理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
誰かを奴隷にする。

そのとき、奴隷のことをどう考えるか?ということは、重要な事だと思う。

多分、世の中のイメージとして、また、主従関係を持ったことのない人の思いとして、そして、私が、奴隷を持つ前の感覚としては、

奴隷は御主人様の言いなりになるもの。

奴隷は何も考えずに、だた、御主人様の物として、扱われるもの。

S性や性欲のはけ口に使えばいいもの。

命令すれば好きにできるもの。

つまり、

”自分では何も考えず、ただ黙って従うもの”

こういう気持ちが、少なくとも、私には大きくあった。

もちろん、主従関係には、そういう部分はある。

また、そのように扱って欲しいと奴隷も望んでいたりもする。

そして、御主人様がS性を満たすこと、奴隷のM性を満たすこと、という意味では、必要なことの一つでもあり、それが主従関係の一面でもある。

私も、そういう扱いをしたかったからそうした。

だから、それを否定する気はないし、私は、奴隷を今持ったとしても多分そうする。

でも、それをしつつも、その時の御主人様の中の思考として、奴隷が何も思わない、奴隷が考えていることが何も無い、と思ってはいけない。

M女にしても、同様。

上から目線で接していいとか、いきなりエッチな話をしてもいいとか、そういう風に思うのも違うと思う。


私の最初の奴隷は、彼女だった。

彼女であったとき、彼女が何を考えているのか?ということは私はとても気になっていた。

彼女は彼女として、一人の人間として、主体性を持って考えている。

そして、そのことを私は認めていた。自然なこととして受け止めていた。

それは、間違いない。

でも、奴隷にするということ、奴隷にした時点で、私は、奴隷というのものを少し意識しすぎたように思う。

彼女を奴隷にしたとき、奴隷として、扱うと決めたとき、

上記のように、

”自分では何も考えず、ただ黙って従うもの”

