理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私がやった調教、というか、奴隷との行為のときの雰囲気というのは、だいたい同じだった。

御主人様ごとに、奴隷との間での雰囲気の作り方というのは、多分、ある程度、決まったものが、あると思う。

というより、作る以前に、調教時に、奴隷と対したときの態度がいつも変わる人というのは、あまりいないだろう。

初期の頃には試行錯誤をするから、定まらないかもしれないが、それなりに経験を積んだ御主人様なら、意図的に変えない限り、ほぼ、決まった形で奴隷に接すると思う。

また、奴隷によって変えることもあると思うが、根幹の部分というのは、しっかりとできていると思う。

だから、そこから形作られる雰囲気というのも、たいだい、同じようなものになるのだと思う。

少なくとも、私はそうで、その雰囲気というのは、そうそう変えられるものでもなかった。

状況ごとに、コロコロ変えられる人もいるのかもしれないが、私はそんなに器用じゃない。

私の場合、奴隷と対している時、そして調教時には特に、冷然と奴隷を見下ろしているような態度をしていたと思う。

奴隷との位置取りにしても、話しかける口調にしても。

いつもそれほど変わらない。

上から見下ろす。

命令する。

でも、激しさというのはあまりなかったほうだと思う。怒鳴るようなこともあまりしなかった。

「足を開いて座れ」

とか、

「奉仕しろ」

というようなことを言っても、感情をそれほど声に乗せない言い方をしていたように思っている。

また、命令を口に出すこともなく、黙って、首輪のリードを引っ張るとか、髪の毛を鷲掴みにして、引き寄せるとか、そういうことも多かった。

静と動で言えば、私の調教中の奴隷への接し方は、静の側に近いと思う。

静かで、ピンと張った雰囲気を作って、その中で、奴隷を使う。

だから、奴隷を荒っぽく攻め立てるというようなことは相対的に少なかった。

行為自体が激しいものだったり、派手なことはもちろんある。

鞭で散々に打つこともあるし、スパンキングや踏みつけ、蝋燭も使う。

SMの定番と言われるプレイはするのだが、雰囲気としては、静の側だったのではないかと、自分では思っている。

静かに、奴隷に”支配”という圧力をかける感じ。

理想としては、私が無言でいても、奴隷が自分が完全に支配されていることを感じるような雰囲気。

絶対に、逃れられないという気持ち。

それを与えるようなことがうまくできた時、私はかなり満足していたと思う。

上で書いたように、やっぱり私はあまり器用な御主人様じゃないので、いつも出来るわけではなかったと思うのだが、そういうのが好みだった。

御主人様の中には、ローターやバイブなどを使って、奴隷を責める人も多いと思うが、私は、電動器具の使用頻度も、それほど高くない。

もちろん、使わなかったわけではないし、調教のときはいつも持っていたが、機械音のうるささが、雰囲気として嫌なときがあり、そういう場合には使わなかった。

静かな中で奴隷の嗚咽だけが聞こえるような状況というのが、私のS性を刺激してくれたように思う。

だから、SMのAVなんかで見られるような、何かの台に縛りつけて電マやローターなどを色々な所に当て、激しく怒鳴り、大声で嘲りながら、攻め立て、奴隷もそれに呼応して、叫び声を上げながら、よがったり、潮を噴いたりするようなこと、というのは、あまりやっていない。

例えば、服のボタンを外さずに、そのまま左右に思い切り開いて、ボタンを引き千切るようなことにしても、静かに黙ってやる。

奴隷はいきなり服を破壊されて驚くが、それも当然無視するし、抗議もさせない、疑問も持たせない。

びっくりしている奴隷を視線で射ぬいてしまうか、

「騒ぐな」

と、言うくらいだ。

イラマチオなんかでも、黙って奴隷の頭を掴んで私の股間に押し付けるか、

ただ、「咥えろ」と命令するか、という感じ。

奴隷が苦しがったとしても、私が激しい言葉を浴びせることはない。

「続けろ」と言うか、黙って抑えつけて、淡々と、それをさせるか。

だから、たとえそういう乱暴なことをしたとしても、やっぱり、雰囲気としては、静かな中で進行することが多かったと思う。

こんな感じの調教が好きだった。

私が好きに奴隷を使っている時というのは、こういう時だといってもいい。

奴隷との関係がまだ浅い時には、私のことがわからないから、説明じみたことは言うのだが、それも、ただ言うだけで、大声を出して威圧的に言うことはやっぱりあまりない。

奴隷が、苦痛や快感やその他のことで、声を上げたり、泣いたりしても、それを冷静に見下ろしているのが、私としては楽しかった。

意識して、こういうふうにしようと思ったわけではないし、これが御主人様のあるべき姿だと思っていたわけでもないのだが、いつの間にかこういう感じがしっくりくるようになっていた。

