理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふと、今日の日付を見て思ったので、書いておく。


私は、奴隷に愛情を持って接していたいと思う。

関係を続ける中で、愛情は育つものだとも思っているから、いきなり、それができていたとは言わないが、

最終的に、愛情を向けないままに、奴隷を飼っていたことはないと思っている。

奴隷は、私のS性をぶつける対象であると同時に、私の、多分、自分勝手な愛情を、ぶつける対象でもあった。

愛情っていうのがどういうものなのか、未だに、わかったようなわからないような、そんな気がしているけれども、でも、私が思うところの愛情は、これまでの全ての奴隷に対して、持っていたと思う。

奴隷が、納得したものだったかどうかは分からないが。

御主人様なのだから、奴隷が納得するかどうかなんて気にする必要はないのかも知れないが、私は、奴隷が、私の奴隷であることを幸せに思えるような、愛情を持って接していたかった。

これは、私がしたいこと。私の意思。

私の思う、奴隷への愛情っていうのは、こういうものだ。

その形は色々だった。

押し付けがましいものだったり、勘違いだったり、私の思い込みだったり、していたかもしれない。

それは、受け止めていた、私の奴隷にしかわからないが、私の精一杯だった。

これからも多分、精一杯のことしかできないと思うが、私は、そうすることでしか、主従を持てないと思う。

愛情のない主従や、SMなんていうのも、たくさん見てきた。

それを良しとする人、望む人、望まないのに、そこに追い込まれて泣いている人も見てきた。

愛情のない関係を否定する気はないけれど、羨ましいと思ったこともないし、そもそも、私がそんな風に、ある意味、ドライに、奴隷を飼うことができるとも思えない。

奴隷にとっては、面倒かもしれないし、お節介で、うざったいかもしれないけれど、私は、奴隷に、痛みや、屈辱や、羞恥や、支配などと、同時に、愛情を与えたかったというか、それがあるのが普通だと思って接してきた。

今も、そう思っている。

主従と愛情の話。

前にもエントリーにしたことがあるが、読み返してみたら、何やらすごくややこしいことを書いていたので、ちょっと苦笑した。

あれも私の考え方ではある。でも、こと、私だけに限れば、今回のように書ける。

というよりも、書いてみたくなった。

御主人様であった私の、奴隷への愛情のこと。

メールなどで、よく聞かれることでもあるし、私のある奴隷が、とても気にしていたことでもあり、そして、私が大事にしてきたことの一つでもあるから。

愛情で繋がった主従というのは、とてもいいなと、今の私は素直に思える。

でも、ただ一つの問題は。

今日の話は、かなり照れくさい。ということだ。


テーマ:主従関係 - ジャンル:アダルト

とてもわかります
こんばんは。寒い日が続きますね。
vetさんが奴隷の皆さんのことを思って、色々試してから実践していたというエントリーが多く見られたので、とても奴隷皆さんは愛されているなと思っていました。
自分が奴隷を飼っている時、奴隷の気持ちはわからないしわかろうともしてなかったのかな、とエントリーを読んでいてふと思ってしまいました。
愛情は確実に持っていました。けど伝えられなかった。こんな感じです。
vetさん達が、とても羨ましく感じています。
まだまだ寒い日が続くようなので、お体に気をつけてくださいね。
[2014/02/18 22:07] URL | かしぐれ [ 編集 ]

>かしぐれさん
本当に寒いですね。雪害もかなり酷いですよね。
体調にはお気をつけてお過ごしくださいね。

私も、愛情は持って居たといえると思いますが、伝わったかどうか?というのは、未だに悩むところです。
もしも、愛情がちゃんと伝わっていたのなら、別れることはなかったのではないか?別れるべき事情を乗り越えることができたのではないか?という部分にどうしても、私は結びついてしまうのです。
ですから、私も、かしぐれさんと同じ思いは持っていますよ。
自分の心の中を、全部伝えるのは、御主人様としては、雰囲気を壊してしまいそうで、怖い。でも、伝わっていて欲しいという、そんな無茶な欲求が私にはあったような気がします。
[2014/02/19 00:29] URL | vet [ 編集 ]

vet様

主従関係はさまざまなのだと思いますが
基本奴隷への愛情がなければ
主従関係は成立しないと思います。
私も含め奴隷になる人は
表には見えない心の闇だったり
幼少期による親から愛情が十分でなかったり・・・
さまざまコンプレックスを抱えた方が
多く見受けらせる気がします。
そんなちょっよ普通に恋愛だったら厄介な
奴隷をしっかり育てる守ると決意に中で主様は
奴隷を飼う。ここに愛情がないわけないと。
感じます。だから奴隷もその愛を感じ
以前vetさまが
かかれた記事のように、
主の為にが、真の願いになるのだと
思うのです。
[2014/02/19 15:48] URL | マル [ 編集 ]

