
ただ、御主人様をやっていた身からすると、例えであっても、神様と言われると、なんだか、恥ずかしいというか、おこがましいというか、そんな気分がします。
[2011/07/18 15:18] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。