理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン


私が、当たり前だと思って、今まであまり触れずにいた事で、「こんなことを思う方もいらっしゃるのだなぁ」と気付かされること、というのは多い。

特に、ノーマルな方や、主従関係を持ったことのない、M女やS男の方々に、メールをいただくと、そういうことが結構あるので、とても興味深い。

それから、私自身のこととしても、奴隷経験がないM女を奴隷にした時に、同じ事を思ったことがある。

「ああ、そういえば、これは、こっちの世界での常識なんだよな…」

と。

私は、自分が”主従やSMの世界の常識”にどっぷり浸かっていることに気がつく。

もちろん、それを忘れているわけではないし、区別がつかなくなるようなことは当然無いのだが、こっちの世界で話をしていると、相手も、その常識の中にいるのだと思って、ついつい説明もせずに、話を進めてしまうことがある。

そして、「それってなんですか?」なんて、言われて、ハッとし、内心で、自分に苦笑している。


今回は、そういう話を、少し書いてみようと思う。

それで、最初に断っておくが、私がこれを書くのは、ただ単に情報として書いておくという意味(私自身としては、裏の世界の常識にしっかり浸かっている自分を戒める意味があるのだが…)で、それ以上でも以下でもない。

だから、M女性に対して、SMや主従の世界に入ることを勧めるためのものでも、思いとどまらさせるためのものでもないことだけは、わかっていて欲しい。

私に他意はなく、冷静に読んでくださると信じて書くものだ。

以下の内容と、誰かの奴隷になるかどうかの決断というのは、全く別に考えて欲しい。

簡単に奴隷になることを決断していいのだと、私が言いたいのではないことだけは、初めにお断りしておく。

こういうことは、今までも、よく書いているから、皆さんには耳にタコなのではないかと思うのだが、私は、万が一にも、M女性が判断を間違うようなことになっては困ると思うので、しつこいようだが書かせて頂く。


さて、本題に入る。

主従関係を持ったことのない、M女性から頂いたメールに、これまでに、何度か書かれていたこと。

それは、

「vetのブログの中に出てくる調教を読むと、耐えられない気がするから、自分は奴隷になれないのではないかと思う」

また、

「自分には、M性がないのではないかと思った」

というものだ。

自分が”M女”かどうか?の疑問。


私は、調教の具体的描写は他のSMブログほど多くないと思っているし、多分ハードなことはあまり書いてないとも思うのだが、それでも、そのように思われる方がいる。

ノーマルな方が、「耐えられないと思う」とおっしゃるのであれば、それは納得なのだが、M女性がそう思うということは、私にとっては少し意外でもあった。

私は、御主人様の中では、それほどハードではないと思っていたから。

もちろん、ハードだと言われることもやったことはあるが、本気でハードな人たちのことも知っているから、あそこまでは、やらないよなぁ、なんてことを思っていたりする。

それに、”精神的な支配”というのが、私の目指すものだったから、プレイ自体の派手さはあまりない気もする。

特に、初期よりも、後期の方は、そういう傾向が強くなったと思う。

そういうことをブログに書いていたつもりだったのだが、それでも、出てくるSMのプレイや、調教に、耐えられないと思うと、何人かのM女性からのメールに書かれていた。

この時点で、何をもって”ハード”な調教と思うか?という基準が、私と、主従関係を持ったことのないM女性とで、ずれている可能性もあるから、それも、こういう感想をいただく一つの要因でもあろうと思う。

でも、よく考えてみたら、それは、当然のことで、私が説明しない部分からくるものなのだろうと、思った。

もともと、このブログは、調教を記録したり、説明するために書いているわけではないので、それは仕方がないのだが、誤解されたままだと、なんとなく、私が納得いかないので、書きたくなった。

もしも、同様に、私が書いている調教に耐えられないという感想を持たれた方がいらっしゃるなら、以下の2点のことを勘案して読んで欲しいと思う。


まずは、ブログでの私の書き方だ。

説明不足というか、もともと、調教を説明するためのブログではないということ。

続きものの話は、M女を奴隷にするところから書いているが、そのときの私の気持ちの部分や、奴隷から感じた思いを特に書きたいので、このカテゴリのエントリーは、調教の描写がそもそも、かなり少ないと思う。

そして、四方山話など、他のカテゴリのエントリーには、ある程度、調教描写はあるのだが、これは、前から書いているように、時系列を無視して、私が、エントリーを書こうと思った時に、頭に浮かんだことを書いている。