エントリーとコメントレスを拝見して、いままでお聞きしたかったことを聞いてみようと思って来ました^^
もしかしたら、過去に同じ質問をしてしまっているかもしれないので(ずっと聞きたいって思っていたから、聞いた記憶と聞きたい思いが混ざってしまっている可能性も否定できないのです^^;)、不都合があったらスルーしてくださいませ。

vetさんが奴隷さんに愛情を持って接していらしたことは、このエントリーや過去エントリーからも伺うことができます。
お優しい方だと思うので、きっと奴隷さんの様子をきちんと見ていろいろ考えていらしたのだろうなというのは伝わります。

ただ、ご自身も自覚されていると思いますが、もともとの性格や『ご主人様』というポジションゆえ、その愛情を積極的に表現されなかったことを時々省みている言葉を拝見すると、疑問が湧くんです^^

もし、今後vetさんが奴隷さんとお付き合いをされるときは来るとして、次はどのようにされると想像しますか?
これまでのスタンスと変わらない『ご主人様』でいるのか、それとも、ブログから垣間みられるような感じを言葉にして伝えるようにするのか。

スタンスは変えないのか、それとも『きちんと伝わっている』とご自身で思えるように変えるのか。

どうだと思いますか?

もちろん、お付き合いする奴隷さんの個性によって変えるかもしれないのでタラレバな想像ですし、私の質問に答える筋合いは基本的にないのですが、もし、今後のことを想像したことがあるようであれば教えていただけたらうれしいです^^

[2014/02/20 21:02] URL | りん子 [ 編集 ]
今日
今日はこのブログの5周年でしょうか。
おめでとうございます。

と、申し上げて良いのか、解らないですが・・・
たくさんの記事を、本当にありがとうございます。
[2014/02/20 23:34] URL | み [ 編集 ]

>マルさん
主従関係とはいっても、やっぱり、人間関係ですからね。そこで繋がっていくためには、気持ちの部分で、分かり合うことって大事ですよね。
そういう意味で、愛情というのは、一つ大きな、ものだと思います。繋がるための、とても太い鎖にすることができるものかなと。
奴隷になるM女性の中に、コンプレックスとか、幼少期のトラウマとか、そういうものを持っている人というか、それをとても重荷に思って、背負っている人が、多いようには、私も感じます。
そういう奴隷を持った場合には、特に、愛情をかけて、守っていく必要があると私も思いますし、その愛情を、奴隷が感じてくれたなら、奴隷も、それなりのものを返してくれるのだと思います。
そんな中の一つが、主の願い(したいこと)が自分の願いになるということなのでしょうね。
マルさんのおっしゃること、そのとおりだと思いました。


>りん子さん
鋭いご質問ですね(笑)
でも、私としても、それは考えないといけないことでもあると思いますし、実際、考えますので、それをまとめるような意味で書いてみます。

ご質問にストレートにお答えするなら、「わからない」が一番、正しい答えかと思いますが、主従をそれなりに長く経験し、その後、こういうブログを書いて、整理していく過程で、考えが変わってきたことというのはあります。

初期の私は、明らかに御主人様としてのプライドというか、自分の気持ち、本心を口に出してしまっては、主従の雰囲気が壊れるのではないか?ということから、言わずにいた、というか、言えずにいたのだと思います。最たるものが、愛情の表現でしたね。ですから、初期のころは、まさにプライドが邪魔をして、言えなかったんだと思っています。
でも、今は、プライドがないというわけではないのですが、そんなプライドでガチガチに守らなくても、主従は、主従として成り立つというか、成り立たせることが、多分出来るだろうと、私は思えるのです。
昔に比べると、丸くなったと思われるかもしれませんが、逆に、そんなプライドから出る、言動の制限など使わなくても、奴隷を主従の世界にしっかり繋ぎ止めておく方法がある気がするんです。何を言ったにしても、押さえるべきところを押さえておけば、私の思う主従になるだろうと、今は考えられます。奴隷を見て、受け止めて行くことなんかも、しっかりとやっていくと、そういうことに繋げられると思えるようになりました。なので、多分、昔に比べたら、愛情表現は可能だと思っています。

