理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン

奴隷と御主人様との関わり方というのは、それぞれの主従で違う。

奴隷といいつつ、ほとんど恋人のように、関わっていた主従も知っているし、逆に奴隷を完璧に支配して、容赦なく奴隷扱いしていた御主人様も居た。さらには、奴隷ですら無いというような態度で突き放している御主人様までいる。

恋人寄りの奴隷もいれば、奴隷寄りの奴隷(変な表現だが)もいる。

私の場合は、どちらかというと、奴隷は、奴隷寄りに扱うことのほうが多かったから、奴隷に対する接し方は、厳しい方だったように思う。

これは接し方という意味で。

奴隷のことを、受け止める気持ちとか、愛おしいと思うこととか、注ぐ愛情とか、そういうものは当然持っているのだが、その上で、奴隷をどう扱ったか?ということ。

奴隷に対する気持ちと、その扱いが、ストレートに結びつかないのが、主従関係かもしれない。

私の場合は確実にそうだったと思う。しかも、それは無意識に行われている。

悪く言えば、感情表現が下手なのであろうし、よく言えば自然に御主人様らしく振舞えていたということなのだろう。

例えば、奴隷に対して、優しい気持ちになったからと言って、恋人同士のように、優しい態度をとるわけではない。優しい言葉をかけるわけでもない。

むしろ、そういう気持ちになったからこそ、厳しい調教をすることも多かったし、それを、私は普通に、何の違和感も感じずにやっている。

愛しいと思えば思うほど、奴隷を貶めてやりたい、そんな思いは、Sの部分から出てくるものだ。

そして、私のそういう態度が、奴隷のM性を満たすことにもなっていたのだろうと思う。

だから、あくまでも、私の気持ちではなく、接し方、奴隷の扱い方の話。


そんな私が、奴隷に許さなかったことの一つに、私よりも上から話をするというのがあった。

話をする時には、私と同じか、それよりも下の位置に奴隷がいるということ。

つまり、奴隷は私と目線が同じか、私を見上げる形でしか、話さないようにさせた。

私が奴隷を見下している状態。

これが、私が奴隷を奴隷として扱う時の接し方の一つだった。

だから、私の前では、奴隷が床に座っていることというのが、かなり多かった。

私は椅子や、ベッドに腰掛けて、その前の床に、奴隷が正座して、私を見上げる。

そんな光景が、私と奴隷との間では、普通になっていた。

その状態で話をしたことが多かった。

部屋でもそうだったし、ホテルなどに行った時も、変わらない。

ただ、最初から、「話をするときには、私よりも下にいろ」と命令したわけではない。

話をする時に、奴隷を床に座らせて、私がそれを見下ろすように、自然に位置を取るようにする。

それを繰り返すうちに、奴隷はそれに慣れていく。

それが自然なものだと思っていく。

そんな感じで、出来上がった位置関係。

ただの位置。

そう思ってしまえばそれまでかも知れないが、私と奴隷との間では、こういう位置取りをすることで、主従関係ということを、実感し、確認し、そして、お互いにその雰囲気に入っていたのだと思う。

それと、私は背が低いから、ヒールを履いた奴隷と一緒に歩くと、目線が同じ位置に来ることもある。

普通に並んで歩いていて、奴隷を見下ろす形というのは、それほどない。

だから、部屋にいるときには、余計に、こういうことにこだわったのかも知れない。

奴隷との主従関係を確認するということと同時に、私のコンプレックスを少しでも埋めたいがために、そうしていたのかも知れない、なんてことも、今、考えてみると、思う。

これは、当時、意識していたつもりはないのだが、もしも、無意識でそう思っていたのだとすれば、ちょっと情けないことだったなと思う。

理由はともかく、私と奴隷はそういう位置取りをすることが多かった。

さらに、これが定着してくると、奴隷の方が、この位置関係を好むようになった。

性処理などをするときには、奴隷をベッドにあげて抱くし、その後に、奴隷とそのままベッドで横になってしばらく話をすることが多いのだが、奴隷は、性処理での快感が引くと、すぐにベッドを降りて、床に座るようなことがあった。

