理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン


題名が、奴隷を求めているS男の方に期待させるような感じで申し訳ないが、結論を先に書くと、奴隷を得るためのアドバイスが、私には、あまりできないだろう、という内容のエントリーだ。

どうしてか?ということを書くので、勘違いしないで読んで欲しい。

S男の方に向けたエントリーということになるかも知れないが、私がM女の方と主従関係を結ぶときに考えていたこと、気にしていたことも書いてあるので、過去の私の話ということでもある。



結構前から、S男の方からのメールも頂くようになった。

色々な方とお話できている事を嬉しく思っている。

ただ、S男の方に、ちょっと困ったご質問を頂くことがある。

困った、といっても、こういう質問をしないでくれ、という意味ではなくて、的確な答えをお返しできない、私がお返事するのは、多分望んでおられる答えではない、という意味で、困っているというだけで、ご質問を頂くこと自体は問題ないことなのだが…。

その、ご質問というのが、

「どうすれば、奴隷を持てるのか?」

「奴隷と付き合う方法を教えて欲しい」

「奴隷にできるM女と出会うには?」

といった感じのもの。

要するに、”奴隷を持ちたいけれど、その方法が知りたい”ということなのだが…。

こういうご質問を、定期的に、それなりの数、いただく。

なので、やっぱり、S男の方にすると、かなりの関心事なのだろうと思う。

私としては、どうお答えして良いのか、迷いながら、いつも、それぞれの方が、説明されている事情に合わせて、お返事を書いている。

ただ、最近、こういうご質問が増えてきたことと、私は真面目に書いているつもりなのだが、書いたことがあまり参考にならなかったようで、気分を害された方もいらっしゃって、そういうことが、これからもあるとお互いに楽しくないと思うので、私の方針というか、メールをお返しするときに基本的に考えていることを、今回書いておこうと思った。

これから書くような、気持ちや事情、過去のやり方から、私は、こういうご質問のメールに関してはお返事を書いている。

だから、この種のご質問をされる場合には、それを踏まえて書いてきていただければと思う。

決して、こういう質問をしないで欲しいというわけではないし、ましてやS男の方とお話をしたくないとか、そういうことを私が思っているわけはないので、それはわかって読んで欲しい。



それで、このご質問、何が困るのか?というと、一番に思うのは、御主人様になるつもりがあるのなら、そういうことは自分で考えて欲しいなと、正直なところ、思う。

自分の奴隷を見つける方策すら、しっかりと考えることができない人が、御主人様になるというのは、ちょっと頼りない気がしてしまう。

ご質問をくださった方には申し訳ないのだが、メールをいただいた中には、とにかく私に1から10まで教えて欲しいという感じで書いてこられる方までいたりする。

そういう風に言われると、もっと自分をしっかりと持って、ちゃんと考えるとか、調べるとか、そういうことをまずは自分でしませんか?と、どうしても思ってしまう。

調べることの一環として、私への質問という形になったのかもしれないので、無下にメールをお断りすることはないが、それでもまずは、どうするのが良いか?ということを自分で考えて、行動できるようになって欲しいなと思った。

考えに考えた末、色々なことをやっても駄目だったから、私にメールを下さったのかもしれないが…。

そうであれば、私の思いは、失礼なことだと思うが、どうしても、「御主人様を目指すなら、自分でしっかりと考えられる人であって欲しい」と思ってしまう部分がある。

そうじゃないと、奴隷になったM女が可哀想だから。

自分でしっかりと考えて、決断し、行動するということは、御主人様であるための大前提だから、その気持ちだけは持っていて欲しい。

もちろん、私も御主人様初心者の頃には、色々な人にアドバイスを貰ったし、私がしっかりした御主人様だったとは、口が裂けても言えない。だから、人のことは言えない。

それに考えても、試してみても、ダメなら、誰かに聞くことで解決するのも一つの方法だと思う。

でも、少なくとも、私は、自分で考えることはやめなかったし、奴隷のことを必死で考えて、試行錯誤していたことは確かだから、そういう姿勢は御主人様としては、必須だということはわかって欲しい。

