理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン
ふと思い立って、ブログを見なおしてみたのだが、年末に、1年を振り返るようなエントリーを今まで、書いてなかった。

そのことに、今回気がついて、ちょっと苦笑してしまった。

やっぱり、性格って、ブログに出るのだなと。

基本的に私は、その年を振り返るようなことはあまりしない。

もちろん、過去を振り返ることが無意味だということではない。

そんなことをいうなら、このブログ自体が無意味になる。

過去を、私はよく振り返るのだが、公私ともに、私は”1年”というくくりで物を考えることにあまりこだわりがないということ。

1年だろうが、10年だろうが、振り返るべきものは振り返るし、昨日のことであっても、振り返る必要がなければ、それはそのままでいい。

そう思っているから、年の瀬に、その1年を締めくくって振り返るというのが、あまりしっくり来ない。

時間は区切りなく続いていくものという気がしている。

とはいえ、年末年始のご挨拶はちゃんとするし、年賀状も出す。

この時期にテレビでやっている、今年のニュースなんかには、やっぱり目が行くし、それを見ると、ああ、あんなこともあったなぁ、なんて普通に思う。

こういう区切りが嫌だということを思っているわけではない。

数日前、仕事から帰ったとき、NHKでやっていた北海道の、この1年のニュースを集めた番組の最後の方だけ、ちょこっと見たが、一番印象に残ったのは、女性アナウンサーが履いていた黒いパンストだったような気がする。

これが私の1年の総括なのか…。

今年も、こんななのか…。

これでいいのか…。

私らしいか。


そんな私だが、今年は、とても心に残る出来事があった。

嬉しさと悔しさと、幸せと寂しさが、一緒になった想いが残った。

だから、すごく大切。

忘れられない。

そんな年。

と、思うが…。

やっぱり、私は、この1年ということではなく、大切な事は大切な事として、きっと、ずっと残すのだろう。

だから、1年単位の区切りというのは、私にはあまり合わない気がする。


来年は何があるのか、というより、どんな年にするか。

とは言ってみたものの、やっぱり、それも、来年という区切りではなくて、この先、という風に考ている。

明日かもしれないし、再来年以降かもしれない。

そんな私だ。

本当にややこしい性格だなと思う。


ということで、こんな私に付き合って、ブログを見てくださった皆さんに、心から感謝。

良いお年を。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:アダルト

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2011/12/31 14:48] | [ 編集 ]
わかります♪
あたしも年単位で考える女じゃないので、
vetさんがこの記事で言わんとしていることが、
本当によくわかります(笑)

これからもvetさんのブログ&ツイッターともども、
本当に楽しみにしていますので、
これからもどーぞ、よろしくお願いします☆
[2011/12/31 14:49] URL | 結愛 [ 編集 ]

今年はvetさんのブログに出逢えて良かったと思っています。
今年、自分がMだと気付いたばかりの私には知らない事ばかりでしたが
直ぐに引き込まれてしまいました。
これからもブログ楽しみにしています。

どうか、お体大事にしてくださいね。
良いお年を・・
[2011/12/31 19:21] URL | M [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2011/12/31 23:32] | [ 編集 ]
ありがとうございます
はじめましてまして。最近ご主人様と呼べる方に会いました。もうすぐ会う予定です。SM経験のない私にとっては、ご主人様を満足させられるかが本当に不安です。ご主人様は頑張れば大丈夫だよと言ってくれますが…プレー中の言葉遣いが上手くできず、何回も怒られてしまいます。本気で怒られて辛いきもちになりました。これも調教の一部なんでしょうか?実際にあっても、言葉遣いで怒られてしまうと思うと、怖いです涙
変なコメントで申し訳ございません。ブログを読んでいて、お話をしてみたくなったので…
[2012/01/01 11:33] URL | なお [ 編集 ]
明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。


振り返るのは自分の生きた証。
生きているからこそ、振り返ることができて、良いことも悪いことも想い出にできます。

たとえ辛いことがあったとしても、過ぎてしまえば想い出です。
そして、その経験も自分を作ってくれる大事な栄養。

今日の涙は明日の栄養になるように、後悔しないよう号泣して、明日笑えればいい
明日も笑えなければ、もっと泣いてもがいて、明後日笑えばいい。

笑えるように、栄養になるまで、もがいて泣く。

笑ったもん勝ち、楽しんだもん勝ち!



