理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あるとき、奴隷が、とても不安そうな顔で、唐突に、こんなことを言い出した。

「御主人様、アダルトビデオ、お持ちですよね?」

これ、奴隷に言われても、なんとなく、恥ずかしい。

持っているのは、明らかにバレているし、彼女になら隠す男も多いと思うが、奴隷になら、特に隠す必要もないのはわかっている。

だが、普通?の男の反応として、それは隠したいという、心理が働く。

やっぱり、AVやエロ本というのは隠したいものなのだ。

リスが、冬ごもりの前に木の実を隠すのと一緒で、男の習性なのだ。

抗いがたい、サガなのだ。

たとえ、バレているとしても、それを真っ向から言われるのは、やっぱり苦手だ。

頼むから、オブラートに包んでくれ。

というよりも、できれば、そこに触れないでくれ。

そこは、アンタッチャブルな、デリケートゾーン、男のサンクチュアリなのだから…。

でも、その時の奴隷は、そんな私の、切実だが、ちっぽけで下品な思いなど、確実に踏みつぶして、というよりも、気がつくことすらもなく、とても真剣な顔で、そんなことを言ったのだった。

この時は、本当に、一番痛いところを突かれた気分であり、さらに奴隷の表情がとても不安げなのも気になったので、結局、

「ああ…。ある」

なんて、それなりにまともに(でも、指摘されるのが恥ずかしかったので、ぶっきらぼうに…)答えていたのだった。

なんで、こんなわかりきっている話題をいきなり出すのか?というのが、私にはかなり疑問であり、奴隷が何を考えているのか?というのがわからないのが、不可解で、それも、なんだか腑に落ちないのだった。

でも、奴隷は確かめたいことがあるらしく、私が、それ以上触れて欲しくないと思っている話題を真剣な顔でさらに続けた。

「御主人様は、そのアダルトビデオを何に使っておられるのですか?」

アダルトビデオを何に使うか?って…。

また、そんなわかりきっていることを、わざわざ聞く奴隷。

本当に、奴隷の意図がわからず、どう答えようかと、考えた。

もちろん、ブックエンドにする。とか、そんな馬鹿なことは言えないわけだが、一瞬そういうことを言って、誤魔化してやりたいと思ったくらいの質問だった。

でも、とりあえず、アダルトビデオくらいのことで、うろたえるのも、御主人様としては、カッコ悪いと思ったし、何よりも奴隷の雰囲気がどうもおかしいので、

「何に使うって言って欲しいんだ?」

と、奴隷の心情を少し探るように、聞き返していた。だが、奴隷はやっぱり真面目な表情のまま、

「素直に答えてくださいませんか?」

と言った。

それが、本当に切実な感じなので、私は、奴隷の意図通りに答えてやった。

「普通の使い方だ。自慰をするときに使う。それ以外に何かあるのか?」

「やっぱり、そうなんですね。御主人様…」

と、いきなりガッカリした顔をする奴隷。

そんなにガッカリされると、本当に私がどうしようもないエロ男のように思えてくる。

結構ショックだ。

でも、アダルトビデオを自慰以外に使う方が、おかしいんじゃないのか?

と一瞬、突っ込みたくなったのだが、この時点でも、奴隷が何を思っているのかが、いまいち読めないので、それはやめて、

「何に使って欲しかったんだ?SMプレイの参考にするとか、言って欲しかったか?」

「いいえ、そういうことでもないです。使わないで欲しかったんです」

「使わないで欲しい? アダルトビデオを見て、何もしないのは、結構辛いことだぞ」

「ですから、見ないで欲しかったんです」

「なんで、アダルトビデオを見るかどうかで、俺が、お前に遠慮する必要がある?」

「そういうことではなくて…」

「じゃあ、どういうことだ?」

「オナニーしたくなったら、私を使って欲しいんです。そのたびに、呼びつけてくださってもいいですから、私を使ってしてください。お願いします!」

そう言いながら、奴隷は手をつき、頭を下げた。

とても必死な様子で。

でも、奴隷になってしばらく経つし、AVを私が持っていることはかなり前から知っているはずなのに、今更、そんなに必死になってこんなことを言い出す理由が私にはわからなかった。

