理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とても悩みに悩んで、奴隷になったとしても、やっぱり、悩みというのは、つきないものかもしれない。

主従関係を結ぶ前とは、また別の悩みが、出てくるものだ。

その中でも、かなり深刻なことについて、今回は、書こうと思う。


実際、この悩みを抱えた奴隷は、大きな決断を迫られる事がある。

そういう奴隷の姿を私は、少なからず見る機会があり、話を聞く機会はものすごく多くあった。

このブログを始めてからも、そんな方からのメールは、かなり頂いている。

”主従”ということを、ものすごく考えさせられる話だと思う。


それは、題名の通り。

「他の男に、使われて来い」

奴隷が、御主人様以外の男に、体を見せること、触られること、性処理に使われること、奉仕させられること、調教を受けること。また、御主人様との行為を、ショーのように、見られること。

それも、御主人様の命令で…。


御主人様の命令には従う、従いたいと思う、というのが、奴隷の基本的な姿勢なのだろうし、そうすることで、奴隷はM性を満たされる。

だが、この類の命令は、難しい。

それに耐えられない、怖い、どうしても嫌だ。そう思う奴隷は多いようだ。

でも、それを御主人様は望んでいる。

そんな命令を実際に出してくる。

御主人様と待ち合わせをしたら、そこに見知らぬ男がすでにいたりする。

…。


そして、もしもその命令を拒絶したら?

命令をきけない奴隷ということになる。

御主人様に嫌われるかもしれない。

御主人様に捨てられるかもしれない。

御主人様との主従関係は解消したくない。

御主人様に忠実な奴隷で居たい。

御主人様の命令には従いたいし、そうすることで御主人様が興奮し満たされるなら、そうしたい。

そんな想いが、奴隷にはあると思う。


これは、私が御主人様をしていた頃の知り合いでも、悩んでいる奴隷は何人もいた。


こういうことを、”貸し出し”と呼ぶ人も言れば、”公衆便所”と言っていた人もいる。

パートナーを取り替える場合には、”スワッピング”、行為を見せることを、”鑑賞会”なんて言ったりする。

他にも言い方というか、隠語めいたものは色々あるが、代表的なものはこんな感じか。

そういう調教、というかプレイが、存在する。

とりあえず、このエントリーでは、統一して、”貸し出し”と書くことにする。

そして、主従関係に限らず、自分のパートナーの貸し出しをやりたいと思う男というのが、一定数、存在することは確かだ。

ノーマルな中にも居る。自分の恋人や妻を他人に、セックスのために貸し出す欲求がある。

そういう欲求がある時点でノーマルじゃないだろう、と思うかもしれないが、SM嗜好が無いという意味で、ノーマルと書いている。

さらに、御主人様の中には、貸し出しをしたいと思う人の割合が高いのは、確かだと私は思う。



私が話をしたり、見た限り、また、Sとして推察する御主人様の、貸し出しをやりたいと思う、心理は、幾つかある。


まず、自分の奴隷が他人に犯されている場面に興奮するという、性癖を持っている人がいる。

自分の愛する相手の性行為を客観的視点から見たい、ということなのではないか?と私は推察している。

AV女優にも好みがあると思うし、好きな女優のAVしか見ない人も居るだろう。

それと同じで、一番好きな人が出演しているAVを見ているような心理なのではないか?と思ったりもするのだが、私にはその性癖はないので、実際のところは良くわからない。

とにかく、そういう性癖を持っている男というのが居る。

なぜ、そういう”性癖”だと思うのか?といえば、他人が自分のパートナーを抱いている横で、ものすごく興奮し、周りの目も気にせずに、自慰をしている人を見たことがあるからだ。

