理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン


奴隷が、自分を大切にしていないと思われることを言ったり、やったりしているのを見るのは、辛かった。

調教中は別だが、自分で自分を、けなす言葉には、私は返す言葉をあまり持っていなかった。

「私なんて…」

から始まる言葉を、結構、奴隷が口にしたように思う。

それが寂しかったし、残念に思った。

でも、それに対して、「自分を大切にしろ」なんて、私には、あまり言えなかった。

御主人様として、その立場としてもそうだったし、私にも、自分を大切に出来なかった時期があった。

奴隷が、そんな言葉を発する気持ちが、私にも分かったし、それを言いたい心境も察することができたから。

今でも、自分を大事にできないときというのは、あるくらいだ。だから、奴隷が相手でも、安易にそんなことは言えなかった。

私の口から、「自分を大切にしろ」なんて言葉が出たら、それは、とても説得力のないもののように思えた。

だから、私が言ったのは、「お前は俺のものだ」、「お前は、俺の所有物だ」ということ。

奴隷は私の所有物なのだから、奴隷が自分を大切にしないということは、私のものを大切にしないということだ。

奴隷なのだから、御主人様のものを大切にするのは当然だ、と。

詭弁だと思う。

理屈にも成っていない屁理屈だ。

言葉遊びかもしれない。

でも、それで、奴隷が少しでも自分を大事にできるなら、詭弁だろうと、屁理屈だろうと、言葉遊びだろうと、構わない。


これは、私という存在を通して、自分を認めることだと思う。

それは、本来の自分を認め、自信を持って生きることとは、少し違うと思うのだが、まずはそこから入るのでもいいから、奴隷には、自分を許してやってほしいと思った。

自分は自分でいいのだと、ほんの少しでも、思って欲しいと思った。

そんな奴隷を、まずは私が私の物として、全部認めてやる。

それが、私の受け入れ方の一つだったと思う。

調教をしているときなどは、奴隷の駄目なところを言って責めたりするのだが、そんなことをしたとしても、私は、奴隷の全てを認めていたいと思っていた。

私はそんなことをしながらも、私も奴隷に認めて欲しいと思っていたのかな?と、ブログを書き始めてから思うようになった。

私も、奴隷に認めて欲しかったんじゃないのか?と。

まずは奴隷に、「御主人様がいいです」と、思っていて欲しかった。

でも、奴隷はそんなことはあまり言わない。

その代わり、奴隷が言うのは、「私は、御主人様のもの(所有物)です」ということ。


「お前は俺のものだ」という言葉。

それに対して、「私は御主人様のものです」と奴隷が本気で思ってくれたとき、それを確認できたとき、私は自分を認められていたのだろうなと思う。

そして、それも、また、奴隷という存在を通して、私が私を認めたということ。

結局、主従とは言っても、同じなんだなと思う。

認めてほしい相手が居て、その人が認めてくれたら、まずはそれが嬉しい。そして、その上で、自分で自分を認められるように、なっていくものなのかも知れない。奴隷も、そして御主人様も。

これは主従関係に限ったことではないと思う。

彼女や彼氏、尊敬する先輩や上司や、友達なんかでもいい。

もっと広く社会に認められるとか、そういうことでもいい。

例えば、結婚をするということは、恋人に認めてもらった証を公にし、披露するようなものだと言えるだろう。


人は、誰かに認めてもらって、そのあとで、自分を認める場合が多いように思う。

最初から、自分を自分だけで認められる人というのは、なかなか居ないのではないか?少なくとも私には難しいなと、自分で思う。

主従関係において使われる、私もよく使った、「お前は俺の物だ」、「俺の所有物だ」という言葉。

これを、私は、主従だからということで、使い始めたのだろうが、それは、いつの間にか、奴隷を認める言葉になっていたのだと思う。

”お前は俺の所有物”

これは、奴隷を認めることだ。

お前でいいんだということ。

そこには、自分に自信を持てという真意があったと思う。

他の関係とは違って、ストレートな言い方はしないから、ひねくれた認め方かも知れない。

ちょっと、不器用なやり方のようにも見えるが、主従という関係も、相手を認め、また自分も認めてもらうための一つの道なのかな?と思う。

そして、自然に、お互いを認め合うことができたなら、それは、とても幸せなことだと私は思う。


Vet様

奴隷になる女性はなかなか自分を好きになれない自信がない方が
多いと思います(私も含め)
ですから、やはり主様に必要されてる実感があると幸せな気持ちになれる。
自分の事よりまずは主様をこんな奴隷を飼ってくださる主様への感謝の
想いで一杯なのです。自分に自信がないから・・・

主様より先日。お前がお前の悪口を言うなら
私の持ち物の悪口を言っているのと同じ。
だから自分の事、悪く言うな。ってこれって
Vet様と同じ事だな。て、嬉しくなりました。

私を慕う者など少ないがお前のように
大きく慕ってくれる者がいればそれで充分。
と、言ってくださって、私も少しは主様のお役に立てていると
自信になりました。

[2015/02/12 14:00] URL | マル [ 編集 ]
VET様へ
私も今回VET様が仰った
自分を大切にしない 自己評価の低い人間の一人でした

一時は
自分のようなものに価値を見出す人間なんていない
だったら
いっそのこと、とことんまで壊れれば、自分に期待していざという時に“裏切られた”と思わなくて済むのではないかと
色々な方法を取ったこともありました