私の中で、こうやって生きてきました。


vet様は、過去の愛奴様たちは、どう思っていたか気になると、おっしゃっていましたよね。
vet様は、愛奴様と過ごした日々が、お幸せだったと綴られております。
御主人様がお幸せなら、愛奴様たちは、もっとお幸せだったはずです。

振り返り、綴りたい日々を過ごせたこと
過去の愛奴様たちがお読みになったら、嬉しいと思います。
私なら、とても嬉しいことです。

過去のお付き合いした人が、幸せに暮らしていることを共通の友人から、聞くことがあります、私とは幸せにはなれなかったけれど、幸せで居てほしいと思います。


こういうとこが、人とは少し違うようで
友達からは、まだ引きずってるの?と聞かれますが、ちゃんと想い出にできたから、そう思えるのですが、vet様も同じお気持ちでしょうか?


拍手コメントのお返事ありがとうございました。

vet様、褒め過ぎです(恥
おっちょこちょいで、ただの食いしん坊ですから(笑)


ですが、憧れのvet様に褒めていただけて光栄です。ありがとうございました。

気分だけは見習いなので、想像してみました
考えただけで、緊張して硬直しちゃいます(汗)
縛らなくても動けませんから…

今年は、いいご報告ができるといいのですが…
なんちゃってな方ばかりで、見習いの私ですら、そんな気分にもなれません。
慌てず、のんびり参ります♪


vet様にとって、楽しい1年になりますように♪
その楽しいの0、01ぐらいが、私のバカ話にできるよう、ちょこちょこお届けにまいります☆
[2012/01/01 21:04] URL | 優 [ 編集 ]

すみません、再びお邪魔します。

自分の文才の無さに、我ながら唖然です…

想像してみたって…何を想像したのか分からないですよね

vet様の本当の奴隷になれたら…の想像してました(恥)

実は…いえ、たぶんvet様もお気付きだと思いますが、私はvet様の奴隷にしていただきたい気持ちはいっぱいです。

私が、vet様の最後の奴隷になれたなら、どんなに幸せだろう

ずっと思っていました。

でも、今の私にとって距離は、とても重要なのです。

初めての御主人様、いいえ、最初で最後の御主人様のお近くで居たいのが、私の望みなのです。

もし、私が北海道に居たなら、土下座してでもvet様にお願いして、奴隷になることを望んでいました。

だから、今は、vet様の綴られる言葉に時々、自分が歯がゆくなりながらも、vet様の様な方に出会えれば気持ちも変わるのかな…と思うばかりです。

だから、vet様が誘いたいと、冗談でもおっしゃってくれたこと
涙が出るほど嬉しかったです。
本当に、ありがとうございます。

一方的な告白なんてされて、ご迷惑なのは百も承知ですが、文章だけで、こんなに人を引き寄せる力の持ち主のvet様、それだけ、vet様は魅力的なお方だとファンの1人としてお伝えしたくて
大胆にも暴露してしまいました。


人目に触れるのは恥ずかしいので未公開を選ばせていただきます。

このお返事は、かまいません。
一方的なファンレターの中の一通だと思って下さい。

そして、今後、書き込みを残さない方が良ければ、遠慮なく、おっしゃって下さいね。

気分だけはvet様の奴隷ですから、コチラで書かれたことは奴隷らしく言い付けを守ります!


最後に、どうしても言ってみたいことがあるのですが…

vet御主人様。


言ってしまいました…

これで出入り禁止になっても、悔いはあるけど…
前進できます。


失礼なことばかりで、本当に申し訳ありませんでした。
[2012/01/02 06:41] URL | 優 [ 編集 ]

>2011/12/31 14:48にコメント下さった匿名希望さんへ
お久しぶりですね。あの時は本当にお世話になりました。

主様とのご関係を考えておられるのですね。
そういう形というのも、必要な時というのは、あると思います。
御主人様といっても、人間ですから、いつもずっと、そのままにいられるとは限らないですから。
でも、匿名希望さんは、そういう状況になったとしても、つながっていたいと思えるだけの絆を、今まで、創り上げてこられたのですよね。
それが本当に羨ましく思います。とても素敵なご関係ですね。
お二人が、これからも大切なパートナーとして、しっかりと繋がっていかれますように、心より、願っております。

