理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


”恋は盲目”なんて、よく言ったものだなと思う。

私は、冷静な自分というのを失った付き合いというのは、したくないと思っている。

でも、それは、相手にのめり込まないとか、想いを向けないとか、愛情を出し惜しみするとか、そういうことではない。

また、行為の最中に欲望を出さないということでもない。むしろ、私はS的な欲求も性的な欲求も強いと思うので、それを出さずにいるのは無理だ。

ここで言う、”盲目”というのは、相手の良いところも、悪いところも含めて、ちゃんと見る、知る、それについて考える、ということを放棄しているという意味で私は使っている。

相手の悪いところを見ないように目を瞑る、また、見たとしてもそれを黙って流す、ということ。

いつのまにか、そうなってしまっていたことは、私にもあったが、少なくとも冷静な時の私は、そうしたくないと思っていたし、今も思っている。

相手のすべてを無条件に肯定する、盲目的な付き合いが、最高の幸せなのかもしれないが、もしもそうだとしても、私はそれはいらない。

別の方法で最高の幸せを手に入れることを考える。

奴隷のすべてを知リたいと思ったら、受け入れたいと思ったら、良いことばかりではなく、悪い部分にも目を向ける。悪いことは悪いと言う。

もちろん、コンプレックスをほじくり返すとか、そういうことではない。

奴隷がやりがちなことで言えば、表の世界を犠牲にして、御主人様のためにと何かをしようとすること。

私の奴隷の場合にもあったのだが、私が奴隷を使おうと思って、たまたま呼び出した日(休日だと思っていた)に、本当は奴隷に大切な仕事が入っていたのだが、それを隠して、私と会うのを優先したこと。

あとで、そうだったことが分かった時、私は本気で奴隷を叱った。

私は奴隷の良い面だけを見ていてはいけないと思う。

悪い面も見ないといけないと思った。

奴隷を、受け入れるということは、多分そういうことだと私は思う。

そして、それは奴隷も同じだ。

御主人様に対して、盲目になってはいけない。

御主人様の命令をきく。

御主人様の言うとおりにする。

それは、プレイとしてはいいと思う。また、主従の心構えとしては、御主人様に従うという意味で、必要なことでもあると思う。

でも、御主人様の言ったこと、やっていることが、明らかにおかしい時。

そのことが、奴隷として考えたとしても、許容できないものである時。

御主人様を否定する必要があると私は思う。

まっとうな評価のない関係は、緊張感を失わせる。

それは、関係の崩壊を招きやすい。

御主人様を信じているのは構わない。むしろ信じないなら、奴隷などやめたほうがいいと思う。

でも、盲目的に御主人様を神聖視するのは、危険だ。

御主人様は神様じゃない。

間違いも犯すし、迷っていたりもする。

私なんかは、いい例だろう。

ブログに書いたとおり、やらかしまくっている。考えすぎている。たくさん迷って頭を抱えたことも何度もある。ただ単に、それを必死で隠して、バレないように立ちまわっていただけだ。

でも、奴隷は、そんな私をある程度、見抜いていたと思う。

見抜かれていたことは、私としては面白くないし、恥ずかしい部分ではあるが、今にして思えば、見抜いていてくれて、良かったと思う。

最近書いたことで言えば、理沙の話の最後の時、私が理沙を見送りに行かないつもりだったことに対して、美佳が、いつもの美佳らしくない主張までして、私を半ば強引に見送りに行かせたことなんかがそうだ。

後から考えると、あの時、もしも、私が、理沙を見送りに行かなかったら、きっと後悔していたと思う。

私は、理沙の前で、未練がましくて、かっこ悪い自分を出したくないということだけで、行かないことにしたのだから。

それを、美佳はちゃんと指摘してくれた。

だから、あの時の美佳には、本当に救われた。私の意地っ張りな部分をしっかりと見抜いて、後悔しなくていいようにしてくれた。

例えば、こんなことだ。

小さな不備をいちいち指摘されると、主従の雰囲気が悪くなる可能性はあるが、決定的な御主人様の間違いに目を瞑り、指摘しないで見過ごした場合、雰囲気が悪くなるとか言っている場合ではなくなることがある。

