理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン


今日の話は、私が勝手に思っていることなので、別に、SMのセオリーというわけでもないし、これを知ってないと、主従で困るとか、そういうことでもない。

だから、本当に気軽な話であり、私の、妙なこだわりでもある。


最初に、このエントリーの結論を書く。

「奴隷には赤だ」

これを書きたい。それだけだ。


と、これで、終わってもいいような気もしたが、私が、まともな説明もせずに、理由も書かずに、エントリーを終わることが、多分できないのは、すでに見抜かれているような気がする。

私が、これだけで終われる性格なら、このブログは、もっと短かったはずだ。

「徹夜で読みました!」

なんて、睡眠時間を削るくらい興味を持っていただけた嬉しさ半分、そんなに時間を使わないと読めないブログであることの申し訳なさ半分のメールを頂くような、長いブログには、ならなかったと思う。

と、ブログの長さと、私が簡潔に文章を書く能力の無さに関しては、今更どうにもならないので、とりあえず置いておく。

そして、本題。

”奴隷には赤”というのは、いつの頃からか、私が思っていたことだ。

それで、何が赤なのか?ということだが…。

こういう風に書いた場合、アダルトブログということも考慮して、ごく普通に考える方々が、一番想像されるのではないかと、私が思うのが、下着の色なのだが、それは違う。

私は、奴隷の下着の色なんて何色でもいい。

どうせ、私と会っている間はつけることが無いのだから。

前にも書いたことがあるが、私は何か事情がない限り、奴隷に下着を付けさせない。

下着をつけるというのは、人間のすることだ。

勝負下着なんて言われるように、下着で自分を美しく演出するというのは、主に女性のすることだ。

奴隷が下着を付けていることに、私は違和感がある。

奴隷らしくない。と。

違和感は、当然払拭する。

だから、私は、奴隷の下着の色なんて気にしない。


こういう風に書くと、ノーマルに物事を考える方は、「それじゃあ、洋服?」なんて思うかもしれないが、それも違う。

さすがに、私といるからといって、下着と同様、洋服も着せずに外を歩かせるわけにはいかないから、奴隷でも、外出するときには、洋服は着ていたのだが、私は奴隷の服の色にそれほどこだわりはない。

ごく普通の大人として、恥ずかしくない色使いならそれで良かった。

赤い服が好きということもないし、サンタのコスプレをさせたいとか、そういうことも思わない。

と、こういう風に書くと、今度は、別のことを思い浮かべられるのではないかと思う。

私のフェチを知っている方が大多数だと思うので、パンストの色?と、思われるかな、なんて想像する。

実際、下着は無しだが、パンストはほぼ確実に履かせていたので、色に対するこだわりがないわけではないのだが、残念ながら、赤いパンストは論外だ。

もっと地味な色じゃないとダメだというのは、以前、こちらに書いた通り。

だから、パンストの色のことでもない。

書いていて、恥ずかしくなってきたので、パンストの話はこのくらいにして、そろそろ、ちゃんとした話に入る。


ここまで引っ張るまでもなく、わかった方は、最初から、すでにわかっておられたとは思うのだが。

下着でも、服でも、パンストでもなければ、何か?というと、それは、奴隷の拘束具。

奴隷の身体を、心を、縛り、貶めるためのもの。

奴隷を奴隷らしく見せるもの。

奴隷の正装。

赤い縄。

赤い首輪。

赤い手枷、足枷…。

奴隷を拘束するものには、赤が、圧倒的に似合うと、御主人様当時の私は思っていたし、今も思っている。

実際に、私は、赤い拘束具を使った頻度が高い。

ただ、例外がある。

それは、縄だ。

赤い縄というか、赤の場合には売られているときに、ロープと書いてあることが多いと思うが、私が実際に使った縄で、一番多いのは、麻縄だ。

だから、色で言えば、薄い茶色?ベージュ?そんな色。

染めてあるカラーの麻縄なんかもあるが、あの色つき麻縄の色というのは、なんとも微妙で、くすんだ感じに見え、私は好きにはなれなかった。

ちなみに、カラーの麻縄は、洗濯すると、色落ちし、他のものに色が移るものがあるので、気をつけた方がいい。

更にいうと、普通の麻縄も、洗濯すると、微妙に色が出る。何の色なのかよくわからないが…。

縄と一緒に他のものを洗濯する人はあまりいないか…。

まあ、こんな豆知識はどうでもいい。

ということで、縄に関しては、使用頻度として、赤が一番とは言えないのだが、私は調教道具も、とにかく色々と試してみるのが好きだったから、縄も、麻縄だけにこだわったわけではなく、色々と買って使ってみた。