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。



>結愛さん
人に言わせると、区切りを付けずに、ダラダラと考えてるだけ、みたいに思う方も居るようですが、私は、こんな感じで考えるほうが自然なので、いいかなと思っております。
わかってくださる方がいらして、嬉しいです。

私も、結愛さんのブログもtwitterも楽しみにしております。
結愛さんの恋愛に対するお気持ちや姿勢など、興味深く拝見させて頂きますね。

ということで、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。



>Mさん
私のブログに出会えてよかったと言っていただけるのは、本当に光栄なことです。
こちらこそ、見ていただいてありがとうございます。
それから、色々なお話をさせていただいて、私もとても楽しく交流させていただきました。
SMや主従の世界というのは、かなり特殊なことが多いですから、その世界に触れたことがなければ、わからないことも多いですよね。それでも、読んでいただけたということは、なんとか、ちゃんと説明もできているのかなと思えて良かったです。

私の体のことをお気遣いいただき、ありがとうございます。
寒い時期が続きますので、Mさんも、ご自愛下さいね。

そして、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。



>2011/12/31 23:32にコメント下さった匿名希望さんへ
ブログを見つけて下さり、読んでいただけて嬉しく思います。
また、楽しみにしてくださっているとのこと、ありがとうございます。

更新の方は不定期なので、なんとも申し訳ないところですが、それでもお付き合いいただけると、幸いです。

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。



>なおさん
まずは、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

はじめまして。ブログを読んでくださってありがとうございます。なんだか、ちょっと辛い感じになっておられるようなので、少し長くなりますが、書きますね。

なおさんが、御主人様から言葉遣いの事で怒られることを、怖いと感じておられるとのこと。それについて、まず、分割して考えてみてはどうかな?と思いました。

その怖い気持ちというのは、本当に、言葉遣いの件で怒られることに対する恐怖だけでしょうか?そこが少し気になった部分です。
もうすぐ会われる予定とのことですね。ということは、今のところ、メールや電話などでのコミュニケーションをされて、その上で、これから初めて会ってみるということなのかなと思いますが、もしかして、ここから主従の世界に本格的に飛び込むのだと、なおさんご自身はお考えでおられるのかな?と思いました。
だとすると、経験がないとおっしゃるなおさんが、主従の世界に初めて飛び込むことになるということですよね。そのことは、怖くないでしょうか?
知らない世界に初めて飛び込むこと、そしてその世界では、なおさんは奴隷として扱われるということ、そういう部分の、恐怖というのはないのかな?と思ったのです。御主人様を満足させられるかどうか、不安ということも、書かれておられますので。
私も、例えば仕事などで、今までやったことのない分野のことをやることになるときなど、やっぱり、緊張します。緊張というのは、一面で、軽い恐怖と言ってもいいのではないかと思いますが、新しい世界に飛び込もうとするときに少なからず感じることだと思うのです。
それは、なおさんにはありませんか?
その部分での怖い気持ちがもしもあるのでしたら、そのことと、言葉遣いを怒られることの恐怖が一緒になっているのではないかな?というのが、一つ私が思ったことです。
まずは、それを分けて考えてみるといいかもしれないと思いました。

それで、新しい世界に対する恐怖があると仮定して話をします。新しい世界に入ることへの恐怖というのは、新しい世界に入るなら、受け入れる必要があります。でも、SMの世界というのは、仕事などと違って、必ず、その世界に入らないといけないわけではありません。ですから、もしも、その恐怖が、拭い切れないほどのもの、越えがたいものと、感じられるのでしたら、御主人様に会うことを一旦止めるとか、主従関係をもう一度考えなおしてみるとか、そういうことをしても何ら問題ないものと思います。ですから、新しい世界に入ることの恐怖というものがあるのなら、その恐怖を超えてでも入りたい世界なのかどうか?というのをもう一度考えて判断することも、必要かもしれません。
それがまず一つです。

