理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン
M女や奴隷が、”御主人様”というものに対して、どんなイメージを持つか?

どんな”御主人様”であって欲しいのか?

その理想、というのは、M女ごとに違いはある。

でも、結構、似ているところも多くて、私の奴隷もそうだし、他のM女の方々に色々とお話を伺うと、共通して思っていることなんかも見えてくる。

また、一度も主従関係を持ったことのないM女の中には、御主人様に対して、かなりの妄想をふくらませている方もいらっしゃるのではないだろうか。

それはそれでいい。

理想通りの御主人様も、多分世の中には存在する。

でも、理想通りじゃない御主人様も多分、結構存在する。

私のブログを読んでしまうと、こんなにカッコ悪いことをやらかしまくっている、御主人様もいたりするから、

M女のせっかくの理想像をぶち壊したかもしれないので、なんだか申し訳ないのだが、こういう人も居る。

もちろん、もっと、御主人様らしい御主人様だっているから、私に幻滅した方は、幻滅するなら、私だけにしておいて欲しいと思う。

私が、御主人様のスタンダードではないので。

逆を言えば、私もそうだ。

”奴隷”というものに持っていたイメージ、そして、そこに投影した理想というものと、現実は、やっぱり違った。

そして、奴隷を何匹か持つと、全員が違う。

奴隷にも個性があり、M性ですらも違うという、当たり前のことに気がつく。

最初に持っていたイメージなど、最後には忘れていたくらいだ。

でも、私の場合は、とても良い奴隷ばかりに恵まれたから、事前のイメージよりも、もっと良かったという記憶として奴隷たちのことは私の中にある。

初めての奴隷から、本当に最後の奴隷まで。

全て、胸を張ってそう言える。

私が調教して、躾をして、私にとって良い奴隷、理想に近い奴隷に仕上げたという部分はもちろんあるが、その素地が、すごく良かったと思える。

そういう意味で、本当に幸運だったし、すべての奴隷に感謝している。

話が少し逸れた。

御主人様の話だ。

”御主人様”というものに対して、M女が持っている理想というのは、色々とあるのだが、私が話をしたM女の多くは、

頼り甲斐のあるもの、大きな柱のような存在、圧倒的な精神力、力強さ、揺るぎのない安定性、などを挙げていた。

簡単に言ってしまえば、自分を遥かに凌いでくれるもの、無条件で尊敬できる相手ということなのだと思う。

ここが私としては、疑問に思うこともある部分。

SMということなのだから、御主人様に対して、M女が一番に求めるのは、S性、つまり加虐性能の高さなのではないのか?と、私は思うのだが、

お話をさせていただいた中に、それを一番に挙げていたM女というのは、ほとんど居ない。

もちろん、S性があるというのは、必要なのだから、それを全く考慮しないということはないのだろう。

でも、S性が強い人がいいというよりも、頼りになる揺るがない強さを持った人を望むようなことが多いように感じる。

そう考えると、前提として、”尊敬することのできる相手”というのが居て、そのS性によって、M性というのは、満たされるのだろうと言えるのではないか?

