理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


その時、私には奴隷が居なかった。

現在のように、何年も居ないというわけではない。

だから、奴隷と別れた辛さというのは、多分、今よりも、鮮明に、私の中にあった。

それに、その時、ブログを書こうとか、そういうことは思わなかったから、その辛さや、溢れてくるものは、吐き出したり、整理する場所がなく、そのままにあったのだと思う。

やさぐれていたとまでは言わないが、元気のなかった時期ではあったと思う。

私は、奴隷を支えていたと思っていたのだが、奴隷に支えられていたことを実感していた。

そして、その時の私は、SMということもそうなのだが、女(奴隷)と付き合うことへの興味というのも、少し低くなっていたように思う。

性欲がなくなったわけでも、S性の欲求が消えたわけでもないのだが、なんとなく覇気がなかった。

普段会う、周囲の人達の中に、私が好きになりそうな感じの女というのもいた。

すでに誰かの彼女だったのかもしれないが、前なら気になったりしたのだろう。

でも、それを気にする気持ちがあまり湧いて来なかった。

また、私が”彼女”と別れたと言ったら、表の世界の友人が、合コンらしきものをしようと誘ってくれたこともあったのだが、それも、断っていた。

かと言って、裏の世界に奴隷を求めたわけでもなかった。

SM関連の掲示板に顔を出す頻度も減ったし、オフ会にも誘われたのだが、行かなかった。

他の人の主従関係を見るのが、嫌だった。

だから、今とも心境がかなり違う。

今は、ブログを通じて、メールやコメントなどで、他の方の主従関係の話をすることを、嫌だとは全く思わない。

また、今は、奴隷がほしいということは、強く思っているから、この時の感じとは違うと思う。

あの頃の落ち込みっぷりはかなりのものになるのかな?とも思うし、落ち込んでいる自分に酔っていたようなところもあったのかもしれない。

ただ、S性が満たされないという辛さは、今と同じだったと思う。

また、そういう特別な性癖を分かり合える理解者、気持ちを向ける大切にしたい相手が居ないことの寂しさや、日々のそういう部分での張り合いの無さも、同じだと思う。


とはいっても、私は仕事は好きだし、日常生活を壊す気はなかったから、表の世界は、普通に動いていた。

裏の世界だけが停止している。

私を動かしてた両輪の片側が止まったということ。

そんな状態。

裏の世界と表の世界を行き来する生活を長く続けていたら、いつの間にか、裏の世界がないことに、ものすごく大きな違和感を感じるようになっていた。

奴隷を持つ以前は、表の世界しかなかったのに。

でも、奴隷と別れたショックは、自分から奴隷を求める気持ちも、どこかに消し飛ばしてしまったのかもしれない。

もしくは、最初の奴隷を持つ前、美佳に声をかける前、女性に告白するのが難しかったときの自分に逆戻りしたのかもしれない。

とにかく、仕事も日常生活も、きちんと動いているにもかかわらず、裏の世界は凍結した状態で、それが、私の心をチクチクと、痛めつけていたような気がする。


そんなとき、ある人からメールを頂いた。

それは、私が参加していた、SM掲示板の管理人の方だった。

仮に、彼を直樹としておく。

直樹は、私よりも5歳ほど年上のS男。

その、直樹の呼びかけたオフ会などにも参加したことがあったから、顔も知っているし、SM世界の人の中では親しくしていただいた方だった。

でも、直樹は、奴隷を持っていた。

なんとなく話もしにくかったので、直樹の掲示板にも、しばらく顔を出していなかった。

フェイドアウトしていた。

だから、メールが来たことには、正直驚いた。

今更、私に何の用事があるのか?と思った。

もう、主従の話は、そんなにできないと思った。

今は、奴隷がずっといないくせに、このブログで好き放題に話しまくっているが、その頃の私は、もっと律儀だったのか、

奴隷が居ない、主従関係がないのに、そういう話をするということに、申し訳なさのようなものを感じていた。

そして、何よりも、そういう話をするのが辛かった。

そんな心境だったので、メールも無視することを一瞬考えたのだが、かなりお世話になった掲示板の管理人、直樹からのメール。

読むだけは読むことにして、文面を見た。

私が、掲示板に顔を出さなくなったことについては、特に触れていなかった。

来る者拒まず、去る者追わず、というのが、その直樹の方針だったから。

特に、主従というのは、恋愛と同じように、デリケートなことも多いから、無理矢理に参加しろというような話はない。

直樹の配慮、そして、自分がS男であるということを自覚していたのだと思う。

誰かに対して威圧感を与える可能性があるとわかっていたのだろう。だから、掲示板では、そういう対応を貫いたのだと思う。

それは、その頃の私にとっては、すごくありがたかった。

そして、そのメールは、ただ、用事だけを強調した書き方だった。

「今度、サーバを移転することになったのですが、それに合わせて、少しサイトも、掲示板も、手を入れようかと思っています。でも、知識がないので、もしも、お時間がありましたら、vet君の手を貸していただけないでしょうか?」

というもの。

つまり、直樹のサイトが、それを置いているサーバの移転に伴って、リニューアルしたいから、手伝ってくれないか?ということ。

レンタルのブログも普及してきた頃だったのだが、まだまだ環境が整っているわけではなく、SMサイト(アダルトサイト)であるだけで、お金がかかったり、また、大量の高画質の画像データなんかは容量的に置けなかったりしたので、ブログではなく、従来の形のホームページを、自前で作る人が、その頃はまだ多かった。

今でこそ、ブログに動画を置くことも普通だから、写真なんかを置く場所はいくらでも見つかるが、あの頃は、少し転送量が多かったりすると、すぐに出て行けと言われたりしたのだ。

