理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


私は、鞭を使う調教というのは、とても好きだったわけではないのだが、嫌いでもなかったので、それなりにやったと思う。

たまに、奴隷が苦しむ姿が見たいという欲求が湧いてきたから、それを満たす上で、一番手っ取り早いのが、苦痛を与えることであり、その最たるものが鞭だと思う。

でも、鞭の話というのは、あまり書いてこなかった。

それで、つらつらと考えていたら、鞭の話で、しかも、やらかしたことを思い出したので、最近、シリアスな話が多かったことでもあるし、今回はそれを書いてみようと思う。


前に、鞭で、奴隷に一筋の赤い線を入れるのがいい、なんてことくらいは書いたかと思う。

奴隷の綺麗な背中に、そういう一撃を入れることは楽しかったし、S性を満たされたのだが、いつもそれというわけではなかった。

というよりも、私の性格としては、色々と試してみたいタイプなので、それだけで納得するということはない。

なんでもやってみないと、気が済まない。

その中で、今回は、間抜けな鞭のお話。


奴隷が挨拶を終え、首輪をして、椅子に座った私の前の床に正座している。

挨拶や首輪の装着など、最初の部分というのは、私はだいたい決まっている。

ここが変わることはあまりない。

奴隷も、それはわかっていたから、この部分はそつなくこなすようになる。

でも、その後の調教というのは、色々だ。

事前に決めていることもあるし、その時に、考えることもある。

それは、私の気分によるところが大きい。

奴隷の様子が、あまりにも普段と違うと、変わったりもするのだが、その日は、その”私の気分”というやつが、また妙なことを思いつかせたのだった。

それまでにやったことがないこと。

奴隷を、奴隷らしく扱うこと。

そんな意味で、あることを思いついてしまった。

まずは、奴隷の上半身を縛った。後ろで腕を固定して、奴隷の手を使えなくした。

そして、靴べらを持って、椅子に座る。

奴隷に、

「舐めろ」

と命じた。

奴隷は、

「はい」

と言って、口で私のズボンのチャックを下ろし、器用に下着の中から性器を取り出して、それを口に含んだ。

その時、私は、時計を見た。そのデジタルの秒のカウントを。

私が、そんなところを見ているなんて、奴隷は気づかない。

必死で、フェラチオをして、私を射精に導こうとしている。

でも、私は、そんな奴隷を見ずに、やっぱり、時計を見ている。

そして、1分が過ぎた時。

「時間だ」

と言って、奴隷の首輪につけたリードを引っ張って、強引に、股間から引き離した。

何があったのか?

と、奴隷はびっくりした顔で、私を見上げる。すぐに、それは不安そうな表情に変わる。

「御主人様、私…」

なにか悪いことをしたのではないか?と、心配になったのだ。

普段、奉仕をさせると、こんなに早く、終わりにすることは、まずないから。

「お前は、1分で、俺をいかせられなかっただろ」

「でも、そんな…」

奴隷としては、たった1分で、私を射精に導くことなど不可能だと言いたいのだ。

確かに、それは不可能だ。

勃起もしていない、最初の状態だから、そこから、1分では、私がいくら、性欲が強くても、射精まで至るのは無理だ。

せいぜい、ちゃんと勃起するところまでいって、刺激に反応し始めるくらいのもの。

私が、セックスをしたことがない時期なら、もしかしたら、これでも、興奮して、射精できたかもしれないが、奴隷を持って、かなり経つこの時期では、もう慣れていて、この程度の刺激では、すぐに射精することはない。

