理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン


私が美佳を奴隷にしたときのこと。

はじめて奴隷を飼い始めたとき。

美佳の方が(私が見る限り)すぐに奴隷化し、私がなかなか御主人様になりきれなかった(ように感じていた)という経験がある。

そのとき、奴隷になるのは、実は簡単なのではないのか?と思ったことがあった。

つまり、M女が奴隷になるには、御主人様に任せて頼ってしまえばそれで良い。

そういうことではないか?と。

それに対して、御主人様というのは、奴隷に対する責任を全て持つ必要がある上に、その後の調教などにおいても主導的立場を要求される。

つまり、誰にも任せることが出来ず、頼ることも出来ず、自ら考えることが必要なのが、御主人様なのではないか?などと考えていた。

もちろん、奴隷も御主人様が好むようなプレイのスキルを身につける必要はあると思うし、陰毛を剃ったり、アナルを拡張されるなどして、初めて奴隷になったと言われることもある。

だが、それも奴隷になってしまってから、御主人様の調教のもとでやっていけば事足りるのではないか。

それに対して、御主人様というのは最初から、奴隷に対して何をするのか?どういう方針で、奴隷を調教していくのか?どんな態度で接するのか?というのを考えておかなければならず、

さらには、その具体的な調教のためのスキル(主従の雰囲気をつくることから、緊縛なら、縛る方法など、様々)をある程度持っていなければならない。

こう考えると、御主人様も初めて、奴隷も初めてで、一緒に主従関係を始める場合、奴隷の奴隷化速度のほうが、御主人様の御主人様化速度よりも圧倒的に早くなるような気がしていた。

私も、美佳との主従関係の最初の頃は、自分の御主人様としての能力や覚悟の足りなさにかなり焦ったものだった。

しかも、美佳を見ていると、本当に奴隷になったということがしっかりと分かるほどに、奴隷としての態度を早いうちから取れるようになっていったように見えた。

そして、それを見てさらに私は焦ったのだった。

そんな自分への苛立ち中で、私は、奴隷になるというのは、御主人様になることに比べて、ものすごく簡単なのではないか?という気持ちを強く持つようになった。

そして、奴隷は楽でいい、などとそんなことまで思ったりもした。


だが、あの時のことを、今思い出してじっくりと考えてみると、私が御主人様初期の頃に思っていたことは間違っていたと思える。

初期の御主人様は、確かにやることは多い。

覚えなければならないSMのテクニックもあるし、調教について考えなければならないこともたくさんあり、そして、奴隷に対する全ての責任をもつということで、その覚悟を決めなければならないという、精神的な負担もある。

それらを考えると、簡単に「御主人様になりました」なんて言えないような気がする。

少なくとも私は言えなかった。

ましてや私は、性格的に、常にすべてを完璧にしておきたいという欲求がある。

御主人様としても完璧でなければならないと思っていた。

そうなると、余計に考えることは増え、習得するべきだと思う技術も増え、そして奴隷への責任についても真面目に考え込んでしまうようになる。

とてもではないが、主従関係を結んだその日から、「俺は御主人様だ!」と胸を張れるなんてことはなかった。

もちろん、御主人様としての態度は示していたし、持っていた御主人様イメージを何とか実現するようにしていた。私のやりたいこと、性欲や、S性が満たされるようなこともした。