つまり、いつのことを書いているか?というのを明確にしていない。

奴隷が奴隷になってから、どのくらい経ってやったことなのか?なんて、書いた覚えがあまりない。

要するに、つまみ食い状態で、色々な時期のことを、ランダムに取り出してきて書いている。

私のブログというのは、こういうものだ。

だから、初期の奴隷に対する調教の話を、特別に書いているわけではない。

たまに出てくるかもしれない、しかも他の時期のことと、特に分けずに。という感じ。

実際、書いたエントリーを思い出してみても、本当に初期の奴隷に施した調教の話、奴隷になることとはどういうことか?みたいなレクチャーのような躾のことを、書いた記憶があまりない。

私のブログの傾向として、まず、こういう特徴が挙げられる。


それから、もうひとつ。

M女の持つ、”M性”について。

それにも、多様性があるということ。

それを、しっかりと認識して欲しいと思う。

M性というのは、どのM女にとっても、同じものであるというのは、確実に間違いだ。それは、奴隷を複数飼った経験から、断言する。

M性は、M女ごとに違う。

その大きさも、どんなことに刺激を受けるか?快感に感じるか?という方向性も、またどの程度の強さの調教に耐えられるか?という耐性も、全て違う。

M女ということで、ひとくくりにできるものではない。

どんなに簡単だと思われる調教でも、耐えられないM女には、耐えられない。

だからといって、M性が低いというわけでもなく、全く別のことには、ものすごく耐えられ、大きな刺激となり、快感や幸福感になる人もいる。

SM行為の全般的なことに対して、それなりに大丈夫な奴隷もいれば、ダメなものと良いものの差が、ものすごく激しい奴隷もいる。

それがM性の違いというものだ。

M性にも個性がある。

だから、私のブログを読んだ時、それに耐えられないと貴女が思うなら、それは、私がその時に施した調教とはM性が合わない、もしくは私とは合わないというだけであって、別の調教であれば、他の人であれば、合うのかもしれない。

本当に相性がいい人と出会えたなら、幸せに感じることもあるだろう。

それから、一つ目の話とも重なるのだが、M性というのも、調教を重ねていくと変わっていくように私は思っている。

初期にだめだったことが、後からは快感になるという奴隷の事例も散々に見てきた。

奴隷は調教で変わるし、私も奴隷を、私に良いように変える。

奴隷は職人が使う道具のようなものでもあるかもしれない。

使い込んで、しっくりと私の手に馴染む(実際には、体に馴染む、心に馴染む)ように、していく。私だけの奴隷に仕立て上げる。

それによって、奴隷は大きく変わる。初期と、後期では、全く違う奴隷になっていることも、少なくない。

そういう意味で、ブログの中には、変わった後の奴隷の話も、脈絡なく、混ぜて書いてあるので、例えば、後期の慣れてきて色々な事ができるようになった時の調教を見て、「これは耐えられない」と思うのも、自然なことだと思う。

主従の経験がないM女性は、変わる機会すら、まだ得ていないのだから。


ということがある。

ただ、これを考えたとしても、やっぱり耐えられない、というM女もいると思う。

そして、それはそれで、そういうものなのだと思っていていいことだ。

そもそも、私が書いている、私の経験と知識のみから構成された、このブログで判断するということ自体に、無理がある。

だから、もしも、そういうことを確かめたいなら、他のブログやサイトも読んでみることをおすすめする。

とにかく、私のブログを読むにしても、他のブログも含めて考えるにしても、視野を広く持って、考えたほうが、より、自身のこと、自身のM性というか、主従に対して、御主人様に対して、望んでいることを、理解できるのではないか?と私は思う。

