理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン

かなり前だが、こんなご質問をいただいたことがある。

「今でも、(奴隷を持ったとしたら)多頭飼いをすると思うか?」

というもの。

私はそれに、

「しないと思う」

とお返事した。それが、今の私の思いだ。

理沙の話を書き終わってから、そのことを思い出した。

理沙を手放した時、というのは、理沙と美佳の多頭飼いが終わった時でもあるから。

多頭飼いに関しては、色々なことを思う。

後から考えさせられたことも多い行為でもある。

今回は、それを少し書いてみようと思う。


私が、多頭飼いに至った経緯については、理沙の話の最初に書いた通り。

今、読み返してみると、なんだか、幸一に押し付けられたかのように、書いてしまっている感じもするのだが、決してそんなことはない。

状況としては、困っていた幸一と理沙の頼みを聞いた形になったのだが、最終的に多頭飼いを決断したのは私だ。

また、美佳が、積極的に理沙を受け入れようという態度を示したことも、私の背中を押した。

あの時の私は、美佳のことが、とても好きで、大切だったから、美佳が少しでも、理沙を受け入れることに対して、難色を示していたら、私は理沙を奴隷にはしなかった。

それは確かなことだ。

でも、この多頭は、美佳が受け入れる意思を示し、幸一と理沙に頼まれたことで、私が押し切られた、というわけではなく、私がやりたくてやったことだ。

多頭をするための条件が揃った(新しい奴隷が居る。美佳も、理沙も多頭を容認した)ということではあるが、多頭をしたいという私の欲望を実現したということだ。

条件が揃っていても、私がやらないといえば、やらずにいることもできたのだから。

でも、私は多頭を選んだ。私の意思で。

だから、あの時の私は、多頭飼いが可能だと思っていた。

「主従関係では、多頭も普通にある」という認識を持っていた。

というか、多頭をする事ができる御主人様は”強い”とでも言おうか。

多頭をしていることを、一種のステータスのように思っていた部分が、無くはなかったと思う。

多頭を始めたばかりの時は、不安も大きかったのだが、同時に、他の御主人様に対する、優越感も持っていたと思う。

掲示板で話すとき、オフ会などに出た時、「vetさんって、多頭なんですよね」と言われて、悪い気はしなかった。

今にしてみると、多頭をすることが優越感になってしまった私は、ちょっと恥ずかしいなと思う。そして、何よりも、欲望に素直だったな、と思う。

でも、大きな欲望を満たすには、それに値するものを、引き換えにしているのだ、ということを、わかっていなかったな、とも思う。

おそらく、美佳や理沙とのつながりを深めるための、大切な何かを犠牲にしたのだろうが、それが、何であるかすら、私にはわからなかった。

そして、こういうことは、後になって思うようになったわけだが…。


多頭というのは、かなり難しいことだと思う。

あの時に思っていた「多頭が私にも可能である」という認識は、今はない。

私の多頭が、(私から見た限りではあるが…)破綻なく終えられたことは、多分、2匹の奴隷が、最大限に配慮してくれたからだ。

奴隷たちが喧嘩をしたのを見たことがなかった。

私に、もう片方についての文句や悪口、嫉妬の言葉を言ってきたことがなかった。

だから、私は、多頭飼いができたのだと思う。

あの頃は、私が2匹をうまく飼っているのだと思っていた。

でも、多分、そうではない。

2匹が、うまく飼われてくれていた。

色々な想いや、言いたいことも、それぞれにあったのだと思う。

でも、それを言ったら私が困ることは明白だったから、控えたのだと、後になってから、思った。

もしも、これが、どちらか片方にでも、多頭に対する不満を言われていたら、私は、2匹との関係を、あのように続けることはできなかったと思う。

あの頃の私のやり方を考えれば、無理矢理に、納得させようとしただろうから。

それは、多頭という、微妙なバランスで成り立った関係を、おそらく崩したと思う。

多頭飼いを経験をした後、ちゃんとそのことを考えた後の私は、多頭というのは、奴隷がその状況に納得するか、もしくは、なんとか我慢することで、成立するのだと思うようになった。