だから、私のS性というのは、こういうものを求めているのだと思う。


そんな雰囲気での調教が多かったので、奴隷には、私が欲望丸出しで迫る姿というのは、あまり見せたことがない。

そういうことはそれほどしなかったから。

でも、私にも、そういうことをしたいと思うときもある。

ただ奴隷の性を貪りたいと思うこともある。

なので、たまにだが、激しく奴隷を使う時があった。

最初の挨拶もそこそこに、奴隷を押し倒して、抱く。

ただ、欲望のままに、奴隷の中に入って、好きなように射精する。

欲望のはけ口として、何も考えず、性欲のままにただ使う。

そんな風にすることがあった。

私としては、冷静に調教をするというのが、好みだったから、こういうことはなんだか私らしくないと思っていたので、

これをやった後というのは、なんとなく、自分がポリシーを曲げたみたいな気がして、多少の自己嫌悪が残る。

もちろん、奴隷に悪いという気持ちからの自己嫌悪ではない。

奴隷に対して、そういう風に接することに、私は何の罪悪感もわかない。

このような使い方をされることも、奴隷の役割だ。

ここでの自己嫌悪というのは、あくまでも、自分のポリシーに対してということ。

冷静さを欠いた自分の状態が、どうにもしっくりこない、ということ。

だから、私は、こういう行為をそれほどやらなかったのだが…。


奴隷は、私とは、違う感想を持つようだった。

私がこんな風にしたとき、奴隷は、喜んだ。

「御主人様、今日は、気持ちよく使っていただけましたでしょうか?」

なんて、聞いてくる時の顔が、とても嬉しそうだった。

「たまにはこんな風にしていただけると、嬉しいです」

なんて、率直に言ってくる奴隷も居た。

これは、一匹の奴隷だけではなく、大体の奴隷が同じような反応だった気がする。

そうなると、ひねくれ者の私は、こんなことを言い返したりするのだった。

「普段の調教は嫌なんだな」

そういうと、奴隷は、急いで首を横に振って、

「そんなことはないです!」

と否定する。

でも、その後で、

「御主人様にこうして激しく求めていただけると、幸せな気持ちになります」

とか、

「こういう御主人様、大好きです」

というようなことを、言うことが多かった。

これを最初に聞いたときは、激しくセックスをされるのが奴隷も性的快感や、M性への刺激が得やすいのだろうと、私は解釈していたのだが、

話を聞いているうちに、そういうことでもないということに気がついた。

奴隷は、私が遠慮なく、好きなようにしているのが、わかって、嬉しいということなのだった。

気持ちのままに使う、欲望をストレートにぶつける、その対象に自分がなれていることが幸せ。

そんな気持ちになっているということが、奴隷の言葉や態度から感じられた。

”御主人様が強く求める物”に自分がなれていることで、奴隷としての価値を認識できているということ。

私が気兼ねをしないで接する存在になれた気がしているということ。

それを奴隷が一番に感じられるのが、私が性欲に突き動かされるままに使ったときのようだった。

でも、これがわかったとき、私はちょっと苦笑した。

私の普段の調教も、別に奴隷に遠慮しているわけではない。

S性を満たすため、また性欲も満たすために、私がしたいようにしているし、自分が気持ちよくなれるようにもしている。

自分で決めたポリシーにそってやっているから、それでS性も性欲も、かなり満たされている。それは間違いない。

でも、そのことが、奴隷にはあまり伝わっていなかったようだった。

私が、普段は、欲望をセーブして調教をしているように感じられていたようだった。

それはそれで、仕方が無いのかもしれない。

”欲望”というのは、ある種の激しさを伴ったものであることが多いから。

なかなか、わかりにくいのだろう。

”欲望のはけ口”にすると言うと、一般的には良い意味では使われないと思うが、奴隷にしてみると、そういう扱いというのは、私を満たすことができていると、ストレートに認められ、自分が奴隷として良かったのだとすんなりと思える行為だったのだと思う。

