理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン

私は、今まで、女しか奴隷にしたことはないし、これからも、そうだろうが、それでも、どうも、女という生き物は難しいなと思っている。


私は、奴隷心理というのは、それなりに理解できる気がする。

奴隷ごとに違うので、すべてわかるなんてことは、とても言えないのだが、M性を根拠とした気持ちというのは、私が奴隷に触れるうちに、「こういう風に思うのか…」という思考の流れを、経験則みたいなものとして、なんとか、持てた気がする。

また、奴隷の心理というのは、私が持っている”奴隷のイメージ”で、奴隷を躾けたことで、私が与えた部分もあると思うから、私の奴隷は、私には、わかりやすいものという一面もあったと思う。

だから、奴隷が、奴隷的な思考で動いている時というのは、言動の予測をつけやすい。

でも、女性心理ということになると、わからないことのほうが多い。

奴隷が女性心理にもとづいて動いている時というのは、結構、お手上げだったことがある。

もちろん、奴隷の前で、お手上げだなんて、言わないし、そんな態度も取らないが、正直、もてあますことがあった。

「う…」

と、思って、なぜそうなる?と、奴隷を理解しようとして、頭のなかで、必死に考えを巡らせていたことなんかは、何度もある。

女性心理で動いている時の奴隷は、何を考えているのか、よくわからない。ということがある。

にも関わらず、私の奴隷は、全て女、牝奴隷。

牝奴隷というのは、その名の通り、女で奴隷。

ということは、女性心理と奴隷心理の両方を持っている。

奴隷としての自覚が大きくなってくると、女性心理を、奴隷心理が上回ることが多くなるのは、見ていてわかったのだが、初期の奴隷なんかは、確実に女性心理のほうが大きいと思う。

わかりやすいところで言えば、奴隷に命令をすることなんかでもいい。

「足を舐めろ」

その命令というのは、奴隷は、おそらく、奴隷心理の側で受け止める。

要するに、M性に対する刺激。

だから、奴隷心理に基づいて、行動する。

調教中は、ほとんどそうだから、私にとっては、奴隷の行動は、良い意味で、先が読めることが多い。

この命令に対しても、

「はい」といって、私の足に舌を這わせる(命令に従う)場合もそうだし、

「それは…」と躊躇し、屈辱感と戦う(命令に従えない)場合もそうだ。

どちらだったとしても、私の想定範囲の中に奴隷が居ることが多い。

もっと言うなら、「そんなこと、できない!」と奴隷が切れたとしても、それにも、あまり驚かないと思う。

もともと、屈辱に対する、M性があまりないとか、その日、その時は、屈辱が、M性で、快楽に変換されずに、そのまま屈辱として、受け取ってしまったとか、奴隷の顔を見ていると、そういうのは、分かる気がする。

また、初心者奴隷であれば、足舐めがいきなりできないこともあるというのは、私もわかるから、そうなったときに、どうするか?というのは、もう考えるまでもなくわかっている。

奴隷心理からの奴隷の言動というのは、想定範囲内に入っているというよりも、私が入るように躾けたのかもしれないが、それほど外れたことはない。

それは、私の支配欲を満たしてくれたということでもあると思う。

たまに、いきなり、私の考えを超えて、奴隷らしかったりして、驚くことはもちろんあったが、それも、嬉しく思ったことのほうが多かった。


でも、調教を終え、一緒に過ごす時間など。

私は、それでも、奴隷に対しては、御主人様として振る舞ったし、奴隷も私をそういう存在として見ていたと思う(常に奴隷としているように躾けた)が、必ずしも、奴隷心理だけで、私の言葉を受け取っていたとは限らないと思っている。

