理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン

奴隷になりたいと思っているM女や、奴隷になったばかりの方にいただくメールでのご質問で、結構多いものがある。

それは、「奴隷はどうしたらいいのでしょうか?」というようなもの。

具体的な事柄(態度や技術)を聞きたいということもあるし、精神的な意味、心構え的なこととして、ご質問を頂くこともある。

それは、色々なので、詳細はそれぞれにお返事しているが、初めて奴隷になった時、奴隷に必要なものは何か?ということを知りたいという方は多いようだ。

私の奴隷もそうだった。

最初に、

「私はどんな奴隷になればいいのでしょうか?」

なんて、聞いてきた奴隷も居る。


奴隷になるとき、なったばかりの時に、必要かなと思うものということで、とりあえず、私が挙げるとすれば、それは、”一生懸命”であること、だと思う。

でも、これは、あくまでも、”私”が御主人様だった場合だ。

他の御主人様については、わからないのだが、それでも、多分、優先順位が一番ではなくても、一生懸命な奴隷が嫌だ、という御主人様はあまりいないのではないか?と思う。

ここからは、私のこととして書くのだが、奴隷に対して、そう思うのは、私が、自分の奴隷に、”奴隷を感じた”のが、一生懸命な姿だったように思うからだ。

”奴隷を感じる”ということは、すなわち、私のS性を刺激したということ。

奴隷は、御主人様のS性を刺激し、満たす。と考えるなら、私の場合には、これは大きな事だと言える。

もちろん、S性といっても、私の側から奴隷に働きかけること、つまり、私がやりたいようにやることで満たされるS性もある。

でも、今、私が書いているのは、そういうことではなく、奴隷の側から私に対してやったこと、示した態度などで、私のS性を刺激した部分という意味。

だから、これで全てというわけではない。

でも、私にとっては、重要な部分でもある。

私の思う、奴隷らしさ。

私が奴隷に求めたものの一つ。

と言ってもいい。

それが、奴隷の懸命な姿、必死な態度。


わかりやすいと思われる例を出せば、一生懸命にフェラチオをするということでも、いい。

手馴れてくると、フェラチオなんかは適当にやることもできるだろう。

特に思いを込めてやらなくても、男を射精に導くことが可能なくらいに上手い人もいる。

でも、力を抜かずに必死で奉仕するから、私は快感を感じたのだと思う。

性的快感と同時に、S性を満たされるという快感を。

奴隷のフェラチオがたとえ上手くなくても、それで射精に至らなくても、そこに必死さが見えれば、私のS性に対しては刺激になる。

性的な意味での快感は射精しなければ少ないのは確かだが、それでも、奴隷の姿にS性が多く刺激されれば、私はある程度、満たされる。

それが、S性というものだ。少なくとも、私のS性はそういうものだ。

もちろん、S性への刺激で、ある程度の満足を得たとしても、奴隷には、射精に導けなかったことの不手際を責める。

責めるのは、性処理を上手くやれなかったのだから当然なのだが、私の中での満足感として、奴隷から伝わってきたものというのは、ちゃんとあった。


また別の例。

調教をはじめるとき、奴隷が挨拶をする。

私が躾けたように、手をつき、頭を床につくまで下げる。

普段の生活においては、そんなことをする機会はおそらくないわけだから、これだけでも奴隷になったばかりの時には、意外と難しいことだったりする。

でも、それを一生懸命にやろうとする。

最初はうまくできない。

手の位置が悪かったり、指先が揃っていなかったり、頭の下げ方がぎこちなかったりする。

綺麗な土下座というのは、意外と難しい。

だから、失敗しては、私にやり直しをさせられる。

それでも、必死で私が納得するようにやろうとする。

そんな奴隷の姿。

それが、私にとっては、重要だった。


SM、主従関係における”奴隷”というと、”セックス”と結びついて考えられていることが多いように思う。

