理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン
M女の方からのご相談のメールというのが、私がいただく中では一番多いのだが、その中でも、結構な数になってきたことがあるので、それに関して、今回は書いてみようと思う。

もちろん、これを書いたからといって、同じようなご相談を、今後、送って来ないで欲しいとか、そういうことではない。

個々に事情や心境は全く違うのだから、気が向けば送ってくださればと思うし、私もそれにはきちんとお返事する。このエントリーを読んで、さらに話をしてみたいなんて思っていただけたら、それはそれで嬉しい。

これは、多くいただくご相談なので、普段、ブログを見ているだけの方の中にも、似たようなことを思う方がいらっしゃるような気がしたから書くものだ。


それで、今回、書こうと思っているのは、「Mというのは、”悪いこと”だと思っている」というご相談について。

また、自分がMということに気がついてしまったが、それをどうすればいいのかわからなくて、持て余しているというようなお話。

つまり、Mということをネガティブに考えて悩んでいるということ。

こういう悩みを持っている、M女の方というのは、メールを頂く割合から考えてもそれなりに多くいらっしゃるように思う。

特に、御主人様を持ったことがなく、M性を自覚していても、それを表に出したことがない方は、経験がないことも手伝って、そのように感じる傾向が強くなっているようにお見受けしている。

M性を持っていることについて、M女が悩みに思う原因は幾つかあると思う。

まず、M性というものが世間的には、”変態”という言葉でよく言われるように、人と著しく違うこと、特別にいやらしいこと、性にだらしないこと、淫乱であること、そういう認識があり、罪悪感を伴ったイメージがあるからだと思う。

「私は御主人様に支配されたり、命令されたり、傷めつけられたり、好きに犯されたりするのが、この上なく快感です」

なんてことは、おおっぴらに言うことはできない。

冗談で言うだけでも多分かなり勇気がいると思うが、それを真面目に言った瞬間に、多分、周囲からは軽蔑のまなざしで見られることになるだろう。

そういう、誰にも明かせないような特殊なことを自分は抱えているということが、M性を持つ人の一部では、重荷になっているのだと思う。

また、M性を満たす、または理解してもらえる方法がかなり限られているということも、苦しむ原因になっているように思う。

現状でM性を満たすとすれば、基本的には、S性を持つ人、御主人様を見つけて、そこで調教などをしてもらうしか無い。

また、同じような性癖を持つ、SやMの人なら別だが、そうじゃない場合、よほど親しく理解のある友だちでもない限り、M性についての相談をしてそれを偏見なく聞いてくれることは稀だと思う。

誰かにしっかりと話を聞いてもらうだけでも、気持ちの面では、かなり違うとは思うのだが、自分の心のうちを打ち明ける相手すら居ない、親しい友人がいてもこの話をしていいものかどうかわからない、という人も多いのだと思う。

だから、M性を自由に開放できないという息苦しさ、閉塞感のようなものも同時に持ってしまって、

M性を「悪いもの」、「持ってはいけないもの」と考える方が自然なことのようになるのではないかと思う。

こういう書き方は良いのかどうかわからないが、真面目に物事を考えてしまう方は特に気になるのだろう。不真面目とは言わないが、上手に流せる方は、それほど深刻にはならないのだろうが…。

私は自分が真面目だと言い張るつもりはないが、何事も考えすぎてやらかすタイプであるのは確実なので、そういう意味では、考えこんでしまう方の思考というのは、なんとなく、理解できる気がする。

また、持ってしまったM性、気がついてしまったM性というのは、捨てることは難しいと私は思っている。

隠すことや、我慢すること、押し込めておくことは、辛いと思うが、何とかできるようだが、M性自体を心の中から消滅させることはできないのではないか?とすら思う。

私がそう思うのは、私のS性も、気がついたときから、それを消すことができていないから。

私の場合は、消そうと思ったことがそれほどあるわけではないから、消えないのかもしれないが、

長らく奴隷を持たず、S性を本格的に刺激される機会がないという状況でも、消えずに、しっかりと私の中にあり、それなりの周期で、S性を解放したいという欲求が強く出てきて、その機会がないことを、辛いと思うことも正直なところあるのだ。

