理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン


前回の続き。

前回は、足の汚れを気にしつつも、そんなことを考えていることを、奴隷に悟られないための苦労を書いたが、今回は、もう少し、厳しいお話。


足舐めをさせたことがある御主人様には、分かってもらえると思うのだが…。

足舐めの時、床に足をついて(足の裏を床につけて)、足の甲側を舐めさせるのは問題ない。

ただ舐めさせて、それを観察していればいいし、奴隷の方なんて見ずに、テレビでも見たり、雑誌でも読んでいたりすると、余計に奴隷を惨めな気持ちにさせることもできるから、そうしたことも何度もあった。

だが、そういう舐めさせ方ではなく、奴隷に、足の指を口に入れて舐めさせるような場合、また、足の裏を舐めさせる場合、どうしても、足を床から少し持ち上げてやる必要がある。

足が完全に床についた状態では、奴隷は、足の指を口の中に入れることは出来ないし、足の裏なんかは絶対に舐められないから。

でも、ちょっとだけ、床から足を持ち上げたまま保持しておくというのは、意外と苦しい。

足を完全に床から離すのではなく、かかとは床につけていたとしても、少なくとも、足先だけは持ちあげる必要がある。

でも、この体勢、やっぱり不自然なのだ。

しばらく経つと、足がプルプルしてくるのだが、奉仕させているという手前、そんな泣き言を言うわけにはいかないので、耐える。

耐える、と言っても、足舐め奉仕の時間がそれほど長くない、大抵の奴隷の場合には問題なかった。

その時は、別に辛くはないし、舐めさせているという快感だけを得られる。

でも、非常に丹念に足舐めをする奴隷がいたりする。

とにかく、私の足の指の一本ずつを、根元から指先まで、丁寧に丁寧に舐める。

足の裏も、かかとからつま先まで、余すところなく丹念に舌を這わせる。

そういう奉仕がとにかく好きで、足を舐めつつ、たまに私を見上げて、本当にうっとりしたような、切ないような顔で、

「御主人様、気持ちよくなっていただけていますでしょうか?」

なんて、言ってくる、奴隷だった。

でも、それに対して、私は素直に気持ちいいなんて言わない。

大抵は、

「大したことないな」

というようなことを、言ってしまう。すると、奴隷は、

「申し訳ありません、もっと、頑張りますから。気持ちよくなって頂けるようにしますから」

なんて言って、さらに徹底的に足を舐め始めたりする。

そうなると、さらにその分、時間が伸びる。

そして、その間、私は足をちょっと上げた状態を保持している。

正直、辛い。

時間が経つにつれ、足の裏やふくらはぎの筋が痛くなってくる。

だったら、足舐めを褒めてやって、早く終わらせた方がいいのだが、素直に奴隷を褒めることが出来ない私は、自分で自分の首を絞めているようなものだった。

足が辛いなら、途中でやめさせてもいいのだが、必死で私の足に口を付けている奴隷をみると、そこでやめさせるのも忍びなくなったりする。

せっかくの奉仕、最後までやらせたい。なんて、思ってしまうし、私も奉仕を受けること自体は嬉しいし、何よりも、S性を満たされる、大きな快感がある。

奴隷が本当に足を舐めることを喜びに感じているのがわかると、私の快感もより大きくなるし、それを中断したくない。

だから、耐えるのだが、それでも、まだ、舐めてない指が何本も残っていたりする。

そうなると、もう、奴隷との忍耐勝負になってくるのだった。

奴隷が最後まで舐め終わるか、私の足が疲れてやめさせるか、そういう戦いになる。

大体は、なんとか奴隷が舐め終わるまで耐え切って、

「どうでしたでしょうか?」

なんて、心配そうに聞いてくる言葉に、

「やっぱり、大したことないな。次はもう少しちゃんとやれ」

なんて言ったりしていたのだが、内心、耐え切ったことにホッとしていたりする。

だが、一度、これがさらに厳しかったことがある。


ある時、また丹念に奴隷が足を舐めていた。

かなりの長時間。私は足を少し上げた状態で、じっと耐える。

