理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
奴隷の首輪の話というのは、今までに何回か書いたことがあるのだが、また書きたくなった。

ちょっとしつこいか。

でも、こういうふうに思うということは、私は、奴隷の首輪には思い入れがあったのだろう。

当時も、意識が強いアイテムだとは思っていたのだが、後から考えて、こんなに思い出すことだとは思っていなかった。

ただ、考えてみると首輪に関しては色々とこだわったように思う。

SM用のアイテムとして、私が一番こだわったのは、多分、縄だったと思うのだが、こだわり度合いとしては、その次くらいにくるのかも知れない。

そんな奴隷の首輪。

前に、メールで、「犬の首輪を奴隷に使うには、どのくらいのサイズを買えばいいのでしょうか?」なんて、ご質問を頂いたことがあるのだが、基本的に中型犬用っていうくらいのを買っておけば大抵問題はないと思う。

首が細い奴隷だと、小型犬用がキチキチで使えることなんかもあるのだが、多少余裕をもたせるなら、小型犬用はきつい。しかも幅があまりないので、首輪の存在感が小さくなり、拘束しているという感じも薄れるので、私の好みではない。

なんて、こんなこと、知っていても、人生にはあまり役に立たない知識ではある。

というか、SMをしていたとしても、奴隷の首周りを測ればいいだけの話なので、そんなに重要な情報でもない。

それよりは、首輪によっては、肌が荒れる奴隷が居る(肌荒れを起こす首輪がある)ので、それだけは注意したほうがいい。ちゃんと吟味するべきだ。こっちのほうが、少しは役に立つ情報か。

話がそれた。

私の場合は、結構、しっかりと、奴隷に首輪のサイズを合わせたいタイプなので、奴隷の首周りは確認してから買う事が多かった。

だから、適当に、中型犬用とか、そういう買い方はあまりしていない。

奴隷の首輪というのは、あまりきっちりとはまっていても、ゆるゆるでも、私は納得出来なかった。

このあたりも首輪に対するこだわりだろう。

ゆるすぎる場合、やっぱり、奴隷に対する拘束感が薄れる気がしたし、たまにAVなんかで見ることがあるが、首から垂れ下がってる感じになるのは、だらしない。だから、ゆるすぎる首輪は論外だ。

逆に、きつい首輪というのは、私としては、ゆるいよりは、はるかに良いと思っているのだが、それもきつすぎると、あることができなくなるので、嫌だった。

それは、奴隷の首輪を直接掴んで、顔を無理矢理、私の方に引き寄せるという行為。

リードで引っ張るよりも、そのほうが、奴隷を力強く動かしている感じがあるので、私はたまに、

「ちゃんと、顔を見せてみろ」

なんて言いながらやるのだが、

それをやるためには、首輪と首の間に、私の指が4本、スッと入る余裕が必要になる(首輪の下から手を入れて掴むので)。

だから、少なくとも、その分の空間が、首と首輪の間には欲しい。

首輪を掴む時、なかなか指が入らなくて、もたもたしていては格好がつかないから。

一気にグッと掴んで引き寄せる。奴隷を翻弄する。

これも私の、御主人様としての見栄っ張りなところだ。

でも、ゆるめるといっても指4本分までだ。それ以上にゆるいのは、まずい。

ということなので、奴隷の首輪の長さ(穴の位置)には、私はこだわった。

実際、可能な限り、この理想的な長さの物を求めていた。

事情があって、首輪を即席で用意しなければならず、きっちりとそこまでできないこともあったし、そもそも、首輪というのは、穴の場所が最初から決まっているので、適当な所で納得せざるを得ないこともあった。

でも、私が一番こだわったときには、奴隷の首の太さに合わせて、首輪の最適な位置に、穴を開けた。

ちなみに、穴を開ける場合、目打ち(千枚通し)で、開ける事を考える人が多いように思うが、革製の首輪に目打ちだと結構大変だし、出来上がりの穴も微妙な形になるので、いまいちだった(私が下手なだけかも知れないが…)。

