理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン


今回は、奴隷を、ただ単に、道具として使うという話。


私は、限りなく下戸に近いくせに、酒が好きだ。

前にも書いたような気がするが、中でも、日本酒が好きなのだが、あまり飲めない。

種類にもよるが、おちょこ数杯で、ふらっとくることもあるし、更に飲むと、いつ寝てもおかしくない状態になる。

酒で迷惑をかけるのは嫌なので、外で飲むときには、寝ない程度にするが、自分の部屋や、奴隷の部屋、ホテルなど、そのまま寝ても大丈夫なところ、またそういう相手との時には、寝るまで飲んでしまうこともあった。

そんな私なのだが、やってみたい調教があった。

それは、奴隷を、テーブルにして、その上に酒をおいて、飲むというもの。

奴隷をテーブルにするというので、思い当たると思うのは、多分、奴隷を四つん這いにして、その背中をテーブルにするというものだと思う。

また、小さなテーブルに、奴隷を被せるようにして、そのまま、四肢をテーブルの足に縛り付けるというのもある。

どちらでもいいのだが。

これは、確かにそれっぽい。

”奴隷テーブル”が出来上がる。

欧米のSMなんかで、多く見かけるような気がするが、気のせいか。

日本のSMブログを見ていても、個人でやっている人というのは、いらっしゃる。

だから、そんなに珍しい調教でもない。

調教としては、奴隷が物として扱われること、御主人様の好きに使われていることへの、屈辱感、そして、奴隷としての満足感、という辺りを刺激する種類のものになる。

それを考えても、特別な調教ではない。

やりたければ、普通にやるもの。

だが、私にとって、これには、重大な欠点があるのだ。

それは、日本酒を飲むには、どうも合わないということだ。

椅子に座って、テーブルで日本酒っていうのは、風情が無い気がする。

テーブルには、ブランデーや、ワインなど、グラスに入れるタイプの酒が、似合いそうだ。

やっぱり、日本酒を飲むときには、畳の座敷にあぐらをかいて、お膳で飲みたい。

こちらのサイトにある写真の様なイメージ(内容は全くSMと関係ない、むしろとても穏やかな団欒の風景のサイトなので、コッソリ見るように)。

もちろん、普通に飲み屋に行くと、大抵は、カウンターやテーブルや座卓だし、部屋で飲む時だって、お膳なんて無いから、普段は、やっぱりテーブルだ。

私は、気分が向けば、お盆に、おちょこと徳利を乗せて、床に置いてちびちび飲みながら、まどろんだりするが、やってもその程度。

だが、わざわざ奴隷でそれをやるのに、変な妥協はしたくない。

これが、調教の雰囲気を大切にしたい私のこだわりでもある。

日本酒を飲むのだから、欧米っぽくやるのではなく、あくまで和風にやりたい。

奴隷は、裸でもいいが、襦袢なんかを、ちょっとまとわせたりしてみる。

そして、なにより、奴隷をテーブルではなく、もっと低い、お膳にしたいのだ。

でも、そこまで考えた時に、やっぱり、重大な欠点に気がついた。

それは、奴隷を、テーブルにさせるなら、縛る必要はない。

首輪くらいは付けさせておいて、四つん這いで、「そのまま動くな」と命令すればそれでいい。

だが、奴隷をお膳にするなら、やっぱり、腕や足を縛って、平べったい状態にしておく必要がある。

ただ単に、寝ているということでは、奴隷になにも耐えさせていないから、どうにも駄目だ。やっぱり、縛ってその痛みに耐えながら、お膳の状態にしておきたい。

でも、奴隷を縛って、私が酒を飲むのはよろしくない。

私が酔って寝てしまったら、奴隷の様子を見ることができないからだ。

緊縛などをしていないなら、いい。

奴隷が自由に動けて、何か問題があっても自分で対処できる状態なら、私が寝ても構わないが、緊縛というリスクのある状態にしたまま、奴隷の対処能力を奪ったまま、私が奴隷のことを見られなくなるのは、まずい(と思いつつ、縛ったまま、つい寝てしまったことはあるのだが…)。