そんなこと、私もわかっている。

でも、奴隷には、それで、射精に導けなかったことを責めた。

「どうする気だ?」

奴隷に意地悪な言葉をかける。眉根を寄せて困ったような顔をしながら、考える奴隷。それを見ているのは、楽しい。

「あの…。もう一度、させてください」

「もう一度か。ただで出来ると思うのか?」

「どうすればいいのでしょうか?」

「俺が、なんで、これを持っていると思う?」

そう言って、奴隷に見せたのは、手にした、”鞭”という名の靴べら。

それを見て、奴隷は察する。



「御主人様を気持よくさせられなくて、申し訳ありません。至らない奴隷に、お仕置きの鞭をください…」

「尻を上げろ」

「はい」

奴隷が、尻を持ち上げると、私はそこに、靴べらを振り下ろした。

といっても、私は座っているから、本気で打つときに比べると、威力は劣る。

それでも、奴隷は、痛いし、打ったところは赤くなる。

「あっ!」

と言って、奴隷が反射的に身体を動かす。だが、そのあとは、しっかりと、

「鞭をくださってありがとうございます」

といって、頭を床につける。

その頭に足を乗せたりして、奴隷に屈辱感や、うまくやれない挫折感を浸透させる。

それをしてから、

「また、1分だ」

と命じた。

「はい」

というと、奴隷はまた私の性器を口に含む。私は時計を見る。

今度は、私の意図がわかっているので、奴隷は必死だ。なんとか、1分以内に射精させようと、フェラチオをする。

だが、そう簡単に、射精するものではない。その時は、一応勃起した状態からはじめてはいるが、それでも、1分は短い。

数えきれないほどフェラチオをして、私が快感を感じる方法もわかっている奴隷だったのだが、間に合わない。

すぐに時間が来て、また、奴隷は、私にリードを引かれて引き剥がされる。

そして、上記の”※”に戻る。

という調教。

これを繰り返してみようと思ったのだった。

そして、はじめた時は、結構いいな、と思った。

かなりいい事を思いついた。なんて、内心でほくそ笑んでいた。

自画自賛。

鞭のような、苦痛系の調教をする時には、それに何らかの理由があったほうがやりやすい。

もちろん、”私が鞭を使いたいから”、”奴隷が痛みに苦しむ姿が見たいから”ということでも、主従なら、十分な理由ではあるのだが、私の妙なこだわりとしては、痛みというのは、何かの失態の罰として与えられるべき、というのがある。

お仕置きという意味合い。

また、その方が、奴隷も、納得して受けられるのではないか?なんてことを思っていたりする。こういう事を考えてしまうところが、私の面倒くさい性格なのだ。でも、それは仕方がない。