だから、私のブログに書いてある調教だけを見て、耐えられそうにないから、「M女じゃない」とか「奴隷になれない」とか、そういうことを思う必要はない。

もちろん、M女じゃないと思っても、それは自由なのだが、やっぱり、色々な事例を見てから、判断するほうが、納得できるんじゃないかと思う。

また、本当に確かめるなら、やはり、実際にSMや主従をやってみるしか無いと私は思う。それ以外に確実に確かめるすべはない。

ただ、こう書くと、M女に、この世界に入ってみろと、安易に入っていいものだと言っているように、勘違いされると困るのだが…。

冒頭でも書いたように、入るかどうかは、ちゃんと考えて欲しいと思うし、信頼出来ると思える御主人様候補が見つからなければ、入ってはいけない。

お久しぶりです
毎回楽しみに、読ませて頂いています。

>本当に初期の奴隷に施した調教の話、奴隷になることとはどういうことか?みたいなレクチャーのような躾のことを、書いた記憶があまりない。

今度は、是非このようなレクチャーを載せてください。
どんな雰囲気でレクチャーが始まるのか、覗いてみたいという
下司な興味ですいません・・・
[2013/08/15 10:57] URL | 微笑 [ 編集 ]
Sの基準
こんばんわ エントリーが更新されると、とてもワクワクします。
またベタ褒めになりますが、褒めさせてください。
vet様の文章は本当に解りやすく、また読みやすく書いてあるので素晴らしいです。
素人が読んでもわかる文章表現と、読み手に受け取りやすい内容だと思います、
「解る人だけ解ればよい。」的な突き放した書き方がない。今後もこのスタイルでお願いいたします。勉強になります。

ところで、質問です。「vet様の奴隷になったら、されると思っていて欲しい調教」はなんですか?例えば
レベル1 ご主人の前では常にパンストでスカート姿になること
レベル2 首輪で裸で過ごす ご挨拶をする
レベル3 物として扱われる フェラチオをいいと言われるまで続ける 足なめをする

みたいなことありますか?
あったら教えてください。素人的には「調教の階層」を具体的に知りたいです。
よろしくお願いいたします。

[2013/08/15 19:10] URL | みーたん [ 編集 ]
すみません、ダブりました
コメントが送れずに再送したらダブりました。
申し訳ありませんが、上のコメントを削除してください。
よろしくお願いいたします。
[2013/08/15 19:14] URL | みーたん [ 編集 ]

>微笑さん
おひさしぶりですね。またコメント下さって嬉しいです。

初期の頃の奴隷に対するレクチャーのようなこと、興味がありますか。
私も、他の御主人様がどんな感じで導入部分をされるのか?特に、初心者奴隷が相手だった場合などに、主従の世界をどんな風に伝えるのか?というのは、興味があります。
そういうのは、気になるものですよね。興味を持たれるのは、問題ないですよ。
そのうち、私が、奴隷との最初のころに思っていた事、考えていたことなどを書く時に、一緒に、書けたらと思います。
いつになるかはわかりませんが、初期の話っていうのは、結構少なかったりしますし、私の失敗も多かったことでもありますので、書きますね。


>みーたんさん
お盆でちょっと、忙しくしておりまして、ブログのチェックが出来ず、コメント削除依頼の実行が、遅くなりまして、申し訳ありません。最初のコメントは、削除しておきました。ちょっと内容が違って、私のことについてのご質問に変えられたということですね。了解しました。

まずは、べた褒めいただいて、照れくさいです。
素人が読んでもわかりやすいというのは、私としてはとても嬉しいことです。気持ちの整理を付けるのが目的なので、自分向けに書いていることではあるのですが、公開している以上、誰かに読んでほしいのは事実でして、きちんと伝わるということは、何よりも嬉しいです。私の長文を丁寧に読んでくださってありがとうございます。

ご質問に関してですが、レベル1~3まで書いてくださいましたが、いきなり、レベル1で、パンスト、スカートが出てくるのは、恥ずかしいですね(苦笑)でも、確かにそうです。奴隷になったら、なにか事情がない限りそういう姿ですね。
私の場合には、書いてくださった、このレベル3までは全てやると思います。順番もこれは、結構、私がやってきた感じとしては、近いかなと思いました。
あとは、敬語での話なんかもありますね。まずはそれを躾けていくと思います。常に主従でいるようになりますから。また同じような意味合いで、基本的な位置取りというか、そういうものも徹底させます。奴隷は床に正座、私は椅子やベッドに座って、常に見下ろす位置に居るという、そういう、主従関係をしっかり表すような場所に居ることなんかもあるでしょうか。
王道の調教で言えば、緊縛は確実にすると思います。私の一番好きな調教ですので。この辺りは、どれが先とか、後とか、そういうことは無いかもしれません。奴隷の様子を見ながら、前後を考えるでしょうか。首輪は、奴隷の証でもありますので、最初につけるかなとは思いますが。
それから、一番重要なのは、話をするということだと思います。これが、もしかしたら、レベル0かもしれません。調教とはいえないかもしれませんが、信頼関係を作るために、しっかりとコミュニケーションをとるのは、必ずやってきました。

