理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は、このブログについて、私が思っていること、皆さんに思われているのではないかと思うこと、そういう話をしてみたい。

続き物の話が、ちょうど区切りがついたところなので、このブログの取扱説明書だと思って読んでいただければいい。


御主人様が奴隷に対して思っていること。

私がブログに書いているのは、私が御主人様だった頃に思っていたこと。

また、御主人様だった頃のことを思い出して、今、考えること。

そういう経験から思うこと。言えること。

どれにしても、私は出来る限り素直に書いているつもりだ。

そのこと自体は問題だと思ったことはないし、私のブログだから、私が思ったこと、思っていたことを、そのまま書くのに、誰かの制約を受けるつもりはないし、遠慮もしていない。

そのままのことをそのままに。

ただ書いている。

当然、過去の奴隷たちの今の生活に影響が出るようなことだけは避けなければならないから、その素性が露見しないような配慮は徹底的にしているが、ニュアンスとしては、変わらないように書いているつもりだ。

でも、ブログを書く上で、少し心配なことに、気がついた。

頂くコメントや、メールを拝見していて、結構前から、なんとなく感じていたことではあったのだが、

それが、最近、やっと、ああ、これだったのか、とわかったので、その部分を書いておこうと思う。

先にお断りしておくが、これは、直近に、私とメールやコメントのやり取りをした方について、というわけではなく、ずっと前から、感じていたことだし、

特定の誰か、というわけでもなく、そう感じられることが、たまにあるという意味だから、このエントリーを読んで、自分が批判されているとか、メールやコメントを書いたことが私に対して、失礼だったのでは?とか、そういうネガティブなことは、絶対に思わないで欲しい。

私も、そんなことは思っていないから。

メールもコメントも、全てありがたく、拝見させていただいている。ご相談のお話も有意義なものとして思っている。

ただ、そのままの考え方で、主従の世界に居る(入る)と、もしかしたら、御主人様との間で、認識の行き違いが起こることもあるかもしれないと危惧したということ。

要するに、余計なお世話だ。

だから、私にとって迷惑ということでは、決して無いので、そういう意味でのお気遣いは、不要。

私が書きたいのは、あくまでも、M女や、奴隷の方に、このブログを読むにあたって、少し頭の隅に置いておいて欲しいと思うことなので、そういう意味で、読んでいただければと思う。