そう、考えることができるように思う。

当たり前といえば、当たり前かもしれない。

尊敬できない相手の下につくというのは、嫌なものだ。

会社で上司が尊敬できない、少なくとも頼りにならないと、仕事が滞る場合も多々あるだろう。

なにより、そんな人の言うことなど、聞きたくない。そう思う人が多いと思う。

多分、それと同様というか、奴隷の場合には、それ以上にこだわるのだろう。

奴隷になるというのは、仕事のように、生活のために、嫌でもしなければいけないことではないし、上司は、選べないことが多いが、御主人様は選べる。

わざわざ奴隷になる、そして御主人様を選ぶことができるのだから、この部分に関しては、譲らないのは当然だろう。

そのことを、M女は奴隷になる前から気が付いているのだと思う。

明確に意識するかどうかは別として。

御主人様になるには、S性がある、S性が強い、というだけでは、おそらく駄目なのだと思う。

奴隷になるということは、心身のすべてを預けるということと思っているM女も多いだろう。

その相手が不安定だったりすると困るから、強さや、安定性を望む。

それは私もわかるし、私自身も、そういう存在でありたいと願った。

奴隷を受け止め、包み込む。余力を持って。出来れば、揺れることのない、圧倒的な精神力を持って。

そんな風になりたかった。

実際、私は、奴隷と付き合う前と後とでは、精神的な強さというのは、強くなった実感はある。

それは多分、責任感から来ているものだと思う。

奴隷が預けたものを受け止める。

そのことに、とても大きな責任を感じた。

また、私は多頭飼いをしたこともあるから、その時には、2匹分を受け止める必要があった。

だから、それ以前の私ではダメなことは確かで、支えられる力というのは、奴隷を飼ったことで、否応なく、ついたようにも思う。

本当は、その力をつけてから飼うべきなのだろうが、私の場合には、飼ってみて初めて磨かれた力だと思っている。

だから、最初の奴隷にとっては、きっと力強さも、安定感も、足りない御主人様だったと思う。

尊敬できる相手ではなかったかもしれない。

今考えると、それは、とても申し訳ないことだった気がしている。

その後の奴隷についても、いきなりちゃんと出来たというわけではなくて、奴隷ごとに”御主人様に持っていてもらいたいもの”つまり、”こういう存在であって欲しい”という願いには、それぞれに違いがあったと思う。

そして、それを私が最初から備えていたとは限らず、奴隷と過ごすうちに、何となくそれがわかってきて、やっと、その奴隷を受け止めるために、自分に足りない部分を補っていたのだと思う。