ただ、私は、照れくさいのですよね。これは、御主人様だからとかそれ以前の問題として、性格的に、女性を喜ばせるようなことを言ったり、やったりするのが、苦手というか、恥ずかしいというか…。なので、「わからない」というのが、答えかなと思っています。
昔よりも、愛情表現を邪魔するような、御主人様プライドからくる縛りは、なくなったと思っています。でも、性格は、変わらないものかなと思うのです。恥ずかしながら、私は、この歳になっても、女性を前にすると、照れくさいのです…。なるべくそんなことは出さないように頑張っていますが。
ですから、りん子さんの予測通りの答えになるかもしれませんが、相手になる、奴隷次第ということにもなるかなと思っています。その奴隷が、言ってやらないと、なかなかわからない奴隷だろうなと感じたなら、私は照れくささを押してでも言うでしょうし、言わなくても、感じてくれているなと思えるなら、言わないかなと思います。

でも、「伝わっている」ということを、昔よりも重視するとは思います。ブログを書きながら、私の気持ちが、奴隷に伝わっていたかどうか?ということが、とても気になっている自分に気が付きましたので。それは、改善していきたいところです。


>みさん
確かに、5周年なんですね。
全く気がついておりませんでした。
ブログを始めた時って、その時の勢いというか、気持ちがあふれてしまっていましたので、夢中で書き始めた感じで、日付とか、あまり意識しておりませんでした。

気がついてくださって、また、お祝いの言葉をいただけて、とても嬉しいです。
ありがとうございます。

[2014/02/21 00:04] URL | vet [ 編集 ]
五周年おめでとうございます
お互い既婚のパートナーを持っているreiです
普通の男女愛とは明らかに違うけど、相手から愛情を感じています
性愛だけだったら続かないです
愛しさ…に近いような…
もちろんアガペー的な意味で一番愛してるのは旦那です
他の方も話されていますが、私も愛情の足りない環境で育ちました
だからだと思うのですが、私の一番好きな格好は「喋ることすらままならないなにも出来ない塊」にされること
なにも出来ない私を受け入れてくれること・慈しみながら責め立ててくれること が私の一番望むプレイです
ガチガチに縛られているのに・意思表示もほとんど出来ないのに、解放感に包まれます
「本当の私」と感じるからでしょうか
[2014/02/21 00:53] URL | rei [ 編集 ]

vetさんって、とってもかわいらしいですよね(∩∀`*)
ブログから伺える御主人様像は、きっと奴隷さん達も、きゅぅ〜❤︎ってなっていたんじゃないかなって思います。

[2014/02/24 10:05] URL | もものすけ [ 編集 ]

色々なブログを拝見していて思うことがあるのですが・・
私は、主従という枠組みでのお話しがちょっと苦手です。
その枠にはめることに、なんだか違和感を感じることがあります。

愛の深さは、普通の恋愛も同じですよね。
主従だからなんちゃらとか、そういうお話しって、本当はないんじゃないでしょうか?
[2014/02/24 10:37] URL | もものすけ [ 編集 ]

vet様、ありがとうございます。

愛情がなければ、それはただの性欲だと思います。S様にとっても、Mにとっても。
ノーマルでも、浮気や遊びがあるし、それをSMに当てはめただけのこと…

愛情があるからこそ、自分の秘めた思いを話したり、身を預けたり、そういうことが出来るのです。
私は、愛情がないのに、相手に心や身体を開くことはできません。

ご主人様と私の関係は、今までとは徐々に変わってきていて、私はもう奴隷とは言えないかもしれません。
SMでしか愛情表現の出来ない恋人…という感じでしょうか。

それが、ご主人様と私の関係なので、それが良いとか悪いとかは思いません。そんなのは主従ではないと言う方は、もちろんいらっしゃると思いますけど(笑)