私にしてみると、冷静に組み立てた調教を否定されているようで、多少、不本意なことではあるのだが…。

もちろん、奴隷も私が言うことを信じないわけではなかったと思うから、頭では理解していたのだろうが、やっぱり、激しく奴隷の性を貪ることの分かりやすさには、なかなか勝てないもののようだ。

これは未だに少し悔しいことだし、次に奴隷を持ったら、絶対に克服したいと思う部分でもある。

その一方で、仕方のないことでもあると理解しているから、なんとも言えないところだ。

どこまでも冷静な調教を是とする御主人様というのも、それなりに居ると思うが、たまには、奴隷を”欲望のはけ口”にしてみるのもいいのだろうと思う。

テーマ:支配と服従 - ジャンル:アダルト


Vetさま、こんにちは。

Vetさまが脈絡なく性処理に奴隷を遣われたときの、
奴隷さんの「よろこんだ」反応の気持ちが
とてもよく判ります。

それは、やはり、
M性の刺激による快感ということ以上に、
ご主人様であるVetさまに求められたことが
実感としてとても伝わるという悦びなのだと思います。

Vetさまの
「冷静な調教」の積み重ねから、
そういった、
「ご主人様が感じてくださることが、
ご主人様が求めてくださることが
自分にとってとてもうれしい」という気持ちが
生まれるのだと思います。

Vetさまの調教の良さが
Vetさまと奴隷さんの個々の関係性の良さが
伝わってくるようなエピソードだと思えました。

[2012/02/24 12:07] URL | 智薫 [ 編集 ]
拝啓。
私が「御主人様」に、一番聞いてみたかった内容が書かれていて、驚いています。

vet様、ありがとうございます!

お話を聞いても、色々なブログを拝見しても
やっぱりプレイ重視の内容が多く
プレイの中での、御主人様のことが書かれていることが少ないのです。

愛奴様がブログをされていることが多いので、仕方ないことなのですが
聞いてみたかったことを、いつもvet様に綴って頂けるので、お勉強になります。

雰囲気って、どうなのだろう??
って、ずっと思っていました。
動画を観ても、見せるためのSMの感じがして
私には、どうも納得できなかったのです。

私の知りたかったことが、ここにありました。



愛奴様の言われたことも分かります。

例えば、「愛してる」を普段は全く口にしない人が居て
でも、口にしなくても、態度や行動、発言に、その人なりの愛を感じる
そんな人からの、滅多に聞くことのない「愛してる」は、飛び上がるほど嬉しいものです。

いつも厳しい人が褒めてくれた時の慶び

普段は感謝を伝えない人からの感謝の言葉

たまにだから、深く実感できる気がします。

もちろん、それは人それぞれの価値観ですから
私の場合ってことなのですが。


ピーンとした静の雰囲気の中で、見つめられるだけで、最初は泣いてしまうかもしれません…

そんな雰囲気、なかなか経験することじゃないですからね。

また妄想が膨らみます(笑)


蝋燭って、どんな感じ?と思いまして
お仏壇の蝋燭で、腕に垂らしてみました(笑)
確かvet様も、普通の蝋燭で愛奴様にする前に試されたと書いていましたよね?

火傷しました…

美容室ではヘアアイロンを使用するのですが
それよりも熱かったです。

これに興奮する日が、来るのでしょうか……(汗)


先日、初めて縛って頂きました。
色んな事情で深くは書けないのですが
ただ、縛ってもらっただけなのですが
縄酔いを体験できました。
大きな鏡の前で、縛られていく自分の姿に、とても興奮しました。

御主人様に縛られたら、もっと興奮するんだろうなーと、まだ消えない縄跡にウズウズしてしまいます(笑)

[2012/02/24 21:41] URL | 優 [ 編集 ]
わかります
はじめまして。

わたしも奴隷さんたちの喜ぶ気持ち、よくわかります。
ただ、それは、ふだんの冷静(に見える)調教があるからなんですね。
いつもいつも、ただ欲望のままに求められるだけというのだったら、それはそれで不満なんだと思います(笑)
どんなことでも、メリハリが大事・・・というか、効果があるものですね。

vetさんの書く奴隷さんの話を読むと、客観的に自分を見れることがあります。
貴重なブログです^^
[2012/02/27 01:30] URL | 涼音 [ 編集 ]