「お前を呼んで、俺が1時間くらいも、来るのを待てというのか?」

「御主人様のお部屋までは急いでもそのくらいかかりますから…。お待たせするのは申し訳ないのですが、待っていただけないでしょうか?」

待てないわけではない。

AVで自慰するよりも、奴隷を抱くほうが遙かに快感なのは明らかだ。

でも、そういう問題ではない。

奴隷ができてから、私は、自慰をすること自体、かなり少なくなった。奴隷を抱けば満足するから。

私が自慰をするとすれば、それは奴隷に会えないときだ。会えないから自慰でごまかしている。

なのに、自慰をしようとするときには呼んでほしいというのは、実際問題、無理な話ということになる。

それがわからない奴隷ではない。なのに、そんな無茶を言い出す。

この時点で、これは、別の何かを考えているのだろうなと私は思った。

そして、何を考えているのか?と思いながら、頭を下げている奴隷の顔を持ち上げて覗き込む。

すごく、切羽詰まったような、思い詰めたような、危機感を感じている表情をしていた。

でも、それだけから察するのは難しい。

だから、奴隷が考えていることを、なんとか聞き出そうと思った。

「待てないな。お前が来る前に、自慰をして終わりだ」

突き放すように言う。

「そうですか…。やっぱり、無理ですか…」

「そんなに、俺に、自慰をして欲しくないのか?」

「それも思います。御主人様が一人で処理されるなんて、性奴隷として、お役に立てなくて、とても申し訳ないです。でも、そればかりでもなくて…」

「さっきから、お前の言っていることが、なんだかわかりにくい。なにか、本当は、言いたいことがあるんだろう。違うか?」

「はい…。でも、恥ずかしいことなので…」

「恥ずかしい?俺の前で、何を恥ずかしがる?何でも言えばいい。今更、驚かないし、俺はいつでも、お前を受け止めると言ってあるだろう。忘れたか?」

「それは、忘れてません。そうですよね…。御主人様は私の恥ずかしいこと、今までも、受け入れてくださったですよね…」

そう言って、奴隷は少し、考えたようなのだが、決心が付いたのか、話しだした。

「あの…。私、アダルトビデオの女優さんよりも、美人じゃないですよね?」

「AVの女優?」

私は、奴隷の、その唐突な展開に、首をかしげた。

ますます、言っていることの意味が分からない。

「はい。女優さん、すごく綺麗な人が多いから」

「だから、どうした?」

「御主人様が、アダルトビデオでオナニーされたら、私、勝てないです」

そう言って、奴隷は、表情を崩した。涙は流していなかったが、ほとんど泣いているような顔だった。

「勝てないって…」

「はい。私、あんまり可愛くないし、スタイルもよくないですから。御主人様が、アダルトビデオで慣れてしまったら、私の体では、ご満足していただけなくなるのではないかって、とても不安になってしまって…。私、性処理穴なのに…。使いものにならなくなるのは、嫌です」

奴隷は、必死に不安を訴えた。

それでやっと奴隷の意図がわかったのだが…。

こんなことを考えているとは、思ってもみなかった。

AV女優がいくら美人だったとしても、生身の奴隷とのSMや性処理よりも、AVでの自慰の方がいいと思ったことなど、ないのだが…。

今の草食系男子と言われる人達は違うのかも知れないが、大部分の男は、生身の女体を取ると思う。

少なくとも、私はそうだ。

その上、好きで付き合っている奴隷が相手だ。

愛情を感じる大切な相手との、SMや性処理というのは、もう容姿とかそういうことは考えなくなる。

どんな綺麗なAV女優よりも、目の前で、愛おしい奴隷が苦痛や恥辱や快感に震えている姿、その表情のほうが、圧倒的に、可愛らしいし、性欲をそそられる。

絶対に、美しく見える。というか、美しい。それは確実だ。

触ることもできない、画面の中の女優とは、比較にすらならないと、私は、普通に思っていたのだが…。

それを奴隷が気にしていたということに、驚いた。

と同時に、その奴隷が、そこまで、自分に自信がなかったということに、それまで気がついてやれなかったことを思い知らされた。

奴隷のこと、ちゃんと見ているようで見れていなかった自分が、情けなかった。

だから、どうやって声をかけてやろうかと、思った。

この奴隷の不安を、どうしたら、取り除いてやれるのか?