こういう私の思いが、メールのお返事をするときに、文面に乗っていると思うので、それは、奴隷のこと、M女のことをしっかりと考えて欲しいという私の気持ちだと思って、受け止めていただけると嬉しい。



それから、実質的な意味でも、ちょっと困ることがある。

私はそれほど多くの奴隷を持ったわけではないということ。

つまり、M女に声をかけたり、奴隷にして、主従関係の付き合いを始めるのが特別に上手かったわけではない。

私が御主人様をしていた頃の知り合いには、私よりも、奴隷との付き合いを始めるのが、確実に上手かった人がたくさんいた。

私が飼ったすべての奴隷の数よりも多い奴隷を、同時に飼っていた御主人様まで知っている。

だから、私が、M女に声をかける事とか、奴隷にすることが上手いと、思われてしまうのが、そもそも、困るというか、なんだか、かなり過大評価されているようで、違和感を感じる。

大学4年になるころまで、女性との付き合いを一度もできなかった、私の恋愛レベルというか、女性に声をかける能力のレベルを考えていただければ、わかると思うが、基本的に私は女性と付き合い始めるのが、上手くない。

だから、普通の男女付き合いよりも難易度が高いと思われる、奴隷を持つということに、私が長けていたと考えるのは、すこし無理があると思うのだが…。

ご質問くださった方の中には、「今まで、普通の恋愛はしてきた」と書いておられる方が何人かいらっしゃるので、そういう方と比較すると、私のほうが、女性に誘いをかけるのは、下手な気がする。

主従関係を結ぶことも、普通の恋愛関係と変わらず、お互いを知り、お互いに惹かれるものがあるから結べるものなので、基本的に恋愛関係を作るのが上手い人のほうが、主従関係になるのも上手いと私は思っている。

下手な私が、上手い方に、なにをアドバイスすればいいのか?

と考えてしまう。

だから、困った。ということ。



それから、もう一つ。

私は、出会いを目的としたサイトや掲示板などを利用したことがない。

そういうサイトで、奴隷募集をかけたこともないし、御主人様募集をしているM女にコンタクトをとったこともない。

つまり、普通に、奴隷を得ようとするときに、S男が起こす事が多いであろうアクションを使って、奴隷を得たことがない。

そういうものがあり、それを利用して、SMの出会いをしている人が多いのは知っているし、実際そういうところで出会って成立した主従と話をしたこともかなりある。

だから、ある程度の成功率があるのもわかる。

そういうものを利用すればいいのか?と聞かれれば、いいだろうと思う、とは書ける。

そういうところから、パートナーを探す人が多いようだ、とも書ける。

でも、私には、これらを使ってM女と出会い、奴隷にした経験がないので、逆に言えば、それ以上のことは書けない。

誤解しないで欲しいのだが、そういう出会い系の掲示板などを利用する人を批判しているわけではない。

私は使ったことがない、というだけで、そういうものを使って積極的に動くのも一つの手だと思うし、前にも書いたことがあるが、SとMが出会うのはかなり難しいということを考えても、そういう手段を使う方が、おそらく効率的なのだと思う。