なので、私はピンバイス(ドリルの刃を手で持って使うための道具)を使うことが多かった。

と、こんな改造までする人はあまりいないと思うので、これも、どうでもいい情報なのだが…。

首輪に、納得できる穴を開ける機会のある、ごく一部の特殊な方は、覚えておくと良いかも知れない。


首輪の風合いということも、気にしていたように思う。

奴隷が奴隷として、人間より下の存在として、扱われているということが、明らかにわかるもの。

それが大前提だ。

だから、首輪というからには、首輪らしいものを私は好んだ。

犬用の首輪というのは、そういう意味でもいいのだが、中には妙に可愛らしい物があったりする。

キャラクターが付いているものとか、模様がパステルカラーで色とりどりとか、水玉模様とか…。

ペットグッズというのは、飼い主(この場合は本物の犬猫の)を喜ばせるために作られているように思う。

奴隷には首輪の色などは選ばせることもあったが、こういうキャラクターものとか、パステルカラーのものは、私は却下した。

首輪が、私の求める首輪らしくないという理由で。

それから、SM用の首輪の中には、装飾品が付いているものがあったりする。

ビーズとか、パールがついて、さらに、金具でアクセサリーのようになっているものがある。

ちょうど、皇族の女性がつける、ティアラ?のような装飾。

さらには、レースで覆われた首輪なんていうものも見たことがある。

下手をすると、その首輪をつけて外を歩いても、派手なネックレスをつけていると思われるくらいで、全く首輪っぽく見えないものまである。

奴隷は、それを見て、

「この首輪、可愛いですね」

なんていって、ちょっと欲しそうにしていたのだが、私は使わなかった。

奴隷が首輪で首周りを彩る。なんて、私には考えられないことだ。

首輪は奴隷をどこまでも奴隷らしく、貶め、蔑まれた存在に見せるものでなければならないと思う。

そういう首輪をつけているからこそ、奴隷は奴隷らしく見えて、無残で屈辱的であればあるほど、私にとっては、とても可愛いと感じられる。美しいと思える。

それが、私のS性であり、奴隷を見る目なのだ。

だから、私は、装飾過多な首輪には、興味はなかった。

もちろん、それを選ぶ御主人様を批判する気はない。単に、私の好みというだけだ。

ただ、装飾的なもので、私が惹かれた首輪があった。

それは、そういう派手な装飾具が付いているものではないのだが、和風の首輪だった。

首輪の皮の部分がむき出しではなく、全面に和風柄の布が貼ってあるようなもので、かなり落ち着いた雰囲気があって、いいなと思った。

それと、普通の首輪よりも、少しだけ幅(高さ)があって、和風の柄のせいで和らいだ感じに見える首への拘束感が、その幅によって補われている感じだった。

そんなバランスが良くできていると思った。

多少、高価ではあったのだが、この首輪は見つけたとき、すぐに気に入って買い、しばらく使った。

ただ、皮ではなく、和風柄の布が奴隷の首に当たるので、使っているうちに、それが擦り切れてくるという弱点があり、強度としては、いまいちだった。

でも、気に入っていたので、もう一度買おうと思ったのだが、その時にはすでに無くて、残念な思いをした。

少し前に、それを思い出して、ちょっと調べてみた(ありがたいことに、そのお話をした方が調べて下さったりもした)のだが、残念ながら、見つけられなかった。もう無いのかもしれない。