それでも、私の気持ちの中には、「これでは、足りていないのではないか?」という思いがあった。

でも、美佳は主従関係を結んだ日から、自らを奴隷だと言って全く譲らなかった。奴隷になりきっていた。

そんな状況になったとき、奴隷になる方が簡単なように思えた。

それが、あの頃の私だった。


でも、それよりもあと、奴隷との付き合いを続けるうちに、”奴隷の覚悟”という事に思いを馳せるようになる。

奴隷になる方が簡単だと思うのは、奴隷になるM女に対して失礼なのだろうな、と私は思うようになっていった。

”御主人様”という、一人の人間に自分をすべてさらけ出し、身も心も委ねてしまう覚悟というのを固めるのは、ものすごく勇気のいることだ。

私が、もしも自分の全てを誰かに委ねろと言われたら、確実に躊躇し、そしてそのことについて本当に悩むだろう。

その相手のことも自分のことも本当にたくさん考えて、それでも結論が出せずに頭をかかえるような気がする。

何日考えても、決心がつかず、結局、自分を委ねるということを拒否してしまうように思う。

私には自分のことを誰かに委ねるということは、多分できない。

自分のことは、自分で決める。

誰かに決められたり、命令されるのは、好きではない。

仕事などでは、そういう場面ももちろんあったし、それはそれとして、乗り越えてきたが、少なくとも自分のプライベートな面に関して、誰かに判断を委ねるつもりは無い。

アドバイスや経験談は聞くが、それはあくまでも参考にするだけであって、それをそのまま実行することはまずない。

それについて、自分で考え、消化し、納得してから、実行する。

自分がやることは、自分で決めて、自分の責任でやる。

それが私の考え方だ。

自分で判断しないと、多分、怖いのだ。

誰かに判断を任せるのは、恐ろしいことだと思っているのだと思う。

なのに、奴隷はそれを平気でやる。

もちろん、御主人様を選ぶという段階では、しっかりと考えて、この人ならと、自分で判断しているのだが、その後、一度その人に心と体をまかせると決めたら、その命令を受け入れる。

たとえそれが、どんなに理不尽であろうとも。

私にはとても真似できない。

奴隷の気持ちになって(実際、私には、そうなるのは無理なのだが、できるだけそのようにして)、自分の身を誰かに委ねるということを想像してみたとき、ゾッとした。

奴隷になる方が楽だと思っていた、あの頃の自分を、今の私は、殴ってやりたい衝動に駆られる。

奴隷が奴隷になる覚悟というのは、そんなに簡単なものではないのだろうと推察する。

もちろん、その時のノリや、ちょっとした好奇心だけで奴隷になるというM女はいるかもしれない。

覚悟など特に無く、セックスの延長として、快楽が得られ、楽しくやれればそれでいいという程度に考えている人も居るだろう。

嫌な命令があれば、拒否してしまえば良いし、本当に嫌なら、主従を解消すればいいと思っている奴隷も居る。

それはそれでいいと思うし、そういう考え方や、主従関係を否定する気は無い。

だが、一途に主従関係になることを考え、すべてを捧げて奴隷になりたいと願うM女の場合には、やはり、相当な覚悟を持って、奴隷になっているのだと思う。

そして、その覚悟、というのも多岐に渡る。

体を自由に使われることへの覚悟、痛みや苦しみに耐えることへの覚悟、恥ずかしさや屈辱感、被虐感など、精神的に貶められることへの覚悟、御主人様の嗜好に合わせる覚悟、全てを支配されるという覚悟…。

それをどのくらい持つのか?深く考えるのか?というのは、奴隷によって違うとは思うが、それでも、それは御主人様になることと同等か、それ以上の勇気や決断が必要なことなのだろうと、私は思う。