奴隷は妻や恋人とは別、と言うのもわからなくはないですが、SMを浮気や遊びの言い訳にはして欲しくないですね。

こんなことをコメントしたら、怒られちゃうかな(笑)






[2014/02/24 21:31] URL | dollis [ 編集 ]

不躾な質問に丁寧に答えてくださって感謝いたします。
わたしの質問に対してはぐらかすことなく真正面から答えてくださる姿勢にvetさんの人柄が感じられます。

本来なら、ここでおしまいにしておくほうがいいのわかっているのですが、どうしてももうひとつお聞きしたいので、いまいちど質問をさせてください。
もちろん、不適切であればスルーしていただいてもかまいません。

ご主人様という立ち位置や本来の性格から可能かどうかは置いておいて、でも、愛情が伝わっているかを重視される(かもしれない)とのことですが、それも、vetさんにとって『ご主人様』なのでしょうか。

最初の頃のガチガチした主従ではなくても奴隷さんを主従の世界に繋ぎ止めておかれるようになっても『ご主人様』であったように、もっと愛情を伝えることを重視したvetさんも、vetさんにとって『ご主人様』になるのでしょうか。

ごめなさい!!
わたしの中で、いまの『ご主人様って、奴隷ってなんだろう?』がテーマになっているんです。
何をもってして『ご主人様、奴隷』なのだろうという答えが知りたいんです。
たくさんいらっしゃる『ご主人様』全員に聞くことは不可能ですし、vetさんお一人の今後のスタンスを聞いても1ケースにしかすぎないのですが、ここまではぐらかさないでお話を続けてくれた『ご主人様』や『主様』はいないんです(みんな、逃げちゃうの^^;)

だから、教えてください。
形が変化しても『ご主人様』であるのか、どうか。
お願いいたします。

[2014/03/03 21:40] URL | りん子 [ 編集 ]

かなりお返事が遅れてしまいまして、申し訳ありません。
エントリーにも書きました通り、仕事と生活面でちょっと忙しくしていたものですので、もうしばらくこんな感じですけれども、気長にお付き合いいただけると、幸いです。

>reiさん
5周年のお祝いのお言葉、ありがとうございます。
いつの間にか、こんなに書いていたのだなと、感慨深いものがあります。読んでいただいてありがとうございます。

やはり、性的な快感だけではなく、愛情を感じるから続くということなのですね。
私も、体だけではダメだなというのは、やはり思っています。心があるから、人は繋がり、その繋がりを維持したいと願うのだと思います。

自分が開放されるプレイというのが、特にこれというふうにある、M女性もいらっしゃいますね。reiさんも、ガチガチに縛られて、動けない時に、開放感を感じるとのことで、本当に、性癖というのは、色々なものに影響を受けて、できているのだと思いますし、また、同じM女性といっても、個々に違うことを、しっかりと意識する必要があるなと、感じます。


>もものすけさん
かわいらしいですか。そう言われると、なんだか照れくさいのですが、やっぱり、愛情というのは、主従というアブノーマルな関係であっても、つながりを保つためには、欠くべからざるものだと思います。奴隷たちがどう思っていたかは、わからないのですが、それでも、私の愛情が、届いていたなら嬉しいですね。

もものすけさんがおっしゃるように、愛情という側面から見ると、主従という枠組みに入れなくても、いいというのも確かにそうかもしれませんね。気持ちの繋がりということでは、主従も、恋愛も、人と人との深い関係ですから、それをある枠にはめてしまうことに違和感を感じるというのは、私もわかる気がします。
ただ、普通のセックスではなく、行為としてのSMをしているということになると、その関係は主従であろうと考える方が一般的であると私は思うので、そういう風に書いてあるブログも多いのだろうと思います。私も、そういう世界にどっぷりと浸かってきたので、違和感はあまり感じない一人ではありますけれども、それに違和感があるなら、もものすけさんは、もののすけさんの視点として、その枠を外してしまって、まっさらな気持ちで、読んでみても問題無いと思います。
私は、主従であるかどうかを決めるのは、本人たちであると思いますし、また周りからみて、それがどう見えるか?ということも、見る人に委ねられていることであると考えます。