そして、こんな私にとって、ひと鞭ごとに、打つ理由がある、奴隷には打たれる理由があるという、この調教は、とても、すっきりしたものであったのだった。

だから、始めてから、5回くらいまでは、かなり、気持ちよかったのだが…。

だが…。

この調教には、重大な欠点があることに、そのあたりから気付き始める。

本当に、まずいと思い始めていた。

それは、いつまで経っても、

「射精できない」

ということだ。

つまり、私は1分くらいのフェラチオの刺激では、射精に至らない。

1分毎に、奴隷が、性器への刺激をやめ、私が鞭を打たないといけない、というこの調教。

フェラチオの刺激によって、ある程度まで、性欲が高まったところで、止まる。

そして、奴隷に鞭を打ち、屈辱を与える。その間は、刺激がない上に、奴隷を貶めることに意識を向けるから、性欲が、少し収まる。

その状態から、フェラチオが再開され、またある程度まで、性欲が高まるのだが、1分で止まる。

また性欲が、少し収まる…。

これを繰り返しているのだった。

性欲的に言えば、生殺し状態。

気持よく射精できないというのは、実は結構きつい。

ということに、途中で気がついた。

まことに、まずい。

でも、始めてしまった以上、これを途中でやめる、つまり射精しないで終わるというのは、なんだか、負けた気がする。

それは嫌だ。

妙な意地と、性欲とが、私の中で不毛な戦いを繰り広げていた。

しかも、そのうちに、奴隷の尻は、どんどん赤くなってくる。

叩くにしても、限界があるから、それが近づいてくる。

でも、射精できない…。

時間が経つに連れて、追い詰められたのは私だ。

奴隷は、奉仕と屈辱と苦痛が次々に与えられる調教に、M性を刺激され、恍惚とした表情まで浮かべ始めている。

「なんで、奴隷のくせに、お前だけ、気持ちいいんだ!」

私の心の声がそう叫んでいた。

そして、約40分。

おそらく、25回くらい。

そこで、先に力尽きたのは私だった。

もう生殺し状態に我慢できない。

ちゃんと、射精して、すっきりしたい。

負けた。

なんだか知らないけど、負けた。

でも、奴隷にまで、負けたことを悟られるのだけは嫌だった。

それだけは絶対に避けたい。

だから、最後に奴隷の顔を引き剥がした時、こう告げた。

「これだけやっても、できないのか。使えない奴隷だな。もういい」

と。

そして、奴隷を反対側に倒すように押す。お前に、もう用はないという意味で。

でも、これは、ただ単に、私が考えた調教が失敗していることを隠したいがためにしたこと。

理不尽、この上ないのだが、こうしないと、取り繕えないので、仕方がない。私も必死だ。

「申し訳ありません。次は、頑張りますから」

といって、奴隷が体を戻し、私の足に顔を寄せ、自由にならない手のままに、すがりついてくる。

だが、次をやっても、その次をやっても、無理なことは、私にはわかっている。

何回やろうとダメだ。この調教は終わらない。

だから、強引に終わらせる。

すがりついてくる奴隷を足蹴にし、さらに、尻に鞭を何発か入れてから、

「1分は無理か。性処理奴隷のくせに(フェラチオも満足にできない)お前には、がっかりした。もう、普通にやれ」

といって、今度は時間制限のないフェラチオを許した。

こんな風に、偉そうに言っているが…。

この調教をやめて、普通のフェラチオで、ちゃんと性処理したかったのは、私の方だったりする。

でも、奴隷には言わない。言えない。

「はい…。ありがとうございます」

と、奴隷が言って、性器を口に含む。

私が課した調教をしっかりとこなせなかったのだと、奴隷は思っているから、寂しそうな、泣き出しそうな表情なのだが、それを不機嫌な顔で見下ろす私も、自分の失敗を悔いていたりする。

