理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン

このブログでは、私の失敗とか、やらかしたこととか、やりすぎたこととか、考え過ぎたこととか、そういうことも、隠さずに書いている。

私については、まだ色々あるのだが、一気に書くのはやっぱり恥ずかしいので、徐々に書いていこうと思う。

ただ、私だけが、色々とやらかしているとは、あまり思えない(思いたくない)し、他の御主人様がやらかしている場面というのも、見たことがあったりする。

御主人様というと、ストイックなイメージがあって、間違いなど起こさないと思うかも知れないが、そんなことはない。

もしも、奴隷になったことのないM女や、今まで御主人様の失態を見たことがない奴隷が、そういう風に思うなら、それは、”御主人様”というものに対して幻想を抱いていると思う。

御主人様とはいえ、人間なのだから間違いも起こす。失敗もする。馬鹿なことだって考える。

そんな、御主人様の失敗についての話。


奴隷はご主人様の失敗について、「私が全てを捧げているのに、上手くやれないなんて」と不満に思うかも知れない。がっかりするかもしれない。

私もそう思われても仕方が無いとも思う。

奴隷の不手際(不手際ですら無いもの)を散々に(理不尽に)指摘し、それに対して、罰を与えておいて、自分はどうなの?

なんて思う、奴隷も居るかもしれない。

それは、自然な考え方でもあると思う。

ただ、それだけで、主従関係にヒビが入るのは、かなり勿体無い気がする。

私は、別に御主人様の擁護をしているわけではない。

せっかく、決心して、主従関係になったのに、それを些細なことで失うことがなければいいなと思うだけだ。

奴隷にとっても、御主人様にとっても、そのほうがいいのではないか、と私は思うということ。

もちろん、御主人様が、自分の失敗を何とも思わず、改善しようという気持ちも無いような、成長しようとする意思もないような人なら、また、その失敗が決定的なことなのであれば、それは問題だ。

例えば、緊縛に失敗して奴隷に意図していない酷い傷を負わせるとか、そういうことになっても、その失敗から学ぼうともせず、「今回は上手くいかなかっただけだ」なんていって、流してしまい、また同じ事を繰り返すような人の場合だ。

そういう人は、いつか奴隷を殺すような気がするから、早々に別れたほうが良いと私は思う。

そんな、”奴隷を飼っている”という責任感の低い御主人様の失敗まで、私は許容する気はない。

むしろ、御主人様なんてやめろと言いたいくらいだ。

でも、必死でやっている時、ちゃんと間違いを正す方向で、考えていける人の間違いは、ある程度、許容したほうが、幸せなのではないか?と思う。

そういう失敗を経験しながら、御主人様というのも、成長するものだから。

それに少し付き合ってやる、という風に、奴隷が思ってくれたら、ありがたいなとは思う。

私の奴隷がそうだったから余計にそう思うのかも知れない。

多分、みんな、気が長かったのだろう。

私の成長を信じて、失敗しても、ずっと付き合ってくれたのだから。

素晴らしい奴隷を持ったと誇りに思う。


私のことは、また書くとして、今回は私が見た、他の主従の例を書いてみる。

ある、オフ会でのこと。

そのオフ会は、奴隷を連れている御主人様もいたし、御主人様単独、奴隷単独、また、主従関係を持っていない人なんかも居た時だった。

和気藹々と話をしていたのだが、その流れの中で、奴隷のどこに射精するか?という話になった。

奴隷の3つの穴以外では、どこにする?というような話。

顔とか、胸とか、尻なんかが多いかと思う。そういう話だ。

普通のセックスで、例えば、女性に顔射などすると、屈辱的に感じて怒ってしまう場合もあるかと思うが、御主人様の場合には、奴隷のどこに射精するか、なんていうのは、勝手に決めるので、顔射というのも、特別なことではない。他の場所も同様。

だから、ここで話されていたのは、奴隷に対してどうということではなく、どこに出すのが一番S性を刺激されるのか?なんて、ちょっと間抜けな話なのだが、そのときは、なんとなく結論として、顔射だろうということになった。