主従関係自体が危うくなったり、表の世界に問題が出てきたりもする。

だから、たとえ奴隷でも、それは指摘しないといけないと思う。

私の場合には、上記の美佳のようなこと以外にも、奴隷が指摘してくれて、大きな間違いを犯さずに済んだこともある。

私としては、いつも上位者として接している奴隷に対して、否を認めるのは嫌だし、恥ずかしいし、情けない。

御主人様としてのプライドを傷つけられることだから、とにかく辛いのだが、それでも間違いを認めず、また気づかずに、奴隷との関係が崩れるようなことになるのは更に辛い。

奴隷も、奴隷という立場上、私にそれを指摘するのは多分、苦痛だったと思う。

きっと、私の意図を守ること、常に服従させられていることが、奴隷として気持ちいい部分でもあったのだ。

それでも、必要なときに、ちゃんと指摘してくれたことには、本当に感謝している。


私が、以前、オフ会などでお話をさせていただいた奴隷の方や、ブログを始めてから、頂くメールでのご相談の中に、かなり多く見かけることがある。

それは、御主人様に「何も聞けない」「何も言えない」ということ。

御主人様の住んでいるところも、どんな仕事をしているのかも、わからないとか、そういう方が、結構な数、いらっしゃる。

なぜわからないのか?と、うかがえば、「御主人様がおっしゃらないから」とか、「御主人様にそれを質問してはいけないと思っている」とか、「質問するのはおこがましい」とか、そういうことを考えておられる。

本当に、奴隷らしい、奴隷だと思う。

でも、同時に、危ないなと思う。

別に、住んでいるところがわからなくても、仕事を知らなくても、主従関係という意味では重要ではないだろう。

私が危ないと思うのは、そんな簡単なことを聞くことすらできないという状況に陥ってしまっているということに対して。

それすら聞けないということは、御主人様の間違いを指摘するなど、不可能だろうと思う。

それに、これは、御主人様のことを知る機会が圧倒的に少なくなるということだ。

知らない相手を、本気で信頼するのは、ものすごく難しいことだと思う。

少なくとも、私には無理だ。

そして、知らなければ、やっぱり、何も言えなくなる。

言葉だけ、話すことだけが、御主人様を知る方法ではない。

だから、質問できないから、話ができないから、全てダメだとは言わない。

他の方法があるならそれでもいい。

ただ、とにかく、奴隷も、御主人様のことをちゃんと見ていないといけないと思う。

知らなければいけないと思う。

コミュニケーションをとらないといけないと思う。

御主人様というのは、奴隷に対して、なんでも聞きやすい(というよりも、言わせることができる)立場だと思うが、奴隷は御主人様に対して、そういうことができない場合も多い。

奴隷が、なかなか、御主人様に聞けない状況というのは、私もわかる。

また、なかなか、意見を言う事もできないのは、主従という、関係上、当然かもしれない。

奴隷という立場を、自覚すればするほど、”奴隷らしく”いようと思えば思うほど、聞けなくなり、言えなくなる。

私の奴隷の中にもいた。

なかなか、私に、そういう話ができなくて、そのままにしていた。

だから、そういう風になってしまう奴隷の心境は想像できるのだが…。

”奴隷”という立場であるだけで、そんなことになりがちになるからこそ、特に、奴隷は、気をつけないといけないと思う。

自分が心身を捧げている相手は、”何なのか?”を、しっかりと目を見開いて、深く知るべきだと私は思うし、必要なときに必要なことを言えないといけないと思う。

捧げること、委ねること、と、相手を知ったり関係を考えるのを、放棄してしまうこととは違う。

また、御主人様も、奴隷に指摘されるのは嫌かもしれないが、奴隷が、何かを言いたい時、聞きたい時には、きちんと言えるような余地だけは、残しておくほうが、私は、よりよい関係を長く続けられるのではないかと思う。


奴隷になって、目を瞑ったまま、御主人様にされるがままになっているのが、もしかしたら、奴隷にとって、一番の快感なのかもしれない。

そういう状態を求めて、奴隷になる人も居るのかもしれない。

でも、私は、ちゃんと目を開けて、目の前にいる、御主人様をしっかりと見て、それをちゃんと知っているほうが、より深く繋がれるのではないかと思う。

テーマ:主従関係 - ジャンル:アダルト


完全に同意しますね。

加えて私は、盲目的になられるよりも(ある程度)冷静でいられたほうが
主側としても「張り合い」があるということもありますが…
Vetさんは如何ですか?

