理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン
「股を開け」

奴隷に命じる。

「はい…」

といって、奴隷は、股を開き、私の前に性器を晒す。

ごく普通にある光景だ。

もちろん、奴隷といっても、その行為には、多少の抵抗感がある。

憂いのような表情を浮かべながら、恥ずかしそうにしながら、そうする奴隷もいた。

躊躇し、時間をかけて決意し、その末にやっと股を開くことのできる奴隷もいた。

奴隷により、またその時期により、反応は違う。

だが、私の命令が絶対であることを理解した奴隷に、股を開かないという選択肢はない。

そんな命令。

それは、今の(御主人様になってしばらくして以降の)私にとっては、特別なことではない。

奴隷を目の前にして、何らかの命令を発することに、抵抗も、躊躇もない。

私が、思ったまま、命じる。

奴隷の頭を掴んて、「しゃぶれ」とか、

床に這いつくばる奴隷に足を出して、「なめろ」とか、



そういう命令を口にすることを、私は特に何とも思わない。

口にすることすらなく、黙ってさせることも多々あるが、そんな命令でも、同様。

命令という風に意識することもあまりなく、自然に口から出る言葉であったり、態度であったりする。

対奴隷のみ、ではあるが、日常会話とも言えるかもしれない。

例えば、恋人同士で、「あのお店に、今度、ご飯食べに行こう」とか、そういう言葉と、おそらく同じレベルで、発する事のできる言葉だ。

私の命令というのは、そういうものに”なった”。


でも、御主人様初期の頃、私は、このような命令をすることに違和感を覚えていた。

もちろん、嫌だったという意味ではない。

最初から、S性は、大いに刺激されたし、これを言うこと、そして従う奴隷に、愉悦を感じていた。

また、奴隷がそれを望んでいること、そんな私の命令に従うことで、M性を満たされる部分があることもわかった。

でも、私は、自分の発する命令というものに、自信がなかった。

一つは、奴隷を必要以上に追い詰めることを命じてしまうのではないか?という心配。

命令を奴隷はそのまま実行する。

たとえ、奴隷が尻込みしたとしても、一度出した命令は、実行させる。

退くことのないもの。

私はそう思っているし、そうさせる。

そして、奴隷が、奴隷として、私に気持ちを預ければ預けるほど、奴隷の中での、私の命令の強制力は、強くなる。

奴隷は自分に与えられた命令のリスクを無視するようになる。自己防衛をしなくなる。

だから、命令には奴隷に対する責任が伴う。

その責任の重さを感じていたように思う。

感じていたと言うよりも、戸惑っていたと言ったほうがいいかもしれない。

つまり、奴隷にとって、致命的な損傷(肉体的にも、精神的にも)を与えるような命令をしてしまうのではないか?という心配が、私の気持ちの中にあった。

それは、私の御主人様としての経験不足から来るものだ。

どの程度のことを命令すると、どうなるのか?

それが、初期の頃、経験がない私には、わかっていなかった。

”女”というものと付き合ったのも初めてだったし、女の体、そして心に深く触れたのも初めてだった。

もちろん、”奴隷”としての体、心は、未知のものだった。

だからそれに、直接触れることになる命令というのは、私には考えなしには発することが出来なかった。


もう一つは、奴隷に嫌われるかもしれないという危惧。

奴隷が嫌がる命令をしたとき、奴隷との信頼関係が崩れてしまうのではないか?

命令があまりにもおかしくて、主従の雰囲気を壊し、愛想をつかされるのではないか?

