理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン

恋愛系のオフ会なんかで、話をした時に、

「奴隷がいるなら、いつでもセックスできていいですよね」

というようなことを、男女関係なく、言われたことが、結構ある。

皮肉というか、批判というか、そういう意味を込めている人もいれば、他意はなく、そういう行為ができることを、羨む気持ちで、言っていた人も居たと思う。

それは、どちらだったにしても、私は、そのままに受け止めてお話をしたのだが、その時に、心のなかで、苦笑いしていたことが一つあった。

それは、

「別に、セックスできるからってわけでもないんだけどな…」

ということ。

これは、後のほうになってから、特に思うようになったことだ。

初期の頃は、調教というか、奴隷と会って、二人きりの部屋に居る時に、セックスをしないことというのは、ほとんどなかった。

だから、この指摘のように、”いつでもセックスできる”というのは、奴隷の価値として、大きくあって、セックスするために、奴隷と会っていたと言われても、反論できないだろうと思う。

でも、徐々に、奴隷と居るときにすること、というよりも、一緒にいることの意味が、私の中で、変わっていった。

その結果として、やることが変わったと言う方が、正しいか。


性処理に代表される、性的な行為、調教、躾に代表されるSM行為(S性を刺激されること)、会話、食事、…。

これ以外にも、奴隷と一緒に居た時にやったことといえば、たくさんあるのだが、それら色々な事柄について、意味合いが変化し、それにともなってやり方も変わった。

セックスに絞って言えば、それをするかどうか、というのは、あまり大きなことではなくなっていった。

私が、奴隷との時間に求めていたのは、性欲のはけ口として使うという、だけではなく、もっと、別のものだということに、いつしか、気がついた。

だから、”いつでもセックスできる穴”として、奴隷を飼っているのだと、言われると、違和感を感じるようになったのだと思う。


まず、主従としての雰囲気の中にいることが”気持ちいい”ということに、いつの間にか、気がついていた。

主従という、ちょっと不思議な、空気が心地いい。

これは、主従関係を持ったことがなければ、理解し難いことかもしれない。

奴隷が奴隷としての立場にいて、私が御主人様としての立場にいる。

それを、ある程度以上の緊張感と、雰囲気の中で、強く感じられる時間。

そんな時間を過ごすことが、奴隷と一緒にいたいと思う、大きな要素だと思った。

日常の中には、絶対に無い時間。

心地よい時間。

主従として、一緒の時間を過ごすことの意味というのは、主従であることそのもの。

立場に違いがあること、辱め虐げ貶め、支配しつつ、本気で守りたい対象。

それが、目の前にいることによって、S性が刺激されていることが、大きいと思うようになった。

奴隷が床に正座し、私がそれを見下ろす位置にある、椅子やベッドに腰掛ける。

気まぐれに、奴隷の顔や、首筋や、髪を触る。頬を打つ。

首輪や、リードや、髪を引き、頭をこちらに向けさせる。

乳房を乱暴に掴む。

性器を無造作に蹴る。

土下座をさせ、頭に足を載せて床に押し付ける。

足を舐めさせる。

奴隷に、理不尽なことを言っては、困らせる。

主従としての会話をする。



ただ、椅子に座り、奴隷を前にしただけでも、こんなことをして、時間を使っていられた。

それが楽しかった。

こんな楽しみが、セックスをしなくても、他にもたくさんあった。

これらは全て、性的満足感ではなく、S的な満足感だ。

私の性器に触れさせてもいないのだから、確実にそう言えるだろう。

だから、「いつでもセックスできていいですよね」という風に、御主人様である私が当然持っている権利を指摘する言葉は、私にとっては、なんだか、違和感があるものになっていた。

「確かに、言うとおりだが、それだけがよくて奴隷と一緒の時間を過ごしているわけでも無いんだが…」

そんな思いがあった。

そして、自分の奴隷に対して、そう思うのは、多分、その奴隷のことが好きだからだ。

こういうことを言うのは、照れくさいし、奴隷には言わないことではあるが、好きな女(奴隷)と一緒にいたい、好きな相手だからこそ、そういう行為だけでも、楽しい。

私は、Sだから、好きじゃなくても、S性を刺激されれば反応はする。

快感にも感じる。

それはある。

でも、それなりに多くの時間をこんな過ごし方でも、満足できたのは、やはり、奴隷のことを好きだと思っていたからだと思う。

普通の男女関係で、好きな人と話をしているだけでも楽しいという経験がある人は多いと思う。

セックスしなくても、一緒にいるだけで嬉しい。

それは、恋人同士なら、普通に湧いてくる感情なのではないかと思う。

それと同じ感じで、私は、上記のような、軽い行為でも、好きであるからこそ、より強い刺激となり、奴隷と居ることを、とても楽しめたのかも知れないと思う。

私の愛情表現というのは、こういうことだったのだろうなと思う。


とはいえ、私はもともと、セックスが好きだ。性欲も大きいほうだ。

だから、セックス抜きで終わる調教というのは、そんなに多くはなかったのだが、それでも、好きなようにセックス(性行為)できるから、そのことだけで、奴隷を持ちたい、奴隷と会いたいとは、私は思っていないのだろうなと、自覚している。