たとえば会話中に妙に鋭い指摘を受けつつ、それでいて主に対する好意は
損なわれたりしていない(ように思える)ときなど、ニヤリとしつつ、
かえって愛情も深まるようなことも結構あります。

でもたとえば、調教のミスについてその場でストレートに指摘されたりしたら…
経験はありませんが、それが正しい指摘だったとしても続行できなくなる位
受け入れがたいことでしょう。意固地になるか逆ギレしてしまいそうな…笑

ただ、奴隷の保身という意味ではそれも必要なケースも多々あるでしょう。
余計なお世話ですが、事故に繋がるとか、精神的に修復困難なダメージを負う
ような危険性がある場合などは特に、従者の側から関係を解消するような働きは
必要なのだと思います。ただ、身を委ねるどころか、そのようなダメージすら
快楽として転換されかねないものなので…

しかしつくづく難しいことだと痛感します。快楽責めが快楽になってなかったり、
縛りのテンションが度を越して悪かったり…そういうのを奴隷がその場で指摘
できるかというとなかなか難しいでしょうし、その場ではそれすら必死で
耐え忍んでたりするのでしょうが…そんなのはっきり言って大失敗です。

なんというか、やはり問われるべきは主側の甲斐性ってことは確かだなと。
[2012/11/14 03:30] URL | rainforest [ 編集 ]
http://cloudsinthebluesky.blog.fc2.com
vetさま、おはようございます。

本当に感銘を受ける記事ばかりで、
私のコメントなど風に吹かれそうですが^^;

やはり、そういう従順すぎて盲目になりかねない奴隷様がいらっしゃるのですね。
私は、何でも話をするように
なんでも聞くようにご主人様から常に言われていますので、
素朴な疑問も全てお聞きするようにしています。

主従関係に支障がでるようなことは申し上げたことはないですが、
そういう場面にぶつかった時、
きちんとご進言申し上げることができる関係でいなくてはいけないのかもしれないですね...。

とても、為になるおはなし
いつも感謝しております。
[2012/11/14 07:22] URL | 夕凪 [ 編集 ]
うまくは言えませんが、
ドキリと、しました。
当方、ご主人様となかなかコミュニケーションがとりづらく、
質問にはなかなかお答えいただけないこともあるので、
ついついこちらから口を閉ざすことが多いように思います。
でもきっとそれじゃだめだろうな、と思ってはいるのですが、
うまくいかないものですね(>_<)

なんだかいまは……細い糸1本の上を歩いているように思ってしまうので……
この糸、もっと太いものにしなくちゃ。
ありがとうございます(´`*)
[2012/11/15 00:13] URL | まな [ 編集 ]
冬本番?><
Vetさん、こんばんは。寒くなってきましたね;;

今日の記事もうなずきながら
読み入ってしまいました。

うちの主も出会った頃は
それこそお仕事もしらなくて。。。

まぁ、わたしも個人情報なんて晒すつもりも無かったんですが、
逢瀬を重ねるごとに本音を言い合ったり、
色んな経験を重ねるうちに
こちらが聞いた事は教えて下さるようになったんです。^^

その頃から、いくら従事していても
「嫌な事は言おう。」と思えました。

ただ、悲しいかな^^;;
わたくしはMで
『嫌な事が嬉しい』と勘違いされる事もありまして^0^
今は随分分かって下さるようになりましたが。

まぁ、主がわたしを分かろうとして下さってるからなのでしょう。^-^
Vetさんのように素敵なSさまになって欲しいです☆

最後になりましたが、
リンクの件ありがとうございます。
相互にして頂いて、こちらにも貼って頂き
とても、光栄でございます!!