まあ、酒の席、御主人様同士の他愛のない話だ。

だが、そこに、普段、滅多に顔射をしないという御主人様がきていた。

そして、その御主人様というのは、かなりストイックな方で、オフ会の場でも、不機嫌なわけではないのだが、あまり笑ったりしなかった。

真面目な感じの方だった。

そして、奴隷に対してもその雰囲気を崩さない。

普段から、そういう接し方なのだろう。

そんな人が、その話の最後に、連れてきていた奴隷に向かって、こう言ったのだった。

「今度、胸に顔射してやるからな」

と。

それを言われた奴隷は、えっ?という顔をしたのだが、御主人様は気が付かない。

更に続けて、すぐに「はい」と言わなかった奴隷に、

「嫌なのか?」

なんて、強い口調で言う。自分の言ったことの間違いに全く気がついていない。その時、奴隷は、

「はい。お願い致します」

と答えていたのだが…。

その奴隷は、明らかに、御主人様の言っていることが、間違っていると気がついていた。

でも、奴隷はそれに突っ込むこともなく、怒ることもなく、そして奴隷であるという雰囲気を壊すこともなかった。

きっと、オフ会のあとでも、そのことに関して、御主人様に指摘したりはしなかったのだろうと思う。

そういう対応。

でも、周りは、辛かった。

不可能な射精だから。

つい、突っ込みたくなっていた。

「”胸”に”顔”射って…」

真面目な顔をして、しかもストイックな雰囲気の中で言うから、更に笑える状況になってしまうのだ。

私も、それに気がついた他の人も、笑いたいのだが、その御主人様と奴隷の雰囲気を見ていると、笑えない。

その二人の間に流れる、主従の気配を吹き飛ばしてしまうのがわかるから。

奴隷が健気に御主人様の失敗を受け入れるところを見ていたら、絶対にその雰囲気を壊してはダメだと思った。

この奴隷が守ろうとしたものを、周りが壊してはいけない。

ここで、笑っちゃいけない。

必死で耐える…。

なんていう、出来事もあった。

すごくストイックな雰囲気を持っている人であればあるほど、こういう間違いに突っ込みを入れにくい。

特に、奴隷がいる前で、恥をかかせるようなことは、同じ御主人様としては、したくない。

だから、なんとか、笑わずに、やり過ごした。

その奴隷はわかっていたのだと思う。

ただの言い間違いを指摘し、御主人様が恥ずかしい思いをするようなことをして、主従の雰囲気を悪くしても、意味がないということを。

御主人様の性格も知った上で、そうしている。

多分、御主人様が、そんな間違いくらいなら、軽く笑い飛ばす雰囲気の人なら、突っ込んだのだろうと思う。

奴隷が、「御主人様、胸に顔射は無理ですよ」なんて言って、みんなで笑って、済ませられるのだろう。

でも、そうじゃなくて、真面目な人で、主従関係にも真剣な人だ。

それを奴隷はきっと考えていたと思う。

賢明な奴隷だと思った。

でも、こういう時にどうするか?は、奴隷の考え方次第でもあると思う。

一つの間違いも許したくないし、御主人様に常に完璧を求めるなら、それでもいい。

それも奴隷が御主人様に求めても良いことだと私は思う。

でも、私には、多分そういう奴隷の御主人様は務まらないのだろうなとも思う。

私は失敗を前提にしているから。

でも、それを修正し、次に活かして、成長するつもりはある。

それだけはしっかりとある。

また、失敗すらも、覆いつくすだけの強い雰囲気を持っている人なんかも居る。

私も、そうだったら良かったのだが、どうだったのか?は、奴隷に聞いてみないとわからないが…。

失敗しない御主人様なんていうのは、居ないだろう。

どんなにベテランでも、間違いはある。

奴隷の前で、恥ずかしいことをしてしまうこともある。

でも、それで、奴隷の気持ちが、御主人様への敬意を失わせるものになってしまうか、そうではなく、「そんな間違いもある」という風に、受け止められるか?は、

その御主人様と奴隷の間で、作られてきた信頼や、雰囲気などで、決まるもののように思う。

だから、失敗するから、悪い御主人様なのではないと、私は思う。

失敗しても、それを奴隷が何も気にする事無く、すんなり許容するくらいのものを、普段から奴隷に与えられているかどうか、奴隷との間で培っているかどうかが、問題なのだと思う。

