理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これは、ご相談を受けた方のお一人に、書いて欲しいと言われていたことだ。

かなり遅くなって申し訳ないが、やっとまとまったので、書いてみた。

ただ、具体的なことを私が書いてしまうわけにはいかないので、特定できることは全て伏せているが、それはご承知おき願いたい。

それでも、ニュアンスとしては、変わらないように配慮したつもりだ。


御主人様だったころに、私がSM関係の掲示板に出入りしていたことは、何度も書いているが、そこでは、本当に色々な人と話をした。

掲示板だから、誰でも好きなときに書き込みができたし、オフ会なんかも、活発だったから、実際に会ってお話をする機会というのも多かった。

今と違って、東京に住んでいたから、会えた人も多かった。

そういう意味では、あの時の環境というのは、SMや主従関係の話をするには、よかったなと思う。


そんな中で、あるM女と話をしたことがあった。

そのM女は、掲示板でしばらく話をし、その後、会って話をしてみたいということで、お会いした方だった。

名前をとりあえず、宏美としておくが、その宏美とは、掲示板上で話をしているときから、気があったと言うか、なんとなく、話が弾んだ。

宏美は、一度も奴隷になったことがなかった。掲示板で話はしているが、Sの人と会ったことも無いと言っていた。

でも、御主人様というか、Sの人に聞いてみたい悩みを抱えているということだった。

なかなか、掲示板にも書きにくいということで、会って話をすることになったのだが、1対1で会うのも、なんとなく、気が引けたというか、

私は別に構わなかったのだが、御主人様なんてやっている私と、一度もSの人と会ったこともない宏美が二人だけで会うのは、多分、かなり緊張するのではないか?と思ったので、私は奴隷を連れて会うことにした。

奴隷がいれば、少しは場も和んで、宏美も話しやすくなるのではないかと思った。

掲示板で話をしていた時の宏美からは、なんとなくなのだが、ちょっと及び腰と言うか、自信の無さというか、そういうものを感じていた。

だから、それなりに親しく話をしているとはいっても、私だけだと、うまく話ができないのではないかと思った。

それで、3人で会うことになったのだが、やっぱり、思っていた通りで、宏美は、私と初めて顔を合わせた時、眉根を寄せ、とても不安そうにしていた。

だが、身なりは、違った。

スーツをびしっと着こなして、首元にスカーフを巻いて、髪をアップにしていた。仕事でもないのに、隙のない格好だった。また、それが似合っているというか、普段から着慣れているのがわかる。私と会うために頑張って着てきました、という雰囲気はない。

見た目、カッコイイ仕事のできる女性という感じ(全く説明になってなくて申し訳ない…。イメージとしてわかってもらえればいい)。

だから、余計にその自信の無さそうな表情が、不釣り合いに見えた。

それでも、なんとか笑顔を作ろうとしていたので、無理をしないようにとは言ったのだが、

「すみません」

と謝ってばかりだった。

そんな感じで会って、予約していた店に入り、食事をしながら話をすることになったのだが、なかなか、宏美は言い出せないようだったので、

「掲示板でも、メールでも、言えない悩みとのことですが…。話せますか?」

と、私の方から促した。

「はい…」

と宏美は頷いて、やっと話を始めた。

まずは自分の事を説明したのだった。

その説明はしっかりしていて、必要十分な話を簡潔にできる、聡明な人だった。

それによれば、宏美は、ある仕事で、それなりに成功し、その業界では、かなり認められている存在とのことだった。

そのことに関する自覚も責任もちゃんと感じていて、自分の立場をわかっている。

仕事面での充実感は、感じていると言っていた。

バリバリと仕事をこなして、活き活きと表の世界を生きている。

そんな女性に見えた。

多分、仕事の時には誰と話をしたとしても、自信を持って、対等に渡り合うのだろうと思う。

でも、そんな人が、私の前で、とても不安そうにしている。

私の奴隷が、場を和ませようと、色々と話をしてみても、やっぱりその表情は変わらない。

そんな宏美が、その核心である、悩みについて、重い口を開いたのは、かなりしばらくしてからだ。

「私みたいな女でも、奴隷になれるのでしょうか?」

掲示板上でも、奴隷になりたいというような話をしていたから、てっきり奴隷になることは決めていて、どうやって御主人様を探すとか、奴隷になったら、どんなふうに、御主人様と接すればいいとか、そういう話なのかと思っていたのだが、その前の段階で、宏美は悩んでいたのだった。

