理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン


今日は、ちょっとした話。

もしかしたら、笑い話かもしれない。

少なくとも、私に関しては、笑っていただければ幸い。

でも、結構、こういうことを思われてるんだろうなと思うと、重要かもしれない。

そんな話。


私は、Sで、元御主人様で、さらには、奴隷に対して、”一般から見ると”非道なことを平気でやっていた、”一般から見ると”かなりおかしい、要するに、”変態”という部類に分類されるというのは、自覚している。

そして、それは、仕方がないことだと思っているし、そもそも、”一般から見て”どう思われるか?ということを気にするという気持ちが、すでにあまりない。

もちろん、「表の世界も捨てました」という意味ではないので、表と裏の線引きはきちんとするが、

あくまでも、裏の世界において、ノーマルな方と接した場合、また最近なら、このブログを見ていただいた中で、ノーマルな方(他の方も同じではあるが…)が、私のことをどう評価するか?というのは、皆さんにお任せするという気持ちでいる。

ただ、コメントやメールなどをいただいた時には、それはそれとして、ちゃんと受け止める。ちょっと違うなと思ったとしても、真剣にお返事をする。

だが、ご経験がなかったり、ご自身の中にS性やM性がない(少ない)方との決定的な溝というのが、言葉だけで埋められるか?というと、それがなかなか難しいこともわかっているし、

そこから、偏見とも思えるようなイメージを、私が持たれてしまうことがあることも承知している。

でも、それはそれでいいと思う。

それだけの覚悟はできている。というよりも、そういうものなのだと、自然に認識している。

ノーマルな方がそういう風に思うことを嫌悪している、なんてことは、全くない。

だから、ノーマルな方が私に抱くイメージというものに関して、異議を唱えて、なんとしても訂正しなければいけない、とか、そういうことも思っていない。

ただ、”SM”や”主従”そして、”変態”と言われる世界や、そこに居た、またもう一度戻りたいと思う私について、出来れば、イメージ先行ではなく、実情を知っていただければ嬉しいな、とは思っている。

「孤高の世界なのだから、誰にも理解されなくても構わない!」とか、そこまで、諦めているわけでも、開き直っているわけでも、ましてや、意気込んで、他を寄せ付けない世界を作りたいと思っているわけでもなく、

私にとって、この世界というのは、特別ではなくて普通に私の中や傍に存在するものであり、それは理解していただけるなら嬉しいし、興味を持っていただけるなら、ちゃんと説明もするが、

理解していただけない(理解する気がはじめから無い)なら仕方がないという風に、あまり気負うこと無く、考えているということ。

だから、偏見やイメージ先行の勘違いというのも、色々と言われてきたり、ご質問を受けたりするのだが、それに関しては、不愉快や、怒りという感情は滅多に湧かない。

私が怒るのは、過去の奴隷たちを侮辱された時くらいで、あとは、大抵のことは、「そう思われるのだなぁ…」と、そのままに受け止めている。

また、ノーマルな方だからこそ持っている視点というのもあって、それに気付かされると、面白いなと思うことも多い。

そんな風に考えているから、私は、ノーマルな方からメールを頂いたりするのも、とても楽しみだ。

そんな、ご質問の中に、それなりに多く頂くものがある。

今回はそれと同じ事を言われた、過去の出来事を書いてみたい。


参加していた掲示板のオフ会でのことなのだが…。

なんだか、ブログに書いた数を考えると、私はオフ会に行きまくっていたかのように思われるかもしれないが、

実際には、一回のオフ会であったことを、話題ごとに、別エントリーにしていることもあるので、多分、皆さんが思っているほどに、いつも行っていたわけではない。

まあ、それでも、呼ばれれば行く事は多かったので、少ないとも言わない。

ネットでの付き合いだけではなく、実際に会い、顔を合わせて話をすることというのは、やはり楽しいから。

SMや主従、また、その他の”変態”といわれてしまうような性癖、表の世界の友人とは話ができないことを、何の制約もなく話し、ある時は真剣に議論し、ある時は共感し、笑いあえる場所、というのは、私にとっては貴重だった。

つい、足が向いた。

とりあえず、そんなオフ会での会話。

その時のオフ会は、SM絡みだけではなく、恋愛関係全般のことでの話をしていた掲示板主催のものだったから、ノーマルな人もいたし、私のような主従もいたし、同性愛の人もいたりと、参加者の性癖?は様々だった。

