理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


先ほど書いた”私は私”のエントリーと一緒に読んでいただければと思う。

「あなたは、あなた」だ、ということも、併せて書いておく。

私は私”のエントリーを読んでいただいて、この題名を見れば、もう、私が何を書きたいのか、予測はつくだろうと思うが。


私のブログを読んだ時に、私の過去の奴隷について、

「とても、素敵な奴隷さんですね」

という感じで、褒めてくださる方がいらっしゃる。

それは、ものすごく嬉しい。今までの奴隷たちは私にとっては、本当に大切だし、心から誇れる存在だから。

でも、現役の奴隷の方から、

「私は、あんなふうにはできていないので、全然至らない奴隷だと気が付きました」

というメールなども頂く。

また、御主人様を探しているというM女性から、

「私のような女では、奴隷は務まらないのでしょうか?」

なんて、ご質問を頂いたりもした。


私の過去の奴隷を評価してくださる一方で、それとご自身を比較して、奴隷としては、ダメだと思い、自信をなくしてしまったり、

そんなふうに、なれないように思うから、自分は奴隷に向いてないのではないか?と考えてしまうM女性がいらっしゃる。

でも、そういう風に考える必要はないと思う。

そのことを、書いておきたい。


そんな風に思われる原因として、まず、私のブログでの奴隷たちの書き方というのがあると思う。

私は、奴隷たちとの全ての出来事をブログに記録しているわけではない。

私にとって、印象深いことや、面白かったこと、気持ちに大きく作用したこと、何かの契機になった事や、寄せてくれた強い想いなどを主に書いている。

私は、私の書きたいことを書いているので、そうなるのは、ある意味当然で、それを特に気にしているわけではなく、これからも、そういう書き方は変わらない。

私が書きたいことを書く。

でも、それは奴隷との付き合いの中のごく一部に過ぎない。

私の奴隷について、ブログに書いていないことのほうが圧倒的に多い。

そして、ブログに書いているような、私の中に大きく残っている出来事や奴隷の想いというのは、私にとって、嬉しかったり、とても気持ちよかったり、満足させられたことが多い。

それを取り出してきてブログに書くのだから、私の奴隷の良かったこと、奴隷らしい部分が、必然的に多く出てくることになっていると思う。

でも、ブログに書いていない(書ききれない)ことは、たくさんあるし、その中には、貴女が知ったら「これなら、私ならば、もっとよくできる」と思うことも、おそらくあるだろう。

