理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回の続き。

宏美が自分の性格について、私に話した。

強気でプライドが高い性格だから奴隷になれないのではないか?と。

でも、それを議論するのは、難しいと思った。また、それほど気にすることでもないようにも思えた。

私は、宏美の性格を、この時点で十分に把握しているわけではなかった。掲示板で話したことと、会ってまだ1時間くらいのもの。

また、宏美が言う自分の性格と、私が感じるものにも差があった。

それに、前に、強気な奴隷や、弱気な奴隷について書いたことがあったが、性格というのは、相性が合う相手になら、許容される。

というよりも、そういう性格でいいと思うから、奴隷にするのだ。その部分というのは、ノーマルな恋愛と変わらないと思う。

主従だからということで、奴隷は、従順で(気が弱く)なければと思う人もいるかもしれないが、それは明らかに違う。

普段、強気で、プライドが高くても、奴隷になっている人は、たくさん知っていた。

性格的に、宏美が奴隷になれないとは、思えなかった。

そんな私が、宏美に言ったことを、要約すれば、

「もしも、宏美さんが本当に傲慢だとすれば、そういう態度を取らないように気をつけたらどうでしょうか。としか言えません。それに、強気な性格の女性が好みだったり、受け入れられるS男もいますから、性格のせいで奴隷になれないとは思えないです」

という感じで、私がそれまでに見てきた、奴隷の性格について、語っただけだ。

そして、私はそういう話をしているうちに、性格のことではなく、気になること、宏美が本当は、性格よりも気にしているのではないかと思うことに、なんとなく、気がついた。

だから、そちらに話題を変えた。

「お話をしていて思ったのですが、性格とは別に、もしかして、宏美さんは、お仕事自体や、生活のレベルの面で、奴隷になれるのか?ということを気にされているのではないですか?」

「どういうことでしょう?」

「ものすごく嫌な言い方をするので、気を悪くされると申し訳ないのですが、宏美さんは、お仕事や、その立場や、同年代の人達よりもかなり高い収入、生活のレベルなどから、世間的なイメージとして”お高くとまった女”なのだと、ご自分を評価しているのではないですか? 御主人様にしたいと思う相手にもそう思われて、拒否されるのではないかと。それが、怖いのではないですか?」

「それは…」

宏美は、目を見開いて私を見た。

いきなり言われて驚いただけなのか、言われたくないことを言われたのか、わからなかったが、それは宏美にとっては、なにか引っかかることではあるように思えた。

「お話を伺っていると、性格よりも、そのことが悩みのように感じるのですが…。それに、掲示板には、気の強い奴隷の方もいます。宏美さんも見ておられますよね。○○さんとか。でも、職業を明かしている人は、あまりいません。宏美さんのような感じの方は居るのかも知れませんけれど、私はそれを明かしているのを見たことなかったですから。事例が見当たらないことで、不安に思うなら、そちらかな?と思いました」

「もしかしたら、そうなのかも知れません。自分でも、よくわからなくて…。私から相談しておいて、すみません。もし、そうだとしたら、やっぱり、私は奴隷にはなれないでしょうか?」

「正直に言えば、それを気にするS男はいると思います。自分よりも収入があるとか、社会的な評価が高い人を奴隷にするつもりにはなれないというS男は、やっぱり、いると思います。御主人様というのは、常に、奴隷の上に立っていたい、優位な立場を感じていたいという気持ちが強い生き物ですから」

「そうなんですね…。では、私は…」

といって、ため息をつき、また俯きそうになる。

「あの、ちょっと待ってください。話は最後まで聞いてください」

私は慌てて、それを止めた。でも、宏美がこのようにあっさり認め、ため息をつく、ということは、それを気にしているのは、多分間違いないと思った。

「普段の生活や仕事と、奴隷で居る時とを、しっかりと分けて接する人もいます。ですから、そういう人なら、宏美さんの仕事や収入は、無視すると思いますよ。逆に、そういうプライドをボロボロにして屈服させてやりたいという風に思うような人もいると思います。Sにも、色々な人がいますから」

「それは、なんとなく、わかりますけれど…。でも…」

といって、しばらく、宏美は口を閉じた。何事か考えている、というか、言いたいことがあるのだが、それが、喉に引っかかって、なかなか出せないような感じに見えた。

なので、私は、黙って宏美が口を開くのを待った。

普段の私のスタンスというのは、大体こんな感じで、相手の言葉を待つ。ゆっくり考えてもらう。

だから、私と話をすると、会話が弾まないことが多々ある。

要するに、私は、話が下手だ。

なんて、私のことはどうでもいいのだが、しばらく待っていると、宏美が意を決したように、口を開いた。

「それでは…。私は、vetさんの、奴隷になれますか?」

いきなり、かなり驚かされる質問をされた。

でも、ちゃんと答えなければいけない質問でもあった。少し考えて言葉を選んだ。

「今、ということであれば、なれません。すでに奴隷が居ますから。もしも、奴隷が居なければ、ということであれば、奴隷にするかどうかというお話を、宏美さんとするのは、別に構いません。私も、宏美さんのお仕事に関しては、気にならないです。そういう意味では、なれます。あとは、ちゃんとお話をして、相性を確かめてからということですね。それは、お仕事などとは、別の話です」