御主人様を擁護しているわけではないと上で書いたのはこういうことだ。

失敗することはいい。でも、それで愛想をつかされないだけのものを、奴隷に普段から与えられるようになっていないと、御主人様をやるのは厳しいということだ。

例に出した御主人様のように、奴隷が、失敗に幻滅するどころか、それをわかっていながらも、雰囲気を壊さないように必死になる。

そうしたいと奴隷が自然に思えるような御主人様というのは、普段からそれなりのものを奴隷に与えられているのだろうと思う。

私も、それができていたと信じたい。

とは言っても、私はやらかしすぎているような気がしないでもないのだが…。

本当に、私の奴隷は気が長いというか、寛容というか、よく出来た奴隷だったなと思う。今更ながらに感謝している。


それと、私が言いたいのは、奴隷に、御主人様の間違いを指摘するな、という意味ではない。例に出した主従は、たまたま指摘しないことが良いと思ってそうしていたのだろう、という意味だ。

指摘してもいいし、むしろ、間違っていることはちゃんと教えてあげたほうがいいこともある。

でも、それで御主人様と喧嘩をするとか、嫌味を言うとか、そういうことではなくて、前向きな形での指摘にしたほうが、主従の関係を損なわずに、行けるのではないか?ということだ。

そして、言い間違い程度なら、指摘しなくても納得すれば、それでいいとは思うのだが、緊縛の例のように、本当に危ない間違いをしているのに、御主人様が気がついていないときには、しっかりと指摘しなければならない。

それは、安全にSMをするためには必要なことだから。

たとえ雰囲気が壊れたとしても、取り返しのつかないことだけは避けないといけない。

それだけは、奴隷も忘れないで欲しい。

いくら、御主人様のことを想っていたとしても。


テーマ:主従関係 - ジャンル:アダルト

羨ましいです
初めてコメントします。

きっとそんな風に考えてみえるvetさんだから、奴隷だった方々は、間違いや失敗をも愛おしくて堪らなかったんじゃないかな、と思いました。

思わずコメントしたくなっちゃうくらい、奴隷だった方々が羨ましいです。
[2012/03/20 01:28] URL | めい [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2012/03/20 09:44] | [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2012/03/20 22:55] | [ 編集 ]
拝啓。
胸に顔射………
すっごい飛ぶ方なのかも知れませんよ!(笑)

Vet様の文章が分かりやすくて、どんな方か想像できました。

真面目な方の言い間違い…
申し訳ないのですが、ハマってしまいます。


でも、こういう時、奴隷さんも器量の見せ所かもしれませんね。

御主人様が笑われるのは絶対に嫌でしょうし、グッと我慢されたのでしょうね。お二人の主従関係が、ハッキリと伝わりました。御主人様は、合う愛奴様を見つけられましたね。

私なら…胸と顔にして下さるのですねって喜んで返しそうです。
その後、御主人様はご自分の間違いに気が付き、お仕置きコース!!


御主人様も人間です、失敗も言い間違いもありますよね。

御主人様はカッコいい部分だけを見せていたいと思っているのでしょうか?奴隷に弱音を言ったり、相談したりは、しないものなのでしょうか?
恋人同士ではないので、主従関係の中では、そういうことはしないのが普通なのですか?

Vet様のブログを拝見させて頂いてると、愛奴様たちが察知したり、さりげない気遣いをされているのは垣間見ることができましたが、Vet様は見せることは無かったように思いました。

私が奴隷になるなら、御主人様の全てを知りたいと思ってしまいます、それは、主従関係にはタブーなのでしょうか。

失敗や言い間違いで、気持ちが冷めてしまう関係があるなら、それは悲しいですね。せっかく巡り会えた御主人様、自分の全てを預けた方ですから、御主人様は御主人様、腐っても奴隷で居続けられる関係を築いてみたいです。

これも、奴隷見習いの夢物語かもしれませんが、色々な想像してしまうのです。

EX〇LEが御主人様だったら…とか(笑)




東京は、少しずつ春らしい空気を感じるようになりました。所々で梅の花を見掛けるようになりました。
北海道は長い冬もとお聞きしますが、今年は、もう少し長くなりそうですね。

寒いのには慣れていないと北海道では暮らしていけないのでしょうが、そろそろ春を感じたくなる時期なのではないでしょうか?
東京では、スカイツリーを間近で見上げながらの、お花見場所がちょっとした話題になっておりました。
何でもかんでもスカイツリーです。美容室でもスカイツリーヘアでもしましょうか、ツリーと似たり寄ったりなので、自信あります(笑)

本当に、される方が居るかもしれませんね、ツリーをしてからは、何でもアリだと思っています(笑)

Vet様が早く、桜をご覧になりたい時は「花咲か見習い奴隷」が、ご近所の木に咲かせておきますね!