私も、今、奴隷が欲しいとは思っているから、それなら、そういう手段で出会いを求める方がいいのか?と思ったこともあるのだが、今のところ、やっていない。

そして、やっていないから、多分、一番多く利用されていると思われる、そういう方法についてのアドバイスも出来ない。

こんな私も居るわけだから、人それぞれにやり方はあるのだろうと思う。

そう、これもお返事に困る理由の一つだ。

人によって、できること、できないこと、ポリシーとして、やること、やらないこと、あるのだから。

だから、出会い方について、どんなアドバイスがいいのか、その方に、何を書けばいいのか、いつも、すごく迷うし、考えてしまう。



それから、最後に、もう一つ。

多分、私がこの手のアドバイスに向かないと思われる、決定的な理由がある。

それは、私は、奴隷を持つときに、自分から、M女に向かって、「私の奴隷にならないか?」という感じで、強く誘ったことが、ほとんど無い。ということ。

それには、私なりに理由がある。

主従関係というのは、奴隷になるM女の側がいろいろな面で、圧倒的に不利というか、理不尽や不自由を受け入れることになる。傷つくのもM女の方が大きいと私は思う。

そして、奴隷になったら、基本的に御主人様に従うことになる。

私も奴隷を持てば、その奴隷を従わせるし、私の都合で自由を奪う。

もちろん、その代わりに、私は、奴隷を満たすこと、受け止めること、愛情を注ぐことを必死で考えるのではあるが、奴隷に対して、ノーマルな基準で言えば、かなり酷いことを平気ですることにかわりはない。

そういう扱いが良いから、快感に思えるから、M女が奴隷になる、というのはわかるのだが、だとしても、私は「奴隷になるかどうか?」という、奴隷になる前の最後の自由は、M女から絶対に奪うものではないと思っている。

M女には、その自由を最大限に発揮して欲しいと思っている。

だから、私は、私の奴隷になるかどうか?ということは、M女に選ばせてきた。

奴隷になりたい。と、私に言ってきたとしても、最後の最後まで、奴隷になるかどうかは、M女に委ねる。

色々と話をしながら、M女に、私の奴隷になっても良いかどうかを真剣に考えてもらう。

奴隷になる、と、最終決断する、その瞬間まで。

だから、私の方から、「奴隷にならないか?」と強く誘うようなことは、まずしない。

強く誘ってしまうと、それに流される人も、中には出てくるかもしれないと危惧しているから。

流されて、あまり考えずに、誰かの奴隷になるなんて、かなりリスキーな展開だと思う。

でも、強く言えば、それに従ってしまう人も居るような気がするので、私はM女と出会っても、「奴隷にならないか?」と、強く迫るのは、あまり良くないように思っている。

私の奴隷になりたいと自分から、自分の意志で言ってきたM女しか奴隷にしてこなかったし、そういうM女に対しても、本当に私の奴隷になっていいのか?ということをしっかり考えるように、ということは、十分だったかどうかはわからないが、なるべくきちんと言ってきたつもりだ。

もちろん、私として、そのM女が気に入って、奴隷にしたいという想いができたから奴隷にするのだが、それを決断前のM女に伝えたことも、殆ど無い。

それを伝えてしまうと、M女の決断に影響を及ぼすと思われるから。

だから、M女が決断するまで、私の気持ちはなるべく伏せるようにしてきた。

でも、多分、この姿勢は、S男が奴隷を得るということを考えたときには、かなりの消極策だと思われる。

というか、M女の判断を最優先するので、私の意思(奴隷にするかどうか)は、M女の判断の後にしか伝えないことになるから、これは、策ですらないだろう。

M女が奴隷になることを決断するまで、私は、自分の良さをアピールしたりすることもあまりしなかったと思う。

もちろん、質問されればそれには正直に答えたが、むしろ、私の欠点(ルックスが全くよくないとか、性格が理屈っぽいだとか、性的能力も普通並み程度だとか…)をM女にはしっかりと説明することが多いように思う。

あとは、私のSM観とか、好きなプレイのスタイルとか、フェチとか、そういうのもなるべく伝えるようにしている。

それでもいいと、M女が了承してくれた場合にだけ、奴隷にした、ということだ(初期の奴隷に関しては、私の考えが浅かった時期なので、あまりこういう配慮はしてあげられなかったのだが…)。