「奴隷はセックスをするためのもの」

というのは、間違ってはいない。

性処理に使われることも、奴隷の役割だから。

でも、それが世の中のイメージとして、一人歩きしているように思う。

奴隷は、普通の女よりも、いやらしく、淫乱で、男をセックスで満足させる技術に長けた存在だと。

初心者奴隷や、奴隷になったことがないM女が悩んでしまうのは、そんなイメージをそのまま持っていることが多いからのようにも思う。

ご質問の中にも、

「セックスや、フェラチオがうまくないと、奴隷にはなれないのでしょうか?」

というようなことも結構ある。

また、私の奴隷が初期の頃に、

「もっと御主人様に気持ちよくなっていただけないと(セックスが上手くないと)、私、ダメですよね…」

とか、

「淫乱な自信がないです」

などと、言っていたこともある。

だから、こういうイメージというのは、根強く、あるのだと思う。

でも、私は、性的な行為を上手くこなせるかどうか?ということに関しては、なんとも思っていなかったりする。

逆に、そんなものは、最初から持っていたとしても、どうせ、私の好みに合わせて変えさせるのだから、上手くても、下手でも、どちらでも良かったりする。

結局、私に合わせるように、必死で頑張れる奴隷のほうが、嬉しい。

それは性行為に限らず、奴隷としての他の部分についても同じ。

初心者奴隷が、最初から、奴隷らしくできないことなど、織り込み済みだ。

たまに、最初から奴隷らしくできてしまう奴隷というのも居るのだが、それは珍しいことだ。

御主人様も初心者なら、このあたりのことがわからないのかも知れないから別だが、奴隷を飼ってみれば、奴隷になったばかりのM女が、最初から全てをちゃんとこなせる、なんてことがまずないというのは、わかる。

すでに、誰かの奴隷になった経験がある奴隷でさえもそれは言える。

もちろん、初心者奴隷よりは、色々できるのだが、結局は、私好みに変える必要があるのだから、前のことはリセットし、新しいことを仕込む。

それを奴隷が、一生懸命にやろうとするかどうか。

私が、付き合いはじめの奴隷に求めた一番必要なものが、”一生懸命さ”だったのは、こういうことでもある。


懸命な奴隷は、やはり、かわいいと思う。

必死な姿は、美しいと思う。

私は、そんなふうに奴隷を見ていた。

だから、これから奴隷になるM女が、もしも、何か性行為に対して、上手くできないかも知れないというような不安を抱えているのであれば、とにかく、できることを一生懸命にやることだけ考えれば良いと思う。

奴隷としての振る舞いに、自信がなくても、必死にやれば良いと思う。

まずは、それでいい。

もちろん、そこで「お前はダメだな」なんて言われるかも知れない。

おそらく、私も、そう言うだろうが、一生懸命にやったことであれば、本当にその奴隷がダメだと思っている御主人様は多分少ないのではないかと思う。

少なくとも、私なら、そんな奴隷を本心でダメだとは思っていない。捨てるなんてことも考えない。

口ではダメだと言いながら、とても愛おしいと思っていたりする。

下手でも、不器用でもいい。自信がなくても構わない。むしろそれが当たり前。

一生懸命でさえいれば、見放そうとは思わないだろう。逆に、手放したくない奴隷だと思う。

そして、いつか、御主人様に合うような奴隷になる。というよりも、御主人様が、そうする。

だから、最初は、一生懸命な奴隷になればいい。

私は、そう思う。

テーマ:支配と服従 - ジャンル:アダルト


奴隷とは何かという定義をせずにいつも思ったことをコメントして申し訳ないなと思いながら、今日はvetさんに質問までしてしまいます。

たしかに、ご主人様に対して一生懸命や必死な姿はご主人様にとって満足するものなのでしょうね。
女でM側のわたしでもかわいいだろうな~と思います。

じゃあ、一生懸命した奴隷さんは、その先、どんなメリットを得るのでしょう?
もしくは、ご主人様はどのような見返りを与えてくれるのでしょう?

