理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン


私にとって奴隷の存在価値というのは、非常に大きなものだった。

奴隷は大切なものだった。

恋人や夫婦が相手に対する想いと同様かどうかは、私は女性と恋人関係だった経験が少なかったし、結婚もしたことがないから比べようもないが、私自身は、大きなものと思っている。

だから、奴隷は奴隷、立場としては、蔑まれたものではあるし、接し方も奴隷としてのものなのだが、私の中での価値というのは、大きい。

でも、

「大切なもの=(一般的に言われるところの)大事に扱う」ということにはならない。

「大切なもの=(一般的に言われるところの)優しく接する」ようなこともない。

大切なものだからこそ、私の好きなように使い倒す。

逆に言えば、大切ではないものを、そんなに使いたいとは多分思わない。

大切ではないものに、自分を強くぶつけたりはしない。

私の中の”S”という、日常生活では、秘匿してある感情を晒したりはしない。

大切に思うからこそ、優しくしなくても満たされる。

よくよく、Sというのは、奇っ怪な生き物だと思う。

でも、奴隷に感じていた、こういう価値というのは動かしがたいものだ。

一度、私の中にそういう価値として存在してしまった奴隷は、私の中で、大きな部分を占める。

そのくらいのものになる。

そういうものなのだが…。


ある奴隷に、聞かれたことがある。

「私は、価値があるのでしょうか?」

と。

その奴隷は、自分に自信がないタイプだった。

そういう性格だから、私の奴隷になっても、自分が、必要とされているのかどうかが、おそらく不安だったのだろうと思う。

奴隷として私に認められ、奴隷として仕え、奴隷としての扱いを受けているにも関わらず、奴隷であることに、自信を持てない奴隷もいる。

上でも書いた通り、私が奴隷にした”もの”は、私にとって大きな価値があった。

でも、私は、それを奴隷に言うことは殆ど無かった。

言えなかった。

「お前は俺にとって大きな価値がある」

そんな言葉を言うような状況になるのが、照れくさく、また、やっぱり御主人様らしくないと思っていた。

奴隷に訊かれた、この時もそうだ。

「お前は大切な存在だ」と言ってやれば、その奴隷も、納得したのかもしれない。

喜んだかもしれない。

でも、そうは言わない。

言えない。

「自分でわからないのか?」

と、返した。

「どうしても、確かめたかったんです…」

奴隷は、遠慮がちにではあるが、食い下がる。

高い評価が欲しいと思っているのか、それとも、低い評価を欲しているのか、それはわからない。

M性を発揮している時の奴隷の気持ちというのは、普通の女とは違う。

時に、何よりも低い評価の中に、安心を感じ、居場所を見つける奴隷も居る。

「お前に価値などない」

と突き放されることで、その気持ちが満たされる奴隷も居る。

でも、その通りに取ってしまって、自分には”奴隷としても”価値がないのだと、落ち込んでしまう奴隷も居る。

そういうことがあるということも、私が、奴隷に奴隷の価値をあまり伝えたくなかった理由の一つかもしれない。

結局、言うとすれば、こんな答えになる。

「お前の頭を、踏みつけるくらいには使える。その程度の価値だな」

でも、この価値というのは、私にとっては、とても大きなものだ。

頭を平気で踏みつけることの出来る相手。

私のS性を満たすことのできる存在。

それは、Sである私にとって、至高の価値がある。

普通の女にはできないこと。

それがこの奴隷にはできる。

そのことを、私は、意図せずに言っていた。

もちろん、奴隷には、「対等な人間としての価値を認めない」という意味で伝わるようにと言ったのだが、後から思えば、この言葉は、奴隷としての奴隷を本気で褒めているのと同じだ。

この言葉の裏を返せば、

「お前にしかできないことを、お前はしている。そのために居る。いないと困る」

そう言っているのだから。

私の言葉を、そのように奴隷がとったのか、それとも、低い価値であると言われることで、安心したのかはわからないが、

その時、奴隷は、

「本当に、良かったです」

と言った。

顔が少しだけ明るくなった。

それ以上、私に自分の価値の話をしては来なかった。

でも、頭を踏まれるたびに、「嬉しい」と言った。

それが自分の役目だと認識したようだった。


こんな感じで、自分の価値のことを、聞いてきた奴隷もいる。聞いてこなかった奴隷も居る。

とはいえ、どの奴隷も、多分、多かれ少なかれ、気にはしていたのだろうと思う。

きっと、夫婦や、恋人同士で、相手が自分のことをどう思っているのか?どのくらい大切に思っているのか?それを知りたい、確かめたいという願望と、おそらく同じような感覚なのではないかと、私は思う。

でも、上で書いたように、”大切なもの”であったとしても、その扱いが、必ずしも、(一般的に)大切なものを扱うやり方ではないと思われることの方が圧倒的に多かった。

わかりにくい。

私が奴隷に寄せた気持ち、私の中の奴隷の価値というのは、多分、夫婦や、恋人同士に比べたら、きっと伝わりにくい。

だから、本当は言ってやっても良かったのかもしれない。

「お前は、大切な物だ。私にとって不可欠な物だ」と。

でも、結局、ほとんど言うことはなく、終わった。

あの頃、奴隷は自分の価値をどう判断していたのだろう?

