理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン


ちょっと間に別エントリーが入ってしまったが、湯船で性処理(その2)の続き。


私を満足させることができていないと思っている美佳を残して、帰ってきてしまった私。

美佳が納得していないことはわかりつつも、万が一、湯船で性処理をして、美佳の体に問題が出てくるほうが圧倒的にまずいので、ああするしか無かったと、自分に言い聞かせていた。

本当は、そういう危惧を抱いているということ、美佳の体を考えているということを、伝えればそれで良かったのだが…。

しかも今なら、私の妙な御主人様プライドを保ったままで言う方法も思いつく。

「お前は俺から最後の一滴まで精力を絞りとるつもりか? 貪欲な奴隷だな。いつからそんなに淫乱になった?」

とでも、言ってやれば、美佳が、恥ずかしがって、少し退くであろうことはわかっていた。その上で、

「性処理は終わってる。今日のお前の役目はもう無い」

と言って、私が満足していることを、暗に示してやれば、納得はしないかも知れないが、少しは気持ちを楽にしてやれたように思う。

実際、その時は性処理が終わった時点で満足していたから、嘘を付くわけでもない。

でも、そんなことも出来なかった。

思いつかなかった。

ただ、自分の中に湧いた疑問と、美佳の体への心配で頭がいっぱいになって、逃げてきただけだった。

本当に、そういう意味では、御主人様初期の私は、余裕もなかったし、色々な部分が足りていなかったと思う。

体と同時に、心も奴隷は預けているということ。

ちゃんとわかっていなかった。

でも、あの頃の私の限界というのは、この程度のものだった。

今思うと、本当に、幼稚な対応しかしていなかったので、情けなくなる。


そして、部屋に帰ってきた私。

やっぱり、水中で挿入した場合、膣の中に水が入るのかどうか? そして、入ったらどうなるのか? ということを考えていた。

これからも、美佳と一緒に風呂に入ることはあると思われるから、それに関してはきちんとした知識を得ておかなければと思った。

思ったのだが…。

どうしていいのか、わからない。

そんな性のことに関して相談できるほど親しい女友達なんて居なかったから。

誰にも聞けない。

AVなどで水中でセックスするシーンがあるのは知っていたから、それを考えると問題ないようにも思ったのだが、

AVというのは演出のために色々な嘘があったりするのも事実だから、AVでやっているから、そのまま信じて大丈夫だと思うつもりには、全くなれなかった。

大切な奴隷のこと。

そんな不確かなものでは、私は納得できなかった。

だから、頼るものがないのだった。

しばらく考えた。

そして、私はここで、妙なことを思いつく。

ある意味、私らしいことを。

わからないなら、実験してみればいい。

なんてことを。

理系人間のサガだと思うが、”わからなければ試してみる”というのは、私の中にある基本的な考え方だ。

だから、それをやってみることにしたのだった。

そして、私は、思いついたことを実行するために、早速、次の休みの日に、あるものを買いに出かけたのだった。

行った先は、アダルトグッズショップ。

そして、買ったものは、オナホール。

男性用の自慰のための道具だ。

わからない人は、検索して写真なんかを見てもらったほうがいいとは思うが、一応説明すると、

シリコンとかゴム?とかでできている女性器の形を模したもので、普通に使うときには、そこに勃起したペニスを入れて、前後に振って刺激し、射精するというもの。

オナホなんて略されることもあるアダルトグッズ。

これなら、女性の性器と同じように作ってあるはずだから、それで試してみればいいということを私は思い立ったのだった。

かなりの名案だと思った。

結構、有頂天になっていた。

そして、アダルトグッズショップに出向き、幾つか売っていた中で、一番リアルに作ってあるように思えた、結構高価なものを買って来た。

この時点では、これでなんとか確かめることが出来ると、期待している私だった。

だが…。

家に持ち帰って、パッケージから出してみたら…。

ガッカリした。

失敗に気がついた。

オナホールには、その名の通り、穴が開いているのだ。

すでにきっちりと穴が開いていて、中が見えるのだ。

私はオナホールを買ったのが、この時が初めて(で最後)だったのだが、女性器のように、挿入しようとすると穴が広がるようにできているものなのだと勝手に思っていたのだった。