奴隷となり、主を持つ方の一部は主の事をは
自分の性癖の受け皿と位置付けている方もいらっしゃるでしょうが
その一方で、自らの弱い部分も汚い部分も全てを受け入れてくださった方だからこそ従うという部分がありますし

逆に
主さまの他の人間には見せない油断した部分や、疲れた部分
心の中にある欲望 征服欲 嗜虐性
そういったものをすべて受け入れさせていただきたいと思っています

VET様や、マルさんの主様が仰ったように
私のご主人様も
私が私自身を貶めたり傷つけるような事をしてしまった時には
「お前は僕の物だという事を忘れたのか? お前が今回した事は僕の物を勝手に傷つけたことで悪い事なんだ
お前の事を傷つけていいのはお前じゃない 僕だけだ」
と仰います

ご主人様にも本当は上記のような
“ご主人様の弱い部分も 苦しい部分も 全てを私に下さい”と申し上げたいのですが
主従関係になる前に
「奴隷にはそういった部分を見せたくない」と仰っていたご主人様なので
少しだけ寂しいのが本心です
[2015/02/12 20:44] URL | 草音 [ 編集 ]
だから心地好い
初めましてアルです。VETさんのブログを楽しみにしてる男です。
正確に言うとブログについてのコメントを拝見し、心に心地好さをおぼえ、楽しんでいる者です。
VETさんの言葉に返されるコメントはいつも理想の主従、と言うよりは主従である者が、いつもこんな風に感じていたいと思うコメントが多い様な。
VETさんが本文中で語らない事をコメント内で語らせる。これを意図して行っているとしたら結構凄いかも。
[2015/02/12 23:12] URL | アル [ 編集 ]

>マルさんへ
私も、マルさんの主様と、同じですね。
やっぱり、奴隷が自信がなくて、自分のことをけなすのは、見ていて、私も辛いです。ですから、なんとか、少しでもそういう気持ちを和らげてやりたいと思いますし、その逆に、奴隷が、私のことを慕ってくれているということが、わかった時の嬉しさというのは、本当に格別なものがあります。
渡しの場合には、それを口に出して、奴隷に伝えることがまずないので、それが悪いのだろうと思いますが、でも、奴隷が思ってくれているというだけで、御主人様も幸せを感じているし、奴隷はそれだけでも、私にとって、とても大きな価値のある存在だったと思います。だからこそ、奴隷には、自信を持って、奴隷でいてほしいと私は思っていました。


>草音さん
草音さんのご主人様、そして、草音さんの主様へのお気持ちも、とてもいい素晴らしいですね。
お互いにそう思っていることっていうのが、主従関係ではとても大事なのだと思います。そして、草音さんのご主人様の考え方、私にとても似ています。私も、奴隷には自分の弱い部分をあまり見せたくなかったですから、意地を張って、とにかく強くいようと、頑張っていたところがあります。
もちろん、私にも弱いところはあり、また仕事などで、失敗して落ち込んだり、疲れたりしていた時もありますので、それを奴隷は感じていたかもしれませんが、なかなか、そういう部分で、奴隷に、”甘える”というのでしょうかね。そういうことってできませんでした。
ですから、奴隷も、そういう部分をなかなか出してくれない私に対して、寂しさを感じていたのかもしれませんね。
これも、ご主人様としてのプライドがあったりするので、なかなか難しいところですから、何が正解か?はわかりませんけれども、こういう場面で、お互いに相手の真意を理解できたら、幸せですよね。


>アルさん
はじめまして。コメント、ありがとうございます。
皆さんにいただくコメントは、本当に、ありがたく思っております。ただ、みなさんからのコメントを意識して、私がエントリーなり、コメントを書くということは、特に考えたことは無いんです。
そして、私は、そんなに特殊なご主人様だったという自覚もないんですね。ごく一般的なというか、ご主人様という時点で一般的ではないのですが、この世界の中では、平凡なご主人様であったと思っています。
なので、私が書いていることというのは、特別なことではないと思いますから、共感いただける方も多いのかもしれません。
私の書くことが、少しでも皆さんの気持ちの何処かに触れるものであるなら、嬉しいです。
[2015/02/14 00:15] URL | vet [ 編集 ]

ブログを読ませて頂き、コメントを入れようと思いながらなかなか入れられず読み逃げで失礼しています。

御主人様と始まりの頃、自分の立場が理解出来ず、愛して欲しい、いつかは私を好きになって下さるとか淡い期待をしていました。

そんな苦しい辛い時期を越え、今…やっと見つけた答えです。

私は御主人様に愛して欲しいと願っていたのではなく、御主人様に褒めて頂きたかった、御主人様のお役に立ちたかった、ただそれだけです。

御主人様も最近になって『所有物』と言葉にして下さるのです。

それも身体だけでなく、心も…

出逢いの頃、心は要らない、重たいのは嫌だと口癖でした。

出逢いから30年が過ぎてやっと見つけた答えです。

[2015/02/19 16:51] URL | k [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2015/03/03 08:27] | [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報