御主人様が操って、成立させられるものではなく。

少なくとも、私が操って成立させたものではないと考えている。

また、もしも、操ることが可能であったとしても、そこには、膨大な精神的エネルギーを使う必要があると思う。

奴隷に隠して多頭をするのであれば、二股や不倫と同じだから、要領が良い人なら、なんとかなるのかもしれないが、奴隷に知らせた上で、多頭をするのは、かなり違う。

奴隷の感情を御主人様がコントロールするのだと思われていると思うのだが、実際、それはものすごく難しいと思う。

奴隷が普通にいだく、嫉妬や、独占欲、また、寂しいとか、悲しいとか、そういう感情を、御主人様だからといって、綺麗に処理して、消し去ることができるわけではない。

御主人様にできることは、その感情を出すな、我慢しろ、納得しろと、圧力をかけたり、命じることくらいだろう。

「お前は、奴隷なのだから」と言って。

結局、その感情は、奴隷が、奴隷自身で処理する以外にないと思う。

そして、奴隷の感情が、納得できる域を超え、我慢できる限界を突き抜けて、耐えられなくなったら、処理できなくなったら、多頭という状況は、崩壊する。

多頭をしてみて、あの状況で奴隷に、こういう感情を出されていたら?と考えると、私には、それをコントロールできたとは思えない。

私が、美佳と理沙と一緒に居られたのは、両方ともに、そんな感情を、私に対して、出さなかったからだと思う。

「御主人様の快感が、私の幸せですから」

と、多頭の時に言われたこともある。だから、もう一方を容認するのだと。これは、奴隷の納得の仕方の代表的な例だと思う。

でも、御主人様のことを”好き”になればなるほど、こうやって納得するのは、難しいのではないかと思う。好きなものを独占したい、誰にも渡したくないという想いは、人の根幹にある気持ちのように思うから。

