理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初めて奴隷を持ったとき、私が一番悩んだのが、調教っていうのは、どうやって進めていくべきなのか?ということ。

つまり、初期の調教では何をするのか?というような、本当に基礎的なことだ。

いきなり、ハードなことをしても、奴隷が耐えられないのは私にも想像がついたし、私自身も初めてだから、そんなプレイを問題なくこなせる自信は無かった。

鞭も、縄も扱ったことがない。

犬も猫も飼ったことがないから、首輪をはめたことすら無かった。

誕生日や墓参りで、ろうそくに火をつけたことはあるが、その蝋を女の上に垂らすなんてこと、もちろん経験がない。

唯一、小さい頃に、洗濯ばさみで、弟の耳をつまんで泣かせたことがあるくらいだ。

それも、もちろん、SM的なことではなく、ただの兄弟喧嘩だ。

”御主人様”といっても、本当に初期というのは、誰でもこんなものだろうと思う。

それとも、私だけが特にわかってなかったのか?


やってみたいプレイというのは、私も思い浮かんでいた。それができるということに興奮してもいた。

でも、本当にやって良いのか?どんな加減でやれば良いのか?

そういうことがわからない。

多分、順序を踏んでいかなければならないのだろうと思っていたのだが…。

だから、どこから手をつけるべきなのか?ということで悩んだのだった。

これでも、一応、真面目?に考えるタイプだから、それなりにちゃんとしたセオリーで調教してやらなければ、などということ思っていたりする。

堅苦しい男なのだ。

そんな私の性格も多分、邪魔をしていたのだと思う。

やってみて、適当に考えていけばいいとか、そういうことではダメだと思ってしまっていた。

最初からきちんとやろうとしていた。

それだけ、奴隷に対する責任を感じていた、ということではあると思うのだが、その責任を感じるから、余計に、身動きがとれなくなっていたように思う。

なにか、手がかりが欲しかった。

だが、奴隷の調教に関するハウツー本など、美佳とのセックスのときに見つけてきたハウツー本を探すよりも、さらに難しかった。

実際、一つも、見つけられなかった。

これでも、必死で探したのだ。

普通の書店に売っていないのは明らかだから、SMグッズの販売店などにも行ってみたが、初心者御主人様のためのハウツー本など、やっぱり存在しなかった。

逆に、SMグッズの販売店には、当時の私にとっては、過激なものが多かったから、余計に打ちのめされて帰ってきたように思う。

だから、結局のところ、SMのAVを見てそれを真似るという方向になってしまったわけだが、それはそれでまた難しい。

私はSMのAVをかなり見たと思う。

本来なら、それで自慰でもするところなのだろうが、そんなことせずに、その画面の中で、奴隷を責めている人たちが何をしているのか?というのを観察した。

でも、それも、ヒントにはなるのだが、私に大きな光明を与えてはくれなかった。

SMのAVというのは、いきなり過激なことをやってることが非常に多いから。

道具も大掛かりなもの(磔台とか、開脚台とか、檻とか、三角木馬とか)が頻繁に出てくるし、高度な縛りも出てくる。

奴隷に対しても容赦がない。奴隷も初心者じゃないのがわかる。

しかも、何人もで、同時に責めているようなものもよく見かける。

そんなものは、一度も調教をしたことがない初心者御主人様(と初心者奴隷)にとっては、あまり参考にならないのだった。

はっきり言って困った。

御主人様として、奴隷として、初めて会う日、初めて調教をする日が近づくにつれて、気分だけは高揚するものの、自信は萎んでいった。

もう、途方にくれてしまい、「奴隷にする!」とは言ったものの、調教を開始することにはかなりの迷いがあった。

「ちょっと待ってくれ」と、言いそうになったのだが、奴隷にするということを決めた経緯も考えると、今更、私がそれで悩んでいるというところを見せるわけにも行かなかった。

