理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


前回の続き。


奴隷が、AV女優と自分を比較して、負けるのではないかと、不安になると訴えた。

それには、かなり驚かされた。

そんなことを奴隷が思っているとは考えもしなかったから。

AVはAVであり、所詮、映像でしか無いと、奴隷も、当然思っていることを、私は全く疑っていなかった。

AV女優と自分を比較することなど、ありえないと思っていた。

でも、それは違った。

私がAVを見ることで、奴隷が不安になっている。

そして、そんな不安に苛まれている奴隷に、なんと言えばいいのか…。

すぐには思いつかなかった。

だから、とりあえず、そう思うに至った事情を聞いてみようと思った。

「なんで、今更、不安になる? 俺がAVを持っているのくらい、前から知っていただろう」

「それはそうなのですけれど…。この間、たまたま見ていたテレビに、元AV女優の人が出ていて…。すごく綺麗で、スタイルも良くて、御主人様もアダルトビデオをご覧になるから、もしかして、こんな人がお好きなのかな?って思って…」

「ああ」

「それで、私、御主人様がアダルトビデオを見ていたら、そっちのほうがいいのかなって…。アダルトビデオなら、顔とか体型とか、好みの女性を選べますから。そう思ったら、ものすごく不安になってしまって。私、御主人様に使ってもらえなくなったら、奴隷で居る意味がなくなっちゃう…。私、御主人様の奴隷でいたい。ずっと使ってもらいたいです」

とうとう、奴隷が泣き出した。

こうなると、私が想っていることを普通に説明したところで、多分、納得しないのだろうと思った。

「画面の向こうのAV女優よりも、目の前にいるお前のほうがいい」などと言ったところで、多分、ダメだ。

奴隷の不安を払拭することにはならないだろう。

説得するために無理に言っている、なんて言われて、堂々巡りになるのが予測できる。

奴隷は奴隷で、一旦思い込むと頑なな所があるから。特に不安に心を奪われているときには、周りが見えなくなることが多い。

奴隷だからといって、常に御主人様の言葉を全て素直に受け入れられるわけではない。

特に、こういうことに関しては、一度思い込むと、それが尾を引く。

それでも、私が強く言えば、表面上は、頷くかも知れない。

無理矢理、頷かせることは、できる。

奴隷がなんと思っていようが、無視して、私の思っていることに同意しろと、命令すればいい。

実際そうやって、奴隷の気持ちを強引に作り変えるという手段を使うこともある。

でも、この不安に対しては、それでは意味が無い。

ちゃんと、納得できるようにしてやる必要がある。

だから、どうすればいいのか、しばらく考えた。

そして、結局、主従関係らしく、奴隷を徹底的に、貶めるように、言ってやることにした。

奴隷であることを、改めて認識させる。それは同時に、奴隷として価値を私が認めているということを示すことになるから。

それが多分、一番、奴隷が安心できて、私の思いが最も伝わると判断したのだった。

「お前、かなり馬鹿なのか、それとも、俺のことを馬鹿だと思っているのか、どっちかだろうな」

「えっ?」

「自分がなんなのか、わかっているくせに、なんで不安になる? お前は、自分で言ってるのに、わからないのか?」

「なにが、ですか?」

「”私は性処理穴”だと、さっき自分で言わなかったか?」

「はい、言いました。でも、私では、女優の人には勝てないですから…。だから…」

「あっちはAV女優っていうれっきとした職業だ。人間の女として金をもらって出演している。俺も女として見ている。でも、お前はなんだ?」

「私は…。御主人様の奴隷です」

「そうだな。それに、お前がさっき言った通り、ただの穴だ。仕事でもないし、強制されたわけでもなく、お前の意思で俺の性処理穴になった。違うか?」

「はい。でも…」

「おまえは、ただ、俺が必要なときに、黙って穴を差し出せばいい。AV女優のように仕事で見せるセックスを望まれているわけじゃない。穴として、俺に使われるためにいる。それとも、女として、そこにいるのか? 女として扱って欲しいのか?」

「いいえ、そんなことは…」

「それなら、俺は、お前とAV女優を比較することは、絶対にないな。穴と人間を比べるなんて、ナンセンスなこと、俺はしない」

「女優さんにも、穴はあります」

「まあ、それはそうだ。でも、お前という穴はここにある」

そう言うと、私は、奴隷の股間に強引に手を入れ、その性器に、容赦なく、指を突っ込んだ。

「あぁ…」

「お前の穴は、こんな風に、いつでも使える。でも、AV女優の穴はどこにある? こうやって、すぐにかき回せるところにあるのか?」

「い、いいえ…」

「お前の穴は、画面の向こうの、挿れる事もできない、AV女優の穴にも負けるのか?」

「それは…。わかりません」

「わからないわけがないだろう。お前はわかっているよ。穴っていうのは、実際に使えないと意味が無いんだ。意味の無い穴と、意味のある穴、どっちが俺にとって必要か、本当にわからないか?」