「本当ですか?」

「ええ。奴隷には、ちゃんと仕事はそのままにしていてもらいますし、それには影響が出ないようにします。その代わり、主従で居る時には、それだけに集中させます。その時は仕事での立場なんて忘れさせるということです。ですから、仕事で、奴隷がどんな立場にいようと、関係無いです」

「そんな感じなんですか?」

と、宏美は、同席していた私の奴隷に顔を向けた。

「はい。奴隷にして頂く時、私の仕事のことは話しましたけれど、それで駄目とかって話はされなかったです。といっても、私の仕事は普通の会社員ですから、関係ないですけど…」

「そうなんですね」

「はい」

「羨ましいです」

宏美がそう言って私を見る。

だが、私は自分のスタンスというのが、特別なものではないと思っていた。

現に、御主人様が普通のサラリーマン、奴隷が医者で、おそらく奴隷のほうが収入があるであろうと思われる主従(何年も続いている)も知っていたから。

「私と同じように考える人は、他にもいますよ。主従関係になったら、どんなに社会的、経済的に良いと言われる仕事をしていようと、気にしないのは、特別なことではないと思います」

「そうでしょうか…」

「何度もいうようですが、Sも色々居ますから。今の宏美さんで問題ないと考えている人を探せば良いと思います。逆に、宏美さんが必要以上に、仕事のことを気にしていると、近づきがたいかもしれません。そんなに気にせずに、普通にされたらいかがでしょうか」

「それでいいのでしょうか?」

「いいというか、それ以外にないように思いますが…。奴隷になるために今のお仕事を辞めるとか、そんな事を考えてはいないですよね?」

「それは、はい。出来れば、仕事はこのままで、と、思っていますけれど…」

「それなら、その条件に合う人を探すことにすればいいということだと思います。あとは、性格とか、宏美さんのM性とか、仕事とはまた別の話なので。宏美さんの仕事のことを気にしない人の中から、相性が合うと思う人を探すということです」

「見つかるでしょうか?」

「それは、わかりません。出会えるかどうかは、可能性の問題です。でも、他の皆さんも、同じですから。それに、宏美さんは、そんなに条件が厳しいわけではないと思います。未婚ですから、誰に気兼ねすることも無いと思いますし、それこそ、お仕事がちゃんとあって、収入もあるのですから、高価なSM器具でもたくさん買えますしね。好条件かもしれません」

そう言ったら、宏美もやっと笑ってくれた。

「少し、ホっとしました」

「そうですか。それなら良かったです。ただ、宏美さんは、有名みたいですから、SMをしていることなどをバラすような人にだけは気をつけてください。ちゃんと、秘密を守ってくれる人を探してください。お仕事に影響が出ては困りますから」

「はい」

実は、私の一番の心配はこれだった。

宏美なら御主人様を見つけるのはそんなに難しくないだろうと思った。

高価なSM器具が買える、なんて冗談を言ったが、そんなことよりも、表の世界で人と関わりあって仕事ができているということは、少なくとも、コミュニケーションに問題があるわけではないだろう。

むしろ、仕事で成功しているということは、そういう能力も一定以上備えていると言えると思う。

御主人様探しも、うまくやれると思った。

だから、宏美が不安に思っていた内容については、それほど気にすることではないような気がした。

それより、宏美の表の世界での立場をきちんと理解し、それを守ってくれる人を見つけることのほうを心配すべきだと思った。

また、そんな人を見つける過程で、例えば、何人かの御主人様候補のS男と会うとして、その人達が、宏美の表の世界に影響が出るようなことを、口外したりしないようにと願ったし、自分の仕事や、個人情報を明かすかどうかには、十分に気をつけるようにと、最後まで念押ししたのだった。


私は、奴隷の表の世界は守りたいと思った。ましてや、仕事に影響が出るようなことは避けて奴隷を飼っていた。今もその対応は間違っていなかったと思う。

だから、宏美にも、そういう人が見つかれば良いと、思っていた。

ちなみに、その後、しばらくしてから、宏美は、御主人様が見つかったと、私に連絡をくれた。喜んでいた。

相談といっても、話を聞いただけで何もしていない私だが、その報告は、とても嬉しかった。


こんな感じで、宏美のように、考えて、考えすぎて、奴隷になれないのではないか?と思ってしまうM女が居る。

社会的に認められているとか、学歴があるとか、会社などで上の立場にいる、同年代の他の人達よりも収入が多い、生活レベルが高い…、なんてことを、気にしていたM女というのは、何人か知っている。