メリットや見返りなんていうと打算的に聞こえてしまうかもしれませんが、人間、何事にもエンジンを動かすガソリンが必要ですよね。
快感でも喜びでも満足でも、それがあるから次にまた一生懸命にしたいと思えるもの。

『ご主人様に喜んでいただくこと』がメリットな女性もいるかもしれませんが、人間、なかなかそんなに滅私の心を持ち続けられるような賢人ばかりじゃないと思うんです。
褒めてもらったり、快感があったり、何かしらのメリットがないと、特に、『継続して』関係を続けたいと思うならなおさら。

vetさん個人のお考えでも過去の経験でもいいし、これから新しく奴隷さんをお持ちになった想像でもいいですし^^他のご主人様を見聞きしての印象でも良いので、『ご主人様』という人は、奴隷さんに一生懸命を求めた先にどんなことを考えてらっしゃるのか、教えていただけませんか?

昔から、ご主人様という人が奴隷さんの快楽やメリットについてどの程度お考えなのか知りたいと思っていましたし、こちらを読んでいる奴隷さん(志願の方も)たちも、きっと本当は無意識にでも、それを知ることができると安心するんじゃないかな~と思ってコメントいたしました^^


[2012/03/13 18:07] URL | りん子 [ 編集 ]
拝啓。
奴隷になりたいのですが、どうしたらいいですか?

の、私にピッタリな、お言葉ばかりで
「はい!はい!」とお返事させて頂きながら読ませて頂きました。


無我夢中で一生懸命になるしか、今の私には無いな~
なんて思っていましたので、凄く安心できました。

おっちょこちょいの私ですから、失敗ばかりで、直ぐに捨てられるかも…
と、頑張り屋さんのM女さんのブログを拝見しては、まだ御主人様に出会えてもいないのに、余計な想像をしていました。

まずは、一生懸命ですね!

見習い奴隷の心に刻み込んでおきます。


やっぱり、Vet様のブログは私の教科書です。
今回のエントリーで、ますます、そう感じました。

これからも、お勉強させて下さい。



先日、中学生の男の子に「お姉さんMでしょ」と言われて、ドキッとしました。
理由を聞くと「何となく」と、返されてしまいました。


「俺、Sだから分かる」
なんて言ってました。

「私、超ドSだから!」
と、焦りを隠して、返しておきました(笑)

今時の子は…大人をドキドキさせてー!(汗)

私って見た目からして、Mなのでしょうか…

彼の将来が目に浮かびます。

[2012/03/16 03:40] URL | 優 [ 編集 ]

>りん子さん

話をする上で、奴隷の定義というのは、必要かもしれませんし、私もちゃんと用語を定義して使うほうがすっきりしていて好きなんですけれども。それを言い出すと、特にすべての主従(だと自覚している人達)における”奴隷”を網羅できるものを考えるとするならば、かなり大変なことになりそうなので、やめましょう(笑)主従の数だけ”奴隷”ってありそうですので。
私のブログのコメント欄なので、私の奴隷、また、私が見た奴隷ということで、お返事、書きますね。

打算とか、そういうことではなく、確かに人は見返りがないと、モチベーションが下がるのは当然ですね。
私も、主従関係での行為を、奴隷の支払う費用(努力、奉仕、主への想い、etc…)と、それに対する見返りという風に考えたことはあります。私のような理系頭にはそのほうが分かりやすいですし。
もちろん、そういうことを奴隷に言うのは無粋ですから、言ったことはないですし、奴隷は常に無償で奉仕するもの、無条件に体、心を捧げるもの、という態度は私は崩さなかったですが。

それで、本題ですが、一生懸命な奴隷への見返りですけれども、これは、M性を刺激する、M性を満たすというのがまず大きくあると思います。つまり、一生懸命に尽くす姿に、私はS性を刺激されたわけですから、その見返りとするなら、奴隷のM性を刺激してやるというのが、最も分かりやすいと思いますし、私は、多分、あまり意識することなく、自然にそうしていたと思います。またそれは私の欲求でもあったと思います。
主従関係というもの自体が、それで成り立っている気もします。御主人様がS性を発揮し、奴隷がM性を満たされる。またその逆も同じ。
奴隷、それぞれに、M性を刺激される部分というのは違って、苦痛であったり、羞恥であったり、屈辱であったり、また、主従という関係にあるということであったり、色々ですが、一生懸命な奴隷に対して、私も”本気で調教をする”ということが、まずは、奴隷への見返りであろうと思います。
また、本当に普通ですが、性処理に使う、性的な快感を奴隷に与えるということも、一つあったと思います。これは、M性ではなく、性欲を満たすという意味での見返りだと思います。