そういう中で、比較すると、麻縄に次いで、2番目に多かったのが、赤い縄(赤く染めた麻縄ではなく、赤いロープ)だ。

もしも、麻縄と使い勝手や、手触り、縛った時の感覚が同じなら、私はおそらく、赤い縄の方を多用しただろうと思う。

縄は、その日の気分や、縛りたい方法などで、決めるのだが、麻縄の良さはやっぱりあるで、それを使うことが多かった。

だから、縄に関しては、赤が一番ではないのだが、それでも、私は、結構、赤い縄も使っていた。

特に、全体を縛るのではなく、ワンポイントに使うことが多かった。

縄も赤が好きだったというのは、確かなことだ。

他にも、色で言えば、白はそれなりに使ったが、麻縄を除けば赤が一番多い。


首輪。

これは、もう、圧倒的に赤が多い。

首輪に関しては、奴隷に選ばせたこともあったが、私が選ぶと、大抵、赤になる。

私が、赤い首輪が一番奴隷に似合うと思っていたのだから、これは仕方がない。

首輪だと、SM用具で言えば、黒も多く見かけるし、実際、黒いほうが好きという人も、いたから、人気としては、どうなのだろう?

よくわからないが、私は、やっぱり赤が最高だと思っている。

首輪については、前に、”首輪考察”でも語っているし、書きたいことはまだまだあるので、ここで更に書くことは避けるが、とにかく首輪の色と言ったら、私は、赤がダントツで好きだった。


手枷、足枷。

これは、おそらく、黒のほうが、人気があるのだろうと思う。

また、金属がむき出し(銀色)のものもあり、それもよく使われていると思う。

だから、赤い、手枷や足枷というのは、それほど使われないような気がする。

今は、どうなのか?ちょっと分からないが、私が御主人様だったときのイメージとしてはそんな感じだったように思う。

実際、売っているものを見ても、赤は少なかったと記憶しているから。

それに、私も、黒や金属のものは、持っていたし、使っていた。

使い勝手の良い枷に、赤がなかったものもあるので。

でも、やっぱり、赤い枷が一番良かった。


そして、”赤”と、一口に言っても、ピンクっぽい赤から、黒っぽい赤まで、色々とある。

SM用具も、私がSMを始めた頃は、そんなにカラフルではなかったように思うのだが、そのうち、段々と色数が増えてきたように思う。

奴隷と別れてからしばらくは、SM用具もあまり見なかったのだが、このブログを書くようになってからは、たまに、SM用具のお話などもいただくので、SM用品店のサイトなどを、見ることもある。

そうすると、結構驚く。

最近は、本当に様々な色がある。

どぎつい感じのものが以前は多かったのだが、それよりも、可愛らしい、優しい感じの色合いのものを、かなり見かけるようになった。

パステルカラーのSM用具とか、私には、あまり考えられないのだが…。

ピンクや水色なんかも、普通に見かけるから、時代は変わるのだなと、思ったりする。

こんなところで例に出すとPTAから怒られそうだが、最近の小学生のランドセルのカラフルさに似ている気がしてならない。

昔は男子は黒、女子は赤しかなかったのに。

これだけ、色が出てきたということは、SMの敷居を下げようとしているのかもしれないし、そういうものも良いのかなぁとは思うのだが、私はどうも、重厚感がないのは苦手だ。

