理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン

今回は、ノーマルな方にしてみると、少し、酷いと思われる話かも知れない。

少し前のエントリーのように、奴隷を好きだと思っていたのも私だし、そして、これから書くような、S性や自分の興味をただぶつける相手として、奴隷を見ていたのも、私。

どちらも、私という、一人のS男。

そんな話だ。


私は、正直にいって、普通のセックスは、あまりうまくないと思う。

性処理という形で、奴隷を抱くことが多かったから、いわゆる”普通のセックス”は、私は多分、下手だろう。

そう思っている。

もちろん、奴隷を性処理に使うという場合でも、性的な快感をちゃんと与えたいと思えば、それなりのことをするし、雰囲気や、その時の気持ちも、とても大事だから、そういうものは、ちゃんとするのだが…。

それでも、やっぱり、ノーマルにセックスをした経験が、同じくらいの年齢の男性よりも圧倒的に少ないと思われるので、私は、普通のセックスは、下手なのだろうと、自分では思うのだ。

別に、それを引け目に感じているわけではないのだが、御主人様になるような人間は、セックスがうまいと思っておられる方が居るなら、少なくとも、この世に一人は、下手な奴も居るということだけは、覚えておいたほうがいいと思う。


ただ、私の場合、女の体への知識という意味では、ノーマルな男性とは、少し違ったものを持っているとは思う。

というのは、私は、奴隷の身体を好きなようにいじっているからだ。

いじっている、というよりも、分析している、と言う方が正しいかもしれない。

性器はもちろん、口の中も、アナルもそうだし、他の場所も、私が触りたいと思ったら、好きに触っている。

性器を開いて、ライトを当てて中を見ながら、場所を確かめつつ、触って、奴隷の反応を調べてみたこともある。

力を入れてみろとか、足を動かしてみろとか、深呼吸してみろとか、そんなことをさせたりもした。

女性器というのは、私には、付いてないので、特に初期の頃は、とても、興味をひかれるものだった。

他人の一部を、身体に受け入れるための穴っていうのは、男である私にすると、なにか、間違ってるんじゃないか?と思えるくらい不思議なものだ。

自分の身体の中に、他人をそこまで受け入れることなんて、私にはできない。

健康診断の肛門検査ですら、逃げているのだから。

そんな、興味深い穴。

女性器の中がどうなっているのか?

私が気にならないわけがない。

どんな色で、どんな形になっているのか?

力を入れると、どこが動くのか、そういうことを、確かめたくなる。

そして、その奴隷は女性器の中のどこに触れると、どんな反応をするのか?ということまで、私は知りたかった。

だから、徹底的に調べてみたりする。


普通のセックスのときに、そこまでする男は多分、あまりいないだろう。

なによりも、そんなことをしたら、女が、黙ってないと思う。

セックスするときは部屋の電気を付けることですらも、女は嫌がるかもしれない。

それなのに、性器の中まで、ライトを当てて、自分の興味の向くままに、調べまくった、私のようなことは、おそらくできない。

よほど理解があれば、させてくれるのかもしれないが、セックスをするということで、裸になったからといって、性器をジロジロ見られるのは、おそらく、大抵の女が、拒否すると思う。