それには、ある程度の時間を要していたと思う。

もしかしたら、別れるまでに、間に合っていなかったかもしれない。

特に、短い時間しか、主従でいることのできなかった奴隷については、今でも思う。

私は間に合ったのか?と。

お前は、もっと、何か、欲しかったんじゃないのか?と…。

でも、それは、私にはわからないところだ。

知っているのは、奴隷だけ。

私は、御主人様になるなら、完璧な御主人様になりたかった。

でも、きっとそうではなかったと思う。

そして、そんな私は、奴隷に言われた言葉に救われていた。

「私の御主人様が、御主人様(vet)で、良かったです」

と。

こういうことを、奴隷が言ってくれた。

多分、奴隷にとっては、何気ない言葉だったと思う。でも、それを聞くと、私は、ホっとしていた。

御主人様に認めてもらいたいという気持ちを持っている奴隷は多いと思う。

いただくご相談の中にも、自分は至らない奴隷なのではないか?と、とても心配に思っておられる方はよくいらっしゃる。

でも、御主人様も、奴隷に認めてもらいたいという気持ちはあるのだ。

自分はその奴隷の御主人様でいいのだと、思える何かが欲しいというのは、やはり、思うことだと思う。

もちろん、そんなことを思っているなんて、私は、奴隷には言わない。

でも、御主人様の中には、私のように思っている人はきっといると思う。やっぱり、それも、言わないだけで。

奴隷に、上記のようなことを言われた時、自分がその奴隷の御主人様でいいのだと思えた時、私は、幸せだった。

支配がうまく行っているということだから、S性を満たされるということもあるのだが、ただ単純に、認められたことの幸せというのも、感じていた。

そういう面では、奴隷も御主人様も、同じなのだろう。

相手に”認められること”は、とても嬉しいことであり、主従であっても、きっと必要なことだと思う。

御主人様が奴隷を認めるから主従になるのではなくて、御主人様も奴隷も、お互いに認めあうから主従になるのではないかと思う。

テーマ:主従関係 - ジャンル:アダルト

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2012/06/16 02:33] | [ 編集 ]
一言では言えないですよね
私は、主従関係を結んだ事の無い1人ですが・・・
確かに、想像は想像ですね。そういった理想に近い人には巡り合えないとも思っていますし。
そんな中、「ご主人様でよかった」との関係を築いているお二人がとても素晴らしいと思います。
結婚や仕事のパートナーでも長くいて「よかった」と言える相手・・・難しいですよね。
「よかった」と言える関係を築いている事が二人の・・・SとMの理想の形に近いのではないかと・・・
vetさんから見たらSMの入り口にすら入っていない私の言う事ではないですが・・・
一言では言えないですよね・・・
素敵な関係だと思います(^^)
[2012/06/19 21:34] URL | NEO [ 編集 ]
初めまして
ブログ、拝見しました。
ブログ初心者で、いまいち使い方も良く解っていませんが、リンクさせて頂いても宜しいですか?

ブログを始める前から拝見させて頂いていて、読み入ってしまいました。
ご主人様の気持ちはなかなか解らないものなので、1つ1つが勉強になります。
[2012/06/21 18:02] URL | 紫鈴 [ 編集 ]

>2012/06/16 02:33にコメントくださった匿名希望さんへ
はじめまして。
相互リンクのお申し出とのこと、ありがとうございます。
私の方からもリンクさせていただきました。
今後とも宜しくおねがいしますね。


>NEOさん
いきなり理想通りの人に巡り合うというのは、私も難しいと思います。
ただ、最初はそうではなくても、ある程度の許容範囲の中の人をみつけて、そこから摺り合わせていくことで、良い関係になっていくのが、実情かと思います。
私の奴隷も、いきなり、私で良かったとは思わなかったと思います。
でも、お互いにそういう努力をすることで、信頼関係を作れるものだろうと思います。

ですから、うまくいかないこともあるんですよね。
おっしゃる通り、難しいことだと思います。
ただ、うまく行った時には、本当に嬉しいですね。
そういう感覚というのを、味わうことが出来た私は、幸せだと思います。


>紫鈴さん
はじめまして。
ブログ読んでくださってありがとうございます。
勉強になるなどと言っていただけて、光栄です。
でも、私のように、色々とやらかしている人というのは、少ないような気がするので、なんだか恥ずかしいですが。

リンクはもちろん、構いません。リンクフリーなので、私のブログでよろしければ、いくらでも。
私の方からも、紫鈴さんのブログにリンクさせていただきました。
今後とも宜しくおねがいしますね。
[2012/06/24 01:01] URL | vet [ 編集 ]
http://papatosirei.blog.fc2.com/
こんばんは(>_<)
コメントに御返事頂いていたのに、御礼が遅くなってしまい申し訳ありません(-_-;)
今、立ち寄らせて頂いて気がつきました。
リンクありがとうございます(^-^)
早速、私もリンクさせて頂きますね!
これから、どうぞよろしくお願いします。

なかなか、奴隷の側からはご主人様の考えや気持ちを察するのは難しく感じますが、こちらのブログを拝見させて頂いて、やっぱりご主人様も人間なんだ…と当たり前の事を再確認できます。
やらかしてしまうのは、誰しもが通る道だし、私は人間的で良いと思いますよ。
[2012/06/24 03:12] URL | 紫鈴 [ 編集 ]

>紫鈴さん
いえいえ、私もコメントのお返事はかなり遅めなので、気になさらずに。
リンクもありがとうございます。
こちらこそ、よろしくおねがいしますね。


御主人様の心境というのは、確かにブログに書いている方は少ないですね。私も、もしも、奴隷がいたら、書けないことも多いと思います。
やらかしてしまったことについても、良いと思うと言っていただけて、良かったです。
でも、やらかしすぎな気はしますが(笑)
[2012/06/27 23:16] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

まとめtyaiました【奴隷が認める御主人様】

M女や奴隷が、”御主人様”というものに対して、どんなイメージを持つか?どんな”御主人様”であって欲しいのか?その理想、というのは、M女ごとに違いはある。でも、結構、似てい
[2012/06/19 17:46] まとめwoネタ速neo
このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報