理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン


脱がす話、といっても、私が奴隷の服を、自らの手で、脱がせてやる、という話ではない。

奴隷が私の前で服を脱ぐときの、私の妙なこだわりについての話。


私が、奴隷の服を脱がせてやることは、あまりしたことがない。

全然しなかったわけでもないのだが、大抵は、「脱げ」と命じて自分で脱がせるか、何も言わなくても、調教が始まることがわかれば、「私の裸を見てください」といって、奴隷が自発的に脱ぐという感じだ。

また、見られているのを感じながら、服を脱ぎ、きちんと畳んで横に置き、正座して、私に頭を下げる。

調教前の奴隷の、こういう一連の動作というのは、結構好きなものでもある。

普通のセックスなら、男も女も同じようなタイミングで服を脱ぐことが多いのだろうと思うのだが、SMの場合には、というか、私の場合には、奴隷だけが服を脱ぎ、私が服を着ている、ということが、圧倒的に多かった。

私と奴隷が同じタイミングで服を脱いだことも少ないし、奴隷が服を着ていて、私だけが脱いでいた記憶というのは、殆ど無い。

奴隷が脱いだ後で、私も、肌を合わせようと思えば、脱ぐのだが、それは当然ながら私のタイミングになる。

奴隷だけが裸の時間というのは、かなり長い。

こういう部分、奴隷が服を着ることを許されず、私は服を着ているという状態だけでも、主と従の関係を表す効果はあると思う。

だから、私はこういう時間をとった、ということなのかもしれない。

あまり、意識していた感じでもないのだが、いつのまにかそれでいいと思っていたし、そうしていた。

奴隷には服を着る自由もない。

主従関係においては普通のことだろうと、私は思っていた。

そんな、奴隷の服なのだが、その脱ぎ方に、私は、妙なこだわりがある。

そして、それは、私が中学生の頃から思っていたことだ。

そのころは、”奴隷”という意味ではなく、”女性”という意味ではあったのだが。


中学生のときに思っていたことを、まずは、そのままに書く。

それは、「半裸になるなら、男女で、上半身と下半身のどちらにするべきか?」という疑問だ。

そして、それには、私なりの答えがあった。

男は、上半身だ。

そして、女は下半身だ。

そうじゃないなら、全裸だ。それなら、男女ともに許す。

ということ。

私の中では、これで決まっていた。誰がなんといっても、絶対に譲れない。

男のプライドにかけて譲れない。

この程度のことにかけてしまえる、安いプライドで、恥ずかしいのだが…。

こういう考えを持っていた。


具体的に書けば、男が、格闘技などでも見られるように、上半身裸で、下半身にズボンを履いているのは許せる。

でも、露出狂などが、上半身に何かを着たまま、下半身だけを露出するのは許せない。

まあ、露出狂自体を許しているわけではないのだが…。

とりあえず、そういうことだ。

男なら、どちらかを脱ぐなら上半身にしておいてくれと思う。

逆に。

女が、上半身に何かつけたまま、下半身だけ脱いでいる状態というのは、構わない。

ブラウスを着たまま、スカートなんかを脱ぐのはいい。

でも、下半身に何か着たまま、上半身が裸になるというのが、どうも駄目だ。

要するにスカートを履いたまま、ブラウスを脱ぐな、ということだ。

私がこんなことにこだわっている意味がわかるだろうか?

私も意味が分からない。

でも、そう思うのだから仕方が無い。

これは私の中での、決定事項だ。


そして、奴隷を持った後。

例えば、奴隷にフェラチオをさせる時、私はペニスを露出するわけだが、その時、ズボンとパンツを脱いで、上に着ているシャツなどがそのままというのが、なんとなく、嫌なのだ。