でも、私の場合には、奴隷は私の”物”だったから、興味があれば、そこを私に差し出させる。

どんなに、恥ずかしかろうが、屈辱的であろうが、関係なく。


昔から、なにかの仕組みに興味がわく。

おもちゃなんかでもそうなのだが、ひと通り遊んだあとは、大抵のものは、分解する。

ネジを外して、どうしてこういう風に動くのか?というのを調べるのが楽しかったりする。

多分、それと同じ。

女性器の中がどうなっているのか?なんてことは、知らなくても、性処理に使うのには、支障はないのだが、やっぱり、気になるのだ。

ラジコンが動く仕組みなんて知らなくても、楽しく遊べるのだが、私はそれでは、つまらない。

やっぱり、どうしてちゃんと走るのか?を知りたい。

気になる。

調べてみたくなる。

たとえ、相手が女でも。

そういう意味では、私のパートナーが、奴隷だったというのは、好都合だ。

おもちゃと同じように、”物”として扱える。

「股を開いて、性器を晒せ」

と命令すれば、その姿勢でずっといるのだし、股を開いた状態で縛ってもいい。

奴隷は私の興味を満たしてくれた。

その身体で。

そして、散々に中を見たあと、

「無様な格好だな」

なんて言って、放置したりする。

仕組みや構造がわかると、それで満足することもある。

だから、調べただけで、性処理に使わずに、終わることもあった。

そんなとき、切なそうな表情をする奴隷の顔を見ることも、楽しかった。


だから、私は、セックスは下手だろうが、奴隷を性処理に使っている時、今、どういう状況なのか?というのを、把握することは、おそらく、他の男よりはできていると思う。

例えば、自分のペニスが当たっているところが、多分こんな色なんだよな、とか、そんなことを想像できる。

更に言えば、呼吸したり、力を入れたりということで、女性器がどんなふうに動くのかが、だいたい分かるので、ペニスを入れた時に、

「ちょっと深呼吸してみろ」

とか言って、思ったところが動くのがわかると、嬉しかったりする。

私が思ったように動いている。

仕組みを知るというのは、こういうことだ。

当然だが、御主人様が、みんな、こんな事をしているわけではない。

これは、私がやったことだ。

奴隷を本当に”物”として、それこそ、子供の時に、分解した、”おもちゃ”と同じように、その中身を把握することが楽しかった。

理系だからと、書くと、他の理系の方々に、思いっきり怒られそうなので、そういうわけでもない。

多分、私だけ?のことだ。

性処理をするにしても、別に必要のないことなのだが、良いことがあるとすれば、どこをどう触れば、奴隷がどういうふうに反応するのか?が、わかるということだ。

奴隷が性的に興奮しやすい場所や、しにくい場所がわかるので、奴隷の性的欲求を満たすか、満たさずに焦らすか?を私が選択できるということ。

簡単に言えば、イかせるか、イかせないかを、自由にコントロールできる。

はずなのだが…。

そんなにうまくいくわけがない。

”奴隷”と”おもちゃ”の違いはここだ。

精神的な作用を考えないで、こういう知識だけで何とかしようとしても、無理な話。

それは、嫌というほど思い知らされた。

奴隷(女)というのは、特にそうだ。

刺激のみでも射精できる、男と違って、気持ちが乗らなければ、奴隷(女)が、イクのは難しい。

雰囲気を作り、盛り上げていき、気持ちを乗せて、その上で、適切な行為をする。

また、セックスに入る前から、相手との関係を、しっかりと築く。

安心して、身を任せてもいいのだと、信頼させる。

それが、多分、セックスのうまい人のやり方なのだろう。

なのに、私は、性器の構造だとか、そういう知識に頼りたがる。

仕組みがわかれば、それでうまくいくような気になる。

悪い癖だ。

だから、セックスが下手なのだと、私は思っている。


奴隷は、性器の中までも、好きに見ることの出来た、分解できる”おもちゃ”と同じだったかもしれない。

でも、しっかりと接しなければ、快感も、幸せも、感じられない、おもちゃとは、到底言えないものでもある。

「お前は、俺の”おもちゃ”だ」

と、散々に言ったのに。

奴隷と接してみて、たくさん使い込んでみて、思い知ったことの一つだ。

そして、これが、奴隷が、他のどんな、おもちゃよりも、一番おもしろいと思う部分だ。

本気でぶつかって、受け入れて、気持ちを注いで、信頼を得て、始めてちゃんと動く、”奴隷”というものは、私にとって、最高の”おもちゃ”だと思う。

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2014/09/21 00:58] | [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2014/09/21 12:14] | [ 編集 ]

こんにちは、vetさん♪
何事にも「徹底的」なvetさん、さすが〜な記事ですね!
ライトを当てられて性器検査…ほえ〜(*pωq*)
vetさんのおもちゃになれた女性は、最高に幸せですね(((uдu*)ゥンゥン
[2014/09/22 10:17] URL | もものすけ [ 編集 ]

vet様

こんにちは。
「最高のおもちゃ」これは奴隷にとって褒め言葉です。
主様のお好きなようにお使いいただける。
主様への忠誠心は手をしっかり繋ぎ後ろから着いてい行く事を
許されたから。その感謝の気持ちは身体をお使いいただける事
でも、使ってもらえて、その後には主様から奴隷の身体を
開放し解き放つ何度も登りつめる快感にさらなる
忠誠心を誓う。
これは全て「受け入れて、気持ちを注いで、信頼を得て」が
あってこそだと思います。
だけど散歩も食事もする。
続きエントリーがとても深く暖かです。vet様。

