理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン


「お前の物は俺の物、俺の物は俺の物」

なんて、有名なセリフがある。

ドラえもんで、ジャイアンが言っている(のか?直接聞いたことは無いのだが…)ので、ジャイアニズムなんて、言われるが、一般社会において、これは、一方的で理不尽な話ということになる。

そして、

「お前は俺の物だ」

というのは、それ以上に、理不尽な気がする。

でも、これが、私が奴隷に対して思っていることだ。

もちろん、ジャイアンと張り合っているわけではない。

私は、空き地に友人を集め、強制的に自分の熱唱を聴かせる勇気など、持ちあわせていないのだから。どう足掻いても、彼には勝てない。

話がそれた。


”奴隷”とは?

このブログで、散々に、奴隷、奴隷…と、書いてきたのだが、そもそも、奴隷とは?ということをしっかりと書いていないような気がした。

特に、”私の”奴隷について。

色々と抜け落ちている気がする。

一応、前に、”女の常識、奴隷の常識”のエントリーなどで、書いているし、その他のエントリーでも、触れていることも多いが、今回はもっと具体的なイメージで、書いてみようと思う。

私の話を。

奴隷になったことがない(なる気もないが…)ので、奴隷の側のことは、書けない。

また、外から見た奴隷ということなら語れるし、これまでも書いてきたが、今回はそういうことではなく、”私”という一人の御主人様が、何を思って”女性”を”奴隷”にしていたのか?ということだ。