むしろ、調教や、プレイの時以外は、女性心理の方で、私の言葉を受け取っていたり、反応していたことが多いように感じる。

例えば、

「ちょっと、足、見せてみろ」

調教中に、きつく縛りすぎたかもしれないと思った時などは、調教後に、その部分を見せろということがあった。

私としては、当然、確認しておきたいわけで、それは、調教後の当然のことだと思っていたりするのだが…。

「後では、ダメですか?」

なんて言い出す。

私は、もしも問題があるなら、早く見るべきだと思っている。問題があるなら早く対処しないといけないからだ。

だから、

「ダメだ。今、見せろ」

と言うのだが、奴隷は、

「でも、今、浮腫んでいるので、恥ずかしいです…」

なんてことを言い出す。

浮腫んだ奴隷の足だって見たことがあるし、私にしてみると、浮腫んでいようがなんだろうが、奴隷の足は大切なものだ。

そこに問題があると困るから見せろといっているのに、素直に見せられない。

その理由が、”恥ずかしいから”。

その前の調教中には、私の前で散々に恥ずかしい格好をさせられているのに、それでも、足のむくみが恥ずかしい。

理解に苦しむ。

でも、これが、多分、奴隷が、女性心理の側で、私に接していた部分なのだと思う。

普通の女性が、彼氏に、むくんだ足をあまり見せたくないと思う気持ちというのは、ある場合も多いと思うが、それが、そのままに出てきているように思えた。

でも、この例くらいなら、奴隷の想いも、段々とわかるようには、なっていったのだが、他にも数々ある、女性心理から来たのであろう、奴隷の思考というのは、私の想定範囲を、軽く超えてくれる。

そんな場面には、散々に遭遇した。

もちろん、だから嫌だ、というわけではない。

奴隷から、女性心理を取り去ったら、それこそつまらないだろうと思う。

女性心理はあっていい、というよりも、”女”であることは強く意識しているほうが私は好きだ。

「奴隷が女であること」は私にとって、とても重要なことだ。

だから、私にとって、女性心理によって動いている時の奴隷も、とても可愛いものなのだが、そういう時の奴隷というのは、大抵、頑固に、”女性心理の奴隷”になっているので、私の苦手分野で、活動している。

なんとなく、手が届かない存在のようにも感じることがあった。


「御主人様という生き物は、女性を知り尽くしている」

というのは、多分違うのではないかと思う。

少なくとも、私という、御主人様は、そんなことを胸を張って言えるとは、到底思えないし、もしも、私のことを、女の扱いが上手いと思われる方がいらっしゃるのであれば、その認識は間違いだろう。

御主人様という生き物は、奴隷を知り尽くしているかもしれない。

でも、女性を知り尽くしているとは、限らない。

私の場合、とても、そうは言えない。


そして、奴隷というのは、特に、女性をわかりにくくしてしまう。

奴隷であることで、女性であることを覆い隠してしまうことがよくある。

ノーマルな女性なら絶対にしないであろう、恥ずかしいことでも、御主人様の命令であれば、また、そのように調教され、躾をされていれば、それを普通のこととして、やるからだ。

簡単にいえば、躾が済んでいる奴隷に、「股を開け」と命令して、躊躇はしても、開かないことは、おそらくあまりないだろうが、

普通の男女関係で、彼女に「股を開いて」と言ったところで、恥ずかしがって開くのを頑なに拒む女性は、結構いるのではないか?と思う(私はノーマルな恋愛経験があまりないので、これは、推測だが…)。