「そ、それは…。わかります」

「だったら、お前は、俺の近くにいて、いつでも俺を受け入れられる穴であれば、それでいい」

そう言って、奴隷の性器に入れた指を、思いきり中に押し込んでから、一気に抜く。

「あぁ…」

また、奴隷が切なげな声を上げる。私に好きなようにいじられていることを、認識している。

「穴として、俺が使いたい時に使えるのは、AV女優じゃなくて、お前の穴の方だ。それに、お前の穴が使いやすいから、俺は使っている。俺にしっくり合うように、調教してきた俺のための穴だ。だから、これからも俺の都合で使う。それで問題ないな?」

「はい。でも、本当に、使って頂けるんですよね?アダルトビデオを見ても、私を使ってくださるんですよね?」

「前にやったように、AVを見ながらお前の穴だけを使うこともあるだろうな。でも、穴としては使う」

「それでもいいです。それでも、使っていただければ、私は、嬉しいですから。だから…」

「お前の穴に飽きない限り、使ってやる。性処理穴だと自覚できているなら、俺がいつでも気持ちよく使えるようにしておけ。俺が使いたいと思う穴でいろ。それが、奴隷の勤めだな」

「はい、わかりました。そうします。穴としては、負けないように、ちゃんとしておきますから」

「じゃあ、それでいいな? 不安は、どうだ?」

「不安は、まだ、ちょっと…。でも、少しすっきりしました。ありがとうございます。本当に、使ってくださいね。いくらでも、使ってくださいね…。気持よくなって頂けるように、努力しますから…」

そう繰り返して言いながら、奴隷は少し不安が和らいだような顔で、嬉しそうに微笑んだ。

性処理のための穴だと言われ、それを自らも認め、そして、そこに価値があると言われれば、それが嬉しい。

奴隷の、奴隷らしい考え方だと思う。


こんな話をしたことがあった。

内容はその都度違うが、この奴隷とも、また別の奴隷とも、不安の話はたくさんした。

私は、奴隷には、自信を持って、私の奴隷でいて欲しいと思っていた。

私が奴隷として飼っているということは、私が最大限に認めているということであり、受け止めたいと思う相手だということだとわかって欲しかった。

直接、それをあまり言わない私も悪いのは確かだ。

でも、御主人様としては、軽々しくそんなことは言えないと思っていた。

だから、自分から気づいて欲しかった。

顔がどうこう、体がどうこう、穴がどうこうではなく、AV女優よりも、私にとっては、自分の奴隷のほうが、圧倒的に価値があると思っている、なんてことは、私が言うまでもなく、わかって欲しかったのだが…。

