理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


私は奴隷を何匹か飼育したが、その中に、私が初めての御主人様だった奴隷が居る。

つまり、私が1から奴隷にした女ということ。

そのとき、私が何をしたのだろうと、その過程を考えていた。

何をした?といっても、具体的な調教のことではない。

調教自体は、私は多分、そんなに突飛なことはしていないだろう。

至ってノーマル?なSMだと思うし、普通?の主従関係だったと考えている。

プレイとしては、少し前に書いた静かな調教や、緊縛を中心にした、支配。

苦痛や屈辱、快楽、恥辱などを織り交ぜ、その奴隷に一番効果的だと思われることを見極めつつ、私がやりたいことをやりたいように施した。

多少特徴があるとすれば、スカトロとか、露出などの調教が少ないことくらいだろう。

でも、これ以外の有名なSMプレイというのは、それなりにやっていると思う。

そして主従という意味では、私は奴隷の前では殆どの場合、御主人様という立場を崩さなかった。支配の手を緩めることはほとんどなかった。

だから奴隷はずっと私に敬語を使ったし、不備があれば土下座をして謝るし、私の足元に跪いて、頭に足を乗せられたりして過ごすことも多かった。

そういう意味で、私の奴隷への対応というのは、オーソドックス?なものだと思う。

だから、具体的なプレイ内容をたくさん紹介して、これが効果的だとか、これはあまり意味が無いとか、そういうことを書きたいわけではない。

”女”というものから、”奴隷”というものになる(する)ということは、どういうことなのか?ということを、常識という観点からつらつらと考えた、ということ。


多分、通常の状態で”女”が持っている常識というのは、普通に”人”として扱われることに何の疑問も抱かないもの。

もう少し具体的に言えば、恋人同士でするのは、抱擁であったり、キスであったり、セックスであったり、そのくらいまでということ。

そして、相手との関係も対等なもの。

カップルによって、多少のパワーバランスの違いはあるかも知れないが、どちらかがどちらかを支配するという状態にまでなることは、それほどないと思う。

そういう意味での、常識が”女”には備わっている。

そして、”女”を”奴隷”にするとき。

何をしているのか?を考えていたら、この”女”の常識の部分に働きかけをしていたのだなと、思い至った。

その手段が、調教であり、主従として過ごすこと、なのだと。

もちろん、調教や、主従として過ごすことには、別の意味もある。

例えば、お互いを知ること、性癖を見せ合うこと、信頼関係を作ること、など色々あるのだが、今回は、常識の部分での話についてのみ、書くことにする。


奴隷にしたばかりの時、調教をすることで、”女”の常識を少し変化させる。

例えば、縄で縛る。

これを”女”の常識で考えるなら、不自由であり、苦痛であり、非人道的であり、”あり得ないこと”の部類に入るだろう。

縄で縛られる経験なんて、普通に生活していたら、まず一生ないことだ。

あり得ない。

多分、奴隷になりたての女には、そういう気持ちというのは少なからず残っていると思う。

でも、一度縛られ、それが”あり得る”のだと認識した時、常識が少し変わる。

また、その縛られることに、M性から、快感を感じたとすれば、やっぱり常識が少し変わる。

多分、一度でも縛られて、それが”あり得ること”であり”快感”であると感じたならば、その時点で、その女の常識は、普通の常識からずれたと言っていいだろう。

そして、奴隷には、調教のたびに、それが繰り返される。

その繰り返しによって、”女”の常識が”奴隷”の常識に段々と近づいていく。

縛られることに全く問題を感じなくなってくる。

不自由であり、苦痛であり、非人道的であるという事実は変わらなくても、それが”あり得る”ことになり、さらには、”求める”ことになっていく。

確実に、ここで常識が変わっている。


主従関係ということでも同様のことが言えるだろう。

例えば、最初の挨拶を、土下座をし、頭を床にこすりつけて敬語で言う。さらには、その頭や顔に足を乗せられたりする。

手の位置が悪い、頭の下げ方が悪い、挨拶の言い方が悪い… そんな理由で、やり直しをさせられたりもする。

”女”の常識で考えれば、挨拶なんて普通に言えばいい。

目上の人に対しても、丁寧な言葉と共に、会釈くらいしておけば問題ない。

恋人同士で、かなり重大なことをやってしまったとしても、土下座してまで、彼氏に謝る機会というのは、まず無いと思っているだろう。

だから、ただの挨拶程度で、跪いて、手をつき、頭を床につくまで下げ、最大限の敬語を使って、御主人様を敬い、自分を貶める。しかも御主人様の都合で何回もさせられたりする。

なんて、これ以上の屈辱はおそらく無い。

でも、奴隷になった時、それをやる。

御主人様の前でそんな姿をさらす。

頭の上に足を乗せられても、そのままに耐え続ける。

一度でもそれを受け入れたなら、そこで、それでいいと思えたなら、それだけで、もう常識はずれている。

主従関係において、それが、特別なことではないのだと気づかされる。

また、御主人様に組み敷かれ、頭を下げることにM性を刺激され、そんな立場として扱われている自分に快感を感じたなら、そこでも常識が少し変わる。

それが、御主人様と会うたびに、何度も積み重なる。

そういう挨拶を屈辱だと思う気持ちは変わらないかもしれないが、抵抗感が消えていき、御主人様に従っていること、飼われていることを実感し、快感や、安心感につながるようになってくる。