[2014/09/22 15:38] URL | マル [ 編集 ]

vet様

エントリー今回も拝読させていただきました

“おもちゃ”という言葉は
とても不安定な存在な言葉の印象があるように私には思えます

『壊れたら捨ててしまうもの』
『飽きたら 他の新しいものに買い替えることができるもの』

しかし 一方で
『愛着があるから処分することができないもの』
『側に置くことで、落ち着くことができるもの』
・・・という印象を持たれる方もいらっしゃるでしょう

ご主人様から「お前は俺のおもちゃだ」というお言葉を受けた時
私の中では
自分自身では何も決められず、ただこれからご主人様に使っていただけるのだという喜びと同時に、先ほど申し上げた恐怖感が襲ってきます

いずれ捨てられるのではないか
飽きられたら次の方をお探しになるのではないか

時にはそんな不安を見透かしたように
「他のやつで処理してもいいのか?」というお言葉を投げかけられるご主人様に対して頭を振るしかない私を楽しそうにご覧になるご主人様が怖くなる時もありますし

逆に
“お前は俺の側で一生おもちゃとして使われるのが一番似合っている”という言葉に喜びを感じる時も

ご主人様の仰る
“おもちゃ”がどういった意味を孕んでいるのか
それを察するのも奴隷のお役目なのでしょうが
それがうまくできない私はまだまだ未熟な奴隷だなと思わされてしまいました
[2014/09/24 00:33] URL | 草音 [ 編集 ]
オモチャ か。。。
お久しぶりです。

お元気でしたか?

主観です。
がっかりです。私はこのエントリーに大変失望しました。
そんなね、産婦人科の先生でもないのに。。。
専門的にスキルを身につけたら訳ではないでしょう。
実験か何かのつもりなんでしょうか?
オモチャか、なるほど。
奴隷に、オモチャか。。

私はとても誉める気にはならない。

オモチャとして扱われ、性的興奮、性的欲求を満たせる、
あなたに責任を求めない(結婚を望まない)
そういう女性じゃないと 勤まりませんね。

Mってだけで、なんだかすごく損な気持ちになりました。
今回のエントリーに対しての私の主観です。

こういう意見があるということを、知っておいてください。

エントリー自体はとても楽しみですよ。

貴方の存在がM女性の気持ちを満たすことも十分わかっています。

寒い冬が来ますね。
人肌恋しい季節になります。
今年の冬は、お互い暖めあえる存在に会えますように。



[2014/09/28 17:50] URL | みーたん [ 編集 ]

>2014/09/21 00:58にコメントくださった匿名希望さんへ
理系らしいと思われましたか。ちょっと苦笑してしまいます。
良いか悪いかはわかりませんが、というか、人の感情というのものを、理系的に分析して考えることは、どちらかと言うと、冷たい印象になるかもしれませんが、私の考え方の根本というのは、こういうところにありますので、どうにもならない感じです。

匿名希望さんが仰るとおり、普通のおもちゃと、奴隷というのは、同じように扱うことができたとしても、やはり向ける気持ちとか、そういう要素を抜きにしては、触れることすらできないものですから、本当に、矛盾したい存在かも知れません。
というよりも、むしろ、理系的に理解しようとすると、困難なもので、感情として納得していくことのほうが、より大事なのかなと思います。
ただ、私には難しいことでもありましたね。ですから、必死で奴隷のことを知りたかったのかなと思います。体の構造はもちろんですが、気持ちの方を。


>2014/09/21 12:14にコメントくださった匿名希望さんへ
そうなんですよね。やっぱり、いくら、”玩具”だと言ったとしても、そこに気持ちがなければ、やはり奴隷(女)というのは、本当の気持ちよさには、到達できないように私は思います。仰るとおり、漫画の中の話ですよね。
男は、性器を刺激されるだけで、射精に至りますが、女性はそうならない事が多いなと、いやというほど思い知らされました。
だから、玩具のように肉体の構造を知るというのは、知ること自体もありますが、その行為によって、”玩具”として扱われているという意識を奴隷に持たせることでM性を刺激し、それが雰囲気を作る一つの流れになっていたとこともあるかもしれません。
ただ、そういうことがあったにしても、やはり、信頼関係などがなければ、きっと、奴隷は、M性を発揮することもできなかったと思います。