だったら、縛らずに、ただ寝かせてやるか。手足をたたんだ状態でいさせるか。

とも思ったが、それなら、やる意味があまり感じられない。

私は、酒を飲みたいのではない。

いや、飲みたいことは飲みたいのだが、奴隷がお膳として使われる屈辱や、辛い姿勢や縄の痛みに耐えていることを酒の肴にして飲むことが目的。

ただの酒を置くための道具として奴隷を使いたいのだ。

だが、緊縛の最中にアルコールを飲むことは私はしない。

だから、ジレンマ。

私は、奴隷をお膳にして日本酒を飲むということを、かなり考えたのだが、何度考えても、このジレンマに陥る。

私が2人居て、片方が飲んで、片方が、奴隷を見ていればいいとか、すでに妄想の域に入ることを考えたことまである。

とにかく、これがやりたくて仕方がなかった。

その代わりに、奴隷をテーブル(四つん這い)にして、別の酒を飲んだことはある。

それはそれで面白かったのだが、やっぱり、私が一番好きな日本酒でやりたい。

お膳っぽくやりたい。

なんというか、悪代官と、悪徳商人が、座敷で、悪巧みをしながら、酒を酌み交わす、みたいなイメージなのだ。

「お主も悪よのう」

なんて言っている目の前に、奴隷が縛られ、お膳にされて、まったく構われてもいない。眼中にも入らない。悪巧みしていて、そのバレてはいけない会話を聞いているのに、そんなこと気にもされない。

なんて、非常に楽しく、ワクワクする光景だと思う。

それに近いことをしたかったのだ。


でも、これは、結局、ちゃんとした形では、実現しなかった。

縛らずに、うつ伏せに寝かせるだけでやってみたことはある。

でも、私は、奴隷の背中にサンオイルを塗っているような気分だった…。

また、同じく縛らずに、手足をたたんで、平べったい姿勢のままでいろと命じて、その上で飲んだこともある。これは、サンオイル感は、あまりないから、まだ良かった。

失敗ではないのだが、縛ってないのは、なんだか、妥協しているようで、私自身がいまいち乗れなかった。

だから、私が本当にやりたい方法では、やれずじまいだ。

それが悔しいところだが、次に奴隷ができたとしても、酔って寝てしまう私には、これはずっと、夢なのだろうなと思う。

まあ、首輪姿の奴隷に酌をさせて、なんの遠慮もなく、飲みたいように飲んで、そのまま奴隷の膝で寝てしまうのも、私としては、非常に心地よく、悪くない飲み方ではあるのだが…。

それでも、やっぱり、”奴隷お膳”で、ゆっくり酒を呑むのは、いつか、やってみたいことの一つだ。


ちなみに。

奴隷の背中に酒の入った容器を置くのはかなり大変なので、倒れるのは覚悟しないといけない。

しかも、冷たい容器を置くと、びっくりして、背中が揺れるので、それを我慢させるように躾けてからやらないと、確実に、奴隷はこぼす。

なので、お盆などを置いてからのほうが、楽。

直に置けるようにするのは、結構高度な調教かもしれない。

でも、こぼしたことを必死で謝る奴隷の背筋を流れる酒は、風情があって、それそれでいいものでもある。

テーマ:SM - ジャンル:アダルト

私好みは、ちゃぶ台に仰向け縛り
お久しぶりです。
読んでいてにんまりしてしまいました。
花結びで手を縛っておいて
縄の一端をタイマーで動き始めるルンバみたいなものに
括り付けておいたらなんて、一緒に考えてしまいました(笑)。
[2013/01/20 13:13] URL | 微笑 [ 編集 ]
私の場合
こんばんは。
私はたまに、灰皿おきにされます。
四つんばいでご奉仕しているそのまま、背中に灰皿を置かれるのですが
私の背中の一番使いやすそうなところを知ってるのは主だけなんだなぁ、なんて変なところでしみじみ思ってしまいます。
幸いまだ、灰をこぼしたことはなく済んでます(笑)
[2013/01/23 23:56] URL | ユキ [ 編集 ]

>微笑さん
お久しぶりです。コメント、ありがとうございます。
微笑さんは、ちゃぶ台に仰向け縛りですか。
それも、楽しいですね。仰向けか?うつ伏せか?で、面白さも違ってきますね。
仰向けにすると、耐えている奴隷の表情が見えたりして、それはそれで、楽しいですよね。

タイマーで縄が解けるようにするというのは、確かに一つの案ではありますね。
たぶん、私がそれをやるとすれば、100%、ちゃんと解けるかどうかを、もう何回も何回も、実験してからになりそうです(笑)
それでも、方法としては、良いかもしれませんね。
書いてみて良かったです。


>ユキさん
ユキさんは灰皿おきですか。それも、喫煙される方なら、かなり楽しそうですね。私は吸わないのでやったことがないのですが。

背中の使いやすそうな場所って、確かにあるんですよね。私の奴隷でも、置けるところと置けない(使いにくい、必ず倒れる)場所って、ありまして、それはわかります。
奴隷の側としては、そういうことを思っていたのかもしれませんね。
だとすれば、私もその場所を見つけられたことは、光栄ですね。

[2013/01/26 21:58] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報