実際、私の奴隷がしてくれたことよりも、上手くそれをこなせる奴隷やM女は、たくさんいると思う。また、もっと奴隷らしい思いをもっている人もいるだろう。

ブログに、すべてを書くことができない以上、貴女と、私の過去の奴隷との比較というのは、そもそも、できるものではない。


次に、奴隷といっても、最初からブログに書いているようなことが出来たわけではないし、そういうことを思うような心が最初からあったわけでもない。

奴隷は、私との主従関係を始めた時から、徐々に奴隷として成長している。

御主人様である、私に合うように、変わっていったし、私との信頼関係なども、強くなっていったと私は思っている。

だが、私はその過程を全部書くわけではなく、かなり成長した時点でのことも、つまみ食いのように書いている。

それを見て、例えば、まだ奴隷になって間もない方や、奴隷になったことのないM女性が、「自分にはとてもできない…」と思ってしまうのは、早計だろうと思う。

やはり、長く御主人様との時間を過ごし、心を通わせるようになった奴隷は、御主人様にとって、良い感じになってくるものだ。

長年、使い込んだ道具が手に馴染むように、関係も、しっくりくるようになる。

黙っていても、御主人様を満足させられるようなことを自然にできるようになる。

でも、そこに至るには、私と奴隷で歩んだ、長い道のりがあるのだが、その過程を私は書かずに、ある出来事だけを書いたりしている。

特に、四方山話のカテゴリなんかはそうだ。

そうやって書かれた結果、その時の奴隷の様子だけを見て、ご自身と比較するのは、あまり良くないと思う。

積み重ねた時間が、全く違うのだから。


そして、一番大事なこと。

奴隷というのは、そもそも、”ある一人の御主人様にとって、良いもの”であるなら、それでいいのだ。

というか、それだけでいいのだ。

他の人にとっても、良いものである必要など、全くない。

言うなれば、奴隷は、”オーダーメイドの品”だということ。

一つとして同じものはない。

私にとって、過去の奴隷たちは、とても良い奴隷だった。胸を張って言える。

でも、他の御主人様にとっても良いのかどうかはわからないし、そんなことはどうでもいい。

私の奴隷は、私にとって良いように躾け、私の嗜好に合うように調教した、”私のためだけの奴隷”、”私専用の性処理道具”であり、”私だけを満たすための物”。

だから、貴女に御主人様がいるなら、その御主人様はおそらく、貴女を、”御主人様にとって一番良い奴隷”に躾けているはずだ。

そういう調教をしているはずだ。

これは、SMというか、主従関係の基本的なこと。

だから、私の奴隷と同じ事ができるとか、同じように考えられるとか、そういうことが、良いとは限らない。

私と、貴女の御主人様が別人である以上、その奴隷への要求も違う。だから、そもそも、比べる必要のないことなのだ。

それと同じ事が、御主人様を探しているM女性にも言える。

御主人様ができたら、その人が、その人にとって良いように、貴女を躾けるし、調教するだろう。

それが、主従関係というもの。

だから、貴女の奴隷としての様子が、それで良いかどうかを決めるのは、相手のS男であり、主従になったとしたら、御主人様だ。

当然、私ではない。

だから、貴女は貴女に自信を持って良いと思う。

一人だけ決めた、貴女の御主人様に合う奴隷なら、それでいい。

それに、私だけのことを考えたとしても、同じことが言えるだろう。

もしも、縁があって、これから先、私に奴隷ができたとしても、ブログに出てきた過去の奴隷と同じことを、いきなり要求したりはしないだろうと思う。

最初に私が要求するのは、多分、「パンストを履け」ってことくらいだ(フェチなので許してくれ…)。

私は、過去の奴隷と、比較するつもりはないし、最初から、奴隷が、私が満足するようなことを、なんでもできるなんてことは、そもそも、思っていない。

奴隷経験があるなら、まだできるかもしれないが、一度も奴隷になったことがない、初心者奴隷なら、尚更だ。

これでも一応、私は、何匹かの奴隷を飼った経験がある。

だから、そんなことが最初からできると思うほど、脳天気ではない。

奴隷というのは、時間をかけて、私に合うように、躾け、調教を施して、つくり上げるものだ。

信頼関係を構築し、お互いに色々なものを見せ合った末に辿り着ける関係が、しっくりくるような主従だと思う。

その過程も含めて”奴隷を飼う”のだと私は思っている。

それは、他の御主人様も同じだろうと思う。

”関係”というのは、それが、”主従”であっても、徐々に作り上げていくものなのだから。

だいたい、奴隷が、最初から私にピッタリと合うように振る舞えるなら、躾の過程がなくなってしまう。

何かができなくて泣いたり、失敗して辛そうな顔をする、必死で謝る、という、私の大好物な姿が見られなくなる。

それを理由に貶めたり、追い詰めたり、罰を与えたりする楽しみがなくなる。

それはS的な意味で、全く面白くない。

奴隷との付き合い始めは、私が思うように調教し、私に合うように躾けていくのが、御主人様の楽しみであり、醍醐味なのだから。

と、私のことはどうでもいいのだが、同じように思っている御主人様は多いと思う。

要領がいいとか、飲み込みが早いとか、そういう違いはあるかもしれないが、最初からなんでも完璧にこなせる奴隷なんて居ない。

手をかけて磨き上げるものだから。


以上のことから、納得していただけるのではないだろうか?

貴女がこのブログを読んで、私の過去の奴隷とご自身を比較し、自信をなくしたり、不安になる理由など、全くないことに。

貴女は貴女だ。

そして、貴女は、貴女の御主人様のものだ。まだ御主人様が居ないなら、未来の御主人様のものだ。

当たり前だが、私の奴隷にならない限り、私のものじゃないし、私の過去の奴隷と同じことが出来る必要もない。

私ですら、もしも得られたなら、新しい奴隷が、過去の奴隷と同じことができるべきだ、なんて思っていないのだから。それが無理なことは承知して、奴隷と付き合い始めるのだから。