さらにレンタルの掲示板もあったのだが、それも、アダルトはお断りというところが、多く、気に入ったものとなると、自前で用意するほうが良かった。

でも、掲示板も設置するとなると、やっぱりそれなりに知識がないと出来ないことでもあった。

私は、幸いというか、なんというか、仕事がIT絡みなので、前々から、直樹に、ちょくちょく、そういう相談をされて、手伝っていたので、この時も、同じ感じで頼まれたということだ。

仕事で個人のホームページを作るようなことは無いのだが、知識はあったから。

主従関係もなくなり、掲示板からも離れた私だったが、その程度の事なら、やってもいいと思ったので、承諾した旨のメールを返した。

そうしたら、直樹は、とても喜んでくれて、

「今度、飲みながら、話をしましょう」

ということになった。

テーマ:SM - ジャンル:アダルト


なにスルーしてんの?うけるわwww
従順なバカ女としか話せんのか?
[2013/01/13 09:32] URL | アホ化 [ 編集 ]
金田一
「金田一」つったら金田一少年しか思いつかないアホがいるな。
金田一京助か金田一春彦のことだろwww
[2013/01/16 12:26] URL | 通りすがり [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2013/01/16 17:19] | [ 編集 ]

>アホ化さん
確かに、あちらのエントリーのお返事で、言及しませんでしたので、無視したことになってしまったのは、申し訳なく思いますが、読まなかったわけではないのです。お返事することを躊躇しただけでして。まあ、お返事に書かなければ、伝わらないので、同じことなのですが…。

アホ化さんは、すぐに反応してくださっているので、納得しておられないと思いますので、あまり気は進みませんが、お返事を書かなかった理由を書きます。

私がブログに書いている、ああいう一言というのは、文章のちょっとしたアクセントなのですね。意味がわかった方は、少しニッコリしてくださればいいかなという感じのものですので、それを後から説明するのも、無粋だろうな、という気持ちです。

なんというか、芸人さんが、自分のギャグを後から説明するのが虚しいのと同じでしょうか。

nさんと、通りすがりさんが、ご指摘くださったように、私が書いたのは、国語辞典なんかに、監修などで、名前があると思いますが、金田一という何人かの学者の方々を指しております。アホ化さんが、言われている探偵は、金田一耕助や、若い方なら、金田一少年になるのかもしれませんが、私が書いたのは、そういう架空の人物のことではありません。

と、こういう説明をすると、なんだか、寂しいじゃないですか。だから、あまり気が進まないので、言及しなかったのです。

それから、私がどんな女性と話すかは、ご想像におまかせします。それはどう思われても構いません。でも、一つだけ。アホ化さんが書いているのは、奴隷やM女性、そして気が弱かったり、自己主張があまりできなかったりする女性のことを指しているのだと思いますが、そういう女性が、馬鹿だという主張を私は絶対に認めない。私がアホ化さんに言いたいのは、どちらかと言えばこっちの方ですね。


と、なんだか色々と書いてしまいました。こういう場合、ごく短く返すか、スルーするか、コメント自体を削除するのが、最善なのでしょうけれども、私の性格上、一応一回は説明しておきます。


>通りすがりさん
最近の方にとっては、そのほうが有名なのでしょうね。なんだか、私が古臭い人間になったかのように思ってしまいました。
私の意図は、おっしゃるとおりです。わかってくださって非常に嬉しいです。
そして、ご指摘、ありがとうございます。


>2013/01/16 17:19にコメントくださった、匿名希望さん
はじめまして。私のblogを読んで下さって、またご心配をいただきまして、ありがとうございます。本当に、そういうふうに思っていただけるのは、とても有り難く、なんとお礼を言っていいのかわかりません。
すごく嬉しかったです。

ご提案の件、ありがとうございます。実は考えたことはあるのですが、このblogの更新頻度を見ていただいてもわかりますように、私がblogのことをいろいろとやれる時間というのは、仕事が忙しかったりすると、限られてしまいまして、自分のblogなのに、1週間も見られないとか、そういうこともたまにあるのです。そうなりますと、せっかく書いてくださった方のコメントが、1週間も出てこないことになってしまいます。やっぱり、コメントしてくださった方は、不安に思われると思うのです。自分のコメントがいつまでも表示されないと。悪いことを書いたのではないか?とおもわれる方もいらっしゃるかと思います。毎日blogをいじれるなら、そうしてもいいのですが、現状ではちょっと難しいかなと思っております。
なので、後から、対処ということにしております。こういうことがあるのも、blogでのコミュニケーションの一つだと思うようにしております。
でも、私のblogについて、そのように気にしてくださって、嬉しかったです。ありがとうございます。
[2013/01/17 21:59] URL | vet [ 編集 ]

コメントさせて頂きます。
3人めのお話、割りと純粋に物語として楽しみにしています。

金田一少年しか知りません(22歳)…
[2013/01/18 00:36] URL | 睡蓮 [ 編集 ]

>睡蓮さん
コメント、ありがとうございます。

私にとっては、過去に身に起こった出来事ではあるのですが、物語としてでも、楽しみに読んでいただけるのであれば、本当に嬉しく思います。
私は、書きながら色々な想いが出てきてしまってなかなか進まないのではありますが、ゆっくりお付き合いいただければ幸いです。

やっぱり、若い方は金田一少年なのですね。私も30代のはずなのですが、世代を感じてしまいます(笑)。今度、本屋さんにでも行った時に、国語辞典のコーナーを見てみてください。何冊かあれば、背表紙に、きっと金田一って書いてありますので。
アホ化さんへのお返事でも書きましたが、私が文章の中に書く、ああいう部分というのは、文章のちょっとしたアクセントであって、本題ではないですので、わかれば、クスっと笑っていただいて、わからなければ、適度に流していただければと思います。
[2013/01/20 00:53] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。