別に綺麗事を言いたいわけではなく、素直にそう思っている。

奴隷との時間というのは、私なり(Sなり)のやり方ではあるが、愛情を確かめられれば、また、奴隷の奴隷たるところを見られれば、それを支配し、同時に守っている感覚をしっかりと持てたなら、それが一番嬉しい時間だったように思う。

こういう言い方は、それこそ本当に綺麗事に聞こえるかもしれないが、

奴隷のことが、単に、好きだから一緒に居た。

という、だた、それだけのことだったのだろうなと、最近は、思うようになっている。

付き合いが長かった奴隷もそうだが、とても短い時間しか一緒に居られなかった奴隷も居る。

でも、今まで奴隷にしてきた、全てのM女のことを、私は好きだったのだと思う。そう思える。

恋愛でいうところの”好き”と、私の奴隷に向けた”好き”は、また少し違う気もするのだが、やっぱり、それを表現するなら、”好き”ということになるのだろうと思う。

それ以外に言いようが無い気がする。

だから、一緒にいた。そのことを幸せに思って過ごしていた。

そういうことだ。


それにしても、今回のエントリーは、結構、照れくさい…。



テーマ:主従関係 - ジャンル:アダルト

お久しぶりです
お仕事お疲れ様です
HPの更新が嬉しく 読ませていただいてます

“いつでもセックスできて(私の場合は していただけて)いいよね”

その言葉は私の中でもやはり違和感ですね
なんだか上記の言葉の中には
いつでもセックスをしてもらって 身体の快感を得たり、性欲求の解消ができて羨ましいというニュアンスが大きく感じられてしまうのです

けれど、正直それだけならば
単純に技術としてのセックスがうまい人とすればいいじゃないという思いがあるんです

私がご主人様の側にいさせていただくときに 喜びを得るのは
もちろん、性処理の道具として使っていただけるのは嬉しいのですが
それ以上に 食事に出かける時、運転するご主人様の横顔をぼーっと眺めていることができたり

ふとした時に、ハンドルを操作していない手で髪や首筋を撫でていただいたり

散歩中 「いつでも近くにいろ」と引き寄せてくださったり

そんな一挙手一投足を私に見せてくださること自体が喜び
ただ一緒にいて、私が側にいることを許してくださることが
単純に性器の刺激という意味でのセックスよりも、快感と思えます

それは、思い込みかもしれませんが
vet様が仰るように、ご主人様が多少なりとも私に向けて愛情を持ってくださっていたからのように思えます


[2014/08/13 08:03] URL | 草音 [ 編集 ]

vet様

こんにちは。
なかなか主従関係をなさっていらしゃらい方には
理解出来ないのかも?しれないですね。

映像などの反乱する世の中。
理不尽に女性を使う場面などが
多いと感じます。
きっとそんな所を想像するのでしょう。

だけど、それだけが主従でなく
いつでも上下の関係は変わらにままに
食事だってするし、会話もするし
散歩も昼寝だってする。
互いが非日常だと思われがちな
世界の中で、互いがそれを望む世界で
知らない方には理解出来な世界だと思います。

私の主様もお前の乱れ苦しくとも仕える姿が
見たい。でも、一緒に甘い物1つ分け与えながら
食うのが好きだ。と
おしゃる。きっとvet様もそうんなだ
と、今日のエントリーを拝見して思いました。
生意気申しまして、失礼しました。

[2014/08/13 14:49] URL | マル [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2014/08/13 21:42] | [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2014/08/14 10:16] | [ 編集 ]
好きの種類
こちらにコメントとして書くのは初めてのような気がします。

 「好き」「大事」という感覚。
昨日丁度そのようなことを考えて、ツイッターに呟いていました。
私はマダマダひよっこなので主の想いはわからない。でも好きなように使うためだけならこんなに遠い女を奴隷にしないのかな?あんなに三日間も一緒の時間を費やしてはくれないのかな?ぼんやりとですが、そんなことを考えていました。