上で、美佳のことを書いたが、それ以外の奴隷でも、それぞれに覚悟があったと思うし、それぞれに気持ちの区切りをつけて、私の奴隷になったのだと、今にしては、思う。

何匹かの奴隷を飼ったが、奴隷にした経緯は、様々で、覚悟の形や意味も色々だったと思うが、どれ一つとして、軽く見ていいものはなかった。


だから、御主人様になりたての頃の私というのは、本当に考えが足りていなかったのだなと自嘲するところだ。

自分のことだけで精一杯で、奴隷のことが見えていなかった。

奴隷の覚悟を考えることができていなかった。

そんな自分を振り返ると、申し訳なさが湧いてくる。

もっと、ちゃんとした御主人様で居てやりたかった。

表面だけじゃなくて、ちゃんと中身まで。

後になれば、まだマシだったのだろうとは思うのだが、初期には、本当に私は足りないものが多すぎたと思う。

それが悔やまれる。


御主人様だけが大変なわけではないということ。

奴隷も相当な覚悟を持って、御主人様に身を委ねているということに、ちゃんと気づいてやらなければならないということ。

奴隷になるということが、決して簡単なものではないということ。

もちろん、それを普段から気にしていると奴隷に言う必要はないし、私は言わないが、御主人様で居るのなら、それは忘れてはいけないことだ。

そして、もしも、もう一度、私が奴隷を持つことが叶うのであれば、その時には、奴隷になると決断したM女の必死の覚悟に値するものを与えられる存在になることを誓いたいと思うし、それができないなら、御主人様になど、なってはいけないのだと思う。


テーマ:主従関係 - ジャンル:アダルト

そうですね
リンクありがとうございます。私もリンクさせてもらいました。これからも末永くよろしくお願いします。


本当そうだと思います。
初期の頃って、どうすれば良いのか、自分の中でSってのだけが、独り歩きして、御主人様ってこうじゃなきゃならないとか、こうあるべきだみたいなので、てんてこ舞いで、でも、奴隷には、それそうの、調教もして行かなきゃならなくって、未熟すぎて、やること多すぎて、分からなくなったりしますよね。



ましてや、奴隷の方が、先を行くと、それに追い越さなきゃって、変に焦りながら、空回りするんですよね。




私は、本当、ど素人で、女王様なんてどうしたらいいかわからないし、ただ、ネットの女王様とか、御主人様とかの、サイトを真似るような感じで、自分の女王様像を模索しながら、試してました。今思えば、焦らなくてよかったんですが、ゆっくり自分の女王様を築き上げれば良かったんだって気持ちになります。




今は、それぞれの奴隷と一緒にその時のパートナーと、SMを作り上げて行けたらって感じてます。




完璧なんて、その時の状況に合わせられる事なのかなって。




まだまだ、未熟な御主人様ですが、色んなサイトのblogなど見ながら、自分に必要な情報と、様々な気持ちを確かめる程度に、活用出来たらって思います。





ただ、自分の芯だけはしっかり考え続けなければと思います。芯が、しっかりしていれば、自分が、進むべき御主人様像が、見えて来るような気がするからです。




vetさんのblogでも、自分にとってのヒントを勉強させてもらってたりします。





これからも、参考にさせてもらいますね。





これからも仲良くさせてくださると嬉しいです。
[2011/12/12 05:48] URL | 綺果 [ 編集 ]
覚悟の価値
今回のエントリ、深く読ませていただきました。
また、自分のこととも重ねて、
いろいろ考えました。

ご主人様であること、その覚悟。
奴隷になること、その覚悟。

vetさまと、その奴隷さんたちのあいだには、
たくさんの言葉や、行動があったと思いますが、
その思いや覚悟が伝わるのは、
ほんの一瞬の出来事のような気がしています。

ほんの一瞬、
・・・例えば、
あった視線だったり、
言葉のほんの隅に隠れた気持ちを感じた時だったり、
ほんとうに何気ない瞬間、
そういうものを、奴隷がご主人様に、
ご主人様が奴隷に感じた時、
主従と云うものがその瞬間そこに在る気がしています。

その一瞬生じたものの余韻で、
次にまたそれを感じることが出来る時まで
続けていけるような気がしています。

覚悟を持つことは、ときに多くを縛り、
自分自身の成長を急かさなければならないほど、
困難で窮屈に感じることもありますが、
じゅうぶんそれだけの価値があることのように思います。

また、成長の深度や進度は必ずしも相応でなければいけないとも
思いません。
ご主人様に育てられる奴隷や、
奴隷に育てられるご主人様、
そのどちらもが意味のある、価値のある関係だと思います。
(カッコよさを追及するにあたり、ご主人様は倍頑張ることになりそうですが・笑)
どちらかが停滞しているときも、
それを指摘し、認められたら、その関係の可能性はすごく広がっていくものと思います。



