理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


たまにそれは空気のようなもの。

ただ、私が寝転がって、映画を見ている間、奴隷が私の足を舐めている。

ずっと。

私は、奴隷が足舐めをしていることを気にかけることもなく、映画の方に意識を向けている。

足舐めまでさせておいて、そこから意識を外す。

ごく自然に。

奴隷を意識することなく、奴隷を奴隷として扱う。

奴隷が奴隷としてそこにいる。

ただそれだけ。

いないとおそらく違和感があるが、居ることをあまり意識していない。

本当に、空気のように。


たまにそれは、オブジェのようなもの。

奴隷を、部屋の端に置く。

性器が丸見えになるように縛って、身動きできないようにして、そのままおいておくこともあれば、

縛ることもせず、ただ、

「そこに、座ってろ」

といって、全裸に首輪だけの姿で、延々と正座をさせ続けたこともある。

ただ、鑑賞するために。

また、部屋を少しだけ飾るために。


たまにそれは、道具のようなもの。

奴隷を床に寝かせ、または跪かせ、または四つん這いにさせ、その上に足を置く。

顔でも、首でも、胸でも、腹でも、背中でも、尻でも、足でも、性器の上でも…。

別に、私の足で、胸を揉んだり、性器に触れたりするわけでもない。

奴隷に性的な刺激を与えているわけではない。

ただ、足を載せるための台にしているというだけ。

足おきとしての奴隷。

膝枕をさせる。

これくらいなら、奴隷でなくても、やってくれる彼女は居ると思うが、それも枕という道具としての扱い。

違う意味を持つときもあったのだが、やはり道具として、快適に寝るという意味で使ったことも多い。

そして、性具としての奴隷。

私が気持ちよく射精するための、穴を提供するもの。

性器であれ、口であれ、拡張が済んでいれば、アナルであれ。

道具として、使う。


たまにそれは、ただ反応を楽しむだけのもの。

椅子に座り、奴隷を私の足の間の床に座らせる。

奴隷が私を見上げ、私がそれを見下ろす。

ただ奴隷の表情を見る。

私は特に笑いかけるでもなく、睨みつけるでもなく。

気が向けば、目や鼻を広げてみたり、頬をつねってみたり、口に指を入れてみたりもするが、冷淡に、ただ見下ろすことも多かった。

でも、奴隷はそんな私に見られているだけでも、少しづつ、表情を変えていく。

嬉しそうな顔、憂いを帯びた顔、疑問に首を傾げることもあれば、声を上げたり、泣き出したこともある。

そんな、変わる奴隷の表情を見て、反応を観察する。

それを楽しむ。


私にとっての奴隷というのは、こういう存在でもあった。

静かに接する。

でも容赦をしているのとは違う。

むしろ、奴隷だからこそ、容赦なく、こういう扱いができる。

奴隷をこのように調教することに、躊躇はない。

活動的なプレイや大きな刺激ではなく、ただ単に、奴隷を奴隷たらしめている、”私の奴隷”という存在そのものがそこにある、という事実で刺激される、私のS性。

静かに満たされるS性、と言えると思う。


SMということで、一般的にイメージされるものは、ギチギチに縛りあげ、鞭で叩き、蝋燭を垂らし、浣腸をして、強制的に排泄させ、激しく犯し…。

なんて感じが思い浮かぶと思う。

私も、そういう、一般的なSMイメージっぽい、活動的なことというのも、もちろんやっているし、それによって満たされるS性というのも持ち合わせている。

特に、初期の頃というのは、そういうもので私のS性は満たされるのだと感じていたから、こちらのほうが圧倒的に多かった。

でも、奴隷と接するうちに、私のS性というのが、何で刺激されるのか?というのもわかってきた。

私は、奴隷を支配することで、刺激されるS性が強いように思う。

”奴隷が私の奴隷で居ること”

当たり前のことかもしれないが、これが私のS性の元のように思うようになった。

上記のように、静かに奴隷と接していることだけでも、私はS性を大きく刺激されていた。

(私の)S性への刺激の大小や有無は、プレイの激しさとは違う。

そのことに私はしばらくしてから気がついた。

だから、それに気がついてからの私は、活動的なプレイと、静かなプレイ(とすら呼べないかも知れないもの)とを、その時の気分や、自分や奴隷の状況を見て、選択してやるようになっていった。

また、一回の調教の中でも、活動的な部分、静かな部分というのを、使い分けていたようなことも多い。

良く言えば、メリハリのある調教。

悪く言えば、雑多で一貫性のない調教。

それを、奴隷がどう思っていたのかは、私にはよくわからない。

ただ、活動的なプレイばかりが、奴隷を奴隷にするわけではないことは確かだ。

少なくとも、”私の奴隷に”という意味では、そうだ。

支配され、自由を奪われた状況、苦痛や屈辱や羞恥を与えられる状況、そして、それらから、奴隷に奴隷であることを強く自覚させる状況というのは、別に、鞭を振るわなくても、蝋燭を垂らさなくても、作ることができる。