私にとって、本当に必要で、大切で、これ以上ないほど価値のあるものだったと、私が思っていることを、わかっていてくれていたらいいなと思うのだが…。

何も言わなかったくせに、それを望むのは、私の我侭だろうな。


テーマ:主従関係 - ジャンル:アダルト

価値
自分が価値がないという事を再認識している
真っ只中のわたしには
羨ましい限りの記事でした

言葉にしなくても
大切に思う気持ちは伝わっていたと思います
本当に羨ましい奴隷さんたちです
[2012/04/01 20:26] URL | ミチル [ 編集 ]

たったひとことで、
自分の居場所を感じられることって、あります。
vet様の奴隷さんたちも、
きっと、
vet様のもとにいるだけで、vet様に価値を認めて貰っていると、
居心地がいいと思っていらしたと思います。
「踏みつけるくらいには使える」そう伝えられた彼女は、
きっとそこに望む答えを見いだされたように思います。

言葉にせずとも解り合いたいという
気持ちの隣には、
言葉にして確かめたいという望みもまた、
強く存在しますね。

“価値があると思っていると口で伝えることはされないけれど、
伝えたいという気持ちを持っていて欲しい”
という遠回りな願望(笑)

口には出さないことかもしれないけれども
「価値を見いだしている」という
その想いがどちらかから消えると、
関係としては終わってしまうのでしょうね。
[2012/04/02 18:20] URL | 智薫 [ 編集 ]

>ミチルさん
”自分に価値がない”と思われておられるのですか…。
私の奴隷にも、そういう風に言っていた奴隷がいました。ですから、なんとなく、思っておられるご様子がわかる気がします。
人は、そのように自分を低く評価する時というのは、あるのですよね。
奴隷を見ていて思いましたし、それを、御主人様だからといって、どうにかすることが難しいのもわかりまして、すごく無力だなと思ったこともあります。
奴隷には「お前の価値は俺が決めるのだから、勝手なことを考えるな」と告げたこともあります。

奴隷とか主従とか、そういうことを抜きにしても、自己評価を適切に出来る人というのは、なかなかいないと私は思っています。
私も自分を評価し価値のあるなしを決めるのは難しいです。
ですから、自分を高く評価することも、また、今のミチルさんのように、低く評価することも、私はあるのですが、実は、それは間違っている可能性があると、考えています。
ですから、評価は他人に任せてしまって、自分ができることをやる。というか、それ以外にないだろうということを私はいつの頃からか思うようになりました。

価値がないかどうかは、多分、他人が決めることだと私は思っています。
そして、もしも、私に価値がないなら、きっと誰も話しかけたりはしないでしょうし、仕事を一緒にすることもなければ、飲みに行ったり、どこかに遊びに行こうと誘われることもないのでしょう。
私は多分、そういうことが、現実でも、ネット上でも、何も無くなったら、きっと、自分は価値がないのだと認識すると思います。
一人でも、私に話しかけてくれる人がいるなら、私には多分その人の「話し相手」という価値があるのだと思います。そういうことに感謝したいと私は思います。

誰かにとっての絶対的な価値、不可欠な存在になる(夫婦であったり、恋人であったり、私の過去なら奴隷との主従であったり…)というのは、なかなか難しいですね。私も今は、そういう人(奴隷)を探しているところです。ですから、それを持っていないということが、もしも価値がないということなら、私も価値がないのかも知れません。
でも、絶対的な価値ではなくても、日常接する人達にとって、ミチルさんが価値のないものかどうかにも、少し目を向けてみると、いいのかも知れないと思いました。

なんだか、説教臭くてすみません。わかったようなことを言って、失礼でしたら申し訳ありません。
でも、今、こうしてお話をさせていただいているミチルさんは、私にとっては、少なくとも、話をする方としての価値がああると思います。お話することに、意味を感じていますので。そう思わなければ私はお話もしないと思いますから。まあ、ネットで話をしているだけの私にそんな事を言われても全く嬉しくないかも知れませんけれども。

とにかく、自分の価値というのものを、自分で決めるのはなかなか難しいのではないかなぁ?と私は思います。少なくとも私には、私自身の正確な価値はわからないです。


>智薫さん
奴隷たちが、私のことを居場所だと思ってくれていたのでしたら、本当に嬉しく思います。私にとって、奴隷たちは譲りたくない価値があるものであり、そして、私にとっても、居場所でした。奴隷が隣にいることに癒されていたと思います。
私は、奴隷の価値を告げながらも、逆に、自分の価値を奴隷に認めて欲しかったのかも知れません。
コメントを拝見しながら、そんなことを思いました。