M女には私に納得してから、奴隷になって欲しいという願いがある。

私に誘われて、急かされるように奴隷になって、相性が合わずに、別れたとして、傷つく度合いが大きいのは、きっとM女の方だと思うから、それを防ぎたいという思いがある。

だから、M女が居て、私が気に入って、奴隷にしたいと思っても、私の方からは、誘わない。

M女が、私に「奴隷にして欲しい」と言ってくるまで、話は全く進まない。

私は、これまでこんな感じだったし、多分これからもこうすると思うから、S男の方から頂く、上記のようなご質問に、困ることになる。

要するに、私には策がないから。

「私の奴隷にならないか?」というような、積極的な誘いはしないから。

私が御主人様になったのは、まず、M女に選んでもらうということが前提だったから。

こんな私でも、普通の男女関係では、美佳の話でも書いたように、自分から告白もする。彼女にしたいと思う気に入った女性がいれば、それなりのことは考える。

といっても、基本的に小心者なので、恋愛でさえも、積極的とは言いがたいが、自分からアクションを起こすこともある。

普通の恋愛なら、ここまで消極的なアプローチにはならないのだが、主従関係の場合には違う。

主従関係の特殊さ、奴隷になったときにM女が置かれる立場を考えると、私は、M女に私のことをとにかくたくさん知ってもらって、納得した上で、選ばせるという方策が最良だと思っている。

だから、M女が私に、「奴隷にして欲しい」と言ってこなければ、私は奴隷を持てなかったということになる。

ということで、私には、積極的にアクションを起こして、奴隷を得る方法というのは、無いので、ご質問にお答えできないことが多くなる。

それは、私の経験や考え方がそういうものなので、仕方が無いところだ。

質問された方には申し訳ないと思うが…。


と、こういうふうに、”M女が「奴隷にして欲しい」と言って来た時しか奴隷にしていなかった”なんて書くと、私がM女にモテたように思われるのかも知れないが、そういうわけではないと思う。

私に、奴隷を持つ機会があったのは、縁だったと思っている。

そして、その縁がつながるところに私が、たまたま居たように思う。

今、ブログに書いてある部分で言えば、理沙を奴隷にした経緯なんかはそれが如実に分かるところだろう。

あの頃の私は、SMや恋愛系の掲示板の、オフ会などに色々と参加していた(といっても、出会いを目指す掲示板ではなく、SMや恋愛のことを相談したり、議論したりする、パートナーとのことを大事にしようと話し合うような掲示板)。

そういう部分からつながっていった縁で、理沙と幸一とはかなり親しくなり、その後、理沙を私が譲渡されるということになった。

こういう縁が私にはあったのだと思う。

だから、私が経験から言える、数少ないアドバイスといえば、縁というのはどこからくるものかわからないから、いろいろな人と満遍なく話をしたり、会ったりすることがいいと思う、ということくらいか。

M女のみを、血眼になって探して、会い続けるとか、そういうことではなくて、もっとゆったりと、視野を広げて、御主人様同士の話に参加してみるとか、すでに御主人様のいる奴隷の人と話をしてみるとか、そういうことも、縁につながることがあるんじゃないか?と思う。

もちろん、直接的な方法ではないから、全くつながらない可能性のほうが高いかもしれない。

私がたまたま運が良かっただけなのかもしれないが、色々な人と話をすることは、それだけでも価値のあることだと思う。

私は御主人様同士の話から、様々な知見を得たし、勉強させてもらうことは多かった。また、御主人様の居る奴隷との話から、奴隷の気持ちなんかも聞かせてもらったりして、とても参考になったと思う。

だから、縁がつながらなかったとしても、そういうことは無駄ではない。御主人様になったときに、本当に役に立つことばかりだったから。

そういう部分を大事にすることは、奴隷を持つ上では必要なことじゃないか?と私は思う。

奴隷にできそうなM女をとにかく求めて誘いをかけていくのもいいと思うし、それが奴隷を得るためには最短の道なのだろうと私も思うが、その前に、いろいろな立場の人と話をするような余裕というか、そういうものを持って、じっくり探すのもいいのではないか?なんて思っている。