そんなことを考えていた。

奴隷の顔色を伺っていたようなところがある。

それが初期の私の命令だった。


こんなことを書くと、Sな方々には笑われるかもしれない。というか、笑っていただいて構わないのだが、私は、こんな感じで主従を始めた。

何度も書くようだが、あの頃のこんな命令でも、私のS性というのは、大いに刺激されていたのだ。

それは間違いないことだ。

決して、奴隷に命令することが嫌だったわけではない。

でも、同時に、こういう事を思っていた。

だから、命令に自信がなかった。

命令するのが怖かったと言ってもいいかもしれない。


でも、その内に気がついた。

私が自信なく、命令をしている時、奴隷はそれを敏感に察知することに。

ある時、奴隷が言った。

「御主人様、(その命令は)大丈夫ですよ」

と。

何気ないフォローだったのだろうが、私にしてみると、屈辱的なことでもあり、なにより、恥ずかしかった。

御主人様だ!なんて言っている自分が、命令一つ、まともにできず、奴隷に気を使わせている。

正直、かなり凹んだ。

だからといって、すぐに気持ちを切り替えて、自信を持って命令ができるようになったわけではない。

やはり、上記の心配はつきまとっていた。

それでも、私は奴隷に命令をする。

それを続けた。

やめることはなかった。

そうすると、そのうち、なんとなくわかりはじめた。

いつの間にか、奴隷の状況を把握し、それに私の欲求をしっかりと載せた形での命令を自然にするようになっていった。

色々な行為と、その時の奴隷の反応を見て、経験するにつれて、どこまでできるのか?どこまでやって良いのか?ということが、実感として理解できるようになっていった。

命令における、奴隷に対する責任。

それをちゃんと意識しながらも、自信を持って言える部分が増えていった。

これは、本当に、経験と共にあったことだから、経験に比例するように、できるようになった。

ただ、奴隷に嫌われるかもしれない、関係が崩れるかもしれない、という危惧については、残っていた。

これは、すぐに払拭できた気持ちではなかった。

やはり、命令を受ける奴隷の気持ちというのが、気になった。

とはいえ、これも、少しづつだが、変わっていった。

だんだんと奴隷の気持ちというのが、わかるようになってきた。

奴隷が、はっきりとした、そして、自信を持った命令を望んでいることを感じられるようになった。

命令の内容が問題なのではなくて、

その命令が、その時の私が真にしたいこと(奴隷にさせたいこと)であるのかどうか?

私が満たされるものであるのかどうか?

自信を持って発せられたものであるのかどうか?

ということの方が、重要なことなのだと、奴隷の様子を見ながら気がついた。

「股を開け」

なんていう命令は、奴隷が奴隷であれば、また私と奴隷だけがいる部屋の中であれば、拒否する理由が見当たらない。

それによって、奴隷の肉体や精神に致命的なものを与えるようなことはまずないし、奴隷がそれで私に愛想をつかすことも考えにくい。

だから、こういう命令は、比較的早い段階で、自信を持って言えるようになったものだった。

そして、その時の奴隷の反応が、自信のないことを命令するときに比べて、格段に、良いもの(M性を刺激されているようにみえるもの)であることに、気がつくようになる。

「私は、私のしたいようにすればいい」

そんなこと、主従になった時点でわかっていたはずなのだが…。

頭では、それは理解していたが、気持ちでは、そうではなかった事に気がついた。

でも、それに気持ちが追いついた。

しばらくたってから。

「したいようにすればいいって、こういうことなのか」と、心から理解した気がする。

そのあと、徐々に、躊躇や動揺がなくなっていった。

命令するときの、気構えというか、命令するぞという、一種の気合いのようなものは、しばらく残っていたのだが、それもだんだんと薄れていった。

そして、命令を、何の抵抗もなく発するようになっていった。

日常会話のレベルに近づいていった。

そして、最終的には、どんな命令でも、特に気負うこともなく、すっと口から出るようになっていた。

多分、私が”御主人様”というものに、ある意味でなったのは、この時のような気もする。

でも、初期の頃に思っていたことを考えなくなったわけではない。

命令が持つ意味、それが奴隷に与える影響、その責任、全てやはり考えている。

それでも、命令を躊躇なく出せるようになったのは、絶対にしてはいけない命令、したくない命令、そして、私が出したい命令というのが、頭の中できちんと整理されたのだと思う。

例えば、「どこかで他の男に犯されてこい」なんて命令は、私は出さないだろう。

それは、奴隷を自分の支配下においておきたいという私のS性を満たすことにならず、私の嫉妬心を自分で煽るだけであり、奴隷を他人の手に委ねることは、その責任を放棄していることと、私は認識しているから。