奴隷の容姿、一般的な、美人とか、色っぽいとかの基準で見れば、AV女優に負けるかも知れない。

でも、私にとっては、全く関係のないことだ。

私の奴隷は本当に美しいものだし、大切なものだった。愛おしいものだった。

性欲をそそると言う意味でも、最高だった。

そして何よりも、私に奴隷として仕えているということ。

その気持ち、想い、それを私に向けてくれていることが、重要なのだ。

このときの、この奴隷で言えば、私に使って欲しいと必死に思っている、その想いだけで、十分に魅力的だった。

それさえあれば、容姿なんか、どうでもいい、といっては、乱暴かもしれないが、私は確実に奴隷をとる。AV女優に負けることなど、絶対にない。比べることすら無い。

でも、私がそう思っていても、なかなか、すぐにそれを信じられない奴隷もいる。不安が尽きない奴隷もいる。

主従関係だからといっても、やっぱり、奴隷は女であり、女としての価値を他の何かと比べてしまうことがある。

そして、不安になることがある。

実際、不安を完全に払拭するのは無理なのかも知れない。

心のどこかに、「自分はこの人に本当は必要とされていないのではないか?」という思いは、あるのだと思う。

それは、男として、御主人様としての私も同じだが、こういうことは、わかっていてもなかなか無くせないし、相手の想いを信じきるというのは、難しいものだ。

やっぱり不安は出てきてしまう。

相手を大切に思えば思うほど、大きくなるものなのかも知れない。

前に書いたが、コンプレックスの話にも似ていると思う。

長年、主従関係を持っていると、少しずつこういうことは解消していけるのだが、それでも、出てくるときには出てきてしまう。

付き合いが短ければ、なおさらだ。

そういうとき、私もそれについて考えるし、奴隷もやっぱり考える。

そして不安を消せる時もある。

でも、考えすぎて逆に不安になる奴隷もいたりする。

だから、本当に難しい。

普通の恋愛関係、さらに、普段の人間関係でもあると思うが、ちょっとしたことからでも出てくる不安というのは、なかなかに厄介なものだと思う。


テーマ:支配と服従 - ジャンル:アダルト


2次元と3次元では比べる対象が異なりますしね….
それにしても,すぐに言葉が出てきたのは,さすがですね.
頭の回転が早い!
[2011/09/10 17:00] URL | Blueberry99 [ 編集 ]

こういうこともあるんだなぁって、読みました^^
いつものvetさんの感じと違うなって。
Mでない私にすると、彼に”穴”だって言われたら、物凄くショックかも。
でも、落ち込んでいるときに、それをあえて言うって、考え方が全く違うぅ…。
奴隷さんはそれでもいいというのも、不思議で。ウーン(((‥ )( ‥)))ウーン
でも、ちょっとvetさんっぽくないって思ったり。
これが御主人様というもなのかぁ、なんて思ったり。
フクザツデス。
前の記事を読んでる途中でも、たまに、あレ?って思ったんですけど、vetさんって、色々な側面があって掴みどころがないのが魅力かも。
[2011/09/11 11:41] URL | mimi [ 編集 ]

言いきってねじふせたり、
認めさせるよう事実をつきつけたり、
考えるよう時間を与えたり、
“ご主人様”として、
奴隷がひとつの答えに自分の力でたどりつけるよう、
いろんな方策を講じるところにVet様の愛を感じます。

こうした不安を、二人の間でどういうふうに
受け入れ向かい合うか、その積み重ねが
主従としての歴史というか、
大切なことなんだなぁと思います。
考え方や素が出ますよね。

受け止められたと感じられることで、
いっそうつながりは深まるのだと思います。

[2011/09/11 13:33] URL | 智薫 [ 編集 ]

>Blueberry99さん
そうなんですよね。本来比べられるものではないのですけれども、やっぱり、気にしてしまうと、こういう風に思うようになることもあるのですよね。奴隷の心理というのも、難しいものがあります。
頭の回転が速いなんて、お褒めの言葉ありがとうございます。でも、書いてみて思いましたが、かなり乱暴な論理ですよね。こんな事で、よく、奴隷が納得してくれたなと思います。もう少し、穏やかに、言ってあげられたらと今は思います。


>mimiさん
そうですね。こういうことも、それなりにあります。
奴隷に対して、かなり貶めるような言葉を浴びせることというのは、あるんですね。
ブログには、今まで、それほど書いてこなかった感じですから、私のイメージではないかも知れませんが、私はこういう側面もありました。
奴隷ではない女性に対して、”穴”だなんて言ったら、それは、かなり失礼ですよね。私もそれは言わないです。あくまでも、奴隷だから、こういう事を受け入れ、そしてこんな扱いをされることに、M性を刺激されるというのが、わかっているから言えることでもあります。
色々な側面があるというよりも、ブログには、私の全てを書くことはできないですから、そういう風に思われるのかも知れませんね。たくさんの出来事を、つまみ食いみたいにランダムに拾い上げて書いているわけですから、普段の私と違うなと思われることもあるのかも知れません。でも、紛れもなく、これも私です。もっとブログにいろいろなことを書いていけば、私というものも、もう少しちゃんとした像として、皆さんにわかって頂けるのかも知れませんね。


>智薫さん
奴隷のその時の状況に合わせて、色々なことを考えるというのは、やっぱり必要なことだと思いますので、私の側も必死でしたね。
なので、こういうこともありましたし、もう少し、優しい感じで接したこともありますし、もっとひどい事を言ったこともありました。
愛なのかどうかは、ちょっと自信がないですが、奴隷が、私の元にいることで、安心できればと思っていました。

不安の払拭というのは、必要なことだと思います。主従関係とはいえ、人間関係ですから、それがスムーズに行くには、やっぱりこういう不安というのは、できるだけ、減らしておきたいとことですよね。本当におっしゃる通り、こういうことの積み重ねが、大切だと私も思います。

奴隷が、私がこうしたことで、受け止めてもらえたのだと思ってくれていたのであれば、嬉しいですね。

そうそう、智薫さんのブログ、私の方からリンクさせていただいてもよろしいでしょうか?せっかくのご縁なので、リンクしたいと思いました。ご迷惑でなければ、でいいのですが。

[2011/09/14 00:15] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。