そういうことを、私の奴隷たちも思っていたのかもしれないが、2匹は最後まで出さなかった。少なくとも、私がわかるようにはしなかった。

だから、あの多頭は成立し得た。

ただ、それだけだ。

こう考えるならば、多頭はとても難しいと思う。

うまく、多頭をして、ずっと維持している人には、また違った見解があるのかもしれないが、私が多頭を経験して思ったのはこういうこと。


こんな風に書いてきたが、多頭をしたことを、私は後悔しているわけではない。

理沙という、大切な奴隷を飼うことができたのは、私が多頭をすることを選択したからだ。

そのこと自体は嬉しい。

理沙に会わせてくれたことに感謝している。

でも、もしも、理沙を、美佳を、一匹だけで飼うことができていたならと考えた時、それと比べて、私は、なにかしてやれなかったことが、あったのではないか?と思う。

また、私に対しても、理沙や美佳が、もっと何かをしてくれたのではないかとも思う。

それによって、関係が深くなっていたかもしれないとも考える。

これは、実際にできたことではない仮定の話だから、わからないが。

でも、2匹に向けた気持ちの量や、2匹を受け止められる心のキャパシティが有限なら、私の想いというのは、それぞれに対して1/2になっていたはずだ。

それでよかったのだろうか?と思う。

多頭を終えて、時間が経ち、冷静に振り返った時、こんなことを考えていた。

これは、特別なことではなく、普通に、思うことなのだろうが、あの時の私は、それほど深く、このことを考えていなかったように思う。

浮かれていたのかもしれない。

少なくとも、2匹の奴隷の配慮の上に胡座をかいていたのは確かだろう。


今、私が「多頭をしたいか?」と聞かれたら、「する気はない」と答える。

私には、おそらく多頭は向かない。

たまたま、奴隷が気を使ってくれたから、よくできた奴隷だったから、可能なことだったのだと、今の私はあの時のことを考察する。

それに、私は、あの時できなかったことをしたいと思う。

私の気持ちを、1/2ではなく、全部、注ぎたい。

そして、奴隷には奴隷であることに集中させたいと思う。

だから、多頭であることから出てくる、諸々の気遣いをさせたくないし、不安や、嫉妬の感情も持たせたくない。

余計なことを考えずに、ただただ、奴隷であるように。

気になることをすべて無くして、奴隷であることに、安心して狂えるように。



主従関係において、多頭が悪いとは思わない。

したい人は、すればいい。

主従関係というのは、それをも含んでいるものだと思う。

でも、私は、もう、する気にはならない。

今の私は、一匹の奴隷だけをしっかりと飼いたいと、自然に思うようになったから。



と、理沙の話を書き終えたから、それに絡む、多頭について、今の気持ちを書いてみた。

でも、現状で、奴隷を持っていない私が、多頭をするかどうかとか、こんな事を考えるのは、気が早いなと思った。

「野良御主人様」を抜け出すのが先のはずなのだが…。

書いてみて、苦笑してしまった。

でも、多頭のことは、私の御主人様人生?の中でも大きな出来事だったし、当時と今とで考えていることがかなり違うという、珍しいことでもあるので、気持ちをまとめておきたいと思っていたから、書けてよかったと思う。

テーマ:主従関係 - ジャンル:アダルト

多頭飼いについて
vetさま

今回のエントリも興味深く読ませていただきました。
色々な思いもおありとは存じますが、多頭飼いをされていたことは
率直に羨ましい限りです。
ご主人様としての器が大きくかつ、運がよくないと
そのような体験はできないと思いますゆえ。
同時に多頭飼いのむつかしさ、苦しみも痛いほど伝わってまいりました。

私はMなのでそちら側の視点での意見を僭越ながら
述べさせていただきますと、理沙さま、美佳さまが受け取られた気持は
単純に1/2ではなかったと思いますし、無理に我慢して納得されていた
わけでもなかったと思います。

ご主人様の快感が幸せ…という言葉にウソはないと覆いますが、
究極的にはMは主人より下等に扱われることで自らのM性が満たされ、
快感が得られるから従属しているのだと思っています。

例えば以前vetさまが書かれていた奴隷のお話で、必死の奉仕を無視
されているうちに、そのモノ扱いされること自体が嬉しく、感極まって
泣き出したというエントリが印象的でした。

また美佳さまが理沙さまに性技で劣るとvetさまに指摘され、犬食いを
命じられた上に理沙さまに頭を踏まれたというお話も頭に残っています。
奴隷以下の奴隷として扱われるのはM性がかなり満たされるのでは
ないかと勝手に想像していたりします。
単純に私が寝取られ好きだからかもしれませんが…。

なんか話が長くなりすみません。
要はvetさまがおっしゃられる気遣い、不安、嫉妬というネガティブな
感情のみがあったわけではなくて、美佳さまも理沙さまも、多頭飼い
される…奴隷の中の1匹として扱われるという状況を割と楽しんで
いらっしゃったのではないかと推測した次第です。

まあ、私が何を知っているわけでもないので、これも仮定の話でしか
ないわけですが、ただ少なくとも、可能であれば私はvetさまのような
ご主人様に多頭で飼われてみたいと思ってます。
惜しむらくは性別がオスなので所詮叶わぬ夢ですが(笑)。
[2012/11/21 09:23] URL | 七海 [ 編集 ]
はじめまして。
はじめまして。
いつも読ませて頂いていますが、コメントは初めてとなります。

私のご主人様には、私の他に、奴隷という立場ではない女性がいます。
ですので、正確には多頭では無いのですが…気持ちがよく分かるのです。

女の嫉妬は簡単に消えません。どれだけ「妬くな」と言われても、存在を知ってしまっている以上、難しいのです…

vetさんが言われるように、「どう消化するか」。
抑え切れずぶつけてしまうことも多いですが、ご主人様に嫌われないようにと、ある程度は必死に消化します。
でも、苦しさと不安は消えないままです。

美佳さんと理沙さんを尊敬します。何も言わずに過ごせたのは、お二人に強さがあったからだと思うから、私も見習わなきゃって思います。

でも…
今回のエントリーを読ませて頂いて、希望と言いますか…、たった一人という日が「いつか」でも来るかもしれないと願いながら、頑張ろうと思えました。
ありがとうございます。
[2012/11/22 07:45] URL | まひろ [ 編集 ]
vetさまだから出来た事
こんにちは。
ブログを拝見させて頂いていて
思います。