そんな自分を思うと、M性も同様に消えることはないのではないか?と考えてしまう。

だから、M性を悪いことと考え、それを消そうと思っても思うように消えてくれない、さらには意識すればするほどに大きくなってしまうということも、悩みの原因の一つではないかと思う。

そして、M女がM性に悩む最大の原因かもしれないと思うのが、自分のパートナーに分かってもらえないということではないかと思う。

本当なら、普通に付き合っている彼氏や、結婚していれば夫に、M性を打ち明け、理解してもらうのが一番いいと思うのだが、残念なことにSというのも、Mと同じように少ない存在であり、たまたま選んだパートナーが、Sである確率というのは、かなり低いものだと思う。

また、SMに対する理解というのも、世間的には”変態”といわれてしまうことであり、パートナーがそのように思っている場合も多いのだろう。

性癖として理解すらしてもらえず、言い出すことも出来なかったり、言ったとしても、気持ち悪がられたり、無視されたり、「そんなこと(S的な行為や考え方、接し方をすること)は無理だ」と突っぱねられたり、ということもあると、ご相談の中で伺った。

一番大切にしたい人、いつも一緒に居たい人、生涯を共にすると誓った人に、自分の性癖を理解してもらえない、満たしてもらえない、というのは、この上なく辛いことだと思う。

さらに、そういう大切な人とのセックスで、気持ちよくなりたいのに、M性があるために、普通のセックスでは、気持よくなれない、快感が得られない、幸せを感じられない、というご相談も多い。

好きな人とのセックスなのに、一度もイッたことがない…。

なんてことも、結構伺った。

そうなれば、自分のM性を疎ましく思い、悩んで、ネガティブに捉えてしまうのも無理のないことだと思う。

だから、こういうことが無ければいいと私も思うのだが…。

現実には、かなり多くあるパターンのようだ。

S性を持つ人、M性を持つ人が、ノーマルな人に比べて少ないが故に、SとMが自然に出会う確率がかなり低いということ、

また世間一般からSやMの人が軽蔑の対象になりやすい、そしてM性というのは消そうとしても消えるものではない(少なくとも私は完全に消す手段を知らない)という状況は、どうしようもない。

これ自体を変えるというのは、多分、不可能だと思っている。

だから、自分の中のM性をネガティブに考えるということの根本的な解決策というのは、私の中にはない。

ご相談のメールをくださった方には、本当に申し訳なかったのだが、これは仕方が無いこととして、私はお返事を書いた。

ただ、根本的な部分では解決しないかもしれないが、それを自分の中の考え方や捉え方、また行動を変えること、思い切ることで、なんとかネガティブに思わなくて済むようにする方法ならある。

最もストレートに解決するなら、相性のいい御主人様を作ってしまえばいい。

そして、その人を一番大切な恋人や結婚相手として、パートナーに選ぶこと。

これが私が考える中で、おそらく一番確実に、M性について悩まなくて良くなる方法だと思う。

罪悪感なく、M性を満たしてもらうことができる上に、M性を隠したり、押し込めたり、我慢したりする必要もなく、相談相手も確保し、セックスなどでもSM的なプレイをしてもらえるから、M性のために快感が得られないということも解消されやすいと思う。

安直かもしれないが、これ以上の解決策は私には思いつかない。

ただ、これはハードルが高い。

相性の合う御主人様を作るというのが簡単なことではないということ。

上でも書いたように、S性を持った人というのも少ない。

更に言えば、”ちゃんとした”御主人様になってくれるS男というのは、更に絞られてくる。

その上、その中から、心から好きになれる人、愛することの出来る人を見つけるというのは、実際上、困難なことだと思う。

また、結婚なんてことになると、それに加えて、経済的なこと、社会的なこと、家族のことなど、相手の性格や性癖だけではない部分でも納得できる相手かどうか?というのは、気にする人もいるだろう。