そんな奴隷の姿に、私は、苦笑する。

「お前、(性処理のあとの)余韻も何も無いな」

すると、奴隷は、

「でも、御主人様を見上げているのが、私は嬉しいですから。御主人様に支配していただいていることが、心から実感できます」

「最初は、そんなこと、気にもしてなかっただろう。平気で上から、俺に話かけてきてたよな」

私は、付き合い初めの奴隷の様子を引き合いに出して、意地悪なことを言ったりする。

これだから、Sというのは、タチが悪い。というか、私はタチが悪い。

「あのころのことは…。どうか、お許しください」

「でも、そのほうが良かったんだろ?今もそうすればいい」

やっぱり、私は意地悪だ。

「そんなこと…。もう、できません。私は、こうしているのがいいんです。御主人様に見下して頂いていると、奴隷なんだなぁって、服従させていただいているって自然に思えて、とても幸せです。それに、いつもの位置だから、すごく安心します」

そう言って、本当に嬉しそうな顔をして私を見上げる。

奴隷が安心すると言って、笑顔で居られる場所。

その位置取りは、いつの間にか、そうなっていた。

奴隷との立場の違いを認識し、認識させるためにやっていたことだったのだが、それが奴隷にとって、幸せだと思える接し方になる。

それは、良かったなと私は思った。

そして、性処理の後ばかりではなく、奴隷は色々なところで、同じ事をするようになった。

部屋にいて、キッチンで奴隷が食事を作っているときなど、当然だが、奴隷は立っている。

私は床においてあるテーブルに付いているか、椅子に座っているにしても、奴隷よりも低い。

そういうとき、最初の頃は、

「ご飯、出来ました」

なんて、奴隷が立ったまま、キッチンから私に言っていたのだが、それが、わざわざ私の前に来て、そこに座ってから、手をついて、言うようになったりする。

奴隷はそれを自然にするようになり、またそうなった奴隷を私は、可愛らしいと思うようになった。

また、奴隷は騎乗位なんかでも、ちょっと躊躇するような仕草を見せるようになった。

私の上に乗って、確実に私を見下ろす格好になるから。

それが、なんとなく、しっくり来なくなるようだ。

騎乗位なんかは、あまりしなかったし、私が命じなければ確実にやらないことではあったのだが、それでも、「失礼します」なんて言って、控えめに私に乗ってくるように変わっていった。

なんだか、それはちょっと面白かった。

奴隷として、しっくりくる場所、御主人様に対する変わらぬ姿勢、というのを、奴隷が見つけたとき、主従関係は、一つ、安定に向かうのかも知れない。


お互いの位置関係というのは、本当にちょっとした事だ。

気にしなければ気にしなくても、別に問題はない。

現に、こんなことを気にしていない主従もいるだろうし、何よりも、私が主従関係を持った初期段階では、意識していたことではない。

ごく自然に、いつの間にか、出てきて、気にするようになり、段々と、定着していったことだった。

でも、それは、主従関係から、S性を満たされている私にとっても、M性を満たされている奴隷にとっても、その関係を、強く意識させられる、つまりは満たされる度合いが高まる、という意味で、効果的だったように思う。

他の主従でも、同様のことというのは、あるだろう。

もっと色々なことをしている主従もいるのではないかと思う。

位置関係、なんて、こんなちょっとした事でも、うまく使えば、主従関係をより深く、お互いにとって心地のよいものにできる。

見下ろす顔には、支配する愉悦。

見上げる顔には、支配される悦び。

ただ、位置関係を決めただけで、こんなことを自然に演出してくれる。

面白いものだと思う。

テーマ:支配と服従 - ジャンル:アダルト















管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報