何よりも同じような性癖を持った人と話ができるというだけで、私にとっては貴重な人達だったと思っているし、私と親しくしてくれたことに、本当に感謝している。

今の私、奴隷が欲しいとはかなり思うのだが、奴隷募集の掲示板に書いたりはしていないし、御主人様募集をしているM女にコンタクトをとったりもしていない。

縁があれば、奴隷とは自然につながるものだろう、なんてことを思っていたりする。

こんな悠長なことをしているから、いつまで経っても、奴隷を持てないんだろう、なんて言われそうだし、実際そうだと思うが、今の私は、これでいいと思っている。

そのうち「もう我慢できない!」なんて思って、いきなり動き出すかも知れないが…。

やっぱり、それは無いか…。

なんて、これからの私のことは良くわからないが、私のスタンスというのは、以前からこんな感じだし、多分、当分は変わらないと思う。



と、最後は、別の話になってしまったようにも思うが、とにかく、私は、奴隷を得る方法に関しては、申し訳ないのだが、効果的なアドバイスはあまりできないと思う。

特に、積極策は、持ち合わせていない。

個々に事情があれば、それはちゃんと考えて、真面目にお答えするので、このエントリーは、S男の方に、そういう質問をして来ないで欲しいという意味で書いたわけではないのだが、基本路線としては、上記のように考えているので、それを踏まえたお返事が返ると思って欲しい。

具体的なアドバイスがあまりないと思われるので、せっかくメールを書いてくださったのに申し訳ないとも思う。

だが、私は、自分に経験のないことに関して、無責任なアドバイスはできないし、主従関係では、弱い立場になったり、Mというだけで、勘違いされたりすることが多くなりがちな、M女の方が辛い思いをしないようにという観点からの意見が多いので、そういうスタンスで、お返事を書いていることは、理解して欲しい。

こういう質問をしようと思っているS男の方には、以上を了解した上で、メールいただければ、幸いだ。


テーマ:SM - ジャンル:アダルト

胸がきゅんとしました。
vetさんはM女性のことを本当に大切に考えているのですね。
前にブログを書いていたときちょっとMだと言ったら沢山の男性に声をかけられて。
突然来た人に命令口調で「奴隷になれ」って言われたりしました。
それが嫌でブログを閉じました。
だからこの記事に書いてることすごく嬉しいって思って。
涙が出そうでした。
vetさんの奴隷さんになれる人はすごく幸せですね。
[2011/08/25 09:52] URL | 好実 [ 編集 ]

>好実さん
大切に考えているというか、関係を持ったときに、なるべくうまく行くようにしたいという気持ちでしょうかね。特に、うまく行かなかったときには、M女性が傷つく度合いが大きいと思っていますので、それを防ぎたいということですね。
好実さんも、勘違いしている方にそういうことを言われたご経験があるのですか。
それは、大変でしたね。M女性といっても、相手が誰でもいいわけではないんですよね。やっぱり、気持ちを許した相手にそうされるからこそ、M性を満たされるのだろうと思います。そのあたりは、S男性は、理解するべきだと私も思いますし、私もそういうことにならないように、これからも気を付けたいところです。
私の奴隷になったら、幸せとのこと、そう言っていただけると嬉しいですが、本当にそうなのかどうかは、過去の奴隷たちに聞いてみないとわからないことですね。そうであればいいのですが、私にはわからないところです。
[2011/08/29 00:32] URL | vet [ 編集 ]

個人的にはVetさんの意見に同意します.

私も,犬・奴隷にして欲しいとい言われてから,後の対応を考えたことしかあしません….自分から「奴隷になれ」と言ったことはありません.元々,M女性を探しているわけではないので,当たり前かもしれませんが….
[2011/09/05 00:19] URL | Blueberry99 [ 編集 ]

>Blueberry99さん
共感いただけて嬉しいです。
私も、奴隷が欲しいなら、もう少し積極的に、するべきかな?と思うこともあるのですが、やはり奴隷になるかどうか?と言う決断に関する、M女の意思というのは、最大限に尊重されるべきものだと思っていますので、こういう対応になっています。
やっぱり、付き合うだけではなく、それを継続させることが重要ですから、そのためには、最初にきちんとお互いを理解してからというのが、基本だろうと思います。
[2011/09/07 12:47] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報