私は”女性”との付き合いよりも、”奴隷”との付き合いのほうが、圧倒的に長いから、自分の奴隷が”女”でありながら、女性をあまり知らない気がする。

私は、元御主人様ではあるが、女性の扱いがうまいわけではない。

女性心理をくすぐるような、上手な話ができるわけでもないし、気の利いたことをして、女性を喜ばせることもない。

私がやるのは、ただ、奴隷を自由に使うことと、それから、奴隷が幸せだと思えるのだろうと、あくまでも、私が思うことを、一生懸命にする。ということ、くらいだ。

これは、ずっと思ってきたことでもあるから、もう少し、女性心理がわかると、私も、奴隷に対して、もっとうまく接することができていたのかもしれない。

奴隷に対して、ではなく、”女性”に対して、私は、かなり不器用なほうだと思う。

自惚れを許してもらえるなら、主従の世界に酔わせる力は、人並み以上には、あるつもりだが、女性を酔わせる力はイマイチと言っていいと思う。

そんな私だ。

でも、だから、私は多分、”女性”を”奴隷”として扱うことを、躊躇なく、選べるということでもあるのだろうと思う。

私は、私の全ての牝奴隷に、精一杯に愛情を向けて接したつもりだ。

でも、それは、”奴隷”に対してはそれなりに、上手く向けられたかもしれないが、”女性”に対しては、うまく向けられなかったかもしれないなと思う。

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2014/01/26 21:25] | [ 編集 ]

はじめまして。
いつも興味深く読ませて頂いています。
私のお相手もvetさん同様、女性心理はあまり把握できていないようです^^
S男さんの大半がそうなのかもしれませんね。
時として、それがじれったくなり、イライラすることもあります^^;
この世界にいる人たちは、恋愛よりもSMの関係を、より強く求める人が多いからなのでしょうかね。
M女さんは、恋愛ありきのSMを求めるのかもしれませんが・・・
[2014/01/27 00:51] URL | 薫子 [ 編集 ]

vetさんこんにちは
過去にコメント2回してるんで、はじめましてではないんですが、なんせ自分のHNを覚えていなくて…すみません
だからまたまた新HNです

あります
女脳と奴隷脳
2通りの考えの狭間で悩むことも多いです
私は主に恋をしていますが、奴隷の立場を選びました
だから時折、奴隷を続けるための邪魔な考え(=女脳)がでてきて苦しくなることがあります
奴隷を持つ方は大変ですね
奴隷は多重人格者ですもの(笑)
[2014/01/27 08:24] URL | まこ [ 編集 ]

vet様
こんばんは。

記事の内容、凄くよくわかります(笑)
奴隷のスイッチのオンオフとでもいいましょうか…
恥ずかしい姿を見られていても、ムダ毛を見られるのはそれよりも恥ずかしい、とか。プレイ中は足を開いて見せていても、お風呂上がりは裸では恥ずかしい、とか。

それ以外にもたくさんありますし、女の部分というのがあるからこそ、恥ずかしさや被虐感も心理の中で生まれるのだと思います。
それがなければ、ただの羞恥心のない女になってしまいますから(笑)

ちょっとしたことで不安になったり、悲しくなったり、そういう不安定さは、奴隷になるMは一般の女性よりも強い気もします。
前の記事にありましたが、だからこそ「重い女」と言われることも多いのがMです。

奴隷の気持ちを、受け入れてくださるご主人様には、奴隷は感謝していると思います。
主従の形にもよるかもしれませんが。

[2014/01/29 20:45] URL | dollis [ 編集 ]

vet様
こんにちは。
vet様のブログを拝見して自分でも主の前で
奴隷心理の時と女性心理である時がある。
自分では主様と一緒の時は常に奴隷心理で
あると思ったのですが、確かに普通の会話の中では
女性心理である私。
なんかちょっと反省です。
やはりいつでも主様の前では奴隷心理でいなくては
いけませんよね??
[2014/01/31 15:18] URL | マル [ 編集 ]
面白いです
こんにちは。とても面白いエントリーでニコニコ読ませていただきました。散々恥ずかしい事しているのに・・本当に仰るとおりです。
でも、裸体を縄で縛られた後でも、口の周りにご飯粒がついているのを指摘されることは恥ずかしい事です。素の私の部分は恥ずかしいと照れてしまうのです。照れ隠しで逆切れする可能性も♪M女の取り扱いは、どうぞご慎重に♡
[2014/02/11 22:25] URL | とうこ [ 編集 ]