調教の階層とのことですが、私の場合には、奴隷の様子によっても、変えたりしますので、なんとも言えませんが、具体的な調教の順番ということではなく、最初は雰囲気を作り、その中に奴隷を受け入れることを目指す感じです。ですので、精神的なもの(信頼関係を作ること、主従としての意識を持たせること)が多いと思います。その後で、徐々に肉体的なことに移っていくような流れですね。

具体的に知りたいとのことでしたのに、こんな感じで申し訳ないのですが、私は、具体的な調教の種類として、階層があるわけではなく、奴隷に対してどんな効力を発揮するのか?ということを基準に階層を考えていると思います。

[2013/08/19 19:47] URL | vet [ 編集 ]

こんばんは、vetさん(*^^*)
M女性はたぶん、こういった疑問や悩みを抱えたことは、皆あるのかもしれません。
素質や資格がないと、勝手に落ち込んだりしました、私も^^;
M性の個性を見ずして、誰にでも同じ調教をする、へんてこS男性もいますが、主となる男性は、中身をきちんと見て調教を進めてくださいますものね。

さっき、テレビで札幌が出ていて、あぁ〜お魚食べたい!って思っていて。
北海道のホッケ食べたら、びっくりすっから!と聞いて、早く食べたいもものすけです(>人<;)
[2013/08/20 23:46] URL | もものすけ [ 編集 ]
はじめまして。
惹きこまれるような文章でした。
しっかりした考えがあるS様だと安心して身を任せられそうですね。

こんな素敵なブログにめぐりあえたのに時間があまりないという不幸・・。
明日ゆっくり読ませていただきます。

いきなりで失礼かと思いますが、リンクさせて頂きました。
もしよろしければ、相互リンクお願いします。拒否可です。

では、更新楽しみにしています、
[2013/08/21 19:18] URL | みき [ 編集 ]

>もものすけさん
M性があると、自分で自覚している場合には、それに合う人を見つけることが多分重要なのだと思います。
M女かどうか?という一般的な基準のようなものよりも、その相手と合うかどうか?ということのほうが、大切ですね。
こういうことは、枠にはめて考えてしまいがちで、この場合には、”M女”という枠に自分が入っているかどうかが、気になるわけだと思うのですけけれども、その枠に入っていたとしても、相手と合わないと意味が無いですから。
SとMというのは、それだけで合うように思いがちですが、それぞれに個性があるので、その部分をしっかり見極めるのが、お互いに大事だと私は思います。

北海道のホッケ、美味しいですね。私は先日、ホッケの刺身を食べました。
なかなか、こっちでも刺身では食べないのですが、美味しかったです。
これから、北海道は、鮭とかも、美味しい季節なので、楽しみです。
もものすけさんも、是非、いつか食べにいらしてくださいね。


>みきさん
はじめまして。ブログ読んでくださってありがとうございます。
お返事がかなり遅くなってしまいました。

しっかりとした考え方があると、おっしゃって頂けて嬉しいです。
でも、私は後から考えているから、こういうことも言える部分もありまして、その当時に、できなかったこと、考えが及ばなかったことも多いので、反省しきりです。
奴隷が安心できる、御主人様であったのであれば、私も嬉しいところです。

リンク、そして相互リンクのお申し出、ありがとうございます。
どちらも、OKです。光栄に思います。
遅ればせながら、私の方からもリンクさせていただきました。
ちょっと時間がなくて、ブログはまだちゃんと拝見させていただいておりませんが、後で、しっかりと読ませていただきますね。
今後とも、よろしくお願いします。

[2013/08/29 20:37] URL | vet [ 編集 ]

ホ、ホッケのお刺身~?!!
そんなものがあるとはビックリ!
そちらに伺った際には、いただけることを願ってます。
寒くなると美味しいお魚がいっぱいですよね♪
[2013/08/31 16:01] URL | もものすけ [ 編集 ]

>もものすけさんへ
ホッケの刺し身は、新鮮なホッケが入った時しか、できないもので、いつも食べられるわけではないですから、私も何度かしか食べてないですが、美味しいですよ。
こちらに来られた時に、食べられるといいですね。

寒くなると、魚はおいしいのが増えますね。タラなんかも季節になりますし、鍋物用に、ゴッコなんかも出てきますね。食べ物としては、かなり楽しみな季節だなと思います。
[2013/09/09 00:51] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報