理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン


幸一が、理沙にプロポーズをすることの許可を求めてきた時、私は、それを止めなかった。

感情的には、そんなことはやめてくれと思った。

私には出来ない手を使われることを許したくなかった。

でも、それまでの私の言動や、理沙が正確に判断するための材料として考えるなら、それを私が止めることはできないと思った。

だから、そちらを優先して、プロポーズをすればいいと、幸一に告げていた。

「本当にいいのか?」

「ああ」

「悪い。俺、本当に、理沙のこと取り戻したくなって…。何度か会ってるうちに、やっぱり理沙のことが、本気で欲しいんだって思うようになった。だから次に会う時、言おうと思う」

「あとは、理沙が選ぶだけだろう」

私は少し投げやりに言ったのだと思う。

「本当は嫌なのか?」

「…」

私は黙るしか無かった。

嫌だ。

でも、嫌だとは言えない。

やっぱり、ここでも見栄っ張りな私の、意地のようなものが働いていた。

幸一には、理沙に何でも言えばいいと私は言った。

それに、理沙が幸一を選んだ時に結婚を望んだら、それを叶えてやれるのか?とも聞いた。

だから、幸一が理沙に結婚の話をするのは、至極当然な成り行きでもある。

そんなことが頭にあった。

それを言ったのは全部私なのだ。

たとえそれを後悔していたとしても、やっぱり言ったのは私。

だから、感情を素直に出すことが出来なかった。

ルールでもなんでも作って、幸一にそれを言わせなければいい。私にない手札を使うな、同じ土俵で戦え、と言えばいい。

でも、そういうことが言えない。

「vet…。悪い。やっぱり、ずるいか…」

「…」

「でも、vetのことを語る理沙を見ていたら、俺が理沙に選んでもらうにはこうするしか無いと思った」

幸一は、格好を取り繕うようなことはしていない。理沙を得るために何でもするつもりなのだ。

そういう意味で、幸一のほうが純粋で、まっすぐだったと思う。

幸一は、必死だった。

今になるとそれがすごくわかる。

でも、私は、この時になっても、自分の本心が言えなかった。

私も必死じゃないわけではなかった。

それでも、理沙が、結婚ということを口にしていたことも思い出すと、理沙の望む幸せの中にはそれも含まれているのは、容易に推察できる。

その当時の私には、理沙とすぐに結婚することは、選択肢にない。

でも、その機会を幸一は提示しようとしている。

それを阻止することは、理沙の幸せを阻止することになるかもしれない。

そんな理屈が頭の中をグルグル回っていた。

「だから、良いって言ってる」

「良くないって顔して、良いって言われてもな」

「指輪まで買っておいて、今更、言わないってことはないんだろ。俺がなんと言おうと、もう、プロポーズすることは、決まっている。違うか?」

「それは、そうなんだが…。vetにも納得して欲しかったけど、無理か?」

「俺に納得しろって?無茶苦茶な話だな」

「そうだな…。理沙を奪いに行くってことは、vetとの仲をたがえることになるのか?」

「そうかもしれない。これまで通りに、お前と接することが出来るかどうか、俺にはわからない」

「そうか…残念だよ。でも、俺は理沙を取ると思う」

幸一が明確に言った。それが理沙への思いだった。

「わかってる」

「はぁ…」

「はぁ…」

二人でため息を付いた。

しばらく、無言だった。

その沈黙のあとに、私が言った。

「食うか」

もう、その話をしたくなかった。

「ああ」

幸一も私の気持ちは察してくれたらしかった。ただ、頷いた。

そして、のそのそと、どちらともなく、少し冷めかけた食事に手を伸ばす。

酒も頼み、幸一はタバコも吸い始めた。

そこからは、本当に他愛のない話をしたような気がする。

その前の話のインパクトがありすぎて、あまり覚えていないのだが、少なくとも、理沙のことは一切話題に出なかった。

いつもの様に食べて、いつものように飲んで、いつものように話をして、いつもの様に笑って、過ごした。

そして店を出たあとも、いつものように別れた。

「それじゃ」

「ああ、それじゃ」

理沙との関係もそうだったが、幸一との友人関係も、今まで通りでは居られないのかもしれないのだということを、改めて認識した日だった。

これで、幸一と笑って話をするのも最後かもしれないと覚悟した。


そして、最大の心配事。

幸一の理沙へのプロポーズ。

それが実行されることを、確信した。

私には、それに対抗できる何かがある気がしなかった。


テーマ:主従関係 - ジャンル:アダルト

はじめまして
突然のコメントすみません
何気なく辿り着いたvetさんのこのブログ、引き込まれて時間の空いた時に拝読させて頂いております

すべて読み終えていないのにコメントするのも失礼ですが、先を読まず、この回を読んだ直後のこの瞬間に書いてしまうのもいいかと思いまして…

この、「結婚」を実現出来ない苦しみの中の決断
形は違えど、愛する奴隷に対して自分も苦しんだ記憶が蘇り、切なさ乱れ打ち状態です(笑)
後から考えれば、いくらでも格好いい事に出来ますが、その最中は運に身を任せたい(=相手に甘えたいw)、ぐるんぐるんな状態だったと思います