だから、これは理想論かもしれない。

とはいえ、これを目指して、御主人様探しをしてみるのもいいと思う。


でも、別れる気のない心に決めた彼氏や、離婚するつもりのない夫がすでにいる場合には使えないので、もう少し、現実的な方法として思いつくものを書いてみようと思う。

まずは、自分の中にあるM性ということについての認識を変えることがあると思う。

例えば、M性というのは、痛みや恥辱や屈辱やそういった普通の人が受け入れがたく嫌悪するものを、快感や幸福感、充実感や、さらには絶頂感に変換するための心の働きなのだと思ってしまうこと。

つまり、普通の人が嫌がることに耐える能力を持っているという風に思うこと。

立派な長所として、認識する。なんてことでもいいと思う。

これ以外にも、どう考えてもいいのだが、ネガティブなものではないという風に思える部分を少しでも見つけていくこと。

また、M性というのが、ノーマルな人達と比べて、特別に、いやらしいとか、恥ずかしいとか、そういう思いが、重荷になっている人もいる。

つまり、自分は、性的な意味で、欲望が大きいのだと。淫乱で、性にだらしなく、はしたない女なのだと。

でも、それは少し考え過ぎだと私は思う。

それに対する認識も変えて良いと思う。

というのも、私は、自分自身では、S性と、性欲というのは、分離できるものだと、認識しているから。

行為(調教)をしたときに、性欲が満たされなくても、S性が満たされれば満足するということは、私は実際に体験している。

端的に書けば、射精することなく調教を終えたとしても、私に不満が残らないことがある。

奴隷に対して、S性を発揮しただけで、私は満足していたことがある。

ノーマルな人が行為(セックス)をした場合、男は、射精しないで終わると、多分、あまり気持ちがよかったとは考えられないのだと思うので、

この感覚というのは、S性を持っている人にしか理解してもらえないのではないかと思うのだが、S性を強く満たされると、それでいいと思うことがある。

もちろん、性欲を満たすことと、S性を満たすことが、行為として、オーバーラップする部分というのはあるし、私も、いつも性欲を満たされないで終わっても良かったなんてことは言わない。

でも、私は、S性だけが満たされたことでも、大きな満足感を得たことがあるから、S性と、性欲は、完全分離はできないまでも、とりあえず、別物として考えることができると思っている。

だから、M性と、性欲というのも、分離できるものではないのか?と私は考える。

そして、奴隷を見てもそう思う。

奴隷の性器に何の刺激もせずに調教を終えたこともある。

ただ、虐げて扱い、奉仕をさせ、足元に転がして、踏みつけにしたりしていただけ、なんてこともあった。

ただ、物として、部屋に置いて鑑賞しただけなんてことまである。

それでも、奴隷は嬉しそうにしていた。

本当に、それで満たされていたのか?というのは、わからないのだが、

「嬉しいです」

という、奴隷の言葉と、その時の恍惚とした表情を、嘘や演技だとは、私は思えなかった。

そして、M性と、性欲が分離できると考えるなら、M性があるから、いやらしいとか、恥ずかしいとか、淫乱だとか、そういう風に考え、恥ずかしがる必要はない。

奴隷が、私(御主人様)と一緒にいたり、私のことを想う時しか、性的なことを考えられないと言っていたこともある。

それは、ノーマルの人が、彼氏や夫を想って、性的な欲求を感じるのと同じだから、特別なことではないだろう。

ただ、M性があると、淫乱であるというイメージができてしまうのは、SMや主従関係を持っている人の中に、普段も、性器や、アナルに何かを入れて過ごしているとか、

御主人様が言う、私も言った、「お前は淫乱な牝豚だな」なんてセリフをよく聞くからなのではないかと思う。

でも、それは、調教の一部ということであって、M性がある女性、全てを指しているわけではない。

また、SMを、セックスの延長線上にあるもの、セックスの更に激しいものであると認識している人も多いが、これもM性と性欲が分離できると考えるなら、違うと言えるだろう。