だから、取扱説明書。


はっきりと書いたほうが誤解がなく伝わると思うので、最初に私の言いたいことを書く。

「vetを御主人様(S男)の基準だと考えてはいけない」

ということだ。

私のブログを読んで、「こういう御主人様もいるんだな」という風に、御主人様の”一例”として、思ってくださるのは、問題ない。

実際、私という御主人様は、存在したわけで、これからも、叶うことなら、御主人様として、存在したいわけで、そういう人がいるのは確かだ。

また、私に似た考え方で、主従関係を持っていた人もいるから、私以外にも、このブログでの私に近いような感覚の御主人様もいると思う。

だから、「こういう御主人様もいる」、という理解のしかたをしていただければ、それで私のブログに対する解釈としては、間違っていないと思う。

でも、このブログを読んで、「私の御主人様もきっとこう思っているんだ」とか、「S男って、こういう人なんだ」とか、そういうことは思わないでほしい。

そこまで思わないにしても、こういう御主人様が多いという風に思うのも、ちょっと危険な気がする。

私というのは、そこまで一般的な、御主人様ではないと自覚している。

というよりも、一般的な御主人様というのは、一体何だ?というのが、私の疑問の一つだ。

きっと、もっと前から、この部分を危惧していたのだが、今まで、はっきりとそのことに気がついていなかったので、こういうエントリーを書けずにいた。

でも、やっと、私がブログの読者の方の一部に、そういう風に思われている、そんな風に思わせている面があるということを、認識した。


私のことを優しい御主人様ですね。と言ってくださった方がいらっしゃる。

美佳との続き物の話などを読まれた方に、こういう、ご感想をいただくことが多い。

また、酷い御主人様だ、と評価された方もいらっしゃる。

美佳と理沙の多頭のことや、奴隷をただの”穴”として使ったという話を書いたときなどには、結構そういうメールも頂いた。

どちらもある。

皆さん、それぞれに、私に対する評価はあるのだと思う。

そして、その評価は、なんでもいい。

皆さんが、私をどう評しようと、好きにしてくださっていい。

良いやつだと思っても、悪いやつだと思っても、構わない。

それは、私が言うまでもなく、皆さん、そうして下さっていると思っている。


でも、今、奴隷になっている方が、私の考え方や奴隷への接し方、愛情のかけかたを、自分の御主人様も、同様なのだと思うのは、おそらく間違っている。

今、奴隷になろうかどうか、迷っているM女、主従の世界に飛び込もうかと考えているM女も同じ。

私と、私以外の人を重ねるのは、間違っている。

私のように考える御主人様(S男)もいるだろうが、考えない御主人様(S男)もいる。

私のように奴隷に想いを向ける御主人様(S男)もいるだろうが、そうしない御主人様(S男)もいる。

私のような愛し方をする御主人様(S男)もいるだろうが、違う愛し方をする御主人様(S男)もいる。愛することすらない御主人様(S男)もいる。


つまり、私を優しいと評した考え方で、自分の御主人様を見たとき、すべての行為が優しさから来るものだと思い込むようなことがあっては困ると思う。

逆に、私を酷いと評した考え方で、自分の御主人様を見たとき、例えば、性処理に使われているときに、ただの”穴”だとして使われているのではないか?ということを必ずしも、考える必要もないだろう。

道具ではなく、女性として奴隷を抱いている御主人様もいるだろうから。


御主人様を持ったことがない、M女にしてもそうだ。

誰か、御主人様候補のS男がいて、その人と話をする時、私というフィルターを通してその人を見てはいけない。

S男がみんな私のような人間ではないから。

恋人のように奴隷と接する人もいれば、まさに奴隷としてしか扱わない人もいる。

私よりも、甘い調教をするのが好きな人も居れば、もっときつい調教をする人もいる。

そして、奴隷に寄せる気持ちもそう。

私は、奴隷のことは大切に思っていた。どの奴隷も本当に大切な存在だった。

私は精一杯に愛していたと思う。

でも、そんな私よりも、もっと深く奴隷のことを、愛する人もいるだろう。

やっぱり逆に、愛情など微塵もなく、ただのMとして、S性を満たす道具、飽きたら取り替えのきくものとしてのみ考えている御主人様もいる。

プレイだけの関係だと、割り切っている人も居る。

そのことを、わかっていて欲しいと思う。


ブログの題名、”牝奴隷には言えない話”。

私が書いているのは、御主人様の側の心境という風にとれるし、実際、私の心境だから、それは間違いない。

でも、”御主人様”というものの一般的な心境ではなくて、あくまでも”私”という、たった一人の御主人様の心境だということ。

ブログの中の私を、そのまま、自分の”御主人様”の考え方や、気持ちや、向けている想い、なのだと思っていいのは、これまでの私の奴隷たちと、それから、もしも、縁があるのならば、だが、これから私の奴隷になるM女だけだ。

それをM女や奴隷で、ブログを読んでくださっている方には、わかっていてほしいと思う。

だから、私は、”御主人様”の生態を知りたいなら、他のSMブログなども、同時に読むことをおすすめしたい。

私とは全然違う御主人様やS男もいることをしっかりとわかって欲しい。

その上で、私のような御主人様がいいと思っていただけたら、私は嬉しいし、別の人がいいと思うなら、それも当然だと思う。

とにかく、視野を広く持って、SMや主従の世界には、私以外にも色々な人がいることを知った上で、御主人様や、御主人様候補のS男の言動や心境を、考えて欲しいと思う。

私は、御主人様だったが、他のどの御主人様とも同じではない。

私が、これからもしも、御主人様に戻ることができたとしても、やっぱり、他の御主人様とは違うだろう。

なんて、今更書かなくても、皆さん、わかっておられるのだとは思うのだ。

でも、メールをいただいた時、たまに「私の御主人様もきっとvetさんみたいに思ってくださっていると思えたので安心しました」というようなことを書かれる方がいらっしゃる。