”私の”奴隷とは何か?という話。


最初に書いてしまうが、私の基本的なスタンスは、”奴隷は私の所有物”ということ。

身体はもちろんだが、その心も。

そう思っている。

思っているが、心を私の物にするというのは、なかなか難しい。

言葉ではそう言える。でも実際には、至難の業だ。

これはじっくりと、時間をかけて、想いをかけて、信頼関係の上に、掴みとるものだ。

ちゃんと掴めたと思った奴隷もいたし、もう一歩届かなかったような気がする奴隷も居る。

やはり難しい。

身体についても、”私の物”だからといって、壊してもいいのか?究極的に言えば、殺してもいいのか?というと、そういうことは絶対にないし、

私は表の世界への影響も出ないようにと考えているから、”所有物”と言いつつも、それは、許される範囲での”所有”であり、”物”であるということになる。

冷静な部分では、これらはちゃんと頭にあるのだが、私は、奴隷に、

「お前は、俺の物だ」

と、言った。

私が、御主人様として、命令をする。

奴隷に、奴隷であることを要求する。

奴隷が、それを自覚し、自発的に奉仕をする。

その中には、常識的に考えると、理不尽なものも、かなり多いのだが、それの根拠がこれになる。

奴隷は、私の所有物。

だから、私は、奴隷を好きなように使う。

そして、奴隷が、耐え切れずに、

「許してください…」

と言えば、私は、

「俺の好きにしている(お前は俺の物なのだから)」

と、言い放ったことが多かったように思う。

それに翻弄され、苦しみ、泣き、恥ずかしがり、悔しがる、奴隷の姿、その切なげな表情にS性を刺激される。

そこに私のSとしての、快楽がある。

そして、私に馴染むように、奴隷を変えていく。

奴隷には、”私に好きに使われる”ことに、一番の快感や幸福感を得るように調教していく。

「お前は俺の物だ」

と言われると、最初は戸惑っていた奴隷が、そのうちに、それを求めるようになり、それだけで、快感や幸福感を訴えたりする。

「身体が熱い」と言った奴隷もいれば、涙や愛液を流した奴隷もいたし、いきなり自慰を始めた奴隷も居たりする。

”私に”馴染んでいく奴隷。

とても、美しく、可愛いと思う。なによりも、愛おしかった。

そして、私もそこに、快感や幸福感を感じている。

その奴隷の姿、そこから感じる気持ちは、所有欲というか、支配欲を満たされる瞬間でもあるから。

でも、自分で調教し、また気持ちを精一杯に向けて、そうなるように調教したことなのだが、そういう奴隷の変化は、不思議でもある。

冒頭のジャイアニズムの話と同じで、「自分が誰かの物になる。誰かの好きにされる」ということ。

これは、理不尽なことだ。

だから、そこに、快感や、幸福感や、時には、絶頂感さえ感じる奴隷というのは、やはり、不思議としか言えない。

M性というのが、奴隷のこういう状態を作り出しているというのは、わかる。

御主人様に、制限される、強要される、支配される。

好きにされる。

そのことで、苦痛や屈辱や羞恥を受け取り、それをM性が、快感に変換する。

でも、奴隷の言動から感じられるのは、それだけではないようにも思う。

私の物になる、ということに、安心感を得ているようにも、私には見えた。

Mだから、ということだけではなく。

ある奴隷が、ボロボロと涙を流すような、少し強めの調教のあとに言っていた、

「私、やっと、御主人様の物になれた気がします」

と。

同時に、これ以上ないというくらい、美しく微笑んでいた。

これを見た時には、奴隷が自分の居場所を、見つけたという気持ちなのではないかと思った。

散々に酷い扱いを受けていながらも、その中に、安心感を感じているのではないかと。

また、上でも書いたが、いきなり自慰を始めてしまうようなことも、普通なら淫らで、恥ずかしくて、パートナーの評価を気にして、やらないのだろうが、私には、そんな姿を見せたとしても大丈夫なのだとわかったから、その欲望のままに自らを晒したのだろうと思う。

それも、積み重ねた信頼の上にできた、安心感なのではないかと私は思う。


人は、自分を必要とされていることが、嬉しい生き物だ。

私もそうだ。

例えば、仕事でも、誰かに頼りにされると、嬉しい。

「vetが居ないと困る」なんて言われると、本当に光栄に思う。

そして、そこに自分の居場所があるのだと感じる。

ここにいていいのだと安心する。

例えば、帰る家があること。そこに家族がいること。

無条件で、受け入れてくれる。

いつ、帰ったところで、拒絶されることのない、自分の心地良い居場所がある。

それが、安心感なのだと思う。

きっと、人は、それを見つけたいのだと思う。

そして、あのときの奴隷は、私の中にそれを見つけたのではないか?と思う。

私の自惚れかも知れないが。

「お前は俺の物だ」

というのは、私が、最初から意識していたわけではないのだが、

「お前を拒絶することはない」

というのと、私の中では、同義であるということに、しばらくしてからは、気がついていた。

もちろん、放置調教などのときには、拒絶した態度で接することもある。

奴隷が、たくさん書いてきたメールの返事が、「そうか」の一言の時も多々ある。

でも、それは、奴隷自体を拒絶しているわけではない。

普通の友人や、多分、恋人を相手にしたときには、できない態度を、奴隷にはとれたということだ。

しかも、何の躊躇もなく。

そのことも、奴隷が理解した時に、居場所としての私を、奴隷は感じていたのではないかと思う。

安心感を得ていたのではないかと思う。

そして、同時に、私も、奴隷の中に居場所を見つけていたのだろう。

私のS性を受け止めることのできた、存在。

私の心の裏の部分も、見せることができたのは、奴隷だけだ。

奴隷の前では、私が、本当に、好きなようにしていられた。

多分、その居場所を、確認する意味でも、

「お前は俺の物だ」

と、私は、奴隷に告げたのではないか?なんてことを、今になると思う。

テーマ:支配と服従 - ジャンル:アダルト

私事
主から 私に発せられた言葉は どれもみな 嬉しく 受け止めます。
「好きだよ。」とか「愛してる。」そういう言葉をいただくこともあります。
けれど
“お前は 俺のもの”
そう 言われたときは この上なく 幸せを 感じます。
主従では
最高のプレゼントではないでしょうか。
[2012/11/04 11:03] URL | tomo [ 編集 ]
はじめまして・・。
twitterのRTからお伺いしました。
夕凪と申します。

ご主人様にお仕えして日の浅いにわか従者です。
非常にわかりやすい文章で
主様から見た奴隷というのが伝わってきました。

そして、奴隷の気持ちをよくご存知なのだということも。

また、お伺いいたします・・・。
[2012/11/04 13:25] URL | 夕凪 [ 編集 ]

>tomoさん
tomoさんの主様は、「愛している」とか、言われるのですね。
そういう言葉をあまり使うことができなかった私にすると、しっかりとtomoさんに対して、愛情表現をされておられるのだなと、羨ましくなります。
でも、tomoさんとしては、「お前は、俺のもの」と言われるのが、幸せなのですね。
確かに、主従ということですと、それが、一番になるのかもしれませんね。
そういう意味では、この言葉は、言うことができていた私も、良かったのかなと、少しホッとします。ありがとうございます。


>夕凪さん
はじめまして。twitterから、来て下さったのですね。ありがとうございます。

私の過去の出来事を綴っていたり、それを考察していたりという話がメインのブログで、調教描写も少ないですし、そもそも、そういう写真や動画もないので、SMブログとしては、かなり地味ですが、わかりやすいと言っていただけて、良かったです。

主側の気持ちというのは、私の気持ち、そのものなので、いいのですけれども、奴隷の気持ちについては、わかっているようでわかっていないこともあったのではないかな?と、今は、色々と考えている最中です。

こんなブログですが、よろしければ、また寄ってください。
こちらこそ、よろしくお願いします。
[2012/11/05 23:08] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報