この部分を、間違えないでほしいなと思う。

M性があるというだけで、自分は淫乱で、はしたないのだとか、そういうことを思って、罪悪感まで感じる必要はないと思う。

もちろん、私のS性と性欲の関係のように、M性と性欲が結びついている部分というのはある。M性があるために、特に性欲が刺激される女性も居ると思う。

でも、きちんと分けて考えられるものであるという風に考えていても良いと思う。


ただ、私には、なんと言えばいいのかわからないこともある。

それが、M性が満たされないから、ノーマルな彼氏や夫など、大切なパートナーとのセックスで気持よくなれない、イクことができないという悩みに対する解決策だ。

これだけは、どうすればいいとは、なかなか言えない。

相手がノーマルなセックスしかしない、それ以外を拒むという状況なら、フェラチオや、相手の体を舐めたりするなど、SMでの奉仕に近いようなことを増やして、そういう気分を高めながら、セックスをするというような方法くらいしか、私としては思いつかない。

でも、これでは多分、あまり効果的ではないのだろう。

以前、こんなことを言っていたM女も居た。

「一緒にいさせて頂いている。キスをして頂いている。セックスをして頂いている…という風に全てのことを考え、相手を尊敬し、感謝する」

こういう考え方をすることで、M性を満たすという方法。

これによって、セックスでも、”性処理に使ってもらっている”という風に思えて、快感が得られるというもの。

これがどこまで役に立つのか?はわからないが、私はセックスでイクとか、そういうことは、精神的な要素が大きいと思うから、本気でこんなふうに思えるのなら、できるのかも知れないとは考える。

実際、言っていた方は、この方法で良かったようだから、一定数、これでなんとかできるM女はいるのだろう。

でも、私は、M性が強いM女を何人も見てきているが、これで満たされ、性的な快感も得られるか?というと、どうなのだろうと思ってしまう。

これで可能な人が居る一方で、不可能な人もいると思う。

自分で自分を騙しているように思えて、そういう気持ちを持ち続けられない人もいると思う。

それに、M女の中には、自分から積極的に何かを思うというよりは、徹底的に受け身であること、相手にそう思わせてもらえる状況に追い込んでもらうことが必要な人もいるから。

だから、私は、このことに関して、なかなか良い解決策を提示できない。

ご相談を頂いても、私が書けることは精一杯書くのだが、それでも、足りないような気がしている思う部分だ。

そして、S性がない、理解してもらえない、彼氏や夫と別れる、という話にまで、考えが及んでいる方もいらっしゃる。

実際、以前の知り合いだが、ノーマルな夫と別れて、御主人様を作った人もいる。聞いた話も含めれば、複数知っている。その選択が幸せだと言っていたし、実際、御主人様と、再婚してしまった人まで居る。

もちろん、これは、表の人生、一生の計画までもを、変えることになるから、私が是非ともおすすめする!なんてことではない。

でも、M性が強く、それを一生、我慢しておかなければならない。満たされることがない。セックスでも気持ちがのらない。だから、イク事もできない。

それが、彼氏や夫と育む愛情や幸福感を削き、彼氏や夫とは、どうしても合わないと思うなら、こうするのも選択肢の一つになるのだと私は思う。

実際にそういう事例を見て、そちらの方に、深い愛情や、幸せを感じているように、私には見えたから。

ここまで思い、行動するM女もいる。

これも一つの生き方なのであろう。愛情や、幸せの求め方なのだと思う。

もちろん、性癖のために人生を変えるという選択は難しいと思うし、しない人も多い。どちらがいいとは私には言えないのだが…。

少し話が逸れた。



M性があることが、素晴らしいとまでは言わない。

でも、少なくとも、悪いことではないし、卑下する必要もないと思う。ただの、そういう精神的な特徴というだけだと私は思っている。

まあ、Sである私にしてみると、M女というのは、非常に素晴らしく、貴重で、価値ある存在なのだが…。


と、こんな風に書いたとしても、「Mというのは、悪いこと、恥ずかしいことだと思っている」という、M性をネガティブに考えるM女性の悩みが消えることはないのかもしれない。

ただ、そう思って悩み続けるくらいなら、自分の中でのM性への認識を変えられるように、上記のような感じでもいいし、また別の考え方でももちろんいいのだが、少しポジティブに、考え方を変えてみるほうが、前向きではないかと思うし、

