理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン


奴隷が、多分思うこと。

「御主人様に何をしたら、喜んでもらえるのか?」

これを全く考えない奴隷というのは、ある意味、精神的には、まだ奴隷化していないようにも思うのだが、そういう奴隷も居ないわけではないと思うので、全部の奴隷がこういうことを考えているとは言わない。

でも、多くの奴隷が、これは思っていることのように思う。

私の過去の奴隷たちも、色々な方法で、これを知りたがっていた。

ストレートに、「御主人様に、どんなことをしたら、いいでしょうか?」なんて聞いてきた奴隷もいるし、

何も言わずに、でも、ものすごく悩んでいるのだけは態度からわかって、その内容をやっとのことで、聞き出してみたら、そういうことを真剣に考えていた奴隷も居た。

また、このブログを読まれた奴隷の方から、いただくメールでも、こういう部分に関するご相談、ご質問というのは、かなりの数、見受けられるので、やっぱり、これは気になることなのだろうと思う。

それに、御主人様っていうのは、喜んでいるのが、わかりにくい人が多いようにも思うから、ノーマルな恋愛に比べて、奴隷がこういうことを思ってしまうことが多くなるのは、必然なのかもしれない。

なので、今回は、これについて書いてみようと思う。


まず、御主人様というのはなにか?ということなのだが、当然ながら男だ(女性のS、つまり女王様のことは、今回は割愛する)。

だから、基本的に男の欲求が満たされることというのが、大前提としてある。

まずは御主人様を性的に興奮させること。

というのが、大きな喜びを与えることになると思う。

具体的に言ってしまえば、如何にして、気持よく射精させられるか?ということ。

そのための技術や、能力を持っていることや、それに対して一生懸命にすることが、御主人様を喜ばせることの一つの要素だろう。

御主人様の純粋な性欲面だけを、まず考えるならば、これに尽きるといっても過言ではないと思う。


そして、もう一つ、S性の面から考えた場合。

奴隷が奴隷らしく振舞っていること。

それが、多分、御主人様のS性を満たし、喜ばせることになるだろうと思う。

だた、これが、おそらく難しい。

男の性的な快感というのは、大抵が、射精することが一番になる。

だから、性的な喜びを与えることというのは、かなり分かりやすい。

でも、それに比べて、S性を満たすということは、少し違う。

御主人様によって、S性の方向というか、どんな刺激や奴隷の状態にS性を感じるか?というのが、かなり違うから。

個人差が大きな部分だ。


例えば、

奴隷に、とにかく苦しみを与えるのが好きな御主人様なんかもいる。縛り上げ、蝋燭や、鞭などを振るい、目の前で泣き叫ぶくらい苦しんでいるところを見るのが好きで、それによってS性が満たされる御主人様がいる。

一般的に思われている、オーソドックスなSMのイメージかもしれない。私の初期はこれが近いようにも思う。

その一方で、奴隷に手を触れようともせず、奴隷が床に這いつくばって、足を舐めているような姿を見下ろしている状況に、S性を満たされる、なんて御主人様もいる。

私の後期は、徐々にこちらにシフトしてきたように思う。前に”静かに満たされるS性”というのも書いたが、そういうようなことだ。

縄などで、物理的に、また命令や雰囲気などで、精神的に、自由を奪い、服従させ、完全に支配しているということに、快感を覚える場合もある。これは、私の中では、最初から、ずっと同じようにあることだ。

他にも、奴隷が羞恥に悶えるのを見ているのがいいとか、性欲に突き動かされるまま、淫らに乱れている姿がいいとか、御主人様によって、その嗜好は色々で、挙げたらきりがない。

