理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン


最近、長い話が多かったので、たまには短い話。


今も、というか、今だから、かも知れないが、S性を強く感じることがある。

S的な欲求を満たしたいという願望。

でも、奴隷が居ない私にとっては、無理な相談だ。

それはわかっている。

だから、そういう時は、我慢して別のことをするか、SMのAVでも見るか、座ってぼーっとしてみたりする。

その、座ってぼーっとしている時は、別に、座禅のような気分なのではなく、ただ単にぼーっとしているだけだ。

そんなとき、やっぱり頭に浮かぶものがある。

これは、そんな話。


奴隷がいた時、私が奴隷を使いたいと思ったら、それで呼びつけたことは何度もある。

もちろん、比較的、近いところに奴隷が住んでいたからできたことだ。

それに、奴隷が仕事とか、何か予定があると言っていた時には、しなかった。

また、遠距離だった時も、さすがにやっていない。

それができないからと、奴隷を責めたこともない。

私は奴隷の表の生活を壊したくないというのは、ずっと思っていることだったから、奴隷が遠くにいたときには、その事情をわかった上で、会えるときに会っていたし、私自身も、それで、満足だった。

でも、近くにいるとき、可能なときには、気軽に呼び出して使った。

これもそんな時のこと。


奴隷が、やってくる。

最初の頃は、突然呼び出されて、驚いていたのか、戸惑ったような顔をしていることもあったのだが、そのうちに、私がそういうことも、普通にするのがわかってくる。

そうすると、私が部屋のドアをあけたときには、嬉しそうに、立っていることが多かった。

奴隷が本当はどんな気持ちで私の部屋に来たのか、その本心はわからないが、そうやって、私が自分が好きなときに使うことを、遠慮しないのが、多分、奴隷にとっても良かったのだと思う。

部屋に来た時の笑顔や、「呼び出してくださって、嬉しいです」という言葉が嘘だったとは思っていない。


そんな、奴隷を部屋にあげ、首輪をつける。

その時になると、もう、奴隷は奴隷になっている。私も御主人様になっている。

表の世界から、裏の世界に、境界を踏み越えている。

そういう雰囲気が、できてきている。

そして、奴隷が、挨拶をする。

そう、ここまでは良かったのだ。

ここまでは。

奴隷の挨拶を聞いて、それに答える、私。

その、調教時、第一声。

「おまニェミャ…」(訳:”お前は”)

思いっきり、噛んだ。

これは、異様なまでに恥ずかしい。

偉そうに呼びつけての第一声がこれだ…。

しかも、奴隷は奴隷になっている。調教を受ける準備が、心も体もできてきている。

私の部屋へと来る間に、そういう気持ちが高まってきて、首輪を付けられたことで、スイッチが入っている。

だから、奴隷もそれを笑うわけにもいかず、ツッコむことなど、もちろんできず、でも、私が噛んでしまった事実だけはしっかりわかって、どうすればいいのか?という、非常に複雑な顔をしていた。

これだ。

この顔が一番困るのだ。

噛んで、恥ずかしい私を更に追い詰める、この顔。

奴隷にそういう意識はないのだろうが、私にとっては、厳しい顔だった。

そして、私が作り、すでに奴隷が乗っかっている、調教の雰囲気。

その中で、この状態。

耐えられなかった。

だから、私は、とっさに奴隷の首輪を引き寄せ、それを外しながら言った。

「もう、帰れ」

と。

え? という顔をして、奴隷は固まったが、私は繰り返した。

「帰れ」

と。

奴隷は、ものすごく悲しそうな顔をして、そのまま帰っていった。

多分、これが、私がやった、最も短い調教だったと思う。

”帰れ”しか、命令していない。

というよりも、これは調教なのか?

私が馬鹿すぎて、今となっては、苦笑いか、ため息しか出てこないのだが、あの時、あまりにも唐突で、意外な失敗に、取り繕う事も、なんとかうまく次につなげることもできず、必死でプライドだけは保とうとした結果がこれだった。

何をやっているのか…。

家が比較的近かったから、できたのだろう。

遠距離だったら、さすがにやらない。

と、そういうことではなく、距離にかかわらず、二度と、こんな事態にはなりたくないと思った。


ちなみに、あとになっても、奴隷はその時のことを一切、私に言わなかった。

多分、奴隷も言えなかった。

突っ込んではいけないと思っていたのだろう。

でも、きっと後々まで覚えていたと思う。

呼び出された上、御主人様が、”噛んだ”というだけで、何もしてないのに帰されたという調教のこと。

奴隷は、どんな風に思ったのだろう。

噛んだことも恥ずかしいには恥ずかしいのだが、後から考えると、その後の方が恥ずかしい。

対応に困って、奴隷の前から逃げた(帰したのだが、実質的には逃げた)のだから。

これも、御主人様としての、余裕が、まだない頃の話だ。

私は、何をやらかしていたのだろうと思う。

今日、こんな、情けない調教のことが、ぼーっとしていたら、頭に浮かんだ。

なんで、もっとちゃんとできた調教のことは、思い出さないのか?