多分、奴隷よりも、悔しさという意味では、大きかったかもしれない。

私のほうが泣きたい気分だ。

でも、そんなこと、顔に出したりはしない。

あくまでも、奴隷が悪いということで、押し切る。

あとから思うと笑ってしまうのだが、本当に私は、どこまでも意地っ張りだ。

それで、しばらくフェラチオをさせ、なんとか、その時は、私の非常にモヤモヤした性欲だけは解消されたのだが…。

多分、奴隷には、私が失敗したことは、気が付かれていないと思っているのだが…。

気持ちのモヤモヤ、というか、誰に負けたのか知らないが、心の敗北感だけは、消えなかった。


こういう調教を思いつくのはいいが、後先をちゃんと考えろ。ということだ。

これは、私が「鞭のような苦痛を与えるときには、何かの罰であるべきだ」なんて思っていることに起因している。

別に、そんなことを思わずとも、ただ単に、”奴隷を鞭で打ちたい”、”苦痛に歪む奴隷の顔を見たい”と思ったら、シンプルに、そうすればいいのだ。

実際そうしたこともあるのだし。

でも、やっぱり、こういう事を考えてしまうことが多い。

こんな風に、やらかした調教を思い出すと、本当に、私は、色々と考えすぎる、ややこしい御主人様だったのだなと思う。


ちなみに、奴隷が靴べらを最初から”鞭”だと言ったのは理由がある。

私は鞭と称して、色々なものを使った。SM用の鞭も何種類かあったし、乗馬鞭や、靴べらや、孫の手、ハエたたきなんてこともあった。

緊縛用の縄を鞭のようにして使ったこともある。

叩く部分がひも状の鞭は、それはそれで良いのだが、奴隷の尻を叩くようなときや、距離が短い時には、ちょっと不便に思っていた。

また、一筋の傷をつけるような使い方ではなく、スパンキングように平面で叩きたいときには、ちゃんとした鞭は不向きだ。

だから、手頃な長さと、硬さ、先が平べったいということで、靴べらや、孫の手なんかは、ちょうど良かった。

ハエたたきはどちらかと言えば、苦痛よりも、屈辱を与えるのに使う。

こんな感じで、鞭といっても、色々と用途によって、使い分けていた。

でも、奴隷にとっては、全て”鞭”なので、この時も、奴隷は、靴べらを鞭と言ったのだった。

鞭も、使い方によっては、かなりの調教効果があるのだが…。

特に嫌いなわけではなく、普通にやったのだが…。

私は、どうも鞭使いは、下手だったような気がしないでもない。

実際の振り方という意味ではなく、使う場面の選び方、という意味で。

テーマ:SM - ジャンル:アダルト

もうヤダw
コメントボードのお返事ありがとうございます。
それからメールも。不躾なメールに丁寧なお返事を感謝です。

笑ってしまいました。
vetさんって、カッコイイのかカッコわるいのかわかんないです。
前の理沙さん話までは素敵なのに、次がこれってw
それでもvetさんは奴隷さんにばれないようにされて。
裏話を知っちゃうと笑えますけど、奴隷さんは幸せそうって思いました。
そこをちゃんと守るのがvetさんなんですね!
すごいけど、もうヤダって、感想ですww
[2012/11/10 10:22] URL | ようこ [ 編集 ]
http://cloudsinthebluesky.blog.fc2.com
恐らく奴隷と称される従者は(私も含め)、
調教のすべてにおいて私に痛みであったり羞恥であったりを
課してくださっていると思うので、
主様の裏側を考える余裕はないと思います^^;

それが、この時の従者様の恍惚な表情だったのでは、と。

でもでも、この裏側をなんらかのきっかけで知ってしまうと
もっと主様が愛おしく思うのではと感じました(*^_^*)
[2012/11/10 10:32] URL | 夕凪 [ 編集 ]

>ようこさん
いえいえ、こちらこそ、お話をありがとうございます。

今回のエントリー、笑っていただけたのでしたら、何よりです。
こんな、間抜けな調教をしてしまったこともありました。
私は、かっこいいか?かっこ悪いか?で言えば、確実に、かっこ悪いほうですね。
この調教のときも奴隷が幸せなら、それでよかったのかもしれません。
ようこさんのご感想、はっきりと書いてくださってありがとうございます。
今後も、こんなお話は、出てくるかもしれませんが…。


>夕凪さん
確かに、調教を受けている時というのは、従者側には、考える余裕は無いのだろうと思います。というか、余計なことを考えさせるようでは、多分、ダメなのでしょうね。しっかりと、その調教の世界に入っていないということですから。
そういう風に、気持ちを高めていくとか、雰囲気を作るのも、主側の役割なのだろうと思います。
そういう意味では、この調教も良かったのでしょうね。それだけが救いかもしれません。

普通は、裏側を明かすことはないですからね。私も、奴隷が居たら、多分、こんな事は書けませんから。必死で隠したことですので。でも、それも含めて、愛おしいと思ってもらえるなら、それは幸せなことですね。
[2012/11/12 12:36] URL | vet [ 編集 ]

はじめまして。
vetさんの今回の記事。
とても興味深く読ませて頂きました。

Sさまがそんなふうに
責めておられるなんて^^;;

マゾは主に可愛がって頂きたい一心で
頑張ってるんですが、
ご主人さまも色々考えておられるのですね^^

これからも、Sさまの本音を
その軽快な文章で拝見させて下さいませね。
[2012/11/13 14:10] URL | ぽちちャん。 [ 編集 ]

>ぽちちャん。さん
はじめまして。ブログ、読んでくださってありがとうございます。
Sが責めている時に考えていることというのも、色々あるのですが、新しいことをするときには、こういう事も考えていますね。とはいえ、私は考えすぎな部分はありそうですが。
これが、普段やっている、手慣れた調教の場合には、もっと考えることなく、やれることも多いです。そうなってくると、快感の方に集中できますので、もう少しいいのかもしれませんが。

M女が、可愛がって欲しい気持ちというか、調教に集中しているときというのは、本当に、可愛いなと思いますよ。そういうのを見たいというのもありますね。

感想、とても、嬉しかったです。また、良ければ、寄ってください。

[2012/11/13 21:10] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

まとめ【1分間の性欲と鞭】

私は、鞭を使う調教というのは、とても好きだったわけではないのだが、嫌いでもなかったので、それなりに
[2012/11/19 07:32] まっとめBLOG速報
このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。