になったのだ、と思ってしまった部分があったし、そう思ったから多分、そんな思いで接していたこともあったと思う。

彼女の主体性というものを、恋人時代は認めていたのに、それが主従になった途端に、あまり認めなくなっていたように思う。

彼女は奴隷になったが、彼女の彼女たる部分というのは、変わっていないはずなのに、それがわからなかった。

”主従”という言葉、そして”奴隷”を持った”御主人様”という立場に、私は圧倒されたのかもしれない。

恋愛関係から、主従関係に変わったのだから、何かを変えなければならないと思った。

その一つが多分これだった。

だから、奴隷が、何を考えているのか?ということをあまり考えなくなったような気がする。

もちろん、こういう扱いを選ぶM女も居るのは確かだ。

とにかく、御主人様にはなんとも思ってもらえなくていい、本当に、愛情すらいらないと思っている。

そんな奴隷もいる。

でも、たぶん、そういう奴隷であっても、何かを考えているのだと思う。

色々なことを思った結果として、そういう意識に至ったのだと思う。

そして、奴隷として、御主人様に仕え、愛されることを望む奴隷も、色々なことを、必死で考えているのは確かだ。

何も考えない、気持ちもない、心もない、一種の人形として、奴隷になる、なんてことは、きっと不可能だと私は思う。

奴隷とは言っても、人間だから。

でも、そのことに、私は御主人様になってしばらくの間、気がついていなかった。

奴隷は奴隷。

何か考えがあるわけではない。

そう思っていた部分が、私になかったとは言えない。

でも、ある時、奴隷が言った。

「私は、御主人様だったから、奴隷にしていただきたいと思いました。他の人では、きっとそう思わなかったです」

と。

それは、別に、特別なときに言ったのではなく、特に力説したいと思っていたような雰囲気もなく、本当にサラリと、普段の会話の中で出てきた言葉だったが、

私にとっては、すごく印象的で、また、それまでの自分を省みるきっかけを与えてくれたものだった。

「奴隷は、奴隷になりたいから、奴隷になる」

もっと言うと、

「この人であれば、奴隷になりたい。所有してもらいたい」

そう思うから、奴隷になるのだ。ということ。

つまり、奴隷は、誰かに強要されて奴隷になるわけではないし、無理矢理に奴隷にされる関係がもしもあったとしても、それを長く続けるのは難しいと思う。

奴隷になっても、なにも考えなくなるわけではない。心が失われるわけではない。

むしろ、もっとたくさん考えるかもしれない。

もっと、心を繋げていたいと願うようにも思う。

もしかしたら、さらに深い関係になれるのではないか?その先に恋愛関係では得られない幸せがあるのではないか?と思うから、奴隷になるのではないか?とも、私は推測する。

奴隷は、その気持ちで、心で、御主人様を選び、そして、御主人様を大切な存在だと思っているから、奴隷で居るのだということ。

そして、そう思うから、奉仕をしたい、御主人様を満足させたいという気持ちも自然に生まれるし、

なによりも、そう思って慕う相手から与えられるものだから、苦痛でも、屈辱でも、恥辱でも、耐えられる。

そして、それが、快楽や、幸福感や、満足感につながる。M性を満たされる。

そのことを理解し、奴隷が、そう思える御主人様であることが、御主人様にとって、大切な事なのだと思う。

奴隷が主体的に物事を考えているということを認識していることは、不可欠だと思う。

それを態度や言葉で、表に出すかどうかは、別にしても、その認識を持って奴隷と接することは、主従関係を維持する上で、欠かせないことなのだと思う。

たとえ表に出さなくても、その気持ちはきっと伝わるものなのだ(と私は願うのだが、どうもそれには自信がなくて、それが心配に思うところなのだが…)。

形は様々だと思うが、自分がどう認識されているのか?というのは、奴隷は敏感に感じていることだと思う。

私が、しばらくしてから思うようになった理想の御主人様というのは、奴隷が、”自分から”、この人の所有物になりたいと自然に思い、その状態を心から願うような、存在。

奴隷の主体性から生まれる主従関係。

というのが、一つある。

奴隷というと、隷属しているだけで、自分では何も考えない、主体性がないもののように思われるかも知れないが、主従関係を支えている大きな要素の一つとして、これは、忘れてはならないものだ。

もちろん、主従とはいえ、人間関係だから、奴隷の主体性だけで成り立つものではないが、”奴隷”ということで、その主体性を忘れられがちになるような気がする。

奴隷は主体的に御主人様を選び、主体的にそれに仕えていたいと願う。

そして、主体的に、その御主人様の物でありたいと思い、そうなれたと思えたときに、幸せを感じていた。

奴隷は奴隷の意思で奴隷になっている。

当たり前といえば、当たり前のことなのだが、そのことは、奴隷たちを見ていて思ったことだ。

そして、それを理解していることが、御主人様には必要だし、主体性のある存在として、M女を見ることが出来なければ、奴隷を得るということもできないのだと思う。

M女の方からのメールなどで、ブログやtwitterのプロフィールに”M女”と書くと、いきなり命令口調で話しかけてきたり、メール調教をしようとしたりする男性が多くて嫌になるというお話を伺うことがある。

それもM女がM女として、しっかり考えているし、思いもちゃんとあるのだ、ということを無視しているのか、気が付かない結果なのだろう。

M女だからといって、命令する相手のことを何も考えていないわけではない。誰からでも唐突に酷い扱いを受けて嬉しいというわけではない。

もちろん、そういう風に扱われるのが好きなM女もいるのだろうとは思うが、全てがそうだと思うのは間違いだ。

奴隷は必死で考えている。御主人様の居ない、M女も同様。

確実に、自分で考えている。

それは当たり前のことなのだが、”奴隷”や”M女”というレッテルを貼りつけた瞬間に、御主人様や、S男の側が、それを忘れることがある。

奴隷を持ったばかりの時の私も、奴隷が主体的に考えているということに、あまり思いが至らなかった。思慮が浅かったと思う。

だから、それを忘れず、奴隷の主体性というものを理解し、受け止めたうえで、なおかつ奴隷として扱い、さらには自身の満足もそこから同時に得るための、気持ちや接し方が、御主人様の側に備わっている必要があるのだと思う。