それから、こっちが本題ですが、御主人様に言葉遣いの件で怒られることで、つらい気持ちになられたこと、そして、実際に会って怒られてしまうことが怖いということ。奴隷の言葉遣いに関しては、この世界では、”奴隷の躾”なんていう人が多いかと思いますけれども、調教の一種と考えて良いと思います。要するに、御主人様が、奴隷を”自分好みにする”ということです。それについて厳しくする御主人様はいます。ですから、なおさんが、そういう御主人様を持たれているのであれば、それは御主人様としては、普通の事として、要求してくるでしょうし、なおさんが、上手く出来なければ、これからも怒るのだろうと思います。頑張れば大丈夫という、御主人様の言葉は、確かに事実だと思います。御主人様とはいえ、人間に到底無理なことを要求するわけではないと思いますから、なおさんが御主人様の言うことを実行しようと、努力すれば、そのうちにできるようにはなるのではないかと思います。だた、それに関しても、できるようになるまでずっと、怒られるのだと思われますが、その怒られる恐怖を感じてでも、御主人様の奴隷でいたいと思うのかどうか?というところを考えてみてはいかがでしょうか?
奴隷に恐怖を与える、ということは、調教としては、あることです。ただ、それが限界を超えた恐怖であるなら、なおさんは、M性を満たされるとか、快感や幸せを感じる前に、恐怖で心が傷つくのではないかと思います。同じように怒られたとしても、人によって、どの程度の恐怖に感じるか?というのは違いますので、私には、御主人様から怒られることの恐怖が、なおさんにとって、どのくらい辛いレベルのものなのかはわかりませんけれども、それにしばらくでも耐えられるのか?というか、その恐怖も、奴隷として御主人様の元にいることやSMプレイから得られる幸せに変換できるのか?ということが、重要だと私は思います。
本当になおさんの限界を超えた怖さなら、それは私は避けたほうがいいと思います。怖いことというのは、トラウマにもなりますから。これから先、御主人様に会う度、怖いと思って、常にビクビクしているような状況というのもあり得ます(そういう緊張感がいいというM女の方もいらっしゃるので、なんとも言いがたい部分ではありますが…)。でも、快感や幸せに変換できる範囲内の怖さだと思えるなら、それを受けることも、主従としては、不自然なことではないと私は思います。

長々書いてしまいましたが、まとめますと、その怖さというものの出所をしっかりと見極めることと、その怖さが、なおさんの限度を超えるかどうか、怖さを感じていてもなお、主従関係を続けたいと思えるかどうか、その二つを少し考えてみてはいかがでしょうか。
それをしっかりと考えて、納得できるようにご自身のお気持ちを整理されたなら、恐怖が和らいで、御主人様とも、もう少し、穏やかな気持ちで会えるかもしれないと思いました。
また、どうにも無理だと思うなら、今から引き返すとか、別のもう少しマイルド?な御主人様を探すというのも、選択肢としてはあると思います。
ブログに以前、”SとMの相性”ということで書いたことがありますが、やっぱり御主人様との相性というのはあるのですよね。
躾にしても、とにかく怒って言うことを聞かせる御主人様というのもいますし、躾をしているのかどうかすらわからないくらいの言い方や態度で、それを表現して、いつのまにやら躾けてしまう人もいます。御主人様のやり方というのは、色々です。どれがいいとは言えないのですが、なおさんに、今の御主人様の躾の仕方が合っていると思えるかどうか?というのは、重要だと思います。
それから、現状でのなおさんが、御主人様のことをどの程度、慕って、心を預けておられるのか?というのが、私にはわからないので、上記は、本当に、初期段階でのお話として、書きましたが、もしも、かなり深い思いを抱いておられるのでしたら、その関係をやめることはあまり考えられないと思いますので、私が書いたことは、ちょっとずれるかもしれません。その時は申し訳ないです。でも、こういう風に考えてみるのも一つの方法としてはあると私は思います。恐怖を和らげるという意味でも、本当に必要な主従関係なのか?を考えるという意味でも。



>優さん
まずは、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

それで、2つコメントを頂いておりますが、2つ目を未公開にすると書いておられるのですけれども、未公開になっていないのですが…。
ブログの管理画面で、私の方で、優さんのコメントを未公開設定にすることができればいいのですが、それができないので、このままになってしまっております。今からでも、未公開にされるのであれば、コメントの下のお名前の右にある”編集”のところを押していただけると、設定できる画面に行きますので、そうしてください。
現状では、公開されてしまっていますから、”匿名希望さん”と書いても、どうしようもないので、そのままお返事を書きますけれども、未公開に変えられた場合には、私のコメントも、書き直します。
未公開にしたいということは、優さんが私にだけ伝えたいと思われたお気持ちだったということなのだと思いますが、それが表に出てしまっておりますので、優さんが、ご気分を悪くされておられるのではないかと、心配しております。
それがまず、すごく気になっていることですので、もしも私に、何かして欲しいことがあるなら、おっしゃってください。ブログの管理画面からできることであれば、対応しますので。
ということで、以下にお返事書きますね。