 その中でのこのエントリー。心の奥に響きとても温かなエントリーでした。
[2014/08/14 10:20] URL | 愛依☆あい [ 編集 ]

なんとなく私の気持ちに丁度リンクするブログ内容で、あれ?
どこかで見られてるんじゃ? と、ひとりで笑ってしまいました。
[2014/08/14 18:15] URL | shin [ 編集 ]

vet様
とても素敵なエントリーに
コメントせずにいられませんでした。

緊張感のある空間で過ごす
ご主人様との時間は
私にとっても幸せな時間でした。

考えや、求めるものが違い過ぎ
中途半端に躾けられたまま
私達は別れてしまったのですが

vet様のエントリーを読んで
救われました。

ありがとうございました(*_ _)









[2014/08/17 00:15] URL | 桜 [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2014/08/24 00:28] | [ 編集 ]

こちらへのコメントは初めてかもしれません。

私は逆に、「(逢う時は)毎日することが奴隷としての幸せ」だと考えていました。
ある意味、ステレオタイプな考えですよね。
ネット世界で出会い、ご主人様が私の住む町に移住してから1年。
最初は、毎日していたけど、会ってもしないことが増えてきました。
私に飽きてしまったのかという不安で、押しつぶされそうになりますが、曰く、私の体調や家庭環境を慮ってのことのようです。
それを信じて、大切にされているのだな、と思います。

信じてる私は愚かかもしれないけど、仕事を辞めて縁のない、気候も異なる町に、私の近くにいるために移住してくれたことを考えると、嘘をついているとは到底思えないのです。

私には小さな娘がいるので、自宅では激しいプレイができないことも、不満ではあります。配慮だとわかっていても、時々切なくなります。

そんな時は、悲鳴をあげそうになるくらいに、乳首を噛んで、引っ張ってもらのです。
今は、その瞬間が、幸せです。
[2014/08/25 01:32] URL | 瑠璃 [ 編集 ]

皆様、お返事がかなり遅れてしまいまして、申し訳ありません。
メールもそうなのですが、かなりゆったり返信になっておりますので、申し訳ないのですが、じっくりお付き合いいただけると、幸いです。


>草音さん
お久しぶりです。
HPの更新、なかなか出来ずにおりまして、私も、もっと更新したいので、歯がゆいものです。でも、更新を喜んでいただけて、とても嬉しく思います。

草音さんも、そのように感じることがあるとのことで、私の奴隷も、私が好きだったと同じような思いを私に対して持っていてくれていたのであれば、幸せなことだったなと思います。
奴隷に、好きだといわれたことは、ありますし、それを信じていないわけではないのですが、草音さんが書かれたような、ふとした瞬間の仕草だったりとか、そういう、”一緒にいることに意味がある”、もうすこし言えば、”この人”と一緒にいるからいい。という風に、思われる、存在で居たいものだなと思います。
そう考えた時には、やはり、「いつでもセックスできていいね」という、誰かの言葉は、違和感に感じるのでしょうね。

草音さんの場合も、御主人様との関係がセックスだけでつながっているのではないとのことで、すごく素敵なことだなと思います。
良い関係を続けていってくださいね!


>マルさん
やはり、SM関連のAVの影響などは大きいと思います。
ああいう映像で、主従の愛情といいますか、気持ちの交流を描いたものというのは、なかなか見当たらないですから。
どれも、奴隷を使うこと、いかに激しく、貶めるか?映像として迫力や、卑猥な感じを出すか?ということに注力されているのでしょうから、仕方がないとは思いますが、そこで、本当の主従の気持ちの部分が、勘違いされてしまうのは、寂しい物があります。
とはいえ、やはり、主従を実際に経験しないと、難しいことではありますよね。

仰るとおり、主従だって、食事も、会話もしますし、一緒にテレビを見て、笑ったりもするんですよね。

そして、私も、一つのお菓子を分けあって食べるようなこともしたいと思います。そういうことから、奴隷との絆というのは、出来ていくものだと思いますし、それが、幸せなのだろうと私も思います。

マルさんの書き込みが、生意気なんてことはありませんよ。本当に私もそう思いますので。そういう関係って、いいなと思います。



>2014/08/13 21:42にコメント下さった、匿名希望さんへ
お返事が不要とのことでしたが、せっかく書いてくださったのですから、私からも、書かせてください。

本当に、仰るとおりで、一緒に居る時間が長ければ、調教や性処理をするだけで、過ごすなんてことは、ないですからね。そんなことをしていたら、身体が壊れます(笑)
他にも、普通のことをやるということは、なかなか、わかってもらえないのかな?とも思います。
私の場合には、普段から、主従の上下の関係だけは崩さなかったですが、だからといって、常にSMのことだけ考えて一緒に居たわけではありません。