これは、そういう性癖だと言えると私は思った。


また、S性の一つとして、奴隷が必死で嫌がる精神の限界領域をみたい。

精神が切れそうなくらいの状況に、必死で耐えている奴隷を見たい。そんな欲求。

肉体的に追い詰めるのと同様、精神的に追い詰めることの一つ。

そのために、”貸し出し”が、最も精神的に、奴隷が耐え難いであろうと思えるから、これを選ぶ。

さらには、奴隷が、嫌なことに何処まで耐えられるのか?御主人様の命令ならなんでも実行できる奴隷になったのかどうか?ということで、

奴隷の、奴隷化度や、忠誠心の指標のように思っていて、それを調べるための、方法の一つとしている人もいる。


奴隷の調教具合などを、他人に自慢したいと思っている人もいる。

自分の奴隷はここまで調教されているのだ、こんな性技が使えるのだ、ということを、誰かに見せたい、披露してみたいという欲求。

他の男に対する優越感。

自分はこんな奴隷を持っているのだという、自己顕示欲を満たす。

高価なおもちゃを友達に見せたり、貸したりして、持っていること、買えることを自慢するようなものだ。スネ夫的発想かもしれない。


そして、奴隷のことを本当に物としてのみ考えている人もいる。

気まぐれに奴隷を他の人に貸し出す。そこに何の躊躇もなければ、自慢したいとか、そういう気持ちもない。

本当に物として、性処理の道具として貸してしまう。

友人が「最近、彼女に振られたんだよな」なんて言ったから、「じゃあ、俺の(奴隷)で抜けばいい」というイメージ。

消しゴムを忘れた隣の友人に、それを貸すのと同じように。


他にもあるかも知れない。

共通するのは、奴隷だから、”貸し出し”をやれる可能性が高い、ということ。

普通の男女関係で、これをやろうとすると、女性の側に、相当な理解や、こういう行為への、好奇心がなければ不可能だ。

”貸し出し”の話を持ちかけただけで、愛情を疑われ、関係にヒビが入るリスクがかなり高いと思う。


でも。

奴隷だからといって、”貸し出し”を、すんなりと受け入れられるとは限らない。

ノーマルな女性のように、御主人様への不信感を持つ奴隷もいるだろう。

話が出た時点で、主従関係を解消する場合もある。

だが、

御主人様を慕えば慕うほど、それば難しくなっていく。


それを越えた気持ちを持っている奴隷も居る。

私の過去の奴隷で言えば、理沙などはそうだったのだろうと思う。

御主人様が喜んでくれるのなら、他の人に抱かれようともそんなことは問題にはならない。

御主人様のためなら、御主人様が望むなら、なんでもする。

そんな心境。

それはおそらく、幸一との間でそう思っていたのが、私に譲渡されてもそのまま思っていたのだろう。

理沙の中にある奴隷像とは、そういうものだった。

責任逃れをするつもりで書くのではないのだが、私が理沙に植えつけた感情ではないと思う。

私は、幸一とは違って、奴隷を他人に抱かせることが、喜びとは思えなかった。

理沙を”貸し出し”(理沙の話の序盤で書いたが、実際には”スワッピング”の会への参加)することを、私は最後まで、疑問に思い、それを真に楽しめたとはいえず、結局、やらなくなったのだから。

私はそうだったのだが、理沙にはそういう、奴隷像がおそらくあって、それに従っていたのだと思う。

そのことは、理沙から感じられた。

これも奴隷のあり方の一つ。


でも、美佳は多分違うと思う。

他の男に抱かれることは、絶対に拒否しただろうと思うし、拒否すらできず、怯えて何もできなくなったかもしれない。

それはわからない。

私は、美佳に、そんな機会を作ったことはないし、そういう話を持ちかけたこともない。

だから、本当に分からないが、貸し出しの話をしたら、おそらく、私にご相談をくださる奴隷の皆さんと同じような心境になっていたのではないか?と思う。

これも奴隷のあり方の一つ。

どちらがいい奴隷だかとか、そういうことではない。

奴隷としてののあり方が違うというだけだと思う。


そして、私は、理沙の件を経験して、自分に”貸し出し”は、精神的に辛いだけで、本当に無理だとわかったので、それ以後は、他の奴隷もそうだが、理沙に関してもしていないし、したいとも思わなくなった。

これから、奴隷を持ったとしても、おそらくできないだろう。

だから、私は、理沙の奴隷のあり方を否定したのかもしれないが、どうだったのか?

