理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン

あるとき、理沙が、私に言った。

「幸一さんと会ってこようと思います」

と。

理沙は、私と幸一とを選べと言われてから、ずっと悩んでいた。それを解決するために理沙は自分から動くことにしたようだった。

その決心をつけたのだった。

私は、そのために、理沙に幸一の連絡先を教えたのだから、それはそれで、良かったと思うべきことだったのだろうが、実際、理沙に、”幸一に会う”と言われてみると、やはり、心がざわついた。

でも、それを理沙に悟られては、理沙の判断に影響を及ぼすから、努めて平静を装って、言った。

「そうか。会って、ちゃんと幸一を見てこい。それに、前に言っただろ、俺にいちいち言わなくていい」

「それだけはダメです。私は御主人様の奴隷ですから。幸一さんと会うときは、必ず言いますし、どんな話をしたのか報告もします」

「だから、それは必要ないと…」

「いいえ。それは、させて下さい。そうじゃないと、私は会えません」

理沙は強い口調で言った。

私と幸一を天秤にかけているようだと、申し訳ないと思う気持ちを強く持っていた理沙だ。

だから、御主人様である私に対して、最低限の礼儀だと思っていたのだと思う。

「頑固な奴だな」

「はい。これだけは譲れませんから」

強い目つきでそう言ってくる理沙に、私が折れた。

「お前がそうしたいなら、好きにすればいい」

「私の話、聞いて下さいますか?」

「ああ。聞いてやる」

「ありがとうございます。それから、幸一さんとは、絶対に、キスも、セックスも、SMもしませんし、一緒に泊まったりすることもないです。お話をするだけです」

理沙が、またきっぱりと言った。

「でも、そういう部分のことも、気になるんじゃないのか?判断材料の一つだろう?」

私は、幸一と理沙が会う以上、SMをすることもあるかもしれないという事は、考えていた。

そういう部分の相性も確かめたいのではないか?と、思っていたから。

ただ、もちろん、私は、理沙が幸一に抱かれることになれば、心が穏やかではいられないのだが、それを押し込めた。

「でも、御主人様の奴隷である以上は、それはできません」

「お前が、そうしたいなら、それでもいい。でも、俺に遠慮して、幸一のことをしっかりと見極められないような、中途半端なことにはするなよ」

「はい。それは大丈夫です。私は、幸一さんの気持ちを知りたいというだけですから。体のことを、確かめる必要はないと思います」

理沙は、そう言って、やっぱり私に強い視線を向けた。

「お前の良いようにすればいい」

これに関して言えば、私は、理沙の言いなりだったかもしれない。

理沙にかなりの精神的な負担を強いているという認識があったから、それ以上、理沙の気持ちを落すようなことはさせてはならないと思っていた。

だから、この件に関しては、理沙の好きなようにさせることにした。


そして、理沙が幸一と会う日。

私の携帯に理沙からメールが届いていた。

「これから、幸一さんに会いに行ってきます」

と。

律儀に、私の奴隷であることを理沙は守りたかったのだろう。

何時に何処で会うのか?まで書いてきていた。

そんな理沙の健気さがとても愛おしかった。

メールに、

「幸一と会うのはやめろ」

と返事をすれば、それで、理沙をつなぎとめられる気はした。

でも、私はそんなメールを送ることもなく…。

携帯を閉じた。

その日、私は落ち着かなかった。

やはり、幸一と理沙が私の居ない所で会っているということは、予想以上に大きなダメージとして私に降り掛かってきた。

理沙には、報告の必要はないと言ったにもかかわらず、幸一との話が終わったという連絡を待ちわびていた。

そして、数時間後。

理沙からやはりメールが来た。

「幸一さんとのお話が終わりました。今、別れたところです。今度お会いしたときに、話の内容を聞いていただけますか?」

というメールだった。

正直、ホッとした。

理沙は、幸一と二人だけで会ったとしても、私をまだ御主人様だと思ってくれている。

それが、ただひたすらに嬉しかった。

幸一に理沙を返すことを考えているはずなのに、私の想いはそういうところに行っている。

そんな自分がどうにも情けなかったが、それでも理沙に対する気持ちは隠しきれなかった。

そして返信をする。

「ああ」

と。

普段と変わらない返信だが、それでも、これに込められていた私の気持ちというのは、普段のそれとは違っていた。

携帯を打つのが苦手だからではなく、これしか返事が出来なかった。

何も言えない気がしたから。

そして、理沙は幸一と何を話したのか?