無駄話、失礼致しました。
[2012/03/21 03:15] URL | 優 [ 編集 ]

先日はメールでのご返信、ありがとうございました。

出会い目的ばかりで、SM交流の場がなくなっているのは悲しい事ですね。。。
いつかこのエントリーの様に、オフ会的に食事に行ける様な交流の場に出会えればいいのですが…

みんなで交流という訳ではないですが、
コメントで色んな方の(性別、SかMかは分かりませんが)SMへの関心をみれるこのブログも私にとっては立派ないSMの交流場です。

これからもちょくちょく覗かせて頂きます。





[2012/03/25 01:18] URL | siroko [ 編集 ]

>めいさん
はじめまして。ブログ読んでくださってありがとうございます。
メールもいただいておりますが、そちらは皆さんに順番にお返事させていただいておりますので、もう少しお待ちくださいね。

私のことを、奴隷たちがどういうふうに思っていたのかは、わかりませんが、本当に色々とやってしまった事が多いのに、愛想をつかさずに居てくれたことには、とても感謝しています。めいさんが書いてくださったように思ってくれていたのであれば、本当に嬉しいです。


>2012/03/20 09:44にコメントくださった匿名希望さんへ
そんなことがあったのですね。それは残念ですね。
継続していくということがやはり最も難しいと思います。
考え方が、私と同じようなタイプとのことで、親近感が(笑)
本当に、おっしゃることわかります。
私も奴隷と別れてから、そんなことを思いましたので。

それから、つい、失敗を取り繕おうとしてしまうのは、本当にそうですよね。
普段、奴隷の失敗を口実にしているだけに、余計に恥ずかしいんですよね。



>2012/03/20 22:55にコメントくださった匿名希望さんへ
お久しぶりです。お元気でお過ごしでしょうか。

そして、おめでとうございます!
そうですか。本当に良かったですね!
これで、匿名希望さんとしても、一つ、ほっと胸を撫で下ろされたことと思います。
ブログに関係ないとか、気にしないでくださいね。
お祝いごとというのは、何よりも嬉しいことなのですから。
私にも、教えてくださって、ありがとうございます。

私に思いやりがあるのかどうかは、ちょっとわからないのですけれども、奴隷にした以上は、誰よりも幸せな奴隷にしたいと思います。やっていることは、主従なので、奴隷を蔑むような行為がほとんどですが、それでも、満たされるといいなと思っていますし、そうすることで、結果として私の満足感も大きいのだと思います。
御主人様、それぞれに方針があるので、どれがいいとは言えませんが、私は私なりの”御主人様”なのでしょうね。

M性についても、ずっと考えておられたのですね。
そういうM性もあると思います。
同じようにMといっても、それぞれに個性が出るものと思いますから、甘いとか、そういうことはないのだと思いますよ。
それはそれで、匿名希望さんが満たされるものなのですから、誰と比べることも無いと思います。

こちらはまだ雪が降ってますね…。
去年などよりもかなり長い冬になってしまって、さすがに嫌になってきました(笑)
でも、元気でやっております。
匿名希望さんも元気でお過ごしくださいね!
また良かったら、お話ししましょう。


>優さん
そういうことですか!
飛ぶ時は、胸から顔くらいまでなら、飛びそうですから、確かに、納得です(笑)

本当にまじめに主従のことを考えて、しっかりされている方なので、その雰囲気を壊すのは、すごく嫌だったんですよね。
でも、まじめな方だけに、そういう方がひょっこり間違うと、とても微笑ましくなってしまって、笑いたくなるという、なんとも、大変な席でした。