まず、1つ目のコメントについて。
思い出に関する考え方、そういう風に、笑えるように、楽しめるように、思い出をきちんとしていけるのは、とても素晴らしいことと思います。
優さんのそういう生き方、とても素敵ですね。

私は、思い出を、ブログに書くことで整理していこうと思っています。
そのために始めたブログという意味合いが大きいですから、今はそれをしているところです。結構整理がついて、笑って思い出せることにできた部分もあって、良かったなと思っています。でも、一方で、書けば書くほど、わからなくなることもあり、あの頃に、思いを巡らせることも多いのが現状です。私は考えすぎる性格なので、そうなってしまうのかもしれませんが、このブログを書き終えるときには、きちんとしたいと思っています。
過去の奴隷たちの幸せというのは、今、一番考えることです。彼女たちが、私といたことを幸せと思っていてくれれば一番嬉しいですが、そこまで行かなくても、無駄ではなかったと考えてくれているなら、いいなと思っています。でも、大切な心と体と、そして時間を私に捧げたことを、後悔しているのではないか?というのが、私の中からは、なかなか消えない心配です。
私の奴隷たちは幸せだったと思う、ということを、皆さんに言っていただくことも多くて、私としては、良かったのかなと思えて嬉しいのですが、自分勝手にそう思い込んで、楽になろうとしているだけではないのか?と、考える事もあります。
ややこしい性格なので、なんとも歯がゆいのですが、これもゆっくり整理していこうと思います。

過去の奴隷たちの今の幸せというのは、私も望んでいます。私も引きずっているのかもしれませんけれども、それでも、やっぱり、たくさんのものをくれた大切な人であることは確かなので、大切な人の幸せを願うのは、別に悪いことではないと思います。もちろん、私の方から連絡したりすることはないのですが、それでも、願うだけはいいと思っています。これは優さんと同じように思います。

優さんは、おっちょこちょいで、食いしん坊なのですか(笑)
頂いたコメントは、しっかりと書かれておられるので、あまりそういう感じは受けませんでしたが、そうなのですね。食いしん坊というのは、いいですね。遠慮しないでよく食べる女性って見ていて楽しいものがあります。

今年はいい報告ができるようにとのことですが、本当に、今年ということではなくても、良いと思います。体と心を預ける人なのですから、時間がかかってもいいと思います。良い方にめぐり逢えるように、しっかりと、吟味してくださいね。

優さんにとっても良い一年でありますように。
優さんとのお話も本当に楽しみにしております。


二つ目のコメントについて。
上でも書きましたが、以下は、優さんが、コメントを未公開にされたら、書き直しというか、優さんにお返事を読んでいただいたのがわかりますので、簡単な文章に書き換えますね。その点は、ちゃんとやりますので、心配しないでください。とりあえず、今は表示されているので、そのままお返事します。

私の奴隷になりたいという、優さんのお気持ち、すごく嬉しいです。
それをお伝え下さったことで、優さんをブログの出入り禁止にするとか、そういうことは、全く考えておりません。これからも、今まで通りに、お話ししましょう。楽しみにしております。
私は、色々とやらかすことも多くて、過去に奴隷に対して、上手く接することが出来なかった経験もあり、御主人様としては、不備も目立つのですが、それでも、そのように思っていただけるということは、とても光栄なことです。
それに、私は、前にブログにも書いた通り、自分から、M女の方に、「奴隷になるように」とは、言わないことにして、M女の方に、本当に私でいいのかどうか、選んで頂くというスタンスですから、こうして、奴隷になりたいという風に言っていただけるというのは、私が奴隷を持つための唯一の方法なので、そういう意味でもとても満たされた気持ちになりました。
それから、私が拍手コメントのお返事で書いたのは、別に冗談でも、お世辞を言っているのでもないですよ。お話をさせていただいている課程で、優さんの明るさや、いつも最初に、”拝啓”と書いてくださって、きっと私のブログに対して、とても敬意を払ってくださっているのだなと感じておりました。もちろん、そういう風に書かない方が敬意を払ってないとか、そんなことを思っているわけではないですが、こういう形で、それを表現される方なのだなと思っています。細かいお気遣いがとても魅力的に思いました。なので、優さんが御主人様を探す場合にも、そんな気遣いのあるところも、気に入ってもらえるのではないのかなと思うということで、書きました。あれは正直な優さんの私の感想ですよ。
私の方こそ、いつもそのように大切にブログを見てくださって、ありがたく思っております。