照れくさいことを書きますが、愛情を感じられるかどうか?というのは、ノーマルな女性にとってもきっと大切な要素だとは思うのですが、奴隷にとっても大切なのだと思います。主従だからといって、愛情が無くてもいいというところまで意識がいける人というのは、実際には、かなり少ないように感じます。

時間を重ね、じっくりと信頼を築き、愛情を育むことは、ノーマルか、アブノーマルかに関係なく、きっと必要なことですよね。


>もものすけさん
徹底的というか、やっぱり、素直な気持ちとして、かなり気になったということですね。理系人間のサガかも知れません。
それをされた奴隷たちが、どう思っていたか?というのは、あまり聞いたことが無いですが、そのことで、自分がノーマルな女性ではない、奴隷という存在であることを、確認して、M性を刺激されることで、幸福感を得ていたのであれば、嬉しい事だなと思います。


>マルさん
ありがとうございます。
私の奴隷たちもそのように感じて居てくれていたのであれば、いいなと今更ながらにですが、とても強く思います。
これについては、感想というか、おもちゃにされることでの、私への気持ちの変化などを聞いたことは、あまりなかったので、マルさんが、思っておられるような感じで、考えてくれたなら、嬉しいことです。
私は、おもちゃと言いながら、受け入れたいと思い、また、本当に好きな気持を向けていたいとも思っていました。ただ、私はそれを表現するのが、おそらくかなり苦手なので、どのくらい伝わっていたのか?というのが、気になるところです。
おもちゃと、いいながらも、その相手と、散歩や食事など、普段のことも普通にすることを、変だと、他のS男性に言われたこともありますが、そういうことも含めて、私に取っては、奴隷であり、”おもちゃ”になりうるものだったのですよね。
矛盾しているかもしれませんが、私はこの関係というか、奴隷に向けた気持ちだけは、忘れたくないなと思います。


>草音さん
”おもちゃ”という表現に、意味をもたせるのは、おそらく御主人様側なのだろうなと思います。もちろん、奴隷にとっても、意味はあるのですが、奴隷をどう思うか?という観点から見た、”おもちゃ”ということの意味は、御主人様の中にあるものだと思います。
私にとってのおもちゃ、というのは、エントリーに書いた通りで、本物の玩具のように扱うことができる反面で、やはり気持ちを向けていたいし、受け入れていたいし、すぐに捨てられるものではなかったです。

でも、私が、知っている、S男性の中には、本当に、捨てることをなんとも思わない”おもちゃ”として、奴隷を”持っていた”人もいました。そういう話をしておりましたので。その話が、どこまで本当なのか?はわかりませんが、少なくとも、そういうことを口にするような感じで、奴隷に接している人も居るんですよね。

ですから、草音さんが、おっしゃることはそのとおりと思います。同じように、御主人様が、”おもちゃ”といったとしても、それが何を意味するのか?というのを、しっかりと、認識することが、奴隷の側には必要なのだろうと思います。

それは、奴隷が察するのか、御主人様が、示すのか?はわかりませんが、私のように、示すのが、どうも苦手な御主人様の奴隷は、迷うことも多かったのかもしれないなと、草音さんのコメントを拝見しながら、思いました。


>みーたんさん

これは私が、過去の奴隷にしたことです。それをそのままに書いていることですから、がっかりされたというのは、それはそれで、みーたんさんの感じ方ですので、それについて私から、何か、「そうではない」とか、説得するかのようなことを言うべき類のものではないですよね。
ですから、がっかりされたのであれば、私は、みーたんさんにとって、がっかりするようなことを、過去にしていた、また、考えていたのでしょうし、また、もしかしたら、私の奴隷も、私に対して、その頃、みーたんさんと同じように、もしくは、当事者として、もっと深く傷ついたり、失望していたかもしれないという、可能性が、あるのだなと思い知りました。
私の考え方や、過去にしてきたことについて、とても考えさせられる内容のコメント、感謝しております。
なかなか、否定的なことは、書きにくかったと思いますが、それでも、ご意見を素直に、書いてくださってありがとうございます。
また、何かありましたら、こういうご意見でももちろん構いませんので、コメントいただけると嬉しいです。

こちらはかなり寒くなってきました。
確かに、人肌恋しい季節になりましたね。
お互いに、心から暖まれるような相手が見つかりますように。願っております。
[2014/10/11 21:55] URL | vet [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2014/10/12 20:56] | [ 編集 ]