そういうことを頭において、私の過去の奴隷たちとご自身を比較し、落ち込んだり、自分では奴隷になっても務まらないのではないか?と心配することなく、ブログを読んでいただければ、幸いに思う。


テーマ:主従関係 - ジャンル:アダルト

十人十色っていうのを・・・
巧みに文章にされてるなぁ、あは、なんか嬉しいわ
って感じました、こんにちは

なんか嬉しいって意味不明でしょ、こんな感じです

私ね、初期の初期に、
「自分の主だけしか良くないって思ってる」
って変な批判をされたことがあるんですよ

それも、人格でもおかしいかのように・・・

もともと、私は、他人のお相手もそれもあり
っていうタイプなので否定はしたことがないんですが褒めもしません
その褒めないってことが今思うと、気に食わなかったんだと思います

私が褒めたら逆に
関係に割り込んでこられるような危機を感じないのかしら?
って思ったものです

ただ、その時から今に至るまで知ったのは、
好き嫌いの合う合わないの違いに過ぎないのに
S比べやM比べをしたりしてまで”良い”
って言われたがる人が多いんだなぁってことでしょうか

良いって言われるだけでは安心できないのか、
嫌いなものを良くないとその場の全員に納得させて、
排除しないと気がすまない人も多いです

選民は安定っていうセンスとどこか接してるのかも知れませんね

ただ、そんな中、私が悲しいなぁ
って思うのは、

話し相手を失いたくないとか、
コミュニティから追い出されるのを避けようとして、
目の前のお相手しか
自分達の関係の答えを持ってないことを忘れてしまい、
だんだん、相手の言葉の意味を知った気になったり、
相手の言葉を知ってる意味にあてはめて
相手に向かい合わなくなってしまうことです

そして、その結果、残念ながら
せっかくの関係がずれて壊れていくことです

そんな中、私はことあるごとに
今、彼女や彼がお相手に、
向かいあってないことに気づいてもらう
そんなことだけしてきました

そんな私だからでしょう

十人十色を言葉に伝わる言葉にしてくださってるのを読むと

>他の人にとっても、良いものである必要など、全くない。

って言葉を読むと、

なんか、うまく言えないけど嬉しいです

そんなリアクションを置いていきます
[2012/11/29 11:48] URL | おりん [ 編集 ]
隣の芝生
こんばんは。
そちらはもう冬景色なのでしょうね。
母の住んでいた地だから、
思い出すのが辛いです。

コメントしていいのか迷いました。
つたない文章ですが、やっぱりお邪魔しちゃいます。^^;;

わたしは、他のM女さんのブログを
巡っていて「大きな勘違い」をしていたようです。

へんに頭でっかちになって、
こういうM女がいいんやろなーとか、
写真を貼らないと興味持ってもらえへんのちゃうやろか。
と、PCのスキル不足と悪戦苦闘していました。

ふざけた日記はせめてもの抵抗。
真面目にMやってる人に対する変な対抗心でした。

どうせ、何をやっても叶わないんやからと。

でも、vetさんの今回の2本の記事を拝見させて頂いて
「わたしはわたし」でいいんや。と思いました。
vetさんから見たら
「感化されるのは変わってないじゃないか。」と
思われるかも知れませんね(汗)

だけど、ちょっと前に進みたいと思います。
残されているSM人生(そんなたいそうな^^;;)が
少なく焦っていた自分が愚かだったと気付きました。

わたしはわたしのブログでいいし、
今の主だけ信じていようと思いました。
文盲なので上手く伝わったかどうか分かりませんが、
今の気持ちを書かせて頂きました。すみません。
[2012/11/29 23:43] URL | ぽち。 [ 編集 ]

>おりんさん
ブログ読んでくださってありがとうございます。

私は、多分、Sの方や、Mの方には、普通よりはたくさん出会っていると思いますが、みなさん、違うんですよね。
そして、それに戸惑ったり迷ったりする人もたくさんいましたが、安定してくると、それでいいと思っておられるようにお見受けしておりました。
ブログの他のエントリーにも散々書きましたが、最初は、私も、他の御主人様やSMのAVなんかに出てくるようなものを目指して、ともすれば、自分にはあまり快感にならないようなことですらも、”SMとはこういうものだ”ということから、やっていた時期もあるんです。
ですから、あまり偉そうなことは言えないのですが、最終的には、好きなように、気持ちいいようにやって、パートナーがそれを同じように、感じてくれるなら、それがいいと思うようになりました。
自分が向かい合うのは、目の前の奴隷だけでいいのであって、別の主従とか、世の中にある主従やSMのイメージとか、そういうものではないと思えるようになりました。それに気がつくまで、私は、かなり時間がかかってしまいましたし、未だに、そういうイメージを引っ張っている部分というのは、自覚しています。
ただ、自覚しているだけ、いいのかなと思ってはおりますが。