結局のところ、言葉にしたにしても、しなかったにしても、想いが伝わればいいのですけれども、以心伝心なんてこととか、日本人の”察する”文化とか、そういう部分で、わかって欲しいとも思いますし、「言わなければ伝わらないよ」なんてこと、よく恋愛関係のアドバイスなどでも言われますが、それもその通りですよね。
どちらがいいとか悪いとか、そういうことではなくて、伝えたいという想いというか、相手にわかっていて欲しいと望むことを、ちゃんと持っていることがまずは大事だなと思いました。
智薫さんがおっしゃる願望というのも、わかります。遠回りですけれども、そうなんですよね。ストレートに行かないからこその価値というのもあるのかも知れません。

>「価値を見いだしている」という
>その想いがどちらかから消えると、
>関係としては終わってしまうのでしょうね。

とのこと、そのとおりだと思います。
お互いの価値を、お互いに認め合うことが、しっかりと出来れば、ただ、お互いに想いあえば、それでいいはずなのですが…。
なかなか、それも難しいですね。
[2012/04/08 15:29] URL | vet [ 編集 ]

はるです。大変大変、ご無沙汰しております。
覚えていて下さったら嬉しいのですが・・・
ときどきこちらを訪れてはいたのですが、
見るたび読者のかたが増えていて、ご盛況のこと、お喜び申し上げます。

私はと言えばつい先日、主とお別れしました。
7年という長い時間でしたが、
私は次第に自分の価値を主にゆだねることをしなくなり、
「私の価値は私が知っている」と思うようになった気が致します。
自分の人生も、価値も、誰かの手にゆだねるということを望まなくなった私。
主は変わらず私を所有し導いて行きたかったと思います。
それが主の望みであり変えようがない以上、
お傍を離れるときが来てしまいました。

以前は縄も鞭も使わなかった主ですが、次第にSM度は増していき、
主は「お前が成長したから安心して我儘をぶつけられるようになったんだ」
と言っていました。
主も人間、その弱さを愛しいと思いながらも、
自分がその弱さやストレスや我儘を喜んで受けるということに、
だんだんと無理が生じてきてしまいました。

主を今でも愛しています。
本当におこがましい言い方ですけれども、
主が、奴隷なしでも幸せに穏やかに生きていかれるほど
内面の傷を癒し、満たされていくことを願って
これからもずっと心の中から愛を送りたいと思います。

私ごとを長々と失礼致しました。
今の心情を誰かに聞いてもらいたかったのです。
お読み下さってありがとうございます。
奴隷ではなくなった私ですが、ときどきはこちらにお邪魔して
自分の足跡を理解して行きたいと思っております。
[2012/04/14 23:08] URL | はる [ 編集 ]

>はるさん
お久しぶりです。もちろん、覚えておりますよ。
また、こうして、コメントを下さってありがとうございます。
とても嬉しいです。

ブログの方は、いつの間にか、見てくださる方も増えて、私自身が少し驚いていますが、拙い文章でも、読んでいただけるのは、ありがたいことです。

主様と関係を解消されたのですね。
はるさんのお気持ちが、ご自身の価値を、主様に委ねるということをしなくなったということなのですね。心境の変化によって、主従という関係がはるさんに合わなくなってきた、ということですね。
主従にかぎらず、恋愛でも、友人でも、そうですが、そういう”関係”というのは、やはり、それに合った、状況や気持ちが、そこに入ってこそ成り立つものですから、それに合わなくなるなら、違う形態を模索するなり、その関係をやめるというのは、当然の成り行きかと思います。
無理矢理に、そのままで居ることはないですし、それは多分、お互いにとって良くないのでしょうね。
特に、主従の場合には、SMのプレイなど、リスクのあることもありますから、余計に我慢して続けることはいけないのだと私も思います。
ただ、そうなったとしても、主様を愛しておられるとのことですから、人として嫌になったとか、そういうことではないようですから、複雑なお気持ちでもおられるのかな?なんてことも思いました。

私は、御主人様でしたから、主様の側のことを思ってしまいますので、きっと色々な感情を持たれて、大変なのではないかな?と考えてしまいますが、はるさんのように、思っていてくださる方がいるというのは、主様は、お幸せですね。


こうして、久しぶりにでも顔を出していただけるのは、とても嬉しいです。ありがとうございます。
私などでよろしければ、こういうお話は、いつでもしたいです。また気軽に、立ち寄って、お話ししていただけたら、私も嬉しいです。
[2012/04/15 10:22] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報