私は、後になってだが、奴隷が主体的に考えているということは、認識するようになれたと思う。

だからといって、特別に扱いを変えたわけでもなく、やっぱり奴隷は奴隷として扱う。

私の所有物として好きに使い、私の気分で苦痛や恥辱を与え、快感のために奉仕をさせ、徹底的に貶め、支配し君臨する。

それは変わらない。

でも、そんな中でも奴隷が必死で色々なことを考えていることだけは忘れないようにしようと思うようになった。

私がそう思っていることを表に出すことはあまりなかったが、奴隷が、奴隷の意思で、私の奴隷でいたいと思うような御主人様でありたいと願うようになった。

主従という契約ではなく、奴隷の主体的な意思で選ばれ続ける御主人様に。

本当に優れた御主人様というのは、奴隷の主体性をそのままにしても、なお、奴隷の全てを圧倒的に掌握できる力のある人を指すのだろうと思う。

私がそうなれていたのか?は良くわからないが、これから奴隷を得ることがあるのなら、そういう御主人様になりたいものだと思う。

テーマ:主従関係 - ジャンル:アダルト

奴隷も
日々考えています。
大好きで 大切な 主に 満足していただきたい
ずっと おそばに おいていただきたい
そう思うと 言われるだけ されるだけ では 無理です
契約ではありません

でも
奴隷も 主を見ています
奴隷でいたいと思えない言動があったら
逃げ出すかも
契約ではありません

どちらも
選び続けているのではないでしょうか

[2011/12/29 10:32] URL | tomo [ 編集 ]
奴隷の選択
ひとのこころ、ままならないもの、
ままならないと知っているから
契約と云うかたちで
自分に刻んでおきたいのだと思います。

その相手の核なるものを見たから
その相手との主従を選び、
主従で居ることを選択しているのでしょう。
完全なる受動で続くような関係ではないように思います。

互いが互いの価値観で相手を見つめていると思います。
お互い成長をする意思がないと
続かないのかもしれません。

以前より続くvetさまの基本的なポリシーに同感します。
やはり。
「奴隷は奴隷と云う形でしあわせになたいので
奴隷になる」のでしょうね。

[2011/12/29 14:08] URL | 智薫 [ 編集 ]
拝啓
まだ見ぬ世界を、vet様の綴られる言葉で、色々な想像をします。
私の「こうだったらいいな」が、ここにあります。

御主人様は御主人様

奴隷は奴隷

私の中では、変わりません。
でも、誰からでも急に、上から言われたりするのは嫌いです。逆にカチンときます。
従いたい、信頼できる御主人様にだけに奴隷として扱われたい思いが強いのですが
私は未来の御主人様が誇れる…違いますね、飼ってやってもいいと思える奴隷にはなれないのかな?と、未経験なりに思っていたのですが、このエントリーを読ませて頂いて、とてもホッとしました。
御主人様だけに奴隷として扱われたい思いは大事にして良いのですね。

この方の側に置いていただきたいと思わないと、長続きしないのも、よく分かります。そこは人間ですから心は大事ですよね。
プレイだけでなく、心も繋がれる御主人様、私の理想です。


いつも思います。vet様の愛奴さんになられる方は、お幸せだろうな…と
色々なブログを拝見しても、つくづく私の中ではvet様が1位です!
何が?とか、深い突っ込み無しでお願いします(笑)これでも、ドキドキしながら書いてますから(汗)

