理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン

奴隷の一生懸命な姿は、とても可愛いなと思っていたし、印象にも残っている。

それが、迷っているところでも、なんだか混乱しているところでも、私の思ったことと違うことをしていても、たとえ、怒っているところであっても。

一生懸命に気持ちをぶつけるから、SM(主従)は成立するのだと思う。

前に、雰囲気の話を書いたが、SM(主従)を成す”御主人様”と”奴隷”という存在は、普段の世界にはないものだ。

だから、どちらもそれに、一生懸命にならないと、多分、白けるのだと思う。

SMをやる雰囲気というのは、なかなか出来上がらないだろう。

とはいっても、御主人様の側は、一生懸命であることを、あまり出したがらないだろうし、それを奴隷に悟られるのは多分嫌だと思うから、

「仕方ないから、飼ってやる」「片手間に、使ってやる」的な雰囲気を纏っている人も多いと思うが、それでも、そういう雰囲気を出している時点で、

自分の中にあるイメージの御主人様っぽく居ようとしているのだから、一生懸命なのだと思う。

私も、こういうタイプで、必死なくせに、それを奴隷に悟られるのが絶対に嫌、という、変なプライドがあるので、奴隷の前では、余裕がある、フリをしていることがよくあった。

御主人様の中には、本当に余裕がある人もたくさんいるだろうし、本気で、「仕方ないから、飼ってやっている」なんて人も居るのだろうが、

私はそういうことは多分できないし、おそらくこれからもそんな心境にはならない気がする。

私は、奴隷の前では、かなり必死だった。

もしも、また奴隷ができたとしても、やっぱり一生懸命に御主人様をするのだと思う。

そして、それを隠そうとするのだと思う。

きっとそれが楽しいし、そうするから、自分の素の部分を出していけるのだとも思う。

私が、SM(主従)に臨む時の心境の一つ。


奴隷の側もそうであって欲しいと思っていた。

もちろん、奴隷側は、一生懸命さを隠す、というのはしなくていい。

むしろ、ひたすらに一生懸命な姿を見せて欲しい。

余裕な雰囲気の奴隷というのは、それが本当に余裕であれ、それを装っているのであれ、なんとなく、私は違和感を持つ気がする。

また、奴隷に余裕など与えたくないとも思う。


初心者奴隷の方や、奴隷未経験のM女性に、いただくご質問で、「御主人様への接し方がわからない」「奴隷になったら何をすればいいのかわからない」「ちゃんとできるかどうか、心配」という感じのものは多く、それに私は個々にお返事を書いているけれども、

結局は、「一生懸命に自分の思ったことをして、必死で御主人様についていく」ということで、いいのだと思う。

「奴隷らしくする」とか、「奴隷として…」とか、そういうものっていうのは、大抵が、”御主人様の思っている奴隷らしさ”なのだから、御主人様が違えば、それも変わってくる。

なんとなく、大抵の人に認知されている奴隷像というのは、無くはないと思うが、それにしても、奴隷初心者が、奴隷として躾けて貰う前に、完璧にできるほうが、珍しいと思う。