さらには、S性と言って良いのかどうかも疑問だが、奴隷という立場だけが必要で、あとは、恋人のように、楽しく過ごすことが一番だと思っている御主人様なんかもいる。

あとは、フェチなんかもある。

本当に様々だし、私が初期と後期でも、少しづつ違ってきていたように、同じ御主人様でも、主従を続けるうちに、S性の方向が変わってくる場合もある。

それに、多くの御主人様は、否定するかもしれないが、飼っている奴隷によっても変わる。

御主人様が自分の好きにすると言いつつも、奴隷が変わっても、その影響を全く受けずに、全く同じように行ける人というのは、おそらくそれほど居ないと思っている。

自分はそんなことはないと、私も思っていたのだが、こうやってブログを書いて整理してみたら、奴隷ごとに、違う部分がありすぎて苦笑した。

もちろん、根幹が揺らいでいるとか、奴隷に常に合わせているとか、そういう意味ではないのだが、奴隷によって変わる部分は存在する。

でも、奴隷によって変わったなんて、認めたくない御主人様は多いと思うから、多分、そんなことは言わない。

と、こんな感じで、色々なパターンがある。

だから、奴隷が、S性を満たすということで、御主人様に喜んでもらおうと考えたときには、その御主人様の(その時の)S性のツボのようなものをしっかりと見極める必要があるだろう。

それから、私が多分、ものすごく嬉しいのは、奴隷と分かり合えた時だったと思う。奴隷との信頼関係を感じられたとき、奴隷と気持ちが通じたと思えた時、深い絆ができたことを実感した瞬間というのは、嬉しい。

ただ、このことは、私はとても重要なことだと思うのだが、今、この話を含めると、長くなりすぎるので、今回は、とりあえず、外す。

性欲、またS性ということに絞って、話を進める。


奴隷の側から、御主人様を喜ばせることを考えた時、最初に奴隷が思いつくのは、多分、奉仕をする、ということではないか?と思う。

そして、その奉仕というものは、フェラチオであったり、足舐めであったり、他にも、いくつかあるが、ある程度の事柄に限定されてくると思う。

でも、実際、奴隷に奉仕をさせることが、一番の喜び、性欲や、S性を満たされることになっている御主人様ばかりではない。

私は、奴隷の奉仕は嬉しかったから、私のS性というのは、奉仕にも大きく反応するものというか、奴隷が自分から必死で考えて、奉仕をしようと思ってやっていることには、とても喜んでしまうのだが、

「奉仕なんて考えずに、ただ黙って、命令に従っていろ」なんてことを思っている御主人様も居る。

つまり、奴隷が考えて何かをやることよりも、御主人様自身が、ずっと好きに奴隷の体を使っていたい。それに奴隷は、付きあえばそれでいい。

という人もいるわけだ。

だから、奉仕することが、すべての御主人様にとって、喜ばせるための、最も良い方法だとは、私は言えないと思う。

そういう場合には、無理に奉仕をするのではなく、御主人様のしたいように身を任せるというのが、多分、その御主人様を一番喜ばせる奴隷の態度なのだろうと思う。

奉仕をすれば、それで御主人様が喜ぶのだと思ってしまうと、ちょっと違うことになるようにも思う。

奉仕のことを、例に出してみたが、例えば、性処理の時などでも、奴隷が慣れている方がしやすいからいいという人もいれば、初々しさが嬉しい人なんかも居る。

やはり、上で書いたような多様な事柄の中から、御主人様のS性を見極めること、というのが、大事だ。

だから、御主人様を喜ばせたいと思うなら、まずは、御主人様をしっかり観察したらいいと思う。

どんなときに、嬉しそうにしているのか?見てみること。

調教中に、嬉しそうに笑う御主人様は少ないかもしれないが、例えば、何かをしたあとに、雰囲気として、満足感が出ているとか、フッと息を抜く瞬間とか、

そういうことからも、御主人様の心境の変化や、満たされた感じというのは、推察できるようにも思う。

完全にポーカーフェイスで通してしまう人も居るだろうから、わからないこともあるかもしれないが、それでも御主人様を見ていれば、なんとなく、良いのか悪いのかというのは、気がつくのではないかと思う。

それに、御主人様がやりたいことの傾向というのも、そのうちわかってくると思う。

毎回、必ずやる調教というのは、やっぱり御主人様としても、やりたいこと、つまり、性欲や、S性を満たされることである場合が多いだろう。

満たされないことを、わざわざいつもやり続ける御主人様というのも、あまりいないと思う。

奴隷のことを考えて、そのM性が満たされるようにと、やることを決める御主人様も居るとは思うし、何か次の段階への布石としてやっていることもあるが、それでも、調教の中に、自分のS性を満たすようなことを、少しは、入れてくるだろう。