その時は、珍しく、私は、美佳を連れて行った。

美佳は人見知りをする方だったから、あまりこういう席に一緒に行ったことはないのだが、この時のオフ会は、美佳とのことで、悩んでいた時にもお世話になった掲示板のものだったので、連れて行くことにしたのだった。

私と美佳が主従関係であることは、その場では、すでに知られていたから、別に特別な配慮をすることもなく、普通に話をしていた。

そのとき、ノーマルな参加者の一人の女性が、話しかけてきた。

彼女を、仮に、洋子としよう。

洋子は、不思議そうに、美佳を見てから、私に言った。

「vetさんって、すごいSの方なんですよね?」

と。

美佳を見てから、私にそう確認するのが、よくわからなかったのだが…。

「すごいかどうかは、わかりませんが、主従関係を持つくらいには、Sですが…」

「そうなんですよねぇ…」

といって、やっぱりまた、美佳のことを見る洋子。

その態度の意味するところがよくわからなかった。

「何か、変ですか?」

まあ、”変態”が、何か変か?と、きくのもおかしな話だが、不思議そうに首をかしげる洋子が、何事かを考えているのはわかったので、それを聞いてみたくなった。

美佳も、しげしげと、洋子に見られるものだから、恥ずかしそうに俯いていた。その視線を逸らしてやりたいと思ったからでもある。

「なんか、ごめんなさい。ジロジロ見ちゃって。でも、今日は、美佳さんって、お仕事帰りってわけではないのですよね?」

そのオフ会は夕方からだったのだが、土曜日か日曜日だったので、私も美佳も休日だった。

洋子がなぜそんなことを聞くのか?

私も首を傾げたくなった。

「はい。今日は、お休みでしたけれど…」

と、美佳は答えるものの、美佳も多分、洋子の言っていることの意味がわからないのだろうと思われる態度だった。

「うーん…」

洋子は口に手を当てて考え込んでいる。私と美佳を見て、何かが気になっているのは、確実にわかる。

「なにか、あるのですか?」

私が、洋子に尋ねると、洋子はやっと、その、”気になること”を、話し始めた。

「美佳さんって、もっと派手な方だと思っていたんです。とっても意外でした」

といって、美佳を見る。

美佳は、正直、見た目、かなり地味だ。

私の奴隷だから、スカートにパンストなのは、デフォルトなのだが、それ以外の部分は、美佳のセンスで選ばれた格好。

仕事帰りでもないから、完全に、このオフ会のために選んできたファッションということになる。

休日かどうか?を洋子が聞いたのは、これを確認したかったということなのだ。

その時の美佳の服装を詳細に覚えているわけではないが、普段の美佳のだいたいのイメージを書くと、

髪は染めていない黒髪、化粧もかなり薄い(のだと思う)、アクセサリーの類もそれほどつけない。

スカートも、膝が見えるか見えないかくらいで、それよりも短いものを履いていることは、ほとんどなく、ロングのこともよくあった。多分職場の制服のほうが、普段よりも短いのではないか?と思ったくらいだ。