なので、必死で考えて、私はやっと一つのことを思いつく。

それは、当時、知り合いだった、SMをしている夫婦に聞いてみるということ。

早速、多少強引ではあったのだが、無理を言って会う時間を取ってもらった。

そして、御主人様が最初にすべきことはなにか?という質問をしたのだった。

そうしたら、いきなり笑われた。

もちろん、馬鹿にしているわけではないのだが、

「御主人様になったのだから、好きなようにやればいいのに」

と、私が考えすぎているということを、指摘して言われたのだった。

でも、好きなようにやれと言われることほど、大変なことはないので、なんとか頼み込んで、最初にやるべきことのセオリーを話してもらったのだった。

その時に言われたこと。

基本的には、床に座らせて(御主人様よりも低い位置にさせて)挨拶をさせる、普段からも敬語を徹底させる、首輪をつける、といったところから入る人が多いんじゃないのか、ということを教えてもらった。

縛りや、鞭などは、徐々に慣れていけばいいし、使わない人もいるから、それはそれでいいと思うと言われた。

それよりも、主従であること、その雰囲気をしっかりと作って、それが、お互いの心地良い居場所だと思えるようにする、それが大事。

そんな話をしてもらった。

最初は苦笑していたのだが、そのご夫妻は、すぐに真剣に、私の質問に答えて下さった。

それを参考に、私ももちろん、さらに色々な事を考えて、そこから入った。なんとか、うまくはじめられたと思う。

そして、慣れてくると、自分でも加減がわかるようになって、少しずつ形になっていったし、一旦、そういうことがわかってしまえば、

私はそこから考える事自体は、全く苦にならないので、その後は、色々とやらかしながらではあるが、やっていけるようになった。

そのうちに、私なりの調教や奴隷との接し方の形というものを作ることができていたと思う。

完璧に完成したとは、絶対に言わないし、これから奴隷を持つことがあればまた変わっていくのだろうが、それなりに、ちゃんとしたものには、到達できたのはないかと思う。


今思えば、SMという、世間から見たら明らかな変態行為を真面目な顔をして習いに行ったわけだから、なんだか苦笑してしまう。

そして、もちろん私が習いに行ったことなど、奴隷には内緒だ。

今になると、あの頃の私の必死さは、自分でも微笑ましく思ってしまう。

ちょっと考えればわかったことなのかもしれない。

未熟すぎる御主人様だっただろう。

でも、奴隷に対しての責任をちゃんと意識して、しっかりとしたことをしたいと思っていたことからの行動だったから、そう思っていたことに関してだけは、今でも、自分を褒めたいと思う。


多分、こういう需要もあるのではないだろうか?

世の中にはありそうでないものがある。

その一つが、きっと、初心者御主人様向けのハウツー本。

題名をつけるなら「はじめての奴隷調教」だとか、「御主人様入門」といったものだろう。

入門書ではあるが、やっぱり有害図書の指定されるのだろうな、なんて、馬鹿なことを考えたりする。

ちょっとネットで探してみたが、それらしいものは、今も売ってないようだ(見つけられないだけかもしれないが…)。

ただ、今は本ではなく、ネット上に、結構そういうのを紹介している御主人様のサイトやブログが見つかったりするから、いい世の中になったものだとも思った。

私のときにも、そういうものがあったのかもしれないが、見つけられなかったから、もしも見つけられていたら、少しは楽だったのにと思う。

もしも、誰かが、初心者御主人様向けの奴隷調教のハウツー本を書いたら、結構売れるんじゃないのか?