それが、気になり始めていた。

テーマ:主従関係 - ジャンル:アダルト


Vet様へ

今日は遅くまで起きていらしたんですね。
Vet様の絞り出すようなひとことひとことから、
心の揺れ、ざわめき、
聴こえてくるようでした。

理沙さんはVet様をしっかりと見ていて、
Vet様は、理沙さんを見つめつつも、
幸一さんにも目をやり、
幸一さんと理沙さんのあいだにあるかもしれない何かを
見つめて、
誰もの幸せを望みながら、
自分本位にならずに
冷静になることを心がけて、
信頼する理沙さんに任せている。
そんな関係のありかたのように見えました。

「理沙は、幸一と二人だけで会ったとしても、
私をまだ御主人様だと思ってくれている。」
そのときの安心感が、
とても、伝わってきました。

きっと、理沙さんが、幸一さんを選ばれても、
それでいい、とおっしゃると思います。
それも理沙さんへの愛情だと思います。

自分のところへ奴隷のままで戻ってきてくれてうれしい、
そう素直に喜ぶ気持ちを持たれるのも、
それをそのまま言葉にはしなくても、
語気や表情で伝えられることもまた
愛情だと思います。
いつわりのない、かざりのない言葉
いつも、私の奥深くまで届きます。
Vet様の書くものを読ませていただいて、
「影絵」だと感じることは無いから、
Vet様の「実像」は、
もっと入り組んでいて、
繊細で、
綺麗なかたちをしているのでしょうね

たくさんの愛を感じました。
長文失礼いたしました。
[2011/10/30 12:29] URL | 智薫 [ 編集 ]

>智薫さん
twitter、見てくださったのですね。数日前はちょっと気持ちが揺れていました。お見苦しいところをお見せしました。たまにそういうことあるんですよ。この時は理沙のことではないのですが、なかなか心の中で整理できていないことを思い出したりしていたもので。未練がましいというか、あとを引きすぎるところかも知れませんが、本当に想いを込めた大切な人に対する気持ちというのは、コントロールするのが難しいですね。
なかなか心の実像はそのまま書くことができなくて、影絵ということになってしまっているのですが、それでも、私には本当に大切なことを書いていますし、偽りのないことですし、自分で感じていた気持ちや心の動きも、その時にできる精一杯を書いているので、これでいいのかも知れませんが、いつか、私の心の実像をいつでもストレートに書けるようになれたらいいなと思います。精進します。

この記事の時の理沙とのことは、私自身も矛盾した気持ちを持っていました。一つは幸一の元で幸せになってくれればいいということ。もう一つは私の奴隷として居て欲しいということ。
もしも、私の奴隷が理沙一人なら、多分、後者しか考えなかったと思いますが、私にはこの時、美佳もいましたから、理沙一人を大切にしてくれる幸一のところに理沙をいかせる方が幸せかもしれないという気持ちが、出てきたのだと思います。
結局、全ての人が完全に満足する状況というのは、無いのですよね。そのことはわかっていたので、それを理沙には言っていたつもりです。
でも、冷静に、というのは、なかなか出来なくて、こういう理屈が頭の中にあるから言えたこと、やれたことはありますが、その時の心の中というのは、かなりグチャグチャでしたね。
理沙への愛情はもちろん感じていましたが、だからといって、他人の所で幸せになってほしいということに心から納得していたわけでもなく…。
簡単には割り切れないですよね。大切な人であるがゆえに自分のところに居て欲しいということは、やっぱり思いますから。
本当に、奴隷のままで戻ってきてくれたことは嬉しかったです。
でも、喜んではいけないとも思ったりもしました。この時のことというのは、難しいです。
[2011/11/01 09:03] URL | vet [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2011/11/01 21:15] | [ 編集 ]

>2011/11/01 21:15にコメントくださった方へ
はじめまして。ブログ読んでくださってありがとうございます。
それから、書いていただいた話題に関してここでお返事してしまうと、管理人のみ閲覧にされた意味がなくなってしまうので、ここでは書きませんが、今後とも、よろしくお願いしますね。
[2011/11/01 22:04] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報