理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン


前回の続き。


「こんな私でもいいのでしょうか?」と、私の過去の奴隷も、奴隷になる前に、言っていたし、奴隷になってからも言っていたことがある。

そして、そういうことを言う、奴隷候補(M女)の心境を、私なりに考えた話として、前回は、主従になること、M性への不安、つまり経験のない世界に適応できるかどうか?ということについて書いたが、

それについては、答えになっていないかもしれないが、「やってみないとわからない」と私は思うし、そういう不安を消すことはできないまでも、小さくしたいなら、事前に、御主人様候補としっかり話をすることが良いと思う。と書いた。

相手のことや、この世界のことを”知らない”ということは、”恐怖”や”心配”に繋がることだと思うし、それが転じて、「私でいいのだろうか?」という疑問に至ることは多いのだろうと思う。

だから、主従になる前に、相手としっかり話をすることを、私は、強くおすすめしておく。


そして、今回は、また別の要因について。

「こんな私でもいいのでしょうか?」と言う時の奴隷候補が思っていることとしては、こちらのほうが大きいのでは?と、私は勝手に考えているのだが、人によるのかもしれない。

とりあえず、私の過去の奴隷を見ていて、思ったことから、書いてみる。

一番大きく思ったというか、「こんな私でもいいのですか?」と、何度も聞いてきた奴隷のことを考えると、

やはり、その奴隷の”コンプレックス”の大きさというのが、思い出される。

これは、主従ばかりではなく、恋愛や、普段の、友人などとの人付き合いでも言えることかもしれない。

スタイルが悪いとか、顔が可愛くないとか、肌がとか、声がとか、性格がとか、女性が挙げるコンプレックスというのは、たくさんある。

主従らしくない性格であることへのコンプレックス。

これは、私が飼った一匹の奴隷が大きく持っていたことなので、そのうち、もっと詳しく語ろうかと思っている。

コンプレックスに関する不安から、「こんな私でもいいのでしょうか?」という言葉が出るのであれば、それを言わなくて(思わなくて)良くなる方法は、私が思いつく限り、2つある。

一つは、努力してコンプレックスを解消する。

体型が、とか、服装のセンスが、とか、性格的に、とか、その他、努力して解消できるコンプレックスというのは、存在するから、それが気になっているのであれば、努力して、解消してしまうというのが、一つの方法ではある。

奴隷候補が、コンプレックスを持っていることで、自分への評価が低くなり、「こんな私では、奴隷になれないのではないか?」という考え方に繋がるのだから、その自己評価を低くしている大元を、自分の納得できるものに変えていくことで、自己評価を上げることができるだろう。

そうなれば、自信を持って、「奴隷にして欲しい」といえるようになると思う。

でも、実際には、コンプレックスというのは、際限がないものでもあるようにも思うし、それを”解消する”と、簡単に私は書いたが、解消するための努力をそれまでしてきても、できなかったものも多いのだろうし、努力ではどうにもならないこともある。

そういう場合には、コンプレックスは、そもそも、存在するものとして考えないといけない。それが、現実的だと思う。

でも、そうなると、自己評価を下げる要因がそのままに残るわけだから、やっぱり、「私なんかでは…」ということになる。

それは当然の思考だろう。

だから、この、1つ目というのは、限りなく、理想論に近い事だと言えると思う。

なので、2つ目。

これは、主従に限らない。恋愛などでも同じことだ。

いくら、奴隷候補が、コンプレックスを持っていたとしても、それを相手が、納得するなら。それでいい。

という考え方。

かなり、乱暴な、言い様かも知れないが、相手が、あなたを気に入ったなら、あなたがいくら自分を嫌いであろうと、そんなことは、関係ない。

もっと、わかりやすく書いてしまえば、「好きになった人が、好みのタイプ」という言葉で表せるようにも思う。

世の中の男は、全員が、同じ女の好みを持っているわけではない。

さらに言えば、時代とともに、男の好みは、多様化しているように、私は思う。

この例が、適切なのかどうかは、分からないが、AKBなんてアイドルが、人気があったりする。

もっと言うと、最近、”アイドル”と言われる人に、一人で、やっている人を、私はあまり見つけられない。

まあ、私は、テレビも殆ど見ない、芸能界には思いっきり疎い人間だから、間違っているかもしれないが、アイドルって、グループじゃないとダメなのか?と思うくらい、グループじゃないアイドルを見つけられない気がする。

そして、グループには、当然、多様な人がいる。

可愛い感じ、色っぽい感じ、元気な感じ、清楚な感じ…。

AKB関係に、所属しているメンバーが何人いるのか、私は知らないが、それを男が見た時、きっと、その中に一人くらいは、「この子いいな」って思う人がいるのを見越して、こういう構成にしているようにも思う。

グループアイドルが流行るということは、男の好みの多様化に対応していると、私は思うのだが、なんだか、アイドルの考察みたいになってきて、わかってないくせに、何を語っているんだ?と自分で突っ込みたい気分ではある。

でも、とりあえず、例として、読んで欲しい。

要するに、男の好みというのは、一つじゃないということ。

あなたが、コンプレックスに思う部分を持っていたとしても、あなたについて、好きな部分が、あったなら、相手は、あなたのコンプレックスよりも、そちらを見て、好きになってくれるだろう。