なんとなく、奴隷を奴隷らしくしていない気がするから。

少し話が逸れたが、私が言っている”赤”というのは、本当にそのまま、”赤”だ。

ホームページを記述するとき、色指定で使うところの、”#ff0000”のことだ。

まあ、実際に使っていた器具は、ここまで正確な赤ではないとは思うが、限りなく、赤い赤が好きだ。


なぜ、そんなに赤がいいのか?また赤が奴隷に似合うと思った理由なのだが、正直、良くわからない。

実際に、奴隷に色々とつけてみた中で、赤が似合うと思ったというのが、理由といえば理由だろう。

だから、私の好み、というだけのことだと思う。

私が、拘束具に赤が好きだという話を、他の御主人様としたときに、

「血の色だから、ではないですか? vetさんって、そういうの好きそうな雰囲気もありますよね」

なんて、冗談を言われたこともあるのだが、出血系の調教が好きだったわけではない。

私は精神的な支配が楽しいタイプなので、奴隷が出血するのが、嬉しいと思ったことはないし、強い痛みは与えても、出血させることを目的にした調教は好きではない。

奴隷が出血した時に、それに興奮するといった、吸血鬼的な性癖もない。むしろ、血が出てしまうと、他のことがやりにくくなるので、嫌だった。

だから、やっぱり、赤い拘束具が好きというのは、ただの私の好みなのだろう。

このエントリーを書きながら、奴隷の肌には、赤い色が映えるということは思っていたなということや、ベッドに奴隷を転がした時に、シーツの白との対照も綺麗だったなと思った。

そういう色彩の組み合わせとして、好きなのではないか?とは自己分析しているのだが…。

やっぱり良くわからない。

そして、これを書いていて思い出したことがある。

奴隷が、赤い髪留めで髪を束ねていた時があった。

それが、いいなと思っていたこと。

これは拘束具ではないのだが、服を脱いだ奴隷が髪につけていたそのワンポイントの赤が、とても良かった。

もちろん、そのことで、奴隷を褒めたりはしなかったのだが…。

ただ、私が奴隷には赤がいいと思っていたのは、奴隷も途中から気がつくようで、こんなことを言われたことがある。

「赤い首輪を付けていると、本当に御主人様のものになれた気がして。私も赤い首輪が大好きです」

と。

そういうことを言われると、内心嬉しいのだが、私は、つい、

「じゃあ、次は黒にする」

なんて言っていたりする。本当に嫌なやつだ。

でも、黒にしたことは少なかった。

やっぱり、赤がいい。

本当に、なぜなのだろう?

他の主従の皆さんの、SM器具の色へのこだわりなども、あるなら、伺ってみたいものだ。


テーマ:フェチ - ジャンル:アダルト

恥ずかしいのですが・・
はじめまして。namiといいます。いつも楽しく読ませていただいてます。
普段は読むだけなんですけど・・
このお話がとっても良くって・・コメントします。
恥ずかしいんですけど、私、すごく興奮してしまって・・
奴隷は下着を付けることもできないとか、サラッと書いてて、ホントに物扱いなんだなって。ドキドキしました。こんな風にされたらって自分に思って興奮して。
なんか、胸が苦しくなって、涙が出て、コメントしたいってとって・・
こんな風にしててもvetさまはちゃんと愛していたんだと思えて、奴隷さまが羨ましいです。
普段のvetさまじゃないみたいなっていうか、なんかやっぱりSの方なんだなぁってすごく感じました。
なんか切なくなりました。赤い首輪とかペットショップで見たら買いそうです。赤が好きになりました。
それから、vetさまって奴隷さんはいないんですよね?こんなにこだわりがある素敵な方なのに・・
vetさまは奴隷さんを今は持たないつもりのでしょうか?気になってしまって・・
文がまとまらなくてすいません。まだ気持ちが揺れていて・・
ダメなら消してください。
[2012/08/28 15:30] URL | nami [ 編集 ]
はじめまして
初めてコメントします。

赤が良いという気持ち、とてもよくわかります。

それは、色が持つ心理的作用が大きいのかもしれませんよ。

落ち着きや、優しさやを与える色だと、

なんとなく冷めちゃうのかも。
[2012/08/28 16:57] URL | まゆみ [ 編集 ]
深層心理?
こんばんはー。

そういえば、わたしは「好きな色は」と聞かれたら、たいがい
「青とか緑とか紫」と答え、事実そうなのですが
ご主人様から「首輪を買いなさい」と言われたとき
チョイスしたのは赤色の首輪でした。
確かいろいろと見て回っていたなか、黒や青の首輪もあったのですけれど
真っ先に、赤を選びました。