それも気になるところではある。



こういうご相談を頂く時、私からの返事は大抵決まっている。

どうしても耐えられないと思うなら、拒否していい。

もちろん、そういう、嫌だと思う、調教に耐え、その先に別のステージの主従関係があるかもしれない。

どんなに嫌で、辛く、気持ちが引き裂かれるような思いをしたとしても、御主人様が望むことを叶えたという達成感や、御主人様の嗜好をもっと深く理解できた充実感や、御主人様の性癖を満たせたという満足感はあるかもしれない。

御主人様との絆がもっと深くなるのかもしれない。

でも、そこに到達する課程が、耐え難く、M性を持ってしても、快感や幸福感には、絶対に変換できない、嫌悪や苦痛のみしか残らないと思われるのであれば、それは、SMでもなんでもないのではないかと思う。

ただの虐待になってしまうようにも思う。

”貸し出し”ということで、無理に他人に抱かせるなら、レイプになるかもしれない。

私はそう思う。

それに、絆を深めるということを考えるのであれば、別の方法も必ずあると私は思う。

SM、主従関係には、もっと多彩な行為や、考え方があるのだから。

貸し出しという、たかが一種類の調教をどうしても嫌だと言ったくらいのことで御主人様が、その奴隷を見放すなら、その時点で、その御主人様との相性が悪いということだと思う。

と、私はお返事を書くことが多いのだが…。

だからといって、実際に、その命令を拒否できる奴隷の方が、多いとは私は思えない。

奴隷というのは、そもそも、理不尽な命令を受け入れることを了解した存在であるという、前提があるからだ。

そして、その前提で、奴隷は奴隷として存在していると、思っている人が、奴隷の中にも、御主人様の中にも多い。

奴隷が命令を拒否した時、その奴隷としての存在価値が著しく下がる場合がある。

拒否した奴隷を、捨てるという選択をする御主人様も居る。

だから、本当に、難しい事になってしまう話だ。

私は、貸し出しを容認し、それを(少なくとも私の目から見て)、それほど問題とは思わず、むしろそうすることが喜びであり、

その先の気持ちの繋がりを求めてやっているように思って、受け入れ、快感にも感じていた奴隷を知っているから、この命令が必ずしも、悪いとは思っていない。

でも、御主人様のことを本当に、一途に想い、その御主人様のためだけに奴隷で居たいと思う奴隷を、本気で悩ませる命令でもある。

そういう奴隷にとっては、御主人様が下す命令の中では、かなり大きなダメージを受ける可能性のあるものであり、重大な選択を迫られるものの一つだと言える。

そういう奴隷に対して、この命令を出すことは、私は適切ではないと思う。少なくとも、私は出さない。



一応、話としては、今回のエントリーでは、ここまでにしておく。

”貸し出し”については、かなり考えさせられることなので、他にも書きたいことが、結構ある。

なので、また機会を見て、話題にすると思う。

”貸し出し”を望まない奴隷のことを、今回はメインに書いているが、自ら”望む”奴隷というのもいたりする。

今までお話させていただいた方や、私のところにご相談のメールをくださる方の大部分が”望まない”ことでの悩みなので、

今回は、まず、こっちの話を書いてみたが、”望む”方の悩みなんかもあったりするので、そういうことも書けるかなとも思う。

他にも、”貸し出し”をする側の御主人様の、「そうなってしまう理由」とか、書けそうなことはまだあるので、これで終わりにはならないかと思う。

また考えがまとまれば、書いていこうと思うし、今回、私がこれを書いたからといって、こういう悩みのメールを送ってくれるな、と言っているのではないし、

悩んでいる、奴隷の方のお気持ちは伺うので、同様のことでメールをくださっても、私はしっかりとお話をしたいと思う。

とにかく、幸せな奴隷であることを、と願う。

現実は難しい・・・
こんばんは、M女ユキです。

他の男性に私を・・・というの 、私の主も多少願望はおありなようです(笑)
他の男性にされることで、やっぱり自分が一番いいと私に感じてほしいとか
現実問題として自分の体がひとつしかないから物理的に同時に攻めるわけにいかないとか。
わかるような、わからないような(笑)