もちろん、調教の流れ上、そういうことになってしまった場合もあるのだが、下半身を脱いだら、上半身も脱いでしまいたいと思う。

だから、ズボンを脱いでしまわずに、前だけをあけて、そこからペニスを出し、フェラをさせたことも多い。

これなら、ズボンを脱いでいないので、私としては納得する。

と、私のことはどうでもいいのだ。


奴隷の話。

奴隷が服を脱ぐ時、上半身から脱ぎ始めるのが、とにかく嫌だ。

脱ぐなら、下半身から脱げと思うし、そういう風に躾ける。

でも、女というのは、黙っていると、上半身から脱ぐことが多いように思う。

下半身から脱ぎ始めたとしても、最後、下着だけになった場合、ほぼ確実に、ブラを先に外す。

露出するのが恥ずかしい部分ということで、胸と性器でいえば、性器の方だろうと思われるから、そうなるのは、わかるのだが、私は、性器の方を先に晒せと思っていた。

下半身を脱いでしまえば、上半身を脱がなくても別に良かったりもする。

AVなんかを見ていても思うのだ。

上半身は脱がせるのに、下半身はスカートを捲り上げた状態で、セックスしているものなど、あるのだが、あれが私は駄目だ。

スカートも取るか、逆に、上半身に何か着せろと思ったりする。

まあ、大抵は、そこで見るのをやめるが…。

それで、このこだわりは、SMにも、少し影響がある。

縄をかけるときもそうなのだ。

上半身と下半身、どちらに多く縄をかけたか?というと、私は圧倒的に上半身だ。

足を縛ることももちろんあったが、上半身に比べれば、多くない。

両方を縛るときも、上半身から縛り始める事が多い。

唯一、股縄のみということは、それなりにあったのだが、そのくらいだ。

そもそも、上半身のほうが、縛りやすいとか、色々と面白い事ができるとか、そういう事情もあるし、多分、私に限らず殆どの人が上半身を縛ることが多いだろうと思うのだが、

私の場合には、このこだわりから来ている部分もあったのだと思う。


と、こんな私が御主人様だから、躾けた後の私の奴隷は、下半身から服を脱ぐようになる。

私が椅子に座り、奴隷を部屋の向こう側に立たせて、

「脱げ」

と命じると、奴隷は、一番最初にスカートに手をかける。

奴隷になった当初は、だいたい、上に着ているブラウスなどから脱いでいたのに。

この部分でも、しっかり私の色に染めることになる。


こんな妙なこだわりが、中学時代からあるのだが、実はこの話を誰かとしたことがあまりなかった。

なかなか言えなかった。

中学時代に、すでに思っていたのだから、友達同士の、エロ話で、言っても良さそうなのだが、私はシャイ(といっては、本物のシャイな人に怒られる)ではなく、むっつりスケベだったから、こんな話を友達としたことがない。

大人になってからも、SMでの知り合いなどに、話したことはあるのだが、「え?なんで?」と首を傾げられることが多く、他の人はあまりこだわりがないのだなと思って、いつしか言わなくなった。

だから、ちゃんと知っているのは、そんな風に脱げと躾けた私の奴隷くらいなものだった。

私自身、なぜそういう脱ぎ方がいいのか?がいまいちよくわかっていなかったから、なかなか、説明しずらいということもある。

だから、私の中でずっと秘めてきた(というほど隠していたのではないのだが、言う機会がなかった)ことなのだ。

だが、去年、ブログにメールしてくださったことが縁で、函館にいらして、お会いした、ある方とお話をさせていただいたとき、話の流れから、何気なく私のこのこだわりのことを言ったら、意気投合してくださって、すごく嬉しかった。

たまには話してみるものだと思った。その方にはこれを理解していただけただけで、すでに良い友達になれた。と、私の側は勝手に思っている。


あまり話をしたことがないから分からないが、脱ぐ順番、また、脱がせる順番にこだわりがあったりするだろうか?

それとも、癖としてはあるとは思うが、特に気にせず、どうでもいいことなのだろうか?

それをちょっと伺ってみたいなと思った。

テーマ:まにあっく - ジャンル:アダルト

はじめまして~
私は上からです。何も考えず。
あ、でも、男性が下だけ脱いでるのはカッコ悪いかも。
中学のvetさんとお話してみたいですw
[2013/01/27 00:58] URL | momo [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2013/01/27 09:28] | [ 編集 ]
上下
今回のエントリも興味深く読ませて頂きました。
上半身下半身の露出に関してはvetさまと全く同じ意見です
何故だろうか…とやはり私も考え込みました
そして小一時間考えたところで、自分なりの結論に達することができました

女性が上半身だけをはだけている状態は、授乳を連想させるのです
SM行為にどうしてもつきまとう背徳感とはほぼ真逆に位置する
明るく神々しく慈愛に満ちた授乳という女性の行為
これを犯してしまうのはどこかで人間としての本能が拒否反応を
示してしまうのだと思います
[2013/01/27 11:38] URL | 七海 [ 編集 ]
はじめまして
私も同じ意見です。
マゾ豚所有していますが、下から脱がすようにしています。
まあ、尻をスパンするので必然的にそうなりますが。
毎回楽しみにしています。
では失礼します。
[2013/01/27 20:58] URL | 夜化 [ 編集 ]
仕方なく上からです
例えば温泉に行ったり、相手と2人っきりの時だったりは。
けれども実は下半身からの方が抵抗ないですね。
上半身から脱いで何が嫌かというと、ない胸を見られてしまう時間が長いこと。

自宅にひとりでいる時に少し長めのトップスを着ていたりすると、
下着を身に着けているだけでスカートやパンツを履くことすら忘れます。
相手がいる時だったら・・・叩かれたり触れられたり、期待感でいっぱいになります。
[2013/01/28 14:31] URL | あかり [ 編集 ]

お久しぶりです。

男については賛成ですね。

女については…私は上か下かについてのこだわりはあまりないです。
たとえば乳房だけ出ている状態も、奴隷的と言えば奴隷的なような気もします。

中学時代といえば、ロートレックの「化粧する女」(Rousse (La Toilette))という
絵が大好きだったのですが、高い目線から座った女の背後から描かれています。
その女は確か娼婦で下は布をまいた半裸状態なのですが、脱がせ、ポーズを指示し、
描く画家の目線というのは幾分S的ともいえますね。