ちなみにリードも赤です。

深層心理に訴えかける何かがあるのかもしれません。
赤は情熱の色とも言いますね。
主従の持つそれぞれの情熱が反映されたものと考えるのは……
うがち過ぎ、でしょうか(笑)
[2012/08/28 22:30] URL | まな [ 編集 ]
こんばんは
またまた、首輪のお話に、
本当にvet様にとって、
首輪はとても特別だったんだなあ、と
感じるお話を聞かせていただき、
ありがとうございます。

それにしても、S男性の需要ってとても多く、
羨ましいものですね(笑)
たくさんの女性たちが、
vet様の言葉にときめいておられるのだなあと思います。
更新、いつも楽しみにしております。



[2012/08/29 00:16] URL | 智薫 [ 編集 ]

私も愛奴に与えた首輪は赤です。
今では少し色があせましたが、それはそれで素敵です。

肌の面積に対して首輪は小物なので、肌色に合う「さし色」として
赤はよく映えるのでしょうし、チークや口紅、あるいは猿の尻
(身も蓋もない…)のように動物的に訴求力のある色なんでしょう。


麻縄は染めたものではなく、やはりきなりが好きです。
でも確かに肌との対比が綺麗なので赤い綿ロープも時々使います。

私は奴隷を人形のように好きに着せ替えさせたりするのですが、
今度体操着とブルマを買おうと思い紺かえんじ色かで随分
悩んだのですが…やはりえんじ色にしようかと思案中です(笑
でもそういえば、昔からえんじ色も、大好きな色でした。

たとえば「簡易拘束テープ」というものも黒だけ使ったことが
ありますが、黒でボンデージ風になるよりはピンクでグルグル巻く
ほうが「飾り」として趣味に合いそうだなと思っていたり。。。

服装について言うと、私はいかにも女性らしい色や服が好きです。
淡い色あいのワンピースとか。そういうものに手を下すというのが
性的に興奮するのですしょう。

いわゆる女友達とか、性的な要素が希薄な関係においては別に
パンクファッションも凛々しいパンツスーツもいいネ~と思いますが、
性的に惹かれるものとなるとどうしてもそういう要素が必要なのです。


あらためて考えると、結構いろいろ、あるもんですね。
[2012/08/29 05:25] URL | rainforest [ 編集 ]

皆さんのコメントや、メールも頂いたのですが、赤派の方がすごく多くて、私だけじゃなかったのだなと、かなり嬉しくなっております。

>namiさん
はじめまして。ブログ読んでくださってありがとうございます。
なんだか、ちょっと、落ち着かない感じでコメントされておられるようにお見受けしましたが、大丈夫でしょうか?

私は、興奮させるようなつもりで書いたわけではなかったので、そんな風に言われますと、ちょっと驚くのですが、奴隷とのことですので、調教として、人と同等に扱わないということは、お互いの了解事項でもあります。ですから、あの頃は、こういうことも普通にしておりました。

最近、このブログは、SM論的な話などが多かったので、どちらかと言えば、外からSMの世界を見るような書き方だったかなと思います。ですから、今回、私が、自分の好みを思いっきり書いたこのエントリーは少し違う感じに思えたのかも知れません。なので、驚かれたのでしょうかね。

でも、他のエントリーのような感じで考えているのも私ですし、今回のようなことを考えているのも私なんです。
このブログは私の想いや、感じたこと、考えたこと、そして過去の出来事を自由に書くためのものなので、色々な私(といっても、私自身としては、一貫して、私一人なのですが…)が出てきます。
ですから、これから先も、こういうエントリーがあるかもしれませんが、あまり驚かないでくださいね。それにSであること、またノーマルに考えると、非常識なことを平気でやっていた変態であることは、ご存知のとおりですので。興奮されたというのは、それはそれで、光栄に思いますが、気持ちが入りすぎて、あまり疲れてしまわないように、お気をつけ下さいね。

もちろん、namiさんのコメントが、駄目とか、そんなことはないですので、それは大丈夫です。消したりはしません。その時のお気持ち、ご感想をそのままの言葉で、頂けたのはとても嬉しいことです。ありがとうございます。