これからもよろしくお願いしますm(__)m

[2012/11/16 00:05] URL | ぽちちャん。 [ 編集 ]

以前、名前を聞いたら「奴隷は知る必要ない」と言われて、奴隷ってそういうものなんだって思った経験があります。
そういうものなんだと、当時は思い込んでしまっていました。

また、わたしの友人には主さんの名前を知りたがらない人もいます、知らないことに欲情するそうです^^

だから、一概になんでも聞ければいいってことではないのかもしれないけど、結局、そこを含めて、自分が何を求めてどういう付き合いがしたいのか見極めて、それに相手が相応しいか、基本の部分のすり合わせるしかないですよね。

vetさんのように目を瞑らないでほしいと思う方もいれば、わたしが経験したような余計なことは聞くなという人もいるみたいなので、この基本部分のすり合せ作業を面倒がらずにしてくれる人だとおっしゃるような長く良い関係が築けるのかなと思います。






[2012/11/16 12:28] URL | りん子 [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2012/11/20 15:21] | [ 編集 ]

>rainforestさん
私は、奴隷との付き合いを考えるとき、プレイとしての主従の部分と、人間関係としての主従の部分で、分けている感じでしょうか。
プレイとしては、盲目的というか、それに乱れ狂うくらいになって欲しいなと思いました。普段の生活や仕事や、そういうものを全て忘れて、性欲と、M性をしっかりと満たされること、また、私の性欲やS性を満たすこと、まさに奴隷であることに集中して欲しいと思っていました。
人間関係としての主従ということでは、rainforestさんと同じように、私も冷静な部分をしっかりと残して欲しいと思っていました。今回のエントリーで書いたのは、どちらかと言えば、こちらの部分です。主従関係なので、もちろん、私の立場が強くなるわけですが、それでも、自分を見失わずにいて欲しいと思いました。私のことを指摘するというのもありますが、そういうことを言えるような関係なら、奴隷自身も自分のことを素直に言えると思いましたので。奴隷が辛いことなども、私の前で吐き出せる場所でありたいなと思うようになって行きましたね。奴隷を受け止めたいという気持ちです。私の場合には、そういう意味もありました。

調教のミスの指摘は、私も、同じですね。必死で、それを正当化する方法だけは、身についたような気がします(笑)それから、これも同じですが、調教が本当に、許容範囲を超えた場合には言うようにという風に伝えてありましたので、それはきちんと認めました。こればかりは、不可逆な怪我などされるのは問題ですから。でも、そこまで行っても快楽になってしまいそうな感じの時もありましたし、言わない奴隷もいましたので、御主人様の側も、きちんと奴隷を見て、見極めるということが、必要なんですよね。それが、難しいというのも、同感です。


>夕凪さん
いえいえ。私は、私の思うことを勝手に書いているだけですので、みなさんが、それぞれに思うことは、また違うと思いますし、それはそれで、良いのだと思います。

従順過ぎるということもあるのかもしれませんし、主従ということで、その雰囲気にしっかりと入りたいという気持ちから、そうなるのかもしれません。
また、一度、御主人様に聞いた時に答えてもらえなかったから、その後は口を噤むということもあるようですね。
こういう状況になる要因は色々なのでしょうけれども、お互いに関係をうまく継続するために、ある程度の話ができるということは、必要だろうなと私は思うんです。

夕凪さんのご主人様は、なんでも聞くようにと言っておられるのであれば、夕凪さんもお話はしやすいのでしょうね。
奴隷の側から、何かを言うというのは、本当に難しいことだと思います。私の奴隷も必ず言えたわけではないと思いますから。それに、何かを言ってしまったら、その関係が終わるということも、やはり考えてしまうと思いますので。
でも、言ってもらえて助かることってやはりありますので、そこは、言われた時の御主人様の器量というか、そういうものが、試される部分かもしれませんね。