上半身も、夏でも露出は、半袖くらいが限度で、ノースリーブも着ていたのを見たことはあまりない。

ブラウスのボタンもしっかり上まで止めるので、胸が開いていることもなかった。

色も、落ち着いたものが多かった。

夏に柄物のワンピースとか、そういうのは見かけたが、そのくらいが一番派手な部類になるかと思う。

そんな美佳だったから、この時に参加していた女性の中でも、かなり地味な方だったと思う。

そして、それを、洋子が不思議がったということなのだ。

「どうして、そう思うんですか?」

美佳は、洋子にファッションのことを言われて、やっぱり俯いていたので、私が代わりにきいた。

すると、

「だって、Sの方って、奴隷さんに好きな格好させられるんですよね?」

と、言い出した。ここにきて、私はやっと、洋子の言いたいことがわかってきた気がした。

”S男”というものに対するイメージで、洋子は話をしているのだと。

「まあ、それはそうですね。命令すれば、その格好はしますが…。美佳が地味なのが、不思議ですか?」

「はい。Sの方は、奴隷さんにもっとエッチな服を着せるんだと思ってました。だから、美佳さんが、すごく清楚なので、びっくりしたんですよ」

とのこと。

私は”地味”だと言ってしまったのだが、それを”清楚”と言い直してくれた洋子は大人だなと思う。

「あはは…」

私は、苦笑した。

「…」

美佳は、恥ずかしそうに押し黙っている。

「もっと、ギリギリで中が見えそうなミニとか、胸も思いっきり開いた服とか、着てるんだと思ってました」

「そう、なんですか?」

「はい。メイクもバリバリで。なんか、もっと、こう、妖艶なっていうか、不二子ちゃん、みたいな?」

ここで、ルパン三世の峰不二子が出てくるとは思わなかったが、言いたいことは、十分に分かった。

「…」

「Sの方って、いつでも欲情させるような感じに、奴隷さんをしておくのが大好きなのかな?とか思ってたんですよ」

なんて、言い出す始末。

少なくとも、洋子の中のS男のイメージというのは、そういうものだったらしい。

普通の男よりも、さらにエッチな男。しかもそれを奴隷のファッションにも強要するのがS男。

だから、普段から、そんな服装をさせるのだと。

「そ、そうですか…。私は、あまり奴隷のファッションに口を出さないので…」

というか、私は、女性のファッションに疎いので、口が出せないだけだったりもする。

それに、スカートにパンストという状態が守られていれば、私はそれで大満足、お腹いっぱいだ。

でも、そのフェチは恥ずかしいので、洋子には言わなかった。いや、言えなかった。

「vetさんって、御主人様なのに、常識的なんですね。すごい、びっくりですよ」

御主人様である時点で(また、洋子には言っていないがパンストフェチである時点で)常識的ではないと思うのだが…。

洋子の中では、そういうことになったらしい。

そして、しきりに感心している様子。

相変わらず、美佳は、恥ずかしそうにしているだけ。

私は、なんと言っていいのかよくわからないので、苦笑い。

微妙な空気がその場を支配していた。

まあ、それはそれで楽しかったのだが…。


こんなことがあった。

そして、ブログを始めてから、奴隷のファッションについて、露出度の高い服装とか、派手な色合いとか、どちらかと言えば、エッチな感じのファッションの奴隷が多いのか?という、ご質問を、ノーマルな方から頂いたことが何度かあった。

また、奴隷になりたいと思っているM女性からも、そういう服を着ないといけなくなるのか?ということを訊かれたこともある。

それに答えるとすれば、これは、御主人様次第だとしか言えない。

そういうのを着せて歩くのが好きな御主人様もそれなりにいる。

でも、私は、奴隷の好きにさせた。

そして、私と同様、奴隷のファッションに特に注文を付けない御主人様も、やっぱりそれなりにいる。

「御主人様(S男)が、妖艶なファッションを奴隷にさせることを好む」というのは、ある意味、正しいが、みんなそうだと思われるのは、少し行き過ぎたイメージだと私は思う。