そう思って、しばし、考えた。


次回に続く。


テーマ:オナニー - ジャンル:アダルト

言葉
Vet様こんにちは。

「AVで自慰するよりも、奴隷を抱く方が遥かに快感なのは明らかだ」
という言葉、
ぽろりと自然に出た本音のようで
とても嬉しい言葉です。

私自身はご主人様のマスターベーションと
2人でする行為とは
全く別のものとして捉えているような感じです。
そうやって、主の性に関することは
常に自分が関わっていたいという
彼女の思いはとても真剣でいじらしいですね。

私もご主人様の性欲が高まった時に
思いだして貰える存在でありたいです。

[2011/09/07 17:31] URL | 智薫 [ 編集 ]
そんなに…。
私は御主人様がエッチなビデオを見てもそんなに気にならないと思います。
御主人様になるような方ってきっと性欲も強いと思いますから会えないときに見るのは仕方が無いかなぁって思います。
御主人様はいないですけど…。
でも奴隷さんの気持ちもすごくわかります。
比べられちゃうと私も辛いかなぁ…。自信ないですから。
でもvetさんが奴隷さんの方がいいって思っておられるのはすごく頼もしいです。
[2011/09/08 15:21] URL | 好実 [ 編集 ]

お話は奴隷さんの不安のほうに進んでいくのでしょうけど横道に逸れたコメントですみません。
vetさんのちょっとたじろぎながらもなんとかその場を仕切る様子に、不適切にも微笑んでしまいました^^;

実は、うちも、そこは聖域でして。
彼の自慰の有無については『触れないほうがふたりのため』と以前通達がありまして、それ以来、わたしの中ではするしないではなく、存在しないものとしてねじ伏せています(笑)

男性、とくに『トップ』でいる場合はよりアンタッチャブルなのでしょうね。
彼の気持ちがちょっとわかった気がします^^
[2011/09/08 16:05] URL | りん子 [ 編集 ]

>智薫さん
その部分だけ、取り出されると、ちょっと恥ずかしい気もしますが、紛れもなく私の本音です。
主従とかそういうことがなくても、やっぱり好きな人を抱けるというのは、それだけで、何よりも幸せなことだと思いますし、そういう感覚は、主従関係であっても、同じように持っていたと思います。
これは多分、多くの男に言えることだと思います。

智薫さんは、そのあたりは、全く別物と考えておられるのですね。そういう風に割りきっている方が、不安が少ないと思いますので、良いのでしょうね。
私の奴隷も、何人がいましたから、こういうことを考える奴隷も居たんですね。真剣に思ってくれていたのですから、ありがたい事です。

御主人様側の気持ちとしては、性欲が高まると、やっぱり奴隷のことは考えると思いますよ。私はそうでした。智薫さんの御主人様のことはわかりませんが、普通は自分の奴隷のことを自然に思うのではないでしょうか。


>好実さん
好実さんはあまり気にされないタイプなのですね。こう言う風に考えて不安になる奴隷も居たのですが、別の奴隷は、私がAVを見ることもなんとも思わず、私が好きそうなAVを買って来て、プレゼントしてくれた奴隷まで居ます。なので、それぞれですね。
AV女優に限らず、誰かと誰かを比べることには、あまり意味はないと私は思っていました。それぞれに個性があるわけですから。なので、あまり比べたことはなかったつもりなのですが、こういう風に思う奴隷も居たので、なかなか難しいものですよね。


>りん子さん
笑っていただけると、なんだかホッとします(笑)
AVを隠すとか、自慰をするということですよね。
それは、奴隷相手とはいえ、あまりいいたくないことではありましたね。
触れて欲しくない部分というのは、私も同じでした。
りん子さんのところでは、ちゃんと聖域になっているのですか。
それは、彼は安心ですね。羨ましい限りです(笑)

「触れないほうがいい」という、彼のお気持ち、私もすごくわかります。
私も、奴隷たちに、そこには触れるなと、言っておけばよかったかもしれませんね。

[2011/09/10 00:49] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。