私の場合・・・
委ねる、という思いの中にも、
自分を手放すだけではなく、
自分の底の部分をご主人様の意思・行動の介入によって、
ご主人様の好むように変えたい、変えるという思いが強いです。
なので、vetさまがおっしゃるような、
「自分で決めるのを放棄するのは怖い」、「自分で決めたい」
または逆の「決めるのを放棄したい」
というような気持ちよりも、
「ご主人様の決定を、自分のなかで消化して、
それが正しいと感じたとき、ご主人様の意思決定に従う」
という気持ちが強いです。
理解・消化できないときにはそれをそう伝える自由を認められています。
「委ねる」「支配される」その言葉のなかにも、
関係はそれぞれあって、どれも興味深いものですね。

今回のエントリの考えを根底に持つvetさまの、
奴隷になるまだ見ぬ方は、
とても幸せな方だと思います。

先日は、当ブログへのコメントありがとうございました。
これからもよろしくお願いいたします。


[2011/12/12 13:20] URL | 智薫 [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2011/12/13 16:50] | [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2011/12/14 15:00] | [ 編集 ]
拝啓。
今の私に、ズシッと心に響くお言葉ばかりでした。

うまく言葉を表せることができませんが、とても生意気な言い方ですが、vet様のお考えに同感致しました。

ただ、私は何を言っても未経験者、まだまだ甘い考えなのでしょうね。

時々、奴隷さんが綴られておられるブログを拝見しますが
ご主人様に殺されたいや命をかけると綴られているのを見かけます。
でも、私は命をかける覚悟は出来ません。
命はかけるものでは無いと学んできました。
ただ、自分の命を預ける覚悟はあります。

いつか、ご主人様に出逢えた時
ぶれることなく、真っ直ぐ信じる気持ちを今のうち養いたいと思います。

早く、vet様に可愛い愛奴様が現れますように
と願いつつ…
憧れてるvet様を取られるのは、ちょっと妬いちゃいますけど!

でも、ご主人様に復帰されることを、心から願っております。
[2011/12/15 20:08] URL | 優 [ 編集 ]
委ねる
他人に左右されず、自分の判断で自由に生きるということは、
男女や主従を超えて人間の根源的な欲求のように思います。

この欲求とご主人様としての欲求は合致するのですが、
奴隷としての欲求とは相反してしまうところに、
奴隷という立場を選択した人の一番の苦しみがあるような気がします。

性的嗜好を満たすためや一時的な安心感を得るためであれば、
こういう苦悩もあまりないのかもしれませんが、
幸福を追及する場合は、ここが大きな壁になるように思います。

相性があっていたとしても、性別、嗜好、育った環境などが異なれば、
当然、性格や価値観の違いが多々あるわけで、
相手に全て委ねるとなれば、それは自分の価値観を放棄する、
つまりは自分を放棄することのように感じるのではないかと思います。

そういう意味で言うと
「奴隷の全てを引き受ける」と「ご主人様に全て委ねる」は、
どちらも大変そうですね。
[2011/12/15 23:14] URL | トキ [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2011/12/17 00:40] | [ 編集 ]

>綺果さん
リンク、こちらこそ、ありがとうございます。
今後とも宜しくお願いします。

綺果さんの初期の頃も同じようなことがあったのですね。私だけ、ダメな御主人様だったのかなぁなんて、ちょっと思っていたのですが、ホッとしました(笑)

正直、最初ってなんで御主人様をやっているのか?なんてことも考えたくらい、色々なことがあって、それをこなすだけで手一杯になって、一番重要な、相手をしっかりと見るということが、手薄になっていたように思います。
初期の奴隷に対しては、本当に、申し訳ないなと思います。ただ、それでもついてきてくれたこと、ありがたいです。