やはり、その時の、奴隷の方の態度に、救われたなと私も思います。
奴隷の方の器量の良さというのを、見せつけられた気がしまして、本当にいい奴隷だなと思いました。ただ、そういう奴隷の方というのは、本当に危ないことですらも、言わない事も出てきそうで、そういう部分では、ちょっと心配にはなりますよね。
上手くバランスしていくのが、良いのだと思います。

優さんなら、胸と顔にしてくださるって言いますか。
でも、それはそれで、上手い解釈の仕方ですよね。御主人様はお仕置きをするかも知れませんが、悪い気はしないと思います。
そういう意味では、優さんも器量の良い奴隷になれそうですね。

御主人様といっても、色々な人がいますから、一概には言えませんが、奴隷にあまり弱い部分を見せたがらない人は多いと思います。私なんかは、見栄っ張りなので、まさにそうで、とにかく、奴隷には、失敗などは見せたくなかったですよね。愚痴なんかをこぼしたりもしたくなかったですし、とにかく、強い御主人様でいたいという気持ちがありました。
でも、今思うと、強い部分と弱い部分というのは、表裏一体なのですから、もう少し、弱い部分を奴隷にも見せていたら、もっと強い部分も、出せていたのかも知れないとも思います。それは、ブログを書いていて、思うようになったことです。
もしも、次に奴隷を持つことがあれば、そういうことも考えるかも知れないですね。

御主人様によると書きましたが、私の付き合いのあった人の中には、普段は恋人で、調教の時だけ主従なんて方もいらっしゃいましたから、奴隷にそういう部分を見せている御主人様というのも居たと思います。実際、奴隷もいる前で、自分の失敗を笑い話にして語っていた人もいましたし、悩みを相談していた人もいましたので、そういう部分を奴隷に知られるということが、タブーということではないと思います。
私は、そういう風にはあまりしていなかったというだけで、御主人様によっては、それも気にしない人はいると思いますし、奴隷によっては、そういうことを言いやすい奴隷というのも居るのでしょうね。
ですから、優さんが、御主人様の全てを知りたいと願うなら、そういう御主人様を選ぶこともそうですし、優さんご自身が、御主人様が弱い部分も普通に相談できる雰囲気で居てあげるというのも、大切かも知れませんね。そんな関係を是非、築いてくださいね!
二人だけの関係なので、二人の間でよければ、タブーとかそういうことはないと思いますよ。ある意味、何でもありだと思います。

まだ主従関係を持ったことがなければ、色々と想像されるのでしょうね。実際には違う部分も多々あると思いますけれども、今のところは、しっかり考えるという意味でもいいかも知れません。ただ、EX〇LEが御主人様とか、そういうのは、結構大変そうなので、あまり理想化しすぎないようにお気をつけ下さいね(笑)

東京は梅が咲いているのですね。確か、30日には、桜も開花するとの予想が出ていましたね。春、いいですね。
こちらは、まだ雪が降っています…。本当に、今年は長い冬になりました。いい加減に春になってくれないと、雪かきで痛めた腰が治りません(笑)

スカイツリーは、建設中に一度見に行きましたが、かなりの名所になっているみたいですね。近所の駅の名前も、変わったとか?
新名所ですから、楽しそうですね。次回東京に行った時には、見てきたいものです。
スカイツリーヘアって、すごいですよね。でも、前に、クリスマスツリーみたいな髪型を作ったっておっしゃっていましたよね。そういうヘアスタイル、流行らないですかね?(笑)

花咲か見習い奴隷さん、うちの近所に、桜をお願いします!


>sirokoさん
そうですね。
メールにも書きましたが、そういう場所がなくなっているというのは、本当に寂しいことだと思います。
やはり、じっくり話をするよりも、出会うことを優先したいというのは、気持ちとしてはわかります。私も、奴隷がいないですから、そういうことを思うことはありますよ。
でも、しっかりとした話をすることで得られるものも大きいですから、そういう場がなかなかないのは、残念だと思います。

オフ会ということになると、首都圏や人の多い地域でないと、なかなか難しそうなので、今の私が参加するのは厳しそうですけれども、そういうことまでできるような良い雰囲気のものがあればいいなと思います。

このブログのことを、そのように思ってくださってありがとうございます。
交流にはあまり向きませんけれども、良いお話ができたらと思いますので、こちらこそ、今後ともよろしくお願いします。
[2012/03/26 12:43] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報