理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン
奴隷の容姿についての話。

奴隷を、私が、どう思っていたのか?ということ。

奴隷の存在価値というのは、容姿で決まるものではないのは、明らかで、それよりもっと大事なものがたくさんあると私は思っているのだが、

容姿のことというのは、コンプレックスなんかとも繋がってくる話だったりもして、それほど重要ではないと思いつつも、

そこから影響が出てくる問題は、とても多かったように思う。

私も、容姿に自信がない人間だから、余計にそういうことが気にかかったのかもしれないし、また、奴隷の中のコンプレックスを何とかしてやりたいと、強く思っていたことは確かだ。


私は、ブログでもそうだし、twitterでも、奴隷のことを”美しい”と表現する事が多い。

”可愛い”とも、”綺麗”とも、よく書いているように思う。

実際、奴隷をこう表現するのは、ちょっと照れくさい。

私は、女性に「綺麗だね」とか、スマートに言える人種ではないので。

奴隷が髪型を変えたり、新しい服などを着てきたり、アクセサリーをつけてきたりしても、褒めたことはあまりない。

奴隷に、

「美容院、行ってきたんですけど、どうでしょうか?」

なんて言われても、

「そうか」

なんて、答えになってない事を言って、終わったりするタイプだ。

褒めたくないわけでもないのだが、なんだか照れくさいし、御主人様としての妙なプライドもあったりして、素直に褒めたことはあまりなかったと思う。

でも、このブログでは、私が、感じていたことは、そのままに、素直に書くと決めているので、こんなことになっている。

実際には、言葉や態度に出して、褒めたことは、少ないのだが、心のなかで思っていたことを書いている。

それで、私が、”美しい”とか、”可愛い”と、結構な頻度で書くことに気が付かれた方から、気軽な話として、

「vetさんの奴隷さんは、綺麗な方ばかりだったのですね」

と言われた。

私にとって、奴隷たちというのは、どれも、綺麗だし、可愛いし、美人だと言い切れる。

本当に、魅力的に思っていたから。

容姿も、私はそのままに認めていたつもりだし、実際、とても好きになっていた。

でも、一般的な意味での、美人と、それが重なるかどうか?ということは、よくわからない。

無理矢理に、もう少し客観的に考えるとする。

もしも、そういう評価があるとするなら、容姿の良し悪しが職業に影響する女性たちというのが、一般的に、美人なのだと言ってもいいのではないかと思う。

例えば、モデルとか、女優とか、そういう人達。

もう少し広くすれば、コンパニオンとか、ミスなんとか、とか、そういう人達もそうだろう。

もちろん、そういう方々が、容姿だけで仕事をしているとは言わないが、容姿が、ある程度のウェイトを占めている職業であることは確かだと思う。

私の奴隷たちが、そういう職業につけるのか?と考えてみたが、正直わからない。

理沙などは、元コンパニオンだったから、一般的な意味でも美人の部類に入るのかもしれない。そういう奴隷も居た。

でも、当たり前だが、容姿は個々に違った。

だから、私の奴隷について、「綺麗な方が多かったのですね」と言われると、一般的な意味では、違うのかもしれない。

ごく普通の女性という風に思っていただければ、多分それが近いのだろう。

ただ、”私にとって”、ということになると、違う。

一般的な評価は、どうでもよかった。

私の中での奴隷たちというのは、どんな、モデルよりも、女優よりも、美人であるとか、可愛い存在であると言える。

それに、上で例に挙げた、理沙だけが、奴隷たちの中で、特に美人だったとか、可愛いとかそういうふうに思っていたわけでもない。

それぞれが、それぞれに、個性があり、特別で、私にとって、どれも美しく、可愛い存在だった。

そして、私の中の美人の基準は、奴隷たちになってしまっている。

だから、これからも、奴隷のことは、美しいとか、可愛いとか、書くと思うし、私は本気でそう思っているので、違和感は全くないし、無理やり書いているとか、そういうこともなく、私の気持ちのままに、奴隷の容姿を評価するとそうなるから、そのまま書いているだけだ。