>dollisさん
愛情があるからできることというのは、あると思います。愛情がなければ、心も体も開けないというのは、仰るとおりだと思いますし、自分の奴隷含め、たくさんのM女性を見てきましたが、そういう方々も、dollisさんと同じように思う方が多いように感じます。特に、SMをするというと、一般的には、気持ちがなくても行為をする、性にだらしないようなイメージがあるかもしれませんけれども、私が見てきたM女性の多くは、ノーマルの人と同じかそれ以上に愛情を求め、それを根拠にして、主従関係を作っているように見えました。

dollisさんと、ご主人様の関係も、変わってきたとのことですが、それは、私も、自分の奴隷との間で感じたことがあります。
そして、その変わったことにお互いにしっくりと来ているのであれば、問題無いと思います。それが、よく言われる主従とは違うものであれ、お互いに幸せな関係というのが、一番ですよね。
それを主従と呼ぶかどうかは、本当に気にしなくていいと思いますよ。もものすけさんへのコメントでも書きましたが、主従かどうかは、本人たちが決めればいいことだと思いますので。

私が怒るかもって思われたようですが、そんなことはないです。
dollisさんのように考えるのも、私は、十分に説得力のあることだと思います。


>りん子さん
いえいえ、ご質問はいつでも、遠慮なさらずに。むしろ、遠慮されると、逆に寂しいですから(笑)
今回もご質問とのことで、私なりに思うことを書かせていただきますね。

私は、形が変化しても”ご主人様”であると思います。愛情をもっと表現するようになったとして、何が変わるか?と考えた時に、奴隷に伝わる、私の気持ちの度合いが変わるのだと思います。今まであまり伝えなかったことを伝えるようになることで、奴隷の私への理解が深まると思います。また逆に、奴隷がそれに対して、何か別のことを言ったり、やったりをしてくれば、私の奴隷への理解も深まるのだと思います。
お互いの理解を深めるという意味があると考えています。理解が深まることと、関係が変わることは必ずしも、イコールではないと思います。もちろん、理解が深まったら、自分たちの関係は、本当は、べつのものなのだよねとか、思うかも知れません。そうなったら、ご主人様と奴隷ではなくなる可能性もあります。でも、逆に私が思う、望む、関係を奴隷がもっと深く理解し賛同してくれるなら、私のご主人様であることというのは、さらに、奴隷は強く感じることになるのではないか?とも言えると思います。
ですから、やってみないとわからないことではあるのですけれども、私は、ご主人様であり続けると思っています。
私が奴隷と関係を持つときの根幹には、やはり”主”があり、それに”従”がいるというものがありますので。その部分が揺らがない限りは、私はご主人様なのだろうと思っています。”主”として、愛情を注ぐことが私がすることなのだろうと思っています。
それから、もう少し単純に、SM行為をするときには、やっぱり、雰囲気とか、その世界観というのは、必要なものだと思います。そこでは、ご主人様という立場でないと、私は、多分、SMはできないと思いますし、S性は満たされないと思います。
そういう意味も含め、ご主人様であるだろうと思いますよ。
[2014/03/30 10:26] URL | vet [ 編集 ]
愛情って
はじめまして。
SMの心理がよくわからず、調べていてここにたどり着いた者です。

愛情ってなんなのでしょうね。。。

相手が喜ぶと思ってそれを受け入れようと努力はするけれど、
心底嬉しいわけではない。きついだけ。
そういう私は多分無理してるだけなんだろうなぁと思ってしまいました。

すみません、ひとりごとです。
[2014/05/13 16:07] URL | 通りすがりの仔猫 [ 編集 ]

>通りすがりの仔猫さん
はじめまして。ブログ、読んでくださってありがとうございます。
ひとりごとでも、書いてくださって、通りすがりの仔猫さんが、何か得られるものがあるなら、嬉しいと思います。

愛情とは、私にも、よくわからないものでもあります。相手のためにすること、また、相手のためにあえてしないことも、愛情だったりしますよね。
ただ、無理をすることというのは、愛情から出たことであっても、きついと思います。愛情と同時に、”幸せ”と感じられることというのも、関係を続けていくのであれば、必要なものであると私は思います。無理の無い範囲で、できること、またできないなら、断ることなんかも、やっぱり、その時に応じて、必要になってくるものだと思います。
[2014/06/03 23:26] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。