>まなさん
普段は、御主人様との間に、主従としての雰囲気があって、御主人様もそれの中で、奴隷に接していますから、簡単に奴隷の質問に答えないというのも、御主人様の一つのあり方だと思います。
ですから、それをあまり崩すほどに、聞きまくるのも、雰囲気が壊れますから、難しいところですよね。
ただ、本当に必要なときにすらも、口を閉ざすことになると、困ることも出てくるのではないか?と私は思うということですね。
その必要なことを言わないがために、主従関係が壊れたり、表の世界に影響が出たりすると、大変ですから。
ただ、何も言わなくても、太く繋がっている主従というのもありますから、どこまでのことを言って、どこからのことを言わないのか?というのは、難しいことでもありますよね。


>ぽちちャん。さん
寒くなってきましたね。北海道では、もう平地でも雪が降り始めていますので、しっかりと冬です。

最初からいきなりなんでも言い合えるというのは、珍しいかもしれないですね。私も、奴隷との最初の時というのは、それほど、なんでも言えたわけではないです。仕事なんかは、ひと通り、私は先に言ってしまう方なのですが、しばらく経つまで奴隷が知らなかったので、逆に私が驚いたこともありますので、聞かれないと言わないというのは、御主人様には、よくあることかもしれませんね。
「嫌なことが嬉しい」というのが、SMでは、かなり難しいのですよね。それは私もわかります。奴隷が嫌がっているからといって、全てやめてしまうと、私のS性も満たされないですし、奴隷のM性も満たされないこともありますね。
でも、本当に、これ以上は無理な場合もあり、その見極めが難しいなと、主側の私としても思っていたことです。
ですので、ぽちちャん。さんの主様も、そういう部分は試行錯誤されて、今は、わかってくださるようになったのでしょうね。すでに、素敵な主様だと思いますよ。

リンクの件、こちらこそ、ありがとうございます。今後とも、よろしくお願いしますね。


>りん子さん

そうですね。私が言いたいのは、りん子さんが書いてださった通り、摺り合わせ作業ができるかどうか、ということです。
なので、もしかして、このエントリー、書き方がかなり悪い?でしょうかね?

御主人様と奴隷との間で、「御主人様に名前を聞かない」とか、知りたくないとか、そういうことで、合意ができているなら私もいいと思います。聞かないほうが、知らないほうが、うまく行くということを、わかっていて、納得している、さらにはその方が欲情するというのであれば、それがいいわけですから。
私が書きたかった事というのは、この摺り合わせも出来ないという状態は良くないのではないか?ということです。
本当は、知りたいのに、それを御主人様に聞けない奴隷の方というのが、いらっしゃって、その雰囲気の中で、いつの間にか、目を瞑って、聞かないことにしてしまっているということ、またそれすら聞けなくなってしまったから、何も言えないということ。すり合わせをする余地もないこと。
その状況は、主従という意味では、見事に、主が問答無用の状態で、従えているわけですから、主従らしいかもしれませんが、長い目で見た時に、小さな問題が蓄積していくように、また、何か大きな問題があってもそれを流してしまうように、私には思えるんですよね。
でも、そういうことをしないことで、うまく保たれる主従もあるのですよね…。やはり、難しいなと思います。


>2012/11/20 15:21にコメントくださった匿名希望さん
きっと、お仕事ですよね?違ったら申し訳ないのですが、ご苦労様です。
せっかくのお話なのですけれども、私のところは、合わないかなぁと思いますので、今回は辞退させてください。すみません。
[2012/11/20 23:55] URL | vet [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2013/01/22 17:38] | [ 編集 ]

>2013/01/22 17:38にコメントくださった匿名希望さんへ
私も、匿名希望さんのおっしゃる通りだと思っていました。
やっぱり、相手のことを知らないと、なかなか、心や体は、預けられないのではないかと。
ですから、それがうまく聞けないのは、大変だろうなと思っていますので、こんなことを書いてみました。
言いたい放題でもいいのではないでしょうかね。それでお互いが納得するなら、一番だと思います。
[2013/01/26 22:13] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

まとめ【目を瞑る奴隷】

”恋は盲目”なんて、よく言ったものだなと思う。私は、冷静な自分というのを失った付き合いというのは、
[2012/11/19 07:32] まっとめBLOG速報
このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。