それが照れくさくはあるのだが。

ただ、上でも書いたが、奴隷に対して、美人だとか、可愛いとか、そういうことはあまり言ったことがない。

本気でそう思っていたのだが、あまり言えなかった。言わなかった。

これも牝奴隷には言えない話。になるのかもしれない。

というより、私がもしも御主人様ではなく、普通の彼氏だったとしても、彼女を褒めるのは照れくさいから、きっと言わない。

おそらく、性格的に。

だから、私がなかなか言えなかった話。になるのだろう。

それでも言ったことが無いわけではなく、私の気持ちとして、言いたいと強く思った時、また、奴隷が容姿のコンプレックスを気にしていた時なんかには、私が思っている事をそのまま伝えたこともある。

「お前は、可愛いものだ」と。

そんなことを言うと、今度は

「私なんて可愛くないです」

と言い出す奴隷がいたりする。せっかく、私が言ったのに、それを奴隷自ら否定する。

それは、許さない。許せない。

だから、そんな時に、

「”私は可愛いです”って、自分で言ってみろ」

なんて、命令をして、無理矢理、何回も、言わせたこともある。

私の認識を共有し、自覚しろということだ。

また、外で、手をつないで歩くことも、私は少なかったのだが、珍しく繋いだ時に、

「私なんかと手をつないで歩いたら、御主人様が変に見られそうです」

と言って、手を離そうとした奴隷もいた。

そんな時、私は、奴隷の手をさらに強く握って思いを伝えたつもりだった。

否定はさせない。それは、私の思いだから。

実際、私にとっては可愛いのだから、それはそのとおりに認識させる。

そう思っていた。

でも、普段は、

「最低のメス豚」

なんて、言っていたから、奴隷たちは、私が容姿に関しても、本当に気に入っていて、他の誰よりも良いと思っていることは、わからなかったのかもしれない。

今思うと、もう少し、言ってやっても良かったのかもしれない。

でも、結局、それはあまり言ってない。

「お前はお前でいい」ということ、認めているのだということは、は伝えたつもりなのだが…。

それが、奴隷たちにはどんな風に解釈されたのだろう?と思う。

仕方なく、私が認めたのではなく、私は本当に、良いと思って、他の女よりも、可愛いと思って認めたのだと、わかってくれていたのだろうか?

私の中では、本当に、美しく、可愛い、ものだったと。

言わないのに、わかれというのも、酷な話かもしれない。

でも、私はそう思っていた。


これは、後になってから、奴隷と別れてから、私がもっと素直に、自分の気持ちを言ってやっても良かったのではないかと思うことの一つだ。

コンプレックスを軽減してやりたいとか、そういう意味もあるにはあるのだが、純粋に私が思っていたことだったから。

そんな私の気持ちを、奴隷には、知っていて欲しかったなと、いまさらながらに思う。

テーマ:主従関係 - ジャンル:アダルト

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2013/09/09 16:35] | [ 編集 ]

vet様
奴隷様をかわいいと想っていてくださっていたお気持ち
とても嬉しい気持ちになります。
そのお気持ちをきっと通じていたと願います。
私もよく主様に、「こんな容姿で・・・」などと
申し上げると、「お前は私の物だ。私の物にケチつけるのと
同じ事になる。」と、叱られました。
奴隷は主様にコンプレックスをなんでも
肯定されたい。それをまたしばらくすると不安になり
また同じ事を言うけどまた肯定されたいのです。
vet様。ご意見するような無礼をお許しくださいませ。
[2013/09/11 14:29] URL | マル [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2013/09/12 00:23] | [ 編集 ]

>2013/09/09 16:35にコメント下さった匿名希望さんへ
はじめまして。ブログを読んでいただき、ありがとうございます。

2013/09/09 16:36にもコメント頂いておりまして、同じ内容でしたので、多分、重複投稿してしまったのだろうと思いましたから、一つ消しておきました。

Sの心の中が知りたかったとのことで、読まれておられたのですね。
疑問は少しでも解決できたでしょうかね?
途中から、奴隷との関係の方に気持ちが行かれたとのことで、私のブログで良かったのかな?とは思いますが、それでも、読んでくださって嬉しいです。

SとMの関係だから、こうなったのかどうかも、わからないのですが、あくまでも、私の奴隷との付き合い方というのは、こういうものでした。
それが良かったのかどうか?というのを、私は考えながら書いているということですね。
ですから、これが主従の全てということではないです。ただ、主従の一つの形ではありますね。こんな奴もいるということですが、それでも、また読んでいただけるなら、嬉しい限りです。