奴隷を深く知り、自分の気持ちやS性をちゃんと知った。

だから、私が出さない命令。

すっと出せる命令というのは、その逆のことを、すでに考えつくしたもの。奴隷と私の事を知った上で。

それが、私の命令。

今となっては、私は、本当に簡単に命令を出せる。しばらく出してはいないので、錆び付いているかもしれないが、おそらく出せる。

でも、こうなるまでには、こんなことを考えていた。

考え過ぎかもしれない。

もしも、”本物のS”というものがいるのなら、私のようなややこしいことは考えないのかもしれない。

だから、私は、自分が”本物のS”だと、主張する気は毛頭ないが、私は私の命令を、このようにして、ちゃんと考えた末に、持てたことには、誇りを持っている。

命令の一つ一つは、私のS性から生まれた意思の塊だと思う。

次に、もしも奴隷に命令をする機会があるなら、私は、純粋に私のS性や欲望に従って、私が私のしたいように、自信を持って言うだろう。

あっさりと、すんなりと、普通の会話をするかのごとくに。

揺るぎのない、絶対的な、私の命令を。

テーマ:主従関係 - ジャンル:アダルト


Vetさま

こんばんは
命令を受ける側としては、
ご命令のもとにある気持ち、
そうしようと思わずとも、
察してしまうものですね

ご自身をよく考察されてのご命令、
きっと、従わざるを得ない気持ち、
喜んで従いたい気持ちに
なるのでしょうね。

そのような「ご主人様らしい」命令を
いただくことは
奴隷としてとてもうれしいことですね。
お前にだから言うと
言っていただいているようで。


[2012/02/19 21:31] URL | 智薫 [ 編集 ]

>智薫さん
やはり、気持ちというのは、命令を通して伝わるものなのですよね。
それは、奴隷にも言われたことがあります。
命令一つであっても、それが命令以上の何かを奴隷に与えているのでしょうね。
そのこと、なかなか気がつけなかったところです。

奴隷が私の命令をどう思っていたのか?というのは、なかなかわからない部分の一つでもありますが、命令された瞬間の表情が、とても嬉しそうな時があって、そういう部分からは、奴隷の喜びというのを感じました。

おまえにだから言うというのは、その通りですね。
その奴隷のために命令を作るわけですから。
奴隷が、私のためにもの、私のためだけのものであると、私は思っていましたが、私の命令というのは、奴隷のため、その奴隷のためだけのものだったのかもしれません。
[2012/02/19 22:06] URL | vet [ 編集 ]
拝啓。
命令をして頂いて、それに従う…

考えるだけでゾクゾクしてしまいます。

未経験者としては、SMといえば鞭や蝋燭なんかも想像しますが
やっぱり命令は、心を支配されることで
プレイより大きい気がします。

信頼関係があって心が従う気持ちにならなければ、プレイも受け入れられないと思っているので

まだまだ分かりませんが、一番大事なのかなって思います。

未経験者が思うのは、いきなり命令して頂いて
すぐに受け入れられるのかな…そういう空気になるのかな?とか、今から余計な心配ばかりしています(笑)

縛られて頭を掴まれたり、顔を踏まれたりして、命令される…
とか、ひとりで妄想にしているので、危ないですよ、私(笑)

想像ばかりが膨らんで、いざ本番って時にガチガチの硬直状態かもしれません。



過去の愛奴様に匂いフェチの方がいらっしゃったんですね。
なんだか、お仲間発見で嬉しいです。

私も、なかなかマニアックなのですが、愛奴様のお話、いつか読ませていただきたいです。
[2012/02/20 00:59] URL | 優 [ 編集 ]

>優さん
命令というのは、SMと言うよりも、主従という関係を顕著に示すものという位置づけかもしれません。

SMの鞭や蝋燭などの直接的なプレイが好きな人もいますし、こういう命令とか、主従としての関係であることに、喜びを感じる人もいると思いますので、人によって、どちらが大きいか?というのは、違うのだと思いますけれども、優さんにとっては、心の支配という意味で、こちらのほうが大きく感じられるのですね。
優さんのM性が、そういう方向なのでしょうね。

もちろん、信頼関係とか、相手を尊敬していなければ、命令も素直に従おうとは思わないと思いますので、そういう部分は、大事だと思います。

実際には、命令して受け入れられるかどうか、というのは、命令の内容にもよりますから、わからないところですよね。特に、未経験ですと、心配になるのはわかります。優さんに限らず、私のところにそういうご相談を下さる、M女の方が他にもいらっしゃるので。
ですが、命令というのは、それを果たそうと、奴隷が必死で頑張る姿が御主人様にとっては、嬉しいのだと思います。少なくとも私はそうです。命令を確実に実行できるかどうか?というのは、二の次といっては、言い過ぎかもしれませんが、奴隷が必死であれば、それでいいのだろうと思います。
それに、命令を果たせなければ、次のお仕置きの材料にもできますからね(笑)そうやって調教をつなげていく事もできるわけです。

未経験ですから、色々と妄想されるのは、いいのではないでしょうか?実際に、それをされた時に、その妄想と、どこが違うのか?というのを、確かめてみるのも、楽しみかもしれませんね。本番になったら、最初はガチガチになるのは、仕方がないですよ。でも、それを上手くコントロールしてくれる御主人様だといいですよね。

匂いフェチの話は、そのうち書きますね。ちょっと照れくさい話でもあるのですが。

[2012/02/23 21:16] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報