でも、実際の奴隷になるということを考えたときには、距離があるから、難しいとのことなのですね。
少し前に、遠距離での主従という話を書きましたけれども、私自身はあまり気にしていませんが、奴隷はそれを気にしていたことも見ていますし、その気持ちというのは、私もわかるつもりです。ですから、優さんが、距離があることで、私を選べないとおっしゃるお気持ちも、わかります。
望むものが、ちゃんと一致しないと、主従関係を続けていくのは難しいですよね。
それは、「こういう御主人様の奴隷になりたい」とか、そういう思いと同じで、住んでいる場所や、会える時間なんかも、望むものがあり、それが優さんにとって、どうしても譲れない要素であるのなら、それが合う人を探すのは、当然のことだと思います。
遠距離でもいいという風に思われるなら、そこは私と一致するわけですが、そうではないのですから、優さんの望みを叶えるためには、今の私を選択することはできないのですよね。
それが、とても残念に思います。

それでも、こうしてそのお気持ちをお伝えいただいたことは、本当に嬉しいことです。私のことをそのように高く評価してくださることに、心からの感謝をしたいと思います。
とても嬉しく、充実した気持ちにさせていただきました。ありがとうございます。
それから、久しぶりに、”御主人様”なんて呼ばれました。私はそれも嬉しかったですよ。でも、優さんは、そういう風に呼ぶ相手が、私が最初で良かったのですか?それが気になりました。

上でも書きましたが、失礼なことなど全くありませんので、優さんさえよろしければ、これまでどおり、お話をしましょう。コメントでも、拍手コメントでも、メールでも、かまいませんので、楽しみにしておりますね。

[2012/01/02 19:33] URL | vet [ 編集 ]
拝啓。
重ね々、大変失礼致しました。

vet様ー、顔から火が出そうです。

おっちょこちょいですよね。

またまた、お手数おかけしました。
本当に申し訳ありませんでした。

非公開にしようと思いましたが、vet様がよろしければ公開のままにさせて頂いてよろしいですか?

考えてみたのです。
確かに照れ臭いことを綴ってしまいましたが、私の気持ちに偽りはありません。

vet様に憧れていることも、奴隷にして頂きたい気持ちも、真実です。

恥ずかしと思うことは、逆にvet様に失礼な気がします。

なので、私の選択は公開のままにさせて下さい。

奴隷見習いが、何か言ってる!と、vet様ファンの方々には読み流して頂ければ幸いです。


vet様、私はvet様に「御主人様」と、ずっと言ってみたいと思っておりました。

図々しいのは百も承知ですが、私の「御主人様」を初めて言えたのが、活字ですが、vet様に言えたことは、今後も忘れません。

これからも書き込みさせて頂いてよろしいのですね、ありがとうございます。
vet様のお心の広さに、甘えてばかりで申し訳ありません。

今後も宜しくお願い致します。
[2012/01/03 01:10] URL | 優 [ 編集 ]
ありがとうございます。
親身なコメント、ありがとうございます。明日会ってきます。あれから、御主人様とたくさん話しました。怒られて怖いということも…言葉を上手く変えてくれるそうです。^^きちんと話をすることは大切なことですね。頑張ってご奉仕してきます。ほんとうにありがとうございました。
[2012/01/04 23:44] URL | なお [ 編集 ]

>優さん

失礼なことは無いですよ。
主従関係にはなれなくとも、私のことをそんなにも思ってくださっていたことは、とても嬉しいことでしたから。
気になさらないでくださいね。

それから、非公開設定は、しなくても良いとのことですが、優さんがそれで良ければ、私は問題ないです。
これはとても光栄なことですから。ありがとうございます。
私は、迷惑にもなにも思っていませんので、堂々と書いておいてください。