完全に2人だけで隔絶している主従もありますが、パートナー以外の人との関係の中での、主従というのもありますから、そういう場合に、他を意識しないというのは、意外と難しいことのようにも感じます。
S比べやM比べというのも、ついしてしまうのですよね。私も初期の頃はそうだったですから。
そこから、相手をちゃんと見る方向にいけるのか?他を意識し過ぎてしまうようになるのか?分岐点があるのかなと思います。

自分の主のことを良いと思うということで、盲目的になってしまうとちょっと危険かもしれませんが、他と比べる必要のないもの、お互いに関係をしっかりと見つめ合えるものであれば、理想的だなと思います。


>ぽち。さん
こちらは、雪はまだ積もる感じではないのですが、チラチラと降っていますし、何よりも寒いので、冬を実感しております。

コメントは、ご遠慮なさらずに。書きたいことがあるなら、書いてくだされば、私もお話ができるので、嬉しいです。


きっと、M女性との付き合いの経験が、ある程度あれば、同じM女性といっても、それぞれに、個性があることには気が付きますし、M性も違うということは、わかると思うのですが、”奴隷”というと、ノーマルな、”彼女”に比べると、画一的なイメージは、あるのだろうなと思います。
S男性とも、それなりに話をしてきましたが、ある程度の範囲で、奴隷に求めるものというのは、持っていたように感じました。理想の奴隷像とでもいうのでしょうかね。それが、なんとなく存在するのは、事実だと思います。私自身も、最初はそれがあり、それに縛られていたところはありますので。
でも、実際に奴隷と主従関係を結んだあとには、全てその通りにはいかないということにもぶつかり、それも受け入れたり、また、魅力を感じたりということもあって、関係が作られていくのだと思います。
要するに、相手と合ってしまえば、お互いに認めあって、納得し、その関係が心地よいものであるならば、他のM女性がどうであれ、構わないのですよね。人によっては、Mであること自体も、意識する必要はないのかもしれません。
また、そういう関係を作れたなら、とても幸せだとも言えると思います。

ブログについても同じではないでしょうか。私のブログも、写真は、ほとんど無いですし、あってもSM写真じゃないですから。それに、調教描写もそれほど多いわけでもないので、真面目なSMブログとは、言えないのかもしれませんが、それでも、自分が書きたいことを書いているということで、いいのだろうと思っています。
好きなことを書くということですから、そのうち、わけのわからないブログになるかもしれませんが(笑) それはそれでいいのだと思います。

主従も、ブログも、他人に迷惑をかけない限り、自分が心地よいもの、またパートナーと一緒に幸せになれれば、それでいいのでしょうね。
[2012/12/01 22:48] URL | vet [ 編集 ]

どうしても過去などが気になってしまうタチでした。

先輩(過去の方)に負けないようにとか、
目標に。と思って聞くことを楽しんでいるのですが、

どうしても教えてくれない人がいました。

どうしてなのかも教えてもらえませんでした。

でもこのエントリーはスゴく心に落ちてきました。
その時のことを理解出来た気がします。

ありがとうございます。

[2014/02/05 08:31] URL | 愛 [ 編集 ]

>愛さん
私が好きで書いていることですから、お礼を言われるようなことではないのですが、少しでもお役に立てたのでしたら、嬉しいです。

過去のこと、色々な考え方があります。
御主人様側からでも、過去のことは一切教えない人も居ますね。私が教えないとするなら、それは、過去と比べてほしくないからでしょうか。
教える人も居ます。それは、過去の奴隷を超えるようにという、叱咤なのかもしれません。
御主人様によって、考え方は違いますので、一概に、教えること、教えないことが、どうなのか?ということは言えませんが、ちゃんと考えている、御主人様であれば、やはり、それなりに意図があることかなと、私は思います。

[2014/02/19 00:16] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。