今思うと、本当に、焦る必要は無いんですよね。おっしゃる通り、相手を見ながら、ゆっくりと自分のスタイルを築いていけばいいんですよね。
何よりも、御主人様なんですから、自分のできることを、やればよかったんです。最も御主人様らしくしていればいい時に、御主人様のイメージらしくしようとするあまり、そうなれないという、ジレンマのようなものがありますね。

私も御主人様だった頃には、色々な人のアドバイスも聞きましたし、あの頃は今ほどブログも無かったですので、掲示板での話などでしたが、そういうものも参考にしていました。
でも、自分の芯だけはしっかりしていなければというのは、同感です。そこがブレているなら、それは、私ではなくても良いということですから。
私の拙いブログが綺果さんのどれほどのお役に立てるのかはわかりませんが、同じS側の立場として、仲良くしていただけたら、私も嬉しく思います。


>智薫さん
そうですね。私は、覚悟に関しては、奴隷には言わなかったことのほうが多かったですから、智薫さんがおっしゃるように、行動や、視線の端々のちょっとした事から、奴隷が感じ取ってくれていたのかもしれませんね。
私には奴隷がどう感じていたのか?ということに確信をもって、何か言えることはないのですが、そうであってくれれば良いと思います。
でも、長く続けるということを考えたときには、やはりこういうものもお互いに通じる瞬間がなければ、きっと上手くいかないのでしょうね。
そういう意味では、私も長い付き合いのあった奴隷が居ますから、良かったのかなとも思えます。

御主人様に育てられる奴隷というのは、ある意味、奴隷の躾とか、そういうものもありますから、わかりやすい部分もあるのかもしれませんが、逆に奴隷に育てられる御主人様という部分もあるのですよね。
それは、私も同感です。
もちろん、私の場合には、奴隷に育てられたなんてことは、口が裂けてもいいませんし、隠し通しますが(笑)、
そして、奴隷は奴隷でしっかりと考えていて、私が初心者御主人様だったときもきっと、私のことはわかっていたのだろうと、後になると思えるのですが、やっぱりあの頃には、そこには気がつくことはできなくて、なかなか、歯がゆいものがあります。

委ねるということも、奴隷によって考え方が違いますね。
智薫さんのように、ご自身の中で消化してから、判断するという奴隷も居ましたし、無条件に御主人様の言うことを受け入れているように見えた奴隷も居ます。ただ、その奴隷の許容範囲内のことしか、私が命じなかっただけなのかもしれませんが。
御主人様も意識するべきなのは、やっぱり、奴隷もしっかりと考えているということなのですよね。それに気がつけるかどうか?という所が、多分重要で、それを完全に無視してしまうと、やっぱり、関係が難しくなるのかもしれません。

私のこれからの奴隷が、もしも居るならば、智薫さんが思ってくださるようにできたらいいなと私も思いますし、私自身も、もちろん、満たされるものにしたいと思っています。このように言っていただけて光栄です。

先日の私のコメントは、なんだか取り越し苦労みたいな感じでしたが、智薫さんの御主人様もしっかりと考えてくださっていて、良かったなと思います。これからも幸せな主従関係を築いていってくださいね。
こちらこそ、今後とも、よろしくお願いします。


>2011/12/13 16:50にコメント下さった、匿名希望さんへ

やっぱり覚悟がないとと、私は思いますので、それはそれで、私の思いなので、書いてみました。
でも、もちろん、そうじゃないお話でも、偏ったお話でも、書いてくださって良かったですよ。普通にレスすると思いますので、非公開ではなくても、問題なかったです。

それはそれで、私は興味深く読ませていただくと思いますので。もしも、またの機会に、気が向かれたら、ご自由に書いていただければとも思います。

そして、もちろん、匿名希望さんのブログで書かれることは、私がどうこう言うことではないので、逆説的なお話でも、遠慮とかしないで、しっかりと書いてください。
私も楽しみに読ませていただくと思います。
そういう色々な方向のご意見は、自分を考える上でもかなり参考になると思いますので。
匿名希望さんのブログも、私にはかなり刺激的です。
なので、更新を楽しみにしておりますね。