極端な話、私がただ、奴隷を見据えているだけ、雰囲気を出しているだけでも、できる時にはできる。

そして、それでも私がS性を満たされるということに気がついた頃から、調教の幅というのは、広がった気がする。

奴隷が、ただ、奴隷として、そこに居ただけでも、良いと思う時もあった。

こういう時というのは、じっくりと、奴隷に私の奴隷であることを染みこませているような感覚だった。


ただ、これは、どの御主人様でも、そうだとは思わない。

それぞれに、S性を刺激される部分というのは、違うから。

活動的な調教から強くS性を刺激される人も、当然たくさんいるだろう。

でも、逆に、こういう静かな調教で強く快感を覚える人もいると思う。

私の場合には、どちらも、あるのだが、後になるほどに静かなほうに、少し傾いていったように思う。

活動的な調教が、面倒だとか、そういうことでは全くない。

むしろ、静かな調教は、その気配や、雰囲気が最も大切になるから、しっかりとそういう状況を作るという意味では、手間や配慮はおそらく変わらないか、むしろ、増えているようにも思う。

それでも、こちらに傾いた。


でも、こういう事を言うと、驚かれることがある。

これでも、調教になると言うと、首をかしげられたりする。

”SM”というのは、やっぱり、鞭や蝋燭で、痛めつけながら激しくセックスをするというイメージが強いのだろう。

でも、私は、静かに満たされるS性があることを知り、そして、それが、自分にしっくりくることもあるのだと感じた。

最初には全く思っていなかったこと。

だから、自分でも驚いたことの一つだ。

静かに満たされるS性。

これも私の中にあるもの。

自分のS性を知るというのは、本当に興味深いことだと思う。


テーマ:支配と服従 - ジャンル:アダルト


vetさま、こんばんは。
興味深く読ませていただきました。
vetさまのおっしゃるような、
「静かな調教」、
とても素敵なものだと感じます。
このような時間が、おっしゃるように、
奴隷を奴隷たらしめるのかなと感じます。

「ご主人様」が
「こんなふうにしてやろう」と、
頑張って(?)意図的になにかをする以上に、
ごく自然に、当たり前に、
使いたいように使うこと、
それが可能になった関係って素敵ですね。

支配されること、
服従を態度で示し続けること、
使われること、
それを経験して、
反応が違ってきたりするのも
奴隷さん自身としても感じるのでしょうね。

この、「静かに満たされるS性」、
とても好きなエントリーです。
[2012/04/09 23:22] URL | 智薫 [ 編集 ]

S性がみたされる時

同じように

M性もみたされるのでしょうね

静かに…

奴隷さんの意識の中で
[2012/04/10 07:18] URL | ミチル [ 編集 ]

>智薫さん
好きなエントリーと言っていただけて、光栄です。
私も、あまりこういうのは書か(け)ないのですが、今回、自然に書けたので少し、自分のことを出せた気がして嬉しいのです。

そうなんですよ。おっしゃる通りでして、
「ごく自然に、当たり前に、使いたいように使う」ことができるというのが、何より、私のS性を満たしてくれた気がしますし、S性ばかりではなく、一緒にいる空間の快適さというのも、同時にあったように感じます。
私が、そういう快適さを感じていると、奴隷がわかるとき、またそれを奴隷が共感できたなら、本当に素晴らしいと思います。

奴隷が、こんな私や、こういう調教をどう思っていたのか?はわかりませんが、徐々にこういうことにも慣れていき、そこでM的な快感を得ていたことは、わかりましたから、それは私も嬉しく思っていました。


>ミチルさん
そうですね。理想的には、私のS性が満たされたら、同時に奴隷のM性もしっかりと満たされるといいのですが、実際のところ、このようなやり方で、どのくらい満たされていたのか?というのは、わからないところです。
ただ、本当に雰囲気に酔っているような顔や、体の反応などもありましたから、これでも良かったのかな?とは思っています。


[2012/04/15 10:24] URL | vet [ 編集 ]
納得です
ここまで読み進みましたよ(笑)
もうすぐ、皆さんの所に追い付けますかね。

今回のエントリー納得です。
活動的にSMされているときって、たぶんいろいろなことに気を配りながら、同じことではマンネリだとかと、余計なことにも精神が分散されてしまうのではないかと想像します。

本当にしたいことを何の躊躇もせずにぶつけることのできる満足感、
ぶつけられて自然に受け止め、一生懸命に反応してくる奴隷の存在
過去のこととはいえ、羨ましい限りです。

ようやくこちらからもリンクを設定できました。
より広く読まれることを期待しています。

また同時に、vet様のご厚意からリンクしていただき
私の駄文へ誘われたこちらの読者の皆様にも、
期待外れをお許しいただければと存じます。
[2012/04/29 13:20] URL | 微笑 [ 編集 ]

>微笑さん
ここまで読んでいただいたとのことで、ありがとうございます。
かなり長かったと思いますが、お疲れ様です。
ここまで来れば、もうちょっとですね。

活動的なプレイの時も、それはそれで、いいのですけれども、やはりプレイをしっかりこなすことに、神経を使ったりしますし、また体へのリスクの高い、緊縛や鞭などのときには、その配慮もありますし、おっしゃる通り、他にも考えることもありますから、そういう意味では、純粋に”支配”ということを奴隷に与えるのは、難しい面はありますね。
とはいえ、私はそういう調教も好きでしたが。

こういう風にして、満たされた時の感覚や、奴隷の様子は今でも覚えていますが、やはり、とても興奮するものでした。静かなだけに、それも大きく感じたかもしれません。


リンクも設定して下さったとのことで、ありがとうございます。
私には、微笑さんのような文章は、書けないので、なんとも羨ましいところです。
[2012/04/29 23:49] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。