>2014/10/12 20:56にコメントくださった匿名希望さんへ
仰るとおりだと思います。
私は、何かと理屈をつけてごちゃごちゃと考えたがるタイプですが、シンプルに、「主様が大好きだから」で、すべて、説明がつくこと、解決すること、かもしれませんね。
もちろん、すきだからこその悩みというのも、ありますが、最初に、相手を好きになることというのが、あるから、その後の悩みも出てくるわけで、その気持がなければ、きっと何もない、冷たい関係になってしまうのだろうなと、私は考えます。
そういう気持ちがなくても、SM行為や、性行為だけで、つながっている人も、居るのは確かですが、私には、それはできないなと、思います。
奴隷とは、身体の関係もありますが、心の関係もあり、その両輪で、歩いて行きたいと私は思います。なので、奴隷を受け止めていたいと思ったのだと思います。
心をつなげていくこととか、シンプルに、「好きだから」と考えられるようになるのは、難しいことかもしれませんが、そうなれた時には、とても幸せな気持ちになれるのだと思います。
[2014/10/13 00:27] URL | vet [ 編集 ]
よくある、SM行為かと感じました
以前お仕えした私のご主人様はクスコをお持ちになっていて、色々穴の中を観察なさるのがお好きでした。
(もちろん、医療関係者ではありません。)
さらにグリグリと、私の内臓を触られて、ご主人様はとても楽しそうでした。

ちょっと怖いので、私はやりませんでしたが、クスコを使った拡張プレイなども、結構メジャーなSMプレイだと認識しています。

SM行為は危ないこともたくさんありますので、注意しないといけないですね。
(^^;)

私としましては、例えば、「さっさと射精して、終了!」みたいな男性よりも、ネチネチと時間をかけて、ご主人様は私に興味を持って、観て下さるのだと感じて、SMとはこういうものだと思っていました。

vet様の行為は、「診察」とか「改造」ではなくて、単なる「観察」ですから、医療行為には全く該当しませんし、「知らないからこそ、あえて観察したい」という、ごく自然な、普通の?変態行為だと思います。

私はvet様のこのエントリーは、変だとか、良くないとか思いません。
観察プレイがお好きなS様は、結構いらっしゃるかなと、思っています。
[2014/10/18 05:17] URL | わんこ [ 編集 ]

>わんこさん
わんこさんの以前の主様も私と似たようなことをされていたのですね。
クスコでの女性器拡張系のSMプレイというのは、確かによく見かけますね。私は、主従になる前は、クスコというのは、それなりにマニアな方がお持ちなのかなと思っていたのですが、私の周りでは、結構、持っているという人がいらっしゃって、当時、ちょっとびっくりした器具の一つです。
なので、私にとっても、性器の中を見る、観察するというのは、メジャーなプレイという感覚は、あります。
ただ、奴隷としては、恥ずかしいと思うとか、怖いと思う人も居るようですね。
性器というのはデリケートな部分であり、それを器具で開くというのは、リスクが無いわけではないので、そのように危機感を感じる方もいるのだなという認識はあります。やってはいけない行為だとは思いませんが、仰るとおりに、注意してやるべきことだと私も思います。

私が奴隷に感じていたのは、愛情という部分や信頼ということもあった上でのことではありますが、精神に対する興味、肉体に対する興味というのも、多くありました。
ですので、射精してそれだけで、あっさりおしまいということは、私もあまりなかったですね。わざとそうして、奴隷に精神的な調教をするということはありましたが、基本的には、時間をかけてじっくりと、刺激を与えることが楽しかったように思います。
また、話をすることなんかも、しっかり聞きたいと思っていましたので、時間はかけたかなと思います。
ネチネチというのは、私もそうですね(笑)

私のしたことに賛否両論あるのは、わかりますので、それはそれとして受け入れるつもりです。人によって、色々な思い、考え方がありますから。

そして、わんこさんが、私の行為を変だとか、良くないとか思わないとおっしゃってくださるなら、M側から見た時にも、問題なかったと思えますので、私が奴隷にしたことが、少なくとも悪くなかったのであれば、良かったなと、ホッとします。
[2014/11/13 12:13] URL | vet [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2016/05/01 13:18] | [ 編集 ]

>2016/05/01 13:18にコメントくださった匿名希望さんへ
メールでのお返事をご希望とのことでしたので、メールを送らせていただきました。
そちらを読んでいただければと思います。
[2016/05/08 16:19] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報