今、SM本を書くなら、多分これがいいと思う。

私も、どんなことが書かれるのか、あの頃の私と比べて何が違うのか、興味があるから、読んでみたいものだ。


テーマ:SM - ジャンル:アダルト

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2012/01/14 09:27] | [ 編集 ]

Vetさま、こんにちは。
私はこのエントリを読ませていただいて、
ハウツー本見つからなくて良かった。と
思いました。(笑)
誰かの足あとを辿るだけでは
Vetさまのオリジナリティ溢れる
このブログは誕生しなかったように思います(笑)
きっと、ひとつひとつの手探りの経験が
大切なものになっているように思います。
Avはがっかりするものが多いです。
smジャンルのものは…。

[2012/01/14 11:07] URL | 智薫 [ 編集 ]
ごめんなさい
ツィッタの方で、ちょっとだけお話させていただきました、ねここです。
少し笑ってしまったってツィッタで書いてしまったのですけれど…。
ごめんなさい。
もう一度読んだら、vet様は、きっと聞きに行くのは恥ずかしかったのでは?って思いました。
ご主人様ってプライドもあると思うんです。
でも、奴隷さんのことを真剣に考えてたから、それも厭わずに行かれたんだって思ってキュンとしました。
しっかり読まずに書いてしまってすみません。
vet様は、最初から、素敵な御主人様だったんだって思います。
[2012/01/14 14:58] URL | ねここ [ 編集 ]

 SMが変態行為と,明らかに普通では無いと捉えておられると思われる記述が,過去にも何度かあったように思います。私としましては,確かに,大っぴらに公衆の面前で話題にするとか,自慢話に持ち出すとかいうほど日常的なものでは無いとは思いますが,そこまで異常かな? と疑問に思わなくもないです。
 もっとも,vet様の場合は,真摯な思いが伝わってくるので,余計にそう思うのかもしれませんが。

 別段,SM行為でなくとも,世の中にはおかしな,それこそ異常とも言える習慣やら儀式やらはいくらでもあると思うのです。大多数が疑問にも思わず従っているだけで。
 業種ごとに必ずあると思われる会社・業者間の常識やしきたりとか,地域のお祭りとか。最近のもので言うなら成人式だって,見ようによれば異様な儀式でしょう。
 それに何の意味があるのか,何故そうなったのかという理由も定かでない物事はいくらでもあると思います。日本人は形式ができると,それを遵守することに熱心でも,その理由や目的を疎かにする傾向が強いようですから。
 それらに比べれば,SMの関係も,親子関係や子弟関係など,個人と個人の関係の一形態にすぎないものと思えますし,並の関係より必要とされる信頼などの絆は強いものだと思えます。

 破綻した親子関係があるように,当然SM関係にも破綻したり異常と言われるような関係があるでしょうけれど,それはどんな関係にもあることで,SM関係が異常であるということでは無いのだと思います。
 こんな風にSMについて思えるようになったのも,vet様の文章を読んで,目に見える行為の部分だけでなく,外からはうかがい知れないメンタル面について知ることができたからなのですけれど。

 ハウツー本のお話ですが,世にあふれているという子育てに関する本が役に立たないと聞きますので,人と人の関係に関するハウツー本は難しいのではないかと思えます。
 確かに,行為などの最低限の知識は重要だと思いますが,覚悟や相手に対する思いなど,メンタル面の比重がかなり大きいと思われますので,その当たりを上手く解決しないと,本当の意味で有害図書になってしまうのかもしれません。
 もっとも,どんなものでも受け手しだいで有害にも有益にもなるのだと,私は思いますが。
[2012/01/14 20:47] URL | Ryo [ 編集 ]

>2012/01/14 09:27にコメント下さった匿名希望さん
どんなふうに読んでいただいても大丈夫ですよ。
確かに、どちらかと言えば、真面目な話ではあるのですが、私の本当に初期の頃のことなので、こんなこともありましたということで、笑っていただけるなら、それでも、とても嬉しいです。

そんなに安心感がありますかね?
自分では自覚があまりないのですけれども、そうであれば、奴隷たちにもそういう風に感じさせることができていたのだろうと思えますので、良かったなと思います。
次の奴隷を持てるのかどうかわかりませんが、もしも持てたなら、素直に従いたい気持ちで居られるような、御主人様でいたいですね。