私は、奴隷になるというのは、本人の気持ちや、覚悟次第だと思っていた。

宏美にその決意があるなら、なれるだろう。

M性については、とても大きい気がすると、掲示板で話していたから。

なのに、このような質問が出てくることに、少し驚いた。

「奴隷になれるか?というと、宏美さんには、何か、奴隷になれないような、問題があるのですか?」

「はい…。私、こんな女ですから…」

自分を指して”こんな女”という。

先ほどまで話していた、仕事をしている自分については、少なくとも、卑下しているような素振りはなかった。でも、それを指して言っているのは間違いない。

良くわからなかった。

「こんな女、といいますと?」

「あ、はい。いつも偉そうっていうか…。陰口を言われてるの知ってるんです。いきがってるって。性格悪いって…。こんな女でも、Mなんです。それが抑えきれなくて…」

宏美の口から出てくるのは、悲痛な言葉ばかりだった。

「宏美さんのようになったら、妬む人も出てくると思いますよ。どんなに丁寧に人と接しても、ちゃんと仕事をしても、仕事で宏美さんに勝てないと思えば、そういう誹謗中傷をする人は出てきますよね。どんな仕事でも」

「そう、でしょうか…。でも、私も自分で思うんです、傲慢なんじゃないかって。だから、こんな女は、Mでも、奴隷になれないのかな?って思っていまして…」

「本当に傲慢な人は、自分のことを傲慢じゃないか?とはあまり思わないと思いますが…」

「でも…。奴隷ってもっと従順な人じゃないとだめじゃないですか? 私、気が強いと思うんです。プライドも高いように、見られているから、きっとそうなのだと思いますし…」

本当に自信なげな態度。

颯爽と仕事をしている(のであろうと思われる)彼女を知っている人からすると、驚かれるのではないだろうか?と思った。

でも、このままでは埒があかない。

宏美の性格について、私はよく知らない。なのに、その部分で話をされている。しかも、彼女自身も、明確にわかっていない部分もある。

御主人様やその候補者に対した時に出てくるであろう性格のことを宏美は話題にしているのだ。でも、それの、予測も難しい。

材料が少なすぎて、私には、話のしようがないのだった。

掲示板やメールでの雰囲気から、なんとなくわからなくもない。

でも、話してみると、傲慢だと本人はいうが、それを気にしている時点で傲慢だとは思えなかったし、御主人様の前に出た時に従順であることを、宏美は必要としていると考えているが、そうなれるかもしれない。

目の前にいる宏美から、高飛車な態度などは、全く感じられなかった。

私が見てきたM女の中にも、普段は気が強そうに見えても、御主人様の前では、全く違う態度を示す人もいるのも知っている。

だから、性格について話をするのは難しいと思った。

仕方がないので、違う方向から、話をすることにした。

私がその時、ふと気になったことを。


長くなるので、次回に続く。


テーマ:支配と服従 - ジャンル:アダルト

こんばんは
コメントの返信ありがとうございます。
たくさんのSがいるので、中には奴隷と話をする必要はないという方もいらっしゃいますが、やっぱり、私は愛と信頼が無ければ主従関係は築けないと考えているので、たくさん話を聞いて欲しいし、たくさん話を聞きたいですねぉ…

それから、私も普段は宏美さんのような性格なので、宏美さんの気持ちは解ります。
私も支配されたい欲求と私は誰かに支配されることを望んで良いものかと悩んだ時がありましたよ。同じような気持ちになる方がいらっしゃるんだなぁ…って拝見させて頂きました。
[2012/07/03 01:15] URL | 紫鈴 [ 編集 ]

>紫鈴さん
奴隷との対話なんて、必要ないと思っている御主人様、また、奴隷の方も話なんてしないのが、御主人様のあるべき姿だと思っている人もいると思います。
それぞれに、主従関係に対する考え方はありますよね。それはそれで、良いと思いますが、私は、紫鈴さんがおっしゃるようなことを、対話を通じて、確かめていくことが、必要だと思っております。

こういう方は、結構いらっしゃるようですね。私も、今回書いた以外にも、同じようなことを伺っていますので、主従関係というのも、悩むことは多いのですよね。でも、その中から、幸せなことを見つけていけるといいなと思います。

[2012/07/04 23:19] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

まとめtyaiました【私は、奴隷になれますか?(前編)】

これは、ご相談を受けた方のお一人に、書いて欲しいと言われていたことだ。かなり遅くなって申し訳ないが、やっとまとまったので、書いてみた。ただ、具体的なことを私が書いてしま...
[2012/07/03 00:25] まとめwoネタ速neo
このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。