あとは、奴隷によって、望むことというのがありましたから、それをしてやることもあります。例えば、ブログで出てきている、美佳などは、「たまに抱きしめて欲しい」というのが、ずっと望みでしたから、一生懸命に尽くしているところが見えた時などは、そういうことをしてやったこともあります。
また、前に強気な奴隷への接し方のエントリーでも書きましたが、気持ちをぐちゃぐちゃに壊され、泣かされるのが、嬉しいという奴隷なんかも居ましたので、そういうときは、壊すことが見返りになったと思います。
こんな感じで、それぞれの奴隷の特徴、その望みは、把握するようにしていましたので、それをやるというのも一つですね。

そして、私として一番のものというのは、奴隷を”受け入れる”ということかなと思います。性癖やコンプレックスや、そういう普段はあまり人に言えないこと、心の底で思っていたこと、その気持ちなども含めて、”認めてやること”、少なくとも”聞いてやること”。私の前では何を出しても良いのだと思えるようにしてやること、”委ねられる場所”になること。でしょうか。これは上手く出来たかどうかは疑問ですが、私はそうしたいと思っていましたし、もしも次に奴隷を持てたなら、そうしてやりたいと思っていることです。

私の場合、こんな感じでしょうか。

ただ、私が、奴隷と接するうちに思ったことなのですが、奴隷は、『御主人様に喜んでいただくこと』『御主人様が好きなようにしていること』を見返りとしていることも多いように感じていました。自然にそれが快感になっているという様子を、奴隷を見て感じました。もちろん、いつもそれだけで満足というわけではないですから、賢人ということではないのですけれども、”滅私”している自分にM性を刺激され、快感を覚えているような感じでしょうか。かなりの部分、それをメリットと思っているように感じられる奴隷も居ました。
ですから、私が私のやりたい事をする。また、奴隷が尽くしたいだけ尽くすことができるということが、奴隷への見返りになっていたと思えることも多かったです。もちろん、これは私から見てということではありますが。



>優さん
私の思っていることをただ書いているだけなので、そんなに、教科書ってほどではないと思うのですけれども、もしも、それで参考になる部分がありましたら、良かったです。

最近、特に、ご質問やご相談をいただくことが多くて、こういうエントリーも書いてみようかなという気持ちが、少し強くなっている時期でもあります。
続きもの話が少し、書くのに抵抗感のある部分に差し掛かって来ているので、逃避かもしれませんが(笑)

おっちょこちょいでも、失敗ばかりでも、一生懸命にやろうとしているところさえ、わかれば、御主人様に捨てられるということは、そんなに無いのではないかと思いますよ。
出来ることは人それぞれですし、出来ないことも人それぞれです。
それに、SMというのは特殊なことも多いですから、最初はできなくて当たり前なんですよね。でも、それに向かう姿勢がしっかりとしたものなら、ちゃんと伝わると私は思いますし、逆に奴隷のそういう気持ちを感じたり、受け止められないような御主人様なら、奴隷の側から捨ててやればいいのです(笑)
しっかりと奴隷を見て、その気持ちを受け止めるのが、御主人様の義務ですからね。それがなければ、信頼関係も作れないと思いますから。
ですから、ちゃんと優さんを見て、しっかり気持ちを受け止めてくれる御主人様を見つけてくださいね。

中学生にMだと言われたのですね。そして、それに超ドSと返されたとのこと。
なんだか、微笑ましいエピソードですね。
その子の将来、どうなるのでしょう。
私は子供と接する機会が無いので、今の子のことは、なんともわかりませんが、私の中学生時代って、そんなこと、大人には、言えなかったですよ(笑)

相手のSやMを見ぬくということ、私も色々と思うことがあるので、そのうちエントリーにでも、書きますかね。

[2012/03/19 23:35] URL | vet [ 編集 ]