私のファンの方というのが、いらっしゃるのかどうかはわからないのですが、優さんは優さんのお気持ちを書いてくださったのですから、それはそれでいいのですよ。
皆さん、それぞれに、書きたいことがあるわけですから、コメントにしても、メールにしても、誰に気兼ねすることもないと思います。

それから、「御主人様」という風に呼ぶことですが、私などで良かったのでしたら、それでいいのですが、あとで、私よりも素晴らしい御主人様に出会われたときに、vetになんて、言わなければ良かったなんて思うのではないかなと、心配しておりました。
これも、優さんがそれで良かったと思えるのでしたら、私も良かったなと思います。

これからの書き込みに関しては、今まで通りに遠慮無く、書いてくださいね。
楽しくお話していきましょう。


>なおさん
もう、御主人様とは会われたでしょうかね。
うまく、ご奉仕できているといいですね。
怖いと思われていたことは、きちんと話をして、解決されたようで良かったです。
やはり主従とは言っても、奴隷の側が我慢してばかりいるのではなく、必要なことは、ちゃんと話をすることも大事ですね。
これからも、良い主従関係を作っていってくださいね。
応援しております。
[2012/01/06 00:38] URL | vet [ 編集 ]
こんばんは
ご主人様に会ってきました。全体的にはご奉仕は少しできたかな?とは思いますが、本当の奴隷のようにはなれませんでした。結局恥ずかしすぎて、最初素直になりきれない部分があって、ご主人様のスイッチを一度きってしまいました…ご主人様はいいんだよ、初めてなんだからって言ってくれましたが、これからも続けていただけるか心配です。遠距離なので簡単には会えません。いつ会うかの約束もしていません。自分の気持ちを持続させるのが難しいです。もしかしたら私以外にもいるのかも!?と思うと嫉妬もしてしまいます。もちろんそんなこと聞いてはいませんが…深く愛してしまうと気持ちのもって行き場がありません。やっぱりプレイとして気楽に気長に行く方が良いのでしょうか?相談お願いします(#^.^#)
[2012/01/08 18:32] URL | なお [ 編集 ]

>なおさん
まずは、御主人様と会われたとのことで、怒られるかもしれないと、心配されていたようですが、書かれていなかったので、その点は、大丈夫だったのでしょうか。それでしたら良かったですね。
初めから奴隷になりきるというのは、難しいと私も思いますよ。最初からいきなり奴隷として振る舞える人もいるんですが、それは特別だと思います。M性が特に強いとか、本当に事前に沢山調べていたとか、そういう人くらいだと思います。
普通はできなくて当然だと思いますし、今までお話していたとはいえ、初対面の人に素直になるというのも難しいですよね。それに、SMの世界というのは、普通に生活していた常識が通用しないことになるので、戸惑われること、驚くこと、恥ずかしいこと、たくさんあると思います。でも、それは当然だと思いますから、それでいいと思います。御主人様も、初めてだからと言ってくださっているのでしたら、わかっておられるのだと思います。それなら、なおさら、気にする必要はないと思いますよ。
Sというのは、基本的に、自分で自分の好きなように、奴隷をさせてしまう人なので、何かしたいことがあれば、その場の雰囲気をそのようにしてしまうでしょうし、命令という形で、指示も出すでしょうし、言い方は悪いですが、ほっといても勝手にやってくれる人が多いと思いますので、最初は、お任せしてしまうくらいの気持ちで居てもいいと思います。
あまり緊張しすぎたりして、変なことを考えるよりは、奴隷としての気持ちよさをなおさんが、感じることをまずは考えてみてもいいかもしれません。そうしているうちに、御主人様のこともわかってきて、どうすれば良いのか?も自ずと気がつけると思います。
長くお付き合いされることを考えておられるのであれば、ゆっくりでいいと思います。よっぽど短気な御主人様でないかぎり、焦る必要はないと思いますから、心配しなくていいと思いますよ。