御主人様を喜ばせたいと、もしも願うなら、奴隷は馬鹿になってしまってはいけないと思う。

頭をちゃんと働かせなければいけない。

もちろん、難しい勉強や仕事が出来るとか、頭の回転が速いとか、そういう意味ではなく。

御主人様をきちんと見て、その心境を推察し、それにどう対応するのがいいのか?を、ちゃんと考える姿勢を持つ。

例えば、「命令に従う」ということにしても、本当に何も考えず、”ただ単に”、命令されたからそれをしているのではなくて、

御主人様が、「忠実に命令に従う奴隷」にS性を満たされることを察知した上で、”それがいいのだときちんと判断して”、命令に従う。

更に言えば、その命令に従うことに、自らのM性を重ねて、喜びに変えるようにできるなら、なおいいと思う。

同じように、命令に従うだけの奴隷だったとしても、これを考えているかどうかでは、多分、違うと思う。

いきなり、できるとは思わないが、そういうことを少しでも考えるように意識している奴隷、もう少し簡単に言えば、ちゃんと御主人様を見ている奴隷が、私は御主人様を喜ばせることのできる奴隷になりやすいと思う。

御主人様は、奴隷を見ていると思う。少なくとも私は、しっかりと見ていたいと思っていた。それが十分だったかどうかは、分からないが。

それと同じように、奴隷も、御主人様をある程度、冷静に見ている必要があると思う。

冷静といっても、雰囲気に酔うなという意味ではなく、しっかりと主従の雰囲気に入った上で、御主人様のことを見ていたほうが良いと思う。

そしてそれは、御主人様を喜ばせるということもそうだが、同時に、御主人様が決定的な間違いを犯しそうになったときに、ちゃんと指摘できるということでもある。

だから、”御主人様を見る”ということは、主従関係にとって、とても大切なことだと私は思う。

テーマ:主従関係 - ジャンル:アダルト

ショックでした
vetさん

お久しぶりです(コメントさせていただくのは)。

私は多分 雰囲気に酔ってしまうためか
主の顔を見ることはほとんどできません。

唯一 触って良いと言われたときのみ
主の反応を 感じ取ろうとしています。
が、 それさえも
触れていると言うだけで
自分が感じてしまって・・・
とても 主を 見るどころでは なくなってしまうことが多々あります。

もっと ちゃんと 観察しないと!!(笑)

ところで
“決定的な間違い”に ひっかかってしまいました。
主も 人間なので 間違いがないとは思っていないのですが。
まぁ 主のする間違いだったら ある意味 幸せかもしれないと思ってしまう部分もあります。
[2013/06/02 09:45] URL | tomo [ 編集 ]
訂正
すみません。

自分のコメントの訂正です。

主にも間違いはあるかもしれないけど
決定的な間違いは して欲しくない。
主の意志だったら、身体であろうと 心であろうと
傷つけられても構わない、むしろ嬉しいけれど、
間違いで傷つける人は 主と呼べない。

vetさんの 主旨と違うコメントですみません。
[2013/06/02 13:38] URL | tomo [ 編集 ]

大変勉強になります。

だけど私ができてないことを指摘された感じがして、痛いです。
私もいつもいっぱいいっぱいになってしまってます。
ご主人様を冷静に見るなんて出来ない・・・。

頑張ろ・・・。w
[2013/06/05 15:41] URL | +里奈+ [ 編集 ]

>tomoさん
お久しぶりですね。またコメントしてくださってありがとうございます。

なかなか、自分からは、主様に触れられないとか、顔を見ることができないという奴隷の方もいらっしゃっるのだろうなとは、思います。
やっぱり、その場には、主従の雰囲気があると思いますし、その中にしっかりと入り込むと、なかなか、ちゃんと見るというのは、難しいことかもしれませんね。
私が今回書いたのは、御主人様の様子がわかると、奴隷として、より良い対応ができる可能性があるということなのですが、tomoさんが、見られないくらい、雰囲気の中にしっかりと入れてしまった上でそれに翻弄される姿を見るのが、tomoさんの主様のやりたいこと、S性を刺激されることなのであれば、それがすでに、一番良いことなのかもしれませんね。
私も、自分のもっていきたい雰囲気の中に、奴隷がしっかりと囚われている姿というのは、とても嬉しく思ったものですので。

今回は、”見る”という風に書きましたが、それは、御主人様のS性や、やりたいこと、満たされること、を知るということですので、そういう中からでも、何か見つけていけるといいのかなとも思います。