だが、私の足が先に悲鳴を上げた。

足が吊った。

思いっきり吊った。

でも…。

吊ったなんて言えない。

絶対に言えない。

私は、自分が気持ちよくなるように、奴隷に奉仕させている、という立場なのだ。

奴隷が舐められるような姿勢で耐えている、なんてことは奴隷に知られるわけには行かない。

だから、足が吊ったなんてことも、言えるわけがない。

もう、耐えた。

足が吊った状態で耐え続けた。

痛いという顔すら出来ないのは、ものすごく苦しい。

奴隷を見下しているような顔をしつつも、ほとんと涙目だ。

こうなると、奴隷に対する、支配欲だとか、優越感だとか、そんなことを感じる余裕はなくなる。

とにかく、痛みに耐え、早く奴隷が足舐めを終えるのを待つしか無い。

でも、そういう時に限って、また懇切丁寧に舐めてくれたりする。

もう、嫌がらせなのかと思ったりしていた。

そして、拷問にも近い時間が過ぎ、やっと足舐めを終えた奴隷が、いつものように言った。

「御主人様、気持ち、よかったでしょうか?」

それには、私は、もう、抗う気力がなかった。

だから、

「今日は、少しまともだな」

なんて、言っていたのだった。こう言わなければ、奴隷はさらに足舐めを続ける可能性があったから。

吊った足では、それに耐え切る自信はなかった。

「あぁ…、喜んでいただけて、本当に良かったです。次も頑張りますから。また舐めさせて下さい。ご奉仕させていただいて、ありがとうございます、御主人様」

奴隷は、嬉しそうに言う。私は、憮然とした顔でそれを見返す。

もちろん、痛みに耐えているのを必死で隠して…。

後にも先にも、足舐めのときに、私の足が吊ったのはこの一度だけなのだが、このときは、もう二度とやるまいと思ってしまったのは確かだ。

でも、やっぱり、足舐めの誘惑には勝てず、その後もやらせたのだが…。


足舐め。

奴隷に屈辱を与え、支配欲や優越感を刺激され、かなりS性を満たされる調教。

でも、実は御主人様も、結構辛かったりする。

とはいえ、私は奴隷に足舐めをさせるのは、大きな快感だったから、好きな調教であったのは確かだし、私の足元にうずくまり、足を必死で舐めている奴隷の姿というのは、本当に惨めに見えて、まさに奴隷らしく、また、その奉仕の気持ちが可愛らしいと思っていた。

そして、とても愛おしかった。

だから、色々と大変なこともある調教ではあるのだが、これは、外せなかったのだと思う。

テーマ:支配と服従 - ジャンル:アダルト


初めてコメントさせて頂きます。
とは言っても、大分前から楽しんで拝見させてもらってはいたのですが(^^)
 
今回は またブログのタイトルにふさわしいエピソードですね笑 吊ったままひたすら、プライドだけを頼りに痛みを耐え続ける... かなり厳しいものがあったのではないでしょうか(・・;)
 
私も足舐めは好きで 調教のときはよくやらせるのですが、疲れ始めたら ソファーの肘掛けに足をかけたりしましたね... 動く足を必死で追いかけて舐めようとすること、舐めている最中の奴隷の顔を間近で見れることが 結構刺激になりました。

これからも応援しています(^^) 頑張って下さい。
[2011/07/28 20:12] URL | Pax [ 編集 ]
あのぉ・・・
ちょっとvetさんが面白くて、笑っちゃいけないんでしょうが、笑ってしまいました。
すみません。
そして、リアルに先日足舐め奉仕したばかりなので複雑な心境でもあります・・・。
佐野さんも足がつったりしてたんだろうか・・・って。
心配にもなり、気にもなり・・・。
何だかいいのか悪いのか的な情報です(笑)
あ、でも分かりました。
遥が察して、足がつったり、痛くならないように配慮すればいいのですね。
そうですよ、あ、何だかありがとうございました!!
[2011/07/29 07:07] URL | 遥 [ 編集 ]
あはw
すみません…ケータイ片手に、声を出して笑っちゃいました(笑)
[2011/07/30 01:08] URL | 美優 [ 編集 ]

