理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン


理沙とのことが大変になっていた時期、私は理沙とばかり会っていたというわけではない。

もちろん、美佳とも会っていたし、調教もした。

その時の話。

ただ、それが、どのタイミングだったのか?というのが、ちょっと曖昧だし、一度だけ会ったというわけではないので、ここに入れたのだが、理沙の話をしていた時期、特にそれがかなり切迫したものになってきたときのことであることは確かだ。


あるとき、美佳が言った。

その顔は、憂いを帯びていて、普段からあまり明るい感じではない美佳が、さらに表情を曇らせていた。

「理沙さんと、この間、お話ししました」

美佳と理沙との関係というのは、私が当初、心配していたよりも、明らかに良好だったように思っている。

私と関係のないところでも、普通に話をしていたのは知っている。

本人たちにきちんとした形で聞いたことは無いのだが、私が見る限りでは、仲の良い女友達のように思えた。

それが本心からの友情なのかどうか?は私にはわからないのだが、もしも、奴隷が2匹居ることで、何かの問題が出たなら、私が困るのであろうことを、おそらく両方共にわかっていたのだと思う。

そして、美佳の元々の控えめな性格もある。また、理沙は後から無理を言って奴隷になったという経緯がある。

そういうことから、お互いに、少し遠慮していた部分もあったのかもしれない。

相手を排除しようという意思は、私には、どちらからも感じられなかった。

都合の良い捉え方かも知れないが、私と2匹でうまくやりたいと思ってくれていたように私は思っている。

私はそのように思ってくれていたことには、とても感謝している。

もちろん、一人の御主人様に飼われている2匹の奴隷ということで、お互いに想いはあったのだと思うが…。

こんな2匹だったから、理沙と、美佳が話をするということに関しては、特別なことではなかった。

「そうか」

「はい。すごく悩んでいました」

美佳にしては珍しく、ストレートに言った。それくらい、理沙の状態が普通ではないということだったのだろう。

普段、快活さが全面に出ている理沙が、美佳にさえ、そういう姿を見せたということに、私はショックを受けた。

「…」

「それで、御主人様のことも、心配していました」

「俺を?なんでだ?」

「御主人様を悩ませてしまっているからって」

「そうか…」

「ですから、私でよろしければ、私を使って、お気持ちを吐き出してください」

美佳がそう懇願してきた。

美佳の美佳なりの配慮だった。

私を少しでも楽にしたいと思ってくれていたのだろう。

実際、理沙のことが始まってから、私がそれに思いを向けている時間が長かったのは事実だし、そのために、私が、悩んでいるような素振りを見せたこともあった。

できる限り、隠していたつもりではあったのだが…。

美佳は気がついていた。

それに対して、美佳が、心配に思うのは、当然のことだったのだろう。

でも、私はそれを素直に受け取らなかった。

黙って美佳に冷たい視線を向けた。

「…」

「御主人様?」

「お前に吐き出したところで、何か解決するのか?」

強い口調で言った。こういうところに意地を張る。

「理沙のことを、お前に心配してもらう必要はない。でしゃばるな」

あの頃の私らしいと、今にしてみると思うのだが、もう少し、美佳の気遣いをわかってやっても良かったなと、思うところだ。

私自身は、御主人様として、また、自分としての、格好をつけているつもりなのだが、客観的にみると、誰かの親切を素直に受けられない、無様な言い様だと思う。

でも、そういう風にしか、出来なかった。

あの時の私はそれで精一杯だった。

自分の奴隷にさえも、奴隷だからこそ、多分、私は悩んでいることを吐き出せなかったのだと思う。

美佳がどれほど私のことを考えてくれていたのか?それに思いを馳せる余裕はなかった。

「そうですね…。申し訳ありません」

そう言って、美佳は私に謝罪した。

多分、美佳は悪くはない。