奴隷に対して綺麗だとか、そういうことを言うのはなんとも照れくさいものですね。なかなか、言えないなと思いますが、そうやって私が思っていることを伝えることで、奴隷が少しでも、気持よく過ごせるなら、頑張るべきなのでしょうね。
なんとか、できるように、と思います。


>マルさんへ
マルさんが書いてくださった、主様の言葉、
「お前は私の物だ。私の物にケチつけるのと同じ事になる。」
というのは、私も、そう思っていました。
奴隷が、コンプレックスに感じて、自分を悪く言うのは、見えていて耐えられないくらいつらいものです。
なんと言いますか、「私が認めたものを、なぜ認められない?」ということも思いますね。
容姿も含めて受け入れると決めて、奴隷にしているのですから、そこは、安心して奴隷でいればいいと私は思うわけですが、奴隷としてはなかなかそのように思えない部分もあるのでしょうね。
それの気持ちは私もコンプレックスがあるので、わからなくもないのですが、それでも、私が良いといったのだから、そのままに受け入れて欲しいなと願っておりました。
難しいことであるのは確かですけれども。
おっしゃる通り、肯定の言葉というのは、主従であるからこそ、必要な者でもあるのかもしれませんね。

いえいえ、失礼なんてことはありませんよ。お話は、ご質問でも、ご意見でも、なんでも構いませんので、遠慮なく書いてくださいね。そのほうが私も嬉しいです。


>2013/09/12 00:23にコメントくださった匿名希望さんへ
こちらにも、書いてくださって嬉しいです。ありがとうございます。

確かに、そういう「可愛い」とか、甘い言葉の部類に入るものを、御主人様には言ってほしくないという方も居ると思います。書いてくださったような、短期的な付き合いとか、割り切った感覚での関係の場合もあるでしょうし、主従の雰囲気を大事にして、御主人様が、奴隷に気を使っているというか、優しく接するかのような扱いはしてほしくないと思っている方なんかも、いるだろうなと想像します。

でも、どう思っているのか?というのは、なかなかわからないところでもありますよね。ですから、難しいなと思います。
女性の方からは、言われると嬉しいとか、言われないとわからない、また、長い付き合いだから言わなくても分かるというのは違う、というお話を、伺うことが多いので、やはり言われることが良いと思っている方のほうが多いとは思いますが。
これも、お互いの雰囲気の中で判断していくことでもあるのだろうなと思います。

匿名希望さんが、書いてくださったように、主従での歓びというのは、色々なものがあると思います。それをどういう風に伝えていくか?というのは、とても重要なテーマだなと思いました。

私が伝えたかったことが、伝わっていたのであろうと、書いていただいて、嬉しかったです。そうであれば、本当に幸せなことですね。

[2013/09/22 10:00] URL | vet [ 編集 ]

初めまして
私はパートナーに可愛いと言われるとすごく嬉しくて、もっと言ってほしくて何度も「本当ですか?」と聞いてしまいます
自己評価が低くて自己肯定ができないのです
幼少期からずっと存在を否定されて育ちました
だから、可愛いと言われると本当に嬉しくってたまらなくてずっと聞いていたくなります
この人の好きに使われたいと心から思います
S男性からしたらしつこくてウザいと思われるかもしれませんが…
私みたいなタイプのM女もいると知ってほしくて書き込みました
[2013/12/21 21:40] URL | rei [ 編集 ]

>reiさん
はじめまして。ブログ読んでくださって、嬉しいです。ありがとうございます。

reiさん、確かに、私は、自分の奴隷を”可愛い”と言うのは、ちょっと照れくさいので、何度も聞かれると、つい、「そんなに聞くなら、可愛くない」とか、言ってしまいそうですが、でも、そういう風に、自分を確認したいと思って、言ってくることは、受け止めてあげたいと私は思いますし、またそれによって奴隷のコンプレックスに思っている部分が、少しでも軽減されるといいなというふうには思います。
ですから、しつこくてウザいという風には、私は思わないでしょうか。可愛いものは可愛いので。それは事実、そのように思っているわけですから。それを否定する気はないのですけれども、なかなか、それが言えないのが、私の悪いところなのでしょうね。

reiさんのようなM女性がいらっしゃるということ、しっかりと、覚えておきますね!
[2013/12/29 00:10] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報