>智薫さん
そうですね。今となっては、なくても良かったと言えるかもしれません。
でも、あの頃の私にとっては、本当に欲しかったものでした。
ただ、私は多分、本を読んだとしても、誰かに話を聞いたとしても、そのまま鵜呑みにすることはなくて、大抵はそこから自分なりに考えるのが、癖なので、きっと、違うこともやって、相変わらずにやらかしたとは思いますが(笑)
奴隷も全て違いますから、手探りというのは、本当ですね。
おっしゃる通り、そういう経験が大切な物になっているというのは、私も思います。
SMのAVは私も、なかなか良いものというのは、見つからないですね。好きなのはいくつかあるのですが。
ただ、激しくやるだけとか、そういうのがかなり多いので、見ていて、実際に個人的にSMをやった経験と比べると、ちょっと現実離れしている感じがしますし、主従の気持ちの交換などの部分が描かれることは殆ど無いので、そういうところでの物足りなさはありますね。そういう部分こそが、本質的なことだと今になると、思いますので。
まあ、AVですから、それよりは、見た人が自慰をするためのものということなのだろうとは思いますが。



>ねここさん
twitterの方では、お世話になっております。
コメントくださってありがとうございます。
私のブログについては、感想はどんなふうに持っていただいてもかまいませんよ。ねここさんが、笑ってしまったというのであれば、それでいいのです。
ですから、謝る必要はありません。
私も、私の初期の頃の、ある意味”ウブ”な時代の事ですから、笑って読んでいただいたほうが、気が楽かもしれません。
このブログは、私の過去の気持ちを素直に書くということが、大前提なので、恥ずかしいことも、辛かったことも、全部そのままに書いていますから。
素敵な御主人様と言っていただけて、光栄です。
ありがとうございます。twitterでも書きましたが、気軽に来てくださいね。お待ちしております。


>Ryoさん
私自身は、SMや主従関係というのは、過去の日常に普通に溶け込んでいたことですので、特別なものではなく、Ryoさんがおっしゃる通り、異常なこととは、あまり思っていません。
ただ、今の私、というのは、主従関係がないので、S性を発揮する機会もないですから、SMや主従関係の外から、中を見ているような観点も持っています。そういう今だから、こんな風に書くのかもしれません。
あの時の感情としては、常に自分が変態だということ、異常だということを意識していたわけではないです(もちろん、社会生活をしている自分との区別はしっかりつけていました)が、自分たちの行為が、世間におおっぴらにできることではないということだけは、忘れないようにとは思っていました。それを忘れたら、表の人生が崩壊する可能性がありますから。そういう意味での、異常という感覚は、持っているべきだろうとは思っていました。
ですから、今の私の状況、そして”異常”であると意識する必要性ということもありましたから、こういう表現を使うのだろうと思います。
Ryoさんには、私がSMや主従を否定的に考えているかのように異常という表現をしていると感じられたのかもしれませんが、そういう意図はないです。もしも、そういう風に伝わっているのでしたら、私の書き方が下手なのだと思います。私にとっても、SMや主従というのは、大切な物、かけがえのない想いをたくさんくれたものでしたし、私の中のS性というものを満たしてくれたものですし、今でもそこに戻りたいと思えるものですから。

異常というのが何を指すのか?というのは、人それぞれの価値観に拠る所が大きいと思います。Ryoさんがおっしゃるように、地域の慣習や業界のしきたりなどでも、外部から見ると、おかしいと思うことはたくさんありますよね。それはその通りだと思います。
ただ、なぜそうなったのか?という理由が定かではないにしても、形式的なものであったにしても、それが多くの人に受け入れられ、長く続けられているのであれば、”一般的に”は、異常とは言われないのだろうと思います。それがいいかどうかは別として。
お祭りや、成人式のことを書いておられますが、それもそういう解釈で世間に認知されている事柄なのでしょうね。