でも、そうすると問題として
・相手の男性をどう見つけてくるのか。
・犯罪や病気などのリスクをどうするか
なんてことがあるね、なんて考えてもいらっしゃるようで
今のところは妄想とか、きわどいカッコの私を人混みでさらす、とかの範囲でおさめてくださってます(笑)

私の方も不安はあります。
主従関係も3年目になり、例えれば私は、ディスカウントスーパーの材料でありながらも、焼き加減も塩加減も主の好みぴったりに作られた夕食の献立。
貸出しというのは、それを外食のように他の方に出すことに思えるから
客観的に「おいしい!」と言われるような要素も取り入れる必要があるのかななんて考えてしまいます。
ここにマヨネーズ使うのは邪道なんじゃないかとか考えていつもの味が出せなくなったりとか
下手したら、安売りのお肉じゃなくてもっと質も鮮度もいいものを使いなよ、なんて言われるんじゃないかとか(笑)

主と私だけの関係に、第三者の目が入る。
大事にしてくださったものに、否が上にも他者の評価が下される。
主はそれをどう受け止めてくださるのかな、なんてことを考えたりしますね。
考えすぎかな。

[2013/05/03 20:47] URL | ユキ [ 編集 ]

こんにちは、vetさん☀
う~ん、ご命令とあれば行くと思いますが、ご期待に添えるかどうか・・・。
だって、他の男性に触れられるのって、気持ち悪くて濡れないと思うから^^;
知り合いで、貸し出しに行く際、ローションを中に入れて行くという奴隷さんがいましたが、私もそうでもしないと無理かもしれません。
でも、そこまでしてする行為に、多少疑問は感じますが。

私は逆に、男性に他の女性とSEXしてきてほしくって、浮気して!って言ってます(笑)
誰もしてくれませんが^^;
耐え難い屈辱感を経験させて~(笑)
[2013/05/06 10:36] URL | もものすけ [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2013/05/06 10:36] | [ 編集 ]

基本的に性的な行為は、女性にその嗜好がないかぎりやらないほうがいいと思います。
見知らぬ男性に体を開くことにわずかでも『わくわく』するような嗜好や貸し出されるという状況に濡れるようでない限り、最終的に心に傷を負うのは女性だからです。

喜ばれる、褒められるというメリットはあるかもしれませんが、所詮、その場で褒めてもらえる程度、一度の行為でその後ずっと褒め続けてもらえるとは到底思えません。
(褒めてさえもらえないことだって想像できますよね)

そして、一度褒めてもらうくらいでは、おそらくその傷は癒えない。
その場合、結局、その傷は奴隷さんがひとりで抱えていかないといけないケースがほとんどだと想像します。
またその傷を埋めるように『また褒められたい』と体を開く行為を繰り返すことになりかねない危険性もあります。

どうか、目の前のこと以上に、1歩2歩先を見据えてほしいと心から思います。

vetさんのおっしゃるように絆を深める方法や喜んでもらえる方法は他にもたくさんあるはずです。
絆を深めるためにするには、あまりにもリスクが高い。
よく考えて厳しいと思うならやめたほうがいいし、極端にいうと迷った時点ですぐやめたほうがいいとさえ思います。

わたしだったら「拒否すれば捨てるなんてことを想像させて命令する男なんて、いますぐやめなさい」と言ってしまいそうなのですが、なかなかそういう相談はわたしには来ませんので(笑)
どうか、vetさんのお力で慎重になるようにお話ししていただきたいと切に願います。

それにしてもね、もちろん幸せな人もたくさんいるはずですが、こんなにもたくさん女性を悩ませる『奴隷』っていったいなんのでしょうね。
vetさんに言ってもしかたないことですけど、なんだか、悲しくなっちゃいます^^;
[2013/05/07 13:30] URL | りん子 [ 編集 ]