奴隷という、もっとも蔑まれた存在と、自分の表の世界での立場にギャップがありすぎて、悩んでしまう人がいる。

御主人様を上回ってしまうのではないか?そのために相手にしてもらえないのではないか?嫌われてしまうのではないか?と気にしている人がいる。

もちろん、それを気にするS男はいるだろう。S男が奴隷を奴隷とみなすときの基準として、奴隷よりも自分が、常に上回っていること、というものも含まれていることがあるから。仕方がない。

口に出してはあまり言わないが、そういうことを思っているのだとわかるS男もいる。

性格的なものなら、強気な奴隷でも、それをさらに上回って屈服させることはできるだろう。でも、社会的な評価や収入をすぐに、奴隷よりも上にするというのは、難しい。

ただ、それを気にしないS男もやっぱりいる。私も気にしないタイプだ。

表の世界での立場なんて、奴隷にしてしまえば、関係ない。

私にとっては、そのM女がどんなに社会的に、経済的に、成功していようと、奴隷にしたなら、私の所有物になったなら、それは、ただの”奴隷”であり、それ以上でも、以下(その下が存在するか?というのは、また別の話だが)でもない。

表の世界で、本人にくっついている社会の評価や、持っているお金なんて、本人の価値に比べたら、正直、どうでもいいことだ。

私が所有物にするのは、奴隷本人、その体と心なのだから…。


ということで、今回、この話を書いたのは、前から何人かの方に同じようなご相談を頂いていたから。

表の世界のこと、社会的に、経済的に、高いものがある女性に関して、御主人様(S男)というのは、どう思うのか、知りたいとのことだったので。

お返事はそれぞれの方にすでに書かせて頂いたが、私の経験談(といっても、お話を伺っただけのことなのだが…)や、考え方を、エントリーにするのを、お約束していたのでそれを何とか果たせた。

遅くなって申し訳ない。

それから、本当は、宏美とは、もっと長い話をしたのだが、全部は書けないので、抜粋して、まとめている。

また、宏美の具体的なことは全て伏せてあるから、わかりにくかったかもしれないが、ニュアンスとしてはご理解いただけたかと思う。


結局のところ、簡単に言ってしまえば、御主人様にしたい人が居るなら、その人に聞いてみるしか無いのだ。

そして、私もそうだが、女性の社会的立場が高いことを奴隷にできるかどうかの判断基準にしないスタンスの人は、そんなに少ないわけではないと思うから、それほど表の世界のことで、悩む必要はないように思う。

そのことを心配するくらいなら、本当に奴隷になっていいのか?とか、それで幸せになれると思えるのか?覚悟ができているのか?とか、決めようとしている相手を御主人様にしていいのか?とか、そういう、奴隷になることの本質的な部分をちゃんと考えるべきだと思うし、

なによりも、表の世界に性癖が露見して、仕事に影響が出ないように、ちゃんと秘密が守られるかどうか、守ってくれる人なのかどうか、を用心するべきだと思う。


テーマ:主従関係 - ジャンル:アダルト

こんばんは
確かにVetさんの仰っている児とはよく、解りますね。私は、元風俗という特殊な世界にいましが、今はご主人様に飼われています。
それを、気にしないご主人様だから、今があるのだと思いますが、気にする方はいるのはたしかですから…
でも、今はそういう事を気にしない方に素直な自分をさらけ出せていますから。
[2012/07/08 02:07] URL | 紫鈴 [ 編集 ]

>紫鈴さん

主従ということで、書きましたが、これは男女付き合いには、付き物の話ですよね。人によって受け入れられる相手の範囲というのはありますから。
そして、そういう自分を受け入れてくれた人というのは、本当に大切にしたいと思えますよね。色々なしがらみとか、世の中の評価ではなく、自分自身を見てくれたのだと思えると、ホッとするなと思います。
[2012/07/11 23:15] URL | vet [ 編集 ]
確かに…
それは、普通の男女間にもありますね…
Vetさんの仰る通り、全てをさらけ出して受け止めて貰えるってのは幸せな事だと思います。
性癖のみで考えた時に世の中のカップルや夫婦が、相手に全て受け止めて貰えているかという世論調査があったら、たぶんごく僅かしか満足している人はいないんじゃないかと思いますよ。
私も実際に旦那はノーマルですから(T-T)
[2012/07/12 00:09] URL | 紫鈴 [ 編集 ]

>紫鈴さん
確かに、すべてを受け止めてもらえる関係というのは、なかなか構築できないものだと思いますし、例え、一度出来たとしても、何か言い難いこととか、それまでとは違う事態などがあると、またできなくなるような、脆いものでもあるかも知れませんね。
でも、それが出来た時の、幸せというのは、本当に大きなものだと思います。
とても、難しいことではありますが、できる限り、そうありたいものですよね。
[2012/07/19 23:47] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

まとめtyaiました【私は、奴隷になれますか?(後編)】

前回の続き。宏美が自分の性格について、私に話した。強気でプライドが高い性格だから奴隷になれないのではないか?と。でも、それを議論するのは、難しいと思った。また、それほど...
[2012/07/06 07:08] まとめwoネタ速neo
このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。