ただ、乳房(だけ)が出ている状態というのはなんとなく強い女の印象もあるかなと
ふと思いました。絵画で例をあげてみましょう。

・聖母像 …キリストへの授乳は勿論、聖ベルナールには母乳を噴射したりもします
 (Alfonso Cano, Vision of St. Bernard)

・女神ヘラ …ヘラクレスを半無敵にすべくゼウスが(恐妻ヘラの)乳をこっそり飲ませた
(Rubens, Birth of the Milky Way)

・自由の女神(マリアンヌ)
(ドラクロワ「民衆を導く自由の女神」 )

・やまんば(喜多川歌麿「山姥と金太郎 乳呑み」)


まあ、歌麿は春画においては着衣で性器丸出しはよく描いてましたし、
古い時代の絵画となると、着衣のまま性器だけ出てるようなものは
描きたくても出来なかったのですけどね…長々と失礼しました(笑
[2013/01/29 00:52] URL | rainforest [ 編集 ]

>momoさん
はじめまして。エントリー読んで下さってありがとうございます。
momoさんは、女性の方ですかね?違ったらすみません。

やっぱり、普通に上から脱ぎますか。そうですよね。
男性の件は賛同いただき、光栄です。
中学の頃の私って、話をしても、面白くないかもしれませんよ(笑)


>2013/01/27 09:28にコメントくださった匿名希望さんへ
そうなのですか。
奴隷にも、色々な思いが出てくるものですね。
私のときもそうでした。
そして、長く一緒に居ると、別れるのはきつくなりますよね。
私のブログはそういう話ばかりですが、終わりは難しいなと今でも、つくづく思います。
最後に、私にできることというのは、なかなかなかったですので。
おっしゃっておられること、本当に、同感です。


>七海さん
私には理由がわからないので、ちょっと皆さんのご意見も伺ってみたいと思って書いたエントリーでもありますので、ありがとうございます。
授乳を連想させるということですか。
たしかに、そういう雰囲気を感じてしまうと、SM的なことをするのは、精神的に難しくなりそうですよね。
私が、奴隷が服を脱ぐときにそういうことを思っていたという、明確な意識はありませんでしたが、もしかしたら、無意識にそういうことを思って、嫌だったのかもしれませんね。
納得できそうな理由が一つわかって、うれしいです。


>夜化さん
はじめまして。ブログ読んでくださってありがとうございます。
同じように考えておられて、さらに、奴隷を同じように躾けておられるとのことで、私だけではないのですね。
調教の内容によってそういことになる、というのも、確かにありますね。
そちらからの事情というのも、SMの場合には出てきますよね。


>あかりさん
女性は、下から脱ぐほうが抵抗感があるのだろうと思っていたのですが、決め付けるのはよくなかったですね。
自分の体で気にするところがあると、そういう風に考えるということですか…。
私も、自分にコンプレックスがあると、それをなんとか隠せないかと思いますから、そういう心理は誰でもが持っているものなのでしょうね。

一人でいるときは、そんな感じなのですか。
足を出していることというのは、特に気にならないのですね。
私は足が出ているとなんだか落ち着かないので、短いズボンもあまり履かないんですよ。
そういう、部分からも、こういう風な考え方につながるのかもしれないなと思いました。


>rainforestさん
お久しぶりです。

男については、rainforestさんも、ですか。結構、賛同が多くてうれしい限りです。

女については、こだわりは無いのですね。

視線の位置というのは、私も考えることかもしれないです。
やはり、上から見下ろす感じが、しっくり来るというか、私として、安心できるポジションだったようにも思います。
そういう風に見るなら、上だけ脱いでいても良かったのでしょうかね。
私は、奴隷が脱ぐときに、立って脱いでいるのを、椅子に座って見ていることが多かったので、見上げる視線としての感想ということもあるのかもしれませんね。

それから、絵画の例をありがとうございます。
七海さんも書いてくださっていましたが、乳房(だけ)が出ているというのは、授乳を連想されることから、女よりも、母の強さの印象が出てくるのでしょうかね。

あげてくださった絵は、確かに強い女性のイメージ、ありますね。
そういうことを強調する意味で、乳房を露出して書かれたということでもあるのかもしれませんね。

こういう絵画のお話になるとは思っていませんでしたので、とても面白いお話でした。

[2013/02/01 22:59] URL | vet [ 編集 ]

いわれてみれば、全裸より下半身だけ露わになっているほうが、いやらしい気がします。
でも上半身だけ脱いでいるのは、脱ぐ途中、という感じしかしないかも。

おっぱい星人の方々は、この限りでは無いと思いますが(笑)
[2013/02/09 16:52] URL | めい [ 編集 ]

>めいさん
私も、女性の場合には、全裸よりも、上に来ている方が、好きかもしれません。
下が隠せないことが、強調されるような気がします。

おっぱい星人の方は、確かに、上のほうが重要かもしれませんね。それは、盲点でした。そういう考え方もありますよね。
私は、女性の胸は、もちろん、嫌いではないのですが、おっぱい星よりは、遠いところに住んでいる気がするので、そういうこだわりで考えたことは無かったです。
やっぱり、どちらを先にするか?というのは、人によるのでしょうね。
[2013/02/09 21:26] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報