挨拶をして、顔をあげた時、奴隷が心底嬉しそうに、ニッコリと微笑むようになったりもする。

もう、そこに”女”の常識の影はあまり見えなくなっている。


奴隷に調教を課し、主従関係を続けることで、私は、”女”の常識を少しづつ、変質させていったのだと思う。

私が、ということもあるが、奴隷自身が、そのように自ら変わっていったのかもしれない。

どちらなのか?というのは、明確に区別するのは難しいが、とにかく変わっていった。

それを繰り返すうちに、”女”の常識は薄れ、”奴隷”の常識が濃くなっていく。

そして、私が、このエントリーのはじめのほうで、ノーマル?だとか、普通?だとか、オーソドックス?だとか書いていたことが、自然にそうだと思えるようになってしまう。

それを受け入れてしまう。

そんな認識を持つに至った時、常識が、”女”の常識から、”奴隷”の常識に変わったのだろうと思う。


調教、そして、主従関係というのは、こういう側面も持っている。

私は、それを使って、”女”を”奴隷”にした。

もちろん、「常識を変えた」といっても、奴隷が表の世界で生活しているときには、”女”の常識はしっかりと持っているし、それがなければ、かなり困ったことになるのは目に見えている。

常に”奴隷”の常識で生きたなら、おそらく確実に、表の人生が壊れることになる。

それは避けさせる。

だから、私は”奴隷”の常識に染めるのと同時に、それを”女”の常識ときちんと切り替えられる範囲で留めていた。

それに、奴隷としても、当然ながら自己防衛していたのだと思う。

表の世界からも、完全に”女”の常識を奪ったわけではない。というよりも、そう簡単に奪えるものではない。

でも、私の中には、そういう欲求もあったことは確かだ。

全てを奴隷に染めてしまいたい。

完全に支配したい。

Sとしてのある種の目指す目標かもしれない。

とはいえ、実際上、それはできないし、そこまでやらないところで留めるのが御主人様に要求される自制だと思う。

少なくとも私は、奴隷が社会的な信用を失うことを望んではいなかったから。

普段の生活は普段の生活として、つつがなく存在しているべきだと思っていたから。

”奴隷”の常識と、”女”の常識を、私と会っているときと、会っていない時で、明確に切り替える術だけは、きちんと与えていたつもりだ。


”女”と”奴隷”それは、常識という面だけから見ても違う。

また、この社会の中で生きていくならば、”女”の常識と、”奴隷”の常識は両方備えていなければならない。

元からある”女”の常識と、あとから作り上げられる”奴隷”の常識。

そして、そんな2面性を、奴隷が持つようになることを、しっかりとわかっていること、それをきちんと切り替えられるようにしてやることが、御主人様がなすべきことだろう。

自分でしっかりと分けられる奴隷も居るのだが、どちらかに偏る奴隷もいる。

特に、女の常識を、奴隷の常識が、侵食していく場合が多いように思う。

そうなったとき、それを止められるのは、おそらく御主人様だけだ。

だから、それは御主人様の義務だと私は思う。

そして、それがしっかりとできていたのか?というのをやはり考えてしまう。

ちゃんとやったつもりではいるのだが…。


テーマ:支配と服従 - ジャンル:アダルト


いつも楽しく読ませていただいております。
今回のエントリも興味深く読ませていただきました。

女性、女から奴隷に変わるとはどういうことか。
また、M女と奴隷とはどのような事が違うのか
という問いには、
常より答えを探しておりました。

常識という切り口は鮮やかだと感じました。
それでは、奴隷のなかでは
屈辱に耐えるという非常識が
何に置き換わるのだろうか、
と考えておりました。
奴隷になった女性は、何を求めるのだろうか
と考え、屈辱以外の感覚を探してみました。

耐える、こらえるから、求めるようになるもの。
個人的には、誇りだと思います。
物や家具、玩具、家畜のように、ある人から扱われます。
その事を誇りに思うようになる。
そういう変化があるとしたら、
気持ちの変化も、調教のひとつの結果と
言えるのかも知れません。

そうした誇りを感じられると、
奴隷も自分自身を保てるのでしょう。
保ったままの自分があれば、
女と奴隷のそれぞれの常識を
自然に行き来できるのではないでしょうか。

おそらく、vet様とご一緒だった奴隷さんは
vet様の奴隷であることを
誇りに思われていたのだとお察しします。
その気持ちから、自然に笑顔が
出たのだろうと。
そう思います。
[2012/05/09 23:29] URL | みさき [ 編集 ]
拝啓。
まさしく、今の私の事ですね。

主が言ってくれる事、してくれる事全て
私の常識にしたいし、出来るだけ頑張りたいです。

「頑張れ、でも、無理はするな」

と言ってくれるのですが、主に誉められたくて、つい無茶な事して叱られてばかりです。

主は未経験者を調教するのが初めてなんです。

前の飼い主の癖などを自分の色に染めるのも大変だったけど
未経験者は言葉使いから教えないといけないから、生まれたての赤ちゃんから育ててる気分だと、お仕置き中に言って下さいました。

vet様も、そんな気分でしたか?