>智薫さん
ありがとうございます。
普段の調教があってこそ、こういう風にしたときの喜びがあるとのお話に、なんだかすごく救われた気分がいたします。
私の普段の調教というのも、それはそれで、ちゃんと必要なものだったのだと確認できましたので。

奴隷に対して、どんなふうに接するのか?どんな調教をするのか?というのは、本当にずっと考えていたことでした。
反応を見て変えるというわけでもなく、基本的には私のしたいようにするわけではありますが、それでも、奴隷が満たされるようにということは、やはり重要なこととして思っていましたので、それが、どこにあるのか?を探し続けるのが、調教なのかもしれません。

そして、私が奴隷のことをわかるのと同じように、奴隷も私のことをわかって、お互いに、良い部分で、接することができたときというのが、本当に幸せな瞬間だったんだなと思いました。

奴隷との関係の良さが伝わるなんて言っていただけて、とても嬉しく思います。



>優さん
優さんが知りたいことが書いてあったとのことで、私も、書いてよかったです。
調教の時の雰囲気というのは、なかなか、わからないものかもしれませんね。
SMのAVなんかを見ても、ただ激しく攻め立てるようなものが多いので、あれは、個人でやる場合の現実的なものとは、少し違うように感じます。かなり派手に演出されていると思います。それは、AVですから、仕方が無いのですが。
多少なりとも、雰囲気を感じていただけたのでしたら、嬉しく思います。
ただ、私のブログに書いているのは、あくまでも私の雰囲気とか、接し方なんですよね。ですから、他の御主人様には、また別の雰囲気がありますので、色々なんです。

普段しないことをするというのは、たしかにインパクトがありますし、それをするということは、普段とは違う想いがそこにあるということでもあると思いますから、おっしゃるように、愛しているという言葉を滅多に言わない人に言われた時の喜びというのは、同じ感覚なのかもしれませんね。

私の雰囲気で、泣いた奴隷も居ますが、それは最初だけですよ。別に怖がらせるためにやっているわけではなくて、そういう緊張感が主従の関係をはっきりさせる役目を果たすように思っていましたので、そんな感じだったのだと思います。
逆に、それで泣かれてしまうと、調教にならないので、困るかもしれません(笑)
どんな妄想をされるのかわかりませんが、なんだか、楽しそうですね。

仏壇の蝋燭使ったのですか…。
それは、ダメですよ。火傷します(って、すでにされたのですよね…)。私が試した、アロマキャンドルもダメですが(笑)
SMのことを、試すのはいいですけれども、怪我がないようにしてくださいね。
今なら、通販でも、低温蝋燭、買えると思いますから、もしも試すなら、それにしてください。火傷は大変ですから(経験者なので)。

熱さに興奮する人もいますが、そういう状況(逃れることができない)に置かれている自分に興奮するとか、心を預けた御主人様にされているということで、気持ちが高まるとか、同じ蝋燭でも、色々な感じがあると思います。もちろん、全然なにも感じなくて、ただ苦しいだけという場合もあります。
優さんがどう感じられるかは経験しないとわからないことでしょうね。それまでのお楽しみ、ですね。

緊縛、経験されたのですね。徐々に、SMの世界に足を踏み入れられているようですね。
しかも、縄酔いも体験されたとか。とても興奮できたとのことで、良かったですね。
御主人様に縛られたら、やっぱり、感覚は違うと思いますよ。
極端な話、縛りがあまりうまくなくても、今回以上に、感じることもあると思います。やはり、SMの技術というのもあるのですが、それ以上にどれだけ想いを強く持てるか?ということが、大きいように思います。


>涼音さん
はじめまして。ブログ読んでくださって、ありがとうございます。
やはり、普段の調教があってこそのものなのですね。
そういう風に言っていただけると、ホッとします。私のやり方もそんなに間違いじゃなかったと思えますので。
メリハリというのは、確かにそうかも知れませんね。
私も、調教する側としても、たまに違ったことをすると、それがとても新鮮で、気持ちが良かったりするので、奴隷の側にも、同じことが言えるのですね。

貴重なブログなんて言っていただいて、とても光栄です。
私の視点でしか書けないものではありますが、それでも多少なりともお役に立てているなら、幸いに思います。

[2012/02/29 22:23] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。