また、穴として奴隷を使った話のときや、S性のことを強く書いたエントリーなどで、「S男性が怖くなりました」ということを書いて下さった方もいらっしゃる。

でも、他のS男が、同じかどうかはわからない。

そこを注意して欲しいと思っている。

何かあって、御主人様の心境を知りたいと思っている奴隷とか、S男を選ぼうとしているM女性とかは、特に気をつけて欲しいと思う。

このブログを読んで、”御主人様(S男)とは、こういうものだ”と思ってはいけない。

私以外の人に、私を重ねたり、私というフィルターの先にその人を見てはいけない。

ちゃんと、その人を、ダイレクトに見ないといけない。

知らないといけない。

知る努力をしないといけない。

私のブログからではなく、その相手から。

そのこと、頭の隅でいいから、ちゃんとわかった上で、このブログを読んでもらえればと思う。

このブログに出てくる、御主人様と同じ御主人様は、この世に、私しか居ないということだ。

その、私でさえも、このブログの中に出てくる私とは、違うことを今、思っている部分もある。それほど大きく変わった自覚はないし、基幹となる部分は同じだと思うが、人というのは、時間とともに変わるものでもある。

だから、その時のその人をちゃんと見ないといけない。

特に、御主人様の考えていることがわからなくて悩んでいるときや、御主人様候補が居て、その人でいいのかどうかを考えている、奴隷やM女性には、認識して欲しい。

私は、私だ。

そして、私は、私でしかない。ということを。


お節介な話ではあると思う。わざわざ書かなくても、多分、皆さんわかっていると思うから。

でも、ブログに自分の御主人様と似たような状況が出てきたとき、つい、その時の想いも同じなんだと、錯覚させてしまうことがあるようなので、そこを注意して欲しくて、こんなエントリーを書いてみた。

貴女が悪いわけではないし、私に対して迷惑なことなどないから、そういう意味での心配はしなくていい。

御主人様(S男)の心境や考えていることの、参考にはなるかもしれないし、もしもそうなれるなら、嬉しくも思うが、私は貴女の御主人様や、意中のS男、そのものにはならない。

そのことだけは、しっかりとわかって読んでいただければと思う。


それから、今日は関連して、こちらに、もうひとつエントリーを書いたので、それも併せて読んでいただければと思う。


ちなみに。

多分、だが、私ほど色々とやらかしていたり、未熟だったり、パンストフェチを微妙に奴隷にほのめかしたりして、かっこ悪い御主人様は少ないと思うので、そういう意味では、私よりは御主人様のイメージに近い人が多い、というくらいには思ってもいいかもしれない。


テーマ:主従関係 - ジャンル:アダルト

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2012/12/03 21:49] | [ 編集 ]

>2012/12/03 21:49にコメントくださった匿名希望さんへ

はじめまして。ブログ、読んでくださってありがとうございます。

匿名希望さんの今のご事情、拝見いたしました。悩んでおられることも多いと思います。

本当は、しっかりとお返事を書きたいのですが、”管理人にだけ表示を許可する”の設定でのコメントですから、内容の詳細が他の方にわかるような、お返事は書けないので、微妙な書き方になってしまいますが、お許し下さい。とはいえ、内容に触れて、お返事を書く以上、大まかなことは、わかってしまうのですが…。
もしも、以下の返事ではなく、しっかりお話がしたいということであれば、メイルを下さればと思います。


匿名希望さんは、2週間して届いたメイルに関して、お返事をするかどうかを考えておられるようですし、すでにされたのかもしれませんが、現状のようになったということは、匿名希望さんには、考える時間がある、ということでもあるのではないかと私は思います。
混乱しておられるとのことですから、尚更、ゆっくり考えて、整理して、そして、これからのことを含めて考えてから、対応すればいいのではないでしょうか?
今の匿名希望さんの立場なら、すぐに返事をしなければいけないわけではないのではないかと思います。返事をしないこと、また、返事をするにしても、どういうふうに書くかも、含め、じっくり考えてからでも、問題無いと思いました。
今までの関係や思いがありますから、難しいことではあるのだと思いますが、落ち着いて考えて良いと思いますよ。

それから、これからのことは、心が何を求めているのかを、これもやっぱりゆっくり考えてからでいいのではないかなぁと思いました。また同じような関係を望んでもいいと思いますし、違った道もあると思います。それは、匿名希望さんが何を欲するのか?どんな状況なら、幸せだと思えるのか?をちゃんと見極めて、それを目指せばいいのではないでしょうか。焦る必要はないのではないかと思います。

ちなみに、私ですが、お察しの通りの性格かもしれません。ただ、変なところで、理屈っぽいですけれども(笑)

なんだか、中途半端なお返事で申し訳ありません。内容が他の方にあまりわからないように書くとこんな感じになってしまいます。
また何かありましたら、コメントでも、メイルでもいただければと思います。
匿名希望さんの、考えがしっかりとまとまりますようにと、願っておりますね。
[2012/12/05 22:47] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。