これからも、女、人間としての常識を備えつつ
奴隷としての常識も備え
自分らしい色を重ねていきたいです。


今回のエントリーも、私の心にグッときました。

ありがとうございます。
[2012/05/12 23:38] URL | 優 [ 編集 ]

>みさきさん
読んでいただいてありがとうございます。
メールのお返事、遅れていてすみません。前後してしまいますが、こちらに先にお返事書かせて頂きますね。

奴隷と女性の違いということで考えると、エントリーの中でも書きましたが、今回の”常識”という切り口の他にも、色々とあると思いますので、そのうち違う面からも書くかも知れません。

そして、女性のとっての非常識が、奴隷になったときに、何に変わるのか?ということで、私自身としては、”快感”や”信頼感”、”幸福感”というように考えることが多いのですが、”誇り”ということを書いていただいて、そういう感覚もあるのだなと、とても新鮮に感じました。

誇りを持つことで、奴隷としての自分を保つということに繋がるというのは、私には思いつかない発想でしたが、そういうことで、過去の奴隷たちの態度などを考えてみると、思い当たるところも、見受けられます。
奴隷で居ること、その奴隷だけが受ける非常識な事柄を、奴隷が胸を張って望んでいるような様子というのは、思い出されますので。それは、誇りからくるものだったのかも知れませんね。
そう考えると、納得できる奴隷の態度などもあります。

そして、誇りを持つことで、本来の女性としての常識も保つことができ、それによって、両者の切り替えがうまくいくということに繋がるというのも、確かにそうかなと思えました。
私は、奴隷は幸せになるためになるのだと、思いますが、そのことに誇りを持つことも、大切な一つの気持ちなのかも知れませんね。

私の奴隷が、私の奴隷であることに、誇りを持っていたのであれば、それは本当に嬉しいことだと思いました。そういう思いからの笑顔だったと思うと、また良かったなと思えます。ありがとうございます。


>優さん
確かに、奴隷になった方の変化というのを私なりに書いたということですので、優さんの今の状況かもしれませんね。

優さんの主様は、無理はするなとおっしゃるということは、しっかりと、段階を踏んで、優さんをじっくり調教したいと考えておられるのでしょうかね。
また、無理をした場合には、M性では変換しきれない辛いことというのも出てきてしまい、それが、後々になって、トラウマのようになることもありますから、そういうことが出ないようにというご配慮なのかも知れませんね。
何にしても、とてもしっかりとされておられて、素晴らしい主様のように、お見受けいたします。
優さん、焦るお気持ちはわかりますが、主様の言うことをしっかりと聞くというのが、奴隷の一番大切なことですよ。

主様が未経験者の調教が初めてとのこと、私も未経験の奴隷を躾けたことがありますが、確かに、細かい部分で色々と、教えないといけないことは多いですね。でも、それが未経験の奴隷を調教する醍醐味でもありますから、大変だとは言いつつも、楽しかったですよ。ですから、主様も、楽しまれておられるのではないでしょうか。

今回、常識の話を書きましたが、それに加えて、自分の色を重ねていきたいというのは、素晴らしいと思います。奴隷といっても、やっぱり、優さんなりの個性というか、優さんだからこそ、出来ること、主様を満たせることもあると思いますので、そういうものが、しっかりと出せていけるといいですね。

私の方こそ、読んで下さってありがとうございます。
[2012/05/16 00:37] URL | vet [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2012/05/27 05:53] | [ 編集 ]

>2012/05/27 05:53にコメントくださった匿名希望さん
ブログ、いつの間にやら、かなり長くなってしまいましたから、ゆっくり読んでいただければと思います。

普通は、土下座とか、しないですからね。昔なら、まだそういうこともあったのかもしれませんが、今、土下座なんてされたら、かなり後味が悪いので、私もしないだろうなと思いますし、表の世界では、誰にもして欲しくないですし。

そういう意味で、常識が奴隷の場合には変わるのですよね。それが”あり”になるという性癖とも言えるかも知れませんね。

なかなか、この性癖が無い方で、それをありだと言える方は、いらっしゃらないかなと思うのですが、そういう意味では、匿名希望さんは、かなり理解がある方なのでしょうね。

[2012/05/29 20:47] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

まとめtyaiました【女の常識、奴隷の常識】

私は奴隷を何匹か飼育したが、その中に、私が初めての御主人様だった奴隷が居る。つまり、私が1から奴隷にした女ということ。そのとき、私が何をしたのだろうと、その過程を考えて...
[2012/05/08 14:26] まとめwoネタ速neo
このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。