もしも、可能なのであれば、そして踏み出す決意と覚悟がちゃんとできるのであれば、実際にM性を満たされるように、相性の合う御主人様を探せばいいと思う。

そのほうが、M性のことをネガティブに考えて、思い悩むよりは、気が楽になるのではないかな?と思うし、行為をしても、とても気持ちよく、快感や、そこから続く幸福感を得られると思う。

M性のことをネガティブに思って悩む方は、真面目だったり、自信がなかったり、性に関して奥手な考え方だったり、過去にお話をしたM女性やメールをくださる方から、そういう傾向は感じるから、大胆なことをするのもなかなか難しいのかもしれないが…。

もちろん、M性を、ポジティブに考えている人が、不真面目で、自信家で、性的にだらしないという意味ではない。自分の中で、M性をそういう風に考えられているということは、自分をしっかりと認めているのだから、それは、とても素晴らしいと思う。


私が書けるのは、この程度のことだ。

M性をそんなにネガティブなものとして捉える必要はないと思う、ということ。

とはいえ、結局、問題のちゃんとした解決策ではないから、自分に対する罪悪感や嫌悪感を持ってしまっているM女や、ノーマルなパートナーとの関係や、性行為に深く悩んでいるM女にとっては、役に立たないかもしれない。

でも、M性のことを、少しだけでも楽に考えられたら、また、気持ちを少し進めるとか、何かに踏み出すための、とっかかりになれたら、幸いに思う。


貴女がM女だということは、別に悪いことじゃない。

それだけは、私は断言していいと思う。

元・御主人様というか、色々とやらかしまくってきた私に断言されても嬉しくないかもしれないが。

でも、貴女は、貴女なのだから。

自分の中にあるものは、そのままに、素直に、認めてあげていいと私は思うし、受け止めてくれる人もきっと居ると思う。

いろいろな事情があり、表の人生のこともあるから、難しいことかもしれないが、貴女が、貴女として、素直にそのままで居られる場所を見つけられるといいなと思う。



※上記のことで、注意事項を一つ。このように書いたからといって、私が、安易に「M女なのだから、御主人様を持てばいい」と言っているのではないことは、お断りしておく。前からブログに書いているが、御主人様を作るかどうか、主従の世界に踏み込むかどうかは、しっかりと考えて決めて欲しい。御主人様候補ができたとしたら、その人のことをちゃんと見てから決断して欲しいと思う。そうしなければ、M性を認めてもらって、愛情や幸せを感じたいと思っていたのに、それを全く思えなくなるようなことも出てくると思うので。そうならないように、相手の見極めと、自分の覚悟だけは、絶対に怠ってはいけない。




テーマ:SM - ジャンル:アダルト

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2012/11/29 12:58] | [ 編集 ]

>2012/11/29 12:58にコメントくださった匿名希望さん

私のブログを読んで、そのように思っていただけたのはとても嬉しいです。
こういう性癖だと、悩むことも多いですよね。私も、Sだということは、周囲には言わずにいますので。
でも、自分の中にあるものなので、それを認めていったほうが、正直にいられるように思っております。
とはいえ、それを発揮するには、相手のあることなので、難しい部分ではあるのですが。
また、匿名希望さんは、それを認めてくれる相手のことを、大切にしたいとおっしゃっておられて、とても素敵だと思いました。
こういう事を、自分で認める、相手に認めてもらう、というのは、必要だと思いますが、それを押し付けることになると、やはり、相手としても、戸惑う部分が出てくると思いますので、感謝の気持ちだけは忘れないでいたいものですね。私も自分にそう思います。

コメントは、嬉しかったです。とても遠慮がちな感じですが、気にせずに、書いてくださってよかったです。私は、男性でも女性でも、Sでも、Mでも、ノーマルでも、同じように、ありがたいと思っておりますので。
お互いに、難儀な性癖持ちなのかもしれませんが、できるだけ、ポジティブに考えていけるといいですよね。
[2012/12/01 22:43] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報