それもわかる。

なのに突っぱねた。

だから、私を非難したりせず、ただ頭を下げている美佳の姿を見ると、私はますます、自分は何をしているのだろうと、思うようになる。

自分のしていることが、歯がゆく、情けなくなる。

そして、それを取り繕おうと足掻く。

ずっと、頭を下げている美佳に触れ、首輪を掴んで、その顔を無理矢理に上げさせてから、

「また理沙と話をするか?」

と、先ほどまでの語気を少し緩めて聞いた。

「あ、はい。電話とかはよくするので。それはあると思いますけれど…」

「そうか。じゃあ、その時に、俺のことじゃなくて、自分のことを第一に考えるように、お前から言っておけ。俺がそう言っていたってことじゃなくて、お前の意見として」

「御主人様…。でも、それは御主人様の想いですよね?だったら、御主人様からおっしゃったほうが、理沙さんもきっと嬉しいと思いますけれど」

これは、今思うと、美佳の言い分が正しいだろう。私の言っていることは、自分で言わなければならないことを美佳に押し付けているに他ならない。

多分、無意識に逃げていたのだと思う。

「俺が言っても、理沙を悩ませるだけだ」

なんて、こんな理由を付けて…。

「そういうもの、でしょうか?」

確実に、美佳は、そうじゃないと思っていた。美佳のほうが、きっと冷静に判断していた。

でも、私は押し切った。

「そうだ」

その言葉は、私が私に無理矢理言い聞かせていたようなものだ。不自然だっただろう。

「…」

美佳は、そんな私に気がついていたと思う。ただ私を見つめて、少し考えると、意を決して言った。

「はい。分かりました。今度話すときには、言います」

そう言った美佳だったが、納得している感じではなかった。

やはり美佳の心配というのは、理沙に対してもあったのだろうが、私に対してあったのだと思う。

私が、理沙のことで心を揺さぶられていることに、美佳は完全に気がついていた。

私は、動揺していないふりを、美佳の前では続けていたのだが、多分隠しきれてはいなかった。

この時期の美佳は、事あるごとに私のことを心配するような素振りを見せていた。

それまでとは、少し態度が変わっていた。

私が理沙のことで動揺していることに、美佳は心を痛めてくれていた。

それを何とかしたい。

それが美佳の望みだったのだろう。

だから、納得しないことであったとしても、私がそれで少しでも楽になるなら、良いと思って、この話も受けたのではないかと思う。

同様のことが、他にもあったが、美佳は黙ってそれを受け続けてくれた。

そして、事あるごとにこう言った。

「御主人様、愛しています」

と。

それまで、こういうことはあまり口にしない美佳だった。

なのに、なんでそんなに言うようになったのか、私にはわからなかったし、こう言われても、「私も愛している」と、返したことはなかったが、それでも、美佳はそう言い続けた。

美佳は多分、理沙が出す結論の如何に関わらず、私を支えたいと願ってくれていたのだろうと思う。

今はそんな美佳の思いがわかる気がするのだが、その時は、美佳がこの時期、態度を変えていたことの意味を私ははっきりとわかっていたわけではなかった。

だから、美佳への感謝は、やっぱり伝えられていない。

本当に、悔しいことだし、私の未熟さ、思慮の浅さを呪う。


テーマ:主従関係 - ジャンル:アダルト

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2012/07/20 21:33] | [ 編集 ]
切ないです…
理沙さんの事があって、その官は美佳さんはどうしているのかなと思っていましたが、美佳さんとも逢っていらっしゃったのですね。

理沙さんの悩む気持ちと美佳さんのVet さんを想う気持ち…なんだか、どちらも切なくなりますね。切ないって言葉は軽すぎますが、上手く表現できないです。でも、そういう気持ちを持った事のある人は内面から美しさが滲んでいるように思います。
[2012/07/22 02:51] URL | 紫鈴 [ 編集 ]
拝啓。
ご無沙汰しております。