遠距離ですと、会わない時間も長くなりますから、その間に色々なことを考えるのでしょうね。私も遠距離の奴隷を持ったことがありますが、やっぱりその奴隷も、近くに居ないことの不安というのは、持っていたように思います。それを少しでも解消するためにも、次に会う約束は早めに決めてもらえるといいですよね。そのあたりは、御主人様と会っているときに、次の約束をするような形を作れると良いですよね。そのように言ってみてもいいと思いますよ。
それから、御主人様に、他の奴隷が居るかどうか?というのは、御主人様に確かめる以外に無いと思います。逆に言えば、確かめてもいないのに、嫉妬の気持ちや、不安を持つのは、仕方がないことだとは私もわかるのですが、客観的に考えて、あまり意味がないですよね。ですから、そういう気持ちがどうしても大きくなるようでしたら、その部分は、ちゃんと御主人様に確かめるといいと思います。前に怒られるのが怖いということを言ったら、その部分は考えてくださったのですよね? 奴隷の話はきちんと聞いてくれる御主人様なのかな、と思いますので「誰か他の人が居るかどうかがわからなくて不安や嫉妬の気持ちが大きくなって辛い」ということを言ってみるのも一つの方法だと思います。
相手が御主人様だから、何も聞いてはいけないということはありません。聞くべきことはしっかりと聞いて、御主人様との間の溝を作らないようにしたほうが、私は、結果的には、良い主従関係になれると思います。その部分が、すっきりすれば、なおさんとしても、御主人様との信頼関係をもっと深く出来るでしょうし、深く愛することもできるのかなと思います。
プレイとして気軽に楽しむということも、なおさんが、納得できるのであれば、それは構わないと思いますし、最初のうちは、SMに触れてみるということで、そういう風に考えて、御主人様にあまり入れ込まないようにするというのも、一つの関係ではあると思います。
ただ、もしも、そうするのであれば、そのスタンスは御主人様との間で、共通認識にしておくほうが良いかもしれませんね。例えば「のめり込むのがまだ怖いので、最初はプレイとしてのSMからやりたい」というようなことを伝えておくというような感じです。
もしも、御主人様が本気でなおさんを愛してくれて、なおさんのことを、本当に大切にすると考えているのであれば、なおさんの側が、プレイとして気楽にと思っていたら、お二人の間で気持ちに温度差が出てしまいますよね。御主人様といっても人間ですから、奴隷との間に気持ちの温度差があると、やっぱり辛いと思うのです。
この主従関係に対して、どんなスタンスをとっても、なおさんの想いですから、それは良いと思いますが、それについては、御主人様にちゃんと告げる必要はあると思いますし、逆も同じで、御主人様のなおさんへのスタンスというのも、確認できたら良いかなと思います。
私は、奴隷にそういうことを聞かれるのは全く気にならなかったので、聞かれれば、話をしましたが、あまり言わない御主人様もいますね。なおさんの御主人様がどういう考え方なのかはわかりませんが、そういう話は私は必要だと思っています。
また、奴隷の側から、直接的に聞くのは難しいかもしれません。なので、たくさん話をすることで、気持ちを確かめていくのがいいのではないかと思います。遠距離とのことで、会って話すことは難しいとは思いますが、それ以外にも、メールや電話などの機会を増やして、とにかく、御主人様とコミュニケーションをたくさん取るようにすることで、御主人様のスタンスなんかも、そこから見えてくるかもしれませんし、たくさん話ができるのであれば、何かを聞くことも抵抗がなくなるようにも思います。
それから、御主人様と心で深く繋がっている関係のほうが、おそらくですが、プレイをしても、一緒にいても、その快感や幸福感というのは、大きくなると私は思います。ですから、御主人様に他に誰か居るのではないか?というようなことや、遠距離での不安感なども、なんとか払拭することができて、なおさんが、心から御主人様を慕うことができると、私は、プレイとしてだけ考えるよりは、きっと幸せではないかと推測します。
でも、そこまで行くには、聞くことはきちんと聞いて、たくさん話しをしたり、触れ合ったり、そういうことをして、信頼をお互いに積み上げていく必要がありますから、そういうことも視野に入れて、考えてみてはいかがでしょうか?
ちょっと抽象的なお話になったかもしれませんが、とにかく焦る必要はないですから、ゆったりと構えて、御主人様との間で、徐々にでも、ちゃんとした話をしていけるようになれば、いいのではないかなと思います。

[2012/01/10 20:11] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報