だから、「好きになった人が、好みのタイプ」なんて言葉が、あるのだろうと思うし、私は、これは、自分の経験からもそうだし、友人のことなんかを考えても、言えると思う。

友人に彼女や、婚約者ができ、紹介された時、これが、すごくよくわかる。

学生時代、大学の研究室で、グラビアの写真を見ながら、「この乳じゃないと、ダメだな」とか、「この脚がいいんだよ」とか言っていた(つまり、そういう女がタイプ)、仲間が、それとは、全く似ていない、彼女や、婚約者と、仲良さそうに、幸せそうに、談笑している姿を、何度、見せられたことか。

男の好みは、相手(女)によって、変わる。

これは、明らかなことだ。

あなたに、コンプレックスがあったとしても、それも含めて、相手が好きになってくれるなら、それでいい。

あなたが思うコンプレックスがあろうとなかろうと、相手にとっては、関係ないのだから。

きっと、あなたのもっと違う部分をみて、相手は、あなたを気に入るのだろうと思う。

そう考えてみてもいいと私は思っている。


だからといって、コンプレックスを気にしなくなれ、とは、言わない。

そうは言っても、やっぱり、気になるものは気になる。

私も、自分にコンプレックスがあるから、気になる。

その気持ちはわかるけれど、でも、それを、相手が気にするかどうかまでも気にしていたら、いつまでも、主従関係というのは、持てないと思う。

「私でいいのでしょうか」

と思うなら、自分のコンプレックスも含めて、話してみればいい。

例えば、

「私は、スタイルが良くないですが、それでもいいですか?」

そんな風に、聞いてみればいい。

傷つくことはあるかも知れないが、やってみないとわからないことだと思う。

「別に、そんなこと、どうでもいい」

もしも、そういう返事が返ってきたなら、それで、少し気が楽になるのではないか?と思うのだが。



前後編、2回に渡って、「こんな私でもいいのでしょうか?」という奴隷候補のM女性が思っているであろうことについて、ちょっと書いてみた。

昔、言われたことを思い出していたということでもあるし、そういうご相談への私なりの答えでもある。

ただ、2回とも、当たって砕けろ的な、返答になってしまっている。

実際は、砕けたくないのだし、それもわかるのだが、砕けるリスクを抜きにして、主従関係を結びたいと言い出すのは、難しい。

とはいえ、M性や、主従世界への適応力に関しての自信のなさにしても、コンプレックスからの自信のなさにしても、どちらも、あなたが、気に入った、御主人様候補の相手と、まずはじっくりと話をしてみることで、少しは、気持ちが、落ち着けるのではないかと、私は思う。

私が、アドバイスできるとすれば、「最初に、相手と、ちゃんと話をしたほうがいい」ということだけだと思う。

そして、「私でいいのでしょうか?」というのを、ネガティブな言い方ではなく、できれば、「私はこんなことをあなたにして差し上げあげたいです。こんな風にご奉仕させていただきたいです。こんな私は、あなたの奴隷にどうですか?」という、少し前向きに、話をするくらいでもいいと、私は思う。

あとは、それを言い出す、勇気。

2回に分けて書いてきたが、どちらも、相手に嫌われるのでは?とか、奴隷にして欲しいと言っても断られるのでは?という思いが根底にあるのだと思う。

それに繋がる要素という意味だ。

でも、リスク無しに、何かを得ることは、まずできないし、確定した未来というのも、なかなかないと思う。

何か、欲しいものがあるなら、それは、自分で掴みに行かないといけない。

傷つく可能性は、常にあるけれど、それは、消せないものだと思う。

だから、勇気。

それだけは、なんとか、心のなかから、絞り出して、相手に告げてみたらいい。

あなたが、決めた相手、そして、そこに開けたいと思う主従の扉が、無事に開いてくれるといいなと思う。

事実は残酷
VET様 暑くなってまいりましたが
体調はいかがでしょうか?
仕事に日々を削られていらっしゃらないか、少し心配しております

さて
Mの方がトラウマや劣等感を多く抱え持っている事例が多いことは
想像にたりえるものですが
その劣等感や 主様に対しての不安感など
直接口に出してここにいてもいいのですか?とお聞きする

それは、確かにうまくいったならば
今後主様との結束力や主従関係を大きく進めるチャンスになると思います

しかし もし主様が、その劣等感やトラウマを持っているMに対して庇護欲や
父性から付き合いが始まった場合はどうなのでしょう?
主はそれを受け入れている状態が好ましいのですから
「お前はそのままでいい」と仰るでしょう
そのことでMが劣等感やトラウマから解放された場合 その主従関係は構築を維持できるのでしょうか?

また、そんな不安に思い おびえた状態のMを主様が望んでいられるとしたら・・返答はMの不安感を煽るような言葉を選ばれるのではないでしょうか?

「こんな私でもいいのでしょうか?」という言葉には
「お前はそのままでいい」という肯定の言葉があるという期待と ある一定の安心感を再確認する為にある言葉であり

本当に不安に思っている場合や危機感を持っている状態であり
なお且つ  主様に否定された場合
その気持ちの逃し先がないMにとっては
“勇気を持って口に出す”だけでは終わらない言葉と感じてしまうのです

自分の肉体と心は主様のものだと教え込まれたMが
主を失った時
そのMは 自らを保ち続けていられるとは、どうしても思えないのです
[2015/06/21 21:52] URL | 草音 [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報