最初は失敗したり、御主人様の命令の意図とは違うことになるのが、当たり前だ。

でも、それでいい。

御主人様側としては、それに対して、罰を与えるだけだから。

少なくとも私は、一生懸命な奴隷が何かができなかったとしても、徹底して罰は与えても、見放す気はなかった。

その罰を受けたくないなら別だが、それをも受けることを覚悟しているから、奴隷なのだろう。

むしろ罰を受けたい。

罰を受けることに奴隷としての嬉しさがある。そういう想いも持ってしまう。そんなことを奴隷から感じていたように思う。


奴隷になったら、一生懸命に奴隷をやれば、多分それでいい。

例えば、奉仕、フェラチオなんかでもそうだ。

フェラチオが下手だからという理由で、奴隷を捨てるという発想になることは、私はない。

上手いフェラチオが必要なのは、それを職業にしている人くらいだと思う。

仕事なら上手くなければいけない。プロなのだから、プライドを持って誰よりも上手くやってくれと思う。

でも、奴隷の、「手を抜いた上手いフェラチオ」と、「一生懸命だけど下手なフェラチオ」なら、どっちがいいかと聞かれたら、私は後者だ。

フェラチオで、私を射精に導けなければ、罰を与えるだけだし、私が射精したければ、奴隷を使ってどうにでもするのだから。

フェラチオが下手でも、主従関係になんらの問題も発生させることはない。

でも、手を抜いた奉仕をされることほど、屈辱的なことはない。

奴隷が適当にやっているのだとわかった瞬間に、私は冷めると思う。

それに、奴隷のフェラチオが下手なら、責める口実ができるので、むしろ、私は大歓迎だった。

まあ、口実がなくても、その時の気分で責めることには変わりはないのだが…。

でも、私は、ちゃんとした理由があることを好む。

「奴隷が至らないから、罰を与える」

というのは、非常に納得できる話であり、私としては、スッキリ、楽しい。

その楽しさのベースになっているのは、奴隷が一生懸命だということだ。

少なくとも、私は一生懸命な奴隷の姿を、可愛いと思ったし、綺麗だとも、愛おしいとも思った。

奴隷になったばかりの頃、必死で奴隷らしくいようと頑張っていた姿は、それだけで、私を満たしてくれるものだった。

もちろん、時間とともに、私のことを理解して、色々なものが上手くなっていかないと、それはそれで、ため息は出るかもしれないが、

そこに一生懸命な気持ちがちゃんと見えるなら、私は、おそらく、つまらないと思うことはない。

もちろん、至らないことを責める。やっぱり、罰を与えるのだが。


「どんな奴隷が欲しいですか?」なんて、聞かれると、「スカートにパンストが似合う奴隷」とか、答えている私だが、それはそれで、ある意味、重要ではある。

でも、「一生懸命な奴隷」がいいと、あの頃、思っていたのだなと、ふと思った。

また、それは今も思うことだ。

そして、一生懸命な奴隷っていうのは、手放したくないものだな、と思う。

私は、手放してしまったけれども…。


奴隷にとって、いつまでも一生懸命でいられることというのは、とても大きな要素だと思うし、

奴隷が、「この御主人様のためなら、一生懸命に尽くしたい」と思える存在であり続けることが、御主人様にも求められるものなのだと思う。

テーマ:主従関係 - ジャンル:アダルト

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2013/03/06 22:00] | [ 編集 ]

奴隷というものに対する主側の(まさに)本心ということで、
とても共感しました。フェラチオについても、私もよく同じことを言います。
そして、それを教え込むこともまた楽しいことです。
M性を持つ女のそういう姿勢に触れたことのある男が、主としての振る舞いを
洗練したいと思うのはもう当然かと(そういう話、言えないです…)。

ただたとえば、奴隷の懸命さというのは、普通に放っておくと多かれ少なかれ
希釈されてしまう部分もあります。慣れという部分と、上達してしまう部分が
あるからです。上達というより、成熟と言ってもいいかも知れません。

性的要素が主従の繋がりにおいて大きな要素である以上、時間を重ねることの
いい部分と悪い部分の作用というのは軽視できません。だからこそ主従という
要素も必要になるのです。性的興奮だけを考えると、相手を同じではないほうが
いい部分というのもたくさんあります。

奴隷だとか、性的嗜好、などと言っても、相手を大切に思うことになると、
結局は「人と人の関係」というところからは離れられないということです。
だからこそ、SMの仮想的な部分を可能な限り乗り超えて(あるいは包括して)、
強固な信頼関係を育むことを願わずにはいられないのです。
そういう思いを私は抱えています。

繰り返しますが、こういう話、奴隷には出来ません…。
[2013/03/07 05:29] URL | rainforest [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2013/03/09 08:31] | [ 編集 ]

本音を隠して素の部分を出せる、なかなかご主人様も大変だなぁと思いながら^^

『一生懸命』というのは、ご主人様にとっても、実はこちら側にとってもとても大事なことなんですよね。
Mでも奴隷でもなんでもいいけど、わたしを含めこちら側も『一生懸命』でいられることは幸福ですし、いつでもいつまでもそうでありたいと思うものです。
最初の新鮮な時期を過ぎ一生懸命の気持ちが薄れていってしまうことに焦りや不安を感じるのは、もしかしたら、ご主人様側よりも切実かもしれませんね^^
だって、『一生懸命』じゃないと愛されないと思っているから。

でも、最後にvetさんがおっしゃっている通り、一生懸命って、継続するにはやっぱりガソリンが必要です。
それにきっとガソリンにもいろいろな種類があるでしょうから、こちら側は何をいただいたら一生懸命を継続できるか見極めて、それをお伝えできたらいいですよね。