不躾な質問に丁寧に答えてくださって感謝です。本当にありがとうございます。

お付き合いが続いているということは、そこに何かした双方の満足があるからで、『奴隷に快感はない』というような言葉を見聞きすると、それを発しているご主人様は本気でそう思っているのかなと常々疑問に感じていました。

vetさんのように奴隷さんにもメリットがあると理解されているとの言葉は疑問を払拭させてくれます。
奴隷さんにもいろいろ満足する事柄はあって、『無償の奉仕』自体が奴隷さんの満足になるということもあるわけですね。
そうなると、ご主人様は『無償で奉仕させてあげている』、vetさんの『足舐め』のお話のような1場面を思い出して、微笑んじゃいます^^
奴隷さん側も自分の満足は何か、ちゃんと自覚する必要はありますよね。

だから、わたしはvetさんの美佳さんと理沙さんのお話にとても興味を持っています。
奉仕する満足を得られていた奴隷さんたちが、その満足を得る関係を断ち切らざるをえなかったのか。
関係が継続できなかった理由なんてひとつだけとは限らないでしょうけど、物理的な問題や『奉仕する満足』に対する心の変化やそれ以外の心の変化、もしかしたらvetさんが断ち切ったのか。

性癖や嗜好って人生においてとても重要なことだと思うんだけど、それを満たしている関係の変化を垣間みることができるかもしれないことに感謝しています。

もちろんvetさん側の視点になるから奴隷さんの心が全部わかるわけではないことは承知していますが、それも、vetさんが『本当のこと』を書いてらっしゃると感じられるからこそ思うのです。

って、更新のプレッシャーではありません(笑)
不躾な質問したりと小煩いですが、更新はおとなしく待ちますから^^

お答えいただいたお礼のコメントですので、レスは必要最低限でかまいません^^
ありがとうございました。

[2012/03/22 11:21] URL | りん子 [ 編集 ]

>りん子さん
いえいえ、こういうお話はしっかりとしたいと私は思っています。このブログ、そしてコメントでの話をどのくらいのM女の方が見ておられるのか?はわかりませんが、御主人様が考えていること、その一端、また私の場合のみではありますけれども、それを知っていただいた上で、奴隷になるなり、ならないなり、またすでになっているとすれば、どう接していくか?ということを考えるためのほんの一助にでもなれば幸いに思っています。
そういう意味でも、また私として過去のことを整理するというこのブログ本来の意味でも、りん子さんのような疑問を投げかけていただけることというのは、とても有意義なことと考えています。小煩いなんて思っていませんので、もしも宜しければ、これからもご質問でも、ご意見でも、書いていただければ嬉しいです。
と言いつつ、なかなか、りん子さんのブログにコメントを残さず、読み逃げしている私なので、失礼しておりますが(笑)

りん子さんのブログでも、「奴隷に快感はない」というふうに考える御主人様に対する疑問というのは書いておられますよね。
私は、「奴隷は幸せになるためになるもの」だと思っていますので、その中に快感というのもあるのだと思っていますから、私もそれは同感だと思って読ませていただいています。
御主人様が、奴隷に快感を与えようと、意図的に何かをするかどうか?という意味で、そういう、”奴隷に気を使ったように思えること”は一切しない!と、「御主人様っぽさ」を主張してみたい時に、言っているようにも思ったりもします。

奴隷の満足というのは、色々なものがあるので、私も奴隷との付き合いの中で、それを見つけていくことがまずは大事だと思います。それを与えるかどうかを判断する上でも必要ですので。
そして、奴隷自身も、それはちゃんと意識していたほうがいいかも知れませんね。自分が何で満たされるのか?と。
その逆も一緒で、御主人様の満足を奴隷も御主人様自身も自覚していることも、やっぱり必要と思います。

美佳や理沙の話、今、理沙の話がそろそろ終わりになりますので、りん子さんが気になる部分に差し掛かってくると思います。おっしゃる通り、私の視点での話なので、奴隷たちの本当の気持ちというのは、わからないのですけれども、出来る限り、私の見たもの、感じたことを書くことで、私なりに整理していけたらなと思っています。

更新のプレッシャーというのは無いのですけれども、ここに来て、思い出すのが結構辛い部分になってきてしまって、かなりペースダウンしています。気長にお付き合いいただければと思います。

[2012/03/26 12:48] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報