その節は大変ご迷惑おかけしました。

お邪魔できなかった間の記事を読ませて頂きました。
そして美佳さんの記事も。


同じ女として御主人様に飼われる身として美佳さんの気持ちを考えると涙が溢れてしまいました。

vet様や理沙さん、誰よりも一番お辛かったのは美佳さんのような気がします。
私が、もし、美佳さんの立場になり
同じ経験をしたなら、御主人様に捨てて頂くことを選んだかもしれません。
美佳さんは、どのようなvet様でも受け入れる覚悟ができておられる奴隷の中の奴隷です。
ただ、女としてどれだけ悔しかっただろうと、同じ女として思いました。

大袈裟で考えすぎな女なので、美佳さんのことも重く考えすぎかもしれませんが、失礼を承知で言います。この時のvet様に私が飼われていたとして、同じことがおきたら、奴隷根性に賭けて、どんな痛みも笑ってやります!
御主人様として一番嫌なことでしょ?

す、すみません、鞭持って来ないで下さいね…


vet様は、とても素敵なお方です。
でも、奴隷になられた方たちも、凄く素敵な方たちですね!

私、どなたとも友達になりたいぐらいですから♪


スカイツリーヘア
これまで5人の方が来店されました。

お金を頂ければ何だってやります。私は技術者ですから…
ただ、私がやったことは伏せていただきたいのが、切なる願いです(泣)

今じゃ、ちょっとした笑い者です…

[2012/07/24 04:05] URL | 優 [ 編集 ]

>2012/07/20 21:33にコメントくださった、匿名希望さん
そういうお気持ちになられるのですね。
もしかしたら、美佳もそうだったのかなぁと思いました。
あの時、私は私のことで手一杯というか、理沙のことを考えるだけで、美佳のことをちゃんと考えられていなかったと想います。
それが、あれらの言葉になっていました。
思い出すと、本当に良かったのか?と、未だに自問自答です。



>紫鈴さん
この時期は、理沙と会うことのほうが多かったと思いますが、それでも美佳とも、会っていましたし、調教もしました。
でも、美佳が明らかにいつもと違っていました。そしてそれは、私がいつもと違うということだったのですよね。
そんな私を受け止めてくれた美佳には感謝しきれないほどのものがあります。
美佳の気遣いというのは、ありがたいものでした。
そして、おっしゃる通り、彼女の内面というのは、本当に美しかったと思います。


>優さん
お久しぶりです。
しばらくお見かけしなかったですので、お仕事がお忙しいのだろうなと思っておりました。
またお話できて嬉しいです。

この時の美佳の心境というのは、私にもわからないことが多いのです。コメントもいただきましたし、メールも頂いたのですが、皆さん、それぞれに感じて下さったことがあって、それを伺いながら、私も考えているところです。
優さんなら、そのように考えるのですね。とても参考になります。ありがとうございます。

美佳がもしも、この時、私を笑うようなことがあったなら、私はどうしていたのかな?と考えました。
確かに、一番嫌なことではありますが、あえて、それをしてくれるということは、多分、それだけ、私のことを理解しているということでもあるのかなと思いました。
もちろん、鞭とか、かなり強い調教をしたかもしれませんが、もしかしたら、私の気持ちは、それで少し楽になったかも知れませんね。
そして、優さんが、そのようにおっしゃるというのも、とても興味深く思います。
御主人様を信頼しているからこそ、出来ることだと思いますから、優さんは、そういう信頼関係をしっかりと作るのが、主従の姿なのだという風に思っておられるのですよね。
私も、それは、同じように思います。

私の奴隷を素敵だといってくださってありがとうございます。
私が素敵かどうかは、自信がないのですが、過去の奴隷たちが、どれも素晴らしい女性であったことは、私の誇りですから。

スカイツリーヘア、5人もいらっしゃったのですか!(笑)
それはすごいですね…。
やっぱり、結構、考える人はいるということなのですね。
そして、そんなオーダーにもしっかりと応えられる優さん、さすがです。
技術者といえば、私もそうなので、その気概というか、そういうものは、私もわかりますよ。
でも、笑い者って(笑)
私は、同じ技術者として、尊敬いたします!
[2012/07/27 23:03] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報