欲しいガソリンがもらえていたら、けっこう長いこと一生懸命でいられると思いますよ^^
[2013/03/09 10:25] URL | りん子 [ 編集 ]
一生懸命の源
こんにちは。いつもお世話になっております。
迷っていたり、混乱していたり、主の思ったことと違うことをしたり、怒っていても、一生懸命な奴隷は可愛いというお話しからの私の考えです。
一生懸命に奴隷がなる理由を考えてみました。
一生懸命で必死な気持ちを奴隷側がぶつけたとします。加えて、主からの責めに必死に反応したとします。
もしもその時に、主側が受け止め下さるのなら、まさにそこから奴隷側は主の一生懸命さを感じます。どうしてかと申しますと、必死な奴隷と主との、温度差がその時になくなっているからです。テンションの違いや、気持ちの温度差(まるで恋愛のような)、気持ちの入れ込み様が違えば、主は受け止めないのではないかな
?と私は思います。むしろ主側は引いてしまうかもしれません。
その瞬間の温度差がなくなったかのような、一体感のような感覚が、私はとても好きです。たとえば、鞭で達したときや、蔑みによって征服され、陥落したときなどのように、責めに私が反応したとします。その反応に主が満足している(ような気配がします)とします。その気配を感じる位に一体感を覚え、温度差がなくなる時間がある、と私は思っています。
もしかしたら、肉体としての絶頂感に対応する、精神的な絶頂感なのかな?と思います。よくセックスの方では「ひとつになれる」という表現を目にしますので…。違ったら本当にお恥ずかしい限りです!

奴隷が一生懸命になる理由の1つには、こんなこともあるのではと考えました。他には主への慕情でしょうか。慕う気持ち、焦がれる気持ちなどもあります。ですが特にSMの主従として一生懸命になる源としては、やはりこの一体感でしょうか。
主側もこう思っていてくれたら何よりなのですが…どうなのでしょうか。
[2013/03/10 23:54] URL | みさき [ 編集 ]
従順な気持ち
vet様
一生懸命な気持ちは、イコール従順な気持ちとなるのかな??
と、感じました。
私を奴隷と決めてくださったのは
「お前の私の対する従順な気持ち」だと
ご主人様はおしゃってくださいました。
主従関係において、はスタイルや見た目などの
判断ではない。従順な気持ちだと。
奴隷にとって一生懸命はとても大事ですね。
いつまでもその気持ち忘れないで
ご主人様の元で育てていただきたいです。
[2013/03/14 12:22] URL | マル [ 編集 ]

>2013/03/06 22:00にコメントくださった匿名希望さん
メールでのお話希望とのことでしたので、メールさせていただきました。また、きちんと届いていたようで、お返事もくださってありがとうございました。
また、メールでのお返事をさせて頂きますね。


>rainforestさん
共感いただけて、嬉しいです。
できるかどうか?というよりも、本気でやろうとする姿勢があるかどうか?なんだなと思います。私もSMを始めた頃には、奴隷というからには、性技がうまくないといけないと思いましたし、逆に御主人様である以上は、そのための技術が必要不可欠だとも思って、私も必死で習得しようとしたものです。縄などは特に頑張っておりました(笑)
でも、結局は、SとMということや、パートナーとしての、気持ちを合わせていく、同じテンションを保つ、ということのためには、お互いに頑張っていないときっとダメで、逆にそうである限り、良好に関係を続けられることが多いと、かなり後になって気が付きました。そんなものですよね。
そして、慣れや上達による、希釈ということは、たしかにありますね。ただ、それが、成熟の方向に行くものであるのか?怠惰や惰性の方向に行くものなのか?というのは、やっぱり、心がけの部分なのだろうと思います。
結局のところ、長い付き合いになると、性的な興奮をもたらすこと、やることのバリエーションというのは、もうなくなってきますから、そういう意味では、新鮮味に頼った、一生懸命さや、そこへの思いだけでは、長続きしないでしょうね。同感です。

こういう言い方は乱暴かもしれませんが、SM行為だけで繋がるなら、やることに飽きたらそこで終わりですが、”奴隷”と言いつつも、人として信頼関係で繋がるなら、行為がどうであろうと、やはり、いつまでもつながっていたいと自然に思うのだと、私も思いますし、せっかく主従関係を持つのなら、そういう関係を目指したいものですね。

もちろん、奴隷にはそんなこと口がせけても、言わないですけれども(笑)
このブログの趣旨に、とても見合ったコメントをありがとうございます。
こういうことに。S男性の方からも、ご賛同いただけるというのは、とても嬉しいことです。


>2013/03/09 08:31にコメントくださった匿名希望さんへ
お久しぶりです。また、話しかけてくださってありがとうございます。

別れの話は、なかなか書けないですね。美佳の話は別の意味でブログにして公開するのが、難しいということもあるのですが。いずれ、なんとかしたいとは思っておりますので、気長に見ていただけると嬉しいです。

ご結婚とともに、そういうことになったのですね…。
主従ということと、結婚ということ、裏と表、どちらを取るか?と言われた時にどうするのか。なんてことも、私も本当によく考えたことがありますし、たくさんの方から、そういう話は頂きます。
匿名希望さんのように、しっかりと決意し、そのためのことをしっかりする。
それしかないのですが、なかなか私には、その決断が難しいことでもありました。