決定的な間違いというのは、例えば、奴隷の体に重大な障害が残るようなことを、やってしまうとか、そういうことを想定して書きました。
そういう部分で、特に体にダメージの大きい調教をする場合などは、奴隷の側としても、見ている必要はあると考えます。本来はそれは御主人様が本当に気をつけ、間違いなどあってはならない部分であり、許容範囲を把握しているべきものであり、奴隷がそういうことを考える必要もなく、身を任せられるというのが、当たり前ではあると思うのですが、実際のプレイの現場では、本当に危ない状況というのは、生まれる可能性は常にあります。SMはリスクのある行為ですから。なので、奴隷の側からも、指摘できるようにと私は思います。


>里奈さん
tomoさんも、おっしゃっておられますが、なかなかできないことでもあると思います。
その場の雰囲気に入ってしまい、調教が始まってしまうと、奴隷の側というのは、目の前に出てきた、やるべき何かをこなすことで精一杯になるのは、私も分かりますし、意図的にいっぱいいっぱいにして、追い込み、その姿を見るということも、調教の一つですから、その状態にされると、とても見ていられないなんてことは、あると思います。
ただ、普段接する中にも、御主人様はそれなりに、自分の嗜好というのは、出てくるもののようにも思います。そういうものを一つでも見つけられたいいなと思います。
できないから、ダメとか、そういう話ではなく、できたら、よりよいかもしれませんという話なので、そんなに気にしないでくださいね。
[2013/06/05 19:27] URL | vet [ 編集 ]

初めまして。
いつもブログ拝見させていただいています。
とても勉強になります。
まだご主人様と主従関係をもって間もないので、奴隷として、まだまだだと思っております。
ご主人様がどう感じてくださるのかも分からない状態です。
でも、vetさんのブログで頑張ろうという気になりました。
また日記拝見させてください。
いきなり、失礼しましたm(_ _)m
[2013/06/06 09:40] URL | 春香 [ 編集 ]

こんにちは、vetさん♪
私は単純なのかもしれませんが、嬉しいも楽しいも、また、逆にしても、どちらかがそうであれば、お互いにそういう気持ちになるんじゃないのかなって思ってます。
だから、あまり深く考えず、一生懸命楽しむの♪
プレイに関しては、話しをすればいいだけかなって。
どうすれば今をハッピーに過ごせるのか、一生懸命楽しいことをするっていうのは、主従に関してもだけど、普段の生活もそう。
冷静に見れば、とてもシンプルなこと。
シンプルを追求して、生きることも難しく考えなくなっちゃった(笑)
[2013/06/06 15:48] URL | もものすけ [ 編集 ]

>春香さん
初めまして。ブログ読んで下さってありがとうございます。
春香さんは、主従関係をもって間もないとのことで、やっぱりその時期というのは、わからないことも多いですよね。
でも、実は、ご主人様も、春香さんについて、わからないことが多くて、よく見ようとしている時期かもしれません。多分、口には出さないのではないかとは思いますが。
ですので、お互いに、お互いを見て、理解していけるといいと思いますよ。
ただ、焦る必要もないと思います。最初からすぐにしっくりくる主従というのも、そうそうないと思いますので、徐々に理解していけばいいのではないかと思います。
がんばって下さいね。
コメントありがとうございます。嬉しかったです。


>もものすけさん
単純と書かれておられますか、きちんとその時の雰囲気に入るとういことを、もものすけさんは、されておられるのではないでしょうか?それは、主従でも、とても大切なことかなと思います。お互いに気持ちを合わせていけるとか、共有できるというのは、素晴らしいことではないかと思います。やっぱり、気持ちが繋がるということが、大事ですからね。
私が今回書いたのは、主従の場合、特に、御主人様が、あまり気持ちを表に出さないことが多いので、奴隷の側に、気持ちが伝わりにくいにくいようですから、その時には、しっかりと見て観察するといいかなということですね。
なので、シンプルに、相手を感じて、それに合わせていける、そのことに一生懸命になるということが、できるなら、それがいいと思います。
特に、奴隷の”一生懸命さ”というのは、ご主人様にとっては、とても嬉しいことでもあります。
普段の生活もシンプルにというのは、とにかく考えすぎる私には、なかなかできないことでして、一つの理想でもありますね。

[2013/06/09 08:59] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報