>2014/01/26 21:25にコメントくださった匿名希望さんへ
やはり、意識するかどうかは別にして、切り替えはしているのだろうなと思います。それは、奴隷の側も、御主人様の側も。
ですから、奴隷の側が、奴隷心理では、恥ずかしくないことも、女性心理になった途端に恥ずかしく感じるというのは、理屈としては、正しいのかな?とも思えます。
匿名希望さんも、普段との違いということで、それを感じるとするなら、そういう風に考えると、いいのかもしれません。体験談を書いてくださってありがとうございます。
それから、私の今後のエントリーも、楽しみにしてくださっているとのことで、嬉しいです。ゆっくり更新になっていますが、徐々に書いていきたいと思います。


>薫子さん
はじめまして。ブログ読んでくださってありがとうございます。
確かに、女性心理に疎い御主人様というのは、私も含めて、多いような気がしますし、女性の側は、主従と言いつつも、恋愛感情を持っている方が多いのも、私は感じます。
ですから、そこで、かみ合わなくなることも出てくるのかもしれませんね。
御主人様は、奴隷心理の側で考え、奴隷は女性心理の側で思考する時が多くなればなるほど、チグハグになってくると思いますので。


>まこさん
コメントしていただくときには、ハンドルネームでしか、私も識別できませんので、以前とはちがうHNで書かれると、ちょっとわからないのですが、それでも、このように、以前に書いたことがあると、教えていただけると、そうなんだなと思いながらお話できますので、助かります。
仰るとおり、確かに、奴隷は、考えようによっては、多重人格なのかもしれませんね。女の時と、奴隷の時の、2つを持っているということですからね。
でも、御主人様側もそれに合わせて、普段の時と、御主人様であるときを、上手くマッチングさせて行くというか、御主人様の状態に、奴隷を合わせることができるなら、きっといいのでしょうけれども、なかなか、難しいところだなと思います。
やはり、お互いに相手をしっかり見るということが、大事な気がします。


>dollisさん
奴隷には、奴隷であることだけを求めるのではなく、女の部分も私は求めていましたから、dollisさんが書いてくださった通り、羞恥とか、そういうものは、女の部分から出てきているのだろうと思いますし、それがあるから、羞恥調教なんていうことも、成立するわけですよね。
どちらか、一方だけなら、わかりやすいかもしれませんが、どちらか一方だけだと、主従としても、成立しにくいということもあるなと、コメントを拝見しながら思いました。一種のジレンマですよね。

一般の女性と、M女性では、やっぱり、考え方の傾向が少しちがうというのは、私も感じるところです。もちろん、すべての人がそうだとは言いませんが、そういう部分もあることは、御主人様としては、わかっていて、受け入れることが必要なのでしょうね。


>マルさん
必ずしも、御主人様の前では奴隷心理でずっといなくてはいけないとは限らないと思います。
私も、奴隷とSMをしている時には、奴隷心理でいることは求めますが、一緒に買い物をしたり、食事をしたり、そういう時に見せる、奴隷の女の部分というのは、好きでしたね。ですから、それが、私には理解することが難しいということは、認めるのですが、女性心理を排除したいということまでは、考えたことは無いんです。
マルさんの御主人様が、そのあたりのことを、どのように考えておられるか?はわかりませんが、私が知るかぎり、SMや調教以外の、普段のことも、奴隷と一緒にするタイプのご主人様でしたら、女性心理は、受け入れやすいというか、必要としているようにも感じます。


>とうこさん
M女の取り扱いは、慎重にですね。了解いたしました(笑)
主従の雰囲気の中では自分で許せる恥ずかしさと、その雰囲気の中でもやっぱり許せない恥ずかしさ、なんていうこともあるのでしょうね。
それこそ、ご飯粒がついていたら、調教中でも、別の意味で、かなり、恥ずかしいでしょうから。
今回、女性心理と、奴隷心理という風に2つに分けましたが、それ以外にも、常識とか、マナーとか、そういうものからくる、恥ずかしさなんかもあるなと、思いました。


[2014/02/18 23:50] URL | vet [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2016/05/04 13:08] | [ 編集 ]

>2016/05/04 13:08にコメントくださった匿名希望さんへ
メールでのお返事をご希望とのことでしたので、メールを送らせていただきました。
そちらを読んでいただければと思います。
[2016/05/08 16:15] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報