それから、今は奴隷を持たないのでしょうか?というご質問ですが、それについては、奴隷を持ちたい気持ちはあります。でも、考えていることもあるので、今度しっかりとエントリーにしますね。少しお待ちいただければと思います。


>まゆみさん
はじめまして。ブログ読んでくださってありがとうございます。

赤が良いということに、共感いただけて嬉しいです。
心理的な作用というのは、確かにありそうですね。
色によって、人は影響を受けるという話はよく聞きますので。
私にとっては、赤がS性を大きく高める色ということになるのかも知れませんね。

ブログのアドレスを書いてくださっておりましたので、勝手にリンクさせていただいたのですがよろしかったでしょうか?
もしも駄目でしたら、おっしゃってください。
今後とも、よろしくお願いします。


>まなさん
好きな色と、奴隷に似合う色というか、雰囲気に溶けこむ色というのは、やっぱり違うのでしょうね。

まなさんが、ご自身で首輪を選ばれた時は、好きな色ではなく、赤にしたとのことで、使われる場面を想像して、それに合わせるということをしているといえるかもしれないですね。

深層心理というのも、有りそうです。
赤は情熱の色というのは、よく言われますが、やっぱり、ある程度の精神的な高揚感というか、それこそ燃えるものがあるからこそ、SMというのは、できるものでもありますから、それを端的に表した色とも言えそうですね。
そう考えると、自然に赤を選んでいたように思っていたのですが、それにもちゃんとした裏付けが(私は知らないまでも)あったのかも知れませんね。


>智薫さん
また首輪話です(笑)
おっしゃる通り、私の中では、首輪はかなり大きな位置を占めていたのだなと、ブログを書いてみて、気がついたところです。

あの頃は、それほど強く意識していたつもりはないのですが、気持ちを整理すると、違ったものが見えてくるようですね。
まだ首輪の話は色々とありますので、そのうち書くと思いますが、飽きずにお付き合いいただければ幸いです。

そんなにときめいておられるのですか?なんだか、そんな風に言われると、私の文章などで、と、申し訳なくなってしまいます。もっと、上手に書ければいいのですが…。
でも、更新を楽しみにしてくださっている方が居てくださるのは嬉しいです。
ありがとうございます。


>rainforestさん
色の意味ということで、赤はさし色として、効果的ということなのですね。
女性の化粧も赤系統が多いですし、動物も赤(または派手な色)で誘うというのは、ありますね。
それに、上で書きましたように、赤い縄をワンポイントに使うことが多かったのは、もしかしたらそういうことだったのかも知れないですね。
色彩学なんて、学問もあるようですが、私はそういうのは知らないのですけれども、いつの間にか、似合うなと思うものを探しているうちに、そういうセオリーのようなものが、良いと感じていたのかも知れませんね。

麻縄はやっぱり、あの本来の色がいいですよね。麻縄に関してだけは、そう思います。あの縄の荒っぽさというか、そういう部分でも、奴隷の悲哀感を演出する感じはありますので。

rainforestさんは、着せ替えがお好きなのですね。私は、パンストと、スカートくらいで、あとはあまりしたことが無いのですが、体操着なんかもこだわっておられた方は知っております。そういうこだわる部分に関して悩むというのは、非常によくわかります。私もそうですから(笑)

拘束テープ、私も使ったことありますが、縄のほうが好きだったので、本当に補助的な扱いで、あまりこだわったことがなかったです。それも、よく使うなら色や雰囲気へのこだわりは、当然、出てくるのですね。

奴隷の服に関しても、かなりこだわりをお持ちで、そういうのは伺っているととても楽しいです。私も奴隷の普段(私と会わない時)はパンツスタイルでもいいのですが、私と会うときだけは、許さなかったですね。私は、上で書いた通り、スカートにパンストというのは、かなり徹底した気がします。あとは、女性らしい服装というのもいいなと思いますし、きちんとした服装を乱すのが楽しいというのはありました。ふわっとしたワンピースとかもいいですが、きちっとしたシャツに、タイトなスカートなんかも好きでした。このあたりも語りだすとキリがないので困りものです(笑)
[2012/09/02 00:07] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報