あの首輪はよくできていたというか、和風の楚々とした雰囲気が、奴隷の悲壮感を際だたせるように思っていた私にとっては、かなりツボな首輪だった。

こんな感じで、首輪には、色々な思い出がある。

私は熱帯魚を飼育しているから、餌などを買いにペットショップにはたまに行くのだが、そのとき、犬の首輪を見かけると、そういうことをいくつも思い出しては、苦笑する。

こんなにこだわっていたのだな、と。

また、首輪をした奴隷のことを、本当に好きだったのだな、と。

私が最後に、奴隷から首輪を外した時のことなどを、とても強く思い出す。

あの時の、なんとも言えない奴隷の顔を。


ということで、首輪については、これで書き終えたかと、思われるかもしれないが…。

実は、まだ、書きたかったことがいくつもあったりするのだが、長くなりそうなので、それはまたの機会に書くことにする。

こうして書いてみて、改めて思うが、本当に、色々な思いが首輪にはあったなと思う。

こだわりは縄のほうが強かったが、思い入れは首輪のほうが強いのかもしれない。

私の側ですら、そうなのだから、付けられた奴隷には、もっとたくさんの想いがあったように思う。

付けられた時、付けている最中、そして、外された時。

実際、その思いを感じさせてくれるような奴隷の態度や言葉も、見ている。

そういう意味でも、首輪は私にとってはとても重要なアイテムだったと思う。


ちなみに、上で書いた、昔、一度だけ使ったことのある、和風の首輪を調べた話を、twitterで書いた時、

その話が盛り上がってしまい、見つからないなら、自作したらどうか?という話まで出ていた。

私も、元来の工作好きな部分を刺激されてしまって、仕事が暇な時期になったら、作ってみようか、なんて、結構本気で思ってしまった。

ただ、最大のネックは、今、奴隷が居ないことだ。

首輪を作るなら、完璧に作りたい。

そんな、工作好き魂をくすぐられているだけに、つけるべき奴隷の首のサイズがわからないのが、非常に残念なところだ。

テーマ:支配と服従 - ジャンル:アダルト

私の場合
初めて付けていただいたのは
初めてお会いした日だったので
よく言う感動みたいなものをほとんど感じることができませんでした。
回を重ねるごとに
付けていただくときの
幸せな気持ちが
大きくなる気がします。

>首輪を直接掴んで、顔を無理矢理、引き寄せ
    られたら・・・
    超幸せです!!

余談ですが
はじめの方の
それたお話のところ・・・
vet様の
そういうところにこだわるところが
けっこう好きです(笑)
[2012/07/28 13:48] URL | tomo [ 編集 ]
拝啓。
どれぐらいの人が首輪を重要視しているか分かりませんが
私の中では「奴隷の証」だと思っています。

私が首輪を頂いたのは、つい最近のことです。
主は、首輪をする=奴隷なので、見習いのうちはその辺にあるヒモでした。ビニールヒモの時もあれば麻ヒモの時も…
そうされればされるほど、他のMさんの首輪を見ては羨ましく思っていました。

ペットショップで犬用の首輪を涼しい顔して私の首に回された時は
恥ずかしいやら嬉しいやらで、おかしくなりそうでした。
真っ赤で装飾の無いシンプルな首輪、主が名前を書いてくれて世界で1つの首輪が出来上がり、私の宝物です。

首輪に手を入れてクイッとされるの私も大好きです。
主はVet様ほどの拘りは無いと言っていましたが、首輪をクイッとした時に、何をされるんだろう…と、おびえた顔をするのがいいらしいです。
だって、ほんとに恐いんですもの…


首輪の話が、まだまだあるのですね。
楽しみにしております。

主が言ってました、首輪ひとつとっても奴隷によって様々なドラマがあると。本当に奴隷として接しているなら、どれも同じだけれど
心を持った人間なのだから、10人いれば10通りの主従があるのだと言っていました。
こうしてVet様が過去の出来事を自分の強さや自慢より奴隷の有り難さを綴れるのは、本当に大事にされていた証拠だと言っていました。
「勘違いしている飼い主がゴロゴロしているからね、そういう奴に読ませてやりたい。
現役御主人様としては、Vetさんそこまで書かないで…と、奴隷に読まれたくない事も多いけどね(笑)お前は大ファンだしね(笑)」

と言ってました。

はい、読ませて頂きお勉強させてもらってまーす(笑)

[2012/07/30 20:00] URL | 優 [ 編集 ]

Vet様、こんにちは。

“おしゃれ首輪は違うと思う・・”という主的な視点に少し笑いました。
そうですよね。私も、そのように思います。

首輪に深い思い入れがあること、
とても素敵に思います。
vetさまの奴隷さんたちも
首輪に関する記憶
とても大切にされていることでしょうね。

ほかのことでは得難い、
こういった関係性特有の
繋ぐ、繋がれる感覚を思いました。
vetさまは
とてもたくさんの・・・
大切なものをお持ちですね
そのときそのときを
真剣に対峙されてきた
結晶のように思います。
[2012/08/04 09:59] URL | 智薫 [ 編集 ]