そして、そういうイメージが、ノーマルの方の中にあるというのも確かなことだ。

やっぱり、実情というのは、実際に話をしてみないと、なかなかわかってもらえないものなのだと思う。


このオフ会の帰り道、美佳が、

「御主人様、私の服、ダメなのでしょうか?」

なんて、心配そうな顔で、自信なげに言い出した。

私が地味だと言ったので、多分、気にしたのだと思う。

「いつ、俺がダメだと言った?」

「いいえ…。でも、御主人様、あんなふうに言われて…」

「俺以外の人の評価がそんなに気になるのか?」

「いえ、でも…」

「お前は、それでいい。お前が着たいものを着ていればいい。それで文句でもあるのか?」

「そんなことは、ないです」

「じゃあ、いいだろ」

私は、美佳が、地味な格好を選ぶのなら、それでいいと思っていた。

それが、美佳らしいから。

美佳の美佳らしいところを認め、受け入れてやりたい。

それに、美佳らしい美佳のことが、多分、私はとても好きだったのだと思う。

と、カッコよく書きたいところなのだが…。

パンツスタイルだけは、嫌だった…。

ダメだった…。

なんだかんだと、遠まわしに難癖をつけて、スカートを履かせていた。

やっぱり、カッコイイ御主人様とは程遠い私だ。

それに、美佳は履かなかったのだが、短いスカートを履かれて、他人に自分の奴隷の足がたくさん露出しているのを見られるのも、あまり好きじゃなかった。

支配欲が強く、奴隷の身体は私だけに見せるためにあるものという気持ちがあったから。

私以外の男を誘ってしまうような格好はしなくていい。

そういう意味では、美佳は、意識していたのかどうかは分からないが、私が好む格好を自然にしていてくれた、と思う。


と、こんな御主人様(S男)もいるのだ。

奴隷に、露出度の高い格好や、派手な服装をさせる、ノーマルな方がイメージしやすい感じの御主人様もいた。

それは確かだ。

だから、そのイメージが完全に間違いだとは言わない。

でも、そうじゃない人もいる。

結構、いっぱいいる。

S男や御主人様といっても、色々なのだ。

それぞれに好みがあり、型にはまったイメージ通りのことだけではなく、奴隷の服装だけをとっても、多種多様なことを考えている。

そのことを今回、少し書いてみたいと思った。

こういう、ノーマルな方や、SMや主従の世界と接したことが無い方が持っているイメージと、実際とのギャップの話は、たくさんあるので、また機会があれば書いてみようと思う。


テーマ:フェチ - ジャンル:アダルト

はじめまして
1ヶ月くらい前から読ませてもらってます。20代主婦です。
私はきっとノーマルだと思うんですけど。旦那も普通だし。
今まで、私じゃ書いちゃいけないと思ってコメントしてなくて。

vetさんのブログとっても読みやすくて私にもわかります。
SMのイメージ変わりました。
こんな深い恋愛してみたい!って。奴隷さんが愛されてて、すっごく幸せそうに見えて。
旦那とはなんか惰性っぽくなてるからw

私も前は、奴隷さんってマイクロミニとか普通に履いてそうな。胸も全開、みたいな?
でもvetさんのブログ読んでたらそうじゃないって伝わってましたよ。
美佳さんってすっごく清楚な方だと思ってましたし。
だからこのお話でそうだってわかってw
美佳さん可愛い!って私なんかが失礼ですね。スイマセンm(__)m

あ、それから、私もvetさんカッコイイ派です!
今奴隷さん居ないんですよね?
だからパンストフェチの話とかするのもったいないよぅって思ってます。
隠しといてもいいのに。
早く奴隷さんができますように!

初コメで長々乱文乱筆ゴメンナサイ。
更新楽しみにしています。

[2012/09/24 10:56] URL | ここあ [ 編集 ]
うーん、迷うところです。
vetさんこんばんは。はじめてコメントします。
私、はじめての主様にお仕えしてもうすぐ2年になるM女です。

今回のお話、すごく興味深かったです。
というのも、私の中でのイメージだと、奴隷ってどちらかといえば清楚なものだったんです。 
不二子ちゃんみたいなお色気たっぷりなスタイルも素敵だと思うけど
なんだか、お仕えしてるって感じが薄くなっちゃうのでは?とも思ってしまって。

実は私、主様より背が高いので(泣)
胸元開いた服にミニスカートにピンヒールなんて履いたら
どうみても私の方が迫力ありまくりなんですよね。。。

というわけで、色っぽくてなおかつ奴隷らしいしとやかさを出せる服装ってどんなかなぁと日々研究中な私なのです。
うーん、おしとやかなワンピースとかの下にガーターベルトとかかなぁ。
[2012/09/25 00:18] URL | ユキ [ 編集 ]

まずは「書けたこと」、ご苦労様でした。

今回も興味深いトピックですね。

女が化粧すること、着飾ることについては、先ずは装うこと、
身だしなみやその趣味的要素があると思うのですが、男に対する
こととなると、やはり化けること(繕うこと、アピールすること、
武装化すること…!?)など様々なことがが思い浮かびます。
さらにはそれらを心理的に煽るような女性向けビジネスも
たくさんありますし…

さて、Sの男として私が思うのは、そのような「装い」、
「繕い」、「アピール」、ひいてはコンプレックスなど
これらすべて(社会的要素の色濃い部分)を先ずは解除して
しまいたい、ということです。
「きなり」を愛でることとも繋がる…かな。

私にとって女性的要素というのはとても重要ですが、
とはいえそれを強調しすぎるようなことは、なんというか
趣味ではないんですね。だから化粧も露出度の高い服も、
極端なことを言うと下着だって大きなおっぱいだって、
別にそれだから直接惹かれるということはありません。
ただそういうことを恥ずかしがっていたる様子や、
わざわざ恥ずかしい格好をさせることは好きなのです。

まあ、とかなんとか書きましたが普段着る格好については、
私はなにも指示しません。ただどんな服を選ぶかはこっそり
楽しんでますが…ふふふ。
[2012/09/27 15:35] URL | rainforest [ 編集 ]