>ユキさん
ユキさんの主様の中にも、そういうお気持ちというのはあるのですか。
色々な動機があるのだなと思いました。

今回のエントリーでは、”貸し出し”についての、主に、感情の問題に関して焦点を当てて書いておりますが、現実的に考えた時のことというのも、やっぱりあるのですよね。
相手を探すこと、病気のリスク、それから、相手が秘密を守ってくれるかどうか?ということもリスクでしょうし、信頼出来る人であるかどうか?ということからして、不安な行為になるということですよね。

これまでの主従に第3者が入るということに関しての料理の例ですが、とても良くわかります。確かに、長く主従を続けていると、お互いに、”美味しい”と思える味になっているのだと思いますが、それを他人にも、食べさせることになるわけですよね。
その評価が、気になる。また、それを主様がどう思い、どう受け止めるかも、気になるという意味での不安というのは、私はそれほど思い当たりませんでした。
そういうことも、貸し出しに関しては、M女性の側は考えることなのですね。

やはり、色々な意味で不安が尽きない行為なのですよね。
考えすぎでなく、やはりこういうことが、払拭できないで、やってしまった場合の、奴隷の側の気持ちというのは、どうなるのか、本当にわからないものだと思いますし、やる前には、抵抗感があって、当然のことと思います。


>もものすけさん
命令であれば、行けるとのことですか。
でも、やはり、濡れないと思うということは、それに対して、あまり興奮を感じないということなのでしょうね。
主従という、関係を作った相手と、それ以外の人との違いというのは、やはり決定的にあるのですよね。
私も、自分の奴隷と、他の人の奴隷というものに、かなり大きな違いを感じましたので、同じ感覚なのだと思います。
でも、おっしゃる通り、そこまでしてするものか?というのは、ありますね。
結局、この命令の意味があるのか?という問題になってきますよね。

浮気してっていう感覚をお持ちなのですか…。
そういう風に思うのですね。
でも、私も、もしも、奴隷にそう言われたとしても、それはできない気がしますよ。


>2013/05/06 10:36にコメントくださった匿名希望さん
メールでお返事したほうが良いと思いますので、メールにしますね。
すでにかなり、お待たせしてしまっておりますが、もうちょっとだけ、お待ちいただければと思います。
本当にすみません。でも、きちんとお返事はさせて頂きますね。


>りん子さん
私ができることと言えば、本当に、ご相談頂いた方に、少し冷静になって、そのことだけではなく、その先についても、考えてみる事とか、主従というのは、一つの命令だけで成り立つものではないとか、その程度のことを説明するくらいなんですよね。
そして、それを説明したとしても、「御主人様の命令」というのは、その奴隷の方が、御主人様を強く慕えば、慕うほどに、ものすごく強い圧力になるので、頭では、私の言ったことは、理解されているとは思っているのですが、それでも命令を”拒否する”という行動には出にくいように感じます。奴隷の方のそういう考え方というか、強いお気持ちというのは、もちろんわかるので、私も、どのように言うのが良いのか?というのは、いつも迷うことです。
これは、完全に、ジレンマなのですよね。
御主人様のことがとても好きであればあるほどに、その命令をちゃんと実行したいと思うという気持ちがあり、御主人様のことを好きであるからこそ、他の人には体を開きたくないという気持ちも強いわけで、どちらも、御主人様を慕うという、全く同じ思いから発生することなので、難しいのだと思います。
こういう時には、りん子さんがおっしゃるように、「奴隷」というのはなんなのか?ということは、その通りでしょうね。
でも、一方で、奴隷であることを本当に幸せに思えている人も、たくさん見て来ましたので、主従関係、御主人様と奴隷というものの存在を、否定することも、やっぱり私にはできないことです。
本当に、悲しい奴隷の方が、一人でも少なくなりますようにと思います。

[2013/05/23 23:12] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。