でも、私の買ったものは違った。

最初から結構大きな穴が開いている。

「もっとリアルに作ってくれ…」

これでは、意味が無い。

「はぁ…」

ため息が止まらない。

でも、せっかく買ってきたので、試すだけは試そうと思った。

この時点で、実験が失敗しているのは明らかなので、半分やけくそなのだが…。

そのオナホールと、元から持っていたバイブを手に、風呂場に行く。

まず、オナホールの中に水が入っていないことを確認。

本当はローションなどを入れて使うものなのだが、水分が最初からあっては意味が無いので、そんなことは無視している。

大きめの洗面器に水をはって、その中にオナホールを沈める。

この時点で、オナホールに水が侵入しているのは、明らかにわかったのだが、気にしないことにした。

そして、さらに、バイブも沈めて、オナホールにバイブを突っ込んで前後させてみた。

休日に一人、風呂場でこんなことをやっている御主人様。

かなり間抜けな絵面だ。

絶対に奴隷には見せられないし、言えない。

でも、その時の私はかなり真剣なのだった。

馬鹿な事とはわかっていても、美佳のことを考えると、やらずには居られなかった。

そして、その結果。

オナホールを洗面器から持ち上げてみたら…。

水がジャボジャボと穴から出てきた。

まあ、当然の結果。

確実に、穴に水が入る。

というか、最初から閉じてないので、入らないほうがおかしい。

これで判断することには多少の無理を感じたのだが、ペニスを挿入するなら女性器も開くわけだから、湯船の中で奴隷に挿入した場合も、水も一緒に入る可能性が高いということは予想できた。

すると、今度は、風呂の水が膣の中に入ったら問題あるのか?ということに考えが移ったのだった。

ちなみに、そのオナホールは実験には使ったのだが、自分の自慰には一度も使ったことがない。そのままお蔵入りして、何処に行ったのかすらわからない。

私の頭の中では、完全に実験器具として認識されており、それを自慰の道具としては、もはや考えられなくなっていた。だから実験が終わったら興味がなかった。

これだから理系頭というのは厄介だと思う。

なんて、オナホールのその後など、どうでもいい。

話をもとに戻す。

膣に水が入ったらどうなるのか?

ということに考えが及んだのだが、それを確かめる方法というのが、私にはすぐには思いつかなかった。

こればかりは、実験するなら本物の女性でやるしか無いし、それに問題があるのかどうかを確かめたいから考えているわけで、実際、そんなことはできない。

とすれば、どうすればわかるのか?

私は、オナホールとバイブを持ったまま、風呂場で、頭を抱えたのだった。


次回に続く。

テーマ:SM - ジャンル:アダルト


Vet様

当時はすごく真剣だったのでしょうが、
なんだかユーモラスな、
Vet様のひとがらが現れているエントリで
楽しくよませていただきました。

“実験器具”になったオナホールも
ある意味不本意な使われ方ですね(笑)
「もっとリアルに作ってくれ」というつぶやきが、
性欲のためではなく、
あくまで実験器具の性能、
実験の信頼性のためというところが
なんだか面白かったです。

智薫


[2011/10/09 18:59] URL | 智薫 [ 編集 ]

>智薫さん
当時は御主人様初心者でもありましたし、女性との付き合いというのも、美佳一人だったので、性知識にも乏しくて、こんなことになっておりました。
今思うと本当に、笑ってしまいますよね。私自身、こんなに馬鹿だったのかと、呆れますが、あの時は、本気でした。

オナホールはあの時初めて買いましたが、あんなに作りが女性器と違っているとは思いませんでしたね。
ただ、その後、聞いた話ですが、本来の使い方(男性が自慰をする)には、女性器と同じ形にするよりも、もっと快感が得られるように、使いやすいように、考えられたものだということらしく、それはそれで理由があるようですね。

そんなことも知らずに、リアルじゃないと文句を言った私も、やっぱりものがわかってなかったんでしょうね(笑)
本当にお恥ずかしい限りです。でも、そうやって笑っていただけると、救われた気分です。
[2011/10/11 00:56] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報