匿名希望さんのこれからに、幸せがたくさんありますように。


>りん子さん
そうなんですよ。御主人様って大変なんです(笑)
といっても、わざわざ大変にしているのは、私の方かもしれませんが。もう少し、本音を出したとしても、奴隷は私に幻滅しなかったのではないか?というのも、私の中にある一つの疑問です。
奴隷が私に期待したもの、求めたものは何だったのか?ということでもあると思います。もしかしたら、ごちゃごちゃかき回してしまう私を、奴隷は俯瞰して、わかってくれて、心のなかでは、ニヤッとしていたかもしれませんね。それは多分、御主人様的思考としては悔しいのですが、そうであってくれたらきっと幸せですよね。このあたり、矛盾しておりますが(笑)

一生懸命で居るためのガソリン。モチベーションを保つためのなにか?ということですよね。
奴隷(上下の下とか、従者などなど)の側も一生懸命で在り続けたいと思うということ、きっとお互いに、ガソリンはいるのではないでしょうかね。
そして、片方がガソリンを使って、そういう何かをすると、それが、もう片方のガソリンになって、それで動いて、それを見たり、感じたりすると、それが、またガソリンになって…という、循環で、動いているような気がします。どちらが先に点火するか?とか、初動のための大量のガソリン(モチベーション)を、どこから持ってくるか?とか、色々とあると思いますが、そういうのを超えた時に、お互いにガソリンを渡し合うパイプというのが、きっと信頼関係であったり、一緒に居ることの安心感であったり、また何度やっても飽きない、SMや性的な行為であったり、するのかなと思います。
結局、片方が大量にガソリンを持っていて、それを相手に供給し続けることで、関係を成り立たせることもできるのかもしれませんし、最初というのは、お互いが、自分のガソリンを使い捨てる感じで燃やしまくっているのだと思いますが、それには限界があるように思います。
ですから、そういう循環をうまく作ることが、きっと長続きのためには必要なのでしょうね。
私は御主人様の立場から見た、奴隷の一生懸命さについてしかわかりませんが、りん子さん側からも、そういうふうに、燃料がほしいという、お気持ちを伺うとこういう風にも思えます。


>みさきさん
主との一体感ということが、一生懸命さの理由の一つというお話、とても、興味深いです。

例えば、恋人同士ですと、基本的には同等な関係ですから、そこに一体感を求めるという話はとてもわかり易く、それはそうだろうと、納得するところではありますよね。私もそれには、何の異論もなく頷きます。
でも、主従というのは、恋人同士では作らない(としている)主と従の立場の違いというのをあえて作った関係ですから、そこで一体感が生まれるということは、面白いですよね。
そして、みさきさんがおっしゃる感覚は、私もわかります。奴隷が私の責めによって、肉体的、精神的に追い詰められ、それに私のS性が反応し、また奴隷のM性が刺激されているのを感じる時、奴隷にそれをしたことが良かったのだと、はっきりと思える瞬間というのは、あります。
Sの温度と、Mの温度というのは、同じものさしで比較できる温度ではないのかもしれませんが、その温度差が無くなっているなと感じる時っていうのは、私もありましたので。
ですから、SとMという、真逆に快感を求めて進行していくものであるにもかかわらず、それでも、一体感と言うべきものを得られるというのは、面白いですよね。
また、その時の感覚というのは、大きな快感だと私も思いますし、お互いに求めたものなのでしょうね。
到達点というのは、SとMですから、違うのでしょうけれども、到達したという事実が同じということなのかなと私は思います。主や奴隷を到達させたと思い、奴隷は主に到達していただけたと思ったということを、同じように感じられたということでしょうかね。
それが、SMや主従における「ひとつになる」ということの意味かもしれませんね。

慕情と言う話もありますが、私も奴隷がとても好きでしたから、奴隷が行為によって、またその他の心の動きによって、なにかに到達したということを感じられたなら、それはとても嬉しいことですよ。
ただ、嬉しいとは、奴隷にはあまり言わないのが、私ではありましたが。


>マルさん
一生懸命な気持ち=従順な気持ち
という風にマルさんは感じられたのですね。
私が、このエントリーを書いた意図としては、完全にイコールではないですけれども、御主人様が求めることをやろうとする気持ちですから、かなり近いものだと思います。
ただ、なぜイコールではないと私が思うのか?というのは、完全に従順ということですと、御主人様の命令を素直にきくという意味合いが入ると思うのですね。でも、私が思うには、御主人様が言わなくても、察して、御主人様の快感や快適のために、必死で考えて、何かをするというのも、一生懸命さの一つだと思います。
また、そういう部分を可愛いと私は感じておりました。
それをやった時、御主人様の意図とは違うこともある可能性がありますから、従順ということと完全にイコールにはならないこともありますよね。
でも、そういう一生懸命さというのは、御主人様はわかってくださるものだと思います。認めると思います。そして、そうやって御主人様のことを考えて動くということも、広い意味での従順さなのかもしれませんね。

[2013/03/24 17:02] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報