>ここあさん
はじめまして。ブログ、読んでくださってありがとうございます。
ノーマルの方とのことで、きっとコメントしにくかったのでしょうね。でも、性癖で誰かを拒否するつもりはないので、遠慮は無用です。気軽にコメントいただければと思います。

私のブログを読んで、SMの世界の本当のところを多少なりとも、わかっていただけたなら嬉しい限りです。
ブログに全部書けるわけではないので、まだイメージされていることと、実際が違うこともあるかと思いますが、それはそれで良いと思っています。
やはり、その世界に入ってみなければわからないこともありますし、入っても全部がわかるわけでもないですから。
ただ、ここあさんのように、最初からイメージで決めつけるのではなく、ブログを読んでわかってくださるのは、とても嬉しいです。

美佳についても可愛いって言っていただいてありがとうございます。エントリーでは、地味と書いていますが、一般的に思われているであろう、奴隷のイメージとはかなり違うと思います。奴隷というのは、元々の性格もちゃんとありますし、当然ですが、個々にファッションも考えています。またその御主人様の意向によっても変わりますから、本当に色々です。

私、かっこいいですか…。そう思っていただけるのは光栄なのですが。
なんだか、そこだけは、勘違いされているような気がします(笑)
パンストフェチの話は、ここあさん以外にも、結構、そういう風に言って頂くことありますよ。
そういう恥ずかしいことを書かなければ、奴隷になりたいっていう人も出てくるのではないですか、と、たまに言われます。
他にも、失敗談とか、考えすぎの話や、笑い話を書いた時にも、「かっこいい話だけにしておいてください!」と、私に奴隷ができないのを、心配してくださる方が結構いらっしゃるので、皆さんのお気持ちが、とてもありがたく、同時になんだか申し訳ない気もします。

でも、このブログは、私が私のことを、できる限り出せる場所にしたいと思って書き始めたので、こういうフェチも私の一部ですから、隠さずに、書いております。
とはいえ、実際に書くときには恥ずかしいのですけれども…。
気にしてくださってありがとうございます。



>ユキさん
初コメント、ありがとうございます。
ユキさんも、M女性なのですね。
そして、ユキさんのイメージとしては、奴隷というのは、清楚なものだったのですか。なんだか、私が、妖艶なものということで、書いてしまったので、もしかして、戸惑われたでしょうかね。
イメージも色々とあるとは思うのですが、私が、主従の世界をまだ知らない方とお話した時に、そういう風におっしゃる方が、比較的多かったので、そういうものなのだろうと思っていました。

確かに、御主人様に仕えるということを考えると、あまり自分を前に出さずにいるということも、言えるかもしれませんね。そういうことで、服装も、控えめになるという、ユキさんの考え方もわかります。
実際に、私の奴隷もそんな感じでしたから。

それから、私もあまり背が高くないので、背がほとんど変わらない奴隷もいました。その奴隷は、私の前ではヒールは滅多に履かなかったですね。それは、ユキさんのような気持ちがあったのでしょうね。

色っぽくてしとやかというのは、相反するような感じで、難しいですね。
そういうのを考えるのも、醍醐味かもしれませんね。


>rainforestさん
ありがとうございます。やっと書けました。これからも、こんな感じで、徐々に書いていけたらと思います。

rainforestさんのお考え、すごくよくわかります。露出の高い服とか、そういうものに直接惹かれることって私も無いですね。そして、そういうのを着た時に恥じらう姿がいいというのは、まさに私も同感です。
ですから、無理やりに、派手な格好をさせたことありますよ。
例えば、チャイナドレスを着せて、一緒に普通にお店でご飯を食べたとか。
そういうのは、やっぱり、その服装自体ではなく、そのときの奴隷の反応を見るのが、楽しいというか、嬉しいというか、そういうものですよね。
奴隷としては、そうではなく、服装を楽しまれているのだと思っているようですが。

それから、普段着る格好についても、そうですね。
私は、スカートだけは、遠まわしに、強制?しておりましたが、それ以外は、お任せで、何を着るのか?というのは、私も楽しみでした。
ただ、その中で、身だしなみとしての最低限を維持することというのは、奴隷としては必要だなとは思いました。
TPOにあったものを着れるとか、そういう部分ですね。それは、奴隷と言えども、変態といえども、必要なことだと思いましたので。
それが、普通の大人として、出来ることというのは、私が要求したことかもしれません。

[2012/09/30 23:38] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報