匿名希望さんは、奴隷には向かないとのことですが、そういう欲求もお持ちなのですね。
なぜ向かないのか?とか、そういうことはわかりませんが、できれば、相性の良い方が見つかるといいですね。幸せというのは、つかむのは難しいものかもしれませんが、手を伸ばさないとつかめないものでもあると思います。
もしも、気が向いたなら、少しだけでも手を伸ばしてみるのもいいかなと思います。その手を掴んでくれる、そして、強く引っ張ってくれる人が、匿名希望さんに、見つかるといいなと思います。

なんて、お節介なことを書いてしまいまして、すみません。



>2014/08/14 10:16にコメントくださった、匿名希望さんへ
読んでくださってありがとうございます。
確かに、御主人様が皆、私と同じ考え方だとは言いませんし、私も色々とお話をさせていただいた経験上、そうは思わないのですが、私は、こうだったかなと、思えたので書いてみました。

素直に、そういうことを書くというのは、どうも、照れくさいものですね。
しかも、匿名希望さんにかわいいなどと、言っていただきまして、さらに照れくさくなりました。
でも、こういうことを書けるようになった自分のことを、私は、良かったなと思っています。
気持ちを整理できてきた証なので、それは嬉しいですし、そのように、読んでくださる、匿名希望さんのような方がいてくださることを幸せに思います。


>愛依☆あいさんへ
コメント、ありがとうございます。

その奴隷に時間を割きたいと思うこと、というのは、”好き”であると、直接言ってしまっていいかどうかはわかりませんけれども、少なくとも、他の人とは違う存在であり、少なくとも、一緒の時間を過ごしたい相手であることだけは確かだと思います。

そして、SMをするとか、セックスをするだけであれば、本当に、それだけをさせてくれる場所はいくらでもありますよね。でも、そうではなく、奴隷を持ち、SM以外のことも、一緒にやろうとするなら、そこには気持ちが、あるのだと私は思います。
少なくとも、私は、気持ちが向かない相手と、わざわざ一緒にいたいとは思わないと思いますから。

エントリー、温かいものと感じてくださったのでしたら、嬉しいです。


>shinさんへ
そうだったんですか。さすがに見るのは難しいですね(笑)
でも、shinさんの心に触れるお話であったのであれば、良かったです。



>桜さんへ
私のエントリーを読んで救われたといっていただけて、書いた甲斐がありました。
幸せな時間というのは、本当に大切な思い出ですよね。
私も、色々と、奴隷との間で、埋められないものが出てきてしまって、今までの奴隷とは全て別れてしまっていますが、こうして書くことで、なんとか、自分の気持ちを整理しておりました。
桜さんのお気持ちが、少しでも、休まればと、私も願います。
こちらこそ、エントリーを読んで下さり、コメントもくださり、ありがとうございます。


>2014/08/24 00:28にコメントくださった、匿名希望さんへ
私は、好きだとか、愛していると、伝えたことは、あります。
ただ、それは、別れ際だったりと、タイミングを見事に外しておりまして、そういうことを言うのが、ものすごく下手なのでしょうね。
もともと、照れくさいものですから、なかなか言わないですし、軽々しく言うべきものでもないようにも思っております。そして何よりも、匿名希望さんが、心配してくださったように、主従として、それを主側が言っていいのか?というプライドのようなものも、持っていました(今も多分、持っています)。
なので、この気持ちと、それを表現することの兼ね合いというのは、難しいですよね。私も、うまく出来る自信はないです。
毅然としたM女性も素敵ですね。そう決意されたのなら、是非、貫いてください。



>瑠璃さん
プレイから感じる幸せとか、愛情というのもありますよね。
気持ちだけではなく、SMやセックスをすることで、肉体で、というか、事実として確かめるものも、ありますね。
どちらが、よりいいか?ということではなく、どちらであっても、それが、幸せであり、絆を持って一緒に居ることの証明として、思えるならそれがいいのだろうと思います。

それにしても、瑠璃さんの御主人様はすごいですね。そこまでしてくれる人というのはなかなか居ないと思います。
私も、遠距離主従は経験したことがありますが、仕事を変えて奴隷のところに行くということは、考えることもなかったと思いますので。
そのように、行動で示してくれることは、信じて良いのではないかと、私は思いますよ。本当に、素敵な主従ではないかと私は思います。
[2014/09/06 22:56] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報