>2011/12/14 15:00にコメント下さった匿名希望さんへ
了解しました。
今後ともよろしくお願いします。


>優さん
まだ未経験とはいえ、私とコメント欄でお話させていただいていることを伺う限り、しっかりと、わかっておられるのだろうなと感じています(この言い方はちょっと偉そうで、すみません)。
もちろん、経験がないと、実感としては、わかないものだと思いますが、どういうことで、そういう風になるのか?という部分は、理解した上で、お話ししてくださっているように私は感じておりました。
なので、同感とおっしゃっていただけたことは素直に嬉しいですよ。

奴隷にも色々な考え方があると思います。それこそ、御主人様に殺されてもいいという思いにまで至る奴隷も居ますが、逆にそうでなければ奴隷ではないという事でもないと思います。奴隷の覚悟ということで、今回書きましたけれども、奴隷の覚悟もその奴隷によって違うのですよね。そして、どれがいいと優劣をつけることもできないと思います。
優さんが思われているように、命をかけることはできないけれども、命を預ける覚悟はあるということでも、立派な覚悟だと思います。
私は、他人に命を預ける覚悟というのは、なかなかできそうにないですから、優さんが、奴隷として御主人様にそこまで預けられるということ、まっすぐに信じていきたいと思っておられること、本当に奴隷らしいと思いました。そういう奴隷を持ちたいと思う御主人様はきっとたくさんいると思いますし、私もそんな奴隷に出会いたいと願います。

私の奴隷の心配もありがとうございます。妬いてしまうなんて、光栄ですが、照れくさいです(笑)
コメント欄でもそうですし、メールなどでも、色々な方に同様のご心配や激励を頂いているのですが、相変わらず、奴隷は見つかりませんね。
私は自分からはM女に、「奴隷にならないか?」とは、誘わないというのもあるのかもしれませんが、なかなか、難しいものですね。
これも縁ですから、気長にがんばります。


>トキさん
確かに、自由に生きるということが、人間の根源的欲求であるとするならば、そこから奴隷という立場を選んだ人が幸福感を得るのが難しいというのは、そうですよね。おっしゃること、その通りだと思いますし、私が知っているM女の中にも、そのことに悩んで、主従という関係を持つのをやめた人もいますので、それはおっしゃる通り、壁としてしっかりとあるものだと私も思います。
自分の価値観を放棄、もしくは、否定されることに、苦悩している奴隷も居るのは確かなことだと思います。
ただ、人間の欲求というのは、自由や自己の価値観を保つことだけではなく、性的な欲求、またM性という性癖を満たしたいという欲求も大きなものだと思います。
私の奴隷の中にも、自分の中のM性の大きさに悩んで本当にとても考えて、そのことをたくさん話しをして、その末に、主従になった奴隷がいます。人生と比較し、どちらが大きいのか?と考えるほどのM性であったということがありました。
そういう様子を見てきましたので、結局は、その性癖や、性的欲求の部分が、奴隷の中でどのくらい大きな位置を占めるのか?ということが、委ねるかどうか?ということの判断にかかってくることではないかなと私は思います。
自由の方が大きければ、おっしゃるように、それは幸福を得るための壁になり、奴隷の苦悩の原因にもなりますから、そういう場合には、奴隷には向かないというか、奴隷になることはしないのかもしれません。
逆に、M性のほうが大きく出てくれば、自身の自由や価値観を否定されてでも、そちらのほうがいいと思うのだと思います。
私は、自分の自由というものを制限されることは、耐え難いものがありますから、トキさんの仰ることはそのまま理解できますので、委ねることの難しさというのは私自身が思うことです。だからこそ、その大切な自由と引き換えにしてでも、委ねている奴隷のことは、本気で受け止める必要があると私は思いますし、それはおっしゃる通り、大変なことなのですが、それでもその覚悟が必要なのだと思います。


>2011/12/17 00:40にコメント下さった匿名希望さんへ
ありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。

[2011/12/17 01:41] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報