それも不思議だ。


テーマ:主従関係 - ジャンル:アダルト

http://cloudsinthebluesky.blog.fc2.com
読む前からtwitterでRTしてしまいました(^_^;)

vetさんにもこんなことがあったというのが
びっくりでした^^;
というか主様の心情が痛いぐらいに伝わってきます。

きっと奴隷様は
何かしでかしてしまったんだと思い込んでいらっしゃったのでは
と思われます・・・。
[2012/12/02 12:24] URL | 夕凪 [ 編集 ]
目に浮かびます(笑)
こんばんは、M女ユキです。
主ではなく私がなのですが、しょっちゅう噛むので
真剣な場でそうなってしまう状況に妙に共感してしまいました(笑)

M女側としてそういうことなかったのかなぁと思ったのですが
主が投げた言葉に対して答えるか
もっと進んできたら息も絶え絶えで満足に答えることもできなくなってくるかなので
幸い言葉を噛みかみで罰を!という事態は免れているのかなあと。

それにしてもvetさん、ストイックですね。
私の主はもっといろいろやらかされるような気がします(笑)
私も空気がそうなったらあんまり気にしないのですが
実は主も心の中でヒヤヒヤしてるのかもしれないですね。
普段は「俺がせっかくボケてんだからそこつっこめよ!」なんて言う方なんですけどね(笑)


[2012/12/04 01:10] URL | ユキ [ 編集 ]
あっ、こういうの好きだなぁ
こんにちはぁ

読んでてある光景を思い出しました

シティホテルでお泊りしてたんだけど、

私の大事な人が突然時計を見て「もう俺帰るよっ」
ってホテルのエレベーターにささっと行ってしまって
なすすべもなく、「待ってどうして急に?」っておっかけて行くと、
エレベータが来た途端に
こっちにくるりって向き直って
「残らせたいなら、何か理由をくれよっ」
って悲鳴のように叫んだ日を思い出しました

あの人が叫びながら震えていたので、
「帰るべきなんだけど、帰りたくなかったのか」と
私に拒絶されるのが怖いけど
必死でそれを投げてくれてるんだと感じて
慌てて何かを言おうとしたけど、
咄嗟で口がパクパクするばかりで、
気のきいた言葉が出てこず
何か意味不明なことを怒涛の様に叫び返すと、
「それだけしかないのかよっ!!」って怒鳴りながら
私の手をぐいぐいひっぱってお部屋に戻っていったあの人
「俺はもう寝るんだからね」ってベッドに入った背中に
べったりひっついて一晩中、やっとほっとして言葉になっていく
残ってほしい理由をつぶやいてた私
それを、はねのけるでもなく無言でしがみつかせてくれてたあの人
寝息は結局聞こえなくて一晩中多分起きてたんだろうなぁ
次の日の朝は「よく眠れたよ、このホテルは布団がいいね」
って言いながら忘れた様ににこにこと、
ルームサービスをほうばってたけど・・・
(それが不気味に感じたのは内緒)

きちんと本から抜け出たような主って役割を全うしてくださるより
私ったら、どういうわけかこういうのにS性感じちゃうんですよ

この光景のあの人も、vetさんも傍から見れば
私も奴隷さんも何もしてないわけだから、とっても理不尽で
でも、ご本人達はとっても本気の葛藤で剥き出しで嘘がなくて人間ぽくて・・・

でも、その行動選択はどっか歪んでてその性質を持ってない私には怖くて
でも、ご本人達にはとっても自然なことで、ご本人達らしくて・・・

それがうねると、道具も出てきたりして、
傍から見れば調教や拷問に見えちゃうだけで

うまく言えないんですけど

一方では信じさせてあげられなかったらどうしよう
っていう不安定さの上で綱渡りなんだけど

なんかずっと本気の勝負をしてもらってるわ、この人ほんとに私でいいんだわ
って気分です(全然うまくいえてない)

崖っぷちの勝負好きになっちゃいました

お相手だった奴隷さんとお話してみたいなぁ
彼女がその時何を感じたか聞かせてもらいたいなぁ
予想外のことを言われてびっくりするかもだけど・・・それはそれで楽しい♪

ってぺちゃくちゃおしゃべりしちゃってごめんなさい

結論;こういうの好きなんですよぉ(共感♪)ってまとめて逃げます
[2012/12/04 15:29] URL | おりん [ 編集 ]