こうやって、その時点での想いを文章にして表現しているvetがすごいなと、単純に感銘をしました

10年経った今でも忘れられない女々しい主です
vetさんとまったく同じではないでしょうが、近い気持ちで文字を追わせていただき、あの愛する奴隷への想いを蘇らせて頂いたお礼に、コメントせずにはいられませんでした

ありがとうございます
この後、みなさんがお幸せになる事を祈りつつ、続きをまた読み進めさせていただきます

素敵なブログと巡り合わせていただいたvetさんに感謝
[2013/12/05 20:45] URL | うみ [ 編集 ]

>うみさん
はじめまして。ブログ、読んでくださってありがとうございます。
全て読まなくてもコメントは大歓迎ですよ。
なんというか、これだけ書いてしまいますと、「全部読んでください」なんて、とても言えませんので。自分でも、全部読み返すのは、結構きついなと思います。
後で読んで、別のことだったんだと、思ったとしても、その時、その時に感じたことを、書いてくださって、大丈夫です。

うみさんも、主様だったのですね。
運に身を任せたいという部分、まさにそんな心境もありました。
もう、考えるのが、辛くなりすぎていて、あとは、理沙に任せるということに、結局、私もしてしまったのかなと思います。
自分が、相手の望むことを叶えてやれないから離れるというのは、自分の無力感もありますよね。
本当に、ぐるんぐるんというのは、的確な表現かと思いました。

私も、時間がたっても、忘れられないです。
女々しいと言われれば否定はしませんが、でも、忘れられないほどに、大切にした奴隷だったのだと、今は思うことにしております。うみさんにとっても、その奴隷の方は、そういう、存在であり、大事にされたのだと思いますから、それはとても素敵なことだと私は思います。

お礼なんて、お恥ずかしい限りです。私の方こそ、共感してくださる方とこうしてお話ができることを、本当に嬉しく思いました。
お手数をかけて、コメントをしてくださってありがとうございます。感謝です。
[2013/12/16 21:40] URL | vet [ 編集 ]

レス、ありがとうございます
お手を煩わせてしまい、申し訳ありません

すみません。記事を読んだ勢いで書いてしまったので…
自分の投稿読み返してみたら、日本語用法がおかしい(恥
お目汚し、失礼しました(笑)

でも、他の記事もそうですが、共感出来る部分は多々あります
何を隠そう、私も理系Swww

不思議なもんですね
こうやって、vetさんのブログ読んで、気持ちがそっち寄りになると、寄ってくるのでしょうか…
奴隷候補が出来てしまいました(笑)
自分の嗅覚も鋭くなるんでしょうが、雰囲気でも出てしまうのかもしれません

主従にならなくても、素敵な関係になれば…と自分の事ながら願ってます

すみません
自分語り部分が多いので、レスは結構です
vetさんには失礼ですが、こうやって表に出せるだせる場が嬉しい

ありがとうございます
そちらは寒さ厳しいでしょうが、ご自愛下さい
東京も急激に寒くなりました(笑)
[2013/12/20 18:11] URL | うみ [ 編集 ]

>うみさんへ
いえいえ、コメントは嬉しいですので、気になさらずに。
日本語の用法とか、そういうのも、相手に意図が伝わればそれでいいですから、問題無いですよ。というか、しっかりとコメントを書いてくださったと思いますので、大丈夫です。

うみさんも、理系Sの方でしたか。こんなところで、同じような性癖の方にお目にかかれるとは嬉しい限りです(笑)
共感いただけたのが、なによりも、私にとっては心強く感じます。

それで、奴隷候補の方が見つかったのですね。それは、良かったですね。
これからどうなっていくのか、まだわからないのだと思いますが、良い関係ができるといいですね。うみさんにとっても、お相手にとっても幸せでありますようにと思います。

こちらは寒いですが、例年に比べると、まだ暖かいみたいです。雪も少ないですので。
どちらかと言うと、本州のほうが、いつもよりも寒い感じみたいですね。
東京も寒くなってきたとのことですから、お体にはお気をつけてお過ごしくださいね。

レスは結構って書かれていたのに、つい書いてしまいました(笑)
私も、お話をするのは、嬉しいものなので、お許し下さいね。
[2013/12/29 00:04] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報