確かに、ハウツー本は役に立たないものもたくさんありますね。それこそ、実情に合わないことが書いてあって、それをそのまま信じてしまったら、本当に有害になってしまうものもあると思います。SMのハウツー本があったとしても、それもそうなる可能性はありますよね。
私は子育てのハウツー本は見たことが無いですが、セックスに関するものは、美佳のことがあったので、かなりたくさん読みました。その中には、なんのための本なのか?と怒りたくなるようなものもありましたから、玉石混交なのだろうと思います。また、一冊の本で全てをカバーできることというのは、絶対にないのですが、ヒントを与えてくれるものは、ありました。そこから自分で考える切っ掛けをくれるものもあると思います。そういうものが、あの頃、欲しかったんですね。本当に何もわからない、手探りでしたから。
今思うと、形式ではなくて、気持ちの面から、しっかりと奴隷との関係を作るというのが、一番大切なのだと思うので、やっぱり、あの頃の自分の考えていたことに対しては、苦笑してしまいます。でも、そんな部分もしっかりと書いてあるSMのハウツー本というのがあるのであれば、見てみたい気がしています。

「どんなものでも受け手しだいで有害にも有益にもなる」というのは、確かにそうですね。私も、ブログを書く以上、そういうこともあるというのは、ちゃんと意識して、出来る限り、誤解のないように、ちゃんと真意を伝えられるように、書くべきだと、思いました。
[2012/01/20 00:02] URL | vet [ 編集 ]
ありますよ!
過去記事にまたコメントしてしまいましたw
しかし、どうしてもvetさんに伝えたくて…

出てますよ!SMハウツー本!

2009年に一迅社という出版社から『心も身体もボクのもの〜はじめてのSMガイド〜』という可愛らしい絵柄のハウツー本が発売されていますw全2巻でございます(ㅇㅂㅇ)
マンガ喫茶にて確認したところ、わりと事細かに説明されていましたよ〜
縛り方等の実践編だけでなく、パートナーにしたい女性への気遣いなどなど、わりと丁寧に描かれていました

以前、この記事を読んだ時に「この頃に何か漫画がおりまぜた本が出てた気が…」と思ってはいたのですが、とんと忘れていて(笑)
昨日ふとマンガ喫茶にて発見したので、どうしてもコメントしたくなってしまいました(〃ω〃)

ちなみにこちらの本、30歳からの保健体育というアニメにもなったハウツー本のシリーズでして
彼女いない歴=年齢のオタク男子が恋人を作り初体験に挑むというなんとも役に立つ(?)シリーズでございました。
そちらも、デートの誘い方や女性の気持ち、初体験時の注意まで事細かに説明されていたのを覚えています…w
しかし、内容はなかなか真面目なところもありましたよ。

もし、機会があったら読んでみてくださいませ!
御主人様経験者のvetさんから見て、どのように映るのか非常に気になります〜
[2017/07/26 12:21] URL | 杏里 [ 編集 ]

>杏里さん
私が知らないだけで、あるのですね。
ということで、ちゃんと調べてみましたら、今は、結構、出ているのですね。
「ゼロから始めるSMマニュアル かわいい奴隷飼育術」
なんてものも、普通に、amazonで売っていました。そのおすすめ欄には、縛り方とか、アナル開発とか、刑罰とか、そういうのも、アニメみたいな表紙のものでして、こういうことの敷居が下がっているのを感じました。しかも、18禁じゃない本として売っているので、びっくりしました。

どんなことが書いてあるのか、わからないので、なんともコメントできませんが、今はSMや主従関係まで、マニュアルが普通にある時代になったのですね。

それはそれで、便利なのかもしれませんが、手探りでやってきた私にしてみると、ちょっと、羨ましくもあり、でも、その手探りが楽しかったのかなという、寂しさ?みたいなものも感じました。
でも、恋愛関係については、幾多の本が出ているわけですから、主従関係も恋愛の一つだと考えるならば、こういうものがあるのも、もしかしたら、自然なことなのかもしれません。
「心も身体もボクのもの〜はじめてのSMガイド〜」も、もしも見つけたら、読んでみたいと思います。

何を感じるのでしょうね?それは、私も楽しみだなと思います。

[2017/08/12 16:33] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。