>夕凪さん
RT、ありがとうございます。
なんだか、酷い話で申し訳なかったです。でも、こんな事もやらかした時期がありました。御主人様であること、奴隷の前では、恥ずかしいことはしたくないと、かなり気負っていたのでしょうね。なので、こんな対応になってしまいました。

やっぱり、奴隷は何かしでかしたと思ったでしょうかね。ちゃんとした説明もしなかったですから。本当に、今思うと、何をしていたのだろうと思います。

後になると、奴隷には、こういう部分も見せてもいいのだというか、間違って何が悪い?というくらいに思っていた気がします。
なによりも、奴隷と一緒に過ごす時間が楽しかったですから、いきなり帰すとか、そういうことはなくなりました。
経験というのは、やはり大きいですね。


>ユキさん
奴隷が噛むなら、別にいいのですよね。
私の奴隷も噛んでいたことがありますし、調教中や、その直後などは、ちゃんと話せないような感じになることも多いですから、それはそれで、認めていたというか、むしろ可愛いと思っていましたね。
たまに、噛んだことを口実に、責めたりしておりましたが。

それにしても、真剣にやっている時にそういうことが入ると、対処が難しいですね。本当は、軽く笑い飛ばせばいいのでしょうけれども、難しかったりしますので。
ただ、こういう場合には、主側が、なんとかするべきなのだろうと思います。奴隷の側としては、なかなか対応しにくいでしょうから。それをうまくやるのが、腕の見せ所なのでしょうけれども、この頃の私にはできませんでした。

私はストイックといえば、そうなのかもしれませんが、基本的に臆病なのだと思います。恥ずかしい事になるのが嫌という気持ちがあるので、こういう対応になってしまうのでしょうね。その対応こそが、恥ずかしいし、情けないことなのだと後で気がつくのですが。

御主人様と言っても、心の中では色々なことを思っているものです。私ほど、変なことを考えている人は居ないのかもしれませんが、意外と普通に心配していたりする人もいるのではないかなと思います。


>おりんさん
シティホテルでのお話、なんだかすごいですね。
多分、彼には何かの意図や思いがあって、それが作用して、そういう、傍から見ると、ちょっと不可解な行動になって出てきたのでしょうね。
おりんさん側からの視点でそれを書いて下さったので、私がこのとき奴隷にしたこと(奴隷がされたと思っていたこと)というか、奴隷の感じていたことを少し推測できるような気がしました。
とはいっても、本当のところは、このときの奴隷に聞いてみないとわかりませんが、やっぱり、基本、よくわからないと思っていたのかなと思います。

御主人様になってしばらくの間の私というのは、それこそ、本から抜けだしたような、SMのAVに出てくるような、御主人様の役割を果たすことに、必死だったと思います。
御主人様の理想像というか、イメージされる御主人様というのは、人間っぽいところとは、対局にあるようにも思います。ですから、人が普通に犯す間違いとか、失敗を、私は認められなかったのでしょうね。
その結果が多分これで、それをおりんさんが人間らしいと評されるのであれば、私はこの時、目指していたものは、きっと達成できていなかったのでしょうね。
そして、長く、奴隷と付き合う過程において、おそらくそれを保ち続けることは、難しいということでもあったのだろうと思います。
そういう時期があったこと自体は、後悔はしていないのですが、誰かの作ったものではなく、自分なりの御主人様としての有り様を、認められるようになったのは、かなり後になってからです。
そして、そういう風に奴隷に接する事ができるようになって、やっと、余裕が出てきたようにも思います。

コメントを頂いて、そんなことを、思いました。

[2012/12/05 23:35] URL | vet [ 編集 ]
噛むこと
S側で噛むのはキツいですよね
AVだったら一気に冷めて作品自体が台無しになるレベル
SMクラブだったらSの威厳が解けてあとは消化プレイになってしまうレベル
自分がやらかしたとしたら墓場まで持っていきたいような今回のお話
それを赤裸々に綴られているvetさまは偉大だと思います
割と本気でそう思っています
[2012/12/10 08:31] URL | 七海 [ 編集 ]

>七海さん
奴隷にとって、私が噛んだことはどうだったのか?というのはわからないんですよね。もしかしたら、七海さんが書いてくださったくらいに思ったかもしれませんし、実は全く気になってなかったかもしれないんです。
でも、私にとっては、かなり恥ずかしく、またもう、どうしようもないくらいきついことだったので、ついこんな対応をしてしまいました。
でも、実際には、噛んだ事自体ではなく、このあとの対応が重要なのでしょうね。それに後から気が付きました。

偉大だなんて、過分なお言葉を。ありがとうございます。
たぶん、私は今、奴隷が居ないので、こういう事を書けるのではないでしょうかね。奴隷が居る御主人様は、やっぱり、こういうことは書けない気がします。私もそうかもしれないですよ。
[2012/12/16 23:25] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報