>tomoさん
奴隷に、いつ首輪をつけるか?というのは、御主人様によって違いますね。ずっと付けないという人もいますし。
付けられる奴隷の方にも、想いはあると思いますが、実際には、付ける側の御主人様にも、色々と考えがあったりします。きっと、それは言わないでしょうし、「適当につけてやる」というくらいの感じにする人が多い気がしますが、実は結構、嬉しいものでもありますね。
そして、首輪に対する重みも、やっぱり違うのですよね。

首輪を掴んで引き寄せられるのは、幸せですか。それは、やっていただけるといいですね。
私は、たまにやってましたが、奴隷が、そんなに喜んでいたかな?と思うと疑問です。

逸れた話もちゃんと読んでくださってありがとうございます。
SMというか、主従関係をそれなりに長くやっていますと、妙な知識が身につくものです。こういう細かいことって、あまり他のブログとかで書いてないので、豆知識的に、知っていただけたらな、なんて思います。
まあ、知っていても特に役には立ちませんが(笑)


>優さん
私は、首輪を重視するほうだったと思いますし、奴隷にも、首輪の重さをしっかりと認識させる方針でしたけれども、tomoさんにも書きましたが、首輪を使わないという人までいるくらいですから、御主人様によっても、考え方は色々なんですよね。
「奴隷の証」というのは、私も、そう思っていました。私の奴隷にしたなら、確実に首輪はつけていましたので。

優さんの主様は、奴隷見習いから、奴隷へという段階を踏んで行かれたのですね。首輪に対する、奴隷のあこがれというか、晴れて首輪をつけてもらえた時の気持ちが、更に強くなる方法だと思います。また、しっかりと自分に合う奴隷になったかどうかを見極めるということをされておられるのでしょうね。そういうやり方も、いいですね。
そして、首輪を付けてもらえたということは、見習い卒業されなのですね!おめでとうございます!

ペットショップで首輪を買われたのですね。あれは、私もありますが、周りで見ている人がいたら、びっくりされるかも知れませんね。世界でひとつの首輪、良かったですね。大切にしてください。

首輪をクイッとやるのは、確かに、奴隷のその時の反応を楽しむというのもありますよ。私も、奴隷が驚いたり、何をされるのかと、不安そうにしている顔を見るのが好きでした。そこは主様に同感です。

主様のおっしゃること、私もわかります。10人いれば10通りの主従があるというのは、その通りです。私も、何匹かの奴隷を飼いましたが、私自身の根本は多分同じだったと思うのです。それでも、すべての奴隷で、やはりその主従関係は違っていましたので。
そして、それぞれが、少なくとも、私にとっては、とても良かったと思える関係でした。主従関係といっても、結局は、型にはまったものではなく、御主人様と奴隷で創りあげていくものなのだと思います。

それにしても、主様のお嘆き、私のブログの題名そのままですね(笑)
私も、現役御主人様なら書けないこと多いですけれどもね。今は、”元”なので、遠慮無く、書かせて頂きますね。


>智薫さん
おしゃれ首輪も、綺麗は綺麗なんですけれどもね。でも、私としては、納得出来ない感じでした。欲しがった奴隷も居たのですが。
そういえば、手錠でも、ふわふわ手錠なんていうのがありますよね。ああいうのも、私は確実に却下でした。
奴隷である以上は、”奴隷らしく”というのが、私のこだわりだったということですね。

首輪に関しては、それを付けるとか、外すとか、そういうことに絡んだ出来事もありましたから、奴隷にとっても、強い思いはあったのだろうと思います。
そういうことを思い出すので、首輪の話というのは、結構たくさんありますね。

主従以外の関係では、首輪を付けるとか、そういうことでつなぐことは無いですよね。リードをつければ、文字通りつなぐことができるようなものって思いつかないです。
ただ、似たことでは、結婚指輪に例える人なんかは居ますよね。やはり、関係を作ることの証という意味で。私も、そういう感覚として、大切なものに思っていました。
[2012/08/05 21:40] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

【NO.434「SMセカンド花嫁」】

<メイドから奴隷へ> (ご主人様が大好きで堪らない給仕のくるみは、主人が残した飲みかけのコーヒーをこっそりとガブ飲みしたり、ベッドメイキング中に主人のパジャマを嗅ぎな ...
[2016/12/23 17:24] MドリームのBlog
このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。