vetさんに飼われたMはとても幸せなんだと・・・

思慮深く、そして大切にされておられるのが
伝わって来ます。

わたしの主にも聞いた事があります。
『多頭はしないのですか?』と。

主も結構高齢なので
「ぽち、一人で手に余るわ。」と
おっしゃいました。

わたしは、『多頭飼い』はS男性が憧れるものだと
思っていたのですが、
人それぞれ、その時にもよるのでしょう。

とても未熟なマゾゆえ
主にはもっと良いマゾを躾けて頂きたく思う事がよくあります。

だけど、もし主が他のM女性に関わっているのを
見たらどんな感情が出るのか、分かりません。

それを見たいような、見たくないような(笑)
Mデヴューしたのが少し遅すぎました。

幼い頃からの妄想をこれから叶えるには
あまりにも時間が足りません^^;;
[2012/11/27 15:07] URL | ぽち。 [ 編集 ]


>七海さん
私の器が大きいかどうかは、かなり疑問ですが、運が良かったということは確かかと思います。あの頃、私の知り合いにも、多頭の人は居ましたが、なかなかできない体験だろうと思います。

理沙と、美佳の気持ちというのは、Sであり、飼っていた側の私には、奴隷たちの様子から想像するしか無いので、このように、同じMの方にいただくコメントは、ありがたいです。

七海さんのお気持ちとしては、多頭である事自体にも、理沙や美佳が、奴隷としてのM性を刺激され、快感を感じていたのではないか?ということなのですね。
私は、この2匹ではなく、他の多頭のM女性からのご相談などをお聞きして、やはり、嫉妬や不安など、ネガティブな気持ちが先行するものと思っていましたので、そういう視点はあまりなくて、そんな気持ちを私の奴隷たちは、私に言うこと無く、過ごしてくれていたのだと思っておりました。

「御主人様の快感が私の幸せです」と言われてしまい、不満などを聞かなかったので、単純に考えるなら、それを信じるしか無いのですが、やはり、なかなかわからないところではあるなと思っています。

七海さんがおっしゃるように、奴隷たちが思っていてくれたのであれば、本当に私も嬉しい限りなのですが、そうであると、私はなかなか、思えないので、未だにこうして考えることでもあります。

でも、Mの方からのこういうご意見もいただけて、嬉しかったです。ありがとうございます。

それから、私に多頭で飼われてみたいなどと、言っていただけて、光栄です。とはいえ、男性は私は飼えないので、申し訳ありません。でも、ありがとうございます。


>まひろさん
はじめまして。ブログも読んで頂いているとのこと、ありがとうございます。

まひろさんも、完全な多頭ではないにしても、似たような状況なのですか…。
そして、嫉妬や不安の気持ちは消えないとのこと、やはりそういう風に思うものなのですね。私の奴隷はそういうことを言って来なかったのですが、それでも、そんな気持ちが出るほうが自然ではないかと、私は思っていました。
結局、それを言われていないので、本当のことはわからず、なんとも言えませんが、言わないというだけで、まひろさんのように思っていたのかもしれません。

ただ、言われていたら、私は多頭をするのがものすごく難しくなったと思いますが、気持ちの中にあることは、言って欲しかったとも思います。
言わずに、我慢するというのは、本当に大変なことだと思いますから。

まひろさんが、一人として、御主人様に飼ってもらえる日が来ますようにと願っております。


>ぽち。さん
私に飼われた奴隷たちが、幸せだと思ってくれていたのであれば、それはすごく嬉しいことです。大切には思っていたのですが、なかなか、それを表現できなかったので、私としてはそういう部分には、あまり自信がないのですが、そう言っていただけるとホッといたします。

ぽち。さんは、主様に多頭をしないのか、 聞かれたことがあるのですね。
主様のお答え、かっこいいですね。私もそういう風にスマートに言ってみたいものです。
私も、多頭をする前は、正直に言えば、憧れていた気持ちはありました。だから、多頭になったとき、優越感を感じたのだと思います。
でも、実際には、大変なんですよね。あの時、本当に色々なことを考えておりましたので。私のように考えないで、もっと気軽に飼う人はいいのかもしれませんが、私には難しいというのを、あとからですが、思いました。

多頭になったらどうなるか?というのは、奴隷になると、考えてしまうことの一つかもしれませんね。ただ、やはり、なってみて分かることもあるのだろうと思います。
私は、やったほうなので、なんとも言えませんが…。

[2012/11/27 22:58] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報