思わず笑ってしまいました(笑)


私も舐められてる最中に吊ったことあります(´・ω・`)


我慢してたのですがやはり我慢しきれなくて涙目になって彼氏さんを煽ってしまったらしいです(^_^;)
[2011/07/30 15:45] URL | なゆ [ 編集 ]
ごめんなさい
耐えているvetさんが思い浮かんでつい大笑いしてしまいました。
御主人様って大変なんですね。
こうやって奴隷の方のイメージを壊さないようにしているなんて素敵です。
vetさんの足を舐めさせて欲しいって思ってしまいました。
[2011/07/31 15:51] URL | 好実 [ 編集 ]

>Paxさん
はじめまして。ブログ、読んで頂いてありがとうございます。

この吊ったときは、本当に地獄でしたね。
私が調教されているかと思うくらいでしたから。
私にはM性は無いので、痛みが快感になったりはしないので、辛いだけでしたが。

Paxさんも足舐めはさせるのですね。
肘掛けを使うとか、そういうこともありですよね。私も、たまにそういう風にしたことはあるのですが、私がベッドに座って、奴隷にやらせるということが、一番多かったので、そういうことは、あまりやれませんでした。
でも、必死で足を追いかける奴隷の姿もいいですね。奴隷の必死さ、というのは、本当にS性を刺激してくれますね。

応援ありがとうございます。数日に一回の更新で、遅々として進まないブログですが、今後とも、よろしくお願いします。


>遥さん
笑っていただければ、本望ですので、思いっきり笑ってやってください。
遥さんは、足舐めをされたばかりなのですね。
これは、Sにとっては、かなり刺激があるので、佐野さんも楽しかったのではないでしょうか。
私のように意地になることがない方なら、辛くなったら、「やめろ」といって、やめさせると思いますし、足が吊っても我慢する人は、それほど多くないと思います。
ですから、遥さんが、心配されなくても、佐野さんは、ちゃんと気持ちよかったのではないかと思いますよ。
ブログを拝見する限り、佐野さんは、私よりも、そういうところは、Sらしい感じに思いますので。

足が吊ったり、疲れてきたりするのは、同じ姿勢で耐えているからなんです。
ですので、それに配慮するとすれば、遥さんのほうで、足を少し動かしてあげたり、支えてあげたり、そういうことをすると、多分かなり楽になると思いますよ。


>美優さん
あはは…。もう、笑っていただくのが、一番、心休まります。
ですので、大いに笑ってください。
私は、こんなことをしていた御主人様でした。


>なゆさん
なゆさんも、吊ったことがあるそうで。
同じ思いをわかってくださる方を見つけられて、嬉しいです。
もう、これは、笑い話にするしか無いですよね。

吊ったまま我慢するというのは、本当にきついですから、そうなると、さらに理不尽なこともしたくなってしまいます。ですから、そのお気持ち、わかりますよ。

それから、ブログ、もっておられたのですね。
せっかくですので、リンクさせて頂きましたが、もしもダメでしたら、おっしゃってくださいね。
今後とも、よろしくお願いします。

>好実さん
笑っていただいて、ありがとうございます。
御主人様が大変というか、私の意地の部分がほとんどだと思います。
ここまで意地をはらなければ、それでよかったのですけれどもね。私は、こういう御主人様でした。
奴隷の持っているイメージを崩さないということは、やっぱり気になりましたね。でも、バレていたような気もしないでもないですが…。どうなのでしょうね。今となってはわかりませんが。
私の足ですか…。いきなり、大胆なことをおっしゃいますね。でも、そう思っていただけるのは、光栄です。


[2011/08/01 12:40] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報