2011年も明日で終わりですね。
2011年は、こちらのブログに出会えて、vet様と書き込み欄でですがお話(と、言ってもよろしいですか?)も出来て、記念すべきSMの世界に踏み込んだ気分になれました…なにせ、まだ未経験ですので(泣)
ちょっとした相談やばかな話にもお付き合い頂きましてありがとうございました。

私には実家が無いので、1人で寝正月です←女のくせに(笑)
年明けには成人式…女性を片っ端から縛り上げていきますよ!ちょっとS気分ですね(笑)
あ!以前、帯をほどく時にお殿様みたいに、あれ~と、クルクルとほどこうとしたら出来なかったというエントリーありましたよね?vet様ファンの私は忘れてませんよ!
あれ、可能にすることができるんです。
仲間と着付け合いをしていた時にあみだしました(笑)何をやってんだか美容師!

また、長くなってしまい、失礼しました。

来年も、ごちゃごちゃ煩い奴隷見習いがお邪魔致します。
宜しくお願い致します。
vet様、よいお年をお過ごし下さいませ♪
[2011/12/30 02:21] URL | 優 [ 編集 ]


>tomoさん
やっぱり、主従というのは、気持ちで繋がっているものだと私も思います。
だからこそ、気持ちを大事にするべきなのだろうなと思います。
その気持ちというのが、優しい態度とか、優しい言葉とか、そういうものになる人もいると思いますし、そうではなく、突き放したもの、蔑んだものになる場合もあると思いますが、それでも、そこに相手と、共有できる気持ちが存在していることというのは、大切ですよね。
それをさらに深めるために、主従という関係を持つのかもしれませんね。
また、それがないと、やはり、寂しい、虚しい物になってしまいそうな気がします。

御主人様も、奴隷も、どちらも選び続けているというのは、その通りだと思います。
そして、選ばれ続けるための努力(相手のことをしっかりと思う気持ち、自分を高めることなど)というのは、やっぱり必要なのですよね。


>智薫さん
主従で居ることというのは、選択してそうしていることなのですよね。
気が弱くて、押し切られるような形で主従になってしまっているM女の方というのも、たまに見かけたりもしたのですが、それでも、完全な受動で続くとは私も思いません。
お互いの価値観で見つめているというのは、まさにそうだと思います。
そういう自分からの判断があって、続けようと思う、続けていくことに価値を感じるから、続くのだろうと思います。
でなければ、奴隷にとっては、本当にただの、耐え難いだけの、苦痛や屈辱になってしまうでしょうし、御主人様にとっても、空回りした虚勢になってしまうようにも思います。
人間関係を深めるということは、お互いに意識して育てていくものですよね。
それは、主従関係でもやっぱり同じなのでしょう。

私の場合には、初期の頃と、後期の頃とで、考え方が変わったりしていますので、ポリシーと言われると、少し照れくさいですが、何人かの奴隷と、長く付き合った経験から、今思っていることで言えば、それなりに芯になる部分というのは、あるようにも思います。
そういうものに対して、現役の主従関係を持っておられる智薫さんに、同感と言っていただけるのはとても嬉しいです。


>優さん
主従関係を持たれたことがないと、色々と考えられるのでしょうね。
私のしてきたことや、考え方が、優さんの望む形の主従になっているとのことでしたら、とても嬉しいです。

信頼して、この人と決めた人だけに奴隷として扱われたいという思いは、全く問題ないものですよ。逆に、独占欲が強いタイプの御主人様でしたら、誰にでも、奴隷として扱われてもいいという風に思う奴隷だと、ちょっと心配になってしまって、落ち着かないかもしれませんね。
ですから、独占欲が強いタイプで、自分の奴隷は、自分だけで扱うと決めている御主人様を選ばれると、優さんの想いというのは、すんなりと受け入れられると思います。
そして、心を繋げることを望まれるのも、問題ないこと、そして必要なことだと思います。

私の奴隷になる人が幸せだというのは、たまに言っていただくことがありますが、私の過去の奴隷たちに、そんな気持ちを持たせてあげられたのかな?というのが、やっぱり私としては、気になるところです。そうであればいいなと思いますし、これからもしも、奴隷を持つことができたなら、全力でそうしなければいけないと思っています。
ドキドキしながらも、第1位との評価、書いてくださって、とても光栄です。ありがとうございます。
ブログにも書いているように、色々とやらかすような私でも1位にしてくださるということは、優さんもかなり心の広い優しい、良い奴隷になれそうですね。

私も、優さんとのお話をとても楽しくさせていただいています。もちろん、大切なお話として、いつもお返事を書かせていただいています。
私の話というのは、SMの世界の中の一部ではありますが、それでも、優さんがこの世界のことについて、参考にしていただけるのは嬉しく思います。
こちらこそ、ありがとうございます。

年明けの成人式の忙しさがあるのですから、お正月は、ゆっくり過ごされてくださいね。寝正月、最高の過ごし方ですよ。しっかり寝て、英気を養ってくださいね。
女性を片っ端から縛り上げるためにも(笑)

あ~れ~の話、覚えておられたのですね。恥ずかしいので、忘れてくださっても良かったのですが。でも、しっかりと読んでくださっていて、ありがたいです。
私の中では、不可能だと、判断してしまったのですが、あれができるのですね!さすが美容師さんですね。ぜひ、今度、伝授してください。

奴隷見習いの優さん、元御主人様の私のブログで宜しければ、こちらこそ、来年も、よろしくお願いします。
良いお年を!

[2011/12/31 13:20] URL | vet [ 編集 ]

過去記事にコメントごめんなさい。

私がvetさんのブログを読んだり、自分の願望としてご主人様に「今度こういう風にされてみたい」と言ったりすると「俺は俺のペースでやる。そんなにやって欲しければ、叶えてくれる相手探せ」と突き放すような意地悪を言われたりします。
その度に私は「ご主人様がいいんです・・・」と言ったりしてます。
もちろんご主人様が本気で「お前の願望なんか一切聞かない。俺の好きにやる」と思って言ってるわけではないのは分かっています。
でも私はいつも「ご主人様にされたい」と思ってしまうのです。
これも「私はご主人様の奴隷」だからであって、ご主人様を信頼しているからこそなんですよね。
誰でもいいわけじゃない。

だからこそvetさんが書かれていた嫉妬の調教も成り立つのだと思います。
信頼できる大切な存在であるご主人様が自分だけでなく他のM女を調教していることに嫉妬をし、逆に信頼できるご主人様の命令であるからこそ他の男性と絡みを持つことができる。
もしこれがそんなご主人様の命令ではないのだったら嫌悪を感じることだし、それこそ誰でもいいのであればそれは「調教」としては全く効果がない。
ただのスワップになってしまうと思うんです。

主従とは深いものですね。
話がズレてしまっていたらごめんなさい☆
[2013/05/04 14:25] URL | 里奈 [ 編集 ]

>里奈さん
前に、メールに書いたかもしれませんが、自分の奴隷と、他人の奴隷に、明確な差があるように、奴隷にも、自分の御主人様と、他人(の御主人様)には、多分大きな差があるのだと思います。
その部分というのは、とても重要なことで、それがあるからこその主従でもあると思います。
SMをするだけなら、体験だけをすることも可能ですよね。でも、それだけではなく、気持ちが入るから、「御主人様だから、こうされたい」とか、御主人様の側で言えば、「自分の奴隷だから、こうしたい」という、欲求が出てくるのだろうと思います。
SM行為から、嫌悪感や、ただの苦痛しか感じないのか、幸福感や、快感を感じるのか?というのは、そういう部分のメンタルなものが、大きく影響しているのは、確かだなと思っています。
それでも、上手い人がやるSMというのは、上手いのかもしれませんけれどもね…。
でも、主従という関係、その信頼関係をしっかりと作